さるプログラムソースを追っていたら、"Used for montgomery multiplication"
なるコメントがあり、その以下で何か計算をしているようなのですが、
いったい何をしているのかーどういった理論?がわかりません。
montgomery という人の名を冠した数学があるようですが、私にはそれがわかりません。
どなたかその方の数学をご存知の方、教えていただけないでしょうか。
質問が漠然としていて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

gooで検索すると、Montgomery [modular] multiplication として、


合同式の計算(mod ナンチャラ)の計算を簡便化する方法として用いられているようです。
(RSAのフェルマーの小定理の計算のところが実際は大変で、
 Montgomeryの方法をつかうというような感じで用いられるようです。)

http://www.dice.ucl.ac.be/crypto/publications/Mo …
にアルゴリズムが載っています。
この場合のMontgomeryさんは Peter Montgomeryさんのようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
この事のようです。
あとは、またこれから先が大変です。

お礼日時:2001/03/20 19:44

あちゃ、別人でしたか。

どーもすいませんでした。

サンプル値の列を整数の有限体(ガロア拡大体とか)上で扱うと離散フーリエ変換とよく似た性質が利用でき、たとえば畳み込み積分などが高速に行えます。しかも(オーバーフローさえ起こさなければ)計算誤差が全く出ない。ただ困ったことに、中途半端な値を法とする合同計算(剰余の計算)が必要で、ここの所が大変なんですね。キットMontgomery modular multiplicationってのはその大変なところを要領よくやる技法なんでしょう。stomachmanも勉強してみたくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざすみません。
ちょっと人違いのようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 19:46

montgomery multiplicationについては知りません。

知りませんが、

Hilbertの第5問題「任意の局所Euclid群はLie群であるか?」に対して、1952年に、任意の局所廉潔な有限次元の局所コンパクト群はLie群であることを証明したのがD.MontgomeryとL.Zippin。
ですから、位相群、特にLie群に関する演算のようですね。
Lie群の代数の専門書に載っているのか?と思ったんですが、stomachman libraryにあるLie群の教科書にはありませんでした。

ごめん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざすみません。
ちょっと人違いのようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 19:46

百科事典で「モンゴメリー」を検索したら、「位相郡」のところに名前が出ていました。


私は文系学生なのでその解説はさっぱりわからなかったんですが、モンゴメリー(Deane Montgomery 1909-)というところだけは解読できました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざすみません。
ちょっと人違いのようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

RSA とは」に関するQ&A: アルミは錆びるの?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学数学の漠然とした質問です。

非常におおざっぱな質問ですが、数学の図形の問題などで、問題の出だしが、「右の図で、……」と書いてある時と、「右の図のように、……」と書いてある時があるのですが、明確な違いがあるのでしょうか。
なぜこのような疑問をもったかというと、二次関数と一次関数の融合の問題で、ある条件を満たす点Pを求めるといったよくある問題の中で、Pがいくつか出てくるはずなのに答えが一つしか書いてないのです。よく問題を読むと「右の図で」と書いてありました。つまり私はこう考えました。「右の図で」なら限定でそれ以外の図は考えなくてよい。「右の図のように」なら図は一例であり、他にも条件を満たす図はあるかもしれないよ、と。
本当にそうなのでしょうか。それとも問題集の解答ミスでしょうか。問題が詳しく書けないのですが、ざっと書くと、y=x^2とy=8があり、y=8上の2点とy=x^2上の2点の計4点で正方形を作るといったものです。y=8をはさんで、上側と下側の2つで正方形ができると思うのですが……。ちなみに図は下側での図が書いてあります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>。「右の図で」なら限定でそれ以外の図は考えなくてよい。「右の図のように」なら図は一例であり、他にも条件を満たす図はあるかもしれないよ、と。

don2さんは非常に注意深い方とお見受けします.
実にもっともな疑問であり, 出題者側が十分注意して記述するべきところだと思います. 残念ながら, ご質問の件について, 責任ある回答は出来ないので申しわけないのですが, 筆者も基本的にはdon2さんと同じ認識です. 経験的には『自信あり』ですが,責任を負えるかと詰め寄られると,責任は負えないという意味です.

「右の図で」なら限定で, (基本的には『題意より』)その図に描かれた場合のみ議論すれば良く,
「右の図のように」ならば, 他の可能性も検討する必要がある...
そう認識しておいてよいのではないでしょうか. 特に複数の答が出てくる場合, 全て挙げるのは大変なので, 1つの例示(ヒント)として参考図の1つが挙げられていることがあったりしますので, そのような場合には, 原則としては全て求めておくべきでしょう.

もしも「右の図で」とあって, 図に該当しない答えがあったら...?
筆者の限られた経験ではそういう記憶はありませんが,もしそうなら問題の書き方が悪いのです.

don2さんが勉強を続けていって,高校以上で記述式の問題でそういう判断がつかない不明な例が出てきたら,安全策としては,一応全て求めておいてから,『題意に適する解は(図に適する)この解のみである』といっておけば,無難です.(実は出題者が要求しているのに答えていないとマズイので.)
でもやっぱり,不明確な出題は出題者が悪いです.

>。「右の図で」なら限定でそれ以外の図は考えなくてよい。「右の図のように」なら図は一例であり、他にも条件を満たす図はあるかもしれないよ、と。

don2さんは非常に注意深い方とお見受けします.
実にもっともな疑問であり, 出題者側が十分注意して記述するべきところだと思います. 残念ながら, ご質問の件について, 責任ある回答は出来ないので申しわけないのですが, 筆者も基本的にはdon2さんと同じ認識です. 経験的には『自信あり』ですが,責任を負えるかと詰め寄られると,責任は負えないという意味...続きを読む

Q東大や京大、数学オリンピック級の問題が解けるようになるための数学の勉強方法を教えてください。 その為

東大や京大、数学オリンピック級の問題が解けるようになるための数学の勉強方法を教えてください。
その為のおすすめの参考書や問題集もあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数学オリンピックについてはよくわからない。

東大や京大の問題を自力で解けるようにしたいなら「大学への数学」を定期購読すれば良い。

Q数学の問題で「生徒数が36人のクラスで数学のテストをした。その結果、男子の平均点は76点、女子平均点

数学の問題で「生徒数が36人のクラスで数学のテストをした。その結果、男子の平均点は76点、女子平均点は85点で、クラス全体の平均点は80点であった。このクラスの男子、女子の生徒数を求めなさい。」という問題がわかりません

Aベストアンサー

男子の人数をxとすると女子は(36-x)人です。

平均点に人数をかけると総得点が出ますから、
男子の得点をすべて足したものは76x、女子は85(36-x)、
クラスの総得点は80×36です。

男子の総得点+女子の総得点=クラスの総得点なので
 76x+85(36-x)=80×36
 76x+3060-85x=2880
 85x-76x=3060-2880
 9x=180
 x=20

よって男子が20人、女子が16人です。

男子の人数をx、女子の人数をyとして
 x+y=36
 76x+85y=80×36
の連立方程式を解いても求められます。

Q【数学】数学Aが数学Ⅰより簡単な気がします。 高校では1年 数学A→2年 数学Ⅰ→3年 数学Ⅱの順に

【数学】数学Aが数学Ⅰより簡単な気がします。

高校では1年 数学A→2年 数学Ⅰ→3年 数学Ⅱの順に習って行くんですか?

数学Aは中学3年生の数学より優しい気がする。

大学の数学は数学Ⅲとかあるんですか?

Aベストアンサー

もしかしたら今はカリキュラムが変わったのかもしれませんが、私の時は1年生の時に数Ⅰと数A、2年生の時に数Ⅱと数Bでした。学校や学科によって3年生の時に数Ⅲと数Cがありましたが、私は数Ⅱと数Bまでしかやっていません。
どちらが簡単なのかは完全に人によるかと思いますね。皆誰でも得意不得意がありますから。ですがさすがに数Aが中学3年生の数学より簡単っていうことは無いと思います。というのも中学3年生の数学ができないとそもそも数Aの問題が解けませんよ。

Q数学の常識を覆す理論を発見しました!

ギャンブルの必勝法を思い付きました ( ゜∀゜)o彡°

もちろん架空の話なんですがオッズ2倍固定で当たる確率が1/3のギャンブルがあったとします。こんな不利な条件でも100%勝てる方法を考えました!!!

始めに賭けて負けたら次の勝負に倍賭けすればイイんですよ!
こうすれば一度勝てれば全ての負債を取り戻してプラスになります!!!

たかが1/3なんですから10回もやれば当たると思いますが無限にやれば100%当たります。当たったら勝てるんですからそこで勝負を止めれば絶対に勝てます。無限の資金と時間があれば100%勝てる必勝法ですよ!!!

まあ現実的に無理なのは分かってますが数学的には正しいから理論と言ってイイでしょう!

質問(1)これは数学的に成り立ってる必勝法ですか?

質問(2)数学的な無限の解釈はこれであってますか?少し便利すぎる気がします。

質問(3)これは理論ですか?屁理屈ですか?

質問(4)こんな条件なら「勝つまで止めない」でも同じように勝てる気がするんですが駄目ですか?

Aベストアンサー

(1) 必勝法ではありません。理由は No.4 さんが書いています。
(2) 自然数の極限としての「無限」の解釈は数学的にあっていると思いますが、
  「無限の資金と時間があれば」の部分が、経済学と生物学に反しています。
  物理学にも反していそうな気がします。(そこは詳しくないのですが。)
(3)「理論」という語を正確に定義しなくては、その質問は無意味です。
  気持的には、「理論」と「屁理屈」に差はないような気がします。
(4) そのとおりです。それが、この議論の要点だろうと思います。
  マルチンゲ-ルは、「勝つまで止めない」にディティールを付加したものです。
  期待値や破綻の確率などが計算し易くなるようにね。

 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報