こんにちは。お世話になります。

これまでいくつかの歯医者さんにかかったのですが、どこも、
予約は週に1回、治療は1日につき虫歯1個(多くて隣り合った2個)
というイメージです。

あまり混雑しているようには見えない歯医者さんでも同様の方針だったのですが、何か理由があって1日にいろいろな歯を治療したり、1週間に何日も治療を受けることができない方針になっているのでしょうか?(混雑以外で)

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず、国が定めている保険の仕組みは、患者さんが治療を依頼する事が前提なので、極端な場合には患者さんが初診で治してくれといった歯以外は手をつけません(勝手に手をつけると虫歯でも傷害罪です)


歯医者が見つけた病気でも患者さんの了解を得る事が義務です。
という事で国の仕組みは基本的に一本単位で想定しています。
そのくせ予算削減で麻酔やレントゲンは隣り合った歯を含めた2~3本単位にしているので、結果的に2~3本です。

根の治療などの感染した歯の治療では、感染の広がりを防ぐ為に、暫くは一歯単位で治療します。

治療したからといって、必ず症状がなくなるわけではありません。逆に治療によって健康な歯が露出し、痛みが出る事もありえます。
なので、複数の歯を治療した場合、痛みが出たらドノ歯か判らないなんて事を防ぐ為には少数で治療するほうがメリットがあります。

なお、治療日は短ければ2~3日置き(根の治療の場合薬が効く時間)が理想です。それに治療の予後を確認する上でも、短ければ2~3日置き、長くても一週間が適当でしょう。あまり間隔が長いと今度は薬効が切れてしまいます。
あとは先生の方針や混雑具合から決められます。

ただし、歯石除去後の検査までの期間はおおよそ一週間と国が指針を出しています。
同じく神経を保護する処置に関しても、最短で一週間、一番長いものでは半年と定められています。
この事から、国が定めているので間を空けたり、それを基準にして予後観察を一週間と定めている医院も多いようです。
    • good
    • 3

では、違った角度から・・日本の医療レベルは先進国のなかでもトップレベルですが、治療費は他の先進国に比べ10分の1程度の安さです。

ただ、国の財政は大変なこととなっており、この安さであれば、一度にたくさんの治療を行えば、医療機関も患者さんもメリットが大きいと思いますが、これをやってしまうと、お上から注意を受けてしまいます。医療費削減の方針はこれからも続きますから、患者さんの要望はこれからますます聞くことが困難になると思います。最近、保険制度の縛りを嫌がって、保険証の使えない医療機関が増えてきています。患者さんにとっては、安く、早く、上手な歯科医を望むと思われますが、限りなく不可能と考えてもよいと思います。通う回数の少ない治療が希望であれば、自費専門の医療機関を強くおすすめします。
    • good
    • 3

6番さんが咬合に関して触れられたので、改めて私が関わった歯科の教則本を読んでみました。


私は教則本の著者でもなければ歯科医師でも無いです、単に印刷会社に頼まれてイラストや治療写真と文章の校正を手伝ったというだけです、フリーランスなので著者も印刷会社も私の正体を多分知らないと思います(個人情報の絡みがあるので一言)、出版後記念に1冊もらいました、歯科医師ではないので猫に小判ですけど。

この先生の理論(AS理論)に依れば、規格模型(各個人の頭蓋と上下顎模型の水平的・垂直的な位置関係を咬合器上に再現した模型)をまず作成し、総合診断の後その後の作業を規格模型上で進めるとなっており、基本的にはPankey,Mann,Schuylerらによって提唱されたオーラルリハビリテーションを応用した術式がベースになっています。
これにより、迅速確実な治療が行えるということで、著者の略歴をみると先に回答した「当日治療」の歯科医院で研修しているので、この影響かと思うけど、一気にやるようです。
ただ先に書いた私が鞄持ちで付いていった大先生に依れば、この理論は独自理論でなかなか受け入れられない上に、著書でも「高位歯は形態修正を行い、咬合平面(湾曲)を整える」が「低位歯はとくに処置する必要は無い」と書いており、この大先生は低位歯の処置もやるべきという理論で激論したという話しも聞いたので、歯科医により意見はまちまちで、一日で作るには無理があるように思います。
    • good
    • 1

