こんにちは。わたしは2000年3月まで以前の会社に社員としており、その会社では
年末調整されていないので確定申告しなければならないのは解るのですが、
その後働いた現在の会社では、契約社員として入社し(雇用保険は入っている)、
源泉徴収票をみる限り、年末調整されています。この場合、以前の会社の分だけ
確定申告すればよろしいのでしょうか?
もし今の会社の分も申告する場合、確定申告の用紙は別にするのですか?
それと今の会社は、通勤代・通信費が自分もちなのですが、確定申告する場合、
この分を記入したほうがよろしいのでしょうか?
ややこしい質問ですが宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

確定申告について私からコメントさせていただきます。


1,年末調整時に本来であれば前職の分まで新しい会社で発行する源泉徴収票の摘要欄に記載することになっていますが、給与等の金額を見れば明らかですが、摘要欄に前職での給与額・源泉税額・公的控除額・前職の事業所名が記載されていなければ確定申告しなければなりません。
2,確定申告の方法ですが、平成12年分の源泉所得税は20%減税がありますので、多分3ヶ月の給与で支払っているはずの源泉税は、現在前の金額で納入していると推測されますので、還付になると仮定して説明します。
給与所得者の還付申告の場合、専用の申告書がありますので、役所の税務課等で入手してください。
申告書の書き方は比較的簡単ですが、始めてのなら役所の税務課で教わる方がベターだと思います。その際、ご自分の郵便局か銀行口座の番号が必要になるので忘れないでください。印鑑は認め印でもオッケーです。
3,次に通勤代・通信費ですが、こういった経費は給与所得者には認められていませんので、申告書には記載できません。給与所得者専用の給与所得控除という、給与額に応じた基本控除が存在するためです。基本的には年間給与額165万円(までのはずです)までは、65万円控除されます。基礎控除38万円とは別物です。念のため・・・
なお、3月15日が申告期限ですので、急いで事務処理するといいですよ。
ちなみに、無申告でも、大丈夫です。(還付される見込みなら税務署は何も言いませんから、追加納付の見込みの場合は、ほとんど必ず申告しなさいと連絡が来ると思います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご説明、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/13 10:30

 補足です。

年末調整の期限ではなく、給与支払報告書の提出を1月末に定めているだけですので、計算に誤りがあれば1月末をすぎてもやり直しできます。
 なお税務署は年末調整に誤りがあれば訂正を3年前までさかのぼり給与の支払者に再計算を求めて来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!詳しいことまでありがとうございます。

お礼日時:2001/03/13 10:35

《給与所得者の還付申告の場合、専用の申告書がありますので、役所の税務課等で入手してください。

》と書かれておられますが、おそらく勘違いされたのだと思われます。一年間トータルで年末調整が済んでいて、還付申告する場合に、専用用紙を使います。しかし、源泉徴収票が二枚になる場合には、一般の「白色申告」用の用紙を使うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございました

お礼日時:2001/03/13 10:31

慌てていて、「規定」と書くべきところ、「既定」と変換したままでアップしてしまいました。

この件に関して言えば、今年の1月中であれば、やり直しがきいたと言うことです。
年調がすんでいるかどうかの確認や確定申告については、すでに述べられているとおりです。
    • good
    • 0

《年末調整はいつでもやり直しが出来ます。

》と書かれていますが、所得税法等の既定により、翌年の1月末日までです。
    • good
    • 0

 年末調整はいつでもやり直しが出来ます。


役所への報告も年末調整事項なら何度でも報告のやり直しが出来ます。
本来年末調整でやるべき事は年末調整でして貰いましょう。
 それが本来の主旨です。
担当者のかたに面倒がらずにやっていただきましょう。
会社でやるべき事をなんで仕事中に会社休んでいくんですか?おかしくありませんか?
 会社の総務もしくは給与関係の担当の方はもっと便宜を図ってください。それでなくてもこの時期税務署は忙しいのに・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございました

お礼日時:2001/03/13 10:27

前の会社の分を含めて年末調整が行われているかの確認方法です。



現在の会社に入るときに、前の会社の源泉徴収票を提出しましたか?
提出していれば、前の会社の分も含めて年末調整が行われています。
もう一つの確認方法です。
手元の源泉収集票の「備考欄」に、前の会社の名前・支給総額・源泉税・社会保険料の項目と金額が書かれていますか?
書かれていれば、前の会社の分も含めて年末調整が行われています。

