without having to say very much.
having to しなければならない
very much (名詞)沢山の事
have toは助動詞みたいなものだから、havingという動名詞には出来ないのではないのですか?
以上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

have to は must と(ほぼ)同じ意味で,助動詞みたいなものです。


have に「持っている」のような意味はなく,have to の後にくる動詞の方が文の中で中心となる意味を表します。

しかし,Do you have to ~?
で疑問文になるように,have 自体の用法は一般動詞の用法とかわりません。

will have to ~で未来になったり,have had to で現在完了になったりします。

同じように,having to という動名詞になることもできます。

したがって,ここでも「~しなければならないこと」という意味になりますので,without によって,
「あまり多くのことを言う必要もなく」
となります。

be able to も意味は can と同じですが,
be は will be able to になったり,to be able to という不定詞,being able to という動名詞などになるのも同じことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい説明などありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 14:59

中学のときに勉強する have(has) to = must です。


have to は意味は助動詞の must と同じようなものですが、文法的には、動詞+不定詞ですから、動名詞にすることもできます。
Do you have to go there?
などを見れば、一般動詞の have と同じ扱いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんて書いてますか? ADD ME TO MARVEL'S DO NOT EMAIL LIST C

なんて書いてますか?

ADD ME TO MARVEL'S DO NOT EMAIL LIST
CHANGE MY EMAIL PREFERENCES

By entering your email address below, you will be unsubscribed from all future commercial emails from Marvel

Confirm your email address:

Aベストアンサー

ADD ME TO MARVEL'S DO NOT EMAIL LIST
私をMarvelの「メールを送らないリスト」に加えて下さい。

CHANGE MY EMAIL PREFERENCES
私のメールの設定を変更して下さい。

By entering your email address below, you will be unsubscribed from all future commercial emails from Marvel
下の欄にあなたのメールアドレスを入力すると、今後Marvelからの商業メールの送付が全て解除されます。

Confirm your email address:
あなたのメールアドレスを(所定の欄に入力して)ご確認ください。

Qnot say very much at all

the most obvious difference is that the Japanese does not say very much at all overtly.
という文があったのですがnot say very much at all の部分がよく分かりません。not~very muchであまり~ないだと思ったのですが、そうするとat allをどう訳せばよいのか、という問題が出てきてしまって・・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。3/13のご質問以来ですね。

1.ご質問文のat allは、「まったくもって~ない」「全然~ない」という意味の、否定を強調を表す副詞として使われています。つまり、notという否定を修飾する副詞です。

2.not very muchの構造では、notはveryを否定して「とてもは~ない」となり、Not very muchで「とても沢山は~ない」→「あまり~ない」と日本語としてきれいな訳になります。このnot very muchは動詞sayを修飾する副詞となります。

3.overtlyは「はっきりと」という副詞でsay「言う」を修飾する副詞です。

以上のように、後半の文では、does not sayという否定の動詞句に、3つの副詞が修飾して否定を強調する構造になっています。後半の文の意味は、
「日本人は、まったくもって、あまりはっきりとは発言しない」→
「日本人は、まったくもってはっきりと発言しない」
と、否定表現の重複を避けた方がすっきりするでしょう。

以上ご参考までに。

QTO DO LISTを日本語で言うと?

よくビジネスで、TO DO LISTって使いますよね。
手帳なんかにも出てきますね。

文字通り「やらなければならないことのリスト」という意味であることはわかるのですが、
そういう直訳的・説明的な訳ではない、ひとことでビシッと言い表せる定訳ってありますでしょうか?

ビジネスの現場にあまり詳しくないので、ビジネス関係の方、みなさんどんなふうに言ってらっしゃるか知りたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1でございます。すこし補足を。


日本国内にはじめてファイロファクスの「システム手帳」が入ってきた時に、今までの日本の手帳にはないまったく新しい概念のリフィルがありました。それが「TO DO LIST」です。

やるべきことを羅列していくだけの用紙ですが、画期的だったのは「チェックマーク」を入れる部分があったことです。

完了したものにはチェックを入れて「済」ということにしておけば一目瞭然であり、チェックの入っていない項目だけを注意して見ていれば良いわけです。

こうしたTODOLISTの「忘れていることが明瞭にわかる」という機能に対して、日本語の備忘(忘れたときのための備え)という意味を重ね合わせて「備忘録」と呼んでいました。

当時のシステム手帳を使い始めた人たちが同様に感じてTODOLISTを「備忘録」と呼んでいたわけで、英訳がどうこうという話ではないのです。

Qvery muchとmuch tooの違いについて

四択問題
You shouldn't have bothered ; you're ( ) to me.
ア. very much kind イ. very too kind
ウ. much too kind エ. too much kind
でウが答えになります。なぜでしょうか。
エ.はtoo muchの後に名詞しか入らないからダメなのでしょうか。
イ.はveryとtooは相反する意味なのでダメなのでしょうか。
ア.は辞書で調べるとvery muchの後ろに形容詞が入るのは問題ありませんがなぜだめなのでしょうか。解説お願いします。

Aベストアンサー

No.6です。お返事を有難うございます。週末は不在でしたのでメールを見れず、お返事が遅れて失礼しました。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<イは単にveryがtooを取れないと覚えるしかないのでしょうか。>

そうですね。

1.Veryはそれ自体程度を強調する副詞ですが、他の程度を表す副詞を修飾することはありません。
例:
very so(X)
very too(X)
very enough(X)

2.理屈で考えるようり、Very+tooはありえない、と便宜的に覚えるのも近道です。


ご質問2:
<エはtooがmuchを強調する働きはないのでしょうか。>

1.叙述用法ではあります。
例:
He eats too much.「あまりに沢山食べ過ぎる」
He played too much.「あまりに沢山遊びすぎた」
これらのmuchは「たくさん」という副詞として、それぞれの自動詞にかかっており、tooは副詞muchの程度を強調する副詞として使われています。

2.ご質問文のように名詞にかかる限定用法ではtooがmuchにかかることはありません。
例:
He eats too much bread.(X)
「あまりにも沢山のパンを食べる」

以上ご参考までに。

No.6です。お返事を有難うございます。週末は不在でしたのでメールを見れず、お返事が遅れて失礼しました。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<イは単にveryがtooを取れないと覚えるしかないのでしょうか。>

そうですね。

1.Veryはそれ自体程度を強調する副詞ですが、他の程度を表す副詞を修飾することはありません。
例:
very so(X)
very too(X)
very enough(X)

2.理屈で考えるようり、Very+tooはありえない、と便宜的に覚えるのも近道です。


ご質問2:
<エはtooが...続きを読む

QOUTLOOKより軽いスケジューラ(TO DO LIST)

現在、OUTLOOKをスケジュール管理ソフトとして使っていますがかなり重いので他のものを探しています.
SCHEDULE WATCHER がいいときいて試してみたのですが
TO DO LISTの機能で定期的な仕事を入力する機能がないので困っています.
他にお勧めはありませんでしょうか
宜しくお願いいたします.

Aベストアンサー

私も、一時期スケジューラにはまって集めた記憶があります。
そのとき、SCHEDULE WATCHERも使用しました。
いっぱい集めたのですが、Zclock98というソフトも使用しました。
このソフトは、今Zclone98と名前を変えて配布されています。
ダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。

(「定期的な仕事」という内容がよくわかりません。もう少し具体的に表記していただけませんか?)

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA002242/zclone98/help_html/index.html

Qvery much と very wellの厳密な使い分け。

簡単な例文を出すと
I know Tom very well.
I like the guitar very much.

英語は数年やっているのでwellとmuchがチェンジすればおかしいと思うんですが、厳密にはどうやって使い分けているんでしょうか?
調べても曖昧な感じでイマイチはっとする感じがしませんでした。
詳しい方、解説お願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

wellは形容詞goodに対応する副詞で、比較級、絶対級は両方ともbetter, bestです。muchはmanyに対応する形容詞/副詞で、被修飾語が可算かどうかで区別しますが、比較級、絶対級は両方ともmore、mostです。very well/muchの区別に関しは、質的な意味ではvery well、量的な意味ではvery muchを使うと考えてよいと思います。

Qto.do.に関して

I have not choise but to do so.
のto do so.が何故to do soなのかわかりません。
to do so.には何の意味があるのでしょうか?
to.do.に対して理解できてません。

Aベストアンサー

前に書いているはずです。
まず、古いイギリス英語なら have not もありますが、
普通は I don't have any choice ~か、I have no choice です。

I have no choice but to do so. で「そうするより仕方がない」

「そうする」とは何かは前に書いているはずです。
これだけの例文なら、そういう前提での文と考えるしかありません。

QThat’s very kind of you to say.

「そう言ってくれるのはとてもありがたい。」という気持ちを表わすのに次のような表現を耳にします。
1.It’s very kind of you to say so.
2.That’s very kind of you to say.
3.That’s very kind of you to say so.
このうちの2の英文についてお尋ねします。

このthatは
(あ)3の文の主語のthatと同様、「そういってくれた(あるいは「…くれる」)という事実、あるいは出来事を指しているのでしょうか?
(い)それとも、相手の発した言葉そのものを指しており、形の上では文の主語であるものの意味上は動詞sayの目的語と考えるべきものでしょうか?

