痔になりやすい生活習慣とは?

木造2階建230m2の戸建の排煙窓の要否についての質問です。
現在、工務店と詳細設計をしておりますが、在来木造2階建で床面積は230m2、1階のリビングは約8帖程吹抜けになっており、吹抜け部分で外に面している窓は全てFIX窓になっています。 また2階の居室(2部屋)からは吹抜けの方に開き戸があります。
昨日、モデルハウスをいくつか見て回ったところ、吹抜けには開閉窓が取り付けられているところが殆どで、その理由は床面積200m2超は法規制により排煙窓が必須とのこと。
今回の私の新築の吹抜けには排煙窓が必要なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

建築基準法によりますと居室(常時使用する部屋)に床面積の50分の1以上の排煙に有効な開口部が必要になります。

もしこれに則れない場合は排煙設備が必要になります。

ちなみに200m2以下では必要ないわけではなく告示の1436号にて緩和されているのでチェックされないだけですね。

例えばリビングの床面積が30m2程度でしたら、その50分の1ですので0.6m2の排煙に有効な開口部を設けなければなりません、他の居室についても同様です。

ちなみにこの「排煙に有効な開口部」と言うのは天井面より下方80cm以内の距離にあるもののみが有効になります。

つまりリビングが吹抜けになっていてる場合かなり高い位置に排煙に有効な開口部を設けなければならないという事になりますね。FIX窓では排煙に有効とはみなされませんのでご注意を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細なるご回答ありがとうございます。
工務店に確認をしたら、48帖のLDK(天井高2.7m)の内8帖分が吹抜け(同5.5m)となっており、平均天井高が3.16mということで、庭に面するサッシの高さを2.4mとすることで、吹抜け上部の窓に排煙窓を設けることは不要との判断でした。

お礼日時:2010/04/30 09:50

>今回の私の新築の吹抜けには排煙窓が必要なのでしょうか?


基本的に床面積200m2超は法規制により排煙窓が必須のため排煙窓が必要です。
リビングに設置したくなければ、それに代わる有効な場所に必要となります。
質問文では、詳細な図面等が無いのでこれ以上のアドバイスはできません。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答有難うございます。
至急工務店と打合せ致します。

お礼日時:2010/04/26 14:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸建2階建住宅200m2以下 排煙検討について

1階鉄骨+2階木造の混構造住宅を計画中です。
1階を一部ピロティにして屋内駐車スペースとする計画です。
2階建てで、2階住居部分102.06m2、1階住居部分が29.81m2、1階
屋内駐車スペースが73.91m2です。
この場合は平12建告1436号四イの緩和は適用されますか?
また同敷地内に既存の離れがありますが、告示内での200m2以下には含まれないですよね?
もちろん別棟です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足について
結論
屋内駐車スペースが外部開放なら、延床面積には加算されません。
したがって、延床面積200m2以下となり、排煙検討する必要無し。

Q排煙計算について。

床面積200m2以上の木造2階建の建物です。

確認申請と一緒に排煙計算書も添付しました。

勾配天井の為、平均天井高さを計算したところ3.5mでした。よって「天井が3mを超えていれば、2.1m以上かつ天井の高さの1/2以内の部分を排煙に有効な開口部と見てよい」と言う認識があったので、掃き出し窓高さ2.3mの内2.1m以上の部分の高さ20cmを有効開口部として計算しました。

それから数日後「2.1m以上と言う条件は当てはまらず、天井から80cm下の部分が有効開口部となるので再確認して下さい。」と連絡がありました。

そこで質問なのですが、2.1m以上と言うのはサッシ下部が2.1mから上の部分に取付けられているサッシに限ると言う事なのでしょうか?今回の指摘では、途中から2.1m以上になるサッシは無効だと言う事意外の理由が分かりません。
サッシから排煙すると考えて計算しています。
他に考えられる理由がありましたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様の考えで間違いないと思います。
整理すると、
当該居室において、天井から80cm以内に排煙上有効な開口部が無い。従って、排煙上無窓居室となる(令116の2、1項2号)。
従って、令126の2本文中の無窓居室のため、排煙設備の設置が要求される。ここでも、天井から80cm以内に排煙上有効な開口部ないので、同条1項5号に基づく、建告1436号により逃げることとする。
当該告示3号に該当するので、排煙設備が設置されたことになる。
ですよね。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q排煙設備について

住宅で3階建ての述べ床300m2なのですがこの場合、階数が3ということで排煙設備が必要になるのでしょうか?
述べ床>500m2は階数が3でかつ500m2を超えるということなのですか?
基本的な考え方をお聞きしたいのですが
どなたか教えて頂けないでしょうか

Aベストアンサー

まず、この規模であれば排煙設備は要求されません。

しかし、排煙上の無窓居室に対しては排煙設備が要求されます。
つまり、令116の2、1項2号に該当する居室には、令126の2本文中に有るように、排煙設備要求となります。

通常、排煙計算と称して、床面/50の排煙有効開口の計算をしますが、これは、
(1)令116の2 の無窓居室チェック
なのか
(2)令126の2 の排煙設備のチェック
なのかを
意識しませんと、こんがらがります。

ご質問の内容で言うならば、
延べ300、3階であれば、排煙上の無窓居室のみの計算(令116の2)
延べ500超え、3階であれば、居室も非居室も排煙設備要求です(令126の2)

※採光・換気についても、
・絶対採光要求(法28)なのか(床/7)、採光上の無窓居室(令116の2、1項1号)(床/20)なのか。
・換気上の無窓なので、機械換気なのか(法28)
と、同じです。

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q増築時で延べ面積200m2超えの排煙計算緩和の有無

4号物件の増築です。既設は190m2くらいで新設は60m2くらいです。既設の190m2の中に既設改修部約50m2もあります。
指定確認検査機関からは合計延べ面積が200m2を超えますので排煙計算は既設も含めて必要だと言われます。
増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。
どなたか詳しい方お見えでしたら、ご教授願えないでしょうか。

Aベストアンサー

>増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。

納得いかないって言ってもしょうがないでしょう。指定確認検査機関が決めているわけでは無いのですから。根拠条文を聞いてそこをつっこんでいくしかどうしようもないです。

増築の場合、開口部のない準耐火構造の壁もしくは床又は遮煙性能を有する特定防火設備で区画すれば、独立部分とみなされますので、これでうまいこといきませんか?根拠条文 令137条の14 3号

Q排煙計算で凄く困ってます!!

数日前にも似たような質問をした者です…度々スミマセン。

200m2以上の木造二階建の住宅です。200m2以上と言う事で排煙計算書類を添付しました。勾配天井で天井高は3m以上です。

有効開口部の範囲として「天井高3m以上の場合、H/2かつ2.1m以上」と言う条件を使用し計算したところ「コノ条件は排煙設備を使用する場合であり、排煙設備でない場合は使用できない」との回答がありました。
再度、確認したところ居室Aは平均天井高から800下方部分で、居室Bは勾配天井ナリに800下方部分で有効開口面積を計算し何とか必要面積をクリアーしました。

しかし、今度は「両居室とも平均天井高からの計算に統一して下さい」との回答が…各検査機関によって違いはあるかと思いますが、どちらかの条件を使用して算出し、数値がクリアーできれば良いのではないでしょうか?「統一しなければならない」と言うような条例があるようでしたら教えて下さい。
一応、サッシ寸法を変更する事により必要開口寸法は確保したのですが、なぜか納得できません。

非常に情けないのですが、今凄く頭が混乱しています。
H12.5.31建告1436四イにある住宅以外は排煙設備が必要と言う事で計算書類の添付をしていると言うわけではナイのでしょうか?自然排煙と言う方法は自然排煙設備との考え方だと思っていたのですが…汗。
法令集など読み返すのですが、自然排煙設備でないのであればこの計算って一体何なのか??

自分の現状はカナリ末期な気がします(笑。どうぞよろしくお願いします!!

数日前にも似たような質問をした者です…度々スミマセン。

200m2以上の木造二階建の住宅です。200m2以上と言う事で排煙計算書類を添付しました。勾配天井で天井高は3m以上です。

有効開口部の範囲として「天井高3m以上の場合、H/2かつ2.1m以上」と言う条件を使用し計算したところ「コノ条件は排煙設備を使用する場合であり、排煙設備でない場合は使用できない」との回答がありました。
再度、確認したところ居室Aは平均天井高から800下方部分で、居室Bは勾配天井ナリに800下方部分で有効開口面積を計算し何...続きを読む

Aベストアンサー

順番で言いますと(ややこしいので住宅で)

排煙設備が必要か否か(いわゆる1/50開口)を確認
この為にいわゆるLVSのSのチェック表をつけます。
駄目な場合は第百二十六条の二に該当してしまい
排煙設備が要です。

第百十六条の二第一項第二号に該当する窓その他の開口部を有しない居室(中略)には、排煙設備を設けなければならない。
(中略)
ただし、次の各号のいずれかに該当する建築物又は建築物の部分については、この限りでない。

五  (中略)国土交通大臣が定めるもの

建設省告示第千四百三十六号
階数が二以下で、延べ面積が二百平方メートル以下の住宅
という流れです。

但し書きにも漏れると
第百二十六条の三の設備を設置です
ここで仰る自然排煙設備の考えが出てきます。

>H12.5.31建告1436四イにある住宅以外は排煙設備が必要と言う事で計算書類の添付をしていると言うわけではナイのでしょうか?
第百十六条の二第一項第二号の開口が取れているので
第百二十六条の二に該当しませんってアピールです。
取れていないと、排煙設備としての開口面積計算(と多分詳細図等)
を添付ですね
>自然排煙と言う方法は自然排煙設備との考え方だと思っていたのですが…汗。
>自然排煙設備でないのであればこの計算って一体何なのか??
第百十六条の二第一項第二号の開口と
第百二十六条の三の開口と分けて考えればOKだと思いますよ。
まぁ私なりの解釈なのですが。。

順番で言いますと(ややこしいので住宅で)

排煙設備が必要か否か(いわゆる1/50開口)を確認
この為にいわゆるLVSのSのチェック表をつけます。
駄目な場合は第百二十六条の二に該当してしまい
排煙設備が要です。

第百十六条の二第一項第二号に該当する窓その他の開口部を有しない居室(中略)には、排煙設備を設けなければならない。
(中略)
ただし、次の各号のいずれかに該当する建築物又は建築物の部分については、この限りでない。

五  (中略)国土交通大臣が定めるもの

建設...続きを読む

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q吹き抜けがある居室の排煙計算方法

木造3階建ての住宅の確認申請で、排煙計算をするのですが、2階LDKの上部が一部分吹き抜けになっています。吹き抜けは3階廊下部分の横になります。(廊下の横部分が腰壁になっています)
このような場合、排煙計算はどのようにしたらいいのでしょうか?
平均天井高を求めるのですか?
3階廊下部分は関係してくるのですか?

Aベストアンサー

今晩は cyoi-obakaです。

原則としては、平均天井高で求めます。
廊下は、無い物として扱うのが通常でしょうね(私が主事でしたら)。

詳細は、確認検査機関に事前相談したのがよいと思います。
場合によっては、吹抜けとは扱わない!とする見解もありますからね。
注意点は、吹抜けが一部となる点です。設計の状況判断ですね~!

あくまで参考意見です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A