初めての店舗開業を成功させよう>>

Iron overload can interfere with insulin signaling through
the induction of reactive oxygen species , the latter
impairing insulin uptake through a direct effect on insulin
receptor function by inhibiting the translocation of
glucose transporter 4 to the plasma membrane and iron induces
IR of glucose transport in adipocytes through a mechanism
independent of fatty acids.


鉄過剰は活性酸素種の誘導でインスリンのシグナル伝達を妨げることができます、そして、インスリン受容体で直接効果を通してインシュリン取り込みを損なう後者は、ブドウ糖輸送担体4の転座を原形質膜に禁止することによって、機能します。
そして、鉄は脂肪酸の如何にかかわらずメカニズムを通して脂肪細胞における、ブドウ糖輸送のIRを引き起こします。



このような訳になりましたが、脂肪細胞と鉄とIRはどのような
関係にあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

訳に関してはほぼ問題ないと考えます。

後はインシュリンレセプターの働きや鉄との関係、IR(インシュリン レジスタンス)とはなんぞや?という知識をお持ちであればおわかりになると思います。

簡単に言えば(かなり省略してます。詳しいことは専門書でご確認ください)、筋肉や個々の脂肪細胞のプラズマメンバランスにグリュコーズを運ぶ為のGlucose trasporter 4 (GLUT4)の働きが、多すぎる鉄によって妨げられるということです。インシュリンは鉄(特にK+とPO43-)の摂取とグリュコーズの摂取どちらにも”GO"サインを出すのですがそのバランスが崩れるということです。Free Fatty Acidsはグリュコーズの摂取を妨げるメカニズムを持つことは知られていますが、多すぎる鉄はそれとは関係なくインシュリンの活動を妨げること(IR)を引き起こすということになります。
    • good
    • 0

苦手分野ですがトライします。



まず訳を自分なりに整理しました。
鉄過剰は活性酸素種の誘導を通してインスリンのシグナル伝達を妨げることができ、
後者はブドウ糖輸送担体4の原形質膜への転座を禁止するインスリン受容体機能への
直接効果を通してインシュリン取込みを阻害します。
そして、鉄は、脂肪酸とは関係の無い(ある)メカニズムを通して、脂肪細胞中で
ブドウ糖輸送のIRを引き起こします。

これから、
鉄は脂肪細胞中でIRを引き起こす。
という関係の様に見えます。

訳語は全て原訳から取りました。adipocytesの訳は確認できませんでした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング