痔になりやすい生活習慣とは?

最近の車には個性がなぜなくなったのでしょうか?


一昔弐昔(20年前)位まではそれなりに国産車での個性がありました。
なので若者も熱い思いで車に情熱を注ぐ事の対象となりえたと思います。
例えば個性的な車の一例を少しだけあげると
、ダルマセリカ ブルーバードU マークII ギャランGTO ファアレディーZなどです。

しかし、最近の車は総合的に数値上の出来がよくても
なにかしら強烈な熱い作り手のメッセージが伝わってこないのです。

もちろんこれは多分に個人的な感覚の問題と個性を消して沢山売りたい結果だとも認識しとりますが・・・
一概に普遍化してはいけませんが
なぜ最近の車は個性がなくなってしまったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

>ダルマセリカ ブルーバードU マークII ギャランGTO ファアレディーZ



どれも、懐かしい車ですねェ・・・。
(^^)♪
以下は、「全くの私見」で御座いますが。

上記の車の時代は、良い意味でも悪い意味でも「スポーツカー」が存在して、「車に遊びの要素が有った」、そんな気がしますネ。

勿論、現代でも凄い性能を備えたスポーツカーは販売されています。
しかし、やれ「環境に優しく」、「乗り心地は乗用車並みに」、「扱い易い車に」と言った今風のリスクを伴う面は回避せざるを得なくなると思うのです。

つまり、本来のスポーツカーは、早く走る為のモノで、乗り心地が悪いくらい当たり前、ハンドルが重いくらい当たり前、シフトが堅いなんて普通、エアコンなんて付いてない。
「走りを楽しむのが、スポーツカーだよ」
と主張して、強い個性が光っていたと思うのです。

でも、今では、その個性が主張し辛いのではないかと思うのです。
「乗り心地も乗用車並み、ハンドル操作も楽、シフトもオートマ、エアコン付きで快適、でもスポーツカーですよ」
と言うふうに売り出すしか無い時代なのかも知れません。
真のスポーツカーマニアから見れば、少し物足りなくなった、「お行儀のいい時代」に成ってしまったのかもしれませんネ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

最近はみな忙しいからややこしく扱いづらい物を敬遠するのでしょうね。
車にたいする意識の変化でしょうかね。

外国人車でさえ最近あまり個性がなくなってきたように感じています。
世界的な傾向かもしれませんね。

お礼日時:2010/02/04 11:25

個性=出る杭なんですよね。



100点取れる人間よりも70点で従順な人間を企業は重宝してきました。
今でこそ見直されていますが。

作り手のメッセージが伝わらないのではなく自分との距離が遠いのだと思います。
ダルマセリカ ブルーバードU マークII ギャランGTO ファアレディーZをあげていますが私から見ると全く個性を感じませんので。

私の年代(30代)が免許を取った頃では32GT-R、ランサーEvo、インプレッサSTi、MR2(SW20)、FC、FDのRX-7、ロードスターが個性ある車でした。3ローターのコスモも。
また、初代ワゴンRもかなり個性的だったと思います。
軽四ではマツダAZ-1、ホンダビート、スズキカプチーノなど。

現在ならシビックタイプR、マーチ12SR、スイフトスポーツ、GT-R、IS-F、ランサーEvo10、インプレッサSTi等はかなり個性的だと思います。
出来れば開発者のコメントなどを拾い集めてみるとその日常的ではないとんがったコンセプトが見出されると思います。

車においての個性=非日常かなと。車に注ぎ込む余裕がない、興味がないというのを個性がない個性がないと繰り返すのは、いつまで経っても今時の若い者はを繰り返しているのと同じです。
また、新車で売っている状態が100%では無いです。
中には中古で買った車に新車以上の改造を施している人もいます、メーカーにない個性は自分で作り出せば良いというのも現在の若い人の考えだと思います。私が免許を取った15年前から考えるとかなり適法改造の自由度が広がりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者さんの車に対数真摯な熱い思いがふつふつと伝わってきました。

参考にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/07 13:18

No17さんの言われる要因は大きいと思いますが、ヨーロッパ車の影響があると思います。



ベンツやBMW,アウディ、ボルボなど、メーカーのアイデンティティははっきりしているけど、デザイン的には面白みを感じません。

日本車が過去に追い求めていたテイストは「アメ車」ではなかったでしょうか。
その頃の豊かさの象徴であり、若者の憧れの対象であったクルマには主張があってと思います。

しかし、クルマが憧れの対象でなくなり、道具となった現在では「個性」よりも、ブランドが重んじられるようになって、ユーザーが流行を重視した結果、ヨーロッパ車のデザインを乱用し過ぎたと思います。

テールランプのデザインを見るとワゴン車の縦長ボルボもどき、ビルトインのワーゲンもどき、おむすび型のベンツもどきと、ほんとに情けなく思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど
その話一理あると思うとります。

あの頃のアメリカ車は結構遊び心満載で個性的でかっこいい車が多かったですものね。

だから日本車がマネをしてもなんら不思議はないでしょうし。


ベンツやBMWはそれなりの哲学と個性があると思うとります。
個性がなくなったと感じられるファクターは、日本中にどこにでもあふれて見慣れたせいではないでしょういか??

新たな視点でとても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/06 11:38

燃費・安全・空気抵抗などを突き詰めていけば結局、行くつく所は一つだからでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

短い文章ながらもその要素は大だと思うとります。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/06 11:39

今の車のモデルチェンジする時のデザインで、最も重要視されるのは、旧型車をいかに古臭く見えるようにするかです。


旧型車のオーナーが、最近走り回っている流行のスタイルの車と見比べると、自分の車が無性に古臭く見えて、コストだウンで、粗末になった新型車に思わず乗り換えてしまうようなデザインが求められます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そおいうメーカーの陰謀があったのですね(笑)
新たな視点でした
参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/05 22:22

そりゃ、あなたの個性を感じる感性の問題じゃないんですか?



ヒトにおいても、個性的な顔の人といっても、目が縦長の人なんていないし、口が耳のすぐ下まで裂けている人もいません。
もしいたら、病気や怪我を疑うでしょうね。
それに、個性的なのと、デザインが優れているのとは全く異なります。
もちろん、好き・嫌いの話ではないですね。
私はちゃんと車の見分けは付きますし、車種を混同することもないですがね。

デザインには「意匠」としての効果と、「機能」としての効果があります。
「意匠」としての効果には識別・ブランド形成などを狙っています。
「機能」としての効果には安全・快適などを狙っています。

単に、あなたの好きな外装を持つ車が生産されないだけでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それをいっちゃぁ~なにもはじまらないよ~

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 22:23

それは国産車に限ったことでしょう。

輸入車は今でも個性にあふれていますよ。
アウディも日本人デザイナーがデザインした車種がヒットしていますし、優れたデザイナーはどんどん海外に流出していると思います。
国産メーカーは特にデザイナーの質というか、車好きな人がデザインしたんじゃないデザインの車ばかりですね。特にトヨタは。芸大や美術専門学校の工業デザイン科でただ成績が良かった人を採用したのでしょう。
やはり車はイタリアのように本当に車が好きな人がデザインするべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに外国車はひと目でそれとわかるように個性的ですね。

国産車ではプリ薄がひとめでハイブリッド車とわかるようなデザインですね。

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 22:24

景気が良かった・・・


給料も程よくて人々は車に安全性や燃費よりも趣味と実用を兼ねた存在としての余裕がありました。
メーカーも企業体力があり数が売れなくても個性的な車を多く出せていました。

経済、企業、ユーザーのバランスが良かったんですね。

今は、不景気で企業体力も弱く売れない車は出す余裕も無いです。
ユーザーも趣味よりも実用重視になります。
また、コストダウンのために部品の共通化も個性が減る原因でしょう。
特に軽に見やすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遊びと冒険の余裕がなくなったとうことでしょうね。

これじゃぁ~車ばなれが進むばかりですよね。

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 22:26

旧型のスイフトスポーツって車があります。

生産は終了しましたが、面白い車ですよ。
重量は930kgですし、マニュアルしか無いですし、FFでは珍しい純正でオーバーステアが出ます。
ただし、結構危険なので素人にはお勧め出来ない車に仕上がってます。
そのスイフトスポーツも現在の型に成ってからは万人受けするようになり売れましたね。
個性の有る車が無いのはユーザーの責任ではないでしょうか?
自動車メーカーは売れなければ違うタイプの車を作らないとやっていけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スイフトはなかなか出来の良い車のようですね。

確かにユーザー側の問題というか責任もあるのでしょうが・・


それに腰が引けているのがメーカーではないでしょうか。。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 22:28

感情論で回答するなら、No.3さんと同じですね。


私もMTに乗りたい人間です。
ですが、AT限定免許の普及やチャイルドシートの設置義務などが実施されました。
これらによってAT普及率が増加したがため、MT駆逐+生活のための車の増加が顕著になったと考えます。それが車好きからみれば魅力が落ちたとしか言いようがありません。

そういう私は、7年前にレガシィRS ツインターボ(セダンのMT)を手放してからは軽のMTオンリーです。
維持費を考えればこれしかもう買えません。これをコツコツいじっています。

次に、現実を直視してみると、部品の共有化が挙げられると思います。
基本メカニズムを共有化することによって、ある程度のボディサイズや搭載エンジンが同じになり、
ほんの少し化粧直しした車があふれている…。
コスト削減のデメリットですね。

あくまで個人的意見です。
コストを別の方向に使うためにも、3000cc以上の車に関してはと20万~50万以上、車両価格が跳ね上がってもいいと思っています。
性能も上がってきているんだし、その分を上乗せしてもいいと思います。
基本的に3000cc以上のパワーは日知ようないと感じているし(ジャンル問わず)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コストと個性は今の車作りにおいては
相反する行為なのですね。

個性的な車をつくろうとすれば部品の共通化がネックとなる


とても寂しいですね。

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/04 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近のトヨタ車のデザイン最近というかもう何年も前からですが、トヨタ車のデザイン、あまりにも酷すぎ

最近のトヨタ車のデザイン

最近というかもう何年も前からですが、トヨタ車のデザイン、あまりにも酷すぎませんか?
今度出たプリウスもそうですが、ヘッドライトの形が不自然だったり、フロントグリルが異様だったり、何か余計なディテールがついていたりして。
全体のフォルムだとかでなく、何か小手先だけのデザインのような気がして、ものすごく違和感を感じます。もはや、カッコ悪いを通り越して気持ち悪くすらあります。
それでも、街で見ていると圧倒的にトヨタ車が多いですよね。
もちろん、価値観や美意識は人それぞれですし、デザインだけで車を選んでる訳ではないでしょう。
それでも私には理解できないのです。

みなさんはどう思いますか。

Aベストアンサー

大変興味深いですが難しい問題でもありますね。

マツダのいまの一連のシリーズは、
まずグリルの形状を決めて、そこからボディに意匠を広げていっているそうですね。
BMWやアウディなどを見てもおわかりの通り、
グリル形状にメーカーとしてのアイデンティティがあるくらい、
グリルのデザインは重要なものです。
そこから決めていくというのは、グリルを起点としてボディ全体を設計していくわけですから、
マーケティングやコスト計算よりもデザイン性が優先されていきます。

トヨタのデザインは、クルマのシルエットはもう決まっていて、
グリルなどは、平面的なものをペタッと貼るだけんです。
そこから従来車や競合車と見た目の差別化しなければいけないため、
妙に凝っただけの、無駄にデザインされたグリルやヘッドライト周りになってしまいます。
だから、ゴテゴテしたフロントと、凡庸なシルエット、というちぐはぐな組み合わせになります。

しかしそれが悪いかというとそうでもないようで、
現行のプリウスがカッコいいと思っている人はかなりいるようです。
実際、売れていますしね。

デザインに少しでも関心のある人がカッコイイと感じるものと、
デザインに関心のない人がカッコイイと感じるものに、
どうやら差があるようなんです。
そして当然、プリウスは後者にウケるようなんです。

トヨタはそこを狙うのが上手だなと思います。
デザインに関心のない層が多数なんですから、そこに向けて作ればいいのです。
しかもその方が低コストで作れる、と。
クルマの信頼性も高く、販売網も充実していたら、
デザインに無関心な多数派が好んで、しかも低コストなクルマを作るのは当然です。

あなたがおっしゃることは非常に共感するのですが、
やはり、50%近いシェアを維持する車作りと、
マツダのように5%程度のシェアを維持しようとするのでは、
クルマの作り方が根本的に違ってしまうのですね。

大変興味深いですが難しい問題でもありますね。

マツダのいまの一連のシリーズは、
まずグリルの形状を決めて、そこからボディに意匠を広げていっているそうですね。
BMWやアウディなどを見てもおわかりの通り、
グリル形状にメーカーとしてのアイデンティティがあるくらい、
グリルのデザインは重要なものです。
そこから決めていくというのは、グリルを起点としてボディ全体を設計していくわけですから、
マーケティングやコスト計算よりもデザイン性が優先されていきます。

トヨタのデザインは、クルマのシル...続きを読む

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Qアメリカではどうして古い車が平気で走っているの?

かな~り古い車が大きな顔をしています。大事にのっているのかな?と思いきや、結構『廃車』ぽい雰囲気で。燃費も悪いだろうし、修理や、部品の交換だってお金かかるのに、なんで買い換えないのでしょうか。新車のほうがトクだと思うんですけど。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うものの、とても、新車はおろか、適当な年式の中古車すら買えない低所得者層があまりにも多いという。
 ちょっとオーバーに言えば、錆び錆びのプリムスやフォードくらいになるとさすがに価格はあって無いようなもの、だから、彼らはとりあえず動けばこの程度のクルマで我慢するしかない。とにかくガソリンは高騰したとはいえまだ安いし、これだけは仕方がない。
 ちょっと張り切ってローンで買うと、一度でも支払いを滞納すると、アッと言う間にクルマを持って行かれてしまうから、これも恐い。

 動かなくなったらそれまでのことだけれど、これほどまで使い込まれたアメ車なら、訳の分からない故障はむしろ少なくなって、交換部品とオイルさえ手に入れば、構造も簡単で、仲間内でなんとか修理できるから安上がりで、だから、部品も比較的潤沢で交換フリマにもユニットごと沢山出てきやすいアメ車はこの階層には特に人気があるという。一部の州を除いて車検はないに等しいし、ボディーが錆びて駄目になるほどの湿度もないし、とまあ、こんなことを聞きました。

 彼らにとっては、シビックなど小型の中古日本車は故障は少なく燃費もいいいが、週末にスーパーで買い溜める食料や雑貨が入りきらない車格の割には中古価格も部品も高い。それに、昼食のためだけに100kmも走るような土地柄では、なにしろ精密過ぎて、一旦トラブルが発生すると時と場合によっては生命にかかわりそうで心配が耐えない...と不思議なことも言っていました。夢のクルマと言えば、そうだねえ、カムリなんかが欲しいねと言ってはいましたが。

 これと逆にうらやましいのがレストアード・ヴィンテージ。60年代のピンクのフリートウッドなんかは今見るとなんともドリーミーでいいですねえ。すごいのはハドソン・ワスプやエドセルがまだピカピカで生きていること。アメリカは大きいです。

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うも...続きを読む

Q軽のジムニーか?普通車のジムニーか?

車の購入を考えているものです。車種はジムニー(現行型)と決めているのですが、軽自動車のジムニーか普通車のジムニーか考えております。経費は無論軽自動車のジムニーの方がいいに決まっているのですが、人気(主流)は軽のジムニーみたいですね。1.通勤で使用する(往復30キロ)2.乗りつぶすつもり 3.改造はしない 4.購入時と維持費の経費はあまり考えないが、燃費は良いほうがいい 5.オフロードは、あまりきつくない所を月いちぐらいで趣味で走行する 5.乗りごごちはシャコタンの車に乗っていたのであまり気にしないが良い方がいい 特に、2番の乗りつぶすつもりですので、故障せずメンテナンスをあまり気にしないで(オイル、エレメント交換ぐらいは自分で出来ます)故障せず乗り続けたいです。軽のターボ車という事でそれが(故障)が心配です。以上の点でアドバイスよろしく御願いします。

Aベストアンサー

#3です。

>軽と普通車ジムニーの違いは基本的にボデーはいっしょなんですね!
 ということは中の広さも同じという事でしょうか?

その通りです。寸法的に同じですよ!室内空間は変わりません。


>軽のジムニーにした!という感想をお聞かせ願いたいです。

嫁さんと結婚する前、嫁さんがエスクードを所有していました。1600のショートです。

結婚後、しばらく使っていたのですが、やはり維持費の問題もありまして、

2人とも軽自動車に乗り換えたんですよ。(私も普通車に乗ってました)

ジムニーは、実は嫁さんの好みの車な訳です。

なもんで、金銭的な事で軽を買いました。ホントはシエラが良かったんですけどね^^;

今は子供がいるもんで、1台はワンボックスになってる訳です。

ジムニーは荷物がほとんど載りませんから子供が増えるとやはり不便なもんで。

今でも余裕があれば嫁さんは欲しいみたいです。(XJR400も欲しいとか言ってるし)

ちなみに実燃費はそう変わらないと思います。リッター10km前後ではないかと。

というわけで、軽にしたのは必然って事で^^; すみません。。。

#3です。

>軽と普通車ジムニーの違いは基本的にボデーはいっしょなんですね!
 ということは中の広さも同じという事でしょうか?

その通りです。寸法的に同じですよ!室内空間は変わりません。


>軽のジムニーにした!という感想をお聞かせ願いたいです。

嫁さんと結婚する前、嫁さんがエスクードを所有していました。1600のショートです。

結婚後、しばらく使っていたのですが、やはり維持費の問題もありまして、

2人とも軽自動車に乗り換えたんですよ。(私も普通車に乗ってました)

...続きを読む

Qタービンの最高ブースト圧は決まっているんですか。

タイトルの通りなのですが、
例えば、ランエボとかインプレッサなどは最初からタービンついていますよね。それでターボのブーストっていうのがよく分からないので質問です。

ブースト計って私の知る限りでは、2.0kg/mmまでしかメーターは表示されていません。
もしも、ランエボのエンジンに最初からついているタービンで2.0kg/mm以上まで設定したらエンジンって壊れるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ノーマルのタービンじゃ、いくらブーストコントローラーをつけたところでそんなに上がりません。

タービンは排気の圧力で羽を回しますが、吸気圧力をコントロールするために「アクチュエータ」とか「ウエストゲート」と呼ばれる排気の逃げ道があります。
市販車の場合はほとんど「アクチュエータ式」です。
これですと、排圧が上がったときに、いくら押さえようとしてもアクチュエーターバルブが勝手に開いてしまい、それ以上のブーストがかからないような構造になっています。

せいぜい上げられても1.5kg/cm2くらいじゃないでしょうか。
その場合も数々のパーツを交換、セッティングしないと一発で壊れます。 あまりに多すぎるので割愛しますけど。


たぶん、レース用でカリカリでも2.0kg/cm2ちょいくらいじゃないでしょうかねぇ・・・?
ディーゼルだと3kg/cm2とかあるみたいですが。 それもほとんどレース用ですけどね。


ちなみに、2.0kg/mm2(←単位に注目)なんてバカ高い圧力かけたらタービン、配管などが大爆発しますよ。
普通の200倍以上の圧力ですから。
吸気バルブが押されちゃうかもしれない。 バルブ1本に600kgくらいの力がかかる計算になりますね(笑)

参考URL:http://park2.wakwak.com/~hidemizu/impfaq.html

ノーマルのタービンじゃ、いくらブーストコントローラーをつけたところでそんなに上がりません。

タービンは排気の圧力で羽を回しますが、吸気圧力をコントロールするために「アクチュエータ」とか「ウエストゲート」と呼ばれる排気の逃げ道があります。
市販車の場合はほとんど「アクチュエータ式」です。
これですと、排圧が上がったときに、いくら押さえようとしてもアクチュエーターバルブが勝手に開いてしまい、それ以上のブーストがかからないような構造になっています。

せいぜい上げられても1.5kg...続きを読む

QBMWは壊れやすい?

BMWは壊れやすいと聞きます。
ネットでのBMW系の情報では、トラブル報告よく見ます。

実際にそんなにひどく故障はあるものですか?
日本車乗っていて、自分も周りもめったに車壊れたなんて話題出ないものですので・・・・
BMWは走行性能は抜群でも、品質のしては壊れやすいのですか?

回答として、外国車全般の概説はご遠慮ください。
要点が不明瞭になります。(日本車は壊れにくい。外車は壊れやすい。外車買うならそれ承知で買えという一般論の論点になるのは無駄ですので。)
あくまでBMWに絞ってお願いします。

Aベストアンサー

E46と車種が絞られましたので。

基本的に、故障率は、国産と同じと思います。
ただ、みなさんが言われているように、交換部品について、頻度が高い(寿命が短い)があります。
たとえば、ゴムなど、の変わりに、化け部品で作れば、永久に形が残る部品を作ることは簡単です、でも、リサイクルや、環境にとってどうか。塗料にしても、ガチガチのウレタンなら硬いですが、シンナーが強い。でも、水性塗料は環境にやさしい。
ブレーキパッドも、柔らかいから良く効く。でも、ホイルが汚れる。
でも、これらは、これは、企業ポリシーです。

結果、ディーラーの言う、交換頻度で部品を取り替えている限り、国産車と同じ率だと思いますが(ただ、それが上記の理由で頻度が高い、部品代も少々高い をどう考えるかでしょう)
親戚も含めて、トータル 6台のデータですがね。

中古なら、整備記録を検証されることですね。
これをケッチた中古を買って、壊れたという話に尾ひれが付いたような気がしますが。

QALT(GPT)が異常に高いのですが…

先日、献血を受け、その結果がハガキで送られてきました。見てみるとALT(GPT)が92IU/Lで、「医療機関での受診をおすすめします。」とのことでした。説明書きを見ると急性肝炎・慢性肝炎や脂肪肝などで数値が上がります。とあります。そこで質問なんですが、
1.肝炎でまず考えたのが、B型・C型肝炎等のウイルス性肝炎なんですが、献血結果で送られており、「献血にご協力頂きありがとうございました」以外に特にコメントがないということはその可能性はないと考えてよいのでしょうか?
2.ALTの92という数値は検査に急を要するレベルなのでしょうか?ちなみに前回(H17.9月は26IU/L、H16.4は67IU/Lでした。)
3.肝炎・脂肪肝の症状はどのようなものでしょうか?
ちなみに他の項目の数値は
AST(GOT)が48IU/L
γ-GTPが78IU/L
総蛋白が7.1g/dL
ALBが5.0g/dL
コレステロールが223mg/dLです。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に肝臓で分解されるんですが、処理をし切れずに肝臓にたまってしまったものを脂肪肝といいます。
例えるならば、脂肪という借金を肝臓(消費者)がためてしまうわけです。
ある程度まで消費者は借金を借金で返す、つまり自転車操業してでも生活できます。
このときは破滅への道を辿っていることに気付かないそうです。
しかし借金が雪だるま式に膨らむとついには破綻してしまいます。
この状態が肝臓で言うと肝硬変や肝癌という状態です。

脂肪肝は薬など使わなくても高タンパク低脂肪な食生活である程度改善できます。
脂肪肝と診断されても悲観なさらずに「重篤な病ではなく脂肪肝でよかった」位に思ってくださいね!

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に...続きを読む

Q水平対向とロータリーエンジンは長く乗るならやめた方がいいと聞きますが、本当のところどうですか?

ロータリーは興味ないので良いのですが、今度車を買い替えるのにスバル車が候補にあがっています。予算がないので、低年式の低価格車を探すことになります。
水平対向については、オイル漏れ等は良く聞きますが、それは致命的なことですか?
また、メンテナンスをちゃんとしてあげれば問題ないとも聞きますが、それはどこのメーカーの車でもメンテナンスを怠らなければ問題ないでしょう。ただ、一般的な乗り方としては、定期点検は2年に1回の車検時、オイル交換もせいぜい年に1度と言うのが普通でしょう。実際、今ホンダ車に15年以上乗っていますが、2年に1回の車検時にオイル交換をするだけ、と言う状況で、なんのトラブルもなく乗ってこられました。燃費がどうのとか、走りがどうのとかの問題は別にして、走れば良いと言うレベルで考えた場合、トヨタ車やホンダ車と同じような感覚で乗っていたらやはり故障しやすくなるのでしょうか。スバル車は本当に好きじゃないと乗れない車ですか。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

 GF8インプWRXにのってました。
 今は新型のフォレスターXSに乗ってます。
 GF8インプを10年乗りましたが、オイル漏れは一切無かったですね~。エンジンからは。
 タービンへ送る為のホースは、経年劣化(これはどうしようもない)で破れて漏れましたけど。
 オイル交換は自分でやってましたね。ターボ車なんで、5千キロに一回、エレメントも、1.5~2回に1回のペースで。ガスケットはディーラーで1枚100円で購入出来ます(ホームセンターだと120円)。
 今の車は、5~10年オイル交換をしなくても乗れると言われてますが、やはり、メンテはしっかりして於いた方が良いですね。
 水平対抗E/Gは、シリンダーが左右に付いているのはご存じかと思います。と云うことは、下部のガスケット部分だけが、他の部分に比べて劣化が激しくなると云うことですよね?
 ですから、直4を積んでる車より、水平対抗は壊れやすいと言えるかもしれませんね。
 それはロータリーにも言えますよ。あれは、E/Gオイルも一緒に燃えちゃうんで、直ぐ無くなっちゃうし。
 E/Gオイルは人間で言えば血液。高脂血漿でドロドロの血液で生きるか、さらさらの血液で健康に生きるかの違いですね。車も健康な方がいいと思いますよ。
 現に、20年前のレオーネとか、初代レガシーなんか、まだ沢山走ってますよね?マツダのユーノスコスモとか最近見ますか?
 スバルはとても良い車だと思いますよ。『好きじゃないと乗れない』んじゃなくて『乗れば好きになる』が、スバルの車なんですよ。

 GF8インプWRXにのってました。
 今は新型のフォレスターXSに乗ってます。
 GF8インプを10年乗りましたが、オイル漏れは一切無かったですね~。エンジンからは。
 タービンへ送る為のホースは、経年劣化(これはどうしようもない)で破れて漏れましたけど。
 オイル交換は自分でやってましたね。ターボ車なんで、5千キロに一回、エレメントも、1.5~2回に1回のペースで。ガスケットはディーラーで1枚100円で購入出来ます(ホームセンターだと120円)。
 今の車は、5~10...続きを読む

Qアメ車が日本で売れないのは何故。

TPP参入で日本は農業、アメリカ合衆国は車で特例があるのではとの観測がされています。
アメリカ合衆国が車で特例に日本でアメ車が売れないのが理由だそうです。
アメ車が大型車なことも一因ですがアメ車の広告が少ないこともあるのではないでしょうか。
アメ車に比べて欧州車はドイツ車のCM等TVや新聞で頻繁に見かけます。
ドイツ車ばかりでなくフランス、イタリア、スウェーデン等もCMは多いのですがGM等ビッグスリーのCMは見たことがありません。何故でしょうか。お教え願います。

Aベストアンサー

回答者が若い方が多いのか、かつては憧れのシンボルであり、よくとは言えませんが、それでも結構売れたことを、お忘れのようです。
それくらい現状は、日本のマーケットからアメリカ車が消えてしまっていますね。

いくつかの理由があり、皆さんが書いておられる通り、税制を考えると排気量が大きい、車体が大きくて取り回しがし難い、全体の品質がプア(に見える)などの理由の通りだと思います。

しかし1950-70年代途中までは、アメ車は「あり」でした。
結構品質も、日本車が劣っていた頃は、上に見えたのです。そしてアメリカンライフは憧れのオール電化生活でした。

またスポーツカーというより今考えれば、スポーティーカーだったと思いますが、カッコ重視の2ドアクーペやハードトップ、オープンカーは、夢、憧れだったのですよ。

当然広告も多くしていました。
どこからアメリカ車が、栄光の座から転落したかというと、一つが石油ショック(1973年暮れ)でガソリン価格が高騰したことと、もう一つが変動相場制の以降で1972年8月までは、1ドル=360円で固定でした。
考えてみたらそりゃ儲かるでしょう。アメリカ車も日本で走りにくいことが多少の欠点であっても、売れればもうかるのですから、イメージだけ良けりゃいいという考えでした。

石油ショックはアメリカ自動車産業に大ショックで、それまでの巨大さを誇りにしていたマッスルカーたちも現実の路線になり、排気量もボディサイズも小型にして行きました。
それが現在に至っています。
しかし往年のような伸びやかなデザインは復活できず(近年少し名車復活のようなトレンドもあり)じつにショボいアメ車の時代が、ずっと続いて、日本にも積極的に輸出しなくなり、反対に日本のメーカーがアメリカに進出し、国内より排気量、ボディ共に大きい日本車を大量に売るようになったというのが、こんにちの姿です。

あとはフォードはヨーロッパフォードがあり、GMはドイツのオペルがアメ車の代わりに日本で、ある程度売れるのが、それぞれの本社の国際戦略です。
フォードは一時期、長くマツダと提携しました。マツダの一時の窮地を救ったのが、フォードが窮地になると、マツダが開発してコンポーネンツを輸出するまでに。
またGMはスズキといすゞの関係が深い時期があり、オペルも性質がかぶるクルマが多かったので、それぞれ自由に販売拡大できない時代が続きました。
それも日本市場からイメージが薄くなった理由のひとつです。

もう2010年代になり、それほど大家や“親戚”の顔色を伺わなくてもよい時代になっていると思います。
ただアメリカの自動車産業に、残っている力は、あるにはあるのですが、欧州車の力と魅力の方が大きく、国際的なトレードを考えれば、自動車産業以外の分野で、日本に攻め込む方がTPPの目的を達するのではないか。

5年後の日本を今見られたら、びっくりするような変化も起きているかもしれませんね。
教育とか、介護サービスとか、病院とか、ごっそりアメリカ型になっていたりして。
そんなところです。
それでは。

回答者が若い方が多いのか、かつては憧れのシンボルであり、よくとは言えませんが、それでも結構売れたことを、お忘れのようです。
それくらい現状は、日本のマーケットからアメリカ車が消えてしまっていますね。

いくつかの理由があり、皆さんが書いておられる通り、税制を考えると排気量が大きい、車体が大きくて取り回しがし難い、全体の品質がプア(に見える)などの理由の通りだと思います。

しかし1950-70年代途中までは、アメ車は「あり」でした。
結構品質も、日本車が劣っていた頃は、上に見えたので...続きを読む


人気Q&Aランキング