中古マンションを購入しようとしています。
しかしながら、オーナーが水道をとめていて、錆びがでないか、排水は大丈夫かが全くチェックできません。
いざ、購入してから、問題があって買主負担になったらたまりません。
ただ、非常に気に入っている物件であるのも事実なのです。
契約時に給排水に問題があった場合は、売主負担である旨をつけたりするとよいのでしょうか?
ただ、この場合価格交渉がスムーズにいかないことも考えられますが。
こういう場合、どうすればよいか、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

元業者営業です



錆に関しては#1さんの回答どおり引渡後に水を出せば大方流れてしまいます。
また、通常マンションは年一回に給排水管の洗浄をしますので、余程管理ができていない物件や、築年の進んだ物件以外はそれほど問題ありません。

どうしても心配なら瑕疵担保を付けてもらえば如何でしょうか。

個人が売主の場合、瑕疵担保責任は義務ではありませんが、築20年以内のマンションなら引き渡し後2か月~3か月は付けてくれるのが一般的です。
ちなみに業者が売主の場合、瑕疵担保責任は義務ですので(2年以上)、免責にはなりません。

瑕疵担保責任とは

●給排水設備の故障
●シロアリ被害
●雨漏り
●構造上主要な部分の木部腐食

以上の4項目に関しては引き渡し後定められた期間に発見された「隠れたる瑕疵」について売主負担で対応する義務があります。
また、売主は瑕疵の事実を「知っていようが知っていまいが」逃れる事はできません。
ただし、あくまで「隠れたる瑕疵」ですから、引き渡し前に買主がその事実を知っていた場合は適用されません。

一度仲介業者へ「瑕疵担保責任はどうなってるの?」と確認してみて下さい。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご説明ありがとうございます。
新築マンションと違い、中古マンションの場合は瑕疵担保責任がどうなっているのかよくわからないところがあるので、不安でした。
給水の点については、さびは流せばいいというのはよく言われているのですが、排水が特に気になったのです。
一生に何度もない買い物ですので、売主側の営業と話をしてみようと思います。

お礼日時:2009/05/22 01:11

>オーナーが水道をとめていて、錆びがでないか


錆は長く流せばなくなります。でも、借りる前の水道代だれが払うの?メーターだって退出時の指針になっているはず、それが回るんですから。
問題は、水道関係ばかりではないと思いますけど、ほかにも事前に調べることあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産の瑕疵担保責任について

個人の土地建物を瑕疵担保責任は免責で
売却を不動産会社に依頼していました。
買い手がついて契約になったのですが、
売買契約書に瑕疵担保責任がある内容があったので、
その場で瑕疵担保責任は負わないですと言いました。
宅地建物取引主任者は築20年なので瑕疵担保責任はつけない
ケースがありますと買主に説明しました。
契約書には瑕疵担保責任の事項があるので、
私はややこしいので削除して欲いと言うと、
宅地建物取引主任者はその事項を斜め線でXにしました。
それで成約したのですが、瑕疵担保責任は免責とは
どこにも記入されていない事を帰る途中で気づきました。
●口頭での説明で瑕疵担保責任の免責は有効になるでしょうか?
●20年のベテラン宅地建物取引主任者でも
今回のような契約書を作ってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
口頭では、言ったことの証明はきわめて困難です。瑕疵担保責任をとりたくないという場合には、「売主は瑕疵担保責任を負わない」と明記しなければなりません。
契約書に瑕疵担保責任について明記していないということは、民法の原則規定が適用され、瑕疵担保責任を売主は負うことになります。

ただ、口頭で言ったことについて、買主が認めてくれるのであれば、契約書に追加で「売主は瑕疵担保責任を負わない」と明記すべきです。

普通の宅建取引主任者であれば、そのような過ちはしないでしょう。

Q修理費用負担について(売主?又は買主?)

中古マンションを購入、入居直前にキッチンの水漏れを発見(現在は入居済)。業者さんに見てもらったところ10年近くたっている事からパッキンの交換だけでなく修理が必要との事。売主は知らなかったと言っているが、周囲のサビからして少し前から微量に漏れていたと思われる。この修理代は売主に請求出来る? 買主が払うべきか?

Aベストアンサー

>この修理代は売主に請求出来る? 買主が払うべきか?

まず確認すべきは売買契約書です。その中で瑕疵担保責任についてどのような約定となっているのか?
「瑕疵担保責任を負わない」という旨の約定であれば、売主に責任を求めることはできません。
※厳密には、知っていたのに隠していた点についてまで免責にはなりませんが、この点で争うのもね・・。面倒です。

「瑕疵担保責任を○年間は負う」という旨の約定であれば、売主さんが知っていたかどうかとは無関係に、売主負担での修理をお願いして良いでしょう。

もし仲介業者が入っているのでしたら、そっちにも相談してみてください。

ちなみに、肝心なのは売買契約条件ですから、あなたが発見した時期が入居直前か入居後かは関係ありません。

Q雨漏り修理における瑕疵担保責任

 職場の建物(改築後25年経過:平屋建て)の天井から雨漏りがしています。建築屋さんに依頼して見積もりを取ったら80万円ほどで、屋根から水の浸入を防ぐ防水工事をするそうです。およそ1週間で、1日3~4人の工事ということです。
 契約するにあたり、瑕疵担保責任を示す必要があるのですが、契約部署で確認したところ、修理の瑕疵担保責任は1年とのことでしたが、上司から10年の瑕疵担保責任を表示するよういわれました。
 この場合、修繕箇所の10年間の雨漏りに対する瑕疵担保責任を提示し、契約することは法律上問題ないのでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 民法639条という条文があって,請負工事の瑕疵担保責任は,契約で10年まで延長することが可能とされています。ですから,質問に対する答えは「問題ない」となります。

 しかし,雨漏りの修理について,瑕疵担保の期間を10年とすることが現実に適当かどうかというと,疑問があります。改築後25年平家建てで,屋根から水の浸入を防ぐ工事をするということですので,陸屋根の防水工事のことだと推測されますが,10年もすると,かならず工事場所に経年劣化が生じます。また,建物自体が古いので,建物の別の場所からの雨漏りも考えられます。このようなものは,瑕疵担保を10年にしても,その瑕疵担保には含まれません。あくまで,当初の工事に手抜かりがあった場合(うっかりのミスかどうかはともかくとして)にその修理を請求できるのが瑕疵担保責任であって,工事に手抜かりがなければ,雨漏りが止まらなくても,防水剤の材質の経年劣化で又雨漏りが始まったとしても,瑕疵担保を理由に,その修理を請求することができることにはなりません。

 もし,会社が,そのようなものまで瑕疵担保に含ませるつもりであれば,それはお門違いであり,後々につまらないトラブルを起こす素になる危険性があります。

 民法639条という条文があって,請負工事の瑕疵担保責任は,契約で10年まで延長することが可能とされています。ですから,質問に対する答えは「問題ない」となります。

 しかし,雨漏りの修理について,瑕疵担保の期間を10年とすることが現実に適当かどうかというと,疑問があります。改築後25年平家建てで,屋根から水の浸入を防ぐ工事をするということですので,陸屋根の防水工事のことだと推測されますが,10年もすると,かならず工事場所に経年劣化が生じます。また,建物自体が古いので,建...続きを読む

Q固定資産税は売主、買主どちらが支払うのですか

お世話になります。

4月の半ば、無事不動産の売買が成立しました。私は売り手です。
1月時点の登記簿の所有者に固定資産税の通知がくるそうなので
私にくるはずです。

買主は不動産屋を通じて、私のところにきても支払わずに納付書をおくってほしい。そして、買い手が支払うので、4月の半ばまでの分を私が買い手に振り込んでほしい。といいます。

固定資産税の通知は私の氏名あてでくるので、私がしはらって、
4月の半ば以降の分を買い手が私にふりこんでほしいのですが、
ふつうはどちらなのでしょうか?

私は正直どちらでもいいのですが、あまりにしつこく
「とにかく支払わずに通知をそのまま郵送するように」と
いってくるので、何か不利になることでもあるのかな?
と疑問に思い質問させていただきました。
相手は単に、振込手数料がもったいないだけなのでしょうか?
納付する手間も面倒なのでどっちもどっちだと思うのですが・・
それとも他になにか考えられる理由はありますか?

それからもう一つ、
売買契約書は4月15日の日付になっています。
入居は21日ころにしたらしいのですが、
管理費の日割りや固定資産税はどちらの日付で日割りすれば
いいのでしょうか。

私は契約書の日付かとおもったのですが、買い手からすると、
まだ入居していないので、21日から払うつもりで
いるようです。

お世話になります。

4月の半ば、無事不動産の売買が成立しました。私は売り手です。
1月時点の登記簿の所有者に固定資産税の通知がくるそうなので
私にくるはずです。

買主は不動産屋を通じて、私のところにきても支払わずに納付書をおくってほしい。そして、買い手が支払うので、4月の半ばまでの分を私が買い手に振り込んでほしい。といいます。

固定資産税の通知は私の氏名あてでくるので、私がしはらって、
4月の半ば以降の分を買い手が私にふりこんでほしいのですが、
ふつうはどちらなので...続きを読む

Aベストアンサー

経費(租税公課)計上のための証拠書類でしょう。
全額自分がはらったつもりにするのかも知れません。

固定資産税の日割り計算は契約書に載っていませんか?
売主の理由で入居可能日が遅れるのでなければ、決済日が基本だと
思いますが。

Q公売物件では瑕疵担保責任は問えませんか?

国税局の公売で買った不動産に対しては、前の所有者に対しては瑕疵担保責任を問えないのでしょうか?裁判所の不動産競売の場合は民事執行法で瑕疵担保責任は問えないとなっていると思いますが、公売は国税徴収法に基づき行われると思うのですが、国税徴収法にも瑕疵担保責任の免責条項があるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国税徴収法126条に民法586条の準用規定がありますので瑕疵担保責任は買受人の責任です。

Q中古マンションの瑕疵・・・売主の立会いで修理しない場合負担はしてもらえませんか?

8月に中古マンションを購入しましたが、台所の水道から水漏れがあり、業者を頼んで、見てもらいましたら、以前より水漏れの跡(背面のつなぎ目に石灰と緑青がついている)があり、背面から出なくなったので、前から出てきたのだろうということで、修理しました。
購入して、2か月以内の瑕疵については、売主の負担になると聞いていたので、仲介業者に連絡しましたら、重要事項説明書で修理する場合は、売主の立会いが条件になるとの返事が来ました。交換前の部品を保管し、一応仲介業者が見に来ることになっていますが、立会いではなかったという理由で負担を拒否される場合も考えられます。
やはり、重要事項どおり立会いがない場合負担は、無理でしょうか?

Aベストアンサー

まず、契約書を確認しましょう。
契約書の内容はどうなっていますか?
立会でのもとと、書いてあるのでしょうか?
通常は歩み寄りがあります。
貴方の不動産屋がどれだけ親身になってくれるかですね。
緊急を要する場合は、立会できませんし、今回は明らかに水回りの瑕疵です。
強く不動産屋に主張しましょう。

Q破産管財人の瑕疵担保責任

おねがいします。

任意売却で買った破産管財物件に瑕疵があった場合、瑕疵担保責任はどのようになるのでしょうか。
売主である破産管財人(裁判所)に責任を問うことはできるでしょうか。
それとも、強制競売と同様に瑕疵担保責任を問うことはできないのでしょうか。

Aベストアンサー

任意売却の場合は通常の売買契約ですから、目的物に瑕疵があれば、免責の特約がない限り、売主たる破産管財人に対して担保責任を追及できます。
その損害賠償請求権は財団債権となると思われます(破産法148条1項4号)。

Q買主&売主側仲介業者の対応について

現在、中古住宅の購入を考えているのですが、
その物件自体は非常に気に入ったものの
以下の問題があって、なかなか購入に踏み切れません。
そうこうしているうちに他から買付けがくるかも知れず、
とても悩んでいます。

(1)仲介業者の後任担当者の対応が最悪。
この場合、上司に言って代えてもらうことはできるのでしょうか?
それが通らない時は別の不動産会社にこの物件の仲介をお願いするというのは可能ですか?

(2)売主側の仲介業者が悪徳企業。
以前に仲介を依頼したことがあるのですが、裁判沙汰にまでなるようなヒドイ目に遭いました。
できれば関わりたくないのですが、契約時には顔を合わせることになります。
売主様に業者を代えてくれとは言えませんし、諦めるしかないのでしょうか?

物件の内容や価格が条件に合わないのなら諦めもつきますが、こんな理由で断念するのは悲しいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)は不可能ではありませんがあまりお勧めはしません。
どのようないきさつかはわかりませんが、言われる担当の側はたまったもんじゃありませんし、上司があなたの味方になって言い分を聞いてくれるかもわかりません。クレーマー的に扱われて話が壊れるかもしれません。(2)はまず無理でしょう。トラブルにならずに仲介業者を代えることなど困難です。
是非はありますが、不動産は情報産業ですからそうそう簡単に業者を抜くことができてしまっては業界が成り立ちません。逆にあなたが裁判沙汰にされる可能性もあります。
例えれば見合い相手と仲人をはずして結婚するようなものですが不動産の場合は金銭がからみます。(まあお見合いでも謝礼は必要でしょうけれど)
>こんな理由で断念するのは悲しいです。
そうは言ってももともとその業者の方達から入ってきた情報なのですからそこまでイヤならばあきらめたほうがいいと思います。

Q「瑕疵担保責任の履行に関する措置⇒講じない」普通は講じるものなのでしょうか?

造成された土地を購入します。
瑕疵担保責任は業者が2年負いますが、瑕疵担保責任の履行に関する措置は講じないとのことです。
普通は講じるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」によって
来年から義務化される、建設業者に対する資力確保措置のことだと思われます。

資力がない中小事業者から物件を買った消費者が、
物件に瑕疵があった際に救済されるようにする制度ですが、
保険料や保証金などがコストアップ(売価アップ)要因になるので、
実際に導入しているところはまだ少ないと思われます。
事業者が自ら瑕疵担保責任を履行できるなら無用なので、
倒産リスクが少ない業者にすれば、余計な互助制度と思っているでしょう。

完成宅地の購入とのことですが、建物着工前には建築業者が地盤調査を行い、
その結果を踏まえて基礎補強するでしょうから、どちらも並以上の業者なら、
地盤沈下によって建物が損壊するようなことはないと思います。

土地には2年の瑕疵担保責任がついているとのことなので、
建物工事も近々予定されているなら、土中から残材などが出てきても、
瑕疵担保期間中に賠償請求はできると思います。
造成中の地盤調査データ(地耐力)をくれるような業者なら大丈夫でしょうから、
試しに言ってみたら良いのではないでしょうか。

http://www.j-anshin.co.jp/jibanhosyo/index.php

「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」によって
来年から義務化される、建設業者に対する資力確保措置のことだと思われます。

資力がない中小事業者から物件を買った消費者が、
物件に瑕疵があった際に救済されるようにする制度ですが、
保険料や保証金などがコストアップ(売価アップ)要因になるので、
実際に導入しているところはまだ少ないと思われます。
事業者が自ら瑕疵担保責任を履行できるなら無用なので、
倒産リスクが少ない業者にすれば、余計な互助制度と思っているでしょう。
...続きを読む

Q売主と買主が別の日に契約書に調印?

こんにちは。
現在、私は建売住宅の契約(購入)を行おうとしているのですが、仲介業者が「契約書は通常、売主と買主が同時に会って行うものだが、双方の日時都合が合わないこともあるので、どちらか一方に先に署名・押印してもらい、後日もう一方に署名・押印してもらって双方の手元に1通ずつ届ける」と言ってきました。
仲介業者は「よくあることだ」と言うのですが、本当でしょうか?
実際にそういうことをなさった方はおられますか?
こちらが先に押印した2通に、途中で変な手を加えられることがないか心配なのですが……。

Aベストアンサー

私のときは売主が押印しているものに、押印しました。
大規模マンションでしたが売主が複数(4社)で、とても同時には押せません。

別々の場所で押印は、会社の業務ではほとんどそのやり方です。
そもそも会社では印鑑が持ち出せないので同時に押印ということが不可能です。
契約のために会うということはありません。

契約書2通を作成し、
(Aさん)1通に印紙を貼付・割印し、契約書2通に押印して、送付
(Bさん)受け取り、印紙の貼っていない1通に印紙を貼付・2通とも割印・2通とも押印・印紙に双方割印があるほうを保管・1通返送
(Aさん)受け取り、印紙に割印して保管
とします。

1通は戻ってきます。
"手を加える"とは訂正のことと思いますが、このやりとりのなかで訂正することは不可能です(印鑑が質問者さんの手元を離れない限り無理)。
押印後は、差し替えも無理です。
手を加えられるということはないでしょう。

押印前に、事前の交渉内容と違っていないかは、充分確認してください。


人気Q&Aランキング