調剤事務を覚えててるんですが一方化の事がよくわからないので教えて下さい。
(1)A錠1T
1日1回朝食後21日分
(2)B錠2T
1日1回朝食後14日分
21日分だけを一方化するんでしょうか?
(2)は内服で算定するんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

かなり前のご質問ですが先に解答されていた人の答えが違いますので、解答させていただきます。



これは一包化薬調剤料は算定できません。
算定要件をきちんと調べてください。

内服薬調剤料となりますが、14日分ではなく、21日分の算定となります。

レセプトには(1)(2)それぞれ分けて記載し、(1)に68点、(2)に0点とします。
    • good
    • 0

調剤業務勉強中との事ですが教科書みたいな物はお持ちですか?


そこには何て書いてあるのでしょうか?
実務をしている者としては???です!

まずこの例ですが、一包化の算定条件は?

Rp1.A錠1T 1日1回 朝食後21日分
Rp2.B錠2T 1日1回 朝食後14日分

処方箋には上記の様に書いてあり、しかも一包化と書いてある場合はこの患者さんは、服薬認識が無いか、何か特別な理由が在り、服薬が困難と判断したので指示が出ていると考えますが、実際計算する場合は、飲む時点(朝食後)が同一なのでレセプトには一ますに
A錠1T 1日1回
B錠2T 1日1回 朝食後14日分

次のますに

A錠1T 1日1回 朝食後7日分

とし一ます目には内服調剤料を14日分算定し、2ます目は同一薬ですので調剤料無しとして計算します。

つまりどう見ても一包化の算定条件はありませんのでサービス一包化するか現在の規定では患者さんより実費をもらうと言う事になります。

薬をお渡しする場合は、1日目から14日目までは1包の中にA錠1錠とB錠2錠をいれ、15日分以降にはA錠1錠を入れてお渡しする事に成ります。その際に現場のやり方としては、別の袋に入れて最初に3錠入っている方を飲み、その後1錠入っている分を飲むようにして渡すか、1つながりした物を渡すかになると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QマルチキャストのExcludeモードについて

VLCを用いて、マルチキャストの動画配信と受信を行ってみました。
配信用マルチキャストアドレスはff0e::1としています。

[接続図]
PC(VLCセンダ) - マルチキャストルータ - PC(VLCリスナ)

両者設定を行ない、視聴側VLCで再生をクリックすると
Type=143(Report)
Mode=4(Change to exclude)
MulticastAddress=ff0e::1
といった内容のICMPパケットを送出しました。
このパケットでは、「送信元IPがff0e::1以外のマルチキャストパケットすべてを転送して欲しい」という
意味にならないでしょうか?
マルチキャストルータが余計なマルチキャストパケットを転送してしまいそうな気がするのですが…。

実際には図中の「マルチキャストルータ」を持っていないので実験できていません。
このReportパケットの解釈の仕方を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 IGMPv2/MLDv1までは、受信するマルチキャストグループのみ指定できましたが、IGMPv3やMLDv2(ICMPv6のマルチキャストリスナレポート)では、受信するマルチキャストについて、マルチキャストグループアドレスとそれを送出する端末のソースIPアドレスまで指定することができるようになりました。このソースIPアドレスを指定するのが INCLUDEとかEXCLUDEです。マルチキャストアドレスの指定ではありません。

 INCLUDEやEXCLUDEには、ソースIPアドレスのリストを与えます。「このソースからのマルチキャストだけを受信する」「このソース"以外"からのマルチキャストを受信する」という意味です。しかし、IGMPv3/MLDv2でも、ソースIPにかかわらず、指定したマルチキャストアドレス宛てのパケットを全部受信するというIGMPv2/MLDv1的な運用がしたい場合は、EXCLUDE に空のソースIPアドレスリストを指定します。VLCリスナが送出しているのは、このソースIPを指定しないListener Reportです。


おそらく、IGMPv6パケットは
Multicast Address: ff0e::1
Mode: Changed to exclude ★
Number of source: 0 ★
となっているはずです。これは、
「ff0e::1を受信する。除外(EXCLUDE)するソースIPは無い(0)」
という意味であり、ソースIPが何であれマルチキャストアドレスff0e::1宛てのパケットを全て受信するという意味になります。

