教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

新築工事で現在は基礎が出来た状態です。
ところが現場を見ると設計図よりも30cm~40cmくらい基礎が低いのが素人目で見てもわかりました。このままでは最終的に盛り土をして地盤面になるくらいにしか基礎の高さがありません。
工務店に確認してもらったところ30cmくらい低いと認めました。
基礎の業者と工務店で話し合った対策は、ケミカルを利用して高くするということでした。まだ詳しく聞いてないのですが、これって今のものに継ぎ足すっていうことでしょうか?
強度や法律など問題ないのでしょうか?
また完成時の見た目(基礎が見えるのかどうかわかっていませんが)も継ぎ足したとわからないのでしょうか?
一度壊して、一からやり直しが良いのではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

No.10です。



No.14様へのお礼を拝見しました。

仮に底盤を残すのであれば・・・
土地に対して、このうえない瑕疵を残すことになるのでは?

撤去しなかった残材のコンクリートガラを、そのまま埋め殺すわけですよね?
単なる費用のかからない産業廃棄物処理場。

将来、40年~50年後に、相談者様の御子息がその敷地になにがしかの建物を建て替えたいとき、地下数十センチのところに簡単に破壊できない鉄筋が入ったコンクリートの底盤があることに気が付いたら、どう思いますか?
なんで、昔こんな手抜き工事をしたんだ?と思いませんか?
その時の撤去の費用は、今の施工者や工事監理者の子や孫が負担してくれますか?

万が一売却の時、瑕疵のある、コンクリートガラが埋め殺されている敷地だと、不動産屋に言えますか?

それとも、底盤を埋め殺すことで、相当分の賠償金を受け取れますか?

工事監理者が何を考えているのか不明ですが、おそらく今目の目先のことだけ考えて、将来のことはあえて見ないようにしているのでしょう。
提案だけでもさることながら、万が一実行するならば、まともな、人の生命と財産を預かる「建築士」とは、思えません。
ミクロではなく、マクロに考えてください。

その上に新しい基礎を作って、上の建物が大丈夫か?などという以前の問題です。

私は20年以上前のかけだしの頃、10億程度の公共工事を担当しました。
公共工事はかなり神経を使いました。
今回の工事のようなことが公共工事で起こっていたらどうでしょうか?

施工者は、ただでは済まないでしょう。
工事監理者も、ただでは済まないでしょう。
現地の工程を確認しなかった発注課の担当者、施設課の担当者も責を問われるでしょう。
契約工期が万が一延びて、県や市の行政サービスに影響が出たら、組織もただでは済まないでしょう。
契約の工事金額次第では、工期が延びると議会の承認を得なければならず、関連課の部課長、知事や市長もただでは済まないでしょう。
公共工事では国庫補助を使っているケースがあり、会計検査の対象になりますから、発注課、施設課、万一補助金が不当工事で削減でもされたら財政課もただではすまないでしょう。

質問者様に、今回の事で施工者と工事監理者からどのうような経緯の説明と釈明と謝罪がありましたか?
なにも無く、ナメられていますか?

公費を扱うと、対象は県民・市民です。
みんな、自分の身だけを守ります。
会計検査院、議会、監査、住民、マスコミ等、想定される第三者からの追求に全力をもって対処します。

常識では公共工事に限らずとも原因が追究されます。
責任も追求されます。
二度と間違いを起こさないよう、求められます。
是正方法も、最善が求められます。
費用負担も、シビアです。是正工事の負担が原因で施工会社が倒産してもあたりまえ。
将来に対する影響も、見逃してはくれません。

今回の事例で、基礎底盤を撤去せずに埋め殺す発想は、誰に対しての最善なのでしょうか?
施主の命と権利と財産を守ることを、何においても最優先していますか?

お客様は神様です、と言いますが、「神」扱いされていますか?

事例が起きた原因が、仮に施工者のBMからの基礎根切り底の高さを取り違え、必要以上に根切ってしまい、それに気付かず基礎を作ってしまい、これらの工程に工事監理者が一切立ち会わず、確認もせず、質問者様がご自身で発見されて発覚したのであれば・・・

常識であれば、いや、少なくとも私の常識ならば、誰と誰に責があるかははっきりしています。

仮に、これが私なら、
1.工事監理者から経緯の説明と謝罪
2.工事施工者から経緯の説明と謝罪
以下は、状況により
3.敷地の形状を着工前の状態に現状復帰
そして、是正案を第三者の建築士にセカンドオピニオンとして意見を聞き、
4.場合によっては、工事契約の破棄を検討
5.場合によっては、工事監理契約の破棄を検討
破棄の条件は、事案に至った原因と責任を追及して、場合によっては弁護士を交えての話し合いも検討
(工事代金の支払いの責がいくらまで発生するか、逆に損害賠償の対象になるか、いわゆる慰謝料の対象になるか、ここまでの遅延したことにより発生した費用を請求できるか、等)
6.場合によっては、当初設計に問題が無ければ、その設計書のままで、別の工事業者と別の工事監理者に再契約

工事監理者と工事施工者の誠意を理解し、第三者からの意見にもとづき最善の是正方法が見つかり、是正の費用負担にも理解し、今後の工程で起こるであろう類似のミスに耐える自信があれば、工事継続。

以下は提案です。
できれば、私含めネットなどの無責任な大衆に匿名で解決を求めず、是正工事の着手前に、至急別の信頼のおける建築士に、有償でもいいから直接対応を相談されたほうがいいと思います。
トラブルに発展しそうなら、弁護士にも。

再度、熟慮を。
    • good
    • 1

No.10です。



レス、ありがとうございます。
繰り返しますが、私は浅学だし、状況の詳細が不明ですし、設計者でも工事監理者でもないので、ご参考になるような助言はできません。
ですから、案の提示や、これでいいのか?などのご質問には正直答えづらいです。

また、私見です。
私は、質問者様のお話を伺う限りでは、今回の事は施工者の一方的な失態と考えます。
工事監理者が選任されていながら、確認をせずに現場を進めたのも同罪です。

工事監理者がやり直しを命じたのも、当然であり、同等の責任があります。

私には腑に落ちないのですが、何故みなさん今回のことをリセットしないのでしょう。
初めに戻さず、基礎撤去を中途半端にして、底盤を残して再利用を考えるとは・・・。

メリット、デメリット、と選択肢を考える発想が私にはどうも理解ができません。
底盤を残し、立ち上がりを当初設計よりも400も高くして、質問者様にどのようなメリットがありますか?
質問者様は当初設計よりも、根切底が400も深くて、立ち上がりが400も高い基礎の建物を、あえて計画変更の手続きまでしてお望みですか?

質問者様があえてそれをお望みならば、構造的に問題が無いと工事監理者によって検討がされるのであれば、それはそれで悪いことではありませんから結構です。

でも、そうなると当初設計というのは一体何だったのでしょう。

私は顔も頭も性格も悪く(おまけに貧乏で・・・)、疑り深いから、耐圧盤を残すのは、施工者側の理由としか思えないのです。
質問者様の事を考えてというよりも、現場を進行させることを優先しているとしか思えないのです。

「砕石混じり」とは、具体的に何を指すのでしょうか?
いわゆる、0-40程度のクラッシャーランでしょうか?

あえて基礎を全面撤去して、砕石事業からやりなおし、砕石混じりなるもので転圧後、新規に基礎を作り直すデメリットを考えれば、
1.短期・長期の地盤沈下の可能性が捨てきれない(砕石分まで入れれば、撤去・入れ替えの深さは施工誤差を考慮して500程度になるでしょうか)
2.費用が発生
3.工期が延びる

砕石混じりなるものを、施工をしくじった施工者の費用負担で浅層混合処理による地盤改良を行えば、1.はかなり減少。
深さが500程度だと浅くてやりづらい、などと文句を言うなら、できる深さまで700でも800でも改良すればいいだけ。

ぐだぐだ言わずに、根切る前の地盤の状態に戻す事。

耐圧盤を残して、基礎の立ち上がりだけを打ち継げば、
1.は解消
2.は減少
3.も減少

しかし、この場合、基礎の立ち上がりをどのようにするのでしょうか。

鉄筋はすべて切断。
継ぎ手に代わるものは、やはりホールインアンカーかケミカルアンカーくらいでしょうか。
しかも、一部の手直しではなく、基礎の立ち上がり部分の全部。

これも私には考えられない。
ケミカルは確かに破壊検査をすれば、それなりの定着力が確認できます。
しかし、私はケミカルというものは、小規模な範囲でしくじったときの補修程度、あるいはリフォームなどの手段程度と考えています。
新築工事の基礎に、最初から全部にケミカルアンカーをガンガン打ちこんで差し筋するなんて、考えられません。
当初設計で、このような設計があり得ますか?
そちらをあえて望んで施工するなんて、私のおバカな頭では、理解不能です。

コンクリートはカッターで縦部分をきれいにカットできますか?
それともブレーカーで景気良く粉々に破壊しますか?
誰も見ていないうちに、ユンボのバケットをぶつけて一気に破壊しますか?
あとでコンクリートをきれいに一体で打ち継げますか?

底盤だけが取り残された現場がそれとなく想像できます。
これが、オレの新築の家なのか?と戸惑う質問者様の姿も想像できます。
決して、おお、これで良かった! と満面の笑みで喜んではいないでしょう。

高額な代金を支払うのに、家族の命を預かる家を新築で作るのに、本当に当初の設計よりもこの方法の方が優れているとお考えですか?
質問者様は、自ら望んでこちらを選びますか?

混乱していませんか? 
客観的に、他人のふりをして外から今回の事態を見てください。

現場が狂ったのは、質問者様には全く責任はありません。
冷静に、一番妥当な選択をしてください。
質問者様が尻拭い法を考える必要はありません。
妥協して、早く工事を終わらせる必要はありません。
妥協して、対策の工事費を安くあげることに協力する必要もありません。
底盤だけを残せば新たな客土による影響はありませんが、もし400以上も盛り土をして地盤沈下を心配するのならば、その原因を作った者に、責任を持って対処をさせて、当初の設計の性能が発揮できるよう施工させればいいのでは?

底盤まで撤去させて、盛り土をして、新たに基礎全部のやり直しを命じたのは施主だから、あとから何かあっても今後責任は一切取らない、などとふざけた事を誰にも言わせない事。
原因を作ったのは全て施工者の落ち度なのだから、当初設計の通りに施工をして、あたりまえ。
それで瑕疵が発生すれば、永久に責任を取るのはあたりまえであり、建築に携わる者の良心であり義務。

砕石混じりの地盤でも、あるいは地盤改良でも、何で施工しても後日トラブルが発生したら、全てこれに至る原因を作った工事監理者と施工者の責任。
このような事態が発生したのも、根切底のBМからの高さを、工事監理者が現地で立ち会わず、確認をしなかったからです。

勝手な事を述べました。気分を害されたらお詫びします。
実は、私の父は大工の棟梁でした。
自分の利益など考えていませんでした。
下職さんの利益と施主の満足を実現するだけ。
棟梁の建てた家には保証書などありません。そもそも保証が無期限ですから。
本来の建築に携わる者の理念からいえば、品確法など不要です。
万一のことがあれば、私財を投げ打ってでも施主に自腹で保証をするのがあたりまえ。

案を提示するのは工事監理者ですが、決定するのは最後はお施主さんです。
できれば複数の案を提示させ、後に後悔の無いよう、熟慮を。
    • good
    • 0

#6です。



案1は、もちろん設計上の地盤面は、当初の工事で掘削してしまっていますから、土を入れて転圧しても安定した地盤には成りません。
単なる盛土した土地に建物を建てるのと同じ事です。
これは、最悪の選択ですので、もし案1を採用するなら土を入れて地盤改良ですね。

案2は、既存の底版を残し、新たに底版の上を「地業」するのですか?
もしもですが、そうだとしたら自殺行為です。
どのような「地業」をするのか? 私には理解出来ません!
既存の底版と新しく造る底版の間に、土又は砕石をサンドイッチさせるのですか?
そんなバカな!
それだったら、「地業」を行わず、既存底版の上に増コンしたのが良いです。
仮に30~40cm増コンしても、基礎重量の増加は700~950kg/m^2程度です。
仮に、現状地盤の地耐力が3t/m^2(30kN/m^2)以上あれば、木造2階建て程度でしたら、ベタ基礎ですから充分に支持できるはずです。
但し、基礎立上りは、既存の立上り部分に配筋された鉄筋を利用して、底版から造るのですよ!!
間違っても、増コンから立上りを造らない事!

以上です。
    • good
    • 0

#6です。



やり直しの決定は、誠に結構な事ですが、ひとつ提案を致しますよ。

もし、底版までの完全撤去を行う場合は、栗石も撤去して地盤改良(表層改良で充分)を行って下さい。
ただ、私は、底版は撤去しないで、立ち上り部分のみのやり直しを薦めます。
結果は、深基礎の様な形状で、底版位置が地盤面より低い事に成りますが、基礎外周面にアスファルト防水を施す事で処理した方が賢明と思います。
尚、1階床部分に床下点検口を設け、床下の点検が行えるようにする。
人通口は適時に設ける事。
これで、床下の空間が大きく成りますから、完成後のメンテナンスも容易に成ります。
失敗を失敗で終わらせない!事も頭の隅に置いて下さい。

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご提案ありがとうございます。
案が二つ出されました。
案1.全て撤去して砕石混じりで転圧後、設計通りに施工
案2.現況の基礎の立ち上がり部分だけ撤去し底版を残し、
  その上に地業して基礎を造る。いわば二重の底版のようになる。

案1でも表層改良をお願いするべきですね。
案2は何かデメリットはあるでしょうか?

工事監理者は私が言うまでもなくやり直しを指示したそうです。
まともな方のようで少し安心しました。
指示の文書化もお願いしています。

お礼日時:2010/02/18 21:14

N0.10です。



やり直しですか。傍で聞いていて、ホッとしました。
続行を強行しないのであれば、思ったほど適当な仕事をする施工者ではないのでしょうか。
施工者には、状況もわからないのに失礼なことを発言したと反省しています。

工事監理者欄に氏名の記入があるのですね。
その者が工事監理者です。
でも、法に定められて必要だから記名しているだけで、定められたお仕事をしない建築士も残念ながらいるようです。

設計が終わり、確認申請の手続きを終えたあと、設計者や代理者はどのように関わっていますか?
設計者=監理者でしょうか?
現場には一切来ていませんか?

はなからやる気が無くても、確認申請に記名されたからには、俺は知らない、は通用しません。
何度も申しましたが、建築士の資格をもって記名・捺印したからには、責任は大変に重いんです。
記名したからには、逃げられません。
名義貸しが発覚すれば、業務停止等の行政処分の対象になります。
現場に顔を出さずに、設計と違う違反建築物となっても、監理責任は問われます。

すぐに工事監理者に連絡をして、現場に指示を出させてください。
指示の内容は文書をもって。質問者様も控(コピー)を受け取って。

工事監理契約は締結していませんか?
責任の所在を確かにするため、まだでしたら監理契約を締結してください。
そして、妥当な工事監理料をお支払いください。
工事完了時には、監理者の記名捺印のある監理報告書を受け取ってください。

監理について、たとえば監理とはなんぞや、とか、何を求めるのか、とか、漠然としていてよくわからないようでしたら、、ネットで「工事監理」で検索するか、お住まいの地区の建築士会や建築士事務所協会、または地元市役所の建築指導担当課に相談してください。

現場の状況ですが・・・。
元々敷地が道路面から低く、たいして根切りをしなくてもいいようですね。
GLを確認して、基礎を設置して、不足分の地盤高さを調整するために、あとから建物周囲に客土を搬入するつもりだったのでしょうか。

建物の配置を変更しない限りは、一旦400程度以上の客土を入れて、同じ位置に基礎を再度作ることになります。
ベタ基礎ということですが、あらためて何の土を使うのか、どのように転圧するのか、工事監理者に対処方法を質問者様に説明させ、納得をしてから工事を再開してください。

私は浅学だし、設計条件が不明なので、とても助言できる立場にはありませんので、以下は私見です。

沈下には、
1.即時沈下
2.圧密沈下(二次圧密沈下)
3.その他(収縮沈下)
等があります。

問題は、客土を400以上入れ、すぐに基礎を施工しても大丈夫か、でしょう。
今回の事例では、人為的なのでこれらの複合が考えられます。
当初設計に杭や地盤改良が無ければ、元の地盤は問題が無いのでしょう。

個人的は、ベタ基礎の平面地盤補強方法として、浅層混合処理方法も視野に入れた方が安全かと考えます。
簡単に言えば、セメント系の固化剤を対象土と攪拌・混合・転圧して、表層を改良し、地盤の均一化と支持力の向上を期待するものです。
対象の改良厚さは原則500mm以上となるようです。
今回は微妙ですね。

これらの長所は、要求性能を設計し、施工後に設計目標に現場が施工されたかを確認することができます。
書面で確認ができますから、施主はそれなりに安心できると思います。
ただ、漠然と、口頭だけで
「400~500程度なら何でも大丈夫ですよ。」
だと、一体何がどうしてどのように大丈夫なのか、万が一大丈夫じゃなかったら誰が責任を取るのか、わからないですよね。
私だってわかりません。

参考書に、いいものがあります。
「小規模建築物基礎設計指針」
日本建築学会編
丸善株式会社発売
4500円+税

内容は一部が一般の方には難解ですが、わかるところもあるので、機会があったら、覗いてみるといいと思います。
2008年に発売ですが、4号物件を扱う設計者には大変便利なもので、重宝します。

問題は、かかるであろう費用でしょうか。
当初設計では、どのように不足しているであろう現況地盤と道路を含む周囲とを整合させる予定だったのか。
それとも掘らなくていいものを間違えて掘ってしまい、結果設計内容に適合するよう埋め戻さなければならなくなった施工者の施工ミス、あるいは見落としなのか。

状況で、質問者様に新たな費用負担が発生する可能性があります。
いわゆる恐ろしい「追加工事」です。

今回に限らず、設計内容と違う工事が必要になった時には、その原因がどちら側にあっても、勝手に施工者に着手させずに、必ずその都度監理者からなぜ必要なのかの説明を受け、納得したら費用分担を話し合い、これも必ず文書で記録に残すことです。
全てに渡り、口約束は厳禁。

このカテでも追加工事の質問を見かけます。
終わってからでは、解決がむずかしい場合が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくアドバイス頂きありがとうございます。

設計者=監理者
です。
今後はアドバイス通り報告書を提出していただくことにより
名ばかりでは済まないです。

現況ですが元は東側は根切りはほとんど必要なく、西側は低いので盛り土が必要でした。

やり直しでは東を掘った分、東も西も盛り土が必要になってしまいました。

出された案です。

案1.全て撤去して砕石混じりで転圧後、設計通りに施工
案2.現況の基礎の立ち上がり部分だけ撤去し底版を残し、
  その上に地業して基礎を造る。いわば二重の底版のようになる。

案1でも表層改良をお願いするべきですね。
案2は何かデメリットはあるでしょうか?

お礼日時:2010/02/18 21:42

たびたびNo.10です。


失礼しました。

基礎を砕石から取り払い、やり直しをするのであれば、おそらく400以上の土盛りになるでしょう。
これで新しい土をいれて、適当にランマー等で転圧(決して「整地」ではありません)しただけで、すぐに基礎工事を再開しても大丈夫かどうか、浅学な私にはわかりません。

ただ、ちょっとやばいんじゃない?と感じます。

土に何を使うかはとても重要です。
転圧の方法も。
多分、建築屋さんよりも土木屋さんの方が土には詳しいです。
埋設配管の埋め戻しでは、現場発生土の他に、山砂や川砂が使われるようですね。
でも、建物の基礎下は莫大な荷重が長期にわたってかかりますから。

当初の設計では、そのあたりどのように地盤を上げるのか、記述はありませんか?
設計書にも少々不備があるのでしょうか。
でも、施工者はその(少々不備があっても)内容の設計の建物を完成させるつもりで工事契約を締結したのですから。
めんどくさい、や、安くあげたい、は通用しません。

このあたりも、現場の状況と当初の設計書の内容を考慮して、どのように基礎下の地盤を上げるのか、どのような土や砂を使うのか、どのように転圧するのか、工事監理者から指示を出させて、実際に行われた工程を間違いなく確認し、施主に報告をさせるべきですね。

安くあげるために適当な土を使って、早く工事を進めたいから適当に転圧したふりをして、万が一完成後に不同沈下で建物に影響が出たら、工事監理者と工事施工者が連帯で責任を負えるよう、先方から受け取る書類に注意してください。
指示の責任分担を常に明確に。

せっかくの長期優良住宅が、求められる基準を全てクリアーしていても、肝心の基礎下の土のせいで数年で基礎にクラックが入ってしまったら、本末転倒です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
工事監理者の件、全く知りませんでした。また説明もされませんでした。確認済み証には設計事務所の一級建築士の名前となっていました。
今回、ミスを私が発見したのですが、この監理者は工事を確認していたのでしょうか疑問です。もしくはそういうものなんでしょうか?

今日、工務店から連絡があり解体してやり直すということです。
私が要求したからなのでしょうか、設計事務所から指示されたのでしょうか、その辺りも確認してみます。

心配は盛り土です。そもそもGL-25cmまで盛り土する設計でしたが、その方法については見当たらないので、今回は更にたくさんの盛り土となってしまう分、アドバイスいただいたように十分注意して、全ての背金の所在を明確にし、工事の工程も報告もらうようにします。

お礼日時:2010/02/18 00:08

No.10です。



根拠条文は、建築基準法第5条の4第4項です。
内容は、延べ面積が100m2を超える木造建築物は、1級、2級、木造建築士のいずれかを工事監理者として監理させなければならない。

質問者様のお手元の確認済証の第2面の【5.工事監理者】に、氏名が記載されていませんか?
あるいは、「未定」でしょうか?

本来であれば、建築主が工事監理者を選任することになります。
「未定」のままでは許されず、工事の着手までに選任しなければなりません。
ただ、一般の方がこのような手続きを知る由もありませんから、通常は設計を請け負った者、あるいは確認申請の手続きを代行した代理者が詳しく説明をして、必要な手続きを教示します。
工事監理者を選任せずに着手した場合は、いわゆる違反ですから、行政機関から施主が責任を問われます。

前述で私が述べたのは、この確認済証に記名されているべき、「工事監理者」です。
この者が、重い「建築士」の資格を背負って、すべてについて責任を持って判断・指示をします。

工事完了の際に、書面をもって施主に監理報告書を提出し、監理を行った中で、各工程について全て問題は無かった旨を報告します。

当然、無料サービスでは行えません。別途に工事監理契約を締結し、監理料を支払います。先方もこれがお仕事ですから。

選任の手間を惜しむのか、手抜きがバレるから監理をされるのが嫌なのか、工事監理者が必要であることを施主に説明しない工事業者がいます。
質問者様の場合も、工事完了の際には、建築基準法第7条及び第7条の2に基づき、完了検査を受検して、検査済証の交付を受けなくてはなりません。
しかし、4号物件(質問者様の工事規模です)の場合は、確認済証のとおりに現場が完成をしたことを確かめる、この完了検査を受検しないケースが多いです。
理由はいろいろ考えられます。
1.当初の確認済証の内容から変更があると、いわゆる計画変更の手続きが発生してめんどくさい
2.高々2万円ほどでも、検査手数料でお金がかかるのがもったいない
3.確認済証の通りに工事をしていないのを施主も施工者も知っているので、違反建築物であるのが発覚してしまう
4.漠然と合格する自信が無い
5.施工者も実は手続きが必要なのを知らない
6.もともと生まれもってから、順法精神自体が無い
等、でしょうか。

この4号物件の場合は、法で完了検査の受検・合格が義務付けられていますが、他の比較的大きな規模の建築物とは違って、合格しなくても使用制限はかかりません。
つまり、法の定める完了検査の手続きを飛ばしても、罰則規定は無いのです。

ですから、工事監理者を選任しない、完了検査を受検しない、という事例は多いです。
でも、これで困るのは誰でも無い、お施主さんです。
工事監理者を選任しなくても、完了検査を受検しなくても、なんだ、実際は何も問題は無いんじゃないか、などと安心しないでください。
自分の建物を設計の通りに作られるのを監理し、実際に設計の通りにできたことを第三者に確認をさせる大切な手続きです。
飛ばしてしまえば、後日、高い確率で自分で自分の首を絞めることになります。

あらためて思うのですが、伺った限りでは今回の事例は強度不足の基礎を補強で補う、というレベルの問題ではありません。
設計GLを間違えたのです。
基礎底盤の設定位置を間違えてしまったのです。
取り返しはつかないと私は考えます。
どう考えても、排水含めて敷地の他の取り合わせで、つじつまが合うとは思えません。

強硬に全面やり直しを主張、そして、拒否されたら、拒否の相手が現場担当者ではなく工事の会社代表者であることを確かめたうえで、敷地の実際の地盤面の取りあい、排水、全て敷地単位で検討をして、当初の設計書と整合させて、現実にどのように取りまとめるのか工事監理者に検討をさせ、施工者に指示を出させてください。
くどいようですが、このような能力不足の施工者側からの提案は無視です。
ゴタゴタ言うようであれば、ここで投稿されている皆様方の御意見をプリントアウトして、見せてあげればいいと思います。

節度ある工事監理者であれば、基礎の増し打ちの是正は無意味と判断して、やり直しを命じるでしょう。
また、そうでないと後日のトラブルは施工者ではなく、工事監理者が全て責任を取ることになりますから。

もし、「監理者未定」で、誰を工事監理者に選任していいかわからなかったら、設計を依頼した相手にとりあえず相談。設計者が一番現地の状況を把握しています。
万一、設計=施工=監理であれば、こんな能力不足な者どもは相手にせず、地元の建築士会や建築士事務所協会に相談してください。
立派な方々がたくさんいますから。
    • good
    • 0

こんにちわ。



大変ですね。伺った雑感です。
多分、ケミカルはタテ筋を打ち込むことを指すのでしょう。
工期が少々延びるかもしれませんが、落ち着いてください。
このような不良工事を行う施工者に、まともな是正方法を考え付くとは思いません。

施工者が考えていることは、
1.費用をかけない
2.工期を延ばさない
3.事を荒立てない
4.このまま無理にでも通して、竣工後も責任を取らない
5.上記のためなら、泣き落としでも脅しでもする。

けっこう、現場担当者の独断で、会社内部には報告をしていないんじゃないですか?

増し打ちをして、どうするのでしょう。
今打ち込んであるアンカー類は全部ダメでしょう。
でも、細い木造住宅の基礎に、正しい位置に新たなアンカーを、必要な定着をとって打ち込めますか?
正しい位置には、すでに埋め殺しのアンカーがあるんです。
中央には、すでに鉄筋があるんです。
ケミカルを使っても、深く打ったふりをして、ごく浅く止めるのかな?
新しいアンカーを景気良く、ぐんにゃりと曲げるのかな?

それに30cmの増し打ちで、合計で基礎の高さが70cmくらいになるのですか?
D10のシングル配筋で大丈夫なのかな?
今のままの基礎幅で大丈夫なのかな?

とりあえず形だけ整えて、表面をモルタルで化粧をして、わからなくして、ハイ一丁あがり、でしょう。

延べ床面積は100m2を超えていませんか?
工事監理者は選任されていませんか?
手直しをするのであれば、こんな施工者の発案ではなく、建築士の資格を持った人間に指示を出させてください。

そして指示は書面で。経過はすべて打ち合わせの議事録も記録に残るように。

一番は、当然ながら基礎ともども全て破壊して、GLを正しく合わせるために、地業工事からのやり直し。
本来であれば、増し打ち分だけ、基礎底盤が上がるわけですよね?

設計の概要がよくわかりませんが、北側斜線制限や道路斜線制限は厳しくないですか?
勝手にGL部分をいじられると、高さが変わったりすると思います。

万が一にもこのまま進むのであれば、建築士の資格を持った工事監理者から施工者宛に、書面をもって是正方法を指示させること。
そして、その指示書と同じものを質問者様も手元に置くこと。
このまま補修で工事が進むようなら、将来何かあったら監理者も連帯責任を負うようにしてください。
建築士の資格というものは、それほど重いんです。

そして工事竣工時には、特約で何かこの増し打ちが原因と思われるトラブルが発生した時には、施工会社が存続する限り、無期限に修繕のための関連工事をすべて無償で行う旨の保証を取っておくことですね。

それが嫌だというのなら、問答無用にやり直しです。

基礎には複雑な力が働きます。
こんな内容で、大丈夫だなんて構造計算による検討はできないでしょう。
仮に、施工者側の事由で当初設計を変えるのなら、全てにわたって当初設計以上の機能・性能が確実に証明・保障ができるもの。

オーダーのスラックスを、長さ10cm寸足らずに作られて、端切れで継ぎ足しをして、機能的には問題は無い、当社が口頭だけで保証する、足元だから見えっこない、と言っているようなものです。

でも、ズボンと違って家は大事な家族の命がかかっていますから。

追伸
本来あるべき設計書中の盛り土をどうするつもりなのか、庭に流れ込む排水の処理をどうするつもりなのか、対処方法を検討させること。
設計書に書かれているのなら、それを金額に含んで請負契約を締結しているんですから。
どう考えても、盛り土を忘れて地盤高を間違えれば、絶対に直しようが無い。
そして工期が延びて、質問者様が賃貸のアパート等で仮住まいをしているのなら、伸びた分の家賃も請求して、契約金額から差し引いてください。
施主には、これっぽっちも責任はありませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

冷静に考えると仰るとおりアンカーなど正しい位置に打てませんよね。
補修で進めると主張してきたら、アドバイスいただいた対応をします。

建築協定により第一種低層地域と同等の厳しい規制のある地域です。
設計では、もちろん建築確認も下り、更には長期優良住宅の申請もしています。設計書通りに作っていただければ良いだけなのですが。

アドバイスの中の
”延べ床面積は100m2を超えていませんか?”
というのはどういう意図がありますか?
ちなみに1,2階合わせて125m2あります。

最初の設計GL-250mmまで盛り土しなくてはいけないところを
GL-650mmまで切り土してしまったことになります。
これをもう一度盛り土し直す作業が必要ですね。
地盤は大丈夫でしょうか?先行き不安ばかりです。

お礼日時:2010/02/16 23:22

建物を造る時は、GLという基準高さを決めます。

排水勾配とか道路上の高さとかいろいろの条件を検討して通常問題ない高さを設定します。お話のなかからだと盛土をする高さを考慮しないで決めた単純なミス
でおきたとおもわれます。工務店のいっているケミカルアンカ-とは、あと打施工アンカ-とよばれているもので耐震改修工事 学校等の耐震改修工事のようなもので使用されます。
ドリルでコンクリ-トに穴をあけその後穴掃除とうで確実に掃除してケミカル樹脂の入った小さいガラス管を埋め込み、先のとがった鉄筋(D10,13)をドリルでで押し込むという工法です。適正な施工(専門業者が行う)を行えば既存基礎と接続可能になります。通常まる1日で強度が発生するので、工事ができるだけ遅れないので工務店さんは、考えたのだと思います。ケミカルアンカ-をうったあと引きぬき試験を行います。これでコンクリ-トからぬけないことを確認するわけです。
基本的には通常水平打継ぎ(高さ方向に対して水平)は施工をしません。ただやむをえない場合は行っております。ただ木造りの場合はホ-ルダウン金物といって、基礎から土台を突き抜けて柱に直接つなぐ金物を取り付けます。これをどのうようにするか工務店さんは考えているかどうか疑問です。この部分について聞いてみたほうが良いと思います。たぶん難しいと思います。それと基礎腰壁の高さ30cmをますと、通常より基礎の重さが大きくなります。したがって基礎の下部分の巾も必要になります。
将来問題がおきないか、構造計算をして安全確認が必要になります。
通常基礎は逆T字型になっています。下の基礎べ-ス部分の巾はだいじょうぶかどうかも確認する必要があります。おそらく基礎の下の部分で巾45cm基礎立上がり部分(土台をのせる部分)で15cm程度だと思います。
叉打継ぐ部分から水が入らないような処置等も必要になります。このお話から推測する工務店さんの技術レベルでは、これらの対策をすべて解決するのは、難しいと思います。最初の基本高さだしをあやまった
ままコンクリ-トを打つ程度しかのレベルしかないようにおもわれるからです。
安全な方法は、基礎解体し打直しが良いと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
”ホ-ルダウン金物といって、基礎から土台を突き抜けて柱に直接つなぐ金物を取り付けます。これをどのうようにするか工務店さんは考えているかどうか疑問です。この部分について聞いてみたほうが良いと思います。たぶん難しいと思います。それと基礎腰壁の高さ30cmをますと、通常より基礎の重さが大きくなります。したがって基礎の下部分の巾も必要になります。”
上記の部分、よく聞いてみます。

スケジュールはいったん度外視で最初からやり直すように要求します。
あの高さで造ったということは計算上、不要な切り土もしてしまったはずですので、その分の盛り土も必要です。

お礼日時:2010/02/16 23:35

第三監理というのは、監理業務をおもにやっている建築士です。


ネットで探してもよいと思いますし、消費者センターでももしかしたら建築士の組織があるかもしれません。
お近くで監理をやってる建築士に頼んでみるといいですよ。
素人目にも斜傾地というのは高い道路を基準にGLとするのが普通ではないですか?
うちは道路面よりもずっと低い位置に地盤がありましたが、GLの位置が道路になっているため基礎も高く見えますし排水マスや浄化槽もかなり飛び出ています。

普通、高い位置のGLとして土地を造成し、それから基礎工事に入るのが普通ではないでしょうか?
常識で考えても、地面より低い基礎を作ったらシロアリや水害の心配があります。
他の方が言うとおり、地業もちゃんとしてるでしょうか?
立地が複雑そうなので、くわしくはわかりませんが、第三監理を得意とする建築士に有償で相談すれば、HMの間違い等も指摘し、基礎撤去も早くすすむと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベタ基礎の高さは40cmは必須?

現在、家を建てようとしている者です。
基礎の高さについて質問します。

公庫の仕様だと、ベタ基礎の高さはGLから40cmと聞いています。

家の2Fの天井までの高さを255cmほしいと工務店にお願いしたら、基礎の高さを40cmから30cmにしては?と言われました。

30cmだと点検に人が下に入れないし、湿気などの問題もあるかと思いますが、具体的にどのような問題が考えられますか?35cmだとどうでしょうか?

Aベストアンサー

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、その会社に、そういう方がいる
という必然性はないです。
***********************************************
でも、世の中には、もっと低い家は沢山あります。

結局、メンテナンスの事を考えないという家も
ありますし、(上部の排水管から、直接メンテナンスするとか
方法もありますしね)基本、昨今、カンタンにつまらないという
現状もあります。

コンクリートの床の場合の事を考えれば、想像できますよね。
所々に掃除口を設ける場合もありますが、結構、コンクリートの
中に埋設されているケースもあります。

ただ、基礎の高さは40cmよりは、メンテナンス性は低いと
言えます。
『結局は、メンテナンス性の高いものを選ぶか
低いものを選ぶかです。』

どういう状況になろうと、それなりには、対応できるものでも
ありますが、容易に維持管理できるというのは、家の寿命を
延ばせるとも言えます。(カンタンにメンテできるは
いろいろ対応できますからね)

後、これは、住宅で特に注目されませんが、
ベタ基礎の高さは、強度に影響はしています。
基本、基礎の高さは、コンクリートの梁とも考えられるので、
鉄筋とのバランスはありますが、高い方が強い傾向にあるもの
であります。

なのでこの40cmというのは、コストや性能から考えて
バランスが良い数値と言えます。

他の規制がなければ(高さ制限とか)、
下げずに、40cmぐらいが無難という数値です。

でも、考え方により。床下なしにもできるのも
現実です。

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、そ...続きを読む

Q基礎が地面の中でいいのですか?

現在、あるハウスメーカーで40坪の2F建て木造住宅を建築予定です。
そのメーカーはベタ基礎が標準で基礎の高さは43cmです。
建築建築予定地は100坪の畑で、GLから-10cmで、個人的には最終的にGL+20cmにしたいと思っています。
その為、GL+20cmとなるよう盛り土をし、転圧をかける話をメーカーにしたところ、「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む。どうせならベタ基礎等での建設残土の費用が発生しないように、まずはGL±0となるように、盛り土と転圧をし、その上に家を建て、余った残土+足りない土は購入し、これを建物の周りにまいてGL+20cmにしたほうが良い」と言われました。
という事は、地面から出てる基礎の高さは23cmのみで、残りの20cmは地面にもぐっている事になります。
これで問題無いのでしょうか?また建築が済んでから土をまいて、転圧をかける事に問題は無いのでしょうか?アドバイスお願いします(ToT)

Aベストアンサー

ご質問者が考えている通りであれば、#4番さんの言われる通りそのハウスメーカーの発言はふざけた話しなんですが、私も#3さんと同じく勘違いをしているのはご質問者ではないかという気がします。
ただ「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む」ということはあってはならないので本当に「家の重さで」というフレーズをその担当者が本当に言ったのか、それともご質問者が付け加えただけなのかがわからないのですが。

基礎の一部は必ず地面下になければなりません。これを根入り深さといい、ベタ基礎の場合は、GLより下に12cm以上必要です。そしてその上でGLから43cmでるのです。だから基礎自体は基礎底から55cm以上の高さがあります。
また、基礎の下は土ではなく砕石を10cm以上は入れます。つまり現在GL-10cmという状況であれば、一例として最終GLを+20にするとして工程を考えると、

1.割栗・砕石で15cm積み転圧(これでGL+5cm)
2.捨てコン5cm(これでGL+10cm)
3.ベタ基礎スラブ15cm打設(これでGL+25cm)
4.立ち上げ40cm打設(立ち上がり天端でGL+5cm)

なお、ベタ基礎の値入部分は更に深く入れてスラブが厚くなりますからその分の廃土が発生しますので、それは周囲の地盤を高くするために使用しましょう。

こうするとベタ基礎の内部のスラブ面はGL+25cmと周囲の予定地盤の高さGL+20cmより5cm高くなり、無事完成です。

なので初めに盛土する必要などどこにもありません。GL-10cmをスタートにすればよいのです。場合によっては更に少し掘るかもしれませんよ。
通常は基礎工事では逆に一度地面を15cm~20cm掘ってから砕石・転圧していきます。ラッキーなことに初めから下がっているので掘ることによる廃土の心配が要らない分、安上がりに出来るでしょう。

では。

ご質問者が考えている通りであれば、#4番さんの言われる通りそのハウスメーカーの発言はふざけた話しなんですが、私も#3さんと同じく勘違いをしているのはご質問者ではないかという気がします。
ただ「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む」ということはあってはならないので本当に「家の重さで」というフレーズをその担当者が本当に言ったのか、それともご質問者が付け加えただけなのかがわからないのですが。

基礎の一部は必ず地面下になければなりません。これを根入り深さといい、ベタ基礎...続きを読む

QGLについて…

新築図面等で基本となるGLですが…意味は分かるのですが一体どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると何処がGLなのか分かりません(泣)宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると
の意味を理解しかねますが、次の説明で不明があれば補足してください。

新築完成後の敷地が水平であると仮定して説明します。

1.敷地の表面がGLです
2.予定地を測量して、道路より高い高さをGLに設計します。
 なお、道路より高く出来ない時は雨水を側溝に流すことができる高さをGLに設計します。
3.設計図の軒の高さ等はGLからの高さで表します。
4.設計図の天井などの高さは床からの高さで表します。
5.例えば2.で道路より150ミリメートル高くGLを設計した場合には
 GLを基準(±0)にして前面道路の中央に(-150)等と配置図に表示します。
6.ここまでの段階では、GLは設計上道路より150ミリ高いという抽象的なもので実体は存在しません。
7.工事が完成した時の敷地面が、見ることのできるGLです。
8.2.の測量時には、杭の頭に釘を打ち工事中に変化しないよう保護してベンチマーク(BMまたはKBM)を設置します。(境界杭等固定物で代用することもあり)
9.工事中はこのBMを基準にして施工します。

>どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると
の意味を理解しかねますが、次の説明で不明があれば補足してください。

新築完成後の敷地が水平であると仮定して説明します。

1.敷地の表面がGLです
2.予定地を測量して、道路より高い高さをGLに設計します。
 なお、道路より高く出来ない時は雨水を側溝に流すことができる高さをGLに設計します。
3.設計図の軒の高さ等はGLからの高さで表します。
4.設計図の天井などの高さは床からの高さで表します。
5.例えば2.で道路より150ミリメートル高くGLを設計した場...続きを読む

Q住宅の基礎の根入れ深さについて

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm
しか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから
200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmと
なり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですと
の事でした。

 また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに
100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので
土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが
正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。

 確かに最終的には根入れ深さは120mm以上(凍結深度はまだ未確認です)
ありますが一度掘削した土を現状GLから埋め戻して天圧した所で地震の
横揺れや激しい台風などでも基礎が横にずれたりしないものなのでしょうか。

 また、その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロ
ックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の
際に不具合などは生じないものなのでしょうか。


 もう少しで基礎工事が始まってしまうのですが、これで本当に問題がない
のかどうかが素人の私にはよく分かりません。

 ただ、これで建築許可もおりているので私の取り越し苦労かもしれませんが、
せっかく建てる新居なのでこの先地震や台風がくるたびにビクビクせず安心し
て過ごすためにも、誰か詳しい人がいたらどうか教えていただけませんでしょ
うか。

 何卒よろしくお願いいたします。

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm...続きを読む

Aベストアンサー

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はないですね。
なぜならば、設計で地盤改良なしでの良好な地盤との条件ですからね。故に埋めた土も同じ強度を確保する必要がありますね。是非このことを、この工事の設計士、設計事務所設計士、品質管理者に文書で質問、文書で回答を得てください。

2>また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。

回答2
ここに問題があり、設計士に文書確認の必要があります。
1)既存の壁(コンクリート擁壁)は、貴方の敷地内、貴方の所有ですか。確認ください。通常は壁の下側が境界ですが?
2)既存の壁の高さをブロックで200mm嵩上げするわけですが、この壁の変更は今回の確認申請の対象になっているでしょうか。通常条例にもよりますが2m以上であれば、変更には申請許可が必須です。
3)問題は、この壁が200mmプラスの土砂に対して強度計算をされているかどうか確認ください。家の基礎高さを関連づけした横断面図でその計算が適正か?ごまかしになっていないか。別途、第三者監理の方にチェックしてもらってください。強度計算でOkであれば新築の家の基礎部分の地盤の崩壊、移動、壁の転等等は問題なしですね。
4)問題の追加で、200mm上がった壁自体の強度チェック(壊れないか)です。ブロック(アンカー固定の強度チェック計算含む)強度の確認も必要ですね。ブロックはコンクリートとの耐久性に問題があり、本来ならばコンクリートで嵩上げ(樹脂アンカー施工)を施工すべきです。(無論10年は問題はないですが)

3.>基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。
回答3
埋めた土砂、壁の嵩上げ、に対して大雨などについてですが、上記の埋め戻しの適正な品質管理、確保、文書での報告確認、段差(上と下)に対する強度計算の確認、壁の強度計算確認を行い、文書で回答を得て残すことです。無論、自身に対する計算において確保されていなければなりませんね。
次に。雨に対しては、設備衛生工事の設計、雨水樋、排水管、排水溝、排水管、排水桝の適正な設計と世故運も確保です。水が溜まるようでは不可です。又既存の壁+200のブロック(コンクリート壁)の裏込め排水管の適正な配置と施工です。
要は、表面水、地盤に浸透した水の適正な処理が行なわれる設計、施工で、安全、安心が確保されます。
十分に、設計士、設計者、品質管理者、第三者監理の方に質問、納得が行くまで、なぜ、なぜ問答で確認ください。逃げるのは技術者でないですね。とことん確認してください。技術者は、素人に対して、インフォームドコンセント(説明責任、納得を得る責任義務)義務があります。メーカもCSR、行動規範、社会規範を掲げて専門企業として社会に受け入れられていますね。よく理解して旨くやってください。

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はない...続きを読む

Q土地の高さを上げたい。

土地を探していたところ良い物件を見つけたのですが、唯一きになる点が一点、隣の土地より50センチ程下がっている事です。隣の土地と同じ高さにしたいのですが、法律や技術的に可能でしょうか?
土地を上げる事が可能であるならばどのくらいまで可能なのでしょうか?
ご回答いただければ幸いです、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

50センチ程度であれば、法的には市町村で決めているところがある程度だと思います。
1m以上の盛土では宅地造成法の規制を受ける地域が出てきます。
因みに私の住む市では、単に土地を高くする意味合いで決められている数字ではありませんが、70センチまでです。
市町村の宅地課又は建築指導課で確認されるといいと思いますが、50センチ程度では特に問題になることはないと思います。

技術的には、(1)盛土の上に基礎を置かないこと、(2)長期にわたって地盤沈下が起こること、(3)盛土によって隣接地に段差が出来る場合の配慮をすること、(4)盛土材の土質に配慮すること、(5)盛土することで利害関係となる隣接地はないか

(1)に関しては、盛土の上に基礎では不同沈下のもとで重大なことにつながりかねません。現地盤をもとに基礎を作り、コンクリートの立ち上がり部分(布)を盛土する高さ分だけ高くすることが必要です。
(2)50センチ程度ですから大きな地盤沈下は無いでしょうが、何年にもわたってわずかずつ沈下します。外構で舗装部分を作る場合は多少のゆがみは覚悟しないといけません。
(3)盛土材の土質にも寄りますが、雨が降るごとに流れ出す場合があります。土留めはしっかり配慮をしなければ近隣トラブルのもとです。
50センチ程度なら、最低45度の法切りに芝張りでも言いと思いますが、時々は大雨のときなど水道(みすみち)ができて崩れていないかの管理は必要です。
(4)盛土材の土質は、植木などを植える予定がある場合はそれなりの良い土が必要ですし、通路や駐車スペースには良い土は必要がありません。
私が経験した極端な事例では、良い土で無い場合の土質は粘土質か火山灰質で、値段が安いので使いがちですが、粘土質は水はけが悪くてせっかくの新築なのに玄関にたどり着くまでぬかるんだりする場合がありました。火山灰質は、雨が降らず風が強いときは、近所にまで飛んで苦情が来ることもありました。
(5)盛土をすることによって雨水が隣地へ流れる、流れることによって不利益を被ることがないかなど配慮をしないといけません。
隣家の玄関が近接してて、何の緩衝策もないまますぐそばまで盛土されたりすると、見た目だけでも不愉快になってしまいますよね。

盛土の高さが高くなるほど上記の5項目の条件が不利になってきて、対処にはそれなりに費用が高くつきます。
本当に盛土は必要なのか、必要な盛土高さはどのくらいなのかをよく見極めて計画することが重要なことと思います。

50センチ程度であれば、法的には市町村で決めているところがある程度だと思います。
1m以上の盛土では宅地造成法の規制を受ける地域が出てきます。
因みに私の住む市では、単に土地を高くする意味合いで決められている数字ではありませんが、70センチまでです。
市町村の宅地課又は建築指導課で確認されるといいと思いますが、50センチ程度では特に問題になることはないと思います。

技術的には、(1)盛土の上に基礎を置かないこと、(2)長期にわたって地盤沈下が起こること、(3)盛土によって隣接地に段差が...続きを読む

QGL値って?

いつもお世話になってます。
過去Q&Aを参照したのですがよく分からないのでお教え下さい。

当方建築予定の物件ですがGLから下(地面?)に450mm(下から砕石120mm・捨てコン30mm)上に550mm(基礎高?)となっています。
建築に際しHMからGLの値ですが、外構との兼ね合いを含めて考えましょうと言われました。本来であれば詳しい話をHMに聞くべきだったのですが、時間が無く後日にする事にしてしまいました。

そこで、GLの高さ(基礎高??)の違い(高い?低い?)によるメリットとデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

GLとはGroundLevelの略です。従って基礎を立ち上げる高さの元になる高さです。
こう言っても意味不明かもしれませんが、例えば、ある動かない位置(側溝の端など)をベンチマークに定め、それを基準値(MGL±0)として建物、構造物の高さを決めます。また設計図(配置図など)に何処がベンチマークポイントかは必ず明記されています。
その高さからどれだけ上がった所を基礎の高さ(GL)にするかと決めます。
従って、GLとは通常道路から家の土地がどれだけ上がっているかということになります。
そのため、外構工事等の兼合いがあるとHMが言ったと思います。
余り高くするとアプローチに階段が何段も付くことになったり、土を沢山入れることになったりするので、結構金額的に跳ね上がってくることになるのです。
私の考えは、水害等の心配がなければ、そんなに高くする必要はなく、精々250mm~300mm程度で良いのではないかと思います。

Q基礎工事の施工ミスについて

こんにちは。少し皆さんの意見をお聞きしたくて投稿しました。今とあるハウスメーカーで家を建てている最中で、基礎工事が完了した所です。しかし、現場で基礎の位置が10cmずれて施工されていることを告げられました。完全なミスで担当の方は謝罪していたのですが、やり直しができないのでこのまま進めさせて欲しいとの事でした。地盤改良では正しい位置に杭を打ち込んでいるので、基礎と杭には10cmのずれがある事になります。強度上問題がないかを再度計算してもらっている所ですが、そのような家に今後何十年も住み続けるのに不安があります。やはり基礎工事をやり直してと言うべきなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 文面を読む限り、基礎がずれている場所が書いてありません。

 家の外周ならば、やり直してもらったら良いと思います。内側にずれていようと、外側にずれていようと、問題だと思います。
 更に、既に木工事の躯体の加工は終わっていると思われるので、施工側が今後の対応をどの様に考えているのか、変更図面を添付した文書を提出させてください(念書もあれば良いと思います)。

 内側にずれているのならば、予定の場所まで基礎を追加してもらって下さい(鉄筋はべた基礎まで繋がっていなくとも良いと思います)。
 外側にずれているのであれば、内側に基礎を追加するのは当然ですが、外部木工事のとき10センチ付加して工事を行う公算が大きいので、施工業者に上記で書いたとおり、変更図面と変更に至る経緯を文書で提出させてください。
 ハウスメーカーであれば上記の様な対応は可能と思われます。

 もし、家の内部ならば、その基礎に対して平行した基礎を追加してもらってください、新しく施工する部分の鉄筋は、上記同様べた基礎に対して繋がっていなくとも大丈夫ではないかと思います(10センチずれた基礎が繋がっているため)。

 もし、上記、両方の考え方を現場監督が無視するようなら、こんな簡単な工事を無視する別の理由が施工側にあると考えられます。
 追加工事自体の値段を考えた場合、家全体の工事金額に対しての値引き金額や、追加工事が発生した場合の金額に比べ問題にならないほどの安い金額で追加工事が可能です。
 拒む場合、拒む理由が他にあると思います。

 こんにちは。

 文面を読む限り、基礎がずれている場所が書いてありません。

 家の外周ならば、やり直してもらったら良いと思います。内側にずれていようと、外側にずれていようと、問題だと思います。
 更に、既に木工事の躯体の加工は終わっていると思われるので、施工側が今後の対応をどの様に考えているのか、変更図面を添付した文書を提出させてください(念書もあれば良いと思います)。

 内側にずれているのならば、予定の場所まで基礎を追加してもらって下さい(鉄筋はべた基礎まで繋がっ...続きを読む

Qベタ基礎の深さについて教えてください

おはようございます。
ベタ基礎の深さについて教えてください。
今,新居を新築中なんですが,先日現場を見に行ってきました。
そこでちょっと不安に思ったのですが,基礎がとても浅いのです。
一番深いところ(ベタ基礎の淵の部分)でも20cmも埋まっていないのです。
ベタ基礎は基礎全面で支えるので深さは関係ないのでしょうか?
先日,テレビ番組で見た建築中のベタ基礎はとても深く掘られていたので我が家との違いに不安を覚えました。
土の上に乗っているだけの状態では地震が来た時などとても不安です。
ベタ基礎とはこのようなものなのでしょうか?
ご存知の方,是非教えてください。

Aベストアンサー

#4でアドバイスした者ですが、なんだか配させてしまって申し訳ありません。
地盤調査をしているかもしくは近辺のボーリングデータを取って、基礎構造を決定していると思いますので、監理者もしくは設計者(工務店?)におたずねください。
地盤が良好な場合は砕石でもいいですし、それすら省略できる場合もありますので…。
先に述べた根入れ深さは性能保証をとる場合の基準です。
ベタ基礎の場合は深さで支える構造ではないため、(面で支えているのです)むしろ、スラブの鉄筋太さやピッチなどに注意をした方がいいですよ。
屋根が軽い場合の2階建てで、基礎の立ち上がりのスパンが2730まではD10@200たてよこ、が基準となります。屋根が重い(瓦屋根)場合やスパンが飛んでいる場合は鉄筋の太さが太くなりピッチも狭くなります。
D10@200というのは10ミリの異型鉄筋、鉄筋の間隔(ピッチ)が200ミリと言う意味です。

Q基礎工事で施工ミスが発覚

はじめまして
現在新築を建て始めたところです。タイトルのように
ベタ基礎が終わったところで重大な施工ミスを発見しました。何点かかぶり厚不足の箇所があり、さらに不足では無くまったくコンクリートがかぶっていない箇所を発見しました。(鉄筋が半分丸見えになっている状態)現在は工事はストップしていて業者は間違えを認めて手直しをするとの回答がきました。

ここで質問です。
1)基礎部分を手直し後に立ち上がりの工事までかなり時間があいてしまいます。この場合基礎部分と立ち上がり部分のコンクリの接合という観点で強度的に問題ないのでしょうか?
2)正直この基礎工事を行っている業者に対して不信感が
あり、(素人にでもわかる間違いを起こし、悪びれもしない対応であった)違う業者で基礎のやり直しをしてもらいたいと思うのですが、弁護士を通してのやり取りになるのでしょうか。何か良い案がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

見当違いでしたらごめん。

基礎工事云々だけでなく本体工事も重大問題、建築の
元請け(建設会社)又は契約してる工務店の対応は
どうなってますか。

基礎工事業者が建設会社の下請けだとしたら、施主との
直接関係が薄いので「悪びれもしない対応であった」との
問題はありがち・・・施工者は元請け優先だったり、支払
又は工事費の値切りされたり業者教育の問題などもある。

建設会社又は工務店と契約する場合、任せれば全て上手く
行くとは限らない・・・最終的には工事管理を施主が行う
又は自分で出来ないなら建築士に依頼するか外部の専門
機関に検査依頼する(費用は施主持ち)方法かと思う。

焦って工事を進めても問題を先送りするだけ、その時点で
是正処置しないと後の補修が難しく(出来ない)なる。

Q基礎工事後の埋め戻し・整地について

基礎工事が終わり、工事後の埋め戻し・整地がありました。
今朝、見に行ってみたところ敷地にごつごつした砕石のようなのが敷き詰められていましたが、よく見ると解体後のタイルのかけら(タイルにコンクリートかモルタルのようなものがくっついている)や、アスファルトのかけらなどが多数、混じっていました。
このようなやりかたは、普通のことなのでしょうか?

去年からアスベスト問題がおおきく取り上げられ、私も気になっていました。解体現場からのものなら、アスベストが含まれる可能性もあるように思えて、心配です。
普通の石に見えるのも、もしかして解体後のものなのかも・・とか。

入れ替えを要求することは、できるのでしょうか?
通常のことだとしても、見た目、気分的にもよくないのですが・・。
建て方も目前ですので、あせっています。

Aベストアンサー

お礼を書いて頂きありがとうございます。

ご心配の件ですが、再生砕石の原料はご存知の通り、道路舗装のアスファルトガラや建物解体で発生したコンクリートですが、クラッシャープラントへ建設業者が搬入の際、それらのガラに余計な物が混じっているとプラントは受け入れてくれません。

よって、それがクラッシャーであるならば、ご心配のアスベストの害等はないでしょう。ご安心ください。


人気Q&Aランキング