これに、該当しなければ前の会社の分が含まれていませんから、確定申告の必要があります。
確定申告は、両方の会社の分を合計したもので一枚の用紙で申告します。

通勤代・通信費の自分持ちの件については、給与所得(給料を貰っている)では、控除できません。

源泉徴収票と印鑑、それと還付の場合の振込みを受ける銀行口座がわかるようにして、税務署か市役所に行って手続をして下さい。行けば、係員が書き方を教えてくれま
す。

なお、今の会社の担当者に申し出ても、年末調整のやり直しは出来ません。これは、会社から市役所への報告が終わっているからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在の会社の源泉徴収書にはの会社の名前・支給総額・源泉税・社会保険料の項目と金額は記入されてませんでした。わかりやすい確認方法、手続き等教えてくださり本当にありがとうございました。あと通勤代等の件ですが、給料明細には給料ではなく報酬という名目で書かれているのですがその場合も同じなんでしょうか・・

お礼日時:2001/03/13 10:25

現在お勤めの会社で年末調整してあるということは前職の源泉徴収票をふくめて年末調整をしてあるのではないでしょうか。

なぜなら前職を確認できないと途中入社の方は年末調整が出来ないからです。もし前職分を含めていなければ確定申告にいきましょう。または現在お勤めの会社の経理にいって前職分の源泉徴収票でもう一回年末調整をやり直して貰えばそれで事足りますが・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認してみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/13 10:16

新しい会社の源泉徴収票を確認してください。


収入が退職した会社の給与分も含まれた金額でしょうか。
もし前の給与分が含まれていない場合は確定申告が必要です。
それと、退職金もある場合も確定申告が必要です。
給与の場合、用紙は1つだけです。
とにかく、全部の源泉徴収票を持って税務署へ行かれた方がいいと思います。
税務署へ行けば、書き方なども教えてくれます。
通勤代・通信費が経費として認められるかは、給与所得か事業所得によっても違ってきますので、その時に確認されるといいでしょう。

印鑑と預金通帳(税金の払い過ぎの場合、銀行振込になります)も忘れないでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認してみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/13 10:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収票って、大工はもらえないもの?

彼が、型枠大工の仕事をしています。
以前は、会社の○○班という形で働いていたのですが、去年から、○○班ではなく○○工務店と言う風に分社化しました。(つまり子会社みたいな物)
結婚式を挙げるので、ローンを申し込むことになりました。
先方から、源泉徴収票をもらってきて下さい。
と言われたのですが、親方の奥様(事務仕事の一切を担当)も源泉徴収票の意味があまりよく解らないようで、違う物をもらってきてしまいそうです。
源泉徴収票って、誰がどういう風に出す物なのでしょうか?
また、年末調整などの控えでは、源泉徴収票の代わりにならないのでしょうか?
源泉徴収票って、大工はもらえないのでしょうか?
どなたか教えて下さい!
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>年末調整などの控えでは
年末調整をされたのであれば、源泉徴収票はもらえることになります。
さて、お書きになった控えというのは、年末調整時に扶養家族とか、奥さんの収入などを記入するもののことですか?
それであれば、それは源泉徴収票ではありません。
その申請した紙にもとづいて年末調整を実施して、その後過不足の清算と共に源泉徴収票は発行されます。

去年から始めたということで混乱されているのでしょう。「源泉徴収票」は年末調整実施後に最低1枚は従業員に発行しなければなりません。
また、従業員の要請があれば、再度発行が必要です。

では。

Q年末調整+確定申告=副業が会社にばれない?

タイトルを見ただけでピン!ときたと思いますが、説明すると「会社に副業の存在をばれずに続けたい!」ということが目的です。それでいろいろ調べて住民税でばれてしまうことが一番危険ゾーンということで、確定申告すれば大丈夫かと思っていましたが、できれば完全犯罪をしたいと思い年末調整で特別徴収をしてから、その後で副業の分だけ確定申告で普通徴収にすれば完全にばれずにすむと思うのですが、そんなこと可能なのでしょうか?そらか、一括普通徴収にして会社に怪しまれつつ副業を続けるしか方法はないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

副業分だけ普通徴収にすることは可能です。

Qこういう場合源泉徴収票ってもらえないの?

新しくバイトする職場から以前のバイトでの源泉徴収票を持ってくるように言われました
以前のバイトは個人経営のお店のお手伝いみたいな感覚で給料も手取り、年金はもちろん社会保険、労働保険は未加入でした。
こういう所から源泉徴収票をもらえることが出来るのでしょうか?

あと、ふと気になったのですが短期のバイトの場合はどうなんでしょう?
以前交通調査や会場作りなどで一日バイトした事があるのですが、これも帰り際に給料を貰っただけでした
ここまでくると源泉徴収票が必要とか言われる以前に何処の会社だったかもさっぱり覚えてないんですが普通はこういう事も管理しておかなければいかないんでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
一応ですが、扶養者がいない場合で、年額50万以下の支払いの場合は源泉徴収票を発行する義務が無いので、日雇いの方はおそらくもらえませんね。

所得税は1年間の所得に対する物なのですが、アルバイトの場合、税務から信用されていないので、確定申告をしないだろうと言う仮定のものとに、源泉徴収という形で毎月(或いは年2回)会社側が代行して所得税を納めます。
源泉徴収は1年ごとに行う物ではありません。

最終的に、源泉徴収で今まで支払った所得税と、実際の年間の所得税の清算を行うのが年末調整で、差額がマイナスの場合は脱税になりますが、故意の脱税でなければ請求をされたときに支払えば済みますし、現実問題アルバイトだけの所得でしたら、罰則と言う意味合いで個人に請求が行く事はありません。

人によって通常103万~130万までは所得税がゼロです。

仮に源泉徴収表が手に入らなくても、既にはらった税金分が損している場合はありますが、新たに請求されたり罰則が適応される事はないので安心してください。

Q確定申告、未申告分(未納分)の支払方法は?

納付期限を過ぎた分の確定申告(白色)を行いたいと思っているのですが、この支払方法はどうすれば良いのでしょうか?
口座振替・税務署/金融機関窓口・コンビニ納付・e-Tax納付など色々ありますが、期限を過ぎた納税は口座振替で払えないという話を聞いたので・・・。

また、未申告分はすぐにでも申告した方が良いのですよね?
でも支払いはやはり3月か4月頃になるのでしょうか?

加算税や延滞金については承知しているので、この「支払い方法」について詳しく知りたいです。
ご存じの方、ご教授願います。

Aベストアンサー

>納付期限を過ぎた分の確定申告(白色)を行いたいと…

ちょっと意味がよく分かりません。

1. 既に「納税通知書」を受け取っている何かの税金が、納付期限までに支払えなかったということですか。
2. それとも、「納付期限」でなく「申告書提出期限」を過ぎたが、まだ確定申告をしていないということですか。

>期限を過ぎた納税は口座振替で払えないという話を聞いたので・…

それは 1. の場合です。

>未申告分はすぐにでも申告した方が良いのですよね…

はい。

>でも支払いはやはり3月か4月頃になるのでしょうか…

2. の場合は、申告書の提出日が納期限です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>この「支払い方法」について詳しく知りたいです…

申告書を提出した際に、その場で延滞税なども計算してもらって、税務署の現金取扱窓口で払ってしまうのがもっとも手っ取り早い方法です。
もちろん、同日中に銀行等で払っても良いです。

Q源泉徴収票はもらえないのでしょうか

副業でアルバイトを週一日だけしようと思い、面接を受けました。時給800円で6~7時間働いた場合、源泉徴収の対象になるのでしょうか。
面接時、源泉徴収の用紙に氏名等記入するよう言われたので、源泉徴収票はもらえるか尋ねると「うちは出さない」といわれました。もらえないものなのでしょうか。
少額とは言え、払わなくて良い税金なら、還付して欲しいと思っています。
どなたか詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かに、丙欄の可能性も考えない事はありませんでしたが、それだけでは新たに疑問が増えるだけかと思われますので、詳しく書き込んでみます。

短期のアルバイト等の場合は、月額表の甲欄・乙欄ではなく、日額表の丙欄により源泉徴収されるケースもあります。
但し、これは給料の支払い自体が、働いたその日ごと(又は一週間ごと)に支払われる事が前提となっていますので、月単位で支払われるのであればこの規定の適用はありません。
ですから、毎月1回給料をもらうのであれば今までの説明通りという事になり、そうではなく、週一日であれば、その行くたびに給料をもらう場合は、丙欄適用もあり得ますので、その場合は日額9,300円未満であれば源泉徴収税額はありませんので、ご質問者様の時間と金額であれば、源泉徴収税額は0円となります。
但し、これは丙欄適用の要件を満たした場合のみの事ですので、月単位で給料をもらう場合には関係ない事となります、基本的に2ヶ月以内の短期のものに限られます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2511.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2514.htm

参考までに、日額表の税額については、#5で掲げたサイトで「月額表以外」をクリックされると見る事ができます。

確かに、丙欄の可能性も考えない事はありませんでしたが、それだけでは新たに疑問が増えるだけかと思われますので、詳しく書き込んでみます。

短期のアルバイト等の場合は、月額表の甲欄・乙欄ではなく、日額表の丙欄により源泉徴収されるケースもあります。
但し、これは給料の支払い自体が、働いたその日ごと(又は一週間ごと)に支払われる事が前提となっていますので、月単位で支払われるのであればこの規定の適用はありません。
ですから、毎月1回給料をもらうのであれば今までの説明通りという事にな...続きを読む

Q源泉徴収票の紛失と年末調整・確定申告について

今の会社で初めての年末調整の手続きをしようとしたところ、前職の源泉徴収票がないと年末調整できないといわれてしまいました。
探してはみたのですが、源泉徴収票がどうしても見つからず、また給与明細なども見当たりません。
引越の際、相当量の物を処分する時に紛れ込んでしまったのかも分かりません。
また前職は2007年の11月いっぱいで辞めているのですが、その会社自体、同年12月で倒産しているため再発行などもできません。
この場合は年末調整は諦め、保険などの書類を自分で確定申告するという形になってしまうのでしょうか?
それとも市役所などで再発行してくれるのでしょうか?
またその場合、それは引越前の住所の区役所と現住所の区役所、どちらにお願いするのでしょうか?

Aベストアンサー

・年末調整する収入は、今年の1/1~12/31の収入です
 前職を2007年の11月で退職しているのなら(2008年には勤めていないわけですから)前社の源泉徴収票は必要ありません
 (前社の源泉徴収票は、2007年の年末調整か確定申告で使うものです)
・今年の1月~現在の会社に入社するまでに、収入がある場合のみ、その働き先の源泉徴収票が必要です(正社員・パート・アルバイト等)
 その期間、何も収入が無い(働いていないのなら)何も提出する必要はありません

Q中国企業からの源泉徴収票がもらえない

現在、日本企業に在籍しており、その他中国法人企業から収入があります。
個人の確定申告をするに当たり、中国法人企業に対して源泉徴収票を催促したのですが、
ないとのことでした。
確定申告をするに当たり、海外企業からの収入は源泉徴収票は必要ないのでしょうか?

Aベストアンサー

ないなら「収入がなかった」と言えますよね。

>海外企業からの収入は源泉徴収票は必要ないのでしょうか
場合によっては必要ですが(というのも、納税の基準が1月1日に日本の住民票があることとかいろいろ決まりがある)
出さないならありませんで。
特に何も言わずに、手元にある分で確定申告したらいいと思います。

ないものはしゃーないですよ。
あなたに給料を支払ったと言う証拠がないんでしょうし、海外企業に税務調査など入るはずもなく、どうにもなりません。

Q結婚退職後の年末調整と確定申告

今年初旬に退職し、控除前の所得は99万でした。その後、失業保険のために扶養に入らず、国民年金と国民健康保険に加入しました。(現在は完了しましたが、まだ扶養には入ってません)

主人の年末調整時に103万以下の配偶者控除には該当するのですが、結婚前からの私の生命保険や国民年金と国保も申告の対象になるのでしょうか。その際には添付する書類はありますか。

又、私自身の確定申告も必要になるのでしょうか。

今までは簡単に済んでいたので、今年は相談する人もいないで困ってます。無知で恥ずかしいのですがお分かりになる方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

生命保険や国民年金と国民健康保険料などの控除は、実際に支払った人が控除を受けることが出来ます。
従って、結婚前の分については夫が控除を受けることが出来ません。
結婚後の分については、夫が支払った分は夫が控除を受けることが出来ます。

本人の所得税については、年収が103万円を超えていれば確定申告をして所得税の精算をする必要があります。

又、源泉税は1年間勤務した場合を想定して控除していますから、年の途中で退職した場合は、源泉税を取りすぎていて、確定申告をすれば殆どの場合還付されます。
このように、還付になる場合は1月の上旬から税務署で確定申告を受け付けていて、税務署も比較的空いていますから、申告書の書き方も親切に教えてもらえます。

なお、確定申告の際には、結婚前の生命保険や国民年金と国民健康保険料などの控除が出来ます。
還付になる場合は、源泉徴収票・印鑑の他に還付金を振込んでもらう銀行の通帳か口座番号のメモも持参します。

Q源泉徴収票と給与明細がもらえない

平成11年3月に会社を退職しました。
そのとき3月分の給与は振り込まれましたが明細書はもらえませんでした。
源泉徴収票もお願いしていましたが結局もらえず、すぐに転職し、11年に子供が生まれたのですが年末調整は0円でした。
今現在でも何度もお願いしているのですが最近は担当者不在で避けられてしまっています。
税務署や職安などに相談に行っても「強制力はない」と言われておしまいです。
源泉徴収票がなくても給与明細があれば確定申告はできると過去の質問にあったのですが給与明細もない状況です。
何とか前の会社から源泉徴収票(もしくは給与明細)をもらう方法はないでしょうか?
税務署から「5年以内に確定申告すればよい」とは言われましたがもう3年目になりあせり始めています。

Aベストアンサー

いけませんねぇ。源泉徴収票作成するのは義務なんですから。
「担当者不在」なんて明らかに、2年前のモノは作るのが面倒だから逃げているっぽいですね(^-^;。
会社がそーいう態度を取るのでしたら、ココは「内容証明郵便」を出してみては??

内容証明郵便の書き方などはこちら
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/sakai-siho/naiyoushoumei.htm
http://www.jah.ne.jp/~lawyer/

WEB上からもだせます
http://www3.hybridmail.go.jp/mpt/

Q年末調整?確定申告?どうすれば?

彼の会社が保険、年末調整など全く対応していません。
この場合は所得の申告などはどのようにすればよいのでしょうか?
私の会社は何もかも会社が対応してくれていたのでどうすればいいのか全くわかりません。お分かりになる方、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

漠然とし過ぎていて状況が全くわからないですが、確定申告する必要があるという前提であれば、まず以下の書類を取り寄せる必要があります。
1.給与をもらっている会社(アルバイト・パート含む)から昨年度の源泉徴収表をもらう。複数あれば全て取り寄せる。
2.会社の保険がないということは国民健康保険、国民年金に加入しているはずなので、支払った証明を役所からもらう(払っているならもう払い込みの通知は届いているはず)。
3.生命保険など控除証明書
これらがあれば申告書がかけます(2.3はなくても申告はできます)。申告書は税務署又は国税庁HPからでも入手できます。
その他医療や住宅など控除があれば一緒に申告できます。これらを説明するともう質問ではなく確定申告そのものの説明になってしまいますので、あとはご自分で調べてみてください。
http://www.tokyo.nta.go.jp/category/procedure/kakutei/kakutei.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/zeimoku/shotoku.htm

漠然とし過ぎていて状況が全くわからないですが、確定申告する必要があるという前提であれば、まず以下の書類を取り寄せる必要があります。
1.給与をもらっている会社(アルバイト・パート含む)から昨年度の源泉徴収表をもらう。複数あれば全て取り寄せる。
2.会社の保険がないということは国民健康保険、国民年金に加入しているはずなので、支払った証明を役所からもらう(払っているならもう払い込みの通知は届いているはず)。
3.生命保険など控除証明書
これらがあれば申告書がかけます(2.3はなくても申...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報