A)特定疾患が主病で、てんかん患者のケース
特定疾患に対する薬剤の投与日数が28日以上で「てんかん指導料」 を算定している時の処方箋の長期投薬加算は算定していいのか。

B)特定疾患と難病が主病で、「難病外来指導管理料」を算定している患者のケース
特定疾患に対する薬剤の投与日数が28日以上で「難病外来指導管理料」を算定している時の処方箋の長期投薬加算は算定していいのか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こちらで質問されるよりも支払基金や地方厚生局に直接問い合わせた方が正しい回答が得られるのではないでしょうか。



私見ですが、A)は「てんかん指導料」の算定には「てんかん」が主病という要件はないので、特定疾患が主病で「てんかん」指導をしたのであれば、(特定疾患療養管理料又はてんかん指導料)+長期投薬加算の算定が可能。
B)は「難病外来指導管理料」を算定しているので「難病」が主病とみなされ、長期投薬加算は不可だと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い戻し手数料と振替手数料の意味が知りたいです

海外ネットオークションをたまに利用しているのですが、お金のやり取りはペイパルと言って外貨流通機関を通してやり取りしております。
簡単に言うと相手方が外国からペイパルに払うと私(日本側)が登録している日本の金融機関の口座にその代金が振り込まれるというものです。
そこで一つ問題があるんですが、日本の金融機関でそのお金を引き出す際に一律500円が手数料として差し引かれてしまいます。
その手数料の内訳は払い戻し手数料と振替手数料を足した額のようです。
金融知識に乏しい私なんでよくわからないんですが、振替手数料と払い戻し手数料の意味を簡単で構いませんので教えていただけないでしょうか。
意味もわからずに500円も持って行かれるのは納得出来ません^^;
ぜひアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>振替手数料と払い戻し手数料

振替手数料は海外から日本への送金手数料
払い戻し手数料は、(多分)自行でなく他行のための銀行口座利用払い出し手数料(例えば、ATMで銀行の預金をコンビニなど他の金融機関で払い出すとき、手数料が必要な場合がある。自行以外の仕事をただでしない)

Qメニエール病は難病指定ではありますが、特定疾患では無いようなので、

メニエール病は難病指定ではありますが、特定疾患では無いようなので、
医療費の免除もありませんよね?
では患者にとって難病指定になっていることのメリットって何があるのですか?

Aベストアンサー

 すみませんが、No.1の回答で文字が1個欠落していたのでもう一度書き込みます。

 医療費の免除になるのは「特定疾患治療研究事業対象になっているかどうか」です。

 書き込んでいるサイトは間違えていないのでここでは書き込むのを省きます。

Q慰謝料と損害賠償は同じ意味ですか?

不倫の慰謝料は「損害賠償」と同じ意味ですか?
奥さんが旦那さんに不倫されて、不倫相手の女性に慰謝料を請求することを
「損害賠償を請求する」という事になりますか?

Aベストアンサー

慰謝料は損害賠償の一種で、精神的な損害に対して使われるものです。
要するに損害倍所の方が範囲が広いのです。

ご質問のケースでは、どちらも正解ですが一般には「慰謝料」と表現するでしょうね。

Q病名がわからなくても特定疾患療養指導料はかかるのですか?

病名がわからなくても特定疾患療養指導料はかかるのですか?

特定疾患療養指導料について、よくわからないので教えてください。
先日、胃の不快感や腹部に痛みがあり病院へ行きました。
約二か月前にも同様の症状で受診しており、薬を出してもらい、様子を見ましょうとのことでした。
今回は詳しく検査してみないとわからないということで、血液検査と腹部エコー、胃カメラでの検査を勧められました。
その日は採血とエコーのみを受け、エコーでは特に異常はないようでした。
そして胃カメラの説明を受け、後日電話で検査の予約を入れるということで、薬をもらって帰りました。
診療明細書をみると、特定疾患療養指導料と特定疾患処方管理加算という項目に点数がつけられていたのですが、原因も病名もわからない時にもこれらを支払わなければいけないのですか?

Aベストアンサー

質問者さんは医療費を3割負担で支払っていますよね?
あとの7割は、質問者さんが加入している健康保険(保険者)から支払われています。
医療機関では毎月「レセプト」というものを作成しており、これには患者さんの病名や診療内容が
事細かに記されていて、最終的には保険者に渡ります。
また「この治療はこの病気じゃなければ認められない」という取り決めが、薬・注射・検査・処置など、
それぞれの治療内容毎に決められており、それ以外では健康保険が適用されません。
レセプトが保険者に渡る前にそれを審査する機関があり、そこで健康保険が適用されるかどうかを
すべてチェックしています。
審査にとおらなければ、その分の医療費は病院が損するか、または患者さんに10割負担で請求されます。

そのようなロスをなくすために、
「本当はこの病気じゃないけれど、審査をとおすためにはこの病名をつけなければ・・・」
ということで、実際の診断とそぐわない病名をつけることがあります。
これを「保険病名」とか「レセプト病名」と呼んでいます。

質問者さんはまだ検査をしている段階で、確定診断がついていないとは思いますが、薬が処方されている
ということは、もう何らかの「保険病名」がついているはずです。
(*検査は「~の疑い」でもOKですが、薬や注射は「疑い」ではなく確定した病名でないと
 健康保険では認められません)
そうでなければ、少なくとも薬にかかる医療費は10割負担になってしまいます。
その保険病名があるから、医学管理料(この場合、特定疾患療養指導料や特定疾患処方管理加算)を
算定されているんだと思うのですが・・・。

どうしても支払いに納得がいかないようであれば、確定診断が出るまでは10割負担になることも覚悟
された上で、病院と話し合われてはどうかと思います。

長くなり申し訳ありません。

質問者さんは医療費を3割負担で支払っていますよね?
あとの7割は、質問者さんが加入している健康保険(保険者)から支払われています。
医療機関では毎月「レセプト」というものを作成しており、これには患者さんの病名や診療内容が
事細かに記されていて、最終的には保険者に渡ります。
また「この治療はこの病気じゃなければ認められない」という取り決めが、薬・注射・検査・処置など、
それぞれの治療内容毎に決められており、それ以外では健康保険が適用されません。
レセプトが保険者に渡る前にそれを審査...続きを読む

Q【地震保険料控除】用語の意味を教えて下さい

【地震保険料控除が創設され、所得税については平成19年以降地震保険に支払った保険料について、最高5万円の控除を受けることができるようになります】

税金の計算方法が全くわかっていないのですが、この場合例えば地震保険料として10万円支払い、5万円の控除が受けられるとすれば極々単純に考えて支払った所得税から5万円が返ってくると思えばいいのでしょうか?それとも年収(所得金額)から5万円を差し引いた金額を所得税の課税対象とするという意味なのでしょうか?
前者ならすごくお金が戻ってくるので地震保険に入ろうかなとも思いますが後者ならほとんど税金が戻ってくることはありませんのでガッカリですね。それとも控除とは他の意味があるのでしょうか
素人の質問ですがよろしくお願い致します

Aベストアンサー

所得税の控除には、所得金額から差し引かれる「所得控除」と税金から差し引かれる「税額控除」の2通りあります。扶養控除や社会保険料・生命保険料・損害保険料・医療費控除など、控除の多くが「所得控除」です。「税額控除」の代表的なものは住宅ローン控除でしょうか。

ご質問の地震保険料控除は、今までの損害保険料控除を発展させたもので「所得控除」にあたり、ご質問では後者に該当します。損害保険料控除は15000円が控除額の上限だったのが、地震保険料では50000円まで控除できるということになるようです。

Q外来管理加算のつくときとつかないときの違いは?

外来管理加算のつくときとつかないときの違いは?

外来管理加算について教えてください。

ある治療で、2日連続で病院に注射だけを受けに行ってます。
注射の種類、量は同じです。

今日は2日目ですが、まったく同じ診療内容にもかかわらず、前日と今日とでは、価格が違いました。
明細書を見てみると「外来管理加算」というのが今日だけ入っています。

治療内容は特に違いはありません。
看護婦さんに注射を打ってもらう片手間に、医師と少しお話した程度。
両日ともそんな感じでした。

同じ治療内容で、日付が違うだけで、「外来管理加算」がつくものなのでしょうか?
教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

昨日と今日、どちらも「再診」なのですよね?
可能性はいろいろあります。
本当は昨日も外来管理加算をとるはずだったのに取り忘れたのかもしれません。
今日も外来管理加算をとらないはずが、間違って取ってしまったのかもしれません。

次回病院へ行くときに明細書を持って窓口で聞いてみてはいかがでしょうか。

Q「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。次の文章の中にわからない文があります。「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか。特に、「其方で」の意味がよくわかりません。教えてください。

「そこで、Aさんにお願いがあります。私は、あの土地(1ム)を5万元で手放したいと思っています。(この5万元には税金、売買手数料、Aさんのマージン等を抜かした金額となります。)ですのでAさんには、その金額以上で売っていただければ、(税金、売買手数料等を其方で支払っていただき)残りのお金はAさんの方で自由にしてもらってけっこうです。)」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので解決済みだとは思いますが、私なりに回答してみます。

この方の希望は、
1、A さんに自分の土地を売ってほしい。
2、土地をいくらで売るかは A さんに任せるが、
販売代金=「5万元」+「5万元にかかる税金、売買手数料」+「Aさんのマージン」
となるように売ってほしい。
3、その販売代金から、
「5万元」を私が貰います。
残りは、
『5万元にかかる税金、売買手数料」』+『Aさんのマージン』
です。
『5万元にかかる税金、売買手数料」』は、【其方[そちら]=A さん】が支払ってください。
残ったお金は『Aさんのマージン』ですから自由にしてもらって結構です。

ということですね。
つまり、
「高く売れば売るほど A さんのマージンは大きくなります。私は【正味で】5万元だけ手に入ればよいのです」
と言っているわけです。
 

Qサービス提供体制強化加算 パートでも加算対象職員になるの?

パートでケアワーカーとして2箇所で働くことになりました。
介護福祉士の資格がある場合は どちらの施設でも「サービス提供体制強化加算」の対象職員となるのでしょうか?
また、雇用保険には1箇所しか入れませんが、入ってない方の施設でも加算対象の職員になるのでしょうか?

Aベストアンサー

事業の種別が不明ですが

「常勤の介護福祉士」等と常勤職員が要件の場合は、常勤職員として雇用されている必要があります。

その他の場合は、常勤換算法によるとされているので、勤務実態に応じた常勤換算数で算出し、該当すれば加算は算定できます。

*両施設で加算の算定は可能です。
ただし、雇用保険に加入しない問うことは夜勤専門のアルバイトなどで短時間の雇用だと思います。
それでも常勤換算法による職員数に含めることは可能です。

●兼業の有無は介護保険法に定めは有りません。
これは雇用されている施設の就業規則によります
他の業務に従事することを禁止するとなっていれば雇用契約の違反となります。
許可なく他の職務に従事することを禁止していれば、承諾を得る必要がありますよ。

特殊な場合ですが
A事業所で常勤職員として働き、サービス提供体制加算を取っている
B施設は夜勤専門で休日に勤めている
両施設・事業所が兼業を認めていれば問題ありません。
合計して週に40時間以上働いても個人の問題です。
この場合は両施設で常勤換算法による算定可能です。

事業の種別が不明ですが

「常勤の介護福祉士」等と常勤職員が要件の場合は、常勤職員として雇用されている必要があります。

その他の場合は、常勤換算法によるとされているので、勤務実態に応じた常勤換算数で算出し、該当すれば加算は算定できます。

*両施設で加算の算定は可能です。
ただし、雇用保険に加入しない問うことは夜勤専門のアルバイトなどで短時間の雇用だと思います。
それでも常勤換算法による職員数に含めることは可能です。

●兼業の有無は介護保険法に定めは有りません。
これは...続きを読む

Q源泉票の個人年金保険料支払額の意味は?

源泉票や保険料控除申告書に支払保険料を記入しますが、上限額があります。ですが、個人年金保険料支払額を記入する欄もありますが、控除額に関係のない金額をわざわざ記入する必要があるのでしょうか? この欄の意味は何かあるのでしょうか? ご存知の方、教えてください。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

源泉徴収票の記載欄の事でしたね、失礼しました。

推測にはなってしまいますが、個人年金の控除に関しては、後からできた制度で、それ以前は一般分のみしか控除できなかったのですが、別枠で控除できるようになったため、生命保険料控除額が5万円より多い場合も、個人年金をこれだけ支払っているから、そういう訳ですよ、というのを示すために、わざわざ欄を設けたのでは、と思います。
で、なぜか、それが導入当初だけではなく、現在まで続いている、という感じと思います。
(ひょっとしたら損害保険料もそういう趣旨かもしれません)

Q医療算定:非特異的&特異的IgE、同時算定

医療請求についてお分かりの方にご質問です
非特異的IgEと特異的IgEは、同時(同日)算定可能でしょうか。
査定されたという話を間接的に聞いたことがあります。

Aベストアンサー

非特異的IgE(RIST)と特異的IgE(RAST)の併用算定は可能です

また、非特異的IgE(RIST)とアトピー鑑別試験の併用算定も可能です

特異的IgE(RAST)及びアトピー鑑別試験の併用算定はアトピー鑑別試験に含まれない抗原に対してであるコメントを付ければ可能でしょう

初めての検査の場合は非特異的IgE(RIST)とアトピー鑑別試験を行い
陽性の場合に後日改めて特異的IgE(RAST)を行うのが効率的です


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング