マンガでよめる痔のこと・薬のこと

慢性的な胃もたれと胃酸過多があり、ある人の勧めでキャベツを毎食時に採るようになり、それから少しづつ楽になりました。
キャベツにはビタミンUがあって、それが胃に良いみたいです。
でも最近、食べ続けることは難しいなぁって、薬に変えてみようかなぁと思い始めました。
例えば、キャベジン コーワSの場合、大人は一回の食後に2錠服用と書いてありますがキャベツに変えると、どれくらいの量に匹敵しますか?


それとキャベジン以外にもビタミンUの成分が入ってる薬、ビタミンUが成分にあり、しかもキャベジンよりも良く効く薬などをご存知の方は教えてください。よろしくお願い致しますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ビタミンU(キャベジン)は水溶性のビタミンなので、熱に弱く、多く体内に吸収するためには、生食やジュースにして飲むのが一番。

さらに、レモン汁をプラスすると、よりヘルシーに。だから、青汁!!

前回の質問に対する回答で、間違えていたので訂正します。ミキサーでジュースにして下さい。キャベツだけではすっごくまずいので、檸檬を搾って。

で、キャベジンがキャベツ何個分かって話ですが、キャベツにビタミンUはおおよそ100 g中に30-40 mg含まれています。キャベツの仲間のブロッコリーだと100 g中に40-50 mgだそうです。

キャベジンコーワSは1錠に25 mgです。
    • good
    • 0

1番さんも書いてますが、ブロッコリーは良いらしいですよ。


キャベツより太いから、多少火を通してもあまり壊れないみたいですし。
調理方法を工夫できそうですよね。
    • good
    • 0

うーん、例えばよくレモン何個分のビタミン入りジュースとかってありますけど、


実際には吸収のされ方やされたあとの体内動態も食物からの摂取とは変わってきますし、
単純に数字で比較するのはあまり意味がない場合が多いと思います。

No1さんも言っておられるように、水溶性ビタミンですから、
余分と判断された分はおしっこで出てしまうだけですし、体内の濃度もあまり長い時間キープできません。
先のジュースの例でいうと、レモン100個分のジュースを飲むより、おかずに一品野菜を加えたほうがよっぽど体に良い場合もあるということです。

前置きが長くなってしまいましたが、
市販の薬を使うなら、規定の用量の範囲内で、
自分の胃の状態と相談しながら、飲む量や頻度をお決めになるのが一番かと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング