憲法や法律は、誰のために、何のために作られているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

法律は秩序を守るため。


憲法はその秩序を作る国家の暴走を防ぐために存在しています。
    • good
    • 3

超分かり易く信頼のおける本を紹介して終わらせます。



伊藤真の法学入門 講義再現版 (単行本)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4535517339
    • good
    • 0

今の憲法によれば、絶対に小林多喜二が特高に殺されることは無かったのです。

以上、日本国憲法は国家権力を拘束すると言えないでしょうか。

しかし、それは憲法の中身がどのようなものであるかによって決まります。「法の支配」に基づく立憲主義の憲法であれば、国家権力を制限できるのです。
    • good
    • 0

日本国憲法


第三十一条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第三十二条 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。

第三十六条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁止する。

第十章 最高法規
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
------------------------------------------------------------------------- 
 どうですか。今の日本国憲法があれば、美輪さんが目撃したこのような愚劣な立派な犯罪行為も防げたのではないでしょうか。しかし、これは特殊な行為ではないです。人間の最も根源的な欲望は「威張りたい、他人に自分の思い通りの行動をさせたい、自分の信じているものを信じさせたい、(国歌も自分が信じるんだからすべからく国民に斉唱させたい→石原都知事等の右翼的発想の人間やネット右翼の心の声)」というところにあるのではないでしょうか。だから読売新聞と自民党と民主党の一部の人間とどこかのバカ政党は自主憲法の制定(そもそも自主憲法制定出来るのか分かりませんが)を制定して、国民に自分の思い通りの行動をさせたがっているのではないでしょうか。
    • good
    • 1

従って、法律さえ作ってしまえば、如何様にでも表現の自由を国家権力が侵害して良いことになっていますね。

実際明治憲法によって表現の自由が侵害されていたため、赤紙が来て自分の子供が戦争に行く際、その兵隊のお母さんが列車で兵役に就く兵士を見送りに行くにあたって、「生きて帰って来いよ」と涙ながらに声をあげただけで、憲兵が顔面血の海になるまで殴りつけるという暴行が頻発しておきました。何故なら、表現の自由は制限されていたからです。(「戦争と平和 愛のメッセージ」美輪明宏著)。

それに対して、日本国憲法には以下のように規定されています。

第十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

このように、表現の自由は法律によって制限して良いとは書いていませんね。勿論、「公共の福祉」に反するような場合に限って(公共の福祉とは公とか、全体とか国家などと言う意味ではなく、他者の人権とぶつかった際に調整する原理を指します、要は他者加害を防ぐと言うくらいの意味です)一部制限しうる可能性はあります。しかし、仮に国会議員が法律で表現の自由を侵害して良いという趣旨の法律を作ったとしても、それが違憲な法律だった際は、

第十章 最高法規


第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

によって、裁判所が無効と判決して良いし、そもそも国会議員や内閣は憲法尊重擁護義務を負っているので、そういう違法に表現の自由を侵害するような法律を作ってはいけないと、憲法に明記されているのです。

「戦争と平和 愛のメッセージ」美輪明宏著より、抜粋します。

------------------------------------------------------------------------- 
 私は戦争を体験しています。そして、たくさんの悲劇を見てきました。
 汽車のデッキに立って出征しようとしている兵隊さんを、「死ぬなよー、帰ってこいよー」としがみついて見送る母親が、憲兵に引きずり倒され、ぶん殴られて、鉄の柱に頭をぶつけて血を流している。 
 それを敬礼しながら見ている子どもの気持ち、死に赴こうとしている子どもの気持ち、どんなだったろうかと思います。
 戦争中には、とんでもない人間が権力を握り、命が簡単に脅かされます。
 私の祖母の家は旅館でしたが、軍に徴集され、労働力のために集められた女学生により、「女児挺身隊」の寮になっていました。
 そこにある女学生は、お母さんがいろんな色の残り毛糸を集めて編んでくれた肌着が、セーラー服の襟から少しだけ出ていたのを監督していた男に見とがめられ、「軟弱だ、けしからん」と叱責されていました。
 素っ裸に近い姿にされ、神を持って引きずりまわされ、軍歌で蹴られ、こぶしで殴られ―。
 一週間後、その女学生は亡くなりました。服の下に着ていたものが、色が混ざってちょっとカラフルだったというだけですよ。たったそれだけのことで、殴り殺されてしまったのです。
-------------------------------------------------------------------------
    • good
    • 0

第十章 最高法規


第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

九十九条をご覧下さい。「国民」の文言が入っていますか?入っていませんね。とすると、天皇や警察や国会議員や検察官は、日本国憲法を遵守するように決まっています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%97%97% …

東京都教育委員会委員を務める米長邦雄(将棋連盟理事)は2004年秋の園遊会に招待された際、今上天皇の前で「日本中の学校において国旗を掲げ国歌を斉唱させることが、私の仕事でございます」という発言を行った。これに対し、天皇は「やはり、強制になるということでないことが望ましいですね」と返答している。米長はバカだから赤面する他無かったと言う。

そもそも、

国家権力は腐敗する。従って国民の権利・自由が損なわれる。それを守る必要がある。そのためには国家権力に強い歯止めをかける必要がある。

従って、国家権力を制限し、国民の権利・自由を守ることを目的とした国家の基礎法が必要であり、かつそのようであるべきだという理念、理想を説いたものです。

その意味で憲法とは事実状態を指すのではなく、その規範面に着目し、その規範面(~であるべきだとする性質)を備えた必要がある、

と憲法の最初の授業で教えられるところです。

従って、憲法と法律とは以下の点で異なると教えられるところです。

1.憲法は国家権力を制限するものである
2.憲法は恒久的な価値を示すものである
3.憲法は理想を示すものである

これはドグマではありません。私たち国民一人一人が国家権力に対して、守らせるようにしていかなければならないのです。それを国民主権と言うのです。

明治憲法抜粋
第2章 臣民権利義務

第18条 日本臣民タル要件ハ法律ノ定ムル所ニ依ル

第19条 日本臣民ハ法律ノ定ムル所ノ資格ニ応シ均シク文武官ニ任セラレ及其ノ他ノ公務ニ就クコトヲ得

第20条 日本臣民ハ法律ノ定ムル所ニ従ヒ兵役ノ義務ヲ有ス

第21条 日本臣民ハ法律ノ定ムル所ニ従ヒ納税ノ義務ヲ有ス

第22条 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ移住及移転ノ自由ヲ有ス

第23条 日本臣民ハ法律ニ依ルニ非スシテ逮捕監禁審問処罰ヲ受クルコトナシ

第24条 日本臣民ハ法律ニ定メタル裁判官ノ裁判ヲ受クルノ権ヲ奪ハルルコトナシ

第25条
 日本臣民ハ法律ニ定メタル場合ヲ除ク他其ノ許諾ナクシテ住所ニ侵入セラレ捜索サルルコトナシ

第26条 日本臣民ハ法律ニ定メタル場合ヲ除ク他信書ノ秘密ヲ侵サルルコトナシ

第27条 日本臣民ハ其ノ所有権ヲ侵サルルコトナシ
 公益ノ為必要ナル処分ハ法律ノ定ムル所ニ依ル

第28条 日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ケス及臣民タルノ義務ニ背カサル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有ス

第29条 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ言論著作印行集会及結社ノ自由ヲ有ス

良く明治憲法の人権保障のあり方を確認して下さい。例えば、表現の自由は、以下のように記載されています。

第29条 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ言論著作印行集会及結社ノ自由ヲ有ス

言論著作印行集会及結社の自由、すなわち、表現の自由は「法律ノ範囲内に於テ」保障されているに過ぎませんね。
    • good
    • 0

日本は法の支配の原理に基づく憲法と言われます。



すなわち法の支配とは、専断的な国家権力を排斥し、権力を法で拘束することによって、国民の権利・自由を擁護することを求める原理を指し、

1.憲法の最高法規性の観念(憲法の内容を法律で変えることは出来ない、憲法に反する法律は無効である)→98条1項、

2.権力によって侵されない個人の人権、日本国憲法に規定されている人権の条項→第3章

3.法の内容・手続きの構成を要求する適正手続き(due process of law)→第31条、

4.権力の恣意的行使をコントロールする裁判所の役割に対する尊重→81条

にて、条文にて具現化されていると言われるところです。

更に、憲法を守る者は誰か?という疑問があります。

[憲法尊重擁護の義務]

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …

なお、本条の名宛人に一般の国民は含まれていない点に注意を要する。

-------------------------------------------------------------------------
従って、国民には憲法を守る必要はありません。条文の中に「国民」が入っていないからです。

そして、どうして国民は憲法を守る必要がないか、という疑問に対し、渋谷秀樹先生は、統治者を縛る法があり、それが憲法であるという法の支配の中核的思想を確認したものだからであり、従って、憲法を尊重する義務を負うのは、天皇や公務員に限られると説明されているのです。要は、統治活動に携わる者は憲法を守る必要があるが、国民はその必要は無いということです。

明治憲法下で小林多喜二は、特別警察に拷問により殺されました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97% …

日本国憲法
第三十一条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

第三十二条 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。

第三十三条 何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

第三十四条 何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

第三十五条 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第三十三条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。
2 捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行ふ。

第三十六条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁止する。

第三十七条 すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。
2 刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。
3 刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。

第三十八条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

第三十九条 何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。

第四十条 何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAKB48初期の小さい子は誰ですか?

AKB48初期の小さい子は誰ですか?
AKB48初心者で、このたび発売されたシングルビデオコレクションを購入しました。
その中で「スカート、ひらり」や「桜の花びらたち」に出ている
小学校低学年or中学年?と思われる背が一番小さい子は誰でしょうか?
主に後ろのほうで踊っています。
今でもAKB48に居るのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

増山加弥乃ちゃんでしょう。当時の他の若い子より2歳若いです。今もいますよ。現在16歳、とても可愛らしくなりました。

http://www.oricon.co.jp/music/interview/060125_04_comment.html#movie
一番上の写真(右下の髪の長い子)、一番下の写真(下段右から3番目の子)

紹介 http://www.youtube.com/watch?v=EMGKfVt5wrQ&NR=1

↓参考メンバー

スカート、ひらり 2006年 (スカひら7+バックダンサー)
スカひら7フロントメンバーは、大島麻衣、中西里菜、板野友美、高橋みなみ、前田敦子、成田梨紗、小嶋陽菜。http://musicmovie.blog48.fc2.com/blog-entry-932.html
バックダンサー:
佐藤由加理、篠田麻里子、峯岸みなみ、浦野一美、平嶋夏海、渡辺志穂、折井あゆみ、星野みちる、増山加弥乃、大江朝美、駒谷仁美、戸島花、川崎希

<桜の花びらたち> 曲のメンバー 2006年当時の年齢
板野友美、小嶋陽菜、佐藤由加理、篠田麻里子、高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ13歳、浦野一美、平嶋夏海、渡辺志穂、宇佐美友紀、折井あゆみ、星野みちる、増山加弥乃11歳、大江朝美、駒谷仁美、戸島花、中西里菜13歳、成田梨紗、川崎希、大島麻衣

参考URL:http://www.oricon.co.jp/music/interview/060125_04_comment.html#movie

増山加弥乃ちゃんでしょう。当時の他の若い子より2歳若いです。今もいますよ。現在16歳、とても可愛らしくなりました。

http://www.oricon.co.jp/music/interview/060125_04_comment.html#movie
一番上の写真(右下の髪の長い子)、一番下の写真(下段右から3番目の子)

紹介 http://www.youtube.com/watch?v=EMGKfVt5wrQ&NR=1

↓参考メンバー

スカート、ひらり 2006年 (スカひら7+バックダンサー)
スカひら7フロントメンバーは、大島麻衣、中西里菜、板野友美、高橋みなみ、前田敦子、成田梨紗、小嶋...続きを読む

Q【憲法違反をするとどうなるのでしょうか?】 刑法違反は警察に逮捕される。 憲法違反だと誰になにさ

【憲法違反をするとどうなるのでしょうか?】

刑法違反は警察に逮捕される。

憲法違反だと誰になにされる??

Aベストアンサー

一般の国民には「憲法違反」はありません。
法律なんかだと、裁判で違憲と判断されることはあるけどね。

Q4/1生まれの学年

4/1生まれは、前年度の学年。
4/2生まれ以降~4/1まででひとくくりとされているのはどうしてなのでしょうか?
どうして、4/1~3/31で一学年ではないのですか?
誰に聞いても納得できる説明をしてくれる人はいません。
みんな、「昔からそうだから・・・」と言った具合です。

どうしてですか???
お腹の赤ちゃん、4/1に生まれるかも・・・なのでどうしても知りたいのです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

法律上の、ややこしい仕組みによるものだそうです。

学校教育法では、学年は4/1に始まり、翌年3/31に終わるとされているんだそうです。

しかし、民法上の「人の歳の数え方」というか、「歳のとり方」が、
「歳をとるのは前の日の午後12時00分である」と定められているそうです。

つまり4月1日生まれの人は、3月31日の午後12時00分(4月1日午前0時00分を民法上、こう呼ぶようです)に、ひとつ歳をとるワケです。

そして、さらに前述の学校教育法では、
「子女が満6才に達した“翌日以降”における最初の学年の初めから小学校に行く」ことになっているんだそうです。

4月1日生まれの人は、生まれて6年後の3月31日の午後12時00分(31日の一番最後の時間)に、
満6歳になります。
その翌日4月1日以降における最初の学年の始めということは、その年の学年になり、
4月2日以降の最初の学年(翌年の学年)と分けられてしまうということらしいです。

Aベストアンサー

まず,何をしたいのかはっきりさせてください.
労働保険の保険料の徴収等に関する法律41条の違憲性を争いたいのか,10年間の過払い分を取戻したいのか.

お金を取戻したいと言うことであれば,国家賠償法で10年分請求できますよ.あなたのお知り合いの勘違いでしょう.国家賠償は私法上の請求権とされていますので会計法,地方自治法の時効とは関係ありません.
この場合さしたる争点もないでしょうから,お勉強すれば何とかなるでしょう.

どうしても憲法訴訟をしたいのであれば,やはり弁護士に相談することをお勧めします.あなたが本人訴訟をするのであっても,特定の弁護士から継続的にアドバイスを受ける必要があると思われます.
最近本人訴訟も増えてきましたが,やはり法的構成が甘いと言うか,もうちょっと工夫すれば何とかなるのにな~と思うこともあります.
日常,法律に接していない人にはやはり的確なアドバイスをしてくれる人は必要でしょう(裁判所の釈明,誘導にも限界がありますし).
勝つ見込みは……憲法訴訟は参加することに意義がある!とでも思ってがんばりましょう.

まず,何をしたいのかはっきりさせてください.
労働保険の保険料の徴収等に関する法律41条の違憲性を争いたいのか,10年間の過払い分を取戻したいのか.

お金を取戻したいと言うことであれば,国家賠償法で10年分請求できますよ.あなたのお知り合いの勘違いでしょう.国家賠償は私法上の請求権とされていますので会計法,地方自治法の時効とは関係ありません.
この場合さしたる争点もないでしょうから,お勉強すれば何とかなるでしょう.

どうしても憲法訴訟をしたいのであれば,やはり弁護士に相談す...続きを読む

Q誰か俺に火をつけて!!!!!!

誰か俺に火をつけて!!!!!!

定期テストの勉強をしたいのですがやる気が出ません。
というのも、僕は前回、前々回のテストではそれぞれ学年4位、6位をとっています。
なので心の中に油断があると思います。
しかし今回少し内容が難しくなってきています。

やる気が出る方法や言葉があったら是非お願いします!!

Aベストアンサー

次回の為に、今回その鼻っ柱をたたきおっておこう!
一回失敗するのも勉強だ!!油断したからの後悔が次回に実を結ぶ・・・はず?

ま、それでも今回頑張りたいなら、
ハードルを決めて、それを超えたら自分にご褒美みたいに、「もので釣る」か、
もし、それを超えられなかったら、大好きなものを金輪際やめるみたいな「背水の陣」
誰かと点数を競い合って、勝ったら奢ってもらう「競争」

ま、やる気の出し方なんて人それぞれや。自分にあったの色々試してみ!

Q法律や条例作る時は国民も参加して一緒に作るべき

だと思う

こういう法律や条例があるとか言われてもいつの間にか出来ているし何でこんな内容なのかというのもある
だから国民目線で国民が何十人か選ばれて法律や条例を一緒に作るべきだと思う

そしたら国民も納得すると思う ちなみに守秘義務あり

Aベストアンサー

裁判員制度も導入されましたしねぇ。次は首相公選かな?

法律・条令作りに国民参加と言うのには賛成ですね。賛成ですが、現実論では難しいのではないでしょうか。と、言うのも、法律を作ると言っても多くの日数を議論に費やさなければならないわけで、それに選ばれた国民がフルに参加できるかと言えば、まず不可能に近い状況でしょう。確かに良い話だと思います。しかし、選挙で選んだ政治家は別名『代議士』と呼ばれます。代議士の代は「国民に代わって」の代です。ですから国会議員一人一人がそうゆう自覚を持って国民の声を真摯に受け止めて、国民の為になる法律を作ったり条例を作ったりしていれば、こうゆう議論も起きないと思います。ところがどっこい、現実はどうでしょう。自分達の私利私欲、党の党議党略で作っている。国民の声を反映しているとは到底思えません。

管直人は「お盆までに仮設住宅を全て整備する」と予算委員会の場で「公約」しました。それに対し国土交通大臣の答弁は何となく曖昧でした。閣僚がこうなんですから、管の指導力の無さが改めて露見されましたね。もしお盆までに管が総理をしていて、仮に公約が出来なかった場合、彼は退陣するでしょうか。追求されてもダラダラ逃げるだけなんだろうな。こんな国会議員達を持った日本国民は哀れですよ。

裁判員制度も導入されましたしねぇ。次は首相公選かな?

