エンテレヒーという言葉について詳しく知りたいです。
ゲーテが晩年に好んで使った言葉のようですが、
いまいち意味がわかりません。
詳しく教えてください宜しくお願いします。
いい本があれば紹介してください。
 ちなみにこの言葉は「ゲーテとの対話」
という本で知りました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 補足拝見しました。

ありがとうございます。考える材料ができました。
 ゲーテの言う「エンテレヒー」は、私の先の回答で言うと「エネルゲイア」のニュアンスで読んだ方がよさそうです。エンテレケイアの「完成態」という語感だと、完成されてはいるものの反面、固定的で硬直したものという印象も帯びますから。「自然はエンテレヒーなくしては活動できない」というあたりを見るとその感を強くします。(とはいえ、ゲーテの用語法が不適切ということではありません。前に書いたように、アリストテレス自身、区別しないで用いていますから。)
 でもって、「分離し得ない活動的な個性」ときて、「ライプニッツのモナド」ときますか。ライプニッツのモナド(単子)は、「原子のような物質的延長を持たず、分割不能な真実在」とされます。「純粋な精神の個」とでも申せましょう。
 だいぶはっきりします。ゲーテという一人の文学者は、「精神として一つの個」でありながら、同時に自然の「活動する現実態(エネルゲイアまたはエンテレケイア)」に感応し、「普遍」にも触れていく。「個」でありながら「普遍」の活動性に促されて活動的なものとなり、結果、時を超えて人々に感動を与える存在でありつづける。そのためには、今の自分が「エンテレヒー」でなければならない、というような意味のようです。

 で、書籍です。ゲーテには直結せず、アリストテレスの「デュナーミス/エネルゲイア」論の解説となるものですが、
  藤沢令夫『イデアと世界』岩波書店・1980年
がお勧めできます。いちおう、専門的な研究書ということになりますが、そういうものの中では限りなく一般書に近く、非常にわかりやすいものです。少なくとも、近代専門だった私にも理解でき、かつ非常に示唆に富む本でした。
 文庫化した…という話を聞いた覚えもあるのですが、すいません、確認できませんでした。本屋さんに問い合わせてみてください。単行本だとやや高価ですので、図書館でお探しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
ライプニッツのモナドについては、まだよく理解できませんが、
ゲーテの言うエンテレヒーについての言及は自分の中でかなり解
決されたと思います。

 それにしても用例だけで、ここまで読み込むことができること
に感服しました。本当に感謝しております。

 「イデアと世界」、ぜひ探して読んでみます。

お礼日時:2001/03/18 22:17

 さらに微修正。


 デュナーミス(Dynamis)は「可能態・能力」で、この可能性・能力が発揮されている姿のことをエネルゲイア(Energeia)と呼びます。「活動」ないし「現実態」と訳されます。物で言えば、「質料(物質的材料・素材)」がDynamisとしてあって、それが「形相(本質)」という「はたらき」と合一してEnergeiaという「活動現実態」、つまり現に目の前に見える形での「物」の姿をとらせる、という構図です。ややわかりにくいのは、アリストテレスがしばしば「形相というはたらき」と「エネルゲイア」を同じものと扱いつつ、しかも「質料と形相との合一態としての現実態」も「エネルゲイア」と呼んでいる点です。人間で言うと、肉体は「質料」、魂は「形相」で、この「魂」はエネルゲイアですが、「魂を持った肉体」という「生身の人間」もエネルゲイアなのです。
 一方エンテレケイア(Enthelecheia)ですが、こちらは「完成態」「終局態」「完全現実態」と訳されます。アリストテレスは、これもまたしばしば「エネルゲイア」と区別しないで用いています。が、微妙なニュアンスのちがいはおわかりいただけると思います。
 「エネルゲイア」は、現実に活動している姿。
 「エンテレケイア」は、それが完成し、円熟した姿。
 いちおう、このように区別して読むことも可能です。

 以上はアリストテレス哲学の中心概念としての「現実態・可能態」の説明です。あとは、ゲーテがどのような文脈で「エンテレヒー」という語を用いているかの問題です。もしよろしかったら、質問者の方にいくつか用例を紹介していただければ…と思うのですが。

この回答への補足

 用例
 「私はわれわれの永生については、疑いをさしはさまない。自然は
エンテレヒーなくしては活動できないからね。しかし、だからといっ
て、われわれ誰もかれもが同じように不死というわけではないのだ。
未来の自分が偉大なエンテレヒーとしてあらわれるためには、現在も
またエンテレヒーでなければならない。」

 そして註にはこうあります。
エンテレヒー:一定方向へ向かう活動的な生きた力。決して分離し得
       ない活動的な個性。ゲーテは宇宙の生活内容を、根源
       的素質の独自な発揮において、活動的な個体において
       求め、それをライプニッツの「単子」、アリストテレ
       スの「エンテレケイア」の名称で呼び、この意識に「
       永生」の信仰が結びつく。それはカントのように道徳
       的要請からの断案ではなく、ゲーテの自然観照からの
       究極的結論である。


 これだけではよく解らなかったので質問したのですが、
やはり、アリストテレスのエンテレケイアが関係していますね。
これは、ゲーテの造語なのでしょうか?
 かなり興味があるので、良い本があれば紹介していただけない
でしょか。

補足日時:2001/03/17 22:49
    • good
    • 0

Entelechie とは、哲学用語で「完成態」という意味です。

もともとはアリストテレスの使った言葉で、「あるものの内在する可能性が実現した状態」のことをさします。難しい概念ですが、比喩的に言うと、植物の種子を可能態(Dynamis)とすると、その可能性が形になった成木の状態が完成態(=Entelechie)、と考えるとわかりやすいでしょうか。
Energie(エネルギー)もEntelechieとほぼ同じ意味をもった言葉です。

ちなみにエントロピーはEntropieで全く別語です、念のため。

この回答への補足

 ありがとうございます。
 エンテレヒーはアリストテレスのエンテレケイアという
概念からきているというのは事実のようです。
 参考になる本があれば紹介して下さい。

補足日時:2001/03/17 22:42
    • good
    • 0

まったく自信がありませんが、「エントロピー」と同じなのではないのでしょうか。


もしそうであれば、無秩序さの度合、程度をしめすものの事です。エントロピーが増大する、というのは、より自由度の大きい環境での平衡に移行しようとする、という事で、平たくいえば、氷は放っておけば水になろうとし、さらに蒸発していこうとする、といった事だといえると思います。固体として秩序を保っていたものは、より自由な液体の状態に移行しようとし、さらに自由度の大きい気体へと向かう流れがある、といったことです。
秩序は崩壊していく、でたらめさが増していく、というような意味で哲学にも通じるものがあるように感じましたので解答してみましたが、全く見当違い、あるいは釈迦に説法、といった可能性が大きいですね。その場合、どうか笑って許してやって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
でも、エントロピーはエンテレヒーとは違う概念のようです。

お礼日時:2001/03/17 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJabRefを用いて、ウムラウトの表示ができない

論文をWinShell を用いて作成しています。その際に、文献管理は
JabRef で行っています。その際に、引用文献に含まれるウムラウト
の表示ができずに困っています。もし、JabRef を用いて文献を
引用する際に、ウムラウトの表示の仕方が分かる方がおられたら
よろしくお願い致します。

JabRef のデフォルト、エンコーディングは、UTF-8 にしています。
そのため、JabRef ではウムラウトが表示できているのですが、
WinShell を用いて、PDFファイルに変換するとウムラウトが
表示できなくなってしまう、という状況です。

Aベストアンサー

ウムラウトöは次のように記述してください.
{\"o}
"の後にスペースを入れてはダメです.

また,Bíróのように表記したい場合(文字の上に一つだけの点はどう読むか知りません)は
B{\'i}r{\'o}
のように記述してください.

Q本で、好きなことだけして生きていく。をまた読んでいますが、101ページに、働いて資金をためてから、好

本で、好きなことだけして生きていく。をまた読んでいますが、101ページに、働いて資金をためてから、好きなことをしようとする。普通は。

そうではなくて、好きなことをする、と決めたなら、まず初めに好きなことを始める。
嫌な事をやめる。
そうすれば、不思議なことにお金が入ってきます。

働いてお金を稼げば遊べるのではなく、
遊ぶからお金が入ってくる。

自分の心の中の罪悪感が問題らしい。

でも、私も何年も働いてないが、お金はほとんど入ってきません。なぜですか?

Aベストアンサー

勉強をすれば成績があがる、艱難汝を玉にす、拙速は巧遅に如かず、好きこそものの上手なれ、笑う門には福来たる、楽は苦の種&苦は楽の種、おぼれる者はわらでも掴む、このような言葉は、事実や100%確実なことを述べているのではないです。
多くの本に書いているのは、読者の意思や気持ちの持ち方に関してある方向を勧めるための修辞です。
そこに書いてあったことを、自分なりに解釈してやった場合、期待の成果や効果が現れる場合もあるし、全く効果がなかったようにみえることも、効果が微妙なことも、逆効果を生じたようにみえることもあります。
やったのに、期待のことが起きなかったと感じても、それを《なぜ》と思うのは、コミュニケーション力、文意解釈力にかなり問題があるってことです。

その本を見てもいませんが、
「好きなことをする、と決めたなら、まず初めに好きなことを始める。嫌な事をやめる。そうすれば、不思議なことにお金が入ってきます。働いてお金を稼げば遊べるのではなく、遊ぶからお金が入ってくる。」と書いてあるだけならば、「何年も働いてないが、お金はほとんど入ってきません」は、書いてあることに矛盾している点はないです。 「働いていない」≠「遊ぶ」、「働いていない」≠「嫌いなことをやめる」、「働いていない」≠「好きなことを始める」です。

勉強をすれば成績があがる、艱難汝を玉にす、拙速は巧遅に如かず、好きこそものの上手なれ、笑う門には福来たる、楽は苦の種&苦は楽の種、おぼれる者はわらでも掴む、このような言葉は、事実や100%確実なことを述べているのではないです。
多くの本に書いているのは、読者の意思や気持ちの持ち方に関してある方向を勧めるための修辞です。
そこに書いてあったことを、自分なりに解釈してやった場合、期待の成果や効果が現れる場合もあるし、全く効果がなかったようにみえることも、効果が微妙なことも、逆効果を...続きを読む

QExcel 2001のウムラウト入力について

Excel 98ではヨーロッパ言語などのアクセント記号付の文字(ウムラウト)の入力ができませんでした、最新バージョンのExcel 2001ではウムラウトの入力は可能でしょうか? 

Aベストアンサー

ちょっと書き方が悪かったので補足します。先の回答のように各国語に対応した機能を持っていますので
ウムラウトなどの入力にEXCELは対応しています。
というか実際に入力できました。

Qゲーテの名言について質問です。

見上げた男!
彼はまず妻をなぐる。
それから妻の髪をすいてやる。


は、どういう意味なのでしょうか?
また、この言葉はなんというのに本に載ってますか?


解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

男性が「自分の女」を認識するのに用いられる性質。
好きな女は虐めたくなる、そして可愛い女が好き。

前者が求めるものは、苦痛を与えることで受動的に愛されている実感を得ようとし、どんな自分にも耐え庇護ってくれる原点回帰させてくれる母親のような存在を望んでいる。

後者は女性の弱さ、儚げな可憐さを汚れ、傷付くことから守り、誰よりも可愛がってあげることで愛する能力の自信を得よう、それを昇華に、堪能しようとするものがあるのではないかと思います。

私が虐められる理由をこう解釈して悦に入ろうとしたりして。(勘違い?自己満足以上でもないのですが)

私は持っていないのですが、ゲーテの格言集あたりに載ってる名言だと思います。ゲーテの小説「親和力」の中の一説かもしれません。

Qウムラウト、フォントとの関係

普段Mac OSXを使っています。
最近気になってる事ですが、ドイツ語のウムラウト、エスツェットを打つ際、日本語のフォントでは打てないソフトと日本語のフォントでも打てるソフトがあります。
どうしてこういう違いがでるのでしょうか?
ソフトがそういうつくりになってるからと言われればそれまでですが。

例えばMac OSX用のエディタ、ワープロでも、
・TextEditは日本語フォントでもウムラウト、エスツェットとも打てる。
・Jedit、TextEdit Plusは日本語フォントではウムラウト、エスツェットとも打てない。
・LightWayText、Microsoft Wordは日本語フォントではウムラウトは打てるがエスツェットは打てない。
となります。
上記いずれのソフトも欧米フォントではウムラウト、エスツェットとも打てます。

Windowsではどうですか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

要点は以下3点です。
・文字コード
・フォント
・アプリケーション

本来ウムラウトなどの欧文特殊文字は日本語では打てないものと思ってください。しかし和文中に欧文を入れることができないといろいろと不便ですよね。
アルファベットやアラビア数字であればJISの範囲内ですが、それだけではモノ足りません。そこでJISのコード表のすきまみたいなところに色々とギリシア文字だとか記号類をつめこんでいます。これらは外字だとか機種依存文字と呼ばれるものが含まれます。

日本語を扱う場合は文字コードは日本語のもの(EUC-JP、shift-jisなど)で日本語フォントを用いるのは当たり前ですが、これと同様にヨーロッパの各種言語(フランス、ドイツなど)はそれに合わせた文字コード、フォントを用いるのが本来の使い方です。

しかし整合性のとれたものでないと書類の互換性が怪しくなりますし、一つのテキストファイルが主に一つの言語しか扱えないというのは不便なことです。
そのためにユニコードという広大な文字空間をもたせた文字コードを容易しマルチリンガルな環境をつくったわけです。
しかし文字コードとして表示できる文字であっても表示するフォントがなければ表示できません。これはユニコードでも同様です。
MacOSXにネイティブで対応しているアプリケーションですとこのユニコードを使用することでユニコードのもつ広大な文字空間の恩恵に預かることができます。
ここまでが文字コードとフォントの問題です。

アプリケーションについてですが、お察しの通り「ソフトがそういうつくりになってるから」です。
ちょいとややこしい話になりますがOSがネイティブで扱う文字コードとアプリケーションが扱う文字コードというのは別問題でMacOSXとClassic環境のやりとりで文字化けしたりするのはこのせいです。
Windowsにおける制限というのも同様にアプリケーション、文字コード、フォントの問題です。


osXで漢字
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=580900

要点は以下3点です。
・文字コード
・フォント
・アプリケーション

本来ウムラウトなどの欧文特殊文字は日本語では打てないものと思ってください。しかし和文中に欧文を入れることができないといろいろと不便ですよね。
アルファベットやアラビア数字であればJISの範囲内ですが、それだけではモノ足りません。そこでJISのコード表のすきまみたいなところに色々とギリシア文字だとか記号類をつめこんでいます。これらは外字だとか機種依存文字と呼ばれるものが含まれます。

日本語を扱う場合は文字コード...続きを読む

Qエマソン、エマーソン、ゲーテ、ロマン・ロランについて

この人達って、なにか共通してるところや、関連があるんですか?名言などを見ていても、なにかひかれるんですが。。。詳しい人教えてください。
名言だけではなくて、本格的に勉強してみたいんですが、どうすればいいでしょうか?唐突な質問ですが、アドバイスよろしくお願い致します!!

Aベストアンサー

エマソンはいわゆる光明思想とくくられるやや哲学系の
 思想家です。宗教者といってもいいかもしれません。
 光明思想とはこの世界がどんなに悪や暗黒に満ちている ように見えても本来は調和、善、光、救済が予定されて いるという側面を説いたものです。
 ロマンロランも同じく人がどんな苦難に会おうとも最終 的には必ず神の恩寵によって救われることを
 「ジャン・クリストフ」という小説にしていますので、
 同じ真理に至った人です。
 ゲーテが同じ系統かどうかは分かりません。
 

Qアプラウトはコンジュゲーション、ウムラウトはインフレクションとディクレンションを担当するとみなしてよいですか?

以前こちらでアプラウトとウムラウトの違いについてすばらしい回答をいただきました。ですがまだ私の理解力不足もあって、はっきりとわかりません。

アプラウトはコンジュゲーション、ウムラウトはインフレクションとディクレンションを担当するとみなしてよいですか?

Aベストアンサー

まず conjugation は動詞の変化、declension は名詞・形容詞の性・数・格の変化、inflexion は広く語形変化です。

動詞の変化、ドイツ語 schwimmen - schwamm - geschwommen、英語 sing - sang - sung、ギリシア語 leipo - elipon などの時制変化はアプラウトです。しかしドイツ語 ich sehe - er sieht の変化は人称語尾にかつてあり今は失われた母音によるウムラウトで、ブルガリア語の動詞変化にも普通ウムラウトとは言いませんが後続母音による母音変化が認められます。az bljazoh - toj bleze(動詞過去時制単数一人称-三人称)。

ウムラウトは後続する母音による受身的な変化なので「変化を担当する」という言い方は本来おかしいのですが、現代語では実質変化を担当すると言える気がします。例えばドイツ語の Mann - Maenner の単複変化はもともと Mann - Mannen だったものが変音した方が変化の感じを強く感じるために類推によって変音 er 型に変わったそうです(変音 er 型複数は7つの中性名詞しか本来なかった)。

動詞における語幹の母音交替はアプラウトによるものですが、人称変化の中には変化語尾に起因するウムラウトを含むことがあります。名詞・形容詞の語幹の母音変化は語尾によるウムラウトです。sing - song などの品詞変化はアプラウトですがこれは語形変化に含めないのが普通です。

アプラウトはコンジュゲーション、ウムラウトはディクレンションを担当すると大まかには言えるでしょう。

まず conjugation は動詞の変化、declension は名詞・形容詞の性・数・格の変化、inflexion は広く語形変化です。

動詞の変化、ドイツ語 schwimmen - schwamm - geschwommen、英語 sing - sang - sung、ギリシア語 leipo - elipon などの時制変化はアプラウトです。しかしドイツ語 ich sehe - er sieht の変化は人称語尾にかつてあり今は失われた母音によるウムラウトで、ブルガリア語の動詞変化にも普通ウムラウトとは言いませんが後続母音による母音変化が認められます。az bljazoh - toj bleze(動詞過去時...続きを読む

Q皆様の、 好きな言葉、嫌いな言葉は、何かありますか? 僕は、 好きな言葉は、 『煩悩菩提』(=迷

皆様の、
好きな言葉、嫌いな言葉は、何かありますか?

僕は、
好きな言葉は、

『煩悩菩提』(=迷いがあって初めて、悟りもある。)、『光が強ければ影もまた濃い。』
(byゲーテ)、

『絶望出来ない者は生きている必要は無い。』
(byゲーテ)

『一匹狼』

『ポーカーフェイス』

『鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす。』
等です。
m(_ _)m

そして嫌いな言葉は、
『弱肉強食』
『就職』
『チームワーク』
等です。
m(_ _)m(^∀^)ノ

Aベストアンサー

リベルテさん。初めまして。
この場を提供してくれて有り難う。
おかげさまで"共感・共有"が、私のお気に入り言葉になりました。

『煩悩即菩提』は煩悩が菩提心を起こすきっかけになる、と云う事ですね。
煩悩=菩提ではない、と思っています。

『光が強ければ影もまた濃い』に付いては、濃い影には強い光が必要だ、と受け止めたいです。

『絶望出来ない者は生きている必要は無い』
これに付いての本能的,反射的思いは"反発"です。
たぶん、絶望したことが無いから。
私は生きる資格はないのか、と思ってしまいます。
もちろん、こんな短絡的な解釈は間違っているのだろうとは思いますが。
絶望したことのある人にとって、この言葉はどんな意味や、力が有るのでしょうか。
聞いてみたいですね。

『鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす』
これを、
『鳴けぬゆえ焦げるわが身のなさけなさ』
と、してみました。

やっぱり蝉のように鳴かなければ、、、
蛍、ではないのだから、、、と思います。

№13の"お気に入り言葉"も、みんないいですね。

Qウムラウトについて…

エクセルやホームページビルダーなど、パソコンでドイツ語のウムラウト「¨」の付いたuなどの文字を入力するにはどうすればいいのでしょうか?
ウムラウト「¨」だけなら「きごう」と入力して変換すれば「¨(ウムラウト)」として出てくるんですが、それをuやaの上に乗せないと意味がないのです…。
どなたかご存知の方、どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

 わたしもあまり詳しくはないんですが、これってたぶんMS製品用の仕様で、つまりMS製品(アウトルック、ワード、エクセル、IEなど)では表示できるけど、他社製ソフトは対応してないってことなんじゃないかと考えています。ホームページビルダーではたぶんäといった表示になってるんじゃないかと思いますが、そのままアップロードしてIEで見ればちゃんとaウムラウトが表示される……はずです。

Q遊星人との対話

遥か彼方の遊星人と我々人間の思惟形式が同一である可能性はあると思われますか?
なければ永遠に対話することは不可能ということになりますよね。

Aベストアンサー

「遊星人と我々人間の思惟形式が同一である可能性」は高いと思います。その根拠は、以下の通りです。

遊星人といえども、「生物」である以上、自然環境の中で持続的に生存することが必要であり、そのためには、自然環境を理解することが必要になります。ところが、自然法則は、この宇宙全域で同一であると考えられます。そうなると、少なくとも、自然現象の理解に関しては、遊星人と我々の間で、理解のレベルに差異はあるとしても、基本的には共通性があると考えられます。

また、遊星人といえども「生物」である以上、我々と同様に、内部環境と外部環境の区分が生じていると考えられます。それがないと「生物」としての自立性が維持できないからです。ところが、内部環境と外部環境の区分がある以上、内部が外部を理解するためには、どうしても、外部に関するモデル化が必要になります。その結果、何らかの言語的な抽象機能が備わっていると思われます。その言語的なものを使って、自然現象に関する理解の記述を行うはずですから、遊星人の言語的なものが、我々の言語構造と見かけ上、異なっていたとしても、自然現象という共通実体を記述している以上、何らかの翻訳が可能になると思われます。

以上は、「遊星人」がいることが前提です。蛇足ですが、もし、「遊星人」は存在しないが「遊星ブタ」は存在したとした場合、別な疑問が出てきます。それは、「遊星ブタ」は、自らの力で宇宙空間に飛び出すことができるのか?そして、その場合、言語機能は不要なのか?もし、言語機能が不可欠だとして、言語機能を持つ「遊星ブタ」がいたとしたら、それは、「遊星人」と呼んでもいいのではないかということです。

「遊星人と我々人間の思惟形式が同一である可能性」は高いと思います。その根拠は、以下の通りです。

遊星人といえども、「生物」である以上、自然環境の中で持続的に生存することが必要であり、そのためには、自然環境を理解することが必要になります。ところが、自然法則は、この宇宙全域で同一であると考えられます。そうなると、少なくとも、自然現象の理解に関しては、遊星人と我々の間で、理解のレベルに差異はあるとしても、基本的には共通性があると考えられます。

また、遊星人といえども「生物」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報