国民健康保険に加入していれば高額な医療費は高額療養費制度で払い戻されるため、
医療保険に加入するメリットはあまりないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

FPでもあり、高額医療費を毎月高限値まで払い続けている患者でもある者です。



医療保険のメリットは、健康保険の医療費制度で賄いきれない分の保障と考えるべきでもあると思います。

例えば、

・休業補償(休業時の給与所得のみではなく、ボーナス・給与・昇格等に関する査定の低下分も考慮するべきです。)

・手術や見舞いの際の家族費用(交通費や家族が付き添ったりする際に休業した場合も補償、またその移動費等)

・保険適応外の補償(高度医療に関する医療費、自宅療養中の特別食の食費、手術後や退院後の自宅家具等にかかる費用)
高度医療として、腫瘍を切らずに放射線治療(約320万円)、免疫療法(1回25万円×6回)、
癌細胞に効果する薬剤を選出するための詳細なDNA検査(約20万円)等。

上記は癌に関してですが、他病気等に関しても、
「切らずに治せる」「余計な薬を使わず、最小の薬のみで効果は最大限」「傷痕を全く残さず短時間で手術」
「形成込みの手術で本来なら障害者認定を受ける障害が残る病気でも障害を残さずに済み、社会復帰まで短時間で済む」等
高度医療は(悪い言葉ですみません)ある程度まではお金で買えてしまう時代でもあるので、
それらを選択する際の「医療費の足し」のような感覚でもあるかと思います。

誰もがなる可能性のある病気、例えば癌や白血病、特定の難病等では、医療費以外の部分、家庭での生活や移動費用
(タクシー代等は控除対象にはなりますが、高額医療費の還付は受けられません。)等が以外とかかる事もあります。

ですから、貯蓄も十分にあり、大きな病気や難病にならない健康体でもあるのであれば、
医療保険に入るメリットはあまりないと思われます(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 00:59

まずは、高額療養費制度を正しく理解する必要があります。


http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

一般の方の場合、ある月(1日~末日)の医療費の限度額は
80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1%
で計算される金額になります。
例えば、200万円の医療費がかかったとすると、
自己負担は、97,430円となります。

200万円という金額は、決して、特別ではありません。
例えば、埋め込み式ペースメーカーの場合、その機械だけで140万円ぐらいします。
人工血管でも100万円ぐらいするものも数多くあります。
それに、手技料、入院基本料金などがプラスされるので、医療費として、200万、300万円するのはざらにあります。

医療費に含まれないものには、入院食事代(一食260円)、差額ベッド代、雑費があります。
また、先進医療の技術料は、高額療養費の対象外です。
自由診療は言うまでもなく、対象外です。

以上は、ある月の1日~末日までの場合です。
例えば、4月15日に入院して、5月14日に退院した場合で、
200万円の医療費が100万円ずつ2ヶ月にまたがっていた場合……
(4月に100万円、5月に100万円という場合)
87,430円×2ヶ月=174,860円となります。

つまり、高額療養費制度はとても役に立つ制度ですが、万能ではないのです。
また、制度なので、今後どのように変わるのか分りません。
実際、前回の改正(2006年10月)前は、80,100円の部分が、72,300円でした。

このようなことを考えて、医療保険をどうするのが良いのか、ご自身のマネープランの中でご検討ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 00:58

医療保健は、医療費の補助の面と休業による所得保障(入院日額○万円)の面もあります。


医療保険に入っていれば、医療費の他に生活費の一部も貰えるというような感じになります。

高額な保健に入ってれば給与よりも多く貰える可能性mあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 00:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式の信用取引で、制度信用と一般無期限信用の違いは?

株式の信用取引で、制度信用(6ヶ月以内に反対売買)と一般無期限信用の違いは何ですか?
どのように使い分けるのですか?
建玉がある間の金利あるいは諸経費が違うのですか?

Aベストアンサー

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券が足りなくなっても大株主から借りたりせずに、空売りできなくなるので、逆日歩が発生することはありません。
なお、イートレード証券の一般信用では、空売りできません。
(https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=lineup&dir=lineup&file=home_lineup_margin.html のサービス概要の無期限信用(一般信用)取引の売買の項目に、新規売建の記載がありません)。無期限信用で空売りできる証券会社は、ごく一部です。

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券...続きを読む

Q高額療養費制度の高額療養費について質問です。 後期高齢者の父と同居です。 現役並み所得者 同一世帯に

高額療養費制度の高額療養費について質問です。
後期高齢者の父と同居です。

現役並み所得者
同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の被保険者がいる方。

とありますが、後期高齢者医療制度の被保険者である父の所得のことでしょうか?
それとも私を含めての所得のことでしょうか?

Aベストアンサー

>同一世帯に・・・の被保険者がいる方…

ですから、あなたが「被保険者」かどうかです。

母はいないのですね。
そうだとしてあなたが75歳以上、父が95歳ぐらい親子であって、あなたの住民税課税所得が145万円以上なら該当します。

あなたが75歳未満なら、住民税課税所得がいくらであっても該当しません。

Q制度信用取引について

 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)<4788.T>のニュ-スで「日証金が制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う申し込みで停止措置を解除」というのが有りました。実際には、どうゆうことなのか知りたいのですが?具体的に教えて欲しいのですが?
 また日証金とは何ですか?、株価にはどう影響しますか?
 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

CCIの制度信用取引ができるようになったと言うことです。
信用が上がったと言うことなので株価に影響はあると思いますが、すでに織り込み済みって事も多いです。

Q高額医療・高額介護合算療養費制度

今日総務庁からのお知らせでこのことを知りました。
8月1日からということですが
具体的にどうすればいいのでしょう。
いままで送付されているパンフレットやお知らせ、請求書等を見てもよくわかりません。
高額医療・高額介護合算療養費制度という名称のようなので
国民健康保険、後期高齢者医療制度のことは市役所に聞きにいくしかないのでしょうか。

わかりやすく説明したサイトがあれば紹介ください。
なお、下記の周知及び対応を考えています。
「http://www.mhlw.go.jp/za/0724/a10/a10-02.pdf
http://www.mhlw.go.jp/za/0724/a10/a10-01.pdf

Aベストアンサー

高額医療・高額介護合算制度ですね。
平成20年4月に後期高齢者医療制度(長寿医療制度)が始まったときに合わせて、制度そのものはスタートしてます。
(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0301-6b.pdf)

一言で言うと、前年8月~今年7月までの双方の医療費を見て、その合算額が基準を上回っていれば払い戻しますよ、というしくみです。
ですから、今年8月1日からスタートする申請は、20年8月~21年7月の医療費(12か月分)を見ます。
この「1年をどこまでどこまで見るの?」っていう区切り方が何とも特殊なので、気をつけたほうが良いと思います。
また、後期高齢者医療制度がスタートしたときのゴタゴタがあったため、今年8月1日からの申請に限っては、20年4月~20年7月のものも含めてます(つまり、16か月分)。

「介護保険で何らかのサービスを受けていて、その自己負担額が高額ですごかった!」ということがまず大前提で、そのときは、最初に、介護保険のほうで「高額介護サービス費」というもので超過分を払い戻してもらいます。
そうしたら、その自己負担額の証明をしてもらいます(市区町村で)。

一方、「医療保険でも自己負担額が高額ですごかった!」というときには、「高額療養費」で超過分を払い戻してもらいますよね?
で、両方を通じて負担が高額になってしまったとき、いままでは、それ以上の超過分を払い戻すしくみがなかったんですけど、これからはもうちょっと払い戻せるようにしよう、っていうことで、両方を合算することになりました。
これが、合算制度です。

まず「高額介護サービス費」(介護保険)の自己負担額の証明をしてもらったら、次に、申請するの年の7月末日時点で入ってた医療保険(但し、ここから高額療養費を受けられること)の保険者(協会けんぽとか、国保とか、組合健保のことですね)に、その証明書を出して、医療保険の高額療養費のほうと調整します。

そうすると、ケースによって、合算したあとにさらに払い戻せる場合が出てきます。
このとき、高額介護サービス費や高額療養費でも払い戻しきれなかった部分が払い戻されます。
そういうしくみです。
言い替えると、最初はまず、介護保険は介護保険のほうで、医療保険は医療保険のほうで、高額介護サービス費や高額療養費のしくみを使います。
そして、そのあとで、それぞれの自己負担額を証明してもらって合算し、その結果でさらに払い戻せれば還付される、っていう感じになります。

福岡県久留米市の以下の説明(PDF)がわかりやすいと思います。
http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1500soshiki/9045kaigo/3010oshirase/files/gaxtusanntirasi.pdf

また、加入している医療保険の種別毎に括って考える、というたいへん複雑なしくみでもあるんですが、長野県須坂市がたいへんわかりやすく説明しています(以下)。
他の市区町村でもこれに準ずるので、参考にして、直接、お住まいの市区町村に問い合わせたほうが良いと思いますよ。
http://www.city.suzaka.nagano.jp/kenkou/kaigo/gassan/

高額医療・高額介護合算制度ですね。
平成20年4月に後期高齢者医療制度(長寿医療制度)が始まったときに合わせて、制度そのものはスタートしてます。
(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0301-6b.pdf)

一言で言うと、前年8月~今年7月までの双方の医療費を見て、その合算額が基準を上回っていれば払い戻しますよ、というしくみです。
ですから、今年8月1日からスタートする申請は、20年8月~21年7月の医療費(12か月分)を見ます。
この「1年をどこまでどこまで見るの?」って...続きを読む

Q信用取引制度について

少しわからないところがあるので質問させていただきます。
委託保証金は30万円は必要ですよね。
30万円で始めたとしたら、90万円くらいまでの取引ができるってことでいいんですか?
それとも、30万とは別にお金が必要ですか?
たとえば33万あって、30万は委託保証金で、残りの3万が信用取引として利用でき、9万まで利用できるようになるとか。

あと、30万で信用取引をやって90万の株を買って、その株が60万まで落ちてしまったとき、委託保証金は最低30万は無ければいけないので、
60万の3分の1の20万が今の財産だとして10万を新たに振り込まなければならないとか(ここはうまく説明できなくて言ってることわからなかったらすいません。)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

評価損は保証金から差し引かれるので、90万円の株が60万円になったら、保証金ゼロです。10万入れてもだめです。その前に評価損5万程度で追証がかかります。
レバレッジがかかるとこういうとき怖いです。

Q高額療養費制度を受けて、医療保険はもらえるか?

怪我で、4月1日から30日まで入院したとします。
毎日、入院費用が1万円かかり、合計30万円かかったとします。

<質問1>
高額療養費制度が適用されて、
80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1%
により、
支払う金額は、ざっくりで言うと「8万円くらい」になると考えていますが、
それで正しいですか?


<質問2>
民間の医療保険に入っており、
「1日5000円」支払われる要件を満たしているとします。

その場合、
高額療養費制度が適用されつつ、
「5000円*30日=15万円」を保険会社から、もらえますか?


<質問3>
質問1と2が満たされた場合、
「病院に8万円はらって、保険を15万円もらうので、7万円くらい儲かる」
と考えていますが、それで正しいですか?



間違っている部分がありましたら、
説明していただけると助かります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

現在加入されている健康保険(社会保険や国民健康保険)からの高額療養費支給と、
生命保険会社からの入院給付金では全く別物です。

なので、質問3のとおりで間違いないですよ。

ただ質問1の「病院に支払う金額が8万円くらい」になるには、事前に「限度額適用認定証」
の交付を受け、それを病院側に提示しなければいけません。
もちろんそれがなくても3割負担分を支払い、後から高額療養費支給申請をされても
2~3ヶ月後くらいにはお金が戻ってきます。
どちらにしても、実質負担額は変わりありません。

それから、食事療養費が別に1食260円かかります。
1ヶ月最大93回食べたとして24,180円ですが、これは医療費とは別に支払わなければいけません。

Qイートレード信用取引について

初めまして。
イートレードで今回信用取引をしようと
勉強しております。
ですが、わからないことがあります。

(1)なぜ制度信用取引(6ヶ月)と無期限信用(一般信用)
 というものがあるのですか?
その制度信用と無期限信用との違いは?
どちらが取引するのにいいのでしょうか?

(2)イートレードにて信用を開始すると、「取引残高報告  書」と「同意書」が送られてくるとあります。
 それは確実に期日までに返送しなくてはいけませんか?
 しないとどうなりますか?
 毎月いつごろ送られてくるものでしょうか?

まだわからないことが一杯です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)については、#1さんのおっしゃるとおりです。両方できる場合は、制度信用を利用するのが普通です。決済期限が来たら、いったん手仕舞って、また買建(売建)れば良いのですから。その方がコスト的に安い場合がほとんどです。

(2)は、多少遅れてもとにかく提出すれば良いようです。遅れると、早く提出してくれという督促の手紙が来ます。

Q高額療養費制度における支払い医療費の合算について

高額療養費制度において、医療費を支払った医療機関(病院・診療所など)が複数に渡る場合の計算の仕方についてお尋ねします。

上記の場合、合算はできず医療機関ごとに分けて計算するもの、と思っていたのですが、現在使用しているFP技能士の問題集の解答例では合算されています。

この問題集は2006年度版なので、内容に訂正があれば既に発表されているものと思い、発行元の発行書籍の訂正箇所を掲載しているHPを調べてみましたが、訂正の対象とはなっていません。
私の解釈が間違っているのだと思いますが、どのように解釈したらよろしいのでしょうか。

Aベストアンサー

下記の参考URLをご覧になっては如何でしょうか。
社会保険庁のHPですので参考にするには十分だと思います。
こういう計算方法を「世帯合算」と言います。

仰るとおり、原則としては人ごと、医療機関ごと(入院・入院外も別、早い話がレセプト1件ごと)に計算するのですが、一部負担額が一定の金額を超える分については合算できるということです。
同一人が1ヵ月以内に別の医療機関でそれぞれ一定の一部負担額を超える治療を受けた場合も合算できます。

しかし、当然のことながら、同一世帯であっても被保険者証の記号番号が異なる場合は合算できません。
例えば、夫婦共働きでそれぞれが健康保険の被保険者であり、子供は夫の扶養である場合、夫と子供の一部負担額は合算できますが、妻の分は合算できないということになります。

FP技能士でどの程度の知識を必要とされるのかわからないのですが、原則的なことを知っていればいいというのであれば、この程度の知識があれば十分だと思います。

あと、調剤報酬が絡むと計算が少し変わってくるはずですが、うろ覚えで今正確なことが書けないので割愛させていただきます。
もし興味がおありなら調べてみてください。

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

下記の参考URLをご覧になっては如何でしょうか。
社会保険庁のHPですので参考にするには十分だと思います。
こういう計算方法を「世帯合算」と言います。

仰るとおり、原則としては人ごと、医療機関ごと(入院・入院外も別、早い話がレセプト1件ごと)に計算するのですが、一部負担額が一定の金額を超える分については合算できるということです。
同一人が1ヵ月以内に別の医療機関でそれぞれ一定の一部負担額を超える治療を受けた場合も合算できます。

しかし、当然のことながら、同一世帯であっても被保...続きを読む

Q信用取引で買った株を現物株にするには?

株初心者です。信用取引(6ヵ月の制度取引)で買った株を現物株にしたいのですが、どのようにすればよいのですか?
また、その場合、例えば信用取引で買った時の株価が10,000円とします。その株が現在12,000円になっていたとしても、現物株に変える時は買った時の値段(10,000円)でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現引きすれば良いのです

信用で1万円で買った株は、たとえ現在1万2千円になっていたとしても、1万円で良いのです

正確には

 「 買建値×現引き数+諸経費 」( 諸経費に金利分も含む )

となります。

信用買いは、お金を借りて株を買う行為ですので、
基本的に、
借りたお金を、金利を付けて払えば良い
と言う理屈になります。

値上がりして、良かったですね

Q後期医療制度の高額療養費

退院して支払いも終わりましたが、後期医療制度になったので高額療養費は請求できないのでしょうか。

Aベストアンサー

後期高齢者医療制度でも高額療養費はあります。
内容は3月までの老人保健と同じです。

ただ、、、「退院して、、」とありますので
入院されていたと言うことですよね?
後期高齢者で入院の場合は高額療養費は
医療機関窓口で現物給付されるはずなので、
支払った額は自己負担限度額までの金額なのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報