教えてください  家族がひどい方の酒気帯び運転で捕まりました 酒気帯び+物損事故でした 後日警察で取り調べを受け減点13点 90日の停止処分を受けました  その後検察から呼び出しを受けました。検察では罰金では済まないと言われました。後日裁判所で判決がでると言われました。即決裁判でもよいが弁護士費用を考えると後日の呼び出しでよいと言われました この場合は懲役刑になるのでしょうか?また裁判を行うとなると会社に知られるのではないかと心配しています  世間に公表
となると小さな子供もおりますしいじめられないかと心配です。  免許をとって今まで無事故無違反で過ごしてきました  本人はとても反省しており今後通勤以外には車に乗らないと決めているようです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> やはり普通の裁判のように行われるのでしょうか? 



テレビドラマのイメージをお持ちかもしれませんが、罪を認めている事件なのでもっとあっさりしています。

> 裁判は通常だれでも傍聴できるようですがそこに報道関係の人はいないのでしょうか?
> 地方裁判所には報道関係の人が詰めていると聞きましたが・・・  

そりゃいるでしょうが、珍しくもない事件は記事になりません。家族の方が有名であるとか公職に就かれているとかいう場合でもなければ、報道関係者も興味を示しません。仮に何かの記事になったとしても、わざわざ名前を出すこともありません。

> 地方であまり話題のないところですし、今飲酒を厳しく取り締まっているので心配です

どんな地方か知りませんが、そんなに心配なら地方裁判所に一度お出かけして、裁判の様子を覗いてみてください。裁判所にある開廷表(その日扱う事件のリスト)を見て、「道路交通法違反」と出ている裁判をいくつか傍聴してみれば、だいたいの感じがわかるでしょうし、それが記事になるかどうか確認してみれば、大して心配もいらないとわかるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました 
適切に回答していただきありがとうございました

お礼日時:2009/06/06 18:05

懲役刑になりますが、執行猶予がつきます。



検察官が言っている「即決裁判」というのは、1日で判決まで終わらせる手続です。軽微で証拠調べもすぐ終わりそうな簡単な事件の場合に、被疑者の同意があれば選択できます。「罰金では済まない」と言っているからには懲役刑ですが、即決裁判では懲役刑に処する場合は必ず執行猶予をつけなければならないので(刑事訴訟法350条の14)、刑務所へ行く心配はいりません。

#「弁護士費用を考えると……」というのは、弁護人がいないとできない手続のためです。

検察官の側が即決裁判(=執行猶予)でもいいと言っているわけですから、仮に通常の裁判手続になったとしても実刑になることはないでしょう。

裁判は公開の法廷で行われるので、当然ながらそこに知り合いがいれば発覚しますが、普通はいません。報道されるような事件でもありませんし、通常は広く世間に知られることはないです。公務員や公的な資格が必要な仕事をしているならともかく、一般企業で働いているなら心配はいらないでしょう。裁判の日にお休みを取る必要はありますが、当面の不都合はそれくらいです。

この回答への補足

回答ありがとうございました
再度の質問になります よろしくお願いします
裁判所から手紙がきて弁護士を国選か私撰でえらぶようにとありました
経済的には私撰にしなければならないようでした  やはり普通の裁判のように行われるのでしょうか? 裁判は通常だれでも傍聴できるようですがそこに報道関係の人はいないのでしょうか?
地方裁判所には報道関係の人が詰めていると聞きましたが・・・  
地方であまり話題のないところですし、今飲酒を厳しく取り締まっているので心配です
再度の回答よろしくお願いします

補足日時:2009/06/01 18:52
    • good
    • 0

以下ほんの一例につき、都道府県によって手順は違うかもしれません。



裁判は略式で半日で終了します。日にちは指定されますので変更はできません。
朝、裁判所へ出向き(もちろん、自分で運転して行ってはいけません)、検察官に事情聴取されます。この時、うそ偽り無く状況を話してください。言い訳すると、とんでもない目にあいます。まず、言い訳しても聞き入れてくれません。素直にごめんなさいしましょう。内容は警察官の調書の繰り返しです。厳しい検察官の方は熱が入り叱責されることもあります。そして数時間(1時間くらい)待った後、判決が出ます(事務的に)。罰金払って、終わり。ですから普通車の相場25万円を現金で必ずお持ちください。そうでない場合はお泊りします。これで1日目おわり。

