つい先日、YOUTUBEで神風特別攻撃隊の出撃場面と
散華場面をみました。

ほぼ確実な「死」を恐れずに大和魂で国の為に尽くしたあの
勇敢な姿に思わず涙がでました。
あれが今現実にあれば、相当悲しいものでしょう
まぁ、このへんの解釈はいろいろあると思いますが・・・

今回自分が知りたいのは、連合国側が神風をどのように
捉えていたかです。
世界貿易センタービルに旅客機(ミサイル?)が突入したときに
リポーターが「カミカゼ!」を連呼していたそうですが、
艦船からみて、突撃してこようとしている神風の特攻航空機
をみつけたら、やはり相当の恐怖なのでしょうか?

それとも、それほどまで脅威ではなかったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

昨今のイスラム過激派による自爆テロと同じだと思います。

あの自爆テロは同じイスラム教徒から見ると「崇高なる行為」と映りますが、異教徒である我々から見ると「狂信者」「洗脳された人たち」「理解不能の破壊行為」にしか見えません。
やる側の理由も似ていると思います。イスラムテロは、まともに戦っても勝ち目がない大国に対する抵抗であり、大戦末期の神風攻撃隊もまともな攻撃方法ではもはや有効な戦果を与えることが不可能になったことを承知の上での「作戦の外道」であったわけです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございました。

なるほど、得体が知れないから恐かったのですね。

みんながこの行為を正しく理解してくれることを祈ります^^

お礼日時:2009/05/17 15:41

他の方も指摘していますが、「神風特攻隊」が「お国(天皇)の為に、勇猛果敢に出撃しはかなく散った」なんてのは、後生につくられたイメージでしかありません。


彼らの遺書や日記などを丁寧に読むと、そこにあるのは身近な人(家族・恋人・友人)を思う気持ちです。
何処の国の、どんな人でも多かれ少なかれ持つ「普通の」感情なわけです。
同じように、当時の日本国民がまるで一神教の神を信仰するかのように「天皇崇拝」をしていた、、、というのも作られたイメージです。
事実はもっと複雑ですよ。

さて、本題ですが、「神風特攻隊」を連合軍(アメリカ)側が恐れていたというのは事実なようです。
ただ、それは「神風攻撃」によって死ぬことへの恐怖というよりは、「得体の知らないモノ」に晒された事による恐怖でした。
というのも、アメリカ人の軍隊教育は「生き残るため」を旨として行われます。
アメリカ軍の出撃の目的は、敵を撃破すること以上に「無事生還すること」が最上位に置かれます。
しかし、「神風特攻隊」は全く逆なわけです。
出撃したら生きて帰れない、死ぬことを目的とした攻撃なわけです。
それが、彼らには理解できない。
故に、「得体の知れないモノ」であり、「理解出来ない恐怖」に怯えたわけです。
そして、「日本人は人間らしい感情を持ち合わせない野蛮な民族」だというイメージができあがり、噂として流れていました。(このイメージは、硫黄島の戦いとか他の陸上戦闘での突撃によっても作られました)
その結果、「神風ノイローゼ」となる兵士も続出したわけです。

「神風特効」という「戦術」は、戦争末期に既に「熟練の兵士」という人材も殆ど居なくなり、補給線の確保もままならず、航空燃料や爆薬などの必要物資が欠乏し、制空・制海権もほぼ失い、本土決戦も秒読みという段階で仕方なく考案された戦術です。
当初は、フィリピン戦線限定で考えられていたのが、敵艦への体当たりに成功し、空母一隻を撃沈するという戦果をあげたました。
そのため、「日本が勝つには特効しかない」という妄想を軍部が抱き、終戦まで断続的に行われることになりました。
しかし、出撃した兵士は飛ぶのがやっとと言うほどの訓練度の低い新米兵士が殆どでした。
また、米軍は対空砲火の威力もましていたため、特効の命中率は10%以下でした。

>それとも、それほどまで脅威ではなかったのでしょうか?

