ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

今日の「目がテン」でやっていたのですが、月が昇る高さは冬が高くて
夏が低いとのこと。しかしその理由まで解説はありませんでした。
月の公転は27日周期ですから、太陽のように季節によって昇る高さかが
変わるという理由がよくわかりません。
スッキリしないので、おわかりの方、教えてください。

A 回答 (5件)

まず、月の高度は月齢によるので「月が昇る高さは」は間違いで、満月が…、でしょうね。



満月は太陽の正反対に来た時ですから、単純に考えると太陽が沈んだ時に昇ってきて、太陽が昇ってくるときに沈みます。冬を例にしましょう。太陽が出ている時間が短くなる、ということは、裏返しの月が出ている時間は長くなりますね。東から昇って西に沈むまでの時間が長くなるためには…「夏の太陽の様に」高いところを通ればいいと思いませんか(^^)?

これは、もうン十年前に、高校入試の問題集を説いていた友人にした解説です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

よく考えると満月というのがポイントでした。
満月が太陽の真逆なので、夜は太陽の軌道と逆になるのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/20 12:19

失礼いたしました。

 一部に誤りがあったので訂正いたします。

【訂正1】
>ただ、この日の南中は6:18ころ(東京)なので、日の出の
>1時間後くらいになり、下弦の月見えるかは?

ただ、この日の南中は5:16ころ(東京)で、南中高度は
80.4度くらいになります。


【訂正2】
>  → ex.東京:35.65+上記の赤緯(分以下は小数点に変換)

  → ex.東京:(90-35.65)+上記の赤緯(分以下は小数点に変換)

  注:上記の赤緯は 09:00 の値なので、南中時刻により
    若干ずれます。
    • good
    • 2

太陽の高度が季節により変わるのは、地球の自転軸(地軸)が約23.4度


傾いているためです。

また、月の公転軌道は地球の公転軌道に対して5度くらい傾いていますが
とりあえず、この影響は考えないものとします。

地軸が傾いている影響は、太陽の動きに対しては地球の公転が影響しますが
月の動きに対しては、月の公転が影響します。

そのため、太陽の高度が1年で変化するのと同様に、月の高度は1月弱で
変化します。
(ここでいう高度とは、南中時の高度)

ところが、実際に月が高い、低いを意識するのは、月が見やすいころ
に限定されるで、夏)は低く、冬は高いと感じます。
(実際は、夏の満月は低く、冬の満月は高い)


満月の場合には、夏至のころが最低で、冬至のころが最高の高度になりますが、
新月(月は見えない)の場合には、太陽の位置とほぼ同じなので冬至のころが
最低で夏至のころが最高高度になります。

また、上弦の月(半月)は太陽が沈むころに南中しますが、秋分のころが
最低で春分のころが最高高度になります。

【2009年の例】

・満月      赤緯
2009/06/08  -26:25:32 ←最低
2009/12/02   24:55:17 ←最高

・新月
2009/06/23   25:40:24 ←最高
2009/12/16  -25:45:39 ←最低

・上弦の月
2009/03/04   26:16:50 ←最高
2009/09/26  -25:45:35 ←最低


2009年9月の南中高度に注目すると
下弦の日(9/12)の南中高度が最高になります。

ただ、この日の南中は6:18ころ(東京)なので、日の出の
1時間後くらいになり、下弦の月見えるかは?

【2009年9月の月の赤緯】
2009/09/01  -20:40:22
2009/09/02  -16:50:52
2009/09/03  -12:19:50
2009/09/04  -07:17:44
2009/09/05  -01:55:26 ←満月

2009/09/06   03:35:39
2009/09/07   09:03:03
2009/09/08   14:12:44
2009/09/09   18:48:48
2009/09/10   22:33:28

2009/09/11   25:08:02
2009/09/12   26:15:31 ←下弦
2009/09/13   25:44:28
2009/09/14   23:32:46
2009/09/15   19:48:53

2009/09/16   14:50:02
2009/09/17   08:58:45
2009/09/18   02:39:37
2009/09/19  -03:43:10 ←新月
2009/09/20  -09:47:17

2009/09/21  -15:13:07
2009/09/22  -19:44:27
2009/09/23  -23:08:57
2009/09/24  -25:18:40
2009/09/25  -26:10:22

2009/09/26  -25:45:35 ←上弦
2009/09/27  -24:09:41
2009/09/28  -21:30:42
2009/09/29  -17:57:53
2009/09/30  -13:40:54

 注:任意の位置での南中高度 = 観測地の緯度+赤緯

  → ex.東京:35.65+上記の赤緯(分以下は小数点に変換)
    • good
    • 6
この回答へのお礼

細かいご説明ありがとうございます。
ひとまず、図にしてみたらよく理解できました。

お礼日時:2009/09/20 12:16

月の公転は関係ありません。



地球の公転面と月の公転面はほぼ同じ平面になっています。
昼側と夜側の違いですね。地球儀で試してみるとすぐにピンと来ます。
月は日中も見えますから、昼間の月は太陽と同じ動きになるはずですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

昼間月で考えるとよくわかります。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/20 12:04

冬は太陽の高さが低くなります。

これは地軸が地球の公転面に対して傾いているからですが、月の場合も同じです。ただ月が見えるのは地球の暗い側(太陽と反対側)になります。冬に月を見る角度は、夏に太陽を見る角度に似ていることになるので、冬の月は高度が高いのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、太陽の逆ということですね。
考え方はわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/20 12:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月のでる位置は?

太陽は季節によって上る位置がずれていきますが、月はどうなっているのでしょうか?あまりにも基本的なことなのか、その手のサイトでも見つかりません。

Aベストアンサー

日によって、また季節によっても出る位置(方位)が同じになるには恒星みたいに天球上でじっとしてるものだけです。
恒星も固有運動でゆっくりとわずかに位置を変えますが人間の一生の間では裸眼で見る分には動いたとは認識できません。

太陽は地球が太陽の周りを黄道上を公転することで赤緯と呼ぶ天球上の緯度が-23.4°から+23.4°の間を一年をかけて変化します。
月の軌道面は黄道面に対して約5°傾いていて、一月足らずで一回公転しますのでその間の出没方位は大きく変化します。
でもふだん月を見る時って満月や三日月や上弦の半月など目を引く形が多いですね。
例えば満月に限れば南中したとき夏は南に低く冬は天頂近くに感じます。

約18.6年で回転するというのは、月の軌道面が黄道面に対してその交差する位置が一周する周期です。
月の模様が逆になることはありません。(^_^)

で、実際の月の出の方位を知るのには便利なホームページがあります。
お星様とコンピュータのページ
http://star.gs/
左のメニューから「★出没南中時刻」の「太陽,月,惑星」をクリック。
お住まいの所に地域名か経度緯を設定して、天体名に月を選択し「OK!」ボタンをクリックします。
日付と計算期間も設定できます。
出没時の時刻や北からの角度が計算されます。

日によって、また季節によっても出る位置(方位)が同じになるには恒星みたいに天球上でじっとしてるものだけです。
恒星も固有運動でゆっくりとわずかに位置を変えますが人間の一生の間では裸眼で見る分には動いたとは認識できません。

太陽は地球が太陽の周りを黄道上を公転することで赤緯と呼ぶ天球上の緯度が-23.4°から+23.4°の間を一年をかけて変化します。
月の軌道面は黄道面に対して約5°傾いていて、一月足らずで一回公転しますのでその間の出没方位は大きく変化します。
でもふだん月を見る時って...続きを読む

Q月はどちらの方角から昇るのでしょうか

太陽が東からのぼり西に沈み、月は反対かと思っていましたが、どうも間違いのようです。月はどの方角から昇るのでしょうか。

Aベストアンサー

もう既に回答が出ている様に、現代の感覚では月は東から昇るのですが、
文学などで、月が西から東へと動いて行くような表現が良くあります
ので、それをそのまま受け取って混乱されているのかもしれません。

月は、日周運動では東から西へと動きますが、約30日(朔望月 約29.53日)
かけて西から東へと公転していますので、一月程度の期間でみると
星々の間をゆっくり東へと進んでいるようにも見えます。

平安の貴族などはこの様子をみて、月は西から昇ると表現した、
と言われています。

Q月の見かけ上の大きさが異なるのはなぜ?

地平線上の月を見るのと天頂あたりで見る月とでは、
天頂の月が小さく見えます。
何故ですか?
過去の質問も見たのですが・・・
どうも心理学的な錯覚とのことですが、いま少し詳しく教えて下さい。

もしかすると心理学のカテゴリーで質問したほうがよかった?

【過去の似た質問】
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1465354
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=849569
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=603355

Aベストアンサー

 【月の錯視】の問題は【知覚バイアス】で説明するのが適当と思います。

 「月の錯視」は、古代ギリシャのアリストテレスの時代から謎とされている有名な現象です。錯視の量を測ってみると、地平の月は天頂の月より2~3倍も大きく見えると言われています。これだけ大きな【錯視】は他に類を見ません。

 実はこの錯視の原因は完全に解明されていません。もっとも有力な仮説は、地平の月には風景など距離の手がかりがあるためだという説です。手がかりがあることで、奥行き感が生じ、そのため月は遠い距離にあると【脳】で判断されます。その結果、ポソゾ錯視と同じように、遠くにあるものはサイズが大きくなるように【知覚的】に補正されるのです。

 ロックとカウフマンは1960年代に月の錯視をくわしく研究しました。彼らはプラネタリュームで実験し、完全な暗闇ではほとんど月の錯視が起こらないことを発見しました。さらに屋外で人工的に作った月の像を比較する実験を行い、地平の風景が見える場合と見えない場合では、前者の方が1.34倍大きな月に見えることも報告しています。

 このように大きさの知覚は、周囲の環境の手がかり次第で変化してしまうのです。
 
 もう少し掘り下げて考えて見ますと【網膜像にうつる真実】と【網膜に映った真実を脳で解釈し見る事実】は異なります。そうですね・・・。身近な例で視覚では少し前のデジカメで写す写真は手ぶれに問題がありました。私たちも動いているので網膜でも真実、画像はぶれているのです。ここに脳での処理(補正)があり、像をぶれずに認識しているわけです。

 このような【知覚の恒常性】は誰もが生まれつきもっている基本特性ですが、知覚の構えや期待、経験など個人的な要因の影響があることも知られています。
 一般に距離や方向、対象の属性などの手がかりが豊富なほど、恒常性は強く働き、手がかりが少ないほど弱まってしまいます。ということは、同じように何かを見ても、そのものや環境についての知識や経験をもっていて、見たものに手がかりをたくさんみつけられる人には、恒常性が強く働くのです。

 恒常性が強く働くほど、網膜に映った画像情報は大きく変容してしまいます。その意味で、私たちが見ているものは、網膜像という外界の投射を正しく反映したものではありません。私たちの脳は、無意識的な推論によって、網膜ではなく、対象そのものをできるだけ正確に再構成しようとしているのです。

 そして、これらの情報処理のおかげで、私たちは時々刻々変化する情報を補完し、その大きさ、形、明るさなどの特徴を安定して知覚することができるのです。
だいぶ、知覚心理学の領域にきました・・・。

 この辺りでご理解いただけたでしょうか。不明な点があれば補足質問ください。

 【月の錯視】の問題は【知覚バイアス】で説明するのが適当と思います。

 「月の錯視」は、古代ギリシャのアリストテレスの時代から謎とされている有名な現象です。錯視の量を測ってみると、地平の月は天頂の月より2~3倍も大きく見えると言われています。これだけ大きな【錯視】は他に類を見ません。

 実はこの錯視の原因は完全に解明されていません。もっとも有力な仮説は、地平の月には風景など距離の手がかりがあるためだという説です。手がかりがあることで、奥行き感が生じ、そのため月は遠い距...続きを読む

Q月の出の方角の違いの原因は?

今もうすぐ満月になりそうな月が上がってますが、季節によって方向が違います?(違ってたはず)
。何が原因なのでしょうか。
今は、南南東方面から、たしか東よりの時は東北東当たりだったでしょうか?

単純に考えたら地軸の傾きが該当するのかなー。と、思うのでですが真相はいったい何でしょうか?

Aベストアンサー

地球から見た太陽の通り道を「黄道」というのに対して、地球から見た
月の通り道を「白道」といいますが、この黄道と白道が5.1度程の角度で
交わっています。

季節により月は黄道の5度くらい北側にあるときもあれば逆に黄道から
5度くらい南側にいるときもあり、さらには黄道と白道が交わるような場所に
くることもあります(日食や月食はこの時期に近いときに起こります)。

黄道上を動く太陽の日の出の方向が季節によって変わるように、黄道から
南北にブレる月の出の位置も季節によって変わります。

立体の話なので説明が難しく分かりにくくてすみません。ちょうどいい
図のあるサイトがないかと探してみましたが見つかりませんでした。

ちなみに白道は年々少しずつズレていきますので、黄道のように天球上に
線を引くのが難しいのだと思います。

Q地球と月の距離は季節により変わるのですか?

月を見ていると季節により大きさが違うことに気付いたのですが、地球と月の距離は季節により変わるのですか? (冷や汗)

Aベストアンサー

付と地球の距離は、最も遠いところで40.6万km、近いところで35.6万kmほどで、比率にして1/7ほど変化します。ですので、月の見かけの大きさも1/7ほど変動します。

ただしこの変動は、「月が地球を一周する間」に起きます。もし地球がまったく動いていないとすると、たとえば満月と新月の大きさが1/7だけちがう、というようになります。

しかし、実際には地球は太陽の周りを廻っています。ですので、春に満月になる月の位置は、秋には180度逆になります。

つまり、同じ満月を見たときには、一番大きく見える季節と一番小さく見える季節が出てきます。おそらくこれが、季節により月の大きさが違って見える原因かと思います。

以上参考になりましたら幸いです。

Q月はいつも違う場所に見えますか?

子供に聞かれ、答えられなかったので教えてください。

今まで月を意識したことはありませんでしたが、
いつも家から出たら、東の方向に月が出ているのしか
見たことはありませんでした。

今晩は、夜8時頃外出時、月が西の山の上に出ていました。
山頂にはLEDの看板があり、家からよく見えるので
外に出たら、自ずと目に入ります。
今まで西の方向に月を見たことが無かったのですが、
今日はLEDの看板の丁度真上に月が出ていました。
10分ほどで山の陰に隠れました、

空に夜、月がまったくない時ってあるのですか?
それと月が西に見えたり、東に見えたりするのですか?

幼稚な質問で恐縮ですが、わからないので、是非教えてください。

Aベストアンサー

太陽が東から昇って西に沈んで行くのと同じですよ。少し詳しく書きますと、

月の公転周期が29日と少しなのに対して、地球の自転周期が1日(約24時間)ということの差です。

地球の自転のほうが早いために、見かけ上、月は(太陽や、その他の天体も同じです)東から西に向かって空を少しずつ移動します。

ここで、ちょっとした実験が家庭で出来ますよ。

 1.お子さんを真ん中にして質問者さんがその周りを回る。その際お子さんには前をじっと見ていてもらう。

 2.今度は同じ位置で質問者さんがじっとして、お子さんにその場でまっすぐ見たまま回転してもらう。(その場合、質問者さんが回った方向とは逆に回転してもらってください。あと、余りきつい回転はしないほうがいいでしょう。気分が悪くなったりしますからね。)

地球がお子さん、月が質問者さんと言うことになります。

原理的には、月の見え方と質問者さんの見え方が同じと言うことになります。(たぶん質問者さんのスピードは多少違って見えると思いますが。)

これで、お子さんにお父さん(パパ?)スゴイって思ってもらえると思いますよ。

頑張ってください。

太陽が東から昇って西に沈んで行くのと同じですよ。少し詳しく書きますと、

月の公転周期が29日と少しなのに対して、地球の自転周期が1日(約24時間)ということの差です。

地球の自転のほうが早いために、見かけ上、月は(太陽や、その他の天体も同じです)東から西に向かって空を少しずつ移動します。

ここで、ちょっとした実験が家庭で出来ますよ。

 1.お子さんを真ん中にして質問者さんがその周りを回る。その際お子さんには前をじっと見ていてもらう。

 2.今度は同じ位置で質問者さんがじっとして、お子さ...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Q冬の三日月と夏の三日月の見え方について☆

いつも冬になると思うのですが,三日月(三日月に限らないのですが,三日月の時によく不思議に思うので)の光っている部分というのは,夏と冬では違うのでしょうか?
冬の三日月は,いつも船のように球の下の方が光っているように感じるのですが,どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

その通り、三日月が沈むときは冬にはやや下側が、夏はやや右側が光っているのです(日本では)。

三日月で光っている側というのは、太陽のある側ですよね。ということは月と太陽(三日月が地平線に近いときはもう沈んでいる)の位置関係を考えれば、月のどちら側が光るか分かります。

ところで「黄道」ってご存知でしょうか?地球から見た、天球上の太陽の通り道のことで、太陽はこの線に沿って1日に約1°動き、1年で1周します。月や、惑星はだいたいこの黄道付近にいます。見方を変えれば地球の公転面です。

この黄道は、天の赤道(春分・秋分に太陽が1日で1周する大円)と23.4°ずれており、天球上で春分の太陽の位置(春分点)と秋分の太陽の位置(秋分点)で交わります。この場所で、天の赤道との角度が最大の23.4°になりますが、春分点では天の赤道よりも垂直に近く、秋分点では水平に近い傾きになります。

話が長くなりましたが、月はほぼ黄道上にいて、月の光る側とはその黄道の延長上にいる太陽の方向と考えれば、月が春分点近くでは下側が光り、秋分点近くでは右側が光るということが分かると思います。三日月と太陽は角度にして40°ほど離れているので、季節として最も下側が光るのは春分の40日ほど前、つまり2月前半、最も右側が光るのは秋分の40日ほど前なので8月前半ということになります。

その通り、三日月が沈むときは冬にはやや下側が、夏はやや右側が光っているのです(日本では)。

三日月で光っている側というのは、太陽のある側ですよね。ということは月と太陽(三日月が地平線に近いときはもう沈んでいる)の位置関係を考えれば、月のどちら側が光るか分かります。

ところで「黄道」ってご存知でしょうか?地球から見た、天球上の太陽の通り道のことで、太陽はこの線に沿って1日に約1°動き、1年で1周します。月や、惑星はだいたいこの黄道付近にいます。見方を変えれば地球の公転面で...続きを読む

Q月が見えない!!

月が見えない!!
4年生の息子の宿題で月の観察をすることにしましたが、ここ1週間月が見えないのです!!
雲のせいかと思いましたが、今日は星も見える。
外をぶらぶらしましたが、やはり東西南北どこを見上げても月がない。なぜですか?

Aベストアンサー

月は太陽と違っていつでも見られるものではありません。
東京であれば今晩は深夜0時11分に月の出を迎えて、昼の15時20分に月の入りになります。ちなみに三日月です。これから新月を迎えますのでますます月は見えにくくなります。
満月を観察したいのであれば、8月20日過ぎがお勧めです。夕方に月の出を迎えて深夜まで月を楽しめます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報