別の日に。
あとは行政処分で、免停の初犯なので5万円払って講習受けると大抵は30日の免停に短縮されます。これには丸一日かかります。

会社に知られるかどうかは運です。悪いことをしたのだから仕方ありません。それが社会的制裁なのです。人を刺すのと同じです。相手が物だっただけのこと。もう酒気帯び運転は重罪となってしまったのです。

裁判所へ出向いたとき、免許センターで講習を受けるとき、知り合いがいないか必ずチェックすること。ここで知ってる人がいたら口止め工作をしなくてはなりません。
また、公務員であったり、中でも警察官であったり、社会に強く影響を与える職でなければ大抵は公表されないのでご安心を。後は物損の相手がいい人ならば大丈夫。そうでなければ腹をくくりましょう。

まず、本人さんがいくら反省しているからといっても、これだけ世間が騒いでいる中、分かっていて酒気帯び運転するんだから、言い訳はできません。普通なら通勤にも使わない気持ちが沸くはず。免停なら通勤に使えないでしょ。小さな子供がいるなら尚更です。

とりあえず、どうやって休暇をとるかですね。とりにくい職場なら、厳しいですね。
    • good
    • 0

かなりの濃度が、呼気検査で出たのですね!



通常は罰金刑ですから、略式命令での判決になります。
今回は、酒気帯び運転と物損事故ですから、正式に裁判所に起訴される事になると言う事です。
飲酒は、運転手への最低限のマナーですから、逆に処分も重たいのです。

実際に、懲役かと言えば、執行猶予になる可能性があります。
ただ、交通違反とは言えど前科になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2009/06/01 19:03

3年以下の懲役か、50万円以下の罰金。


懲役になるかどうかは、裁判次第ですから何ともいえない。
(事故も起こしてますからね)
裁判になれば、まず会社にも知られるでしょうね。
厳しいことをいいますが、自業自得としかいいようがない。
事故を起こしたのが、たまたま物に対してだったからいいようなもの。
もし人でもはねてたら、危険運転致死傷罪で起訴されてても不思議じゃない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
本人も深く反省しています  

お礼日時:2009/06/01 18:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチョコパイ・イソジンで酒気帯び運転逮捕?

酒入りケーキやお菓子で酒気帯びでも飲酒運転にはなよませんよね?
「お酒を飲む」以外で酒気帯びになっても取り締まりの対象にならないとニュースでやっていました。
酒気帯び検知された女性教員が飲酒を否定して取り締まられなかった。

チョコパイを食べて酔っぱらったり、イソジンうがいをしたり、ブランデーチョコを食べたりしてからの酒気帯び運転は飲酒行為が無いため無罪ですか?

もしこれが酒気帯び運転になるならチョコパイやイソジンを控えなければいけませんね

Aベストアンサー

酒帯運転と、飲酒運転の違いわかりますか?

酒帯で捕まり、飲酒運転にするかの判断が普通ですよね。

しかし、酒帯運転の数値に達していなくても、まっすぐ歩けないなど飲酒運転と判断されたら飲酒運転として逮捕されます。

昔は、昨日の晩に飲んで、朝、酒が残っていても目をつぶっていましたが、今は違いますよ。

「いつ飲んだ?」「なに飲んだ?」「どれぐらい飲んだ?」と聞いても、答える人は嘘ばかりですからね。
酒飲んでいても、「ウイスキーボンボン」食べたからというあほもいるからね。

呼気をはかって、数値に達すれば問答無用です。

普通の酒入りケーキを食べても、わずかなアルコールは検知されてもまっすぐ歩けなくなる人はそう簡単にはいないでしょうね。

Q酒気帯び運転の同乗者

運転手が飲酒をしていたことを知らなくて、その車に同乗者が乗った場合、警察に捕まったら同乗者にも罰金が科せられますか?
(運転手は周りの人から見ても、明らかにお酒を飲んでいないような感じだった場合。)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>運転手が飲酒をしていたことを知らなくて、その車に同乗者が乗った場合
>運転手は周りの人から見ても、明らかにお酒を飲んでいないような感じだった場合
この条件でしたら罰せられません。一緒に飲んでいたわけでもなく、運転手が飲み屋から出てきたわけでもなく、顔が赤いわけでもなく、酒の匂いがするわけでもないということでしょうから、当然罰せられるはずがありません。
それにしても、飲んでいながら「周りの人から見ても、明らかにお酒を飲んでいない」というのはどのような状況でしょうか。現実にはほとんどありえない状況でしょう。

Q酒気帯び&速度違反

酒気帯び&速度違反

友達が初犯の酒気帯びで捕まりました
0.15でした
4ヶ月前の話しなのですが
まだ裁判や罰金はまだです
捕まった1ヶ月後に
50kmの所を67kmで走り
罰金一万~払ったそうです

この場合酒気帯びから
切符を切られた時点から無免許となるのでしょうか?
また無免許&免停期間ですか?
速度違反のときは無免許となり酒気帯び&無免許の罰金が
くるのでしょうか?


ちなみに酒気帯び+速度違反の点数で
免許取消になってしまうか教えて下さい

Aベストアンサー

交通犯の処分の機関は都道府県によって違います、慣れている+人口の少ない地域はすぐ来るし、そうでないと結構掛かります。

無免許になるのは免停の処分期間が開始されてから(通常は免許センターに呼び出された当日)ですから、速度超過時点では無免許ではありません。

点数としては、酒気帯びの点数と速度違反の点数が13+1で14点(他の違反がないとして)で90日免停が来ますね(講習で最大45日短縮)、処分時点で最短一ヶ月半車に乗れません。これから呼び出しが来ますから粛々と受けてください。
裁判も酒気帯びについてのものになり、これから呼び出しが来ますよ。

Q50cc原付きバイク酒気帯び運転の罰金は?

本日、50cc原付きバイクの酒気帯び運転で警察に捕まってしまいました、、、
初犯で、呼気に含まれるお酒の量は1.5(単位不明)でした。簡易裁判所に行くように要請もされました。
酒気帯び運転の罰金は最大50万円と聞き、びびっています。

裁判官が罰金額を決めるとのことですが、私の条件でいくらくらいでしょうか?

Aベストアンサー

http://rules.rjq.jp/tensuhyo1.html

Q自転車の酒気帯び運転は罰則規定がありませんよね?

自転車の酒気帯び運転は罰則規定がありませんよね?
ならばいっぱい引っかけて自転車で帰っても捕まらないのですよね?
自転車の酒気帯びまで検挙されていたら、田舎の交通手段がなくなってしまいます。
タクシーに乗れるほど金銭的な余裕はありません。

※自転車の酒酔い運転は禁止ですが酒気帯びには罰則なしとWikiペディアに書いてありました。脊髄反射の批判コメントは要りません。読む価値のある回答をお願いします。

Aベストアンサー

#4さんの回答が正しいです。

酒気帯びには罰則は有りません。
が、一定量を越えると酒酔い運転になり罰則(五年以下の懲役又は百万円以下の罰金)があります。
この罰則を受けると、前科1犯となり、公務員は無条件に解雇。
大企業など多くの企業でも解雇になります。

また、事故を起こした(加害者)、または、事故にあった(被害者)場合、
通常よりもあなたの過失が多くなります。
生命保険なども、飲酒運転=自殺行為として、保険金が支払われない、若しくは
大きく減額される可能性もあります。

さらに#6さんの言われている事も実例は知りませんが法律の運用上は、正しいです。
#運転免許は、その人が運転する技能、資質があるから与えられているのであり、
 自転車の飲酒運転という違法行為を犯したのだから、資質がないとして運転免許の、
 停止、取り消しの処分を行うのは、当然の行為。

Q知り合いが酒気帯び運転で捕まりました。

教えてください。

知り合いが、前科持ちで、今回、酒気帯び運転で警察に捕まったみたいで、
警察にその場で罰金と言われたみたいですが、
前科については知りません。
この場合、
知り合いは、るい犯ということで重罰を課せられると思いますが、
酒気帯び運転みたいなんですが、
懲役刑を打たれる可能性はあるでしょうか、
何卒教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

刑法56条「懲役に処せられた者がその執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から五年以内に更に罪を犯した場合において、その者を有期懲役に処するときは、再犯とする」
刑法57条「再犯の刑は、その罪について定めた懲役の長期の二倍以下とする」
刑法59条「三犯以上の者についても、再犯の例による」

酒気帯び運転は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金ですから、6年以下の懲役刑もありうるというのが、法律上の規定です。

ただ、実際は前科が1回で、それが道交法違反によるものでなけれぱ、酒気帯び運転では通常、罰金刑です。酒気帯び運転の常習性や再犯性が認められる場合には、執行猶予付きの懲役刑もあり得ますが、いきなり実刑をくらうことはまずありません。(本人が全く反省していないのなら別ですが)

「仏の顔も三度まで」ということわざではありませんが、三度目が実刑かどうかのボーダーラインと考えてください。

Q酒気帯び運転

知り合いの方が、先日、酒気帯び運転で、捕まりました。

その場に休んで帰ると言う形で、処理は終わったらしいのですが、今後どの様な罰則が課せられますか?

酒気帯び運転で捕まるのは、今回が初めてだそうです

Aベストアンサー

これは
酒酔い運転
 アルコールの量にかかわらず、泥酔状態(言語が怪しい、まっすぐ歩けないなど)

酒気帯び運転
 呼気1リットル中、アルコール濃度が0.15mg以上0.25mg未満 13点
 呼気1リットル中、アルコール濃度が0.25mg以上 25点

今回は酒気帯び運転で、おそらく0.25mg未満と思いますから、罰金で済むと思います、相場的には20~30万円。
これ以外に警察から行政処分のお知らせが来ます、累積がないとすると13点は90日間の免停、短期講習に通うと最大35日の免停になります。
25点なら取り消しです。

処分前に意見聴取が行われますが、どうも酒気帯びは厳しいようで、おまけしてもらえる事例は少ないですが、やらないよりはやったほうが良いので、深く反省しているということや初めての違反で繰り返さないようにしたいなど、切々と訴えるとひょっとしてということもないとは言えません。

私の経験上(飲酒はないですが、他の違反で2回警察とやりあいました)、違反してから1か月ほどで動きがあります、警察と検察から各々はがきが来ますよ。
  

Q15歳の少年が無免許、酒気帯び、交通死亡事故を起したら、どのような罪になるのでしょうか?

15歳の少年が無免許、酒気帯び、交通死亡事故を起したら、どのような罪になるのでしょうか?
少年院でに数年入ることになりますか?

もし15歳の少年が誰かから無理やりお酒を飲まされていたとしたら、罪は減じられますか?

もし15歳の少年が交通規則を守っていて、他の車の乱暴な運転のためにぶつけられたとしたら、事故責任はどちらが重くなりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

成人の場合, 酒気帯びでの死亡事故だと危険運転致死罪 (1年以上の有期懲役) になるんじゃないかな?
そもそも, むりやり酒を飲まされたにしても 15歳の少年が自動車を運転しちゃまずいでしょう.

Q自転車の飲酒運転又は酒気帯び運転

車両の運転者が酒酔い運転をすると懲役又は罰金の刑事罰が規定されていますが、酒気帯び運転についても酒酔い運転よりは軽いものの同じく刑事罰が規定されています。ですが酒気帯び運転は軽車両は除かれていてる?ようなので、呼気検査で酒気帯びの範囲内でかつ酒酔い状態と警察官に判断されなければ(この判断基準は少し分かりにくいですが・・・)自転車運転者は刑事罰の対象にはならないという事でしょうか?