戦局を左右するほどの脅威はありませんでした。
ただし、「特効(自爆テロ)」を行う「心理」というのが理解できずに「神風ノイローゼ」になる兵士もいたため、「野蛮な民族の狂気の沙汰」として欧米に広く知れ渡り、結果として「神風神話」とも言えるようなイメージができあがり、今に伝わるという感じでしょうか。
その点が、イスラム教(の神)の為に「自爆テロ」をするイスラム教原理主義者と重なる点があり、「9.11テロ」が「カミカゼの再来」なんて言われるわけです。
ただ、欧米でも何人かの研究者なんかが「カミカゼ」や「自爆テロ」の心理を研究して、正しく理解しようという人もいますね。
まぁ、大衆が持つイメージを変えるのは当分先になるでしょうけど。
    • good
    • 1

日本人に対する心情は別とすれば、カミカゼは命中率の高い爆撃方法と見ていたでしょう。



あと、もう一つはかなり多くのカミカゼが襲ってきたということでしょう。(特攻だけじゃなく通常攻撃もかなりやっていますが)
カミカゼが怖いというより、多くのカミカゼが怖いのです。
史実を見てもらえれば分かるとおり、戦闘機を増やしたり、VT信管で迎撃したりしても防ぎきれていません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5% …
http://yokohama.cool.ne.jp/esearch/sensi1/sensi- …
上記のサイトを見れば分かるとおり沈没艦こそ少ないですが、損傷艦はかなり多いのです。(特攻だけの戦果ではなく通常攻撃の戦果も入れているとは思われますが)
つまり、かなりの被害が出ています。
もちろん、その理由は「かなり多くの戦力を投入したから」という当たり前の話なんですが。
    • good
    • 1

同じ連合軍関係者でも立場によって異なると思います。


前線には出てこないような首脳部にとっては、神風特攻隊に代表される特攻は単なる愚かな蛮族的行為と捉えられたであろうし、終戦も間近と考えていたでしょう。
しかし最前線で矢面に立たされる実動部隊からすれば、自らの命を捨てて果敢に体当たりしてくる敵は恐怖の的でしょう。普通の敵は迎撃すればやられないように必死で回避行動をとるものですが、特攻ではそんなのお構いなしに突っ込んでくるのですから。
    • good
    • 0

 昭和19年7月段階で日本軍による航空攻撃は300機で攻撃して1発も命中せず帰還は10機という状態でした。

これが10月以降一変します。
 命中率が1割に回復したのです。何故か?爆弾を敵の艦船0mまで持っていく所謂『特攻』という戦術に出たからです。
 通常攻撃では戦死率97%で戦果無しだったのに対して、特攻を採用すると戦死率100%で戦果有りになりました。

 米軍はこの戦術に困り果てます。人間が飛行機もろとも降ってくるのです。かなりの恐怖だったらしく、沖縄に従軍した米海軍の乗組員は1万人ほどがPTSDになり後送されました。頭のおかしい戦争(勝つため生きるために戦争するならわかるが、死なば諸共でやってる戦争)をする相手と戦争は出来ません。さっさと戦争を止めるという戦略に出るのです。
    • good
    • 1

まず、西洋人の常識からはずれた行為であったため、それに直面した兵士にとっては恐怖であったそうです。

これは事実です。ドイツでもアメリカ大型爆撃機に戦闘機で体当たりするエルベ特攻隊が組織されていますが、さすがのヒトラーやヒムラーが、一回出撃させて以来、やめさせています。

戦後の調査では、参戦していた連合軍兵士には「勇敢である」「特異だが理解できる」と言う声が多いそうです。そして、自分も祖国が当時の日本みたいに追い詰められてしまったら、やるかもしれない、やる、という声がかなりあるといいます。同時に、この攻撃手法は日本軍が(如何であれ)、その時点でも極めて高い士気を持っていたことを意味してます。

また当然ですが、自分がやられたとき、相手を道連れにしていった飛行機は、どちらの陣営にもありました。

カミカゼは、ゼロ(戦)、ゴジラ、と並んで英語圏の辞書に載っている日本語ですが、レポーターもこのような行為をしっていおり、理解しているほど知られた事実である、ということです。

ただ、昨今の自爆テロは、スーサイド・アタック、自殺攻撃と呼称しています(一部でカミカゼよばわりもありますが)。一緒くたにはされていない、とおもっていいのではないでしょうか。
    • good
    • 1