VLCリスナを停止すると、
Multicast Address: ff0e::1
Mode: Changed to include ★
Number of source: 0 ★
というリポートが送出されるはずです。
これは「ff0e::1について、ソースIPとして受信するものは無い(0)」つまり、どのソースIPからのff0e::1宛てマルチキャストも受信しない(IGMPv2/MLDv1までの言葉を使うなら、ff0e::1からleaveする)という意味になります。

参考URL:http://tools.ietf.org/html/rfc3810

 IGMPv2/MLDv1までは、受信するマルチキャストグループのみ指定できましたが、IGMPv3やMLDv2(ICMPv6のマルチキャストリスナレポート)では、受信するマルチキャストについて、マルチキャストグループアドレスとそれを送出する端末のソースIPアドレスまで指定することができるようになりました。このソースIPアドレスを指定するのが INCLUDEとかEXCLUDEです。マルチキャストアドレスの指定ではありません。

 INCLUDEやEXCLUDEには、ソースIPアドレスのリストを与えます。「このソースからのマルチキャストだけを...続きを読む

Qジスロマックはなぜ1日1錠3日間服用するだけで1週間効果が持続するのか?

初質問です。失礼がありましたら申し訳ございません。

今、大学のレポートを作成しているのですが、タイトルのことが大変気になったのでテーマを「経口抗生物質製剤ジスロマック」で作成しています。

インターネットを活用してなぜタイトルのようになるのか自分なりに調べてみたのですが、「血液中での半減期が同類種の薬に比べて長い」ということしかわかりませんでした。

もう少し詳しくなぜそうなるのかお知りの方いらっしゃいましたら是非回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

感染病巣へ集中的に移行し長時間持続するため、3日間の服薬で約7日間に渡って作用が持続します。
  http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2000/2000_06_07.html
生体内の特定の場所に薬を分布させるための仕組みをドラックデリバリーシステム(Drug Delivery System;DDS)と呼んでますが、ジスロマックの場合には、生体内の白血球を用いたDDSを利用しているというわけです。
  http://3.csx.jp/kenta_k/drugs2/123ZITHROMAC.html

 メーカーに問い合わせると良いですね.
         ファイザー株式会社お客様相談室
              フリーダイヤル : 0120-664-467
               FAX : 03-3379-3053

Qマルチキャストが使えるスイッチングハブを探しています。

今の私の家の環境では、マルチキャストを使ったネットワークプログラムが動作しなかったため、マルチキャスト対応のスイッチングハブを購入しようと思っています。

そこでインターネットでスイッチングハブのカタログなどをダウンロードして見ているのですが、「マルチキャスト対応」と書いているものが見つかりませんでした。

(マルチキャストというのは、最近のスイッチングハブではあたりまえにサポートしているので書いてないのでしょうか?)

そこで、マルチキャストに対応しているスイッチングハブがあれば教えてください。(4ポート以上の家庭用のもので十分です。)

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、購入を検討されているようなタイプの「スイッチングハブ」が利用する通信規格では、「マルチキャスト」(通信)に対応する事は出来ないハズだと思います。

ネットワーク通信の仕組みを理解されていないとイメージがつかみにくいかもしれませんが、なるべく噛み砕いて説明してみましょう。

一般的なLAN環境では、「イーサネット」と「TCP/IP」を組み合わせたカタチで構成されている事が多いと思います。(Windowsベースの場合、「NetBIOS(NBT)」という仕組みも併用される事が多いでしょう。)

ネットワークの仕組み(構造)を説明する場合、それぞれの仕組みやプロトコルを論理的/物理的に分割して「OSI階層モデル (OSI layer model)」としてあらわすことがあります。

詳しくは下記のURLの説明を見てみてください。

■OSI階層モデル (OSI layer model)についての説明■ Copyright (C) 2000-2003 Digital Advantage

http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/79/5787479.html

要するに、「ネットワーク通信では様々なレイヤに属する仕組みやプロトコルが使われていて、機能によって必要とされるものが変わってくる。」ということです。

量販店などで販売されている一般的なスイッチングハブは「レイヤ2スイッチ」と呼ばれるタイプのもので、レイヤ2にある「MACアドレス」を通信経路の特定に利用します。(レイヤ2よりもネットワーク的な上位層、「レイヤ3」に存在するIPアドレスは参照できません。)

一方、「マルチキャスト」の仕組みではレイヤ3に位置する「IPアドレス」(マルチキャスト・アドレス)を利用した経路解決の仕組み(IGMPなどのプロトコル)を必要とします。

また、マルチキャスト通信の通過経路上にあり、経路選択を必要とする通信機器にも当然レイヤ3のプロトコルを理解する能力(実装)が必要です。

ですから、同じスイッチングハブでもマルチキャストを利用するためには「レイヤ3のマルチキャスト・プロトコルに対応したもの」が必要になります。(その他の仕組み(VLANなど)を含め、比較的高度な機能を利用したい場合、レイヤ3スイッチが必要になる事が多いといえるでしょう。)

具体的には、下記のURLで説明されているような機器で、企業や大規模ネットワークなどでの利用を想定しているものが多く、相対的に「高価」になります。

■@IT連載記事 ネットワーク・デバイス教科書 ~「レイヤ3スイッチ」について~■ Copyright(c) 2000-2004 atmarkIT

http://www.atmarkit.co.jp/fpc/netdevice/010netdevice/l3switch.html

もう一つの選択肢として、「マルチキャストが利用できる(ブロードバンド)・ルーターで、複数のポート(スイッチ)を持つものを利用する。」という方法も考えられると思います。(ルーターによるマルチキャスト対応の有無は、製品の仕様をみれば確認できる場合が多いでしょう。)

しかし、ご質問の様な目的だけでルーターを購入するというのも少しポイントがズレた話かもしれませんね。(インターネットへの常時接続環境で複数台のPC(ノード)を利用しているなら、ルーターの導入意義は大変高いとおもいますが。)

現時点で私が感じる全体的な印象として、「個人環境(?)で、どうしてもマルチキャスト通信が必要なのだろうか?」という思いがします。

もちろん、事情は様々でしょうが、マルチキャストを使わずに同じような目的(通信内容)を達成できる代替手段を考えてみるのも一考だと思いますよ。

以上、事情が良くわからないので、漠然としたアドバイスになってしまいすみません。

少しでも参考になればよいのですが…。

それでは。

こんばんは。

まず、購入を検討されているようなタイプの「スイッチングハブ」が利用する通信規格では、「マルチキャスト」(通信)に対応する事は出来ないハズだと思います。

ネットワーク通信の仕組みを理解されていないとイメージがつかみにくいかもしれませんが、なるべく噛み砕いて説明してみましょう。

一般的なLAN環境では、「イーサネット」と「TCP/IP」を組み合わせたカタチで構成されている事が多いと思います。(Windowsベースの場合、「NetBIOS(NBT)」という仕組みも併用される事が多いで...続きを読む

Q治療費の支払い方法(月1回から半年に1回に変更はしても良いか)

治療費の支払い方法(月1回から半年に1回に変更はしても良いか)

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5384019.html
の続きです。

(1)
その後、毎週1回会って、治療費の負担を毎月5万ほどしていました。
こちらは無職バイト。
被害者老婆は途中から健康保険で支払えるよう、医者にかけあって、そうなりました。
月2000円程度の負担に減りました。

この老婆は毎月1回あって支払いを受けたいということで、待ち合わせをして支払いをしていますが、
次回会ったときに1万円程度預けて半年ほど会わずにすませたいのですが、そう申し出ても
保険適応に変更したことを取りやめて、以前の全額負担しなさいなんて言い出されたらいやだなと思い、
躊躇しています。

このように支払い頻度を変更したからといって、保険適用してくれたものが、元通り
全額支払させるように保険不適用に老婆の意向で変更されることは可能でしょうか。
だとしたら毎月1度支払いに行くほうがいいので。


(2)
治療の初期、理学療法士が「毎日来たほうがなおりが早いです」と老婆にいったそうです。
録音あり。
その言葉を信じて、週5回勤勉にも通ってくれました。それで毎月5万の負担だった。
その後、医師に説明を求めたところ、そういう医学的根拠はなく、この理学療法士の言ったことは間違いで
あると認めました。
今後そういうことはいわないように注意する約束をして分かれました。

しかし、毎月5万x3ヶ月、15万支払った金額は、本来毎日かようことがなければ、
週2-3回かよったとして半減します。
7万ほど、余計に支払ってしまった。理学療法士の間違った言葉で。

この理学療法士を老婆に確認してもらって、その金額を返金を求めたいが、そういうことは
できますか?
いたずらに自分の負担が増えたわけで釈然としないので。

治療費の支払い方法(月1回から半年に1回に変更はしても良いか)

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5384019.html
の続きです。

(1)
その後、毎週1回会って、治療費の負担を毎月5万ほどしていました。
こちらは無職バイト。
被害者老婆は途中から健康保険で支払えるよう、医者にかけあって、そうなりました。
月2000円程度の負担に減りました。

この老婆は毎月1回あって支払いを受けたいということで、待ち合わせをして支払いをしていますが、
次回会ったときに1万円程度預けて半年ほど会わずにすませたいので...続きを読む

Aベストアンサー

>被害者老婆は途中から健康保険で支払えるよう、医者にかけあって、そうなりました。

これを行うためには、健康保険組合に「第三者行為届け」を出す必要があります。 これを提出していれば、健康保険組合は加害者に保健負担分の金額を請求する権利が発生します。 場合によっては、健康保険組合からあなたに差額が請求されることになるかもしれません。

打撲で半年というのは長いので通院には他の理由があると思われます。 まあ、転倒していれば、首の捻挫とかもあり得ない話ではありませんし、そうであれば話はかなりめんどくさいことになるかもしれません。どちらにしても、ちょっと怪しげな流れになっているので示談を視野に入れて、専門家に入ってもらったほうが良いかもしれません。
 

Qマルチキャストとブロードキャストの処理の違い

マルチキャストとブロードキャストの処理の違い

レイヤ2スイッチでIGMPスヌーピングなどをしていない場合、マルチキャストでもホストにまでパケットが届きますよね。

それでマルチキャストは宛先IPをみて自分のではないとわかれば破棄するとわかりましたが、ブロードキャストはCPUのプロセスを消費するとありました。

自分には、宛先IPを見て破棄するというマルチキャストの処理もCPUの処理を使っているような気がするのですが、具体的にどのような違いがあるのか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>宛先IPを見て破棄するというマルチキャストの処理も
>CPUの処理を使っているような気がするのですが、

IPアドレスをホストが(CPUが)見て破棄する,のではなく,
マルチキャストIPアドレスから求められた「マルチキャストMACアドレスをLANカードが見て破棄する」のですよね。
http://www.n-study.com/network/2007/03/ip_3_1.html
http://www.n-study.com/network/2007/03/ip_17.html

ブロードキャストなら,全員宛である=自分宛でもあるわけですから,フレームを受信したLANカードはそれをPC内部に受け入れてホスト側(CPU側)で処理することになる。
それに対してマルチキャストの場合は,自分が参加しているマルチキャストグループ宛でないなら,LANカードはそれをMACアドレスで判断してPC内部に受け入れないだけです。

Qたった3日の内服 ステロイド 6歳 成長抑制をなんとかする方法は?

短期間の内服ステロイドによる、成長抑制をなんとかする方法はありませんか?

6歳の男の子です。10月の末に、風邪からくる咳のため軽い喘鳴が3日ほど続いていて、喘息の持病があるためか、プレドニンを、15mg1日2回に分けて3日間処方され服用しました。体重は19キロ。
その後3ヶ月間、身長、体重が全く変わらず止まっています。2月の検診でようやく身長が2ミリ増えました。服薬後、4ヶ月で2ミリしか増えなかったのですが、服用前は平均して毎月5ミリは伸びていました。現在、6歳3ヶ月、身長114.3センチ、体重19.4キロです。
主治医には、様子を見ましょうとだけ言われています。

たった3日間の服用ですが、男の子の場合、短い服用でも、その後7年間成長や骨の強さに影響が出るという発表がアメリカの研究であることを知り、この先も伸び悩むのかと、怖くなりました。
吸入のステロイド薬も使用中です。これは3月に減らせる予定です。

どうしたら副腎の働きが戻りますか?

現在は、バランスの良い食事、十分な睡眠、縄跳びなどの運動、成長ホルモンをだす足つぼなど行っています。

よろしくお願いいたします。

短期間の内服ステロイドによる、成長抑制をなんとかする方法はありませんか?

6歳の男の子です。10月の末に、風邪からくる咳のため軽い喘鳴が3日ほど続いていて、喘息の持病があるためか、プレドニンを、15mg1日2回に分けて3日間処方され服用しました。体重は19キロ。
その後3ヶ月間、身長、体重が全く変わらず止まっています。2月の検診でようやく身長が2ミリ増えました。服薬後、4ヶ月で2ミリしか増えなかったのですが、服用前は平均して毎月5ミリは伸びていました。現在、6歳3ヶ月、身長114.3センチ、体重1...続きを読む

Aベストアンサー

知人の男の子が幼稚園時代にリウマチと診断され、1~2年ほどプレドニン、免疫抑制剤などを飲んでいました。
その子はやはり飲んでいる間~終了して1年ほど、ほとんど背が伸びませんでした。
小学校低学年の時、幼稚園生ほどの身長でした。(たぶんあなたのお子さんと同じくらいかな?)
しかし3年生になる頃には身長は他の子に比べれば低いものの、成長曲線に合った伸び方になりました。

きっとだんだん伸びてくると思いますよ。

あと、こちらのブログ記事も参考になるかもしれません。

吸入ステロイドの身長抑制効果について

http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2012-09-11

記事の内容では、最終的にはほんの1cmですよ。

Qマルチキャスト対応ネットワーク

マルチキャストについて複数の相手を指定して同じデータを送信するっていうことはわかったのですが(アスキーデジタル用語辞典より)、
マルチキャスト対応ネットワークというのはどういうことなんでしょうか?
ストリーミングについて勉強をしているのですが、マルチキャストのIPアドレスと
ポートっていう書き方がでてきて、いまいちその辺のことが理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マルチキャストを使う場合にはマルチキャスト用のIPアドレスがあります。
このアドレスにデータを送れば、自動的に複数の人に同じデータが送られるわけです。

マルチキャストを利用するには幾つか条件があります。
・ネットワーク内にあるルータがマルチキャストに対応していること。
・使用する端末にIGMP(Internet Group Management Protocol)というプロトコルを実装する。

マルチキャスト対応ネットワークとは上の2つの条件を満たしたネットワークのことだと思います。
ちなみにインターネットは基本的にマルチキャストには対応していません。
インターネット上でもマルチキャストが使えるように、DVMRPというプロトコルを使用する実験も行われています。

Qロヒプノール錠とセニラン錠の増量服用

こんばんは。
俺は、今現在夜寝る時はロヒプノール錠1mgとセニラン錠(ジェネリック医薬品)5mgを服用してるのですが効き目が今一つじんわりと効いて来ないのでロヒプノール錠1mgと2mgにセニラン錠5mgを10mgに増量して更に中途覚醒に効くサイレース錠2mgを4mgに増量しようと考えてます。
後フスコデ配合錠も服用してるのですが1錠服用では咳が収まらないので2錠服用に相談してかつコデインリン酸塩錠「シオエ」5mg 4錠服用を先生に相談しようと思いますが皆さんはどうおおもいでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> サイレース錠2mgは中途覚醒・早朝覚醒の改善の為に服用しています。

ミカンを"蜜柑"と思って食べても、”みかん”と思って食べても味も体への影響も同じように、
名前は違えど中身が同じ薬を飲めば、効果は同じです。特に製剤行程においても徐放化されていません。
ロヒプノールとサイレースは同じ薬です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420042594

Qマルチキャストについて

マルチキャストって最近、TV会議システムとかで使われてますが、いまいちよく理解できません。

まず、マルチキャストってグループ配信とか言われてますがどういうことですか?
実際にパケットをキャプチャしてみて確認しましたが、配信先が239.x.x.x宛て(マルチキャストアドレス)にパケットを送信しています。見たい人はどうやってパケットを受信するのですか?グループ配信とか書いてありましたが、受信しなくない人にもパケットは送付されているようです。(パケットをキャプチャして確認しました)ってことは、ブロードキャストと何が違うのでしょうか?
NICが受け取るまでは一緒で、その上の処理が違うということでしょうか?

スイッチがブロードキャストを全ポートに送信するように、マルチキャストも全ポートに送信しているように思えます。ということは、受信したくない拠点でもマルチキャスト分の帯域は使用しているのでしょうか?

うまく説明できなくて申し訳ありませんが、マルチキャストについてお詳しい方、ご教授願えないでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#3の回答者です。

> 視聴側が視聴ツールを起動したときをパケットをキャプチャしたところ224.0.0.24へパケットを送信してます。
> 239.x.x.xとの関係はなんなのでしょうか?

224.0.0.0/24をARIN(American Registry for Internet Numbers、http://www.arin.net/)のwhoisデータベースで検索すると、以下のようなデータが得られます。

> NetType: IANA Special Use

> Comment: This block is reserved for special purposes.
> Comment: Please see RFC 3171 for additional information.

で、RFC3171を見ると、

> 224.0.0.0 - 224.0.0.255 (224.0.0/24) Local Network Control Block

となっています。つまり、Multicastを配送するための特定のプロトコルというより、Local Networkの運用のためのControlパケットのためのマルチキャストです。例えばブロードキャストもLANのネットワーク自体の運用のために活躍していますが(例えばicmp floodなど)、同様にマルチキャストもネットワーク自身の維持・運用に大変役立つことから、LANマネジメントのための特定のプロトコルのために224.0.0.0/24を割り当てていると言うことになります。例えばルーティングプロトコルであるOSPFや、冗長性のためのプロトコルであるVRRPなどが224.0.0.0/24の特定のアドレスを利用します。

で、肝心の224.0.0.24ですが、ちょっとこれは分かりませんでした。ドキュメントによってはOSPF Traffic Engineeringのための予約となっているのですが、別のドキュメントではNot Assignedとなっていたりして、実際に今どんなプロトコルがこのアドレスを利用しているかを追えませんでした。マルチキャスト視聴用のアプリケーションの起動と関係あるということだと、その時点で何らかのネットワークマネジメントの必要があるということかもしれませんが、実際はよく分かりませんでした。

ご質問にお答えできず大変心苦しいのですが、上記の情報だけでも何かのご参考になれば。

#3の回答者です。

> 視聴側が視聴ツールを起動したときをパケットをキャプチャしたところ224.0.0.24へパケットを送信してます。
> 239.x.x.xとの関係はなんなのでしょうか?

224.0.0.0/24をARIN(American Registry for Internet Numbers、http://www.arin.net/)のwhoisデータベースで検索すると、以下のようなデータが得られます。

> NetType: IANA Special Use

> Comment: This block is reserved for special purposes.
> Comment: Please see RFC 3171 for additional information.
...続きを読む

Qインフルエンザの予防接種は1回より2回のほうが効果的ですか?

お世話になります。
中学3年生の受験生を持つ母です。

毎年インフルエンザの予防接種を親子で受けています。
子どもが小学生のときは2回接種していましたが、
中学生になってからは大人並みでOKとのことで
1回接種してきました。
今年も10月末に予防接種を終えたのですが、
先日ある掲示板で
「お医者さんに1回接種だったら感染しない率は65%、
2回接種したら99%感染しないと言われた。
受験生は2回接種がいいだろうとのことで2回接種しました」
と書かれていました。
もしそれが本当でしたら娘にもう1回追加して、ついでに
私も受けようかと思います。

やはり2回接種したほうがいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

掲示板の書き込みについては、どこに根拠があるのかわかりません。65%であったり、99%であったり、こんな数字は医学的にはどこにもありません。一部の研究などでこのような結果が出たかもしれませんが、少なくともコンセンサスが得られている事はないと断言できます。そこで再度一回接種か二回かという点に戻りますが、不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンは回数を多く打てばそれだけ効果が上がるのは事実でしょう。ただ、一回より二回、二回より三回と接種を重ねたとしても抗体の上昇が二倍、三倍に上がるわけではなく、その上昇の差は少ないので、結局はもう一回で十分であるという結論になるのです。2回目を接種して抗体の値から考えたら損はありませんが、そうだからといって全ての人に勧めることもしません。後は保護者の判断と医師がそれを理解していくれるかです。もったいないからやめろと言われるかもしれません。それくらいのことかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報