よく『かみ合わせ治療』という看板が出ている歯医者がありますが



現在統合的な『かみ合わせの理論はない』というのが歯科が置かれた
立場です。
正確にはナソロジーという理論があるにはあるのですが
不十分なものです。

ですので『咬みあわせを一度壊してしまうと、元に戻せません』

ですので『一回の治療に一箇所しか触らない』が基本です。
一箇所であれば、あとで不都合が起こったときそこだけ、治せば
回復しますが、複数個所同時に触ると、どこにかみ合わせの問題が
生じたかは判断できなくなります。
つまり咬みあわせを壊さないために一箇所づつ治療をする
一週間置いて治療した箇所にかみ合わせの問題がないことを
確認する、、という作業を歯科医師はしています。

またそういうこともあり複数個所一気に治療をすると
保険の審査で通りにくいという事情もあります。
(保険の審査官がおかしな治療と判断するため)
    • good
    • 0

保険診療の制度の関係上です。

仕方ないです。
    • good
    • 1

日本の医療保険制度の下で病院(医師)の利益というか報酬が「最大化」されるのが現状でしょう。



同じ人見るのに1日(1回)で済めば1回分の診療、10日に分ければ10倍です。
また加工はさむときは外注するからいくらか期間おくのはやむをえないでしょう。

中国の富裕層向け歯科治療だと海水浴場(保養地、避暑地)にホテル建て、全身麻酔で一挙治療です。稼ぐ人はそうやって時間倹約した方がビジネスに有利というわけです。
    • good
    • 2

岐阜県の朝日大学のインプラントの講習会に、講演されるある大先生の鞄持ちで出かけたときのこと、この近辺は治療が早い歯医者がいることで有名な地域だという話しになりました。


検索するとやはりヒットして

http://www.kanamori-honin.or.jp/ireba.html
>型とりから噛み合わせの記録、人工歯配列等の工程を1日で行い、その日のうちに完成・装着いたします。

この地域は当日治療で有名な場所で、ここに書かれているように、終戦直後と思いますけど、私の祖母もわざわざ電車に乗って治療に行ったと話していました。

ただ、想像ですけど、先生が何人もいなければ無理がありますし、抜糸をすれば歯肉の状態等も変わるので、一般的には難しいのでは無いかと思います。
患者の状態を観察しながらやるとなると、数日は間を置いて治療するという事になるかと思います。
    • good
    • 0

特にその様な事は決まってないと思います。


敢えて言えば 1日で治療が数本にまたがって 数時間かかったとしたら
2つの問題が出てきます。
一つ目は 患者側の数時間口を開け続けることが出来るか
二つ目は 1本で30分程度の治療と数本で数時間の治療 診療報酬の請求は同じ

なら 双方利がある方を選ぶのが普通と思います。
自由診療なら まとめて数時間治療 してくれると思いますよ。
その分 治療費 桁が3つほど増えそうですが・・・
    • good
    • 1

私は新婚旅行の3週間ほど前にあちこちの虫歯が一度に全部痛くなってしまい、週に4回治療してもらいました。


絶対無理ということはないです。

多少回数を増やした方が 儲かるからだとは思いますけど…

あと 治療を受ける方も 変化に慣れる必要があると思います
腫れたままでは出来ない治療もあるでしょうし…
「これで大丈夫です」と患者がOKしても数日後に「やっぱり違う。違和感がある」とか言われる可能性まで考えられるので
だんだん慣れてもらって一番良い状態に仕上げるのは 時間をかけること なのかな? と思いますよ

あ、私の父が歯科関係の仕事をしていて、夏休みに私の治療を知り合いの歯科医にお願いしていたのですが
1日で治療完了です~父が付きっ切りでその日のうちに金属部分を全部作っていたので その日のうちに入りました。
今の歯科医院では技工所が隣接しているということは あまりないし
その日のうちには まず作りません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯医者って値段はいっしょ?

こんにちは。歯医者に行こうと思うのですが、歯医者って同じ治療をすれば値段はいっしょなのですか?
高い歯医者、安い歯医者ってありますか?
麻酔一本いくらとか決まってるんですかねぇ?
あと、いい歯医者と悪い歯医者の見分け方ってありますか?やっぱり行ってみないと分からないとかですかね?

Aベストアンサー

 法律上は、「歯科点数表」というもので「処置Aをしたら何点」というふうに決まっています(1点10円です)ので、診療内容が同じなら、どこの歯科医でも同じ金額のはずです・・・が、実際はそうじゃないですね。

 射ってもいない注射や撮ってもいないレントゲンを算定するとなると、これはもう触法行為で、下手をすれば保険医取り消しですが、病状を実際より重く書いて、指導管理料を算定したり、あまり必要の無い検査をしたりというのは日常茶飯事でしょう。

 私の経験から言うと、公立病院の歯科が親切で安上がりです。開業医の、特に保険の利かない治療をやたらと勧めてくるようなところは要注意です。あと、これから行う処置や治療の方針・内容などについてきちんと説明してくれるような歯科医がベストだと思います。言ってくれないのなら自分から質問してみましょう。それでいやな顔をするようなら、その歯科医はやめたほうがよいと思います。

Q歯医者の治療費なんですが、同じ治療で、保険適応内なのに歯医者によって治療費が違うのはどうしてですか?

歯医者の治療費なんですが、同じ治療で、保険適応内なのに歯医者によって治療費が違うのはどうしてですか?
今、通ってるところは初診料が無くて毎回治療費が、2千円~3千500円程かかります。治療時間は、10分かかりません。
以前の、歯医者は初診料が千円以上かかりましたが、2回目からは、数百円程度だったのですが、この違いって、なんなんですかね?

Aベストアンサー

両者の金額差は、健康保険証提示による保険適用と、健康保険証未提示による医療費の全額自己負担の違いでは?違ってたら無視してください。

Q良い歯医者の見分け方

いい歯医者の見分け方を教えてください。こんな歯医者はいい歯医者な場合が多いとか、こんな歯医者は駄目だとか。お願いします。

Aベストアンサー

矯正以外の場合を簡単にですが書いておきます。2つ以上該当する場合は要注意だと思います。ただし、以下の項目に該当するからといって即、駄目だというのではなく、駄目な場合が多いということです。

1.自宅開業の場合は建物はそんなに綺麗ではないことと。
2.賃貸で開業の場合はビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと。
3.経営者が外車や高級車に乗っていないこと。
4.歯科衛生士や歯科助手の数は必要最低限度であること(歯科医師1人につき、歯科衛生士や歯科助手は3人までが限度でしょう。2人ぐらいがベスト。歯科医師以外のスタッフの数が多い歯医者の場合、流れ作業で治療をされたり、不必要に通院させられる場合が多い。特に、通院しても歯科医が一度も見てくれないようなところは最悪。また、歯科助手に歯を触らせる歯医者は違法なので絶対に行かないこと。)
5.必要以上にレントゲンを撮らないこと。また歯科医以外の人間がレントゲンを撮影しないこと。(ボタンを押すことは歯科医だけができる。助手などがすれば違法である。)
6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。
7.インプラントなどを不必要にすすめないこと。
8.神経を抜かない、抜歯しない。
9.治療方針を説明してくれる。
10.大規模な広告などを行っていない。(タウンページなどチェック)
11.ホームページが必要以上に華美であったり、意味不明なことが書かれていないこと。
12.領収書や治療明細などをきっちり渡すこと(領収書を渡さないところは論外である)。
13.インターネットの口コミサイトなので、やたらと評判が良かったりしないこと(特に歯科医のランキングサイトで異様に絶賛されているところは借金返済に躍起になってる場合が多いので注意)
14.保険で治療してくれるところ(不正請求などをした過去がある歯医者は、保険医取消し処分を受けていたりするので注意。)
15.診察台が多い(歯科医一人につき3台までが限度。2台がベスト。診察台が多い歯科医は流れ作業の場合が多いです。いかに多くの患者をさばくかに必死です。)

領収書をくれないとか、言わないとくれないとか、年に一度まとめて渡すとかいうようなところは絶対にいくのはやめましょう。治療以前に、客商売をする人間として終わってる医院です。

一般的に医者といえば、金持ちが多いと思うかもしれませんが、歯医者の場合は過当競争で借金まみれの場合が多かったりします。特に50歳以下の院長の場合(親が金持ちとかは除く)、まだ借金返済に必死になってる場合も多く、夜逃げ寸前のところも多いです。

結局のところ、歯科大学に通うのがいいと思います。何度も通院させられることもないし、治療した明細もきっちりもらえます。歯科大学の場合、ベッド数がないので特定療養費をとられることもありませんし、治療費が安かったりします。大学病院というと重篤患者が行くイメージがありますが、歯に関してはC1の虫歯でも全然OKです。

矯正以外の場合を簡単にですが書いておきます。2つ以上該当する場合は要注意だと思います。ただし、以下の項目に該当するからといって即、駄目だというのではなく、駄目な場合が多いということです。

1.自宅開業の場合は建物はそんなに綺麗ではないことと。
2.賃貸で開業の場合はビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと。
3.経営者が外車や高級車に乗っていないこと。
4.歯科衛生士や歯科助手の数は必要最低限度であること(歯科医師1人につき、歯科衛生士...続きを読む

Q歯の治療中… 最近虫歯の治療のために歯医者に行っているのですが、歯を削ってもらってる時に、腰のあたり

歯の治療中…

最近虫歯の治療のために歯医者に行っているのですが、歯を削ってもらってる時に、腰のあたりがムズムズして、たまにビクッと体がしなってしまいます。
これってどうやったら耐えられますか?
みんななりますか?
すごく恥ずかしいので教えてください。

Aベストアンサー

原因にはいくつかあります。で、直接的な刺激じゃないので予防法はありません。顔の向きをちょっと変えてもならなくなったりしますし、むずむずするあたりエレキバンみたいのを貼って別の刺激を与えて治る場合もあります。治らない場合もあります。いろいろ試すしかありません。
お尻ポケットに分厚い財布入れるだけでも止まる人も居ます。そして中には性感として感じている人も居ます。昔の歯医者ならそういう知識もありますけど、もう知っている人は高齢になってるでしょうね。知っていれば知らん顔しますよ。

Q歯医者の選び方

虫歯が出来てしまったので、歯医者に行こうと思っています。
歯医者へ行くのは5年ぶりなので、どの歯医者に行こうか迷っています。5年前に行っていた歯医者は今の家から遠いので行けません。
歯医者さんを選ぶときって、何を基準にしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

評判のいい歯医者さんです. ある程度以上に混雑している所です.
保険でやってくれる所です. 最後になるとこれは保険でない方がという歯医者がいますから,要注意です. やたら抜く歯医者もいけません.神経も出来るだけ取らない先生がいいです.
評判を聞くしかありません.

 http://www.4ka.net/
 
  

Q歯医者で歯の掃除中に歯を割られてしまいました。当初歯医者は黙っていまし

歯医者で歯の掃除中に歯を割られてしまいました。当初歯医者は黙っていましたが、私が不審に思い問い合わせると誤って割ってしまったとの事。不誠実な対応に腹立たしい限りですが、こちらはどのような対応を要求出来ますか?

Aベストアンサー

割られた歯、これからの治療(内容にもよりますが)は無料に出来ると思いますよ。

割られた歯は自前ですか?だったら相当責めていいと思います。
どうしてくれるか、とことん話し合う姿勢で接しないとなあなあにされちゃうかもしれませんから。
偽歯でしたら、その歯を治してもらうだけになるかもしれませんね。
それ+頂きモノ(お菓子とか)さしだしてこない歯医者さんならあまり良い歯医者ではありませんね。

私の場合、大学病院でしたが、担当の医師は平謝りな上、治療費もなしでお菓子も頂きました。

とりあえず弁償もなく、開き直ってきたら、消費者センターに報告へ、上司やオーナーが居れば一筆書いて送ったりするのは手でしょう。

はじめは優しく相手の出方をみて話し合い、なっとくいかなければ自分の思う意見を言ってみれば相手の正体はつかめると思いますよ。

Q片やベンツとフェラーリ、片や軽自動車とプリウス・・・どっちの歯医者に行く?

片や、ガレージにはベンツとフェラーリがある歯医者
片や、車庫には軽自動車とプリウスがある歯医者

さて、両方の歯医者が近所にあったら、皆さんだったらどっちの歯医者に行きますか?

Aベストアンサー

単に国産車じゃなくプリウスという所がミソですね。

両方の評判が同じくらいとかどちらも分からないと想定して・・
私だったら 軽自動車とプリウス の歯医者さんですかね。

たまたま近所に開院間近の歯医者さんがあるんですが、
軽のラパンが止まっているんですよ。
好印象です。

Q治療費 安い歯医者・高い歯医者

最近虫歯治療で歯医者通いをしています。
結構治療費が高いので、驚いています。
治療の内容にもよるのでしょうが、
治療費が安い歯医者と高い歯医者があるのでしょうか。
ご存じの方いましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

私は今、某大学病院の歯学部付属病院に通院しています。
国立のためかどうかわかりませんが、
治療費は、一般の開業医に比べるとかなり安いです。
開業医では、何千円もかかっていた治療費が、数百円です。
千円以上支払ったのは、レントゲンを撮ったときくらいでした。

Q素人が、良い歯医者と悪い歯医者を見分ける簡単な方法ありますでしょうか?些細な事で結構です。

歯周病の治療で、明後日歯医者に行かないといけません。
実は生まれて17年、歯医者に行った事が殆ど無く、明後日も10年振りくらいです。
勿論、かかりつけの歯医者なんて無いので、適当に近所の歯医者に予約を入れました。
そこでお聞きしたいのですが、素人でも分かる、良い歯医者と悪い歯医者の見分け方はあるでしょうか?
些細な事でも良いんです。
こんな説明のしかたをする医者はだめとか、
治療の時のしぐさなど、
簡単に判断できる方法を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと
これも1と同じ理由です。私は都心の一等地新築ビルで開業しているだけで、そんな歯医者さんには行きません。何故なら、賃貸料を支払うために本来必要な治療以上に治療されてしまう危険性が「高い」からです。

3.外車や高級車を乗っていないこと。
1と同じ理由です。

4.歯科衛生士さんや受付嬢は居ないこと
1と同じ理由です。患者本位の治療をしていると、人を雇うほどの収入はありません。でも、家族で経営しているような歯医者さんもありますので、この辺は見極めが必要です。

5.必要以上にレントゲンを撮らないこと
知ってますか?日本人の癌患者のうち、2%の人は(つまり100人に2人)、検査時のレントゲンの被爆で発症しているという学会発表があります。必要以上にレントゲンを撮らないことも患者本位の治療を心がけるうえでの条件です。

6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。
単に虫歯の治療をするだけではなく、その原因についてアドバイスしれくれたり生活スタイルまで踏み込んで話をしれくれる先生は最高ですね。

7.インプラントや矯正などを行っていないこと。
これらは本来ある姿ではありません。歯科矯正なども外観的には治療する意味があるのでしょうが、でも人それぞれ顔かたちが異なるように、歯列にも個人差があると思っています。そんな意味からこういった治療を行っている歯医者さんは私の範疇から除外しています。

8.神経を抜かない、抜歯しない。

9.大規模な広告などを行っていない。
1と同じ理由です。

10.保険が利く歯医者さんが良い歯医者さんとは限らない
患者のための治療を行うため、あえて保険が利かない自由診療を行っている歯医者さんもいますので、この点はご注意ください。

さて、これらの条件に合致する歯医者さんをみつけ、実際にその歯医者さんを訪れて、本当に患者のための治療を心がけている歯医者さんかどうか判断する簡単な方法をお教えいたします。

まず歯石だけを取ってもらう旨、先生にお話します。そこで
・レントゲンを撮影しようとしたらバツ。
・歯石だけを取ってくれて、特にコメントなく終わればマル(よっぽどの虫歯があれば別ですよ)
・(親不知があった場合)親不知を抜こうとすればバツ。
・過去に他の歯医者さんが治療した歯を、意味も無く治療しようとすればバツ。理由をはっきり聞いて納得できればマル。
・歯石除去に超音波を使えばバツ。「超音波は歯を痛めない」と歯医者さんは言いますが、そんなばかなことはありません。物理学をチョットかじった人なら誰でもわかります。
・治療後、ご自身が加入している健康保険組合にレセプトの開示を求め、「歯医者さんが開示しない」となった場合、その歯医者さんはバツ。この場合、相当悪質な歯医者さんに間違いありません。通常、患者の命にかかわるような重篤な病気であれば開示を拒否できますが、歯科領域にはそんな病気はありませんので、歯科医師に開示拒否の権限は存在しません。お忘れなく。

最後に。
我々患者は、良き歯医者さんを選ぶ権利があります。そしてそのためには患者もそれなりの勉強が必要です。日本の医療業界もDRGを初めとする、ある意味競争原理が働きつつあります。これからは患者本位の治療を行うことができない歯医者さん(お医者さん)は市場から淘汰されていくことと思います(でもこれって当たり前ですよね。他の業界ではとっくの昔からはじまっている。三菱自動車や雪印は記憶に新しいでしょ)。隣の医者がベストとは限りません。私は自分にとってベストのお医者さんを決めています。私の家からそのお医者さんまでの通院時間はこんな感じです。
・歯科医:2時間
・皮膚科医:1.5時間
・耳鼻咽喉科医:2時間
・内科医:45分
・漢方医:45分

長文失礼。参考になれば幸いです。

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条...続きを読む

Qこの歯医者さんは良い歯医者?悪い歯医者?

先日詰め物が取れて歯医者に行きました。そしたらその歯科医に

「詰め物を詰めた間と歯にまた虫歯が出来てしまっている。この虫歯を削ると殆ど歯が残らないので詰め物をする事は殆ど不可能でしょう。抜くしかありませんね」

っと言われました。

小さい頃から母親に
「すぐ歯を抜きたがる歯医者は絶対ダメよ」

っと言われていた事もあり、まさか抜くなんて事を考えて歯医者には行かなかったのでビックリしてます。(母はどんな根拠を元にこんな事を言っていたのか分かりませんが・・・)

そこで質問です。やはり私のような歯の状態では抜くしかないのでしょうか?

状態は以前虫歯だった所を削られ、結構削ったので詰め物は歯の形に似たものでした。(銀歯の色が白いものです。)その詰め物が外れ、歯医者に行った所その詰め物と残っていた歯の間に虫歯が出来ている。
この虫歯を削ると歯が殆ど残らない為、抜くしかないだろう。

との事でした。私としては出来るだけ歯を抜くのは避けたいです。歯科医曰く、また同じように銀歯の色が白いものをつめる事は不可能ではないが、取れやすいなどといわれました。

この状態ではやはり抜くのが賢明なのでしょうか?

その歯医者さんがヤブだとも思わないのですが、なんせ無知なもので・・・インフォームドコンセプトじゃないですが、私にもしっかり歯の絵などを見せながら説明などはとてもしっかりしてくれました。

アドバイスお願い致します!!

先日詰め物が取れて歯医者に行きました。そしたらその歯科医に

「詰め物を詰めた間と歯にまた虫歯が出来てしまっている。この虫歯を削ると殆ど歯が残らないので詰め物をする事は殆ど不可能でしょう。抜くしかありませんね」

っと言われました。

小さい頃から母親に
「すぐ歯を抜きたがる歯医者は絶対ダメよ」

っと言われていた事もあり、まさか抜くなんて事を考えて歯医者には行かなかったのでビックリしてます。(母はどんな根拠を元にこんな事を言っていたのか分かりませんが・・・)

そこで質問...続きを読む

Aベストアンサー

歯学部生です。
oscar_oscarさんの歯がどのような状態かわかりませんが、歯の形の詰め物(おそらくクラウン)をしているということから、実際の歯はあまり残ってないのではないでしょうか?
詰め物をすると、正常の歯と詰め物との間にはどうしても虫歯ができてしまいます。というのも、その間にはどうしても食べ物の残りカスがつまりやすく、そこに虫歯の原因となるミュータンス菌が歯垢をつくり、歯をとかしてしまうからです。

現在の歯科医療において、できるだけ歯を削らない・抜かないというのは常識になりつつあります。歯医者としても、優先順位の高いものから順に考え、その結果が抜歯だったということですから、本当に歯の根元までしかないのではないかと思います。

歯の根元しかない状態ということは、歯髄(いわゆる神経ですね)がむき出しに近い状況になっているわけです。それを無理に歯肉内部に残すと、それこそ口腔内細菌のすみかになってしまい、歯周炎の原因になりますし、また、神経が化膿したりするととてつもない激痛を伴うようにもなります。
ですから、私もoscar_oscarさんがどのような状態にあるかは質問文から読み取ることしか出来ませんが、歯根部しか残っていないような歯であれば、抜歯することをすすめるかもしれません。

つまり、歯根しか残っていないような歯は、咬合(咬み合わせ)にも直接関与しないし、むしろ細菌の巣となり、周囲の健康な歯に悪影響を及ぼすことがあるので、抜く、ということですね。ここまで症状がすすんでいるならば、お母様のいう「すぐ」歯を抜きたがるとはわけが違うのではないかと思います。「すぐ抜く」というのは、「症状が軽いのに抜く」という意味だと思いますから。

歯学部生です。
oscar_oscarさんの歯がどのような状態かわかりませんが、歯の形の詰め物(おそらくクラウン)をしているということから、実際の歯はあまり残ってないのではないでしょうか?
詰め物をすると、正常の歯と詰め物との間にはどうしても虫歯ができてしまいます。というのも、その間にはどうしても食べ物の残りカスがつまりやすく、そこに虫歯の原因となるミュータンス菌が歯垢をつくり、歯をとかしてしまうからです。

現在の歯科医療において、できるだけ歯を削らない・抜かないというのは常識にな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報