Aベストアンサー

~ is kind of you
この表現は「~」が親切である(文法上の主語)と同時に you も意味的に主語となり、「人」と「行為」の両方が親切、結局「人」の「行為」が親切という意味を表します。「~」の部分には it を立て後に真主語の to 不定詞を置いたり、代名詞を置いたりします。
That's kind of you.
このように that を主語に立てた場合は that は全文の内容、会話では相手のしてくれたことや言ったことを指します。it と異なり後ろにある不定詞や that 節を指すことはできません。このような点から
2. That's very kind of you to say.
3. That's very kind of you to say so.
これらの that が不定詞を指すことは考えにくいことです。つまり、that = to say (so) とは考えにくく、不定詞は判断の根拠「~してくれるなんて」としか考えられません(例:You are very kind to say so. そう言ってくれてありがとう)。しかし2と3の文では問題が残ります。2では say だけなので「言ってくれて」としかならず、何を言ったのかが不明です。3では say so なので「そう言ってくれて」なので言った内容は分かるのですがこれは that「そのこと、そうしてくれたこと」と意味的に重なってしまいます。
実は自分自身 that で始まり、かつ to 不定詞を伴っている例を聞いたことはないのですが、会話においてはこのような形が現れるのかもしれません。つまり、It's very kind of you to say so. と That's very kind of you. が混じってしまうことは十分考えられます。また、That's very easy to do.「それはとてもやりやすい」のような表現(この that は文の主語でありまた、意味的に do の目的語でもある)が混じりこんでしまえば2のような形ができてしまうことも考えられます。

~ is kind of you
この表現は「~」が親切である(文法上の主語)と同時に you も意味的に主語となり、「人」と「行為」の両方が親切、結局「人」の「行為」が親切という意味を表します。「~」の部分には it を立て後に真主語の to 不定詞を置いたり、代名詞を置いたりします。
That's kind of you.
このように that を主語に立てた場合は that は全文の内容、会話では相手のしてくれたことや言ったことを指します。it と異なり後ろにある不定詞や that 節を指すことはできません。このような点から
2. That...続きを読む

QI'd like to do の過去形は?

「~したい」というときには、"I want to do"と言いますが、polite expression では、"I'd like to do"だということを以前教わって理解していたつもりなのですが、ふと「過去形では何と言うのかな?」という疑問が湧いてきました。

「~したかった」というときの"I want to do"の過去形は、"I wanted to do"だとわかるのですが、"I'd like to do"の過去形はどうやって表せばいいのですか?

"I'd like to do"は"I would like to do"だから、"I would have liked to do"になるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご存知と思いますがなかなか英語と日本語は一対一には対応していないため、言い方はその内容により異なってきます。

>「やっと英会話スクールに入りました。前から行きたかったんです。」
という例ならば、普通に want でかまいません。(I've wanted to learn English in ESL classとか色々)
特に丁寧さに掛けるというわけでもありません。
あと、earger とか他の言葉による表現もあります。

なぜかというと、そもそもwantが強い表現で避ける理由は、自分の欲求をあからさまに主張する表現だから、それが実現していないにもかかわらず主張することがあさましい感じがするからなのです。

ですからそれをさけて would like to ~として、自分の欲求自体を仮定法を使って願望に変えているわけです。
つまり暗黙に、[if possible,] I would like to ~ と仮定の中において話しているから、控えめな表現とされるわけです。[]内は言葉にしませんがさまざまな適当な文に置き換えられるわけです。
日本語で言えば、「出来ましたら、~したいのですが、、、」のような表現ということです。

すでに実現した出来事に対して過去の自分の気持ちを言う場合には、would like のような表現は意味を成しません(仮定ではないわけですから)、wantのもつあさましさがあるわけではありません。(すでに実現しているから)

過去にそう思っていただけで現在も実現していないのであれば、仮定法過去をつかう表現にすることでwantのもつ浅ましさを消せるということです。

実現しているのであればwantは特に問題のある表現では無いということです。

ご存知と思いますがなかなか英語と日本語は一対一には対応していないため、言い方はその内容により異なってきます。

>「やっと英会話スクールに入りました。前から行きたかったんです。」
という例ならば、普通に want でかまいません。(I've wanted to learn English in ESL classとか色々)
特に丁寧さに掛けるというわけでもありません。
あと、earger とか他の言葉による表現もあります。

なぜかというと、そもそもwantが強い表現で避ける理由は、自分の欲求をあからさまに主張する表現だから、それが...続きを読む

QI wish の中身とhave been to と have gone to

I wish I ( ) to the theater last night
①would have been ②has gone ③had gone ④was going

この問題で仮定法過去完了だから①か③
have been to は経験、have gone to は完了(行って帰ってこない)を表すから答えは①だと思ったのですが
正解は③でした
なぜ①が間違いで③が正解なのか教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

普通の現在完了では last night のような過去について表現できません。

仮定法過去完了は、過去について表現するもので、通常の完了とか経験と関係なく使えます。

だからこの仮定法過去完了は
have been to
have gone to
という通常の完了時制の違いとは関係なく、

I didn't go to the theater last night.
という現実に対して、行ったらよかった

というもので、
そのまま go について、過去完了形にすればいいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報