☆砂岩、泥岩、れき岩という、大きさによる分類があります。

☆また、成分による分類があります。
(チャートだとか、凝灰岩だとか・・・)


・・・。
これら二つの分類は”クロス”しているのでしょうか?
上手い言葉が見つかりませんでした。
例えば、同じ砂岩でも、チャートな砂岩(・・・)とか、いや~こっちの凝灰岩は粒が細かいから、泥岩的凝灰岩(!?)に分類できるね。・・・といった具合にです。

言葉からして、すごくおかしいのは承知ながら、それでもわかりませんでしたので、質問いたします。

( ”クロス” という言葉でなく、こういう、、、二つの分類スケールが入り混じった?様な状態の表現方法をも、どなたか、うまく言い表せる方がいましたら教えていただけると、さらにスッキリします・・・  ̄∇ ̄ )


 どうぞ、よろしくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

区分 意味」に関するQ&A: 税区分の意味

A 回答 (2件)

よく使いますよ、凝灰質泥岩とか。

チャートと砂岩というはその成因上全く異なるものなので、チャート質砂岩というのは見かけませんが、チャート質泥岩(こういう言い方もあまりしませんね、珪質泥岩ですか)ならあり得ます。

『堆積岩』というカテゴリの中での議論であれば、『泥岩・砂岩・礫岩』=粒度のよる分類、『チャート・凝灰岩』=成分による分類?と言えないこともないのかも知れませんが、チャートも凝灰岩も岩石の成分のみでなく、その成因や産出形態等を含めた岩石分類名なので、これら2つをクロスに組み合わせて云々という区分の仕方はある意味間違っています。
もし、仮に堆積岩の成分による分類とするならば、『珪質・石灰質・凝灰質・云々』となりますが、それらは粒度のように線形に配置できる分類法ではありません。あくまで『泥岩・砂岩・礫岩』の分類にその特徴を添付したようなもので、成分のみでなく形態、たとえば層状砂岩だとか塊状礫岩だとかいう言い方と変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすかったです!

必ずしも成分による分類ではないという点についても、勘違いをしていました。

質問をしてよかったです。
どうも、ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/12/30 10:20

分類方法をちょっと勘違いしているのかなと思います。



堆積岩は下のように分けられます。
①岩が細かくなって堆積したものが固まったもの
 泥岩 砂岩 礫岩
②火山から噴出して堆積したもの
 凝灰岩(粒子が2mm以下) 凝灰角れき岩(2mm以上の粒子を含む)
③生物の遺骸がたまったもの
 石灰岩(水深30m程度の浅い(陸に近)海なので、粒度は砂岩~礫岩相当)
 チャート(遠洋で堆積したものなので、粒度は泥岩相当)

さらに細かく分類するときに「珪質泥岩」とか、「流紋岩質凝灰岩」のような言い方をします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分類の基本的な話だったみたいですね・・・。

どうも、ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/12/30 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山で拾って来た石みたいなやつ泥岩か粘土岩らしいのですがアクアリウムに使用できますか。水質、水草に問題

山で拾って来た石みたいなやつ泥岩か粘土岩らしいのですがアクアリウムに使用できますか。水質、水草に問題ないでしょうか。
わかる方教えて下さいお願い致します。
できれば詳しく教えて下さいお願い致します。
泥岩か粘土岩であっていますか?

Aベストアンサー

分野によって定義に違いがある場合がありますが,岩石学的には構成粒子が1/16 mmより細かい堆積岩のことを「泥岩」と呼びます.泥岩をさらに細分する場合,1/16 mm〜1/256 mmのものを「シルト岩」,1/256 mmよりさらに細かいものを「粘土岩」と呼びます.

堆積岩にもいくつか種類がありますが,砂岩や泥岩のように粒子が細かい砕屑岩(堆積岩の一種)は,一般的には石英や長石を中心としたモース硬度の高い鉱物が主体となって構成されます(石英は7,長石は6).モース硬度の低い鉱物は,河川で運搬されている最中に破砕されてしまうためです.
石英はSiO2,長石は(Ca, Na, K)Al(Al, Si)4Si2O8という化学式を持っており,これらの粒子から構成される砂岩や泥岩はSiやAlに富んでいます.長石は化学的変質を受けやすいため,Ca, Na, Kなどが抜けてしまっている場合もあります.

というわけで,普通の泥岩であればSi, Alが中心なので水質に悪影響を及ぼすことはないと思います.

ただ,堆積岩は粒子間に水を貯めることができます.つまり岩石を採取した地点付近で何らかの汚染水が流されていた場合,堆積岩はその水をたっぷり含んでいる可能性があります.
採取した付近に工場や鉱山がある場合は,数日ほど綺麗な水に漬けておいて,その水を水質検査してみたほうが良いかもしれませんね.簡単な水質検査キットであれば,井戸水の検査や小中学生の自由研究などでも用いられているようなので安価に入手できると思います.また,pH試験紙などで測ってみるのも良いかもしれません.

ボロボロ崩れる件ですが,圧密が十分に進んでいないと脆弱な岩相な場合があります.ただ,砂や泥がカチコチになったのが砂岩や泥岩なので,崩れても砂や泥に戻るだけです.悪影響は無いでしょう.

分野によって定義に違いがある場合がありますが,岩石学的には構成粒子が1/16 mmより細かい堆積岩のことを「泥岩」と呼びます.泥岩をさらに細分する場合,1/16 mm〜1/256 mmのものを「シルト岩」,1/256 mmよりさらに細かいものを「粘土岩」と呼びます.

堆積岩にもいくつか種類がありますが,砂岩や泥岩のように粒子が細かい砕屑岩(堆積岩の一種)は,一般的には石英や長石を中心としたモース硬度の高い鉱物が主体となって構成されます(石英は7,長石は6).モース硬度の低い鉱物は,河川で運搬されている最...続きを読む

Q泥が泥岩になるとき

泥が泥岩になる際、層厚はどの位圧縮されるものなのでしょうか?環境や年代によって大きく異なったりしますか?

Aベストアンサー

泥の密度は様々ですし、泥岩の密度も様々です。
環境や堆積年代によって大きく異なります。

単純に乾燥密度1.0g/cm3の泥が、比重2.0g/cm3の泥岩になったと仮定した場合、
層厚は1/2と考えればよいのではないでしょうか。
どの時点で泥から泥岩に変わったか判断は出来ませんが。

Q泥岩が卓越した地層

ある地層の堆積環境を考えなくてはいけなくなったのですが、是非ご意見を伺いたいです。

その地層は泥岩層が10~20m位あり、その間に2,3mの砂岩層がいくつか挟まっているような地層なのですが、陸成-浅海の環境であることは文献などから調べました。

そこで、「泥岩層の層厚がここまで厚くなる環境とはどのようなものなのか?」ということをお伺いしたいです。

よろしくお願いします。他に詳しい情報が必要であればご質問下さい。

Aベストアンサー

陸成-浅海の環境であることが確かなのか、確認した方が良いと思います。
陸成と思われていたが、海成だったということもあるようです。
 
陸成-浅海の環境であったとして、層厚が10~20mもあるなら、沈降が続いていたと考えてはどうでしょうか。例えば、大きな川とか淡水域でほとんど水が流れないほど平らなところなら泥が堆積します。そこがゆっくり沈降し続けると泥が厚く堆積していくのにいつも大きな川とか淡水域でほとんど平らな状況が続きます。
沈降速度に若干の緩急があって速く沈降すると水流が流れるので泥が堆積せずに砂が堆積します。その結果水流がほとんど止まってまた泥が堆積するようになります。
大きな河川の河口部分で地盤が沈降し続ける&(若干沈降速度が速い時期に砂が堆積)&(多くの時期はほとんど水流の止まっているようなことが多く泥が堆積)
 
勝手な推定です。
 
http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/01/0109/2010gs/2010-01shizen/part%27s/01shizen-04.pdf
http://www.desc.okayama-u.ac.jp/Geo/Lab/strat/Miocene/miocene.html
http://www.kubota.co.jp/urban/pdf/38/pdf/38_020.pdf

陸成堆積物には「陸地に起源をもつ浅海陸棚の堆積物を含める場合もある」そうです。
http://kotobank.jp/word/%E9%99%B8%E6%88%90%E5%A0%86%E7%A9%8D%E7%89%A9

http://www.pref.kochi.lg.jp/~junkan/tosa/0300-03.htm
  下津井層は陸源性砕屑物質が多いことから、上部大陸斜面上の海段に堆積した地層と考えられている。
http://www.pref.kochi.lg.jp/~junkan/tosa/0300-04.htm
  野々川層南部は泥岩が多く分布している。
  堆積した時代も堆積環境も下津井層とほぼ同じと考えられているそうです

陸成-浅海の環境であることが確かなのか、確認した方が良いと思います。
陸成と思われていたが、海成だったということもあるようです。
 
陸成-浅海の環境であったとして、層厚が10~20mもあるなら、沈降が続いていたと考えてはどうでしょうか。例えば、大きな川とか淡水域でほとんど水が流れないほど平らなところなら泥が堆積します。そこがゆっくり沈降し続けると泥が厚く堆積していくのにいつも大きな川とか淡水域でほとんど平らな状況が続きます。
沈降速度に若干の緩急があって速く沈降すると水流が流...続きを読む

Q堆積岩の分類

テレビで,堆積岩は4種類に分類される。と言っていました。堆積岩は,「砕屑性(砂岩,泥岩など)」「火砕性(凝灰岩)」「破砕性(氷河堆積物)」の3種類に分類されると思っているのですが・・・。4種類に分類されるとすれば,どのような分類になるのですか?教えてください。お願いします

Aベストアンサー

砕屑岩(風化・浸食・運搬による堆積物からできたもの)
火山砕屑岩(火山性の堆積物からできたもの)
化学岩(化学的に沈殿したものからできたもの)
生物岩(生物の遺骸が堆積してできたもの)
という4種類の分類があります。

Q(1)火成岩の分類で、火成岩が塩基性とか酸性とかいうのはどういうことを

(1)火成岩の分類で、火成岩が塩基性とか酸性とかいうのはどういうことをいっているのですか?分類ばかり載っていて実際どういうことかよくわかりません

(2)火成岩の分類について、結晶分化作用で最初のほうに晶出して沈んで固まったのが塩基性岩、最後のほうに沈んで固まったのが酸性岩ということでしょうか


(3)地殻の構造について
マントル→海洋地殻→上部地殻が、カンラン岩質→斑レイ岩質→花崗岩質となっているのは、大陸ができたときにマグマの結晶分化作用で考えればよいのでしょうか

Aベストアンサー

(1)はwikiに載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%88%90%E5%B2%A9


人気Q&Aランキング

おすすめ情報