音楽歴35年・FLAKE RECORDSの店主DAWAの選ぶセンス光る注目曲ご紹介!

派遣アルバイトの所得税は何%でしょうか?
学生なのですが1週間前から派遣のアルバイトをしました。今年度はそれ以外仕事してません。
給料からは所得税を引くといっていました。
交通費含めた計算では31280円のはずなのですが(給料30000円+交通費1280円)
実際振込みされた額は28180円でした。これであってるのでしょうか?
所得税て10%も取られるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

追加


>年末調整の時でいいですか


ふつう年末調整後、事業所は雇用者の所得税を税務署に「所得税源泉徴収簿」により「給与所得の源泉徴収票(同合計表)」を作成し、1月31日までに提出することになっています。この時期に写しの「源泉徴収票」も発行し各人へ送付します。その時期でよいのでは?(退職者の場合は源泉徴収票はすぐ発行することがあります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2110.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅れましてすいません。なるほどです。とてもよくわかりました。有難うございました。

お礼日時:2010/08/29 21:16

追加


>派遣の振込みなので源泉徴収票というのを貰ってないのですが・・言えば渡してもらえますか

事業所は発行の義務があります。但し年末調整の時期に発行することが多いです(ほとんど)。
来年2月16日から3月15日までの間に「確定申告」しますが、1月頃までには送付されるはずです。
送付されなければ2月に間に合うように請求します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。その場合今から出してもらえるよう伝えておいたほうがいいのでしょうか?年末調整の時でいいですか?なんか自分のデータがちゃんと管理されているか疑問で、もし年末までに辞めた場合、年末調整の時期になって出してくれと頼んでも出してくれないのではないかと不安です。すぐに言ったほうがいいのですか?

お礼日時:2010/08/27 07:44

>派遣アルバイトの所得税は何%でしょうか?



派遣やアルバイトだからといって特別に税率が変わることはありません同じです。

>所得税て10%も取られるのですか?

とりあえずとか日給制だからと言うことで10%ということはありません。
おそらく給与ではなく報酬として処理されているのではないでしょうか。
報酬ならば10%の源泉徴収ということはありえます。
来年確定申告をすれば引かれた金額は戻って来ますが、その際に必要なものは給与であれば源泉徴収票ですが報酬であれば支払調書になります。

例えば報酬になるのはこのような場合です

http://www2.odn.ne.jp/muraoka/zeihou29.html

またテレビ局のアルバイトなども芸能人並みに報酬として扱われると聞いたこともあります(それが正規の処理であるかどうかは判りませんが)。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。まずは給与なのか報酬なのかということですね。でも一覧にはないのでおそらく給与扱いだとは思うのですが・・確認してみたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2010/08/27 07:42

>所得税て10%も取られるのですか?


通常、月給制ならそんなに所得税引かれません。
「扶養控除等申告書」を会社に出してあれば、月収88000未満なら所得税は0円です。
日給制なんでしょうね。
日給だとそのくらい引かれます。

でも、来年、確定申告すれば今年の年収130万円以下(勤労学生控除を使えば)なら、引かれた所得税全額還付されます。
源泉徴収票は会社が発行する義務ありますので、発行してもらってください。
言わなくてももらえるはずですが、念のため発行してくれるよう頼めばいいでしょう。
確定申告には源泉徴収票が必要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。出してもらうよう頼んでみます。

お礼日時:2010/08/27 07:40

所得税は年間の所得により%が違いますが、とりあえず10%引きます。


年末調整(事業所が行う)や確定申告(個人が請求する)で還付されることが多いです。

>今年度はそれ以外仕事してません

3100円は源泉徴収票(31280円)を添付し確定申告すれば還付されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。派遣の振込みなので源泉徴収票というのを貰ってないのですが・・言えば渡してもらえますか?

お礼日時:2010/08/25 03:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所得税が異様に高いのですが?!

派遣でお仕事しています。
今回あまりに給料の振込額が少なかったので、おかしい!と思い、給料明細を見たところ
所得税が異様に高くて驚いてしまいました。

ひとつきに2回の支給ですが、合計すると
  支給額:約215000円 所得税:約26500円
おおよそですが、上記のような明細になっています。
長期契約ですがスタートしたばかりで保険類の差し引きはまだありません。恐らくこのまま長期契約が確定すれば
差し引かれるのだと思います。他に引かれている税金はありません。

今まではどうだったかと、以前の明細を確認したところ、今より時給が150円程少ない時で月に5000円ぐらい、
技術職で今より時給が500円も高かった時でも月に10000円ぐらいでした。

これというのはどういうことなのでしょうか?
ちなみに、ここ1年だけお仕事を特にせず、ブランクがありました。また、何か変わったことはないかと思い出したのが
同居している家族と去年、世帯を分けました。これらが影響しているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の方と同じく乙欄が適用されているためと思います。

源泉徴収する額は、会社が勝手に決めているのではなく、
国税庁が出している書類をもとに計算されています。
『源泉徴収税額表』
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm

白地に緑字の紙(給与所得者の扶養控除等申告書)を記入をしていなければ、乙欄になります。

甲欄の場合は控除が配慮された額になるので低くなります。
上記リンクでご覧いただくとわかるように、
乙欄で約26千円の場合は、甲欄ならば扶養家族が0でも、5千円程度です。

最終的には、年末調整で調整(=還付)されます。

Q派遣(単発)の確定申告について

いろんなパターンで検索したのですがまだ不安なので教えて頂けますか。
現在浪人中の無職フリーターです。親の扶養で実家暮らしです。

つい先日二日間にわたり派遣の単発バイトをしました。今年に入って初めてのバイトで、二日間で2万程度でした。これには交通費を含めてます。
源泉徴収はされていません。こちらの会社には、月に88000円以上で源泉徴収されると言われました。

そして明日から一ヶ月間だけ、派遣バイトをします。
一ヶ月間で25万程稼ぐつもりですがいくつかの派遣会社にお世話になります。掛け持ちです。

そこで質問ですが、
(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

(2)確定申告をする場合は、1円でも給料を貰ったら、貰った全ての会社の源泉徴収票を税務署に持って行きますよね?源泉徴収されていてもされていなくても持って行くのでしょうか?(先日派遣バイトをした会社からは2万程度なら確定申告の際黙っていた方が有利と言われました…)

(3)月88000円以下は源泉徴収されないとのことですが、仮に月87999円稼いだ場合には年間105万超えてしまい所得税を取られる対象になりますよね?どういうことでしょうか。

(4)確定申告をする際に交通費は含めるのですか?

(5)複数の派遣やアルバイトをしたとしても年間103万以下ならば確定申告の必要はないということで間違いないですか?間違いないならば、確定申告は面倒なので掛け持ちをしても103万以内に抑えるつもりです。

いくつか分からないことありましたがとりあえず5つ質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

いろんなパターンで検索したのですがまだ不安なので教えて頂けますか。
現在浪人中の無職フリーターです。親の扶養で実家暮らしです。

つい先日二日間にわたり派遣の単発バイトをしました。今年に入って初めてのバイトで、二日間で2万程度でした。これには交通費を含めてます。
源泉徴収はされていません。こちらの会社には、月に88000円以上で源泉徴収されると言われました。

そして明日から一ヶ月間だけ、派遣バイトをします。
一ヶ月間で25万程稼ぐつもりですがいくつかの派遣会社にお世話になります...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

細かい部分を除いてざっくり説明しますと、

○20万円の話

「給与所得」+「その他の所得20万円以下」→ 申告不要

○103万円の話

収入が給与だけの場合、税金(所得税)は、

(給与-給与所得控除-所得控除)×税率 なので、

=(給与-65万円-38万円)×税率
=(給与-103万円)×税率

ここで出てくるのが「103万円」です。
つまり、給与が103万円以下ならそもそも税金がかからないので「確定申告」も不要ということです。

>(2)確定申告をする場合は、1円でも給料を貰ったら、貰った全ての会社の源泉徴収票を税務署に持って行きますよね?

はい、「確定申告するなら」すべての所得を申告しなくてはなりません。

>源泉徴収されていてもされていなくても持って行くのでしょうか?

