大学には進学出来なかったが、苦学の末に大卒顔負けの高い学識を身につけたという例を教えて下さい。エピソードとともに答えて頂けると有り難いです。回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

エリク・ホーンブルガー・エリクソン



発達心理学の巨人。よく聞く「アイデンティティ」って概念を作った人。

自分の出生と、容貌のちがいでなやむ→画家志望→放浪→美術の先生→フロイトの娘に精神分析の訓練をうける→ナチスの迫害(この人はユダヤ)からアメリカへのがれる→アメリカで児童の精神分析、治療で注目される→発達心理学者として知られる→エール大学、カリフォルニア大学バークレー校、ハーバード大学で教員を歴任

どうですかね。精神分析を始めたのが30過ぎてです。10年ちょっと前まで御存命でした。大卒顔負けってゆーレベルではないです。
ずっと「自分ってなに?」を問い続けたような人です。
    • good
    • 0

「ろうそくの科学」を読んでみては? と勧めてみましょう。


他の方の書かれた、ファラデーの講演をまとめたモノです。

日本での典型例は、今太閤 田中角栄。戦後の日本を作った政治家を3人挙げよというと、必ず挙がるのでは?

あと、ちょっと勧めにくい理由がありますが、東京大、京都大を(というか、普通の意味で大学を)出ていないのに、両大学の学位を得た野口英世がいますね。
    • good
    • 0

海外だと ファラデーかな


http://ja.wikipedia.org/wiki/ファラデー

右手の法則 左手の法則で有名なあの方です
    • good
    • 0

あの盧武鉉さんも、独学で司法試験に合格したそうです。



参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E6%AD%A6% …
    • good
    • 0
    • good
    • 0

牧野富太郎先生。

最後は東大助手にしてもらいましたね。
奥様が芸者置屋で支えたので悪く言う人がいる。
ここまで専門バカになれれば立派。^^
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蛍雪の功~学歴は無いけれど~

大学には進学出来なかったが、苦学の末に大卒顔負けの高い学識を身につけたという例を教えて下さい。エピソードとともに答えて頂けると有り難いです。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エリク・ホーンブルガー・エリクソン

発達心理学の巨人。よく聞く「アイデンティティ」って概念を作った人。

自分の出生と、容貌のちがいでなやむ→画家志望→放浪→美術の先生→フロイトの娘に精神分析の訓練をうける→ナチスの迫害(この人はユダヤ)からアメリカへのがれる→アメリカで児童の精神分析、治療で注目される→発達心理学者として知られる→エール大学、カリフォルニア大学バークレー校、ハーバード大学で教員を歴任

どうですかね。精神分析を始めたのが30過ぎてです。10年ちょっと前まで御存命でした。大卒顔負けってゆーレベルではないです。
ずっと「自分ってなに?」を問い続けたような人です。

Q昔は苦学生は本当に多かったんですか?

さて、日本経済新聞、3月3日の記事によると、

「1968年~75年までの私立大学の「年間」授業料は、
サラリーマンの「月収」を下回っていた」

とあります

時代的には、東北などからの集団就職時代は終わり、
学生運動が盛んで、日本の高度経済成長期間にあたります

翻って、現在では私立大学の「年間」授業料は、
サラリーマンの「月収」の三倍程度の100万円前後です

今の大学生も経済状況が苦しいようですが、
同世代人として取り分け苦学生をみかけません
そういうのを「甘え」と言って切り捨てるのは簡単ですが、

果たして以前は、本当に苦学生多かったんでしょうか?

抽象的な質問ですが、ご意見をおきかせいただければ幸いです☆

Aベストアンサー

苦学生は多かったですよ。それ以前に進学させてもらえない人も多かったです。
サラリーマンの月収と授業料の比較で見ると、どうして?でしょうが。。。。
・当時は今みたいな少子化ではなくて子供の数が多い(4,5人なんて家も結構あった)。
・児童手当とか、医療費の助成なども少なく、義務教育の教科書も有料でした。
・サラリーマンが少なくて、農業や小さな商店や工場の自営業者が多かった。家も土地も食べ物も困らないが、可処分所得が少なかった。
・都市部より地方に住む人が今よりずっと多かった。地方から都会の大学に進学させて充分な仕送りが出来る家庭は限られている。

夫が団塊の世代の終わり頃です。地方の専業農家の倅、親族も農家が多い。夫の親族の集まりで聞く話は、東大京大でも行けそうだったけど、地元の工学部に行ったとか、医者になりたかったが、6年も掛かるので親に大反対されて、仕方なく京大の工学部に行ったとか、そういう話は腐るほどあります。
貧乏人の子はともかく、大学に行かせてもらえるだけで恵まれている。高卒ですぐ働いて家にお金を入れる、をしなくて済むのだから、そういう状態ですから、勿論国立で、学寮に入って、バイトと奨学金。仕送りなしの学生はかなりいたのではないでしょうか。男の子だから何とか頑張る。
女子の場合、女の子にそこまでやらせたくなくて、仕送りもするが、短大にさせる、が多かったみたいです。

苦学生は多かったですよ。それ以前に進学させてもらえない人も多かったです。
サラリーマンの月収と授業料の比較で見ると、どうして?でしょうが。。。。
・当時は今みたいな少子化ではなくて子供の数が多い(4,5人なんて家も結構あった)。
・児童手当とか、医療費の助成なども少なく、義務教育の教科書も有料でした。
・サラリーマンが少なくて、農業や小さな商店や工場の自営業者が多かった。家も土地も食べ物も困らないが、可処分所得が少なかった。
・都市部より地方に住む人が今よりずっと多かった...続きを読む

Q「蛍雪のような明かり」とは?

「明かり」についての文章を読んでいるのですが、その文の中に、

「蛍雪のような明かり」

という表現がありました。

辞書などで「蛍雪」という言葉を調べると、「苦労して勉学に励むこと」というような解説が見つかりました。また、「蛍雪」の由来となっているのは、「蛍の光や窓辺の雪明かりをも利用して勉学に励んだ」人を描いた故事のようです。

ということは、冒頭に質問させていただいた「蛍雪のような明かり」とは、『「蛍の光」や「窓辺の雪明かり」のような輝きの明かり』と考えればよいと思われますか?

かなり不確かに感じておりますので、皆様のご意見を教えていただければと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「蛍の光、窓の雪・・」
卒業式の歌(デパートの閉店ミュージック)でもこんなフレーズがありますね。

蛍の光、あるいは窓から差し込む雪明かりのような仄かな灯りという解釈で問題有りません。
実際、3ルクス程度ということになり、上映中の映画館ぐらいの明るさになります。

しかし、辞書でお調べになったと思いますが、蛍雪という言葉は苦労や努力を表現する言葉で、明るさの表現に用いることはあまりありません。
そのあたりに私も若干違和感を覚えます。

Q東大の苦学生

親孝行で塾や予備校へ行かなくても、公立の学校から、
現役で東大受かる人って現在でも「まれ」にいるのでしょうか?
そういう人って、「非常な努力家で、1を知って100を知る」という「本物の秀才」ということなのでしょうが、昔は、もちろん戦後生まれになりますが、家庭の事情で塾、私立など無縁で公立高校から働きながらでも東大合格し、なおかつ奨学金を利用したり、なんなりの苦学生もいたようですが、今の時代では、海外からの優秀な国費留学生は別として、優秀な苦学生(資金面での)は東大にいるのでしょうか?難関校合格にはそれ相応の親の資金力も必要という風潮ですが????

Aベストアンサー

親の資金力で塾へ行っていなければ無理だったという人もいるでしょうが、親に特別な資金力のない人も「まれ」程度ではなく存在していると思います。
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/kouhou/1366/6.html
東大生の10数%は年収450万円以下の家庭の子どもです。
また、地方の場合は、東大進学レベルの塾などそもそも存在しないところも多いと思います。
それに、塾へ行っていた人もその多くは塾の授業がよかったというより、勉強する環境に置かれたことがよかっただけで、勉強そのものは参考書等で自分でやっていた人の方が多いのではないかと思います。この点で資金力のない場合は本人が勤勉である必要があるだろうと思います。

なお、東大は新年度から年収400万円未満の場合、授業料が全額免除されます。

Q「ほたるのひかり」

蛍の光 窓の雪~って歌詞ありますけど、
蛍の季節って6月から7月の初夏なのに窓の雪って、どういうことなんでしょう。
もともとは確かスウェーデンかなんかの歌で、それに全く違う日本語の歌詞がつけられてると思うのですが…

Aベストアンサー

「蛍の光 窓の雪 文読む月日」ですよね?
つまり昔は電気などないので、夜に文を読む場合、夏は蛍の光で、冬は窓から入ってくるの雪の反射の光で文を読んだ、という意味だと思いますが・・・

Q貧乏苦学生の進路相談

現在高校生の者です。
単刀直入に申しますと、私の家はかなり貧乏です。
現在公立高校に通ってますが、そこの学費の支払いも遅れるほどです。
そんな私ですが、貧乏なままではいたくないので、そこそこ名の知れた大学には行きたいと思ってます。唯、金が相当ネックです・・・。

そこで調べてみると、働きながら通える夜間学部というものがあり、卒業すれば昼間の学部と同じ資格がもらえるとのこと。
早稲田等の有名大学にも存在している様で、大変興味があります。
ただ、最近は昼間に落ちた人の受け皿化しているということも知りました。

又昼間の方でも、奨学金をフル活用して通うことも出来るかも知れませんが、やはりそれでは限界があると思いますし、奨学金とは要するに借金なのであとあと大変そうです。

文章が全くまとまりませんでしたが、とにかく進路で今悩んでいます。
今の私に皆さまから見てベストな選択とは何でしょうか?又、夜間学部の現実や、就職、お薦めの大学なども教えて頂けるとありがたいです。
お願いします。ちなみに文系です。

Aベストアンサー

個人的には貧乏から抜け出すための手段が「そこそこ名の知れた大学」に入ることだけとは思いませんが、大学に行く手段をアドバイスします。

夜間学部に関しては、早稲田では夜間で受講できる学部は無くなった筈です。夜間の第二文学部は無くなり、社会科学部というところが昼夜開講(昼も夜も授業を開講する)制を取っていましたが、完全に昼開講に移行しました。

最近、私学では夜間学部は非常に少なくなってきています。青山学院大学も二部経営学部や二部経済学部が募集停止になっています。

また、夜間学部は大学卒業であっても就職などで有形無形の差別を受けるという噂(あくまで噂ですが)を聞いたことがあります。

個人的には国公立大学に進学することをオススメします。国公立大には学費免除の制度があり、家庭が経済的に困窮していればかなりの確率で学費が半額免除、場合によっては全額免除になります。

参考までに茨城大学のHPのアドレスをどうぞ(http://www.ibaraki.ac.jp/visitor/exemption.htm)。

また、国公立にも夜間学部がある大学があります。例えば電気通信大学(理工系の研究では定評のある国立大学です)では夜間主コースがあります。

私立大は夜間でも昼間でも学費は国公立に比べて高めになる為、家庭への負担を考えると国公立をオススメします。

新聞奨学生という新聞の配達や集金業務を行いながら大学に通うと学費を全額新聞社が負担してくれるという制度がありますが、仕事がキツくまともに勉強できないなどという話も聞きますのであまりオススメしません。

また、防衛大学、海上保安大学校のような学校に入学すれば学費は無料、それどころか給料が出ます(学生であると同時に国家公務員の身分を得る為)。ただし、入学試験の難易度は(防衛大学校)それなりに高いですし、入学後は普通の大学生とは違う生活が待っています。ただ、就職は安泰ですが。

いま質問者さんが高校何年生かわかりませんが、自分でも色々と情報を集めて自分が最善と思う進路を選んでください。

参考になれば幸いです。

個人的には貧乏から抜け出すための手段が「そこそこ名の知れた大学」に入ることだけとは思いませんが、大学に行く手段をアドバイスします。

夜間学部に関しては、早稲田では夜間で受講できる学部は無くなった筈です。夜間の第二文学部は無くなり、社会科学部というところが昼夜開講(昼も夜も授業を開講する)制を取っていましたが、完全に昼開講に移行しました。

最近、私学では夜間学部は非常に少なくなってきています。青山学院大学も二部経営学部や二部経済学部が募集停止になっています。

また、夜...続きを読む

Q中国語でホタル

中国語でホタルは、「ying huo chong」だそうですが、ピンインがまだよく分かりません。カタカナ読みでいいので、発音を教えてください。
また、そもそも中国にホタルはいるのでしょうか?この前、中国人にホタルを説明しようとしたのですが、分からない様子でした。

Aベストアンサー

父に聞いたところ、蛍火虫と書き、「イン フ(ホ)ォ ツォン」と言うといわれました。
また、蛍は普通に中国にいると父は言っています。ちなみに父の出身は広州です。

Q進学or就職?進学する意義ってなんだろう?

私は現在高3です。
夏休みに入り進路決定をしなくてはならないわけですが、まだ悩んでいるんです。
私の高校はデザイン・グラフィックを学ぶ工業高校なのですが、進学では主にデザイン系、就職では印刷やDTP関連が多く求人されます。
私は広告関係(企画など)の仕事につきたいのですが、我が家の経済状況では、大学進学の場合国公立・・・私の高校からですと、学芸大学の推薦がとることが出来、先生からは校内推薦はとれるとのことです。学芸大に進学する場合、表現コミュニケーションに進み、自身で時間割を組み立てれば、メディア系の勉強は出来るそうです。
しかし今回求人では大手企業(D印刷さんのメディア部門の会社)から求人が来ており、大卒でもなかなかはいれないであろう良い就職口・・・私としても魅力です。しかし就職した場合はプリプレス部門となり、企画に進む場合、数年の時間を要し、その後配属の変更・・・という形になりそうです。
ですがやはり広告関係・企画の夢は捨て切れません。しかし学芸大に進むとしてもその4年間が無駄にならないか。就職するにしても企画になれるか。と中々決まりません。
就職したらいいのか、進学したらいいのか、皆さんのご意見お待ちしてます。

私は現在高3です。
夏休みに入り進路決定をしなくてはならないわけですが、まだ悩んでいるんです。
私の高校はデザイン・グラフィックを学ぶ工業高校なのですが、進学では主にデザイン系、就職では印刷やDTP関連が多く求人されます。
私は広告関係(企画など)の仕事につきたいのですが、我が家の経済状況では、大学進学の場合国公立・・・私の高校からですと、学芸大学の推薦がとることが出来、先生からは校内推薦はとれるとのことです。学芸大に進学する場合、表現コミュニケーションに進み、自身で時間割...続きを読む

Aベストアンサー

>D印刷さんのメディア部門の会社
>大卒でもなかなかはいれないであろう

確かに本社に入るのであれば難関です。
しかし、一般的に子会社まではそうではありません。

ある程度良さそうだからと決めてしまうと、
せっかくの将来を失ってしまう危険があります。


>進学する意義ってなんだろう?

・(最も楽しいと言われる)大学の四年間を過ごせる
・新たにやりたい仕事が見つかる可能性がある
・新しい何かにチャレンジできる

ゼミや研究室、サークルや友人等の付き合いなど、
人との付き合いさえ苦手でなければ四年間楽しく過ごせるでしょう。
それだけでも大学に行く価値はあると思います。

また、大学在学中に将来やりたいことが変わることも多いんじゃないかと。
いざ就職という段階ではいろんな分野の仕事が見れますから、
今よりも遙かに自分の興味関心がある方面に進めます。
(そして、実際に自分の希望につけるチャンスも広がります)

そして、最後に・・
もし自分で何かやってみたいということがあるなら
大学在学中が最後のチャンスです。
(起業であったり、旅行であったり、趣味であったり)


広告関係(デザインやイベントの企画含む)の仕事は、
大学卒の就職先で見ても非常に狭き門です。
というのは、実際にそれをやらせてくれる企業が少ないからですが。

No2さんがおっしゃられているように、
その企業に行って本当にそれができるのか、
冷静に考え直してみるべきなんじゃないかと思います。
(個人的にはその確率は非常に低いと思います)


大学で他の人がしないことをすれば(できれば)、
大手企業でも自在に内定はもらえたりするものです。
結局は、あなたが何をしてきたのか、
それが評価されて、自分の好きな職につけるかが決まります。

頑張ってください。

>D印刷さんのメディア部門の会社
>大卒でもなかなかはいれないであろう

確かに本社に入るのであれば難関です。
しかし、一般的に子会社まではそうではありません。

ある程度良さそうだからと決めてしまうと、
せっかくの将来を失ってしまう危険があります。


>進学する意義ってなんだろう?

・(最も楽しいと言われる)大学の四年間を過ごせる
・新たにやりたい仕事が見つかる可能性がある
・新しい何かにチャレンジできる

ゼミや研究室、サークルや友人等の付き合いなど、
人との付き合いさ...続きを読む

Q努力するという意味の言葉

臥薪嘗胆やローマは一日にして成らず
などの目的を達成するために努力する
という意味の諺、四字熟語など
他にありましたら教えてください
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

努力が大切だという教え。
「騏驥の跼躅は駑馬の安歩に如かず」
「愚公山を移す」
「後生畏る可し」
「鵠を刻して鶩に類す」
「死して後已む/斃れて後已む」
「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し」

Q大学院(内部進学と外部進学)

大学院入試で内部進学と外部進学ではどちらが合格しやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

・国立大学では、内部進学者の優遇を無くし、単純に試験の成績だけで合否を判断するようになっている。(面接があるところも、実際はほとんど試験の点数ランクで合格者を決めている)
・内部進学の場合、「過去問が手に入りやすい」「先輩から入試の話を聞ける」などの有利な点があり、それが合格率を高めている、という面もある。また研究室によっては院入試の勉強の時間を与えてくれるところもある。(別の大学だと、しっかり論文を書いて卒業しなければならない→卒論を受験勉強が同時)
・このような点から、内部進学者の受験時の優遇を無くしても、合格率は高いままであることが多い。

あなたの大学はどこですか?そしてどこを狙っていますか?やはり偏差値に差が大きいと、頭の構造自体が違うことになるので、上を目指すのは難しいと思いますので…


人気Q&Aランキング

おすすめ情報