その様な場合仮に刑事罰の対象外であれば、この刑事罰の他に行政処分が考えられますが、さっきの刑事罰の対象外であったとしても行政処分をうけるのでしょうか?

当然、罰則の対象外であっても禁止されている行為であることは承知の上で伺います。ご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

結論から言うと、酒酔い運転は処罰されるが、政令酒気帯び運転は処罰されません。

酒酔い運転の処罰規定である道路交通法117条21は、「第65条(酒気帯び運転の禁止)第1項の規定に違反して車両等を運転した者で、その運転をした場合において酒に酔った状態(アルコ-ルの影響により正常な運転ができないおそれがある状態をいう。…)にあった者」を処罰すると規定しています。

「車両等」とは、自動車・原動機付自転車・軽車両・トロリ-バス・路面電車のことをいい(道交法2条1項8号・13号)、「軽車両」には、自転車が含まれます(11号)。
以上の規定から、自転車の「酒酔い運転」は処罰の対象となるのです。

これに対して、政令酒気帯び運転の罰則規定である、道路交通法117条の4 2号は、「第65条(酒気帯び運転の禁止)第1項の規定に違反して車両等(軽車両を除く)を運転した者で、その運転をした場合において身体に政令で定める程度以上にアルコ-ルを保有する状態にあった者」を処罰すると規定、明文をもって軽車両を除外しています。

ですから、自転車については、酒酔い運転は処罰の対象となるが、酒気帯び運転は処罰されないということになります。

今年、警察庁通達で自転車取締強化を謳ったものの、相変わらず自転車を酒気帯び運転しただけでは処罰されません。
但し、自転車の酒気帯び運転を起因とする重大事故の場合はこの限りではありません。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/0110maito/sub2-3.htm

結論から言うと、酒酔い運転は処罰されるが、政令酒気帯び運転は処罰されません。

酒酔い運転の処罰規定である道路交通法117条21は、「第65条(酒気帯び運転の禁止)第1項の規定に違反して車両等を運転した者で、その運転をした場合において酒に酔った状態(アルコ-ルの影響により正常な運転ができないおそれがある状態をいう。…)にあった者」を処罰すると規定しています。

「車両等」とは、自動車・原動機付自転車・軽車両・トロリ-バス・路面電車のことをいい(道交法2条1項8号・13号)、「軽車両」には、自転...続きを読む

Q酒気帯び

先月酒気帯び運転で検挙されました。
二週間程度で免停30日の行政処分の通知がきました
講習により免停も終わりましたが、一ヶ月以上たちますが
検察庁より出頭通知がきません。
友人いわく普通行政処分より、刑事罰が先に来ると言うのですが?ちなみに県外での検挙です。
現在反省の日々と会社に報告するか悩んでいます
出来るものなら今年中に罰を受け新しい年を迎えたいです
なにか処理のトラブルでしょうか?
どちらの処分が先に来るなど決まってないのでしょうか?
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 県外での違反の場合は
  1 違反地の警察を管轄する最寄りの検察庁(説明上,以後「A検察庁」と
   します)に違反切符を書類送検
  2 A検察庁の担当官が書類の不備等をチェックして質問者の住居地を管
   轄する検察庁(「B検察庁」とします)に違反切符を回付
と,警察→A検察庁→B検察庁の流れとなり,通常の場合より若干時間がかかります。警察・検察の事務処理量の大小によってもまた差が生じることも考えられます。

 上記の流れに乗ると,年内での刑事処分決定は難しいと思います。どうしても年内に決着とお望みなら,警察に電話してA検察庁の連絡先等を教えてもらいA検察庁に違反切符があるのかどうか問い合わせをし,A検察庁に切符があるのならそこに直接出向いて処分を受けるという方法もあります。

 刑事処分・行政処分,どちらが先になるかはケースバイケースです。
 会社への報告は,お悩みになった上自分で答えを出すしかないと思います。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報