はい、「確定申告」は「1年間のすべての所得を合算して」、正しい(正確な)税額を「確定」して「自己申告する」というものだからです。

>先日派遣バイトをした会社からは2万程度なら確定申告の際黙っていた方が有利と言われました…

はい、所得を低く申告すれば必ず税金が安くなります。
それを意図的に行うと「脱税」です。

>(3)月88000円以下は源泉徴収されないとのことですが、仮に月87999円稼いだ場合には年間105万超えてしまい所得税を取られる対象になりますよね?どういうことでしょうか。

鋭いですね。
85,834円(≒103万÷12)未満とするほうが辻褄が合いますが、なぜ88,000円未満を0円(源泉徴収不要)としたのかはよくわかりません。

ただ、たくさんアルバイトを抱える事業所(雇い主)などは、出来れば源泉徴収事務は無いほうがありがたいので、本来は「自己申告」で納めるべき「税金」を事業所に代行させている(押し付けている)ことへの配慮なのかもしれません。(源泉徴収税がなければ「年末調整」事務もまた楽です)

差額の20,000円にかかる所得税は1,000円ですから、源泉徴収を事業所に任せるための費用と考えても差し支えない額と言っていいと思います。

それに88,000円(+1円)の月が8ヶ月あれば1,040円の源泉徴収税が発生してトントンになります。

また、いわゆるフリーターやパートタイマーは面倒臭がって「確定申告(還付申告)」しないケースが非常に多いので、国としては充分プラスになっているはずです。

『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(月額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2011/data/02.pdf
※事業所は税務署(国)が用意したこの表を使って源泉徴収しています。
※「甲」「乙」の説明は直接関係なので割愛します。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していると「甲」です。ちなみに重複勤務の場合は1ヶ所にしか提出できません。

>(4)確定申告をする際に交通費は含めるのですか?

普通は含めません。(脱税に使われるおそれがあるので、金額が大きくなるとまた違います。)
具体的には「源泉徴収票」の「支払金額」が給与収入となります。
※交通費が支払金額に含まれている場合は課税対象になります。

>(5)複数の派遣やアルバイトをしたとしても年間103万以下ならば確定申告の必要はないということで間違いないですか?
>確定申告は面倒なので掛け持ちをしても103万以内に抑えるつもりです。

「給与所得だけ」ならば合計で「150万円」までは「確定申告不要」です。
「103万円」はあくまで「税金がかからない最低ライン」ということです。

『No.1900 サラリーマンで確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
>>…給与所得の…金額が150万円以下…の人は、申告の必要はありません。
※当然ですが、税金が納めすぎになっていた場合は戻ってきません。

なお、住民税は源泉徴収はされていません。
ではどうやって徴収されるかというと、

「源泉徴収票」が「給与支払報告書」と名を変えて従業員の住所地の市区町村役場(役所)へ送られています。

市区町村は送られてきた「給与支払報告書」を元に「住民税」を計算して翌年の6月に納付書を送付します。(つまり後払いです。)
サラリーマンは会社が依頼を受けて天引きすることも多いです。

「給与支払報告書」は原則全ての従業員のものが個別に提出されます。
ただし、短期雇用や途中退職で、なおかつ年間の支払額が30万円以下の場合は事業所(雇用主)に提出の義務はありません。

しかし、全ての雇用者の提出を促す自治体も多いので、提出しているかどうかは勤務先で直接確認しないとわかりません。

ちなみに、住民税に申告不要の所得ラインは【存在しません】。
その代わり、「勤務先から市へ給与支払報告書が提出されている人は住民税の申告不要」としている自治体が多いです。

住民税申告の「要・不要」の基準は市区町村ごとに違います。
なかには「(税金の)控除対象扶養親族になっている場合は不要」「課税最低限の所得以下は不要」などの基準を示しているところもあるので、お住まいの自治体に確認が必要です。

『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』(多摩市の場合)
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003807.html
『都留市役所>給与支払報告書の提出』
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=2926
>>…公平公正な課税の観点から、支払金額が30万円以下の方の分につきましても提出のご協力をお願いいたします。…

※所得税の「確定申告」をすると「申告書に記載の住所地」へ申告データが送られるので改めて住民税の申告をする必要はありません。

--------------
なお、103万円以下にするつもりとのことなので問題ないですが、親御さんの税金に影響するラインも所得38万円(給与収入なら103万円)です。

endruさんの年間所得が38万円を超えると、親御さんが「扶養控除」というものを使えなくなります。
所得税・住民税ともに38万円が基準です。

『No.1180 扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

------------
最後に、以上の説明は全て税金関係の話しなので、親御さんの会社の「健康保険」の「被扶養者」というものの認定基準とはまったく関係がないのでご注意下さい。

健康保険の被扶養者の認定を取り消された場合は、自分で市区町村が運営する「【国民】健康保険」に加入します。(強制加入です。)

認定の取り消しは、「月収が108,333円(12ヶ月で130万円)以上になる見込み」が「一つの基準」で、交通費も収入に含めるなど基準自体が税金とは違います。
また、加入されている健康保険の運営元によっても独自基準があります。

※取り消しは自己申告が原則で、資格再確認の時に発覚するとさかのぼって取り消されることがあります。

さらに、親御さんが「家族手当」のようなものの支給を受けている場合は当然ながら企業ごとの支給基準があります。

(参考)

『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/
『No.1410 給与所得控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『[PDF]平成23年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成23年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/leaflet2011.pdf

『被扶養者認定(リクルート健康保険組合の場合)』
http://kempo.recruit.co.jp/life/20202.html
※あくまで一例です。

※不明な点がありましたら「補足する」からご質問ください。。

長いですがよろしければご覧ください。

>(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

細かい部分を除いてざっくり説明しますと、

○20万円の話

「給与所得」+「その他の所得20万円以下」→ 申告不要

○103万円の話

収入が給与だけの場合、税金(所得税)は、

(給与-給与所得控除-所得控除)×税率 なので、

=(給与-65万円-38万円)×税率
=(給与-103万円)×税率

ここで出...続きを読む

Q派遣社員の給料について

派遣の仕事をした場合の給料についてなんですが
時給×時間数×日数分の金額からどれくらい差し引かれた手取りになるのでしょうか。
例えば
時給1200円×7.5時間×22日=198000
ですが、ここから何をどれくらい天引きされるのでしょうか。
派遣元?派遣会社にも手数料みたいなのが引かれますか?
詳しい方、実際に派遣社員の方、ご回答いただけましたら助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。

私自身は、派遣先企業の管理職として複数の派遣会社から派遣されて来る派遣社員を使ってた立場ですから、派遣社員の経験はないですが、派遣先企業は派遣会社に5割増し程度の人材派遣料を払ってました。

具体的には、1名に対して1ヶ月30万円程度の派遣料を払ってましたが、派遣社員は20万円程度の給料しかもらえないと聞いてましたから、1/3に相当する10万円程度が派遣会社のマージン(手数料)になってます。

この辺は、派遣会社の企業方針ですから、派遣先企業が介入することは出来ませんが、派遣社員の時給が1,200円だとすれば、派遣先企業は派遣会社に時給1,800円程度は払ってると考えて仕事をしてください。

なお、派遣会社によっては雇用保険料のみ加入の会社もあるようですし、厚生年金と健康保険にも加入してる会社もありますから、税込給料が同じ20万円でも社会保険料の控除額が大きく違ってくるため、手取額に数万円の差が出ることになります。

ですから、あくまでも概算ですが20万円の給料から所得税と雇用保険料だけの控除なら19万円ぐらいの手取額になるでしょうけど、厚生年金と健康保険料を控除されると手取額は17万円を僅かに下回る16万円代の手取額になると思います。

ちなみに、社会保険料は労使折半になるため、派遣会社も保険料の半額を負担する義務があるので、手取額が少なくても厚生年金と健康保険に加入してる派遣会社のほうが派遣社員は将来的(年金受給)には得になるのですが、若い人は目先の手取額が多いほうが良いと考えるようで雇用保険のみ控除の派遣会社を好む傾向がありました。

こんにちは。

私自身は、派遣先企業の管理職として複数の派遣会社から派遣されて来る派遣社員を使ってた立場ですから、派遣社員の経験はないですが、派遣先企業は派遣会社に5割増し程度の人材派遣料を払ってました。

具体的には、1名に対して1ヶ月30万円程度の派遣料を払ってましたが、派遣社員は20万円程度の給料しかもらえないと聞いてましたから、1/3に相当する10万円程度が派遣会社のマージン(手数料)になってます。

この辺は、派遣会社の企業方針ですから、派遣先企業が介入することは出来ませんが...続きを読む

Q所得税の算出方法(派遣社員)

6月から派遣社員として働いています。
時給1600円で1日7.5時間×週5日が基本ですが、
残業が月45時間位あります。
6/6~6/15までのお給料が総支給額116,660円で、
所得税が6400円でした。
そして6/15~7/15までのお給料は総支給額361,640円で
所得税が52000円。
勤務3ヵ月後から契約社員になる紹介予定派遣なので、
社保には加入していません。
控除額は所得税のみです。
結婚していますが主人の扶養には入っておらず、
今は個人で国民健康保険に入ってます。
「扶養控除等異動申告書」は提出期限に間に合わず提出していません。
今回、給料明細を見て所得税があまりに高くて
とても驚いています。
税金関係は全くよくわからないのですが、
「扶養控除等異動申告書」を提出していなくて
「乙欄」の高い税額表の税率が適用されていたとしても
こんなに高いものなのでしょうか?
給料明細の控除欄には「所得税52000」しか
記載されておりません。
年末の確定申告で戻ってくるだろうとは思っていますが、
毎月5万以上も引かれ続けたらかなり厳しいです。
どなたかわかりやすく説明して頂けたらうれしいです。

6月から派遣社員として働いています。
時給1600円で1日7.5時間×週5日が基本ですが、
残業が月45時間位あります。
6/6~6/15までのお給料が総支給額116,660円で、
所得税が6400円でした。
そして6/15~7/15までのお給料は総支給額361,640円で
所得税が52000円。
勤務3ヵ月後から契約社員になる紹介予定派遣なので、
社保には加入していません。
控除額は所得税のみです。
結婚していますが主人の扶養には入っておらず、
今は個人で国民健康保険に入ってます。
「扶養控除等異動申告書」は提出期限に間...続きを読む

Aベストアンサー

「扶養控除等異動申告書」を出さないと乙欄扱いとなり、源泉徴収税額は桁違いに大きくなります。
甲欄…本業扱い(主たる給与と呼ぶ)
乙欄…簡単に言えば副業扱い(従たる給与と呼ぶ)
本来他にメインとなる収入がある場合は止むを得ないですが、この場合他に本業が存在しないにもかかわらず、「扶養控除等異動申告書」の提出が会社の提出期限に間に合わなかったからということだけでいつまでも乙欄扱いで源泉徴収し続けるのは会社の怠慢としか言いようが無い状況です。
会社は「扶養控除等異動申告書」の提出があれば速やかに受け付けそれに見合った税額の徴収に切り替える義務がありますので、きちっと職場の経理(総務?)に相談し、「扶養控除等異動申告書」を提出し、甲欄扱いで源泉徴収してもらうように依頼すべきです。
(職場との力関係もあるとおもいますが。。)

所得税は血税ですので、本来天引きされなくてもいい額を、いくら年末調整で返ってくるとしても、引かれ続けるのは生活に影響があると思います。

Q所得税額がやたらと高いです。

派遣で働いています。

月2回払いの派遣会社なのですが、半月の給料が総支給で13-16万、そのうち所得税が2万-3万くらい引かれています。
(保険、年金は引いてもらっていません)
つまり月25-30万総支給のうち、5-6万所得税を毎月払って入ることになります。

同じ派遣先で働いている、同じ派遣会社の人は、私より貰っているのに、半月で8千円くらいだと言っています。

WEB上で確認する給与明細なのでずっと確認していなかったのが悪いのですが、こんなに引かれるのは何故なんでしょうか?

どなたかお願い致します。

Aベストアンサー

通常、会社に「扶養控除等申告書」というのを提出します。
それを出すと「源泉税額徴収表」の「甲」欄が適用になり、出してないと「乙」欄適用で高い所得税を天引きされます。
また、出してないと年末調整もしてもらえません。
今年もう間に合わないので、来年になったらすぐに会社にその書類をもらって出してください。
そうすれば、天引きされる所得税減ります。

今年の分は来年、税務署で確定申告すれば納めすぎた税金戻ってきます。
確定申告には源泉徴収票(今月にもらっているか来年1月にもらえます)、印鑑、通帳が必要です。
還付の申告なので、申告時期(2月中旬~3月中旬)でなくてもいつでもできます。
また、去年もそうだったのであれば、それも申告でき所得税戻ってきます。

Q日雇いバイトの確定申告、源泉徴収について

現在、会社員として勤務しているものです。

一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、
確定申告は必要でしょうか?

今回アルバイト先は、日給4000円ほどで、
源泉徴収も給与明細も出さないそうなのです。

どのようにすればよいのか、税金に詳しくなく、困っています。
ご教授ください。

Aベストアンサー

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」を役所に提出し、役所は本業分の「給与支払報告書」と合わせて所得を把握し、住民税を計算し本業の会社にバイトの分の住民税も合わせて通知し、担当者がそれを見て気がつけばバレるのです。

源泉徴収票も給与明細も出さない会社なら、「給与支払報告書」を役所へ提出するとは思えません。
この「給与支払報告書」は30万円以下で単発のバイトなら提出提出しなくてもよいことになっています。
ちゃんとした会社の場合はたとえ4000円でも提出しますが…。
万が一、バイト先が「給与支払報告書」を役所に出せばバレます。

それから、バイトが20万円以下の場合申告不要というのは、所得税の場合であって住民税にはそのような規定はありません。
前にも書きましたが、所得税は源泉徴収の制度がありますが、住民税にはないためです。
でも、通常はバイト先から「給与支払報告書」が出されますので、申告しなくても問題はありませんが…。

>どのようにすればよいのか
貴方の場合、バイト分の所得税天引きされていませんので所得税の確定申告をするのが本来だと思います。
そして、申告書で住民税は「自分で納付」にチエックを入れておけば会社にもバレません。
そして、バイト分の住民税も納めることになります。

だまっていれば、税務署にも役所にもわからないでしょう。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」...続きを読む

Q派遣社員の所得税計算方法

派遣の所得税の計算方法を教えてください。
時給1,470円にて、1日7時間30分勤務しています。
給与は月2回支給されます。

ある月の前半の給与です。
支給  113,007円
健康保険  3,685円
厚生年金 8,832円
雇用保険 678円
所得税 2,325円

となっています。
この場合の所得税はどのように計算されていますか?
日額表に当てはめても違いような気がしまして・・・

Aベストアンサー

支給された給与が半月分として,電算機計算の特例で計算してみました。
-----------------------
a) 社会保険料等控除後の給与
 99,812(社会保険料等控除後に金額)×2=199,624(半月分なので2倍する。)
b) 給与所得控除の額
 199,624×30%+15,000=74,888
c) その月の課税所得金額
 199,624(a)-74,888(b)-31,667(基礎控除)=93,069
d) (c)の税額
 93,000×5%=4,650
e) 給与が半月分なので
 4,650÷2=2,325
-----------------------

Q派遣で働いた場合、税金等毎月いくら引かれますか?

8月1日から派遣社員として就業を始めました。
42歳です。
時給1400円で8時間労働、月20日勤務とすると額面は224,000円ですが
ここから厚生年金、健保等引いた場合の手取りはどれくらいになりますか?

先日、8月1日~20日までの初回給料が出ました。
お盆休みをはさんでいましたので、この期間11日勤務しています。
が、ここから既に35,000円ほど引かれています。派遣会社に聞いたところ、
初回は一月まるまる働いていなくても、税金等は一月分とられるとこのと。
(給与明細はまだ届いていません)

そういうものなのでしょうか?
また、月トータル35,000円惹かれるのは妥当でしょうか?
派遣会社が大手ではなく、少し小さなところですので、若干不安があります。

お分かりになる方いらしゃいましたら、教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

月35000円引かれるのは妥当です。この手取りから、住民税を個人で申請して支払わなければなりません。

42歳 扶養0人 支給額合計 224000円で計算

社会保険 10967
介護保険 1705
厚生年金 18443
雇用保険 1120

社会保険計 32235

源泉所得税 4380

控 除 額 合 計  36615

差 引 支 給 額  187835

税金は月額報酬の見込み額から計算し年末調整にて返還

8月からの中途採用なので、確定申告すれば戻ります。

Q日払いバイトの所得税。

今月は昼間の仕事が忙しくないので、
空いた日に日払いバイトを10日ほどする予定です。
一昨日、初めて勤務したお給料を銀行に記帳しに行ったら、
日給7200円ですが、1割税金で引かれ6480円になっていました。
10日勤務したら日給分引かれることになってしまいますよね。
会社に問い合わせたところ「今年から7~10%引くようになりました。額が大きい場合は確定申告すれば戻ってきますから」とのこと。
日払いバイトはかかる税金が高いのでしょうか?
それにしても高すぎるような気がするのですが・・
税金に詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になればいいのですが・・・

まず、アルバイトの契約によって所得税額を算出する基準が変わってきます。
所得税額を算出するのに源泉徴収税額表を使用するのですが、
参考URLにあるように月額額表と日額表の甲欄・乙欄・丙欄を就業形態にあてはめて算出します。

ちなみに甲欄を使用するのは「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した場合
(たぶんこれは昼間の会社で提出されているのでは?主に働いている会社に提出します)、
乙欄は提出してない場合、丙欄は日額表のみに使用します。

記載されている内容だと、丙欄使用で税額は0円になると思うのですが・・・
会社にどの欄を使用しているのかお伺いになるのもいいかもしれません。適用によっては随分差がでてきますので。
ただ会社の側で便宜上7%~10%で計算する企業もあるようです。

No.1の方がお答えになっているように年末調整で還ってきますので、
アルバイトの会社の源泉徴収表は必ずもらって申告されることをおすすめします。

後、もし所得税が徴収されず支給されていて、
その他の給与所得と合算して申告されると逆にそのアルバイト分を確定申告で納付する場合もあります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2514.htm,http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/data/02.pdf

参考になればいいのですが・・・

まず、アルバイトの契約によって所得税額を算出する基準が変わってきます。
所得税額を算出するのに源泉徴収税額表を使用するのですが、
参考URLにあるように月額額表と日額表の甲欄・乙欄・丙欄を就業形態にあてはめて算出します。

ちなみに甲欄を使用するのは「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した場合
(たぶんこれは昼間の会社で提出されているのでは?主に働いている会社に提出します)、
乙欄は提出してない場合、丙欄は日額表のみに使用します。

記載さ...続きを読む

Q派遣社員 引かれる所得税について

派遣社員で、働いてます。
時給1300円、交通費支給なしです。
 
例えば、給与が15万円とした場合、15万円が課税対象となり、所得税が引かれますが、この中には毎日の交通費も入ってます。
 こういう場合、後で源泉徴収してくれるのでしょうか?
それとも還付申告するのでしょうか?
(交通費の証明書もありませんが)

派遣だと15万を収入と考えての所得税は、
普通のことなのでしょうか? お願いします。

Aベストアンサー

派遣社員です。

交通費込みの場合、本来は非課税になるのでしょうけど、実際には
「交通費の支給なし」の扱いのようですね。
私も気になって調べてみたことがありますが、派遣会社から証明を
もらうなどしてから、確定申告するようですが、交通費として
認められないそうです。
それを認めさせよう、という運動があるそうです。
http://www.t-union.or.jp/haken/2000haken-syuntou.html

> 派遣だと15万を収入と考えての所得税は、
> 普通のことなのでしょうか?

私はあきらめちゃっていますね。
派遣会社によっては、交通費支給あり、なしを選べ、交通費を
もらうようにすると、時給を100円下げたりするところもあります。
どちらがトクかは人によると思いますが・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング