日経平均に採用されている225銘柄が、仮に全てストップ安の値段で引けたとすると、日経平均の終値はいくらになるのでしょうか?TOPIXの場合は?
あと、1987年のブラックマンデー時、一日の下落率は何パーセントだったのでしょうか?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先の方が書いてらっしゃるとおり、ストップ高・安の額は株価によって違うので計算がちょっとたいへんです。


日経平均は簡単に言ってしまえば採用銘柄225社の株価の合計を除数で割るだけなので、できないわけではないんですが・・・。
1)まず、前日の日経平均採用銘柄の株価を全部そろえます。
2)それぞれの株価に対応する値幅制限の値を調べ、前日の終値から引きます。
3)それを50円額面に換算して合計します。
4)除数で割ります。
理論的にはこれで計算できるはずですが・・。片手間でできる作業じゃありませ~ん(^^)。
TOPIXは東証一部上場銘柄全部の時価総額で計算するので、もっともっとたいへんになります。

参考URL:http://www.orix-sec.co.jp/trade/0_2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問にお答え下さって、ありがとうございました。
大変参考になりました。
”全銘柄ストップ安”の件については、東証に(訊ければ)訊いてみます。
またお世話になることがあるかもしれませんので、よろしくお願いします

お礼日時:2001/04/02 10:42

ニューヨーク市場の暴落を受け、1987年10月20日の東京市場は売りが殺到し、午前中は値がつく銘柄は極めて少なく午後になって少しずつ値がつき始めたが、結局この日の日経平均は 3836.48円安の前日の14.9%安となりました。

東証1部上場1160社のうち値がついたのは753銘柄であり、そのうちストップ安は569銘柄であった。
 ストップ安の値幅は各株式によって差がありますのではっきりわかりませんが、この日の様子から下げ幅20%前後だと思います。

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/help/profile/step04.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問にお答え下さって、ありがとうございました。
大変参考になりました。
”全銘柄ストップ安”の件については、東証に(訊ければ)訊いてみます。
またお世話になることがあるかもしれません。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/02 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日経平均と日経平均先物

日経平均と日経平均先物
ちょっと基本的な質問ですみません。
よく日経平均とかいいますが、日経平均先物も聞きます。
 
両方とも売買ができる銘柄なのでしょうか?
私は日経平均は単なる指標、
日経平均先物が売買ができる銘柄と思っています。

Aベストアンサー

>細かく言えば「日経平均は現物買いできません

>ちょっと仰っている意味が分からないのですが、
>日経平均は先物以外では買えないという意味でしょうか?

「上場インデックスファンド225」を買えば、
先物取引とは違って、「基本的に無期限」保有することができます。
まぁ、あまりにも人気のない商品だと途中で清算されてしまいますが…

インデックスファンドもファンドである以上、信託手数料を支払うことになります。
また、このファンドの配当金の権利落ちが年1回の7月であるのに対し、
日経平均の配当落ちは3月決算企業が多いので、3,9月の年2回の権利落ちがある点などを
考慮すると「かなり連動性が高く、基本的に無期限保有できるが、
厳密に言えば、少しだけ違う値動きをする」と言えます。

だから、「細かく言えば、日経平均は先物でしか買えない。」と言えます。

まぁ、先物にしても厳密に言えば、ほんの少しだけ違うのですが…

QTOPIX,日経225,東証終値について

標記の各指数を,できるだけ過去に遡って,EXCEL形式のデータが取得できるサイトはありますか?

Aベストアンサー

多くの投資顧問会社のHPで見れるとおもいますが、下記は5年程なら遡れます。
http://money.www.infoseek.co.jp/MnTop/index.html

Q日経平均とダウ、アジア株の連動について

日経平均ですが、

1.なぜ円安が進むと日経平均があがるのですか?

2.最近は米ナスダックやダウに日経平均が連動していないように思います。数ヶ月前まではダウが上がれば翌日の日経平均が上がり、ダウが下がれば日経平均も下がっていました。これが変った要因はなんですか?

