会社で売掛金の回収を手形で集金をしています。
売掛先からファクタリングを勧められています。
月末締めで請求をし、翌月25日に4か月の手形で売掛の回収をし、すぐにその月末に割引して現金化しています。
ファクタリングのことをよく理解していないので教えてください。
銀行の割引とファクタリングにした場合の割引とか手数料は金額的に
どの程度の差があるのでしょうか。
大きな金額のため、期日までおくことは不可能ですぐに現金化したいです。
ファクタリングにした場合、現金化は最速でいつになるのでしょうか。
また、手続きをしてどの位でファクタリングにできますか。
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして零細企業で経理を主に担当している者です。


弊社でも最近比較的大きい企業からは手形からファクタリングに
変更して下さいとの依頼がよく来ます。
御社の銀行の割引レ-トとファクタリングの引き受け金融機関の
短プラの金利のどちらが高いかも問題ですね。
ただ、ファクタリングにすると手形管理の手間が無い事、領収書
の発行(郵送費、印紙代が要らない)ただ取引先金融機関から
振り込まれる時に振込手数料が引かれますが。
基本的にその都度資金化として契約しますと御社の場合でしら毎月
25日にファクタリングの手数料(割引料と同じ)が引かれ
資金化され御社の口座に入ります。
ファクタリングは契約してから約2ヶ月程掛かったと思います。
どちらにせよいろいろな事を考慮して決められたら良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れてすみません。とてもわかりやすい説明をありがとうございます。
おかげでファクタリング導入の手続きをする準備を始めました。
割引のレートとファクタリングのレートも調査しました。
ファクタリングを導入すると収入印紙代や手形管理面で事務の簡素化ができることがよくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/14 16:16

もうNo.2の回答者様がほとんどの事を書かれていますので今更


ですが、今現在は25日に手形で集金されて月末までに取引銀行に
出向いて割引を申し込まれているのですね?メリットとしましては
割引手形帳にいちいち記入する事、金融機関に出向く事の手間が省け
るといったところでしょうか?
25日に集金する事無く御社の口座に振込手数料とファクタリング
手数料(割引料と同じです)が差し引かれ入金されます。
以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れてすみません。
わかりやすい回答を感謝しています。
おかげで銀行に行く時間も少なくてすみ、事務所内でFAXでのやり取り
のみの作業で済みそうです。
利率など調査した上で納得して早速ファクタリングを導入する準備を始めました。
お世話になりありがとうございます。

お礼日時:2009/09/14 16:19

※ファクタリング(factoring)とは。


 売掛債権買収業務。企業の売掛金債権を買い取って自分の危険負担で代金を回収する。その専門業者をファクター(factor)と言う。

※私からのアドバイス。下記のような手続きをしていれば安心です。
(1)売掛金の手形は回収したら,取引銀行へ預けてください。
(2)期日がきたら銀行から入金連絡がきます。
(3)銀行残高を確認したら入金処理をします。

※安全なやり方で債権債務を処理・管理することをすすめます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。安全なことがよくわかりました。
ファクタリングの場合と割引の利率を勉強して考えます。
助言をありがとうございます。

お礼日時:2009/09/14 16:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q期日払いとは?(vs.手形、ファクタリング)

「期日払い」(vs. 手形・ファクタリング)について教えて下さい。

1)運用手順・・どのような手続きを経て運用されるのか?
2)影響効果・・割引はできるのか?等
3)会計処理・・仕訳は?
よくある仕訳サンプルとして下記がありますが、
   77月77日  仕入    / 買掛金
   88月88日  買掛金   / 期日買掛金
   99月99日  期日買掛金 / 現預金
買掛金を期日買掛金に振替えるのは、どのタイミング(何を根拠に)で振替えるのか?
その会計的な意味合いは?

当方いまだかつて期日支払いとうものに出会ったことがありません。
細かい質問で申し訳ありませんが、どなたかお教え下さい。

Aベストアンサー

あまり正確ではないかもしれませんが、
1)運用手順としては、当事者間の了承で行われます。
ファクタリングとはことなり、銀行などを挟んでの三者間取引ではありません。
2)基本的に割引はできないと思います。
支払期日がかなり先の振込だと考える方が良いと思います。
印紙代や手形を取立する費用や管理面(盗難)がなくなる。
先方にしても領収証を発行しないで済む。などがあると思います。
3)一般の買掛金と区別するのは、支払額が確定しているかどうかを区別するためのものだと思います。
買掛金/期日買掛金の振替のタイミングとしては、支払金額を確定させた時に行います。期日振込をする前には、だいたい手形で支払っていたと思われますので、過去に手形を振出していたタイミングで良いと思います。

Qファクタリングについて

ファクタリングについて教えてください。

支払期日に 当社の預金に入金されますが
入金された日に出金できますか?
手形の場合は 取立に出して入金されても翌日の午後以降でないと
使えないので そのような資金繰りをしてるのですが
ファクタリングの場合は どうでしょうか?
手形同様 すぐには使えないのでしょうか?
それとも現金振込同様 すぐに使えるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ファクタリングは、入金後すぐ引き出し可能です。
また、期日前でも、割引手形のように現金化することは可能です。
入金方法の選択
・期日一括入金方法
・随時資金化方法(必要時のみ期日前現金化)
・一定日資金化(全て指定日に現金化)
以上の選択も可能です、資金に余裕があれば随時資金化方法が良いとおもわれます。
簡単ですが参考になれば幸いです。

Q入金3日前に「半金半手で」と言われましたが

建設業です。
入金3日前に、相手先が「支払は半金半手でいいですかね?」と言ってきました。
いつもは振込(現金)だったので、こちらも予定が大幅に狂います。
当社は従業員3人の小さい会社で資金繰りも厳しいので
正直、今月、半金半手になると当社が支払時に、私個人が自腹で立て替える事に・・・
当社は支払先から「手形で支払う際には少なくとも10日~1ヶ月前に言って」と言われてたので
今回3日前に言ってきた得意先が非常識だと感じたのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
そして、相手先は昔からの付き合いで仲良しなので、正直に事情を話して
「来月からは半金半手でいいですが、今月はごめんなさい」とお断りしてもいいものでしょうか?

Aベストアンサー

確かに非常識なことには間違いありません。

でも裏をかえせば相手先の資金繰りが急に困った状態に、
なったも言えるかも知れませんね。
入金3日前の申し入れなら、それ以外の理由は考えずらいです。

どうでしょう?
今回はあなたに資金の余裕があるのなら頼みを聞いてあげたら?
相手先は昔からのお付き合いだとのこと・・・・
困った時はお互い様の言葉もあります。

ただ、それであなた自身が立ち行かないのであれば、
現状を説明して現金の支払いをお願いしてよいかと思いますが・・。
数は少ないにしても従業員の方もいらっしゃる。
あなたの会社を守ることをまず優先すべきでしょう。

よしんば、今回半金半手を受け入れたにしても、
これ以降のこともありますから手形サイトの確認や支払い方法は
やんわりとでも念をおしておくべきでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報