はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

旗本が所領する知行地は代官や郡代の支配には入らない場所になるんでしょか?
詳しい方お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


と、言うよりも、こんばんわ・・・かな?

>>旗本領地と代官などの天領地は被らないんですか?

回答から先に述べますと
「被りません」。

例を挙げて説明しましょう。

(1)江戸町奉行所の「与力」の俸給は、南北合わせて50騎いましたが、江戸近隣に10,000石の知行地をもらい、均等に200石ずつ分配していました。
この知行地の管理、運営、取立ては、その近辺の代官や郡代などではなく、その土地に信用のおける者を指名し、その者に管理をさせました。
この信用の置ける者は、後々「地主」または「庄屋」などと呼ばれる人たちで、金銭的に裕福だけではなく、村民からの人望も厚くなければなりませんでした。
主な仕事は、監督範囲の土地の管理・・・例えば、治水権などの争いの仲裁、家長を失った女手だけの田畑への「助っ人」の割り振り、夫婦喧嘩の仲裁、年貢の取立て・・・などなど、かなりの采配権を与えられており、代官などと、ほぼ同じ位の権限を有していました。

(2)旗本や御家人でも「旗本寄合席」などになると、知行地がもらえましたが、必ずしも、江戸近隣とは限らず、美濃であったり摂津であったりしました。
最盛期の元禄年間頃になると、実に、230家余りが「知行取り」に任命されています。
この人たちは、自らその地に移り住んだ者もいます。
「参勤交代」と聞くと、大名を即座に思い浮かべると思いますが、こうした地方へ移り住んだ「旗本」や「御家人」も、実は、「参勤交代」をしていたのです。
もっとも、大名の参勤交代は1年おきでしたが、幕末も近くなると、旗本や御家人の参勤交代は、2~3年おきでよろしい・・・との通達も出されて、出費の軽減を図っています。
こうした人たちは、当然、部下を代官に任命し、年貢の徴収などに当たらせました。
もちろん、知行地も、上総国(かずさ=千葉県北部)と上野国(こうずけ=群馬県)などと離れた知行地を与えられた者もいます。そして、自らは江戸在住をした者もいますので、これらの土地には、それぞれ自らの家臣を代官として派遣しました。
もっとも、代官に任ぜられた家臣も、その地へ行ったはいいが、実務的にはほとんど経験がなかったので、結局は地元の「庄屋」などに実務を負かせ、自らは「のほほん」と暮らし「横領」する者もいました。
この辺になると、「水戸黄門」のお出まし・・・となるのでしょうかねぇ。
あるいは、「お主も悪よのう、ガッハッハ」かも。
でも、大概は、自らのためと主家のために、旱魃などで不作の折には、任命された代官が自ら江戸の主人を訪れ、「減免」を願い出た例もあり、忠臣な者が多かったのです。

<結論>
(1)天領地を支配する代官や郡代は、旗本や御家人の支配地には一切関与できなかった。
(2)納める先の違う年貢を一手に引き受けたり、取り扱ったりはしなかった(できなかった)。
(3)旗本や御家人の知行地は、その主人の責任に全てが任せられており、幕府から任命された天領地の代官や郡代は口出す筋合いではなかった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、参考になりました

お礼日時:2010/03/29 00:41

NO3.bungetsuです。



言い忘れました。

私は、自称「歴史作家」です。

・・・・・???
    • good
    • 0

江戸時代のおもしろいところでね。

知行地といっても実体がないんですよ。その土地に住んでるわけでも、見回るわけでもありませんよ。生きている間に一度も見ずに死んでいくことのほうがおおいですよ。
完全な兵農分離でしてね、城下に貰った屋敷にまあ常駐することを義務づけられていましたからね。上の許可なく勝手に領地へはいけません。要するに監禁されていたようなものですよ。目付けがうるさいのですよ。知行地は石高が記された知行宛行状をもらうだけでしてね。この紙切れで自分がそこの親方だと認識するだけですよ。自動的に年貢が入ってくる仕組みなっているんですよ。学問的には蔵米知行というんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました

お礼日時:2010/03/29 00:42

旗本が所領する知行地は、


「・・・の、お殿様」といわれような、数千石の大身の旗本は、所領に陣屋を置き、家臣の手で行政司法を行っていた、
しかし五百石以下の旗本の大半は、知行地は収入の年貢の出所という意味しかなく、
知行取りでも、蔵米取りと同じ、屋敷と江戸城行き来する生活を送り、
知行地の統治は、近隣にいる代官・郡代に委任していることが、多かった。
 このように、地図上は旗本知行地でも、実態は天領と同様の代官・郡代の支配に組み入れられていることも多い。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました

お礼日時:2010/03/29 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の○○守の意味は?

時代劇にでてくる大岡越前守のような○○守は何か意味があるのでしょうか?
本当に越前まで赴任したのでしょうか?官位なのでしょうか?また摂津守や武蔵守というような人もいたのでしょうか?越前守より摂津守の法が位が上、というようなランク付けかあったのでしょうか?

Aベストアンサー

平安時代までの国司(○○守)は、実際その国の支配権を持ち、下級貴族の場合は本人または皇族や高級貴族の場合は代理人が任地に行き、支配しました。
鎌倉時代になり各国に武士である守護が置かれると次第に国司の実権が無くなっていきます。源氏系武士(武田氏とか足利氏とか)やその他有力御家人(北条氏等)は国司にも任命されるケースがありましたが、守護がその国の支配者という位置づけです。
戦国時代になり室町幕府の権威が低下すると、守護でない大名は朝廷に金品を送って国司の地位をもらい、それを根拠に周囲の大名と戦争します。つまり、A国守護とA守がそれぞれの権威をバックにA国の支配権を争うわけです。

本題の江戸時代になると、公家の官位官職と武家官位が分離します。本来、各官職には定員があるわけですが、それは朝廷が公家に任命し、その定員と無関係に幕府が武士の官位・官職を決め、朝廷に任命させます。この時点で武家官位は単なる称号に過ぎなくなります。大石内蔵助が朝廷の倉庫(蔵)を管理していたわけではありません。

越前守は従五位の上ですが、公家の五位は殿上人で高位ですが、町奉行時代の大岡忠相は大名ですらありません(晩年に1万石の大名)。越前国(福井県)を支配していたのは徳川分家の越前松平家です。
同時期に別の人が同じ国司の官職を持っていることもあった(武家だけでもxx守が複数居る)ようです(定員と無関係に任じるので)。

参考URL:http://www.f.waseda.jp/fky0/tenno.html

平安時代までの国司(○○守)は、実際その国の支配権を持ち、下級貴族の場合は本人または皇族や高級貴族の場合は代理人が任地に行き、支配しました。
鎌倉時代になり各国に武士である守護が置かれると次第に国司の実権が無くなっていきます。源氏系武士(武田氏とか足利氏とか)やその他有力御家人(北条氏等)は国司にも任命されるケースがありましたが、守護がその国の支配者という位置づけです。
戦国時代になり室町幕府の権威が低下すると、守護でない大名は朝廷に金品を送って国司の地位をもらい、それを根拠に周...続きを読む

Q旗本の知行地について

大身の旗本たちは知行地に陣屋を置いて家臣を配置していたようですが、この様な旗本の知行地に幕府代官の支配は及んでいたのでしょうか?
裁判権などは誰にあったのでしょうか?

Aベストアンサー

大身の旗本でもまとまった知行地をもっていれば陣屋を置いて家臣を駐在させていましたが、大身でも知行地が何箇所にも分かれているのは普通で、在地の有力者を代官に任命して年貢の収納などを任せているというのがよくありました。
このような旗本の知行地には代官の支配は及ばず、治安や裁判の権限は旗本にありました。
ただ、交代寄合などを除いては定府が原則ですからめったに知行地に行くことはなく、知行地にはいったこともないという例さえありました。
このような旗本知行地や天領、大名領が混在する関東では領主が違うと警察権が及ばず、そのために無法地帯になる状態であったので八州取締役(関東取締出役)を設けて領主にかかわりなく警察権を行使できるようにしました。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

こんにちは。

私の手元に、「江戸(嘉永)時代大名紋章及び城郭図」という地図があり、それを見ていて疑問に思ったのですが・・・。
徳川家は八百万石という力を持っていたにも拘わらず、江戸と呼ばれる範囲はあまりにも小さいと気が付きました。
他の裕福な藩は(加賀など)広々とした領土なのに、どうして徳川家の領土(城下町?)はこんなに狭いのでしょうか。
江戸以外にも、直の領土があったのでしょうか。
それとも、広い城下町を持つ必要がなかったのでしょうか。

教えていただけたら、ありがたいです。

Aベストアンサー

徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

日本全国の総石高が3000万石といわれている中、幕府直轄領の石高が400万石(13%)~450万石(15%)、旗本領が約400万石、合わせて800万石(27%)を上回り、全国の30%近くを占めます。面積について乱暴な言い方をすれば、同じ様な比率で直轄領及び旗本領を持っていたものと考えられます。ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。
直轄領は、江戸時代には御料、御領、御料所などと呼ばれ、明治以降は天領と呼ばれますが、天領と呼ぶのが一般的です。全国に散在し、直轄地がなかったのは蝦夷地くらいのものでした。ただ、蝦夷地も、寛政11年1799に東蝦夷地を直轄領とし、文化4年1807には西蝦夷地も直轄領にします。この処置は、文政4年1821に東西共に松前氏に返却しています。
大きな直轄領としては、九州の日田地方、石見東部、愛媛東部、備中西部、播磨西部、但馬西部、大坂・堺・京都周辺、近江南部、大和南部、飛騨一国、中期以降の甲斐一国、三河・遠江・駿河・伊豆の過半、武蔵・安房・下総・上総の過半、常陸南部、会津西部、山形北部、秋田南部など全国に及んでいます。
一般に10万石以上の地域を支配する場合は郡代を、それ以下は代官を派遣して支配をしています。また、一部では譜代大名などに預けている場合もあります。
この他に全国の主要都市を、江戸・京都・大坂以外に、伊勢神宮門前町の山田、貿易港長崎、金山の佐渡、旧貿易港堺、他に奈良、伏見を直轄地として、遠国奉行を派遣しています(幕末には神奈川、下田、兵庫、新潟、函館などの開港地も直轄領化し、奉行を派遣)。
佐渡、伊豆、生野、大森などの主要鉱山も直轄地ですから、全国展開していました。

以上、参考までに。

徳川家は八百万石なのに、どうして江戸の面積は狭いのでしょうか。

日本全国の総石高が3000万石といわれている中、幕府直轄領の石高が400万石(13%)~450万石(15%)、旗本領が約400万石、合わせて800万石(27%)を上回り、全国の30%近くを占めます。面積について乱暴な言い方をすれば、同じ様な比率で直轄領及び旗本領を持っていたものと考えられます。ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。
直轄領は、江戸時代に...続きを読む