 彼らが進んで国のために己が命を捧げたなんてのはロマンティックな大嘘です。

そうでもなければ彼らを出撃前夜に酔い潰させたり、軍が彼らの勇敢さをギンギンにするナイスなお薬を軍が開発する訳なんてありませんよね──これが後のヒロポン(通称ポン)で、さらに後の覚醒剤です──。また、死ぬまで何度も出撃させたなんてのは作戦と呼ぶに足るようなものでもなんでもありませんし、上官の命ずるままに死なねば非国民という言葉で身内を一生社会の爪弾きにするぞ、との社会的脅し(いまもそんなことをしてる人々も少なくないようですけど)をかけてもいた訳です。
 ちなみにこの一部は出撃寸前で敗戦となったため命拾いした方からうかがった話で、他にもいろいろとげっそりな話をうかがった(軍内部で天皇批判もフツーにされていたという話には驚愕しましたけど)んですけど、それは質問とは関係ありませんので割愛。
 実際、特攻という、パイロットという育成に長い時間と多くの資金を費やす貴重な戦力と勝機をドブに捨てるような作戦を、首脳部の無能さを糊塗するためにひねりだしたお手軽精神主義の産物であって、それを徒に美化することは彼らの死を無駄にすることでしかありません。

 で、特攻作戦を始めた頃は、近代の戦争では絶対にありえない極めてイカれた作戦で、近代兵器に乗った蛮族が突っ込んでくる(と見えた)んですから、そりゃ怖かったでしょう。しかし、その後には日本軍が開発を怠った(これまた精神主義に逃避した軍首脳がその有用性を否定していたんです)レーダーをいち早く装備した米国の軍艦にとっては、的になるのが分かってくるのにわざわざ的になりにくる物好き程度でしかなくなっていたんです。──これまたそれを日本の軍首脳はしっかりと把握していたにも関わらず特攻という愚行をさらに拡大させていったんです。

 で──西洋人にとっては自分の命も顧みない馬鹿者に対する一般的な呼称として、カミカゼの語が使われている訳であって、神風特攻隊に対してウェットな感情を抱いて用いた語ではないんです。そこらヘンは米国のおバカ映画なんぞではよく使われる用法なんです。

 んで、現代にはそんなことはない、というのはどーなのかな。過労死なんて悲惨かつ珍妙な現象は情けないことに日本にしかないんですよ。下っ端は人柱ってのは半世紀以上すぎても変わっちゃないんです。

 全然ロマンティックじゃない戦争については、水木しげる『総員玉砕せよ! (講談社文庫)』──http://www.amazon.co.jp/%E7%B7%8F%E5%93%A1%E7%8E …をお読みになられるとよろしいかと。
    • good
    • 1

精神的な攻撃としては相当だったようです。


いまでも「日本=カミカゼ」というくらい硬派な日本人は言われるくらいですから。

逆の見方をすれば、それだけ太平洋戦争に従軍した米兵の気楽な感覚が垣間見れます。彼らにとっての戦争はヒーローになるための一手段であって、決して死を意味していなかったのでしょう。日本人は、あの戦争で負ければ家族や日本国の死を意味していたのです。必死になっている者と物見遊山(極端な言い方ですが)のハイカーの感覚の違いでしょうか。

「な、なんでこんなこと(戦争)で死ねるんか!!!???」

という感覚でしょうか。

このあたり、米国は今でも戦争と遊びの垣根が低いですよね。

ただ、圧倒的な物量でする遊びなので、貧乏な国にとってはたまったものではない・・・
    • good
    • 2

神風は軍事的にはあまり成果はありませんでしたが、精神面では相当の


成果がありました。
アメリカ兵を本当に恐怖のどん底に突き落としたのです。
発狂してアメリカに送還された兵隊が非常に多かったそうですよ。

蛇足ですが、ニューヨークの旅客機がビルに体当たりして、カミカゼと言っていましたが神風特攻隊は民間人は巻き添えにはしていません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【アメリカ】アメリカのロサンゼルス州? ロサンゼルスって州ですか? まあいいや。 アメリカのロ

【アメリカ】アメリカのロサンゼルス州?

ロサンゼルスって州ですか?

まあいいや。

アメリカのロサンゼルス州が全米で2番目に人口が多い都市だそうですが、(380万人)1番多い都市?州ってどこですか?

ニューヨーク州ですか?

ニューヨークって州??

