【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

宇宙は、開放系ですか?
だとすると、今も、宇宙は、膨張しているという
ことなんでしょうか?

閉鎖系だとすると、いつかは、宇宙は、熱平衡状態に
なってしまうということでしょうか??

それから、
熱力学の第2法則とエントロピーの法則は、
違うものなんでしょうか?
同じように考えてしまうのですが・・・

秩序あるものが、無秩序へ向う・・・
というふうに漠然と解釈しているんですが・・・

どなたか、詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

●熱の移動とエントロピー変化について



No.2のpsa29さんの回答にもありますが、おおざっぱにいうと「熱の出入り」というのは「乱雑なエネルギーの出入り」のことなのです。なので、熱が加えられるということはより乱雑になる(=エントロピーが増大する)ということなのです。
ただ、(ちょっと逃げた回答になりますが、)エントロピーと熱の移動をより明快に関連付けたいのならば、やはり数学的な記述が必要不可欠になってきます。

●宇宙と地球のエントロピー変化について
宇宙全体が閉鎖系だとしたら、時間が進むにつれてエントロピーは増大するか、あるいは一定のまま変化するかで、減少することはありません。

宇宙は閉鎖系だという想像は自然ですが、宇宙が閉鎖系という確証は得られていないという話を聞いたことがあります(私はこのあたりは詳しくないので不確かなのですが)。(いまGoogleで調べてみると「宇宙は閉鎖系で・・・」という記述がいくつか見つかりました。ただ信頼できる情報源かどうか分からないので。)

地球は地球外とのエネルギーの出入りがあるため、確かに開放系ですが、地球のエントロピーが減少しているか増加しているか、あるいは一定かは、ちょっと私の知識がないためわかりません。地球科学の専門家なら分かるのかもしれません(まだ分かっていないかもしれない)。


●宇宙の膨張について
ちなみに、宇宙が「膨張している」ことと「開放系である」ことには関係はないのではないでしょうか。「宇宙が膨張していること」自体は遠くの銀河ほど離れるスピードが早いことから既に明らかになっています(参考URLが参考になると思います)。

●まとめ
以上をまとめると
○「熱」とはおおざっぱにいうと「乱雑なエネルギー」
○地球は開放系
○現在、宇宙は膨張している

また、私には分からないため、答えられないことは、
・宇宙が開放系と閉鎖系のどちらであるか?
・地球のエントロピーの変化(増加or減少or一定)

上で「分からない」と書いた点は、それぞれ「天文学」「地学」のカテゴリで聞いたほうが的確な回答が得られると思います。

ちなみに、エントロピー関連の話題はつかみどころのない神秘的なイメージがあるせいか、机上の空論的な安易な新説(いわゆるDQN)が多いようなので注意してください。科学に詳しくない人がうっかりだまされてしまうのは嫌なので・・・。「量子論と複雑系のパラダイム」というHPがよく検索で引っかかるのですが、これなんかむちゃくちゃなので、参考にしないでください。

だらだらと長文失礼しました。

参考URL:http://skyserver.nao.ac.jp/jp/astro/universe/uni …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
とても、整理できました。
他のカテゴリーでも聞いてみようかと思います。


特に、熱エネルギーが乱雑なエネルギーであり、
エントロピーを増大させるという内容は
私にとってとても、有意義でした。

微分・積分を、もう一度、エントロピーの本でも買って、
勉強してみます。

ではでは。           感謝

お礼日時:2004/08/31 21:57

さらに補足です。


エントロピー増大の法則と熱力学第2法則は等価です。
ただ、熱力学第2法則にはクラウジウス、トムソン、ケルビンなどによる異なる表現法がいくつかあります。

「熱は高温部から低温部にしか自発的に流れない」
「熱を低温物体から高温物体へ移し、それ以外に何の変化も残さないようにすることは不可能である」
「仕事が熱に変わる現象は不可逆である」
「一つの熱源から吸収した熱を全部仕事に変えて、それ以外に何の変化も残さずに周期的に動く機関は存在しない」

そのことを、エントロピーという量を導入して「閉鎖系ではエントロピーは増大する」という表現を用いて述べたのが、エントロピー増大の法則です。

この回答への補足

詳しいご説明、本当どうも有難うございます。

少し分かってきましたが、微分が出てきた時点で
思考が停止しています・・・(笑)

地球は、開放系であるといいます。
それは、太陽エネルギーが照射されているからだと・・・・

だとすると、地球は、エントロピーは減少している
のでしょうか??

宇宙全体では、どうですか??

私は、エントロピー増大の法則とは、
ただ、単純に、外部から、目的・方向性を持った
力が加わらない限り、秩序あるものは、いつかは、
無秩序になる・・・ということだと思っていたのですが、

この現象と、熱の移動が、どう関係してくるんでしょうか?
全然、私の頭の中で、結びつかないんですが・・・?
よろしくお願いします。

補足日時:2004/08/31 15:42
    • good
    • 1

No.2の補足に対してお答えしたいと思います。


エントロピーの増大則は、閉鎖系でのみ成り立つ法則です。

閉鎖系でなければ、エントロピーの減少はあり得ます。
dS = dQ / T
ですから、熱が奪われた場合は dS<0 となります。

閉鎖系で考えると、奪われた分の熱は必ず、より低温な他の系に移動します。エントロピー増加は各系に与えられた熱を各系の温度で割ったもの(熱が奪われた場合は負の値になる)なので、熱が高温系から低温系に移動した場合には「低温の系のエントロピー増加>高温の系のエントロピー減少」となり、よって合計のエントロピーとしては増加します。
    • good
    • 0

宇宙に関しては、よくわかりませんが、熱力学第2法則とエントロピー増大の法則は、同じものだと私は思います。


nablaさんがお示しのように、冷水とお湯を混ぜるとぬるま湯になりますが、ぬるま湯を2つに分けても、自発的に冷水とお湯とには分かれません。
でも、冷水に含まれる熱エネルギーとお湯に含めれる熱エネルギーとの総和は、それらを混合したぬるま湯に含まれる熱エネルギーの総和とは等しいですよね。
(エネルギーは保存されているわけですから)
でも片一方の方向にしか進みません。
それはその方向がエントロピーが増大する方向だからです。
冷水とお湯とを接触させると冷水の熱エネルギーが移動し、冷水は温度が高まり、お湯の温度は低くなります。
このとき、お湯のエントロピーは減少し、冷水のエントロピーは増加します。
合計すると、エントロピーの増加の方の数値が大きく、全体としてはエントロピーが増加しているので。
全体を一つの系(孤立系)と考えると、その系の中だけで変化している場合、必ずエントロピーは増加します。
ぬるま湯に外からエネルギーを加えれば、お湯と冷水に分けることは可能です。
まずぬるま湯を2つに分け、一方だけ加熱すれば温度差はできますし、反対を冷却すれば、再びお湯と冷水になります。
でも、余分なエネルギーが必要となり、外から加えたエネルギーも含めて考えると、やはりエントロピーは増大してしまっているのです。
私たちは日常生活で電気を使い、熱や光などの他のエネルギーに変換して、便利な生活を送っていますが、電気エネルギーを変換する前と後では、エネルギー量は同じで、エネルギーは保存されています。(第1法則)
しかし、電気というエントロピーが低く、質の良いエネルギーから、熱というエントロピーの大きな質の悪いエネルギーに変換してしまっているのです。
再び質の良いエネルギーを作りだすためには、さらなるエントロピーの増加が必要なのです。
そのために大量の石油を燃やしています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%8A%9B% …

この回答への補足

どうも有難うございます。
せっかくご丁寧な回答を頂いたのに、
多分、半分も分かっていないと思います。
誠に申し訳ございません。勉強不足です。

私は、開放系でも、閉鎖系でも、
エントロピーは増大するということが本当なのかどうか
知りたいんですね。

そういうふうに質問すれば良かったですね。(笑)

つまり、太陽エネルギーが地球には届いているので、
地球は開放系だというのですが、それでも、
地上の自然界のエントロピーは増大しているのでしょうか??

つまり、アミノ酸が太古の地上で発生するには、
紫外線もだめだし、酸素もあってはなりません。
分解されてしまうからです。
アンモニアも紫外線で分解されてしまいます。

だから、最近では、海中で、生命は誕生したという
ことになっているみたいですが、
果たして、海中で偶然生じたアミノ酸が、
太陽エネルギーのおかげで、エントロピーが減少して
お互いが、化学的相互作用により、結合して
偶然、タンパク質になることがあり得るのか?

ということを知りたいんですね。

そのためには、開放系では、熱力学の第2法則は、
通用しないのかどうか?
(=エントロピーは減少する・・・?)

これが知りたいんですね。
よろしくお願いします。

補足日時:2004/08/31 11:54
    • good
    • 0

答えられる範囲で答えます。



>閉鎖系だとすると、いつかは、宇宙は、熱平衡状態に
なってしまうということでしょうか??

物質も温度も一様になってしまうというのは古い考え方で、最終的には光る星のないブラックホールだらけの宇宙になってしまうというのが定説です。(その後ブラックホールが蒸発したりなんかしたりするそうですが詳しいことは知りません)

>熱力学の第2法則とエントロピーの法則は、
違うものなんでしょうか?
同じように考えてしまうのですが・・・

これは違うものです。
熱力学第2法則は簡単に言うと「冷たい水に熱いお湯を入れてぬるま湯にすることはできてもぬるま湯を2つに分けたところで冷たい水と熱いお湯にはなりません」という主張です。
それに対してエントロピーの法則は「エントロピーというよく分からない量があってそれが減ることはありません」という主張です。
これを熱力学に限れば熱力学第2法則ですが、例えば水の中に食塩が解けていくのもエントロピーの法則のおかげです。
このエントロピーというよく分からない量の正体はその状態をミクロの目で見たときの場合の数の対数です。
詳しいことは下をどうぞ。

参考URL:http://www.nagaitosiya.com/lecture/0102.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございました。
難しすぎて、私には、よく分かりませんでしたが、
ちがうということだけはよく分かりました。

どうもです。         感謝

お礼日時:2004/08/30 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学の授業での疑問

化学での、閉鎖系・開放系・孤立系の3つの系がありますが、それぞれの実際の例を教えてください。
閉鎖系が温室ということしか把握できていません。
開放系・孤立系をおしえてください。

Aベストアンサー

>化学での、閉鎖系・開放系・孤立系の3つの系がありますが、

 化学というよりは、物理学の概念です。

>閉鎖系が温室

 農業等で使われている温室は、空気が出入りしていなければなりませんから、閉鎖系ではなく開放系です。


 孤立系とは、物質とエネルギーの両方共、系の内外の間で出入りが無い系の事です。
 密閉した魔法瓶は、孤立系に近いですが、多少は熱の出入りがありますから、完全な孤立系ではありません。
 熱が伝わる事を完全に防ぐ事は出来ませんから、私が知る限り、完全な孤立系と呼べるものは、系の外というものが存在しない宇宙そのもの以外には無いと思います。


 閉鎖系とは、系の内外の間で、物質の出入りは無いが、エネルギーの出入りはある系の事です。
 密閉した容器は全て閉鎖系です。
 身近な例では、缶詰め、密閉された瓶、レトルトパック、電球、蛍光灯、等は閉鎖系です。
 尚、紙や布には目に見えない程小さな穴が無数に開いていますから、紙や布で出来ている、箱や袋の口を閉じても、密閉容器にはなりません。


 開放系とは、物質とエネルギーの両方共、系の内外の間で出入りがある系の事です。
 密閉されていないものは、全て開放系です。
 身近な例では、生物の身体、内燃機関(エンジン)、ストーブ(電気ストーブを除く)、炊飯器、普通の建物、等は開放系です。

>化学での、閉鎖系・開放系・孤立系の3つの系がありますが、

 化学というよりは、物理学の概念です。

>閉鎖系が温室

 農業等で使われている温室は、空気が出入りしていなければなりませんから、閉鎖系ではなく開放系です。


 孤立系とは、物質とエネルギーの両方共、系の内外の間で出入りが無い系の事です。
 密閉した魔法瓶は、孤立系に近いですが、多少は熱の出入りがありますから、完全な孤立系ではありません。
 熱が伝わる事を完全に防ぐ事は出来ませんから、私が知る限り、完全な孤立...続きを読む

Q標準燃焼エンタルピー

ベンゼンC6H6の標準燃焼エンタルピーを求める問題なのですが...。H2O、CO2、C6H6の標準生成エンタルピーの値が問題中に提示されている時、それらの値をどのように使って標準燃焼エンタルピーを求めたらよいのでしょうか?お分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

こういう問題に関しては、図を描くのが一番です。
燃焼エンタルピーや生成エンタルピーの言葉の意味はわかりますよね?
生成エンタルピーは、化合物が、その構成元素の単体から生成するときのエンタルピーです。つまり、O2やH2に関しては生成エンタルピーはない。

まず反応式を書きます。C6H6+15/2O2 → 6CO2+3H2O
そして図を描きます。最初の基準は、すべての単体です。上下はエネルギーです。上に行くほどエネルギーが高い。

-----C6H6 + 15/2O2
 ↑C6H6 1molの生成エンタルピー(負だから基準より上)
 ↓
----- 15/2O2+3H2+6C (基準)
 ↑
 | H20 3mol、CO2 6mol分の生成エンタルピー
 ↓ (正だから基準より下)
----- 3H2O+6CO2

燃焼エンタルピーは、この場合は一番上から一番下の状態への変化だから、その二つのエネルギーがどれくらい離れているかを計算して、下向きに反応が行くわけだから、正の答えを出せばよろしい。
図はすごく役に立ちますよー。

こういう問題に関しては、図を描くのが一番です。
燃焼エンタルピーや生成エンタルピーの言葉の意味はわかりますよね?
生成エンタルピーは、化合物が、その構成元素の単体から生成するときのエンタルピーです。つまり、O2やH2に関しては生成エンタルピーはない。

まず反応式を書きます。C6H6+15/2O2 → 6CO2+3H2O
そして図を描きます。最初の基準は、すべての単体です。上下はエネルギーです。上に行くほどエネルギーが高い。

-----C6H6 + 15/2O2
 ↑C6H6 1molの生成エンタルピー(負だから基準より上)
...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Qエントロピーが最大値をとることは熱力学的な平衡である

エントロピーが最大値をとることは熱力学的な平衡である

ということがニュアンス的にはわかるのですが、
(エントロピーが増大する方に物事は進む、それが最大になるまでその反応は進む)

それを示す
0≧δS(U,Vは一定)

がどのように導かれたのか、
またこの式からエントロピーが最大が平衡
というにはどうすればいいのかがよくわかりません。

教えて頂けると嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通学習する熱力学は「平衡状態の熱力学」です。
熱力学な状態はすべて平衡状態であるとして考えています。
温度や圧力、エントロピー、フリーエネルギー、・・・はすべて平衡状態での値です。
ある状態から別の状態に移った時の熱力学的な量の変化は、その変化が「準静的な過程」で実現したとして求めることができます。エントロピーが状態量であるというのはどの本にも載っていて、強調されていることです。状態が決まればエントロピーが決まるのですからどこかから生まれてくるという事はありません。
ある変化によってエントロピーが増えるというのは、移動した先の状態でのエントロピーが初めの状態よりも大きくなるような方向の変化が起こったということ事です。準静的過程を使えばエントロピーが大きくなる方向にでも小さくなる方向にでも移ることができます。
準静的でない変化でも、その変化が起こった結果、平衡状態が実現していれば、その状態によって決まるエントロピーが分かるはずです。初めの状態Aと終わりの状態Bが決まればその途中の変化が準静的であろうと準静的でなかろうとエントロピー変化は同じなのです。
どこが違うのでしょう。
温度の異なる2つの物体を接触させたとします。この2つの物体はこの2つ以外の外部からは孤立しているとします。温度の高い方から低いほうに熱が移動してある温度で平衡が実現します。この時のエントロピー変化は同じ状態に行くための準静的な変化を考えれば知ることができます。移って行った先の状態ではエントロピーが大きくなっているというのがエントロピー増大の法則と言われているものです。
準静的な変化ではどの方向にでも移ることができますが、不可逆変化ではエントロピーの増加する方向にしか移ることができないという事です。
エントロピーが平衡状態を記述する量であるにも関わらず、起こった変化が可逆変化であるか不可逆変化であるかの判定に使う事ができるというのはこの部分によってです。
準静的な変化である状態に移ることができたとします。その時、熱量△Qが系に入ったとします。エントロピーの変化は△Q/Tです。同じ状態に不可逆な変化で移ったとします。その時の熱量qは△Qよりも小さいです。T△S>qです。qが実際に移動した熱量、△Qはその変化を準静的な過程で実現した時に必要とする熱量になります。実際に移動した熱量が第一法則の対象になりますからq=△U-p△Vです。T△S>△U-P△Vが出てきます。2種類の熱が出てきます。△S=△Q/Tと書くことができるのは準静的過程に伴って起こる熱の移動に対してだけです。

平衡状態でしかエントロピーは定義されていません。
「平衡状態ではエントロピーが最大になっている」という表現は誤りです。
非平衡状態の熱力学の解釈が紛れ込んでいます。
「エントロピーが生まれる」とか「エントロピーの流れ」という表現も「非平衡状態での熱力学」の立場での解釈です。

統計熱力学で出てくるボルツマンの S=klogW はWが最大になった時の値が熱力学関数であるエントロピーSになるという意味でした。
平衡状態でしかエントロピーが定義されていないのですからWが最大の時しかこの式は意味を持ちません。でもこれを最大値でない時のWに対してもSが決まると読んでいる人もいるようです。そう解釈すると「平衡状態ではエントロピー最大」という解釈が出てきます。
でも「非平衡状態でのエントロピーが、最大値でない時のWによって定義される」というのは認められていることなんでしょうか。
少なくとも「平衡状態の熱力学」の範囲外の事です。

熱力学を分かりにくくしている理由の一つが「平衡状態の熱力学」の中に「非平衡状態の熱力学」の解釈や表現が混ざってきていることです。普通の学生はこれで沈没します。式だけが使えたらいいという立場に開き直ってしまいます。
その方面の専門家を目指している学生であってもどこまでが「平衡状態の熱力学」であり、どこからが「非平衡状態の熱力学」の解釈であるかということが分からなければ先に進むことができないのではないでしょうか。

よく出てくる熱伝導でのエントロピー変化を表す式 △S=Q(1/T2-1/T1) (T1>T2)も非平衡状態の熱力学の立場が紛れ込んでいる例です。
平衡状態の熱力学である限り、熱が移動した結果の状態が平衡状態になっていなければいけません。
でもこの式は熱が定常的に移動する場合に当てはめようとして使われています。
物理化学の教科書の中には、平衡状態も想定されていない、定常状態でもないという場面でこの式を使ってエントロピー変化を出さそうとしている問題がよくあります。式だけが一人歩きをしています。

普通学習する熱力学は「平衡状態の熱力学」です。
熱力学な状態はすべて平衡状態であるとして考えています。
温度や圧力、エントロピー、フリーエネルギー、・・・はすべて平衡状態での値です。
ある状態から別の状態に移った時の熱力学的な量の変化は、その変化が「準静的な過程」で実現したとして求めることができます。エントロピーが状態量であるというのはどの本にも載っていて、強調されていることです。状態が決まればエントロピーが決まるのですからどこかから生まれてくるという事はありません。
ある変...続きを読む

Qエントロピーの意味がわかりません。

本を読んでいると、「エントロピーの発生、増大」とった表現とたまに出会いますが、一体どういうことを言っているのかよくわかりません。辞書を引いてもよくわかりませんでした。どなたか解説おねがいします。

「…夏だろうが冬だろうが温度が一定であるという秩序こそが文明にとって大切だと考えるべきなのです。しかし、秩序をそのように導入すれば、当然のことですが、どこかにその分のエントロピーが発生する。それが石油エネルギーの消費です。」

エントロピーとは何かと引き換えに発生するものなのですか?今もっている知識は「エントロピーの増大=無秩序状態になる」ということと、「自然は必ず秩序から無秩序に向かう」ということぐらいです。このことについても解説してもらえると助かります。

Aベストアンサー

.
 熱力学第二法則がエントロピー増大の法則なのですが、難しいことは一切言わず、身の回りで見られる現象面だけで説明することにします。

 熱いものは放っておくと自然に冷める。コーヒーにクリープを入れるとかき混ぜなくてもやがては混じり合う。水は高いほうから低いほうに流れる。リンゴは木から地面に落ちる。岩石は風化して砂や土になっていく。綺麗に整理しておいた机の上もそのうち乱雑になる....
 こういうふうに、自然というのは(手をかけない限り)何か特定の高い(秩序がある)状態から乱雑なあるいは拡散した状態になっていく…というのがエントロピー増大の法則です。これは自然の原理なんです。

 これをもっと拡大解釈すると情報の世界にも通用します。機密性の高い情報はやがては漏れたり流布して誰もが知ることになり、情報としての価値が薄れる。高度な知識もいずれは普及して常識化し、知識と言うほどではなくなる。最新モデルの製品は発売したときから陳腐化を始め、作られた制度は運用とともに活力が失われ有名無実化していく。感動的な芸術も次第に輝きと人々の関心が薄れる…という具合です。

 エントロピー増大という自然の原理に逆らうためには、人手などの外力をかける必要があります。たとえば、製品の使用が終わりゴミや屑と化して散逸した(エントロピーが増大した)ものを収集し分別し場合によっては精錬や高純度化すれば、エントロピーが小さい状態になります。
 「捨てればゴミ、分別すれば資源」などと最近よく言われます。ゴミ化すればエントロピー増大に行きますが、分別して純度・濃度を高めればエントロピーが小さくなります。

.
 熱力学第二法則がエントロピー増大の法則なのですが、難しいことは一切言わず、身の回りで見られる現象面だけで説明することにします。

 熱いものは放っておくと自然に冷める。コーヒーにクリープを入れるとかき混ぜなくてもやがては混じり合う。水は高いほうから低いほうに流れる。リンゴは木から地面に落ちる。岩石は風化して砂や土になっていく。綺麗に整理しておいた机の上もそのうち乱雑になる....
 こういうふうに、自然というのは(手をかけない限り)何か特定の高い(秩序がある)状態から乱雑...続きを読む


人気Q&Aランキング