3.日経平均の動きはアジア株に連動するのでしょうか?アジアのほうが遅く市場が開始されますが、市場が開くと連動するのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.なぜ円安が進むと日経平均があがるのですか?
日本の経済は輸出で成り立ってる国だからです。
円安になれば輸出企業の利益が増えます。
その結果、株価は上がる。

>2.最近は米ナスダックやダウに日経平均が連動していないように思います。
確かに、先週はそんな感じでしたが、結局は連動します。
日経はNYダウを先取りして動く場合もあるし、NYダウが上がったのを受けて上がる場合もあります。
NYダウに合わせて、日本時間の夜中(夜10時半~朝5時?まで)にシカゴ日経が動きます。
そのシカゴ日経(円建て)の価格近くで日本の先物は始まります。
当然、日経平均も先物-20円程度になります。

>3.日経平均の動きはアジア株に連動するのでしょうか?
完璧ではないけど連動します。

世界の経済は深く関係しているため、何処かの国の経済状況は他の国にも影響があります。
それは株価に反映されます。

Qお礼必返! 日経平均採用銘柄が全てS高、S安になったら日経平均株価は幾ら上下する? TOPIXでは?

お世話になります。
本年に入ってから日経平均株価の上下が非常に激しいですね。数年前までだったら一日に200円上下したら夕刊一面にのるほどのニュースバリューでしたが、今年に入ってからは200円程度は日常茶飯事で400円以上の上下も珍しくなくなってしまいました。
 さて、この日経平均株価は東証一部上場会社の中から日本経済新聞社が選定した225社の株価を以下のような計算式で算出しているとの事ですが・・・。

日経新聞サイトから引用
 まず、各銘柄の株価を各銘柄の株価を50円額面に換算します。額面が5万円ならば1000分の1、500円ならば10分の1にします。額面換算した株価を合計し、「除数」 という数字で割っています。(以下略)

 もしも日経平均採用銘柄が全てストップ高、ストップ安になった場合、日経平均株価は何円何銭上下し、%で表すと何%の上下になるのでしょうか?
 同様に東証一部上場銘柄全てがS高、S安になった場合、TOPIXは何ポイント、何%上下するのでしょうか?

 日経平均が3%上下すると「うーん、今日は割合大きく動いたな。」という感じがするのですが、日経平均の過去記録では最大上昇記録が13.24%、最大下落が-14.9%、となっていて、それと比較すると3%というのはたいした幅ではありません。また前述の最大上昇、最大下落も、採用銘柄225社全てがS高、S安となったかどうかはわかりません。

昨日(3/12)の日経平均終値は12,861円13銭でしたが、単純に株価現在値12861円の銘柄のS高、S安の値幅制限と比較するわけには行かないようです。

いただいた回答には24時間以内に必ずお礼コメントをお返しします。
(この投稿は3/12の日経平均株価を例に挙げていますが、回答される場合は回答日の日経平均株価を元に算出してくださって結構です。)
よろしくお願いします。

お世話になります。
本年に入ってから日経平均株価の上下が非常に激しいですね。数年前までだったら一日に200円上下したら夕刊一面にのるほどのニュースバリューでしたが、今年に入ってからは200円程度は日常茶飯事で400円以上の上下も珍しくなくなってしまいました。
 さて、この日経平均株価は東証一部上場会社の中から日本経済新聞社が選定した225社の株価を以下のような計算式で算出しているとの事ですが・・・。

日経新聞サイトから引用
 まず、各銘柄の株価を各銘柄の株価を50円額面に換算します。...続きを読む

Aベストアンサー

あくまでも3/12引け値対比ですが、

すべてストップ高 14,893.87 +2,032.74 +15.81%
すべてストップ安 10,829.66 ▲2,031.47 ▲15.80%

となります。
>値段により値幅制限が違いますので
と、#1さんがおっしゃっている通り、価格変動によって値幅制限も変わりますので、上下15.8%というのは固定ではありません。

Q日経平均と日経平均先物

日経平均と日経平均先物は全くの別物ですか?
この日経平均先物とは、なんでしょうか?
それと、金利先物についても知っておりましたら、ご教授お願いします

Aベストアンサー

先物は、将来の価格(月限)を指数として取引をするものです。

例 日経平均17000円の日に、日経先物(3月限)が17100円となっている場合、3月の日経平均が17100円と予想されて取引しているということです。

日経平均と日経平均先物の価格が毎日連動しるように変動するのは、先物取引の参加者でも先の価格までわからないから、日経平均と連動させて取引をした方がより安全だからという理由です。

時折、日経先物が、日経平均より価格が上昇・下落することもありますが、この場合は先々を予測して変動しているということです。

金利先物も同様に、現在の金利に対して、数か月先の月限の日の金利を予測して指数で取引をしています。

簡単にすれば、本日の225種類の代表銘柄の平均価格が日経平均、数か月先の日経平均の予測を取引するのが先物ということです。

Q日経平均採用の225銘柄のうち、日経平均先物の値動きに影響を受けやすい銘柄

日経平均に採用されている225銘柄のうち、日経平均先物の価格変動に影響を受けやすい銘柄の特徴について、教えていただけないでしょうか。

個人的には、製造業の企業の株価チャートは、日経平均に連動しているような気がするのですが、時期によって影響を受けたり受けなかったりするサイクルみたいなものがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

日経平均の 計算方法と構成銘柄は解りますか
 そして セクター別の 区分もわかりますか

その上で 下記の URLを 見てください。
http://nikkei225jp.com/nikkei/
 
 構成比です。

 ここから影響度大きいものから並べ替えて
 その所属業種で考える
 また
 構成銘柄の内 どのセクター銘柄が多いか
 考えれば 有る程度の アウトラインは解ると思いますが

 影響が大きい業種
 影響の大きい銘柄

 エクセルで 計算式作って
 株価を色々 変えてみると
 楽しく 遊べますよ。

 サイクルについては ランダムだと思いますが
 
 影響の高い セクターが物色されると
 日経平均は高くなりやすいですね。

Q日経平均先物とは何ですか?

シカゴがどうのこうのと聞きますが、何か関係あるんでしょうか?

全くわからないので「日経平均先物」について
いちから全て教えていただけるとありがたいです。m()m
(ネットでいろいろ調べてもよくわかりませんでした。)

あと、
日経平均先物が日経平均株価より少し早く動き
それにつられて日経平均株価も動くと言うことを聞いたのですが、
それなら日経平均先物の動きに沿って
株を売買したらある程度の儲けは出せるんでしょうか?

Aベストアンサー

日経平均先物というのは大証に上場している株のようなものです。
株とは違うのでそれようの資金を用意しなければいけません。
取引き単位は1枚=1000倍≒1600万円で参加できます。
もうじき100倍になるようです。160万程度で参加できます。
日経平均先物はシンガポール、シカゴの市場でも上場しており、
日本では夜で取引きをしていない間にもシカゴなどで売買されています。
その値段にどうしてもさや寄せするんですね。

先物が先に動き平均株価がうごくというのは、株の売買をしている数多くの人がリスク管理のため先物を見ながら売買しているからで、必ずそうなるわけではありません。大きな買い物が平均株価を押し上げるような株にはいってくれば現物主導で上がっていきます。どの株を売買するかによりますが、先物もみせいたやだましの売買が大量に入っているのをよくみるのでそれ見て売買したら振り回される結果になると思います、指標にはなりますが。見ながらでは後追いになりますからね。

Q日経225先物と日経平均採用銘柄の関係について

よく今日の市場について等のネットニュースなどで
本日の相場は日経225先物主導で動いていた。などと書いてあるんですが、これはどういう意味でしょうか?

そもそも、日経225先物は、日経平均が先行して、それに追随してくる指数じゃないんでしょうか?

日経平均に採用されている各銘柄の株価が市場で上げ下げを繰り返して、そのトータルが日経平均の上げ下げですよね。

それに合わせて(追随して)動いていくのが日経225先物指数ではないのでしょうか?

ETFとかも同じだと思うのですが。

先に日経225先物が動いて、後から日経平均が追随するってことはありえないと思うんですが。。

皆さん御指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日経平均株価と日経平均先物、『針と糸』、ご指摘のように両者は、
基本的に追随して動きます。また、両者間には裁定取引が働き、
片方が高く、片方が低ければ、高いほうが売られ、低いほうが買われる関係にあります。
”『針と糸』”の関係のように、追随するとのご理解で間違いはありません。
では、どちらが針でどちらが糸か?のご質問と推察します。

先物主導の例として、2004年5月の暴落をご説明します。
外人を中心に、先物主導で暴落しました。
 ・現物株式を大量に保有している者にとって、現物株式を大量に、
  市場に売り注文を出した場合、買い注文が引っ込んでしまい、約定しにくく、
  時間的なロスが起こります。想定していた値段で売る事は不可能です。
  そこで、どんどん日経先物を売り込みます。これでもか、これでもかと
  売って売って売りまくってきます。日経先物と日経平均のギャップは
  どんどん拡大します。おかまいなしです。彼らは、先物で売ると同時に、
  後から現物の売り注文も出してきます。こうすることによって、現物を大量に
  売りに出した時の約定ロス・時間ロスをヘッジしていました。
  また、一部の外人・機関投資家は、現物は売らずに、
  保有株式の評価損をヘッジするため、取り敢えず先物だけを売った投資家もいます。
  これも、先物主導を加速させました。
  これらは逆もあります、大量買付けをしたい時に、一足先に先物を買っておく、
  と言うことです。
  また、注文を受けている証券会社の便乗売買も動きを加速させます。
  一投資家が相場を動かすことはできません、しかし、皆が同じ考えとなり、
  同じ方向に動く時、現物取引でちまちま売買していられる冷静な投資家はいません。
  取り敢えず、先物の売買に走ります。そう、群集心理が、一点に集中した時、
  (我も我も、おらもおらも、あたしも・・・)
  それは先物の動きとなって現れ、後から現物が追随することとなります。
 ・尚、特殊な動きをしますが、日経先物は、日経先物のオプション取引の
  駆け引きとして、仕掛け売買的な売買にも利用されます。
  これは、SQが近づくと始まります。

このように、市場になにかインパクトのある動きが起こる時、一足先に先物に
その動きが現れるのが一般的です。日経平均先物が針、日経平均が糸、
となるケースが多いと考えます。
前回、ライブの時、日経現物と先物に、瞬間的に120~150円??ぐらいのギャップが
あったように記憶しています。

また、現物取引はちまちましすぎ、オプションは難解、先物はマネーゲーマーにとって、
簡単・すばやい・流動性も高いなど、格好の対象物といった面もあります。

日経平均株価と日経平均先物、『針と糸』、ご指摘のように両者は、
基本的に追随して動きます。また、両者間には裁定取引が働き、
片方が高く、片方が低ければ、高いほうが売られ、低いほうが買われる関係にあります。
”『針と糸』”の関係のように、追随するとのご理解で間違いはありません。
では、どちらが針でどちらが糸か?のご質問と推察します。

先物主導の例として、2004年5月の暴落をご説明します。
外人を中心に、先物主導で暴落しました。
 ・現物株式を大量に保有している者にとって、現物株...続きを読む

Q初心者です 日経平均

日経平均の株(日経平均株価で購入できる株)が あるのですか。

Aベストアンサー

ETFというものがあります。
これは、投資信託ですが日経平均を買う上場投資信託です。
各社がこれを出しているので、どこを買ってもほとんど同じ動きです。
10株以上10単位ごとの注文です。

他に、日経平均型投資信託があります。
これは、投資信託そのものの性質を持っているが、日経平均に沿った動きをします。
こちらは買い付け手数料は高いのですが、値動きがETFに比べて大きいのが特徴です。
ディーラーに運用を任せるタイプです。
こちらは1万円以上1円単位の注文です。

どちらを買っても大差はありませんが、投信は買える会社が限られています。

Q日経平均株価の初値と日経225先物の初値のギャップについて

日経225先物miniの投資をしており、投資を始めて4ヶ月になります。

日経平均株価の初値と日経225先物miniの初値に差が生じる場合がありますが、
この理由について教えて頂ければと思います。

特に本日(07年9月25日)はいつも以上に大きな格差が生じました。

A) 日経平均株価   初値 16,317円
B) 日経225先物mini 初値 16,375円
*参考 日経225先物 初値 16,380円

A-B=▲58円

※イブニング・セッションの影響など考えられますか?

この要因について説明できる方、ご教示願います。

Aベストアンサー

 
今日は配当落ちの日でしょ。
配当権利落ち分は約76円との試算があるそうですから、現物の始値は前日終値に対して-76が普通です。


 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報