女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

どなたか、教えてください。
法人経営、8年目なのですが、不況のあおりを受けかなり厳しい状況です。精一杯努力をした末、銀行借入金(保証協会付で、代表者のみ個人連帯保証)の代位弁済を検討しています。某地銀の担当に相談した際、代位弁済は可能ですが、代弁後の会社継続はまず不可能となり、個人所有のクレジットカード(銀行系のVISAや、JCB他)等も無効となる、と言われました。知人の話では、破産宣告では無いので、金融機関での法人融資が受けられなくなるだけ(個人に不動産等の資産が無い場合)だと言われました。何が本当なのかわかりません、、、 どなたかご回答の程、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.6です。



銀行系(メインバンク・サブバンク共)のカードは使えていたと記憶しています。

又、私が勤めている事業所は保証協会に毎月返済している状態で、2年ほど前、取引銀行にお願いして所長名義のクレジットカードを新たに作り問題なく使用しています。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございます。
とても参考になりました。

初投稿でしたが、多数の御回答やご意見を拝見し
より前向きに考える事ができました。
知識や経験豊富な方が、多いのにも驚きです。
また、何かの際は宜しくお願いします。

御回答者の方々と教えてgoo!に感謝です。

お礼日時:2009/08/16 10:44

身内話ですが、



10年ほど前、金融機関の借金1000万円を保証協会に代位弁済してもらい数ヶ月放置したままの状態だと債務者から告げられました。

債務者は当初、保証協会に月25万の返済を約束したのですが、収入からみて実現不可能だったため、連帯保証人と私とで担当者と会い、月10万円の返済に変更してもらいました。

現在は、不況により収入激減したため、債務者本人が保証協会にお願いして月2万円程度の返済に変更してもらっています。

保証協会の話では、返済されたお金は全て元金に充当され元金が完済された後に利息を支払う方式で、完済すれば、利息そのものも大幅に減額することもあるとのことです。

カード類は無効にはなりませんでした。ただ、自治体の制度融資に申し込んだときに、保証協会に返済している人に融資はできないと断られました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございます。

そうですか、25万が2万円ですか(変更が簡単では無い事は理解しています)。確かに、私の直接の知人ではないのですが、毎月約60万位だった約定返済を、毎月数万円ずつ(代弁後)保証協会へ返済を続けている経営者(会社継続中)も現実にいるようで、無資産だった為か、担保等の強要や、連帯保証人の追加強要も無かったそうです。
保証協会との交渉成立後、返済を尊守している限り、個人の情報は保護されるとも聞いた事があります。もちろん、銀行等の金融機関や保証協会付の融資は、当然無理ですよね。

一つだけ質問なのですが、カード類は親会社が銀行系(最近、殆どが吸収合併され、銀行系になっているようなので)のものはどうだったのでしょうか?もし、差し支えなければで結構ですので、宜しくお願い致します。

貴重な御身内のお話、参考にさせていただき、且つ
前向きに、努力致します。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/07 12:31

youthttです。


倒産 を 恐れず 前向きに 頑張り 借りた物は 絶対返す・
ただし 高利には 手を出さない。 取引先に 迷惑を かけない
また 今の経営状態だけを 考えるのではなく 5年後に 儲かる 体質に変える。
・・・・・・・・・・・・・・
これが 私が 30代半ばの経営方針でした。 今日 首を どこで くくるか を 考えて いた つらいときでした。
・・・・・・・・・・・
まず 倒産しても 絶対に カネを 返す という しっかりと した 意思を もって
そして 保証協会に 現在の借金を 長期に 変えるように お願いしてみては どうですか・ 銀行に つつつぬけに なるか どうかは
担当者 次第でしょうから。
ばれたら ばれた で 腹を くくり ばれても 預金凍結 など
されないように 対策を うって おくことです。
・・・・・・・・・・・
また 仕入先へ 手形を きっていれば そのジャンプ を お願いしてみては。
それも 例えば 300万 なら 1年分割 にして 金利を 5%でも 払えば いいじゃないですか。
ただし これは 主力取引先1社 か 2社に 限定です。
そして 他社には 手形を 1ヶ月 延長お願いするのです。
苦しいから 迷惑を かけたくないから 2年間だけ 3ヶ月を 4ヶ月に してくれ と 頼むのです。
・・・・・・・・・・・・
ジャップ また 来年 苦しければ また お願いする。
数年 お願いするでしょうが 相手に 迷惑をかけない という
気持ちなら 良いと思います。
それと 個人的な 経費節減 豪華 贅沢品は 買わない とか 処分する とか(わずかでしょうが 社員への 士気につながります)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最悪 のときでも 再建できるように。
準備しておくのも 社長の 役目です。
そして 旧債 は 何年かかっても 払う のです。  その気持ちは 相手に 通じると 思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

御回答、ありがとうございます。
確かに、youthttさんのおっしゃるとおりですね。
自分でも十分理解している事なのですが、、、。
長期にわたり苦戦が続くと、視野がどんどん狭くなり下ばかり見てしまうので、ここらで上を見、再検討そして再挑戦しようと思っています。

幸いなことに、手形や小切手等は使用してませんので、
今は返済額を少なくし、なんとか会社を継続させて行く事がベストだと思っております。
<<最悪のときでも 再建できるように。>>そのとおりですね!まだついてくる社員もいるし、協力してくれる良い取引先社長もいますので、、、がんばらないと。ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/07 11:42

NO.2です。


>お尋ねしたいのですが、代弁後に保証協会と毎月の返済等の折り合いがついた場合、会社および個人共に、その他の金融機関やクレジット会社等への、事故扱いの情報は公示されないのでしょうか?
代位弁済した時点で(保証協会に銀行より請求が廻った時点)事故扱いで信用情報に登録されます。
また、リスケ中ならそのリスケの約定期間は不履行をしない限り代位弁済は受け付けられないでしょう。(リスケの条件を銀行が呑んでそれを延滞無く履行しているなら、銀行が請求を廻せる通りがありません)
所詮町金ではなく銀行ですから、金貸すのも商売。開き直ってこの条件のままリスケを履行するか?(増額の要求は無視)支払ストップして保証協会との債務にするか?選択しなければなりません。
資産や保証人が全く無い状態での、保証会社との交渉なら、先方も取れる道理が無いので、条件を呑む可能性はあります。しかし元金を削る損切りは、弁護士等介入させて手続きしないと無理ですよ。この場合は、形はどうあれ「破産」した事と変わらない(金融機関での扱い方)見方になります。債務整理の手続きですから。
現実に支払い続ける事が不可能なら、早めに決断した方が良いでしょう
尚、銀行は前触れ無く預金の差し押さえ等しますよ。入金予定があるなら、融資先とは違う銀行口座への入金を指示してください。
大概、突然にそこそこの会社が潰れる時は、口座凍結により運転資金も使えなくなり身動き取れなくなるものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

リスケ履行するか?(増額の要求は無視)とありますが、無視は可能でしょうか? このまま、交渉の折り合いがつかずに、更新されないままだと、先々(約2ヵ月後)当初の通常返済に戻ってしまうので、返済不能にさせるような気もするのですが、、、、。
条件変更後、返済中のサブ(都市銀)は、ここまで頑張ってこられたのだから、協力する(代弁は、当行の評価も下がるしと、、、)との事です。また、自社&個人名義の資産はありません。

できれば、元金UPするよりも、金利+元金ちょっとの返済を継続させ、苦労を共にしてきた社員の薄給を維持する方が得策だと思慮しています。

もし、お時間がありましたら、御教授の方宜しくお願いします。

お礼日時:2009/08/02 22:03

あ~、銀行に騙されましたね。


銀行は代位弁済してもらえば負債が無くなりますからね。
後はあなたの会社が倒産しようがどうしようが知ったこっちゃ無い。
倒産する前に回収しようと代位弁済を匂わせたかな。

保証協会の求償は銀行よりも厳しいですよ。

>協会へ少しずつ返済(当初の約定返済額の10%~15%程度なら可能)しながら、

まず無理。
    • good
    • 0

保証協会の代位弁済は、銀行の債権が保証協会に回るだけで、その後はあなたと(会社も含み)保証協会との返済の相談となります。


基本的に一括の返済を求められるか?あなたに資産があれば差し押さえ等されます。保証協会が弁済後は「回収」が目的となりますから、別途保証人を建てないことには、分割にも応じないでしょう。
返済の見込みが全くない状態なら、延滞が3か月経過した時点で事故扱いとなりその後、債権は保証協会へ移ります。事故歴は信用情報に登録されますので、保証人であるあなたも事故歴が登録されます。
当然に金融機関からの借り入れは出来なくなります。
リスケでの対応はむずかしいのですか?1年ぐらいなら金利だけの支払いをすることにより、元金返済を繰り延べ出来ます。しかしこれも今後の事業計画に見込みがなければ受け入れられません。
代位弁済=借金が無くなるわけではありませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。正直、こんなに早く回答がくるとは、、、感謝です。

現在、条件変更後、金利+元金ほんの少しを返済中で、遅れもありません。が、メインバンクより、かなりの元金UPを迫られており、金銭的にも精神的にも厳しい状況です。個人資産もありませんので、会社を閉鎖するよりも代位弁済を受け、協会へ少しずつ返済(当初の約定返済額の10%~15%程度なら可能)しながら、次のビジネスチャンス?を掴む!とポジティブに考えております。

お尋ねしたいのですが、代弁後に保証協会と毎月の返済等の折り合いがついた場合、会社および個人共に、その他の金融機関やクレジット会社等への、事故扱いの情報は公示されないのでしょうか?

もちろん、銀行融資は受けられないのは理解しております。
宜しくお願い致します。

お礼日時:2009/08/01 01:17

誰が弁済するのですか?



弁済者が求償してきたら、結局あなたが支払わなきゃ駄目な訳でしょ?
払えるの?
払えなきゃ法人、連帯保証人共に破産するしか無いんじゃないの?
破産すりゃカード類は使えなくなりますよね。

破産せずに返済できるのなら、代位弁済しなくても良いだろうし。
それとも、弁済者は求償して来ないのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
説明不足ですいません。

信用保証協会が、私(法人)の借入先銀行に代位弁済するという意味です。融資を受けた時の、保証負担する割合は、保証協会100%、地銀0%です。その際、私(代表者)個人も連帯保証していますので、弁済後の求償者は、信用保証協会になります。

お礼日時:2009/08/01 00:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用保証協会の代位弁済への返済負担を軽くできませんか?

何卒お助けください。たいへん困っています。

私は、信用保証協会の保証を受け、銀行からお金を借りていました。

しかし、銀行への返済が困難となり、6年ほど前に信用保証協会から銀行に2500万円を代位弁済してもらいました。

その後、信用保証協会へ月々4万円だけ返済していますが、利息が年利14%に上り、元利残高が膨らみ続けている状況です。
(現在では、元利残高が5500万円まで膨らんでしまいました)

そこで、ご質問申し上げたいのですが、利率を下げたり、一部債務を減免したりすることはできないでしょうか。

何卒ご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

仕事で某保証協会と公的融資に関連して代位弁済となった方との間に入ることの多い者です。
保証協会と言いましてもいくつもありますので必ずしも同じ対応ではないでしょうが。
No.1の方が書いているように真面目に支払いをされている方については元本返済時に遅延損害金については減免してくれることがあります。

ただ、ご質問者さんは失礼ながら真面目に返済をされておられますでしょうか?
元金2500万、利率14%で6年で元利残高5500万というと、ほとんど返済されていない計算になると思いますが・・・。

まあ、それはおくとしても月4万の返済では元金の返済だけでも50年以上かかる計算になります。
このままでは多少債務の減免を受けても状況は変わらないと思われますので協会に相談を持ちかけても話しにもならないような感じですね。

元本分だけでも(もしくはせめて元本の半額だけでも)完済出来る現実的な返済計画がたてられるのであれば色々交渉の余地はあるかと思いますが、不可能でしたら自己破産された方がよろしいかと思います。

Q法人で信用保証協会と国民金融公庫の返済が厳しくなった場合

現在法人で信用保証協会を使い銀行から2500万円 
国民金融公庫から500万円の借り入れをしているものとして
返済が出来なくなった場合、どうなりますでしょうか?

いずれも保証人は代表取締役のみです。
返済ができなくなってといっても全くできないのではなく、金額を減らせば可能です。個人でいう債務整理は法人のときは会社更生法なのでしょうか?
返済可能な範囲で返済をしていき、会社もつぶさずにそのままできるのでしょうか?
また代表取締役が持っている住宅もそのまま維持できるのでしょうか?
(勿論住宅ローンの返済はきちんと行っていくものとして)
また国民金融公庫の支払いのみ今まで通り行っていった場合、国民金融公庫からまた借り入れができるのでしょうか?
お手数ですが詳しい方、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

同じような方々が多く、驚いています。どうやら私は皆さんより少し先に腹をくくり、実行に移した人間のようです。担保の有無、保証人の有無等、それぞれ事情は違うと思いますが、近年流行だった無担保無保証のビジネスローンなどを対象にされている方なら、心配せずに交渉に臨むことです。それもぎりぎりまで手持ち資金をなくさず、体力があるうちに出来るだけ早く。手持ちのお金で資金繰りが回る目処が立っていることが重要です。リースなどは支払い続ければよいわけですから、銀行の返済が滞ったからといって支障はありませんよ。

そうですね、飲み会でもやったら面白そうですね。私の経験が役に立つなら是非お話してみたいものです。

Q代位弁済とローンについて。

少し複雑なのですが、質問させていただきます。
今回家のローンを組もうと思いました。
■年齢34歳
■年収300万
■購入住宅費1500万
■頭金400万
■現在借り入れ金 なし

不動産の話でも問題ないと言われていたのですんなり
仮審査通るでしょうといわれていたのですが、
ことごとくダメな結果になってしまいました。
通らなかった原因として、10年前に住んでいた
住所が引っかかってしまったとのことでした。
(この住所から過去4回住所変更あり)
確かに過去にカードローンなどで、延滞したこともありましたが
全て完済しております。時効を考えても大丈夫だと思っていたのですが
ひとつだけあったことに気づきました。
銀行のキャッシュローンが2年前(使用頻度少ない)
キャッシュカードを通したところ使用不可になっており、
銀行に問い合わせしたところ「(代位弁済)されており、口座は
解約になっている。」とのことでした。
口座にお金を入れて引き落としされていたと思い
最終的に確認しなかったのですが、
実際数百円足りなかったためとのこと。
住所変更されておらず、請求書も銀行側に返却されたため
自動的に保障会社にいってしまったとの経緯を聞き
早速保障会社に連絡して差額を支払いました。
そこで質問なのですが
(1)やはり(代位弁済)処理された場合、理由を説明しても
ローンを組むことは不可能なのでしょうか?
(2)こういった場合の信用機関の情報はどうなるのでしょうか?
今回最後の確認をしなかったので、非常に残念な思いをしました。
金融関係に詳しい方ぜひ助言いただければと思っております。
よろしくお願いいたします。

少し複雑なのですが、質問させていただきます。
今回家のローンを組もうと思いました。
■年齢34歳
■年収300万
■購入住宅費1500万
■頭金400万
■現在借り入れ金 なし

不動産の話でも問題ないと言われていたのですんなり
仮審査通るでしょうといわれていたのですが、
ことごとくダメな結果になってしまいました。
通らなかった原因として、10年前に住んでいた
住所が引っかかってしまったとのことでした。
(この住所から過去4回住所変更あり)
確かに過去にカードローンなどで、延滞...続きを読む

Aベストアンサー

> 1)やはり(代位弁済)処理された場合、理由を説明してもローンを組むことは不可能なのでしょうか?
延滞した事実が信用情報機関に登録されます。
これは、俗に言う「ブラックリスト入り」の状態となります。
> 理由を説明
説明する機会はありません。銀行ではなく、保証会社が落としとしますが、直接の接触はないですし、そう言う仕組みでもないです。

> 2)こういった場合の信用機関の情報はどうなるのでしょうか?
上記。
今回の審査により、アクセスした記録は残りますが、アクセス記録の保存は半年です。

何時事故情報が記録されたのか、信用情報機関の記録を照会して確認してはいかがでしょうか。
そうすれば何時消えるかも推測できる。

Q国民金融公庫の返済ができない

中小企業経営者です
2年ほど前に公庫から運転資金として1000万円を借りたのですが急速な景気の悪化で来月以降の返済(月額20万)のめどがたたなくなりました。引き落とし口座が資金ショートで事故扱いとなった場合、公庫側はどのような対処にでてくるのでしょうか。現状のままでは仕事内容が上向く要素はなにもなく途方に暮れる毎日です。なにか良い方法があれば教えて頂けないでしょうか

Aベストアンサー

私も経営者です。
お気持ち、お察しします。(本当に、世界的大不況の影響は計り知れないです・・・)

まず、現状のキャッシュフローを説明しに行ってください。
その上で、返済計画を見直す方向で話し合いの場を持ってください。
※言いにくくても、話し合いによって打開策が見える場合もあるので(“だんまり”は、絶対にだめですよ!)

ちなみに、一度目の引き落とし不能(残高不足など)程度では
   「引き落としができなかったのですが、本日、お振り込みは可能ですか?」
といった、やわらかい物言いで様子を確認しにくる程度でしょう。
※もちろん、『自己扱い(滞納)』とはなってしまいます

ただ、事前に相談があるのとないのとでは、その後の手続きに違いが出てきます。

基本的に、公的機関は回収が緩いと聞きますが、ゆるい理由は至極簡単、我々の税金を投入しているだけだからですね。
さらに、彼らは債権回収機構(いわゆる回収専門業)に債権譲渡するだけです。
よって、督促など、うるさく言ってくるのは、およそ専門業者になります。

これが、事前に相談をよくし、方策をともに考える方向であれば、自己扱いはまぬかれませんが、厳しい取り立ては防げるでしょう。

もし、御社の業態が小売業、製造業であれば、ネット販売のビジネスモデルを描く等、打開策の提示により、運転資金再投入(といっても、返済分の80(いや、60?)%くらいでしょうが)の可能性も見えてきます。
(SPAなんてやれば、なかなかおもしろいですし)

サービス業(私はこれです)、卸、商社であれば、消費が冷え込んでいる分、かなり苦戦を強いられます。
(実際、いま、かなり大変です・・・)

とにかく、ご飯をしっかり食べて、日中は、まさに読んで字の如く“必至!”に駆け回り、夜はしっかりと休養されることです。
※考えても、個人の力でどうこうできる経済状態ではありませんから

また、考えたくはないですが、個人連帯保証をされていないのであれば、すっぱりと“清算手続きに入る”というのもありです。
(私は個人連帯保証しているので、最後まであがくつもりです)

個人含め、再生法などの法的保護制度(・・・と、言えるのかどうかわかりませんが)もありますので、月並みですが、ぎりぎりの、本当に最後まで、誠実に、がんばりましょう!
苦しい時は、みんなおなじに苦しいんです!!

まちがっても、変な金融業者に借入してまで返済してはいけませんよ?
家族や友人まで巻き込んで、まさに人生終了しますから。。。
※私の場合、それくらいなら、いさぎよく清算します!

とにかく、先行きが暗いのであれば、なおさら相談に行ってください!
(私も、来月には銀行(メインバンク)へ相談に行く予定です --;))
いきなり「根こそぎ持っていかれる」ことは“絶対に”ありません!!(映画やドラマのヤクザじゃあるまいし)
最低水準生活は‘法的に’守られるのが日本なのですから。

自暴自棄にならないよう、心を強く持って、不況に打ち勝ちましょう!!
※少なくとも、人生は投げないでいきましょう!

経営者って、つらいですよね。。。(スタッフの家族も守っているのですから・・・)

私も経営者です。
お気持ち、お察しします。(本当に、世界的大不況の影響は計り知れないです・・・)

まず、現状のキャッシュフローを説明しに行ってください。
その上で、返済計画を見直す方向で話し合いの場を持ってください。
※言いにくくても、話し合いによって打開策が見える場合もあるので(“だんまり”は、絶対にだめですよ!)

ちなみに、一度目の引き落とし不能(残高不足など)程度では
   「引き落としができなかったのですが、本日、お振り込みは可能ですか?」
といった、やわらかい物...続きを読む

Q★代位弁済中の自己破産はできるでしょうか?(長文)

(かなり長文すみません)

★重たい話しですが、保証協会への代位弁済や自己破産などの法律的な事を一部聞きたいのですが、以下のケースの場合、今後もしあなた自身の立場ならどのような対策とっていく方が得策と思われるでしょうか??(人生今後の再起の為のプラン)ご指導ください。

詳細は、また別の質問で書きましたが、今回関連するのは以下のケースです。

恥ずかしい話しですが。

私:父の会社の個人連帯保証人2
30代後半。4つ上の兄(一応、家業の社員)がいるので、私は今後転職活動の予定ですが、一時的にいま家業に在籍
父:会社の連帯保証人1、高齢(要介護)
地方銀行A:2500万円融資
保証協会:来月、代位弁済に入る

家業が(保証協会付き融資?で)地銀Aからの2500万円融資を受け、(来月より保証協会の代位弁済)になりそうなのですが、会社の個人連帯保証は父、さらに詳しい事は省きますが、今回巻き込まれで大変悔しいですが、、結果的に私の印鑑の捺印で連帯責任をとらされますが、今回私の気持ち的には銀行員の言葉にダマされ?代位弁済直前(2ヶ月前に)私も会社の連帯保証人に組み込まれた上での保証協会への代位弁済になります。この銀行員によると(この来月保証協会へ代位弁済された時点で、連帯保証債務不履行で、私のクレジットヒストリー的にもう劇的に自己破産と同等の個人保証にキズがつくと銀行員から後から聞かされました、車と家やローン一切今後10年くらい通らなくなると)

私自身の立場だけ考えれば、今の段階では、独身で資産や現金もこれといってありません。色々ネットで調べてみると、代位弁済はクレジットヒストリー的には自己破産と変わらないペナルティとのこと。ほぼこれから10年ローン不可。

ということは、もし早めに再起をかけるなら、もしできるなら悔しくて悔しくたまりませんが、、

(1)もう代位弁済が始まって、すでに自己破産とほぼ同等のペナルティを負うなら、もし可能ならすぐか半年1年で早めに自己破産の手続きをし、まだ財産がないうちに、人生早めにリセットし、今後10年耐え忍ぶ。(私が40歳代後半になるまで)

(2)このまま家業は形式上、細々兄と母が継続しわずかずつ返済していくので、私はアルバイトでも安月給社員でも、今後その状況を見守る。ただ保証協会の金利が15%近くと高金利で、経営状態も芳しくないので、、いずれくる数年後?高齢の母の他界後は、兄はちゃらんぽらんで経営とかできる感じもないので、もろに母の高いは私に数年後確実にその金利を含めたら、そのときの返済状況にもよりますが、おそらく2500万?~5000万円降り掛かってくるので、その時点で私も自己破産。(さらに追加で10年程ローン組めないペナルティ追加)(私がおそらく50代後半か60歳ちかくになるまで、、こうなるとほぼまあ一生実質ローンくめません)

(3)兄は今回連帯保証と関係ないので、今後母の他界後は、私が毎月10万15万の安月給でもアルバイトでも何でも、保証協会と話しをし、聞いた話しでは毎月死ぬまで1万円でも5000円でも、なんでも払えるだけ払っていく。ただ金利などで、返済が追いつかず、とても払いきれない金額?になると聞ききました。(自己破産は回避できるかもしれませんが、ほぼ一生債務負担、家も車も持てないと思います)(これも代位弁済が終わるまでローンなどはペナルティのため、一生ローン不可)

以上の3つなるかと思いますが、、、

質問は

(1)以上の3つなら、一番どれも苦難の道ですが、ご自身あなたならその中でも賢明な方法かと思われますか?それか他に何か良い選択はありますでしょうか?

(2)特にこれが聞きたいのですが、会社が細々でも保証協会へ返済している以上は、個人保証をしている父や私は、自己破産できないのでしょうか?父はともかく、私は数年後に、おそらくほぼ確定的にのしかかる多額の債務(数千万円)による連帯保証債務不履行のための自己破産を避けるため、早めに連帯保証の立場を人生再起の為、もう自己破産でぬいてもらいたいと思っています。可能でしょか??(私は特に他に債務はありません、ただあるのは、今回この会社の多額の個人連帯保証だけです。それを抜く為に自己破産の免責の事由になりますか?
もう今回の代位弁済の次点で10年間 信用情報のキズが付くため、また数年後に自己破産でさらにクレジットヒストリーが追加で10年キズが付く事は考えれば、早めにリセットしたいとも考えています。将来の多額の連帯保証の立場を抜く為だけに自己破産は可能でしょうか?(代位弁済中は私にもその債務が同等にあると法律では解釈され、それによっての自己破産の理由になりますか?)

(3)あと今後、代位弁済による連帯保証人の立場で保証協会に呼び出されると思うのですが、今後母と(もしかしたら私も)その保証協会で返済計画を話していくと思うのですが、私自身もしできるなら自己破産うんぬんの話しは、いっさい保証協会の方にしない方が得策ですか?今後の返済計画において、できれば話題に出さない方が良いですか?返済金額交渉に不利になりますか?保証協会的には、突然私が可能なら自己破産してしまった場合、保証協会はさらに私が抜けた分ほかの連帯保証人を立てろ!とか、土地/建物を担保に出せという話しになってくるのでしょうか?そうなると会社を切り盛りしている母に迷惑がかかりますし。。現在、住んでいる土地/建物その他テナント等父名義のありますが、すべて父の他の債務で他の銀行で抵当でガチガチ?のようです。

(4)やはり自己破産は人生において最終手段で、得策ではないでしょうか?

(5)また別件ですが、父が若かりしころ、土地の購入や株で多額の債務がありますが、これは今現在は不動産収入などで返済をまかなっているようですが、、この辺りは金額がさらに大きいため、相続時は放棄を考えています。ただ今回この会社の連帯保証の件で、もし私が自己破産した場合、相続時にまた父の連帯保証引き継ぎなど相続やらで、また自己破産みたいな問題が出てくるのでしょうか??
(それを思えば、数年後かどうかわかりませんが、今は自己破産のタイミングかどうかわからず)そして今現在、父と母と私が住んでいる実家は、私と兄と姉の3人の名義になっているようです。

★弁護士にも今後訪ねていくことになると思いますが、その予備知識としても事前にこの辺り詳しい方の少しでもご意見を聞きたい思いました。

今回会社の連帯保証債務は現在2500万円なのですが、私が引き継いだところで、今後金利も含め膨れ上がり、返済の目処はおそらく経ちません。現在もほぼ収入がありませんし、今後も高収入のところに就職もキビシいと思います。その上でももし自己破産を検討しなければならないような状況なら、タイミングはいつがいいでしょうか、という質問になります。

今回私自身、巻き込まれ連帯保証の自己破産を検討ですが、悔しくて悔しくて夜も寝れないので決して安易に自己破産考えてはいませんが、今後の人生で直す為に早めにリセットしたいと思っています。タイミング等もあるかと思いますので、できれば親身な回答が頂けましたら幸いです。恥ずかしい話しで長文で失礼しました。

できれば詳しく回答頂きたいですが、不明な点があれば、一部でも結構ですアドバイス頂けましたら助かります。

(かなり長文すみません)

★重たい話しですが、保証協会への代位弁済や自己破産などの法律的な事を一部聞きたいのですが、以下のケースの場合、今後もしあなた自身の立場ならどのような対策とっていく方が得策と思われるでしょうか??(人生今後の再起の為のプラン)ご指導ください。

詳細は、また別の質問で書きましたが、今回関連するのは以下のケースです。

恥ずかしい話しですが。

私:父の会社の個人連帯保証人2
30代後半。4つ上の兄(一応、家業の社員)がいるので、私は今後転職活動の予定ですが...続きを読む

Aベストアンサー

前の質問も読んだ上での感想です。

まず最初に努力すべきは、銀行に保証協会から代位弁済をさせないことでしょう。
そのためには、
1)債務者の会社が実行可能な返済計画を立てること
保証協会も別に代位弁済したいわけではないので、一般的には会社が再建可能であると判断すれば10年まで返済期間を延ばせると思います。
そうすると年間250万円の元金返済なので月額20万円強の返済です。
これに利息が付いて当初の月の支払額は30万円以下でしょう。

一番の問題は、銀行が「会社の再建見込みがほとんどない」と判断していることです。
この大きな理由は適切な後継者がいないということでしょう。
本来であれば、会社は個人ではないので高齢化というのは関係ないはずですが、家業というか中小企業の場合は「会社≒経営者」と見なされているわけです。
それで経営者のお父様が高齢かつ要介護であれば、実質的に機能しているとは思われなくても仕方ないでしょう。
更に実態はどうであれ銀行から見るとお母様やお兄様では力不足ということなのでしょう。
悪く言えば、債務者としての当事者能力がない会社とされているのでしょう。
だから質問者さんに連帯保証をしてもらい、更には会社の再建をしてもらえるものと期待したのでしょう。

ということで、今すぐにできることは、銀行に対して、
「(肩書きや立場はともかく)私が責任を持って会社の再建をします。ただし、そのためにはすぐに全額の返済は不可能なので、10年程度の長期での返済に切り替えて欲しい」と交渉して、更に3年~5年計画の会社再建案を作成することでしょう。

付け加えると、もしも会社を再建するという方向で考えるときの相談先は弁護士ではなく会計士や税理士が適切です。
(別に弁護士が嫌いなわけではないですが、)弁護士というのは法律で自己破産や会社更生法や民事再生法を使うのが仕事で、会計士や税理士は会社を潰さないのが仕事です。

ちなみに自己破産だと10年はローンなど借入ができないというのは、決して10年経てば元通りになるということではありません。最短ならば10年でローンなどの借入ができるかもしれないという程度のことですが、
実際にはもっと長くローンなどのハードルが高い期間が続きます。

前の質問も読んだ上での感想です。

まず最初に努力すべきは、銀行に保証協会から代位弁済をさせないことでしょう。
そのためには、
1)債務者の会社が実行可能な返済計画を立てること
保証協会も別に代位弁済したいわけではないので、一般的には会社が再建可能であると判断すれば10年まで返済期間を延ばせると思います。
そうすると年間250万円の元金返済なので月額20万円強の返済です。
これに利息が付いて当初の月の支払額は30万円以下でしょう。

一番の問題は、銀行が「会社の再建見込みがほとんど...続きを読む

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Qクレジットカードの代位弁済

代位弁済とは何でしょうか?
4枚持っていたクレジットカードのうち3枚が支払いが遅れたことで強制解約になってしまいました。
各カード会社に問い合わせたところ、『代位弁済ではないので個人信用情報機関には登録されないが、金融機関のほうで遅延があったことは情報として残る』といわれました。
意味が良くわからないので分かる方がいらっしゃいましたら、このカード会社の言われてる意味を教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

>もし、個人信用情報機関に情報として記載されていなければ、
なんにも情報が記載されていなければ、今保有の4枚と、現時点で借入がある金融機関以外は大丈夫なのですが、強制解約=契約の終了ですから、これが載らないわけがありません。
どのような形で、カード契約が終了と記載されるか分からないので、現時点では何とも言えません。

>解約(強制)になった事実はその金融機関以外は知ることができないとうことですか?
上記のとおり、契約の終了は、100%信用情報に載りますので、現時点で、あなたがローン・クレジットカード契約を結んでいる会社、以外でも、向こう5年間は、解約の事実は知ることが可能です。
強制かどうかは、信用情報機関の載り方によります。
http://www.cic.co.jp/rgyoumu/gy05_touroku.html#hoyukikan
↑の、
>>
クレジット情報 契約期間中および取引終了日*から5年間

*取引終了を表す情報項目である終了コメント(完了・貸倒
  ・移管終了・本人以外弁済)を登録した際の報告日

が該当します。

カード会社の説明はあやふやで、正確には、
”破産、代位弁済などのブラック情報は載らないが、カードを解約された事実は載る”
の方が正しいです。

#1です。

>もし、個人信用情報機関に情報として記載されていなければ、
なんにも情報が記載されていなければ、今保有の4枚と、現時点で借入がある金融機関以外は大丈夫なのですが、強制解約=契約の終了ですから、これが載らないわけがありません。
どのような形で、カード契約が終了と記載されるか分からないので、現時点では何とも言えません。

>解約(強制)になった事実はその金融機関以外は知ることができないとうことですか?
上記のとおり、契約の終了は、100%信用情報に載りますので、現時...続きを読む

Q債権回収機構へ移った場合?

会社を経営していますが、銀行返済が滞っています。あと1回滞納すれば債権回収会社へ移るといわれましたが、そうなるのでしょうか。現在の銀行への返済月額が払えないのに債権回収会社は一括を求めてくるのでしょうか。資産も財産も無いのですが払いようがありません。全く払う気持ちが無いわけではなく月額返済をかなり低くして払っていくつもりですが金利も高いのでしょうか。回収の厳しさは激しいものですか。対応の方法があれば教えてください。
また、この場合ブラックリストに載るのでしょうか。

Aベストアンサー

#3です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。

まず、「会社」名義のお借り入れに対して、「個人」が保証人になっていらっしゃるとのことですから、おそらくその保証は『連帯保証』だと思います。
ならば、「会社」について整理をするならば、結果的には、ご質問者さま個人名義の資産も全て「会社の整理」のために差し出さなければならなくなります。


(2)現在も継続して延滞している
A、(2)です。現在延滞半年です。銀行内の債権回収部の部門が変わる旨、途中で2回ほど銀行側より連絡と通知が来ましたが、以降3ヶ月ほど何の連絡通知も無く、内心不安です。
銀行や債権回収会社は、結構、「放置」しますよ。
「借金」にも『時効』がありますが、『時効』にさえ至らないようにすればいい訳ですから。
「放っておいて」も、融資によって発生する利息や遅延損害金が増えていくだけなので、銀行側が「損」をすることはあまりありません。
むしろ、それらが増えて困るのは「債務者」なんです。
ですから、「債務者」自らが動いと方がいいんですよ。
「何も言ってこないから放っておけばいいや。」と考えるのは、「損」が増えるだけになることもあります。

債務が個人融資(住宅ローンなど)で、返済困難に陥った方に対して、保証会社や債権回収会社が、「毎月数万円」などのような少ない額を返済額として提示してくる場合の話ですが、これは、「その程度の返済では、いつまで経っても借金は減らないし、ましてや返済を続けることによって、その借金の『時効』が成立しないから」要注意なんです。
おそらく「毎月数万円」ですと、「利息分」にしかならない程度だと思います。
ですから、利息だけ払って元金は全く減っていない…ということになるんです。

> 現在 整理も検討していますが、今後のことや回りに対するご迷惑を考えると、なかなか踏み切れないところです。
そうですね。
私の友人の義父も会社を経営していまして、メインバンクの破たんにより資金繰りが上手くいかなくなったことがあります。
結果、RCC送りとなり、今以て、義父名義の資産(土地、建物等)やその会社の役員で連帯保証人となっていた親族の資産(土地、建物等)についても、全てRCCの管理下にあるようです。
そういうことを考えると、なかなか難しいでしょうね。

> また、債権譲渡されるとその旨が信用情報機関に流れるとご回答の中にありましたが、そうなると他の今まで取引の無かった銀行もわかるのですか。
はい、『個人信用情報機関』は、「加盟会員」が登録する情報を他の「加盟会員」にも共有させることを目的として設立されています。
「債権譲渡」や「代位弁済」があれば、その情報は当然に『個人信用情報機関』に登録されますので。

#3です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。

まず、「会社」名義のお借り入れに対して、「個人」が保証人になっていらっしゃるとのことですから、おそらくその保証は『連帯保証』だと思います。
ならば、「会社」について整理をするならば、結果的には、ご質問者さま個人名義の資産も全て「会社の整理」のために差し出さなければならなくなります。


(2)現在も継続して延滞している
A、(2)です。現在延滞半年です。銀行内の債権回収部の部門が変わる旨、途中で2回ほど銀行側より連絡と通知が...続きを読む

QCICに事故記録があると新規住宅ローンは組めない?

CICに情報開示しました。A、Pなど遅延が何個かありました。
記録が消えるのは、H26年8月です。
子供も大きくなってきたので、住宅を購入しようと思っています。
事故記録があると住宅ローンは組めないのでしょうか?
また、事故記録があったが、住宅ローンを組んだ人はいますか?
どうにか住宅ローンを組む方法は無いでしょうか?
あと2年半もまてないです。

Aベストアンサー

いまどきこんな「都市伝説」が横行しているなんて思いませんでした。
もうまともな回答者さんたちは書き疲れたみたいですね。

以前きちんとした回答を丁寧に投稿していた人たち。ローン審査していた人、現役銀行員、ローンアドバイザーの皆さん今頃は書き込み止めたみたい。
しばらくお休みしてたので来てみてビックリしました。

1.入金履歴の記号が「事故」と考えていること。それは二年以内の返済の履歴でしかなく一回程度じゃ事故とは言いません。
AやらPのオンパレードはいただけません。

2.住宅ローンに人間の保証人をたてるなどと考えること。不動産の共有者か収入合算者は連帯保証人になっても、いまどき人的保証なんてはやりませんよ。保証機関があるのだから。

3.二年後には登録情報が消える?真っ白になる?質問者の方がまだ知識がありますね。破産事故なんかですべてが代弁事故やら貸倒登録され5年後に登録抹消された場合の話です。

4.実績を積まないとローンが組めない?借り癖のあることの証拠にしかなりませんよ。過去に引き落としの延滞がある人はよっぽど自己管理していないと、また延滞をリピートする事例が多いのです。一からのスタートに戻ることのほうが怖いでしょう。

5.担保がない?購入する住宅が担保になるのですよ。

一回ぐらいの引き落としの失念で個信の事故なんかにはなりません。解約して更新が止まってもほかの属性がしっかりしていれば、審査のネックにはなりません。
収入が低く自己資金も無い。ほとんどフルローン。勤務先も大きくなく、転職している。家族が多く可処分所得が少ない。
こんな条件で住宅ローンを組もうとすれば、一回の延滞でも比重は大きなものになります。
ましてや数回の延滞が見える。これは支払いの意識の欠落している債務者と見られる。おまけに最後の手前の記号がAで最後が$で解約、は督促されて全額請求して解約されたと見ます。

業種による貸し倒れ確立(デフォルト率)を管理しているので、不利な業種もあります。
そんなこんなで審査は進むものです。入る前からおじけていてもどうにもなりません。
まずは、自分が欲しい家にたいしてどんな資金プランが立てられるかを、自ら書いて見て、これなら無理なく支払いしていけると思えばトライするのです。

業者に任せきりやこのようなところで中途半端な豆知識を得ても、自分の家は手に入りませんことを最後に書きます。

いまどきこんな「都市伝説」が横行しているなんて思いませんでした。
もうまともな回答者さんたちは書き疲れたみたいですね。

以前きちんとした回答を丁寧に投稿していた人たち。ローン審査していた人、現役銀行員、ローンアドバイザーの皆さん今頃は書き込み止めたみたい。
しばらくお休みしてたので来てみてビックリしました。

1.入金履歴の記号が「事故」と考えていること。それは二年以内の返済の履歴でしかなく一回程度じゃ事故とは言いません。
AやらPのオンパレードはいただけません。

2.住宅ロー...続きを読む

Q信用保証協会の代位弁済後の先方からの対応について教えてください

信用保証協会の対応について質問させてください。現在飲食店を経営しており、4000万の資金を保証協会付融資にて地元の信金から借り入れております。経営が厳しくなり先日リスケをお願いしましたが、遅かれ早かれ元金返済が滞ります。融資には当然私個人が連帯保証人となっております。自宅は任意売却すれば5000万ほどで売れるとのことですが、ローンがまだ4000万残っており、約1000万の現金にしかなりません。
私はサラリーマンをして返せる範囲で返していきたいと思っていますが、もし協会が代位弁済後の話し合いで返済にそんなに時間がかかるのなら自宅を売るように圧力または裁判にでるようなことをしてきますでしょうか?私にはほかに財産らしいものは自宅しかなく、ローン以外には抵当権はついておりません。協会はこのような財産を処分させてでも債権回収に動いてくるのでしょうか?自宅はなんとしても守りたく思っております。

Aベストアンサー

そもそもの疑問点としては、下記の諸点です。
(1)4000万円を投じた飲食店に何らかの資産価値は無いのか?
店舗内装造作・備品・入居時の敷金・売掛債権等々、これらの資産価値が無いと質問者は事業を継続して4000万円の赤字を蓄積したことになる
(2)無担保で4000万円(当初借入額は5000万円)借入できたとすれば、会社自体は相応の決算内容であった筈だが?
(3)飲食店は閉店するのか? 事業を維持しつつ改善策を打つ余地が全く無いのか? 極論だが第三者に経営を委ねて小額でも家賃を稼ぐという選択肢はないのか?

その上で、現状で信金・保証協会からの予想される対応としては、
(1)ひとまず事態の先送りとして、毎月返済額を金利+1万円といった形式返済を設定する
(2)次回の返済猶予期間延長の局面で、自宅の担保差入の申し出がある
(3)あるいは追加保証人として、身内で資産を有する人間を連帯保証人にたてることを要求してくる(今回であれば義母・妻・質問者の両親といった所)

元本返済猶予の不承認・質問者の返済遅延の蓄積(通常は6ケ月以上の延滞)により
(4)信金の債権を質問者に代って保証協会が信金へ返済する
(5)保証協会が会社・質問者に対して返済履行交渉を行う
(6)保証協会側が分割返済に了解すれば長期分割返済(1年刻みで返済条件は変更)を許容するが、その間は14%の延滞金利を設定するので要返済額が増加していく

(7)返済意思が無い・実現性が無いと判断されれば、自宅の質問者持ち分へ差押、物件処分により強制回収を図ることも有り得る

(8)強制的な回収手段をとるかどうかは、物件の処分価値から見た短期的な回収期待値(「処分価格―先順位債務」、本件の場合は更に持ち分の兼ね合い)に対して分割返済での長期的な回収期待値が上回る(時間の経過によるリスクも含めて)かどうか、という保証協会側の判断に委ねられそうです。

そもそもの疑問点としては、下記の諸点です。
(1)4000万円を投じた飲食店に何らかの資産価値は無いのか?
店舗内装造作・備品・入居時の敷金・売掛債権等々、これらの資産価値が無いと質問者は事業を継続して4000万円の赤字を蓄積したことになる
(2)無担保で4000万円(当初借入額は5000万円)借入できたとすれば、会社自体は相応の決算内容であった筈だが?
(3)飲食店は閉店するのか? 事業を維持しつつ改善策を打つ余地が全く無いのか? 極論だが第三者に経営を委ねて小額でも家賃を稼ぐと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報