アプローチでの、ロフト別のキャリーとランの割合はどのくらいでしょうか。
自分の感覚でしょう。という皆様のアンサーも頭に浮かぶのですが、
「球の位置」・「同じロフトのクラブ(同じ番手ではありません)」が同じであれば、皆様と似通った結果が得られるのではないかと思った次第です。ご意見をお聞かせください。

シチュエーションですが、
グリーンまで障害は何もありません。
ピン位置はエッジから10YDのセンターです。
ピン奥からは下り傾斜があるので、あまり「突っ込み」たくはありません。
カップ周囲30cmのベタピンが理想ですが、せめて「手前1ピン、上りパット残し」の位置に運びたい。
私、57度SW、52度PS、48度PW、44度9I、40度8Iを使用しています。
(1)カラーから12YD。
(2)花道から20YD。
(3)花道から30YD。
それぞれ「球の位置」と、「選択ロフト」・「自分はこれくらいの割合(だと思う。を含め)」を教えてください。また、xxxの場合は特別に「こんな打ち方もします」というお話もあればお願いいたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

#4です。



ボクは小さなものを大きくするのがゴルフスイングだと考えています。
(昔は大きなスイングを小さくしたり緩めてアプローチしていました^^;

ですから、ウェッヂの練習がすべてのショットに繋がるように心がけています。
すると当然…
・ローテーションのあるショット(スイングの基本として習得目的)
・ローテーションを抑えたコントロールショット
の練習が必要になりますよね。
コレの小さいモノとしてウェッヂを集中的に練習しますので、必然的にこのどちらかの打ち方が
ボクにとっての安心したアプローチになっています。
(ウェッヂの性能が良くなったのも安心材料の一つですが)

また、アプローチはオープンに構えれば自然にフェイスを斜めに使うことになりますよね。

ちょうど良いサイトがありますのでリンクします。(動画も見れます)
http://h50146.www5.hp.com/promotions/ad/pc/chie- …
この場合、手前傾斜もあってかグリーン面に直接落とすようで、ボクにとっては、若干フェイスの動きを抑えてランも少し抑える
という感覚になります。(丁度今回例題の(3)に転がりを減らす程度でしょうか)

途中が凹んでいたり障害をギリギリ避けて且つ転がせないのであれば…
http://www.golfdigest.co.jp/magazine/tournament/ …
↑こうなるかもしれません。(通常ではショートの恐れもあるためなるべくやりたくないです)

一概には言えませんが、基本コースに多いパターンは花道から受けたグリーンです。
貴殿の例題の場合は、ピン過ぎてから下りと何が何でも1m以内且つ上りのパット残しということで、
安心できる(ボクにとって)SWから入る考えを示しましたが、(1)の回答
にもある通り、
アプローチは「まず転がせないか?」から入りたいものです。(なるべく順回転の多くなるクラブで寄せる)
平面という条件であれば、パター→パター感覚のショートアイアン→PW→AW→SWを基本とします。
(最初からそう書けばよかったですね)

これで追加回答になりますかね^^;

最後にボールですが…
G4も使いましたし、他のX-01シリーズも使いました。(発売当初はよくもらいますし)
とりわけG4はどうでS3がどうともの凄く大きな変化があるわけではないですし、高速グリーンのコースならこっちが有利かも?
と頭の片隅に入れておけばいいかな?くらいの感覚でした。
まだ修行中の身ですし、なるべくなら1つのボールのフィーリングを磨いてさらに上達したいと言う気持ちと、
なるべくロースピンで「棒球」が出たらいいなぁという願いを込めてR4に決め、その流れからのR+です。(いつも棒球と友達になりたいものです^^;
ちなみにR4やR+は、アプローチ練習用にヤフオクでロストを買ったりもします。
V10も良いボールだと思います。が、ボクにはカバーの反発力があるためかパッティングで苦労しました。

またまた長くなってしまい、すみません。(今日はヒマだったもので^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、追記ありがとうございます。
・ローテーションのあるショット(スイングの基本として習得目的)
・ローテーションを抑えたコントロールショット
の練習の必要性、認識させていただきました。
「まず転がせないか?」を念頭に、今後しっかりプレーしていきます。
ボールの件もありがとうございます。
「棒球」の思いも伝わりました。
私はG4→S3と柔らか目を使用(パットのフィーリングが柔らか目が好きなもので)しており、アプローチ上手な方はどのようにしてボールを選択しているのかを聞かせていただきました。

お礼日時:2009/05/29 11:56

>「自分なら通常なら普通に52度ウェッジで転がします。

」とは、スピンをあまり意識せず、「トロトロ転がり寄せる」イメージでしょうか。

スピンもランも「ロフトなり」を意識します。奇をてらわず体の動きに任せたアプローチの打ち方です。どうも普通の人よりスピンが効いてしまうようでピッチエンドランで自分の場合はAWで1:1になってしまいます。SWだと確実にランの方が少ないですね。しかしそれは自分なりの数値でしかないと思います。そうなってしまう事を自分で突き止めたということです。決して能動的にスピンをかけにいっているという事はないですよ。それは先の回答で言った通りイマージェンシー(緊急時)ショットです。当然緊急対応という事で練習はしてはいますが、せいぜい1ラウンドに1回使うか使わないかという感じです。(ロブショットも同じですね)

ちなみに自分は手を添えれば右も左も手首を曲げて薬指指先第一関節くらいまでが腕の内側にくっつく位リストの柔らかさには自信があります。そういうタイプのスピン系のアプローチを得意とする自分がこう言うのですからあまりスピンを意識されない方がいいと思いますね。傾斜なりのランを考慮して攻め方を考えた方が怪我が少ないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、追記ありがとうございます。
「そうなってしまう事を自分で突き止めたということです」という言葉を大切にします。
マニュアル本も大切でしょうが、頭でっかちにならず、「奇をてらわず体の動きに任せたアプローチの打ち方」を練習して行こうと思います。


jimmy35様のご解答欄で、失礼いたします。

アドバイスいただきました皆様、本当にありがとうございます。
アプローチの質問から脱線してボールの件まで教えていただきました。「ルールに抵触」かも知れませんがお許しください。

追記で何かアドバイスをいただけることを期待しまして、もう少々締め切らずにおかせてください。

お礼日時:2009/05/29 12:25

度々すみません^^;



#4にある
「できることなら落下目標の作りやすいカラー越えでグリーン面に直接落として…」
と「転がしが基本」というのはおかしいと感じられてしまう書き方をしていますね。

例題の場合で、直接グリーンへとしているのは、落ちた後8mくらいの転がせる幅があるからです。
越えれば良い目標を持てることと、ミスってショートしてカラーならそこそこ転がってくれるし、トップして予定より少しのオーバーならスピンが利き易いという保険も兼ねています。
(元々ピンを過ぎたら約10mでグリーンを出てしまうことから、転がりすぎ防止ためのSW選択ですからね)

ウマい方はクッションで勢いを殺したり、土手を使ったり…縦横無尽に転がして寄せてきます。
そしてコブや急な傾斜のグリーンではスピンコントロールしてピンデッドに攻めてきます。
そんな時…「ヨシっ!」とか「ウマくいってよかった~」などと言葉が聞こえます。
要は、イレギュラーだったってことです。

ゴルフは手前から!の格言通り、できれば「転がせないか?」が無難だと思います。

少し例題の状況を考えすぎたために錯綜した回答になったことをお詫びしますm(..)m
何度も失礼しました^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
順番にアドバイスを読ませていただいているため、私のほうの回答も、度重なり、申し訳ない気持ちで一杯です。

「転がしが基本」ということと、「越えれば良い目標を持てることと、ミスって・・・・」という文面で、「しっかりとした、落とし場所の目標を持つこと」、「保険」をかけながらプレーしているということが、理解できました。
また、上手な方の「枠(第1バウンドグリーンにオンさせる 等)にとらわれない」寄せ方も勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/29 12:12

私の周りのシングルさん


アプローチでまずパターを使う方が20%くらい
ウェッジを持って上げて寄せる方が60%くらい
あとの20%はその時により色々変えると見ています

どうしても、練習で力を入れたクラブを持つようですね
一番冷静なのが最後の20%の方たちです
ただ、スピンは怪我が多いので(掛かったり掛からなかったり)
ボギーも良く出ます

ボールの事ですが
売店でTourStageとしか言いません
したがって、現在はV10だと思います(X10は未経験ですね)

追記まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もアドバイス、ありがとうございます。

「スピンは怪我が多いのでボギーも良く出ます」。肝に銘じます。

「あとの20%はその時により色々変えると見ています」
となるように、1打に執着して行きたいと思います。

お礼日時:2009/05/29 12:00

アマチュアはウェッジで上げてピン側でピタリと止まる形を


「かっこいい」としているようですが(比率としてみると)
上げると距離がキチンと出ないことが多く
かつ、スピンが効くかどうかもハッキリしません

一番確実なのは「転がす事」です
したがって、パターが使えれば一番確実性が増します
つぎに、ピッチエンドランとなります
ピッチエンドランも転がす距離が長い方が確実性は増します

先に述べた、昔の村上プロのアプローチは
ピッチの部分をランから始める形になっており
スピンも合わせて使えますので非常に強力なアプローチであった
と言えます

追記まで

この回答への補足

アドバイス、追記ありがとうございます。
「一番確実なのは「転がす事」です」・・・頭では理解していたつもりでしたが、「身体」は理解していないのが私だと思います。
「どう打っても寄れば上手なんだよ」というご意見は、今回置いておかせていただきまして、
シングルクラスの方(今の1打を大切にされている方・・競技をされている方・・寄せ1必須の時、等)ピシッとスピンをかけられる方が多いのでしょうか。それともトロトロ転がり寄せる方のほうが多いのでしょうか。
また、autoro様はツアーステージの球を使用ということですが、種類は何でしょうか。理由があればお教えください。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/05/28 15:11
    • good
    • 0

#4です。



すみません、記述が間違っていますので訂正いたします。

(誤)→ピッチショット及びピッチという表記
(正)→ピッチエンドランです。

申し訳ございません m(..)m
    • good
    • 0

ボクはピッチショットの場合…


PWで5:5、AWで6:4、SWで7:3を基準としています。
また、ショートアイアンは障害物(クッションを詠めない時を含)を越えてパッティングのイメージで寄せたい時に主に使います。
使用クラブもロフト構成は以下の通りです。
8I(38)・9I(42)・PW(47)・AW(52)・SW(58)で、8~PWは三浦のCB-1006・AW&SWはロマロVK-V(下地銅メッキ)

さて、例題の場合ですが…
ピンを越えてから下り傾斜とのことですので、基本はウェッヂを選択すると思います。
(ショートはしたくないし、保険もかけておきたい)

(1)の場合は、本来はパターなのでしょうが…AWにて手前5m付近に落として若干オーバー目狙いでしょうか。
(2)(3)の場合は、素直に慣れ親しんだSWを選択すると思いますが、ライによってはAW・PWもありえますね。
できることなら落下目標の作りやすいカラー越えでグリーン面に直接落として寄せたいタイプなものですから^^;
ちなみにボール位置は基本真ん中で、下りや順目を明らかに感じたら若干左寄せ・上りや逆目が気になったら少し右寄りで、
なるべくシンプルに!心がけています。
また、ボールはR+か旧型のR4を使用しています。

ココから先は余談ですが…
ボクはラウンド前に季節に合わせたアプローチへの予備知識を念頭に入れておきます。
・春先ならスプリングフラッシュの可能性はないか?
(芝の根は15度前後で活性化し、23度前後で葉が一気に芽吹くと言われ、春の気候は午前と午後の重さが変わることがあります)
・5月のベントは、夏枯れ予防のために刈高を高めに設定されていることがある。
・梅雨時期はカラーに水が溜まり易く場所によってはボコボコになっていることがある。
(このような場合はソールの広いFWで寄せる心構えを持ちます)
・晴天続きの場合は、硬いか逆にスパイキングを施されて柔らかくなっていないか?
など…

この辺りを朝のアプローチ練習で極力確認して、グリーンへの不安要素を準備として対応できるように整理しておく。
→バンカーがあればついでに砂質も(深さについては各々なのでアテにしない)
→アプローチ不可のグリーンしかなければ、ロングパットでキャリー&ランのイメージを持って確認

↑これだけ並べるとヤヤこしそうですが、実際は「春先」「5月付近」「雨続き」「晴れ続き」となりますから、
その日1パターンを準備すればよいだけで、それも数ホールで答えの出やすい準備作業です。

また日頃の練習は…
アプローチ練習は基本SWのみで、フェイスは必ず斜めに使います。
ピッチは、通常の慣性を活かしたスイングと同じ要領で順回転が目的。
スピンは、慣性を抑えたコントロールショットと同じ要領で2バウンド目をピン狙い。(たまにパンチでピンデッド)

あくまでも練習ですので(ウマくいくかどうかは別で)、この2パターンをスイングの基本として、
練習の半分を費やします。
(このスイングを大きくすれば通常のショットに対応できるという考え)

長くなりましたが、何か参考になれば…

この回答への補足

アドバイス、ありがとうございます。
「PWで5:5、AWで6:4、SWで7:3を基準」
「ボール位置は基本真ん中で、下りや順目・・」
「アプローチへの予備知識を念頭に入れて・・・」
とても参考になりました。
「日ごろの練習の内容」の詳細(フェイスを斜めに・・順回転の意識の理由・・)を、お教え願えませんでしょうか。
また、ボールはR+か旧型のR4を使用されているということですが、G4、V10ではなくR4の理由があるようでしたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/05/28 15:01
    • good
    • 0

ウェッジでの一般的なキャリーとランですが、


SWで1:1,PWで1:2です。
あくまで一般的な割合ですが、私の経験上概ね合っています。
その他クラブはキャリーを1とすれば1つずランの割合が増えると考えて良いと思います。
実際は上り下りや芝目、打つ強さによって変わりますが、イメージを作っておけば目安にはなると思います。
アプローチで大切なことは自分がどのような球筋で打つのかをイメージし、
それに合ったクラブを選択することです。
でも、これが普段練習ができないので失敗して元々でチャレンジするれば次ぎに活かせると思います。
私もそうでしたが、やはりピッチエンドランやロブに憧れますが、堅実な方法は転がすことですね。
でも、消極的に見えるのでなかなか出来ないのが現実ですが、実際ラウンドでの成功率からいくと転がす方が一番スコアがよいことも事実です。
その他に基本的な打ち方が出来るようになれば、応用すれば様々な球筋が打てるようになれば
如何なる状況でもベタピンにすることは可能だと思います。

この回答への補足

アドバイス、ありがとうございます。「SWで1:1,PWで1:2です。」とのことですが、hey_hey_11様の場合、「球の位置」はスタンス幅からするとどの位置(開いたスタンスの中央/右より等)になりますでしょうか。
また、。「SWで1:1,PWで1:2」は、何ヤードくらいまで打てるものなのでしょうか。(残り30YDでSWで15yd:15ydは無いと思いまして・・)
できましたら追加のアドバイス、よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/05/28 14:47
    • good
    • 0

>ピン一エッジから10ヤードのセンター


随分小さなグリーンですね、しかも、馬の背ですか(スロープの頂上)

私なら、ボールはTourStageで
1)AW(PS)でカラーに落としますか
カラーの芝の粘り具合、長さ、グリーンの速さなどで現地判断でしょう
2)8IかPWでエッジ手前に落とし転がしますね
これも、スルーザグリーンの芝の状態、傾斜、など現地判断でしょう
3)多分、AW(PS)でエッジ手前5ヤードくらいに落として
あとは、ランニングでしょうか、芝の状態で変わると思います

他には、8Iのロフトをかぶせボールを右足つま先に置いて
昔の村上プロがやったように上から押しつぶしてスピンをかけると
どの距離でも8Iで処理できますね
状態が良ければ、全てパターの選択もあるかと思います

参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。何でもかんでもグリーンに落とすというよりも、やはり、(状況判断は要必要だが)エッジからでもころがし上げるのが確率的には良いということでしょうか。

お礼日時:2009/05/28 14:46

使用ボールがディスタンス系かスピン系かで攻め方は変わります。

特に>ピン奥からは下り傾斜があるので、あまり「突っ込み」たくはありません。 となると、スピン系なら上から打ち込み転がしでスピンをかけて止めるイマージェンシーショット(あくまで緊急ショット)も考えられますからね。ディスタンス系なら通常時自分が行うAWやSWでの転がしをお勧めしたいですが、ハンドファーストの度合いが通常のPW以上のクラブより増えるので単純には行かない(普段の練習量は必要)部分もあることは頭に入れたほうがいいでしょう。もっと単純に考えたいのなら、ピン近くでトロトロ転がるイメージで距離感を割り出して単純に転がすという打ち方もアリでしょうね。(距離感計算さえうまくいけばこれが一番やさしいでしょう)

自分なら通常なら普通に52度ウェッジで転がします。勝負どころ(つまりめったにはしません)なら58度ウェッジ(SWとして使っていますが、バウンスは9度しかありません)で上から打つイメージでスピンを意識します。使用ボールはタイトリストのProV1かProV1Xです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。「自分なら通常なら普通に52度ウェッジで転がします。」とは、スピンをあまり意識せず、「トロトロ転がり寄せる」イメージでしょうか。

お礼日時:2009/05/28 14:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドロー打ちと低いスピンアプローチの打ち方について。

HC10のものです。

持ち球はフェードです。
ここ数ラウンド片手シングルさんとラウンドさせてもらい、色々な技術、攻め方を学ばさせてもらいました。

ティーショットでも、風の具合、コースレイアウトによっては、ドローを打つ必要があること。

グリーン面が下り斜面で、風が強い時など、低いスピンアプローチが打てるといいこと。(グリーンが固いと余計に必要と感じます。)
ドローはイメージはグローススタンスでスタンスなりにスイング。
脇が開かないように、フォローで自然に、右手が左手の上にきてリストターンするイメージで振っています。

ドライバーはテーラメードのR1を使用しており、球離れが早いせいがあるかもしれません。(ロフトは10度に調整してます)

もうひとつは、低いスピンアプローチですが、56度のSWでやるとよくトップが出ます。(バンス角12度)バンス角がおおきい?
よって60度のウェッジで(バンス角8度)ボール位置は右足前
オープンスタンスにして、左足体重をキープして、スタンスなりに、軽いダウンブローのイメージで打ちます。
ドローの打ち方(フェードヒッターの方に聞けたら最高です。)
あと低いスピンアプローチの打ち方のコツを教えて下さい。

HC10のものです。

持ち球はフェードです。
ここ数ラウンド片手シングルさんとラウンドさせてもらい、色々な技術、攻め方を学ばさせてもらいました。

ティーショットでも、風の具合、コースレイアウトによっては、ドローを打つ必要があること。

グリーン面が下り斜面で、風が強い時など、低いスピンアプローチが打てるといいこと。(グリーンが固いと余計に必要と感じます。)
ドローはイメージはグローススタンスでスタンスなりにスイング。
脇が開かないように、フォローで自然に、右手が左手の上に...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。
>>ヘッドの入りをターフあとで確認できるからでしょうか?。
Yes!
落し所の正確性の確認ができますし、強い引き止めを繰り返しても砂の抵抗で手首を痛めにくい利点もあります。また、引き止めの感覚を掴んだら「グリップでヘッドを引っ張る」をバンカーでするのも良いでしょう。砂にドスンで終わりの引き止めはバンカー内でライの悪い時に実戦で使えますし、「グリップでヘッドを引っ張る」が加わると(ノーマルな)バンカーショットとは砂に叩き込んで終わりではなく、バンスで砂を叩き且つ少しバンスをバンカー内で引きずる感覚のある事が解ります。
「グリップでヘッドを引っ張る」というのはあくまでも体の正面にあるから引っ張れるのであって、手や腕だけでこれをやってはいけません。

以上の練習をする事により、「シャフトの撓りを使って加速しながらボールを打つ」というショットの基本が身に付きます。この事が出来ればすぐに「5下」が見えて来るでしょう。補足の中で別の質問が出ていますが、これは別に新たな質問を立てた方が質問箱のマナーに沿っていますし、新たな回答者が出てきやすく、質問者さんのためにもなると思います。

ロースピンアプローチの補足ですが、インパクト後フェースに出来るだけ長く乗っている感覚が必要です。フェースを立てていく、あるいは閉じていく感覚を持つと乗りやすくなると思います。NO2さんの回答の中にある「バンスがあるウエッジの方がフェースが立ちやすく・・・」とはこの事を指すものと思います。決して開きっぱなしでカットに打ってはいけません。そして下半身も意識して止めてはいけません。自然に右腰が押し込まれる事も重要だと思います。

NO1です。
>>ヘッドの入りをターフあとで確認できるからでしょうか?。
Yes!
落し所の正確性の確認ができますし、強い引き止めを繰り返しても砂の抵抗で手首を痛めにくい利点もあります。また、引き止めの感覚を掴んだら「グリップでヘッドを引っ張る」をバンカーでするのも良いでしょう。砂にドスンで終わりの引き止めはバンカー内でライの悪い時に実戦で使えますし、「グリップでヘッドを引っ張る」が加わると(ノーマルな)バンカーショットとは砂に叩き込んで終わりではなく、バンスで砂を叩き且つ少しバン...続きを読む

Qロフト角度どおりの球を打ちたい

アイアンで番手を変えても打球が高く上がり飛距離がかわらないのですが以下の方法を試したのですが安定しません。どうすればよいですか?
(1)アドレスでハンドファーストに構える。→基準が判らなくてスイングが不安定になった。
(2)インパクトで手首を返す。→手首をこねてしまう
(3)バックスイングでコックを入れタメを意識する。→手であげてしまって身体が回らない。

うーんうまくいきません。

Aベストアンサー

何事も基本が出来ていて出来るものです
同じスイングが出来ればロフトどおりに球は上がります
ロフトどおりに球が上がらない=インパクトでフェースの角度が
どのクラブも同じようになってしまっている、と考えて見てください

多分、クラブをマットにたたきつけるのに躊躇して
すくい上げているのではないかと思います
最初は、ボールをテイーアップして
ボールを打った後でクラブがマットに当たる癖を付けてください
(ダウンブローと言います)
これも、先にアドバイスしたビデオテープにあります

アドバイスまで

Qアプローチでの高いボールの打ち方

20ヤードから40ヤードの距離のアプローチでボールをフワァーと高く上げたいのですがどのようにすれば打てますか。

Aベストアンサー

普通に構えてまっすぐ引いてまっすぐ手首を返さないように振れば、ロフト通りの高さが出ます。
その時ヘッドスピードを落とさない様にすればロフトより少し高く上がります(スピンが掛かりますから)
ロフト以上に上げたいならスタンスをオープンにして、フェースは目標に向け(=フェースは開かない)スイングをスタンスに平行に振るとスピンが多く掛かって高く飛びます。
このとき、スイングはスタンスに平行であって、飛球線行方に引かないことです。飛球線方向に引くとシャンクの可能性もあります。つまり、アウトサイドインのスイングをすると言うことです。また、このときは左手で釜を持って草を刈るようなイメージです。左肘をうまく抜くようにしないとヘッドが被ってしまいます。
この打ち方はフェースのネック側下からトゥ側の上に斜めにボールを走らせる感じになりスピンが大きくなります。
ただし、フェード(スライス)と同じ右方法の回転も加わるので、目標より少し左を狙わないとダメですし、バンスがきついサンドウエッジは使わない方が良いです(フェアウエイだとハーフトップになる可能性もありますから)
これは私のやり方ですが、グリーンが極端に高いとか言うことが無い限りこの打ち方はしません。
普通にピッチエンドランかランニングアプローチの方が確実ですから。特に40ヤード以内なら普通にアプローチウエッジでロフト通りに狙った方が距離感も方向性も良いように思いますけど。
高く上がってピッタリベタピンに止まるというのは格好良いですけど、確率的にはかなり悪いです。(プロでベルなら別ですが)

参考までに。

普通に構えてまっすぐ引いてまっすぐ手首を返さないように振れば、ロフト通りの高さが出ます。
その時ヘッドスピードを落とさない様にすればロフトより少し高く上がります(スピンが掛かりますから)
ロフト以上に上げたいならスタンスをオープンにして、フェースは目標に向け(=フェースは開かない)スイングをスタンスに平行に振るとスピンが多く掛かって高く飛びます。
このとき、スイングはスタンスに平行であって、飛球線行方に引かないことです。飛球線方向に引くとシャンクの可能性もあります。つまり、ア...続きを読む

Qフェアウェイで本球OB宣言後、暫定球と見つかった本球をふたつ打っていった場合

ティーショットで本球がOBみたいだったので、いつものように暫定球を宣言して打った。
本球を探したが見当たらず、OB宣言した後、フェアウェイの暫定球を打った。ところが、本球がカート道に当たって、想像もつかないぐらい先にあった。規則がよく分からなかったので、本球と暫定球を打ち、二つのスコアを記入し、ホールアウトした。
ホールアウト後、競技委員会にそのホールの二つのスコアを話した結果、暫定球のスコアを提出することになった。
しかし、本人が全く本球に気付かずOB宣言をした後、本球を打っていいのか?
要するに、OB宣言後、本球があったからと言って、打つことは出来るのか、出来ないのか?
この場合の二つの処理が賢明なのか、それとも罰則があるのか、ないのか?あるとしたら、どんな罰則になるのか?今後の為に教えてください。

Aベストアンサー

競技委員に聞いて正しく処理されているので、何が疑問かいまいち不明ですが、

ボールが見つけられる前に(さがそうと、探すまいと)、暫定球を打ったら、それがインプレーになります。OB宣言・・・というのはないので、ボールが見つかってしまえば、もとの球を打つことが義務になりますが、見つからなかったならOK。なのでこの場合競技委員の判断通りかと。

なお、ルールによる処置がわからない場合、通常は競技委員にきいいて対処すべきですが、月例などでは、人数の関係でそれは不可能。したがって、慣習的には、両方のボールをホールアウトし、あとで尋ねる・・・と、私のホームコースでは指導されています。この措置の合理性について、ルール上どうなのかは、わかりません。

Qショートアプローチの打ち方

30ヤード以内のショートアプローチのアドレスについてです。

ゴルフ雑誌やプロのアドバイスを参考にアドレスを作っています。

振り抜きをよくするためにオープンスタンスに構えているのですが、バックスイングが窮屈な感じがします。こういうものでしょうか。

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

バックスイングのそれを考えると真っ直ぐあげれば当然窮屈になりますね。腕が9時のポジションでも窮屈だと思います。しかし、クラブが9時のポジションで充分30ヤードは届くと思います。(過去のyushaさんの質問等を見る限りではですが)
腕が9時ではフルスロットルではSWで50ヤード近く行ってしまう気がしますよ。そういった時はオープン度合いは少なくします。

まっすぐ上げるアプローチでのオープンスタンスの利点は目標を見やすいことが最大の利点だろうと思います。近くなればなるほどピンに対する精度は上げたい(エッジに近いピン位置でのバンカー越えなどの特殊ショットを除く)ですから、この見やすさと言うのは精神的にも大きな利点と言えると思います。だとすれば目標さえ見やすければオープン度合いはyushaさんの工夫の余地があるかと思います。いくら見やすくてもテークバックを上げづらいオープン度合いでは本末転倒ですから、その開き度合いは工夫してもいいと思いますね。
要はバックスイングをどこにあげて、どこまで上げるか、どういった球の高さでどういったランを考えるか、それをボールのライ、ボールからピンまでの状況等で決めればいいと思います。オープンスタンスに構えてスクエアバックのアプローチでもそのオープンスタンス度合いは何度と決められたわけではないのですから、上げやすい、そしてピンが見やすい度合いのバランスをyushaさん自身で決めればいいと思いますね。

バックスイングのそれを考えると真っ直ぐあげれば当然窮屈になりますね。腕が9時のポジションでも窮屈だと思います。しかし、クラブが9時のポジションで充分30ヤードは届くと思います。(過去のyushaさんの質問等を見る限りではですが)
腕が9時ではフルスロットルではSWで50ヤード近く行ってしまう気がしますよ。そういった時はオープン度合いは少なくします。

まっすぐ上げるアプローチでのオープンスタンスの利点は目標を見やすいことが最大の利点だろうと思います。近くなればなるほどピンに対する精度は...続きを読む

Qレディスでロフト18度くらいのユーティリティを探しています

タイトルのとおりなのですが、レディスで18度くらいのユーティリティを探しています。どうもフェアウェイウッドの形が苦手で普段19度のユーティリティばかり使っています。(ヤマハの5~6年前に買ったもの)もう少し距離が出るものを買おうと思って探しているのですが、見つけられません。4Wくらいのロフトでユーティリティがあればいいのに…と思うのですが、どれもユーティリティは20度以上のものばかり。
もしロフト18度くらいのユーティリティがあればアドバイスいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
元キャスコの営業マンです。
No.1さんのご意見の通りキャスコでレディスのユーティりティがあります。
商品名は「パワートルネードFGレディス」です。
御希望のロフトに近いものは#33(16度)か#44(19度)です。キャスコHPに販売店情報などもありますので、ご近所にありましたら、現物確認、試打をされてはいかがでしょうか?
ヘッド形状の好き嫌いはあると思いますが、機能的にはボールが上がり易くいいユーティリティと思います。ヘッドスピードが低めの方には特にお薦めです。
ぴったりのユーティリティを見つけて、是非たのしいゴルフをして下さい。

参考URL:http://www.kascogolf.com/jp/catalog/club/01_002.html

Qスピンの効いたアプローチ

アプローチで悩んでます。
30y~50yくらいの時にバンカーなどあってランで寄せられない場合の
アプローチがうまくできません。
スピンがキュキュっと効いた玉が打ちたいのですが

皆さんはどのロフトで打ってますか?
どのような練習すれば良いですか?(練習場にて)
コツ?みたいなものはありますか?

結局いつも少しオーバーしても58度でバンカーだけ
かわす打ち方をしてしまいます。
やはり手打ちでしょうか?

Aベストアンサー

横嶺プロが宣伝に登場するボールを(XXIO?)を
使用している仲間がおります
おそらくデイスタンス系だと思いますが
40ヤードほどのアプローチをSWで打つと
ほぼ間違いなくスピンが掛かり3バウンドほどで止まります
SWもXXIOのセット物のクラブです

その方のアプローチの特徴は
横嶺プロのアイアンショットと同じように
左側に低く振りぬくタイプです
(振りぬいたクラブを左肩まで上げていない:せいぜい腰の高さ)

#6の専門家の方のアドバイスは適切だと思いますが
準備と条件は必ずしも絶対ではないような気がします
ただ、「低くゆっくり上がる球」はスピンが掛かった時に
でる球筋なのでこの球筋を狙われる事はいいことだとおもいます

また、練習場の女性の社長(元女子プロ)のアプローチは
SWでスーッと振りぬくだけでスピンが掛かっていますので
いつも参考にしています

追記まで

Q左利きのゴルファーです。 ロフト角35度のチッパーで左利き用を探してお

左利きのゴルファーです。 ロフト角35度のチッパーで左利き用を探しておりますが、
ご存知の方いらっしゃいましたら、ご教授いただけると助かります。

Aベストアンサー

あまり有名じゃないですけど「サクソン」と言うメーカー?はチッパーの種類が豊富ですよ。
確かロフト設定も36°からあると思いましたので一度ネットなどで検索してみたらいかがでしょう?
左用も右用と同じラインナップなはずです。

Q低いスピンアプローチについて

以前低いスピンアプローチの打ち方についてお聞きしたものです。

以前はボールはナイキのレジンブラックを使用し、SWは56度のものを6年使用して結構溝がすり減っていました。

56度をドルフィンウェッジにかえ、60度をフォーティーンのRMー12 バンス10度 を入れました。

ボール位置を右足よりにして、軽いダウンブロー、フェースを少し開き、少しカット軌道のスイング。

56度のドルフィンウェッジで低いスピンアプローチをやると、打点が少し高くならない限りは、球の高さが上がらず、打ち出し高さもいいのですが、スピンのききかたがまだいまいち?

ボールはV1Xに変えました。

(ミーリングも結構効いてます。)

60度のフォーティーンRMー12ウェッジでやると、ほとんどがトップかボールが高く上がってしまうかです。

まだ手のローリングを使ってやるところまで至っていないと思い、ローリングは控えています。

分かりにくい文章で申し訳ないですが、まだ自分の打ち方は低いスピンで止めるアプローチというより、上がって高さで止めた感じになっています。

自己満足の世界ですが、50Y以内のアプローチでトン トン キュ キュ みたいな低いスピンアプローチを覚えたいので、

以前低いスピンアプローチの打ち方についてお聞きしたものです。

以前はボールはナイキのレジンブラックを使用し、SWは56度のものを6年使用して結構溝がすり減っていました。

56度をドルフィンウェッジにかえ、60度をフォーティーンのRMー12 バンス10度 を入れました。

ボール位置を右足よりにして、軽いダウンブロー、フェースを少し開き、少しカット軌道のスイング。

56度のドルフィンウェッジで低いスピンアプローチをやると、打点が少し高くならない限りは、球の高さが上がらず、打ち出し高さもい...続きを読む

Aベストアンサー

カットに入れないで被せて押します。
60度は使わず56度を使ってください。
低く出すのでスイングのベースはランニングアプローチと同じ(クラブを短く持って、ボールに近づいて立つ)ですが、コックを使って上から鋭角的にインパクトします。自然とフォローは低くフェースは返ります。(フェースは自然に返ります)
やべッ!と思うくらい低くて強い球が出れば、スピンはかかっていますので止まります。
フォローでフェースがこっちを向いているようではスピンはかかりません。
手でフェースを返してしまうとミスします。
どうしても使いたい時がありますよね。
どうしてもパーを拾いたいときです。
バーディーを狙う時やボギーで我慢するときは使いません。
カップインしないしリスクが大きいからです。

Qニアピンの旗の立てる位置とタイミング?

ニアピンを取れた時に旗は、何処にいつ立てればいいのでしょうか?
パッティングする時に邪魔になるになるし、打った後だと位置がわからなくなるし、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

正式なやり方はわかりませんが、私は、ニアピンボールをマークして拾い上げる。 そのマークの横にパターヘッド1個づらして別のマーカでマークする。  但し、ピンに近づかないように注意する。正規のマークのところにボールを置いてパットし、パットが終わったら、二つ目のマークから元のマークに戻しボールのあった位置に旗をさす。・・・が普通のやり方と思いますがどうでしょうか。 私は2つ目マークはゴルフ場に置いてあるプラスチックのマーカーを使用してニアピン旗の後ろに置き直して残しています。 これだと、次の組がアプローチの邪魔になっても旗を抜きやすいと思います。  さらに、「ニアピン旗がピンの手前なら距離を同じにしてピンの後方に旗を立て直すように」と言われたことがあります。 「次の組のホールインワンを邪魔してはいけない」ということだそうです。 余裕があるときには、そうしていますが、そこまでやる人はあまりみかけません。また、ニヤピン旗はボールの位置なのかマークの位置なのか人によって違うようです。正式なやり方があれば私も教えてもらいたいですね。


人気Q&Aランキング