Aベストアンサー

ロサンゼルスは「市」ですね。カリフォルニア州にあります。
「市」で人口のトップはニューヨーク市(817万人)

「州」で人口のトップはカリフォルニア州(3800万人)
2位はテキサス州(2600万人)

Q神風特攻機は、何機がアメリカ艦船に当たりましたか?

神風攻撃で命を落とされた方は約2,700人と聞きました。特攻に出ても敵艦上空に行くまでほとんどが米国艦載機に撃墜されたとも聞きます。では、実際何機艦船に体当たりできたのですか?

Aベストアンサー

平均では1/10くらいですが、作戦の初期と後期では全く違います。
初期は米軍の知識と無く、対空力も少なかったので10~30%の成功率でした。
米軍が「日本軍機は突っ込んでくる」という知識が広まり、対空防御の方法を
周知されることにより、中期には0~5%くらいに低下しました。
この時点で辞めるべきだったのですが、これ以外の攻撃手段を保たない日本軍は
特攻を続け、戦果の無いままに1000名近い死者を出しました。
わずか20前後の若者で、生きておられれば日本の礎となったことでしょう。

Q日本で最も知名度の低いアメリカの州って?

さいきん何かの新聞記事で「コネチカット州」と書かれてるのを見て「アメリカにそんな州があったのか…」と変な感心をしてしまいました。はずかしながら僕にとって初めて知ったアメリカの州でした。もしかしたら僕がまだ知らない州がほかにあるかもしれません…と思って州の一覧の載ってるサイトを検索して見たら、やっぱり見たことも耳にしたことのない州の名前がいくつかありました。
僕の中で三つ「日本において有名な(知名度の高い)アメリカの州」を選ぶとなると「テキサス・カリフォルニア・ハワイ」といったところでしょうか。
では逆に日本人にとって最も知名度が低い(なじみの薄い)と思われるアメリカの州はどこになるんでしょうか。「…だと思う」といった回答でいいんで教えて下さい。

Aベストアンサー

 州の一覧の載ってるサイトを検索して見たら、やっぱり見たことも耳にしたことのない州の名前がいくつかありました。
 
  ・デラウェア(葡萄でも採れるのかな?)
  ・メーン(羊が鳴いているのかな?)
  ・ロードアイランド(道路だらけの島?)
  ・ネブラスカ(・・・?)

などが知名度は低いかな、と思います。

#5さんの蛇足を含めムダ知識が増えて、少し幸せ・・・

Qレイテ沖海戦 神風特攻隊

質問
(1)レイテ沖海戦終了時になぜ日本は降伏しなかったのか
(2)なぜ勝つ見込みも無いのに特攻隊と言う犠牲を出しつつも戦争をずるずる延ばしたのか
(3)日本の第二次世界大戦参加の目的


1944年のレイテ沖海戦時、物資の圧倒的不足と栗田艦隊のサポートのため大西中将が特攻隊を計画しましたが、
この時大西中将はアメリカに花を持たせかつ、日本の敗戦後味の悪さがない七分三分の講和条約を結べると思ったから特攻隊を作ったのですよね?
なのにどうして降伏することもなく終戦に至るまで特攻隊を廃止せず生み出してしまったのでしょうか?

そのレイテ沖でさすがに特攻隊は成果を残すことが出来たと思います。
栗田艦隊の謎の反転がなければ(?)、良い結果に終っていたと思います。
しかし、だからと言って「じゃあ、やっぱり特攻隊は続行しようか。」という形になぜなりえるでしょうか。
上の人間はアメリカの脅威や日本がもうお手上げだというのも薄々気付いていたはずです。

Aベストアンサー

1と2については、まだ、戦力があると考えていたからです。
戦争継続派としては、海軍には、まだ大和などの残りの艦隊と航空機、陸軍は、本土の戦力がまだあると考えていました。

日本軍の目的は、本土決戦をおこない、少なくとも国体の護持が目的で、それが認められるまでは戦争を継続する考えでした。
すなわち、天皇の身の安全と、天皇制の維持が最大の目的です。
軍人としては、自分が死ぬまでは降伏は出来ないという心理なので、降伏するというのは天皇に対して無責任な行為であり、自分からは言い出せませんでした。
阿南、梅津、豊田の軍のトップには自分から降伏は言い出せません。
自分の命より天皇を守るという考えです。
鈴木首相が天皇に意見を聞いて天皇が降伏すると言ったために軍のトップは降伏することを許されたと思い、認められる心理状態になりました。

また、無条件降伏というのは何をされてもいいということなので、連合国に分割統治される危険がありました、北朝鮮と韓国のように家族が離れ離れになり、思想や文化がバラバラになる危険がありました。
連合国によりイスラエルのように土地を奪われたり、莫大な賠償金を要求されたり、国民生活が苦しくなる可能制がありました。
天皇制の廃止により、共産主義化すれば、内乱によりソビエトのように、大量の国民が死亡する可能制がありました。

特攻隊については、他にアメリカに打撃を与える方法がなく、一番効果的に被害をあたえられると考えたからだと思います。

軍人としては、天皇と国を守るための犠牲については、基本的には自分であろうが他人であろうが、しかたがないものという思想であったと思います。

1と2については、まだ、戦力があると考えていたからです。
戦争継続派としては、海軍には、まだ大和などの残りの艦隊と航空機、陸軍は、本土の戦力がまだあると考えていました。

日本軍の目的は、本土決戦をおこない、少なくとも国体の護持が目的で、それが認められるまでは戦争を継続する考えでした。
すなわち、天皇の身の安全と、天皇制の維持が最大の目的です。
軍人としては、自分が死ぬまでは降伏は出来ないという心理なので、降伏するというのは天皇に対して無責任な行為であり、自分からは言い出せません...続きを読む

Qアメリカの州について

アメリカの州について
初歩的な質問で恐縮なのですが、「ニューキャロライナ州」と「ノースキャロライナ州」は同じ州を示しておりますでしょうか?
アメリカの州について調べていたところ、あるリストでは「ニューキャロライナ州」があって、「ノースキャロライナ州」がなく、別のリストでは「ノースキャロライナ州」があって、「ニューキャロライナ州」はありませんでした。
どちらかが誤りでしょうか。または同じことを示してますでしょうか?お分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

アメリカ合衆国の州では「ノースカロライナ州」が正しく、
「ニューカロライナ州」ではありません。
ついでにいえば、もうひとつ、「サウスカロライナ州」があります。

なお、州名以外では、店の名前などにNew Carolina
というのはあったりします。

Q戦時中日本の神風特攻隊は突撃前にメタンフェタミンを

服用させられていたというのは本当ですか?

Aベストアンサー

なんか誤解しているような。

「神風特攻隊は」じゃなくて「神風特攻隊も」ですよ。
「服用させられていた」じゃなくて「服用もできた」です。

昭和20年代の中頃まで、覚醒剤は今のリポビタンDやユンケルのような感じで、世界中で疲労回復剤として「愛用」?されてたんですよ。

アメリカ軍もドイツ軍もイギリス軍も陸軍も海軍も民間人も『普通』に使用してました。
当時は街の薬局でも普通に売っていましたから、一般人でも普通に買えた薬なんです。

神風特攻隊限定じゃありませんよ。


戦前の「覚醒剤」の広告を張ってきます
http://www2.synapse.ne.jp/palikare/senzen.htm

Qアメリカで まぁいいなー と思う州といったら、どこをイメージしますか?

アメリカには50の州がありますが、皆さんが「まぁいいなー」と思うのはどの州ですか?

アメリカにない場合は日本の州でも結構です

Aベストアンサー

オレゴン州です。
旅行した時に知ったのですが、売上税(消費税)がゼロパーセントでした。
今でもゼロパーセントなのかな?

Q神風特攻隊 大石伍長のこと

 こちらで特攻隊について何回か質問をして、毎回勉強になる回答を頂き感謝しています。
また質問なのですが、ご存知の方がいましたら、よろしくお願いします。
 「今日われ生きてあり」という本を読みました。
その中に大石清伍長の妹に宛てた遺書が紹介されていました。
特攻隊の出撃記録を見たのですが、大石清なる人はいませんでした。(私の見落としかもしれませんが…)
あるHPでは、大石伍長の話は作り話では?という意見がありました。
実際はどうなのでしょうか?
知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

2月ごろ↓の掲示板板でも同様の話題が出ており、
その可能性は、あるような感じですね。

http://bbs10.otd.co.jp/kamikaze/bbs_thread

参考URL:http://bbs10.otd.co.jp/kamikaze/bbs_thread

Qアイオア州とはアメリカの典型的な州なのでしょうか。

アイオア州とはアメリカの典型的な州なのでしょうか。

Aベストアンサー

 全米平均に近い州かどうかという意味であれば、
わりと典型的に近いかもしれません。

面積 26位
人口 30位
18歳以下の割合 23.9%(全米平均は24.0%)
年収 24位

 いっぽう、平均とは大きくかけ離れている数字も
あります。それは人種構成です。アイオワは最新の
2010年国勢調査(CENSUS)で、白人が91.3%を占めます。
これは全米平均の72.4%よりはるかに高い数字です。

 さらに、白人からヒスパニックを除いた欧州系白人に
限定すると、アイオワ州は 80.9%、全米平均は46.1%
ですから、その差はほぼ2倍に広がります。

 もうひとつ、平均というか典型とは異なる点として、
大都市がありません。最大都市のデモインでも20万人以下。
人口300万人の州としては異例でしょう。なにしろ農業州の
代表的存在ですから、さもありなんです。

 ちなみに高校卒業率は平均より高く、大学進学率は
平均以下です。つまり、田舎の平和な州という感じです。
結論として、人種構成を別にすればわりと典型的な州です。
旅行者にとってはかなり退屈な州だとは思いますけどね。

 全米平均に近い州かどうかという意味であれば、
わりと典型的に近いかもしれません。

面積 26位
人口 30位
18歳以下の割合 23.9%(全米平均は24.0%)
年収 24位

 いっぽう、平均とは大きくかけ離れている数字も
あります。それは人種構成です。アイオワは最新の
2010年国勢調査(CENSUS)で、白人が91.3%を占めます。
これは全米平均の72.4%よりはるかに高い数字です。

 さらに、白人からヒスパニックを除いた欧州系白人に
限定すると、アイオワ州は 80.9%、全米平均は46.1%
ですから、その差はほぼ...続きを読む

Q戦時中の日本の戦闘機や日本の艦船の画像入手方法について

第2次世界大戦時の戦闘機や、日本の艦船(駆逐艦・駆潜艇)の画像を入手したいです。
1次資料として使いたいので、●●●のHPから引用というのは遠慮させて頂きます。

雑誌とかHPの運用する方々は何処で購入しているのでしょうか?
それとも著作権は既に無いという考えで、流用してもおとがめ無しなのでしょうか???

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一次資料ということは、写真の原版などを捜しておられるのでしょうか。
もし資料の原版が必要ならば歴史博物館をお勧めします。

例えば呉市海事歴史博物館(大和ミュージアム)の場合、
写真資料の案内を通じて申請することができるそうです。
http://yamato-museum.com/%E5%86%99%E7%9C%9F%E8%B3%87%E6%96%99%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/
ちなみに、検索はこちら。
http://jmapps.ne.jp/yamatomuseum/
これらは一定のマナーを守れば引用することができるということです。



資料収集の方法ですが、公的な保存史料として残してあるものや
博物館が研究目的として独自に収集や購入したものがあります。
知り合いの学芸員(地方の無名博物館です)によると、
展示やサイト上などで情報発信できる資料以外にも、
相続の整理などによる寄贈で非常に多くの資料が集まるそうで、
個人が趣味で集めたものや、ご自身の体験された日記や写真など、
一般では見たことが無いようなものもあるそうです。
ただし、そこはそのような資料の貸し出しをしていないそうです。
これはもったいぶっているのではなく、分類や史料批判をする
余裕がないからだそうで、整理できたものから○○氏寄贈などと
明示しているそうです。

一次資料ということは、写真の原版などを捜しておられるのでしょうか。
もし資料の原版が必要ならば歴史博物館をお勧めします。

例えば呉市海事歴史博物館(大和ミュージアム)の場合、
写真資料の案内を通じて申請することができるそうです。
http://yamato-museum.com/%E5%86%99%E7%9C%9F%E8%B3%87%E6%96%99%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/
ちなみに、検索はこちら。
http://jmapps.ne.jp/yamatomuseum/
これらは一定のマナーを守れば引用することができるということです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報