法律・条令作りに国民参加と言うのには賛成ですね。賛成ですが、現実論では難しいのではないでしょうか。と、言うのも、法律を作ると言っても多くの日数を議論に費やさなければならないわけで、それに選ばれた国民がフルに参加できるかと言えば、まず不可能に近い状況でしょう。確かに良い話だと思います。しかし、選挙で選んだ政治家は別名『代議士』と呼ばれます。代議士の代は「国民に代わって」の代です。ですから国会議員一人一人がそうゆう自覚を持...続きを読む

Q私,我,僕,俺,彼,誰はいつ習うべきだと思いますか

 私,我,僕,俺,彼,誰という,いずれも人称代名詞用の漢字ですが,私と我は小学6年,僕と彼は中学校で習います。また俺と誰は先日常用漢字表に追加されたばかりです。そこで質問です。
 これら6字の漢字は第何学年に習うべきだと思いますか。私は外国語活動の時間を考慮して,6字とも小学5年で習うべきだと思います。

Aベストアンサー

オレは小学3年生で習うべきだと思うよ。
マンガとかで接する機会もある漢字を中学で習うんじゃあ、新し漢字を教えてもらうワクワク感にかけるような気がする。

あと、我ですか?
そんなの日常会話で使いませんから、習わせなくていいです。
極稀に「なめとんのかぁ?わりゃー」で使う人がいるとかいないとか、いやもう我は使用禁止だよな、怖いし

Q法律は誰が作っている?

法律は、裁判官、検察官、弁護士など、司法試験をパスして任官や登録された有資格者によって厳正に運営されていますが、
肝心の法律を作る人、すなわち具体的に法律の条文を考案し作っている人とはどのような人なのでしょうか。
恐らく、各省庁のキャリアと呼ばれる人達ではないかと思うのですが、このような人は皆、司法試験をパスしているんでしょうか。条文を作るための資格があるのでしょうか。

(ここでは国会議員は法案の是非を審査しているだけとして、対象外とします。)

Aベストアンサー

立法は国会が行い、それを補佐するために内閣・衆議院・参議院に「法制局」があります。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/syu/houseikyoku.htm

採用は法制局が独自に行い、上級職は国家公務員1種にあたるようです。
特に司法試験に合格する必要は無いようですね。
何でもそうですが、大学の法学部の教授でも法曹資格の無い方は多々いますし、医学部教授で医師免許の無い方、文学部教授で博士号の無い方など掃いて捨てるほどいます。
知識や能力と免許とは関係ないので、自分の任された分野にだけエキスパートでいればよいのではないかな。

Q私はクラスで友達がほとんどいません。 でも学年で5番目に頭がいいので テスト前はすごく人が集まってき

私はクラスで友達がほとんどいません。
でも学年で5番目に頭がいいので
テスト前はすごく人が集まってきます。

勉強以外の事では、ほとんど誰も話しかけてきてくれません。
こちらから話しても、てきとうに
返事をするだけです。
良いように使われてるだけな気がします。
クラスではひとりで寂しいです。
どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

ならば、あとはきっかけだけですね。
そういうのを発表する場があるといいかもしれませんが、
学校で休み時間とかに、テレビ番組載ってる雑誌とか読んでみたり。

まず学校は学業を専念するところですが、友達って大事ですよね。
作ろうと思ってもなかなかできないですが、自然と心を広くもって、
今まで通り得意な勉強でみんなの役にたってるうちに、自然と友達できるといいですね。
話しかけられるって大事ですよ。
世の中勉強が得意でも鼻高な人には人は寄っていかないですからね。

Q日本の法律は実際は誰が作っているのですか?

法律ってそもそも誰がその内容や詳細を作っているのですか?とても議員のような選挙のことばかり考えている人たちが細かい内容まで作り出しているとは思えないのですが。どなたか詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

内閣法制局が、どんなことをしているのか、より具体的には、内閣法制局の公式サイトをご覧ください。
まず、http://www.clb.go.jp/law/index.html
このうち、法律案の原案作成→内閣法制局における審査→閣議決定
の部分については、
http://www.clb.go.jp/law/process.html#process_1
です。
一部引用すると、
法律案の原案作成

・内閣が提出する法律案の原案の作成は、それを所管する各省庁において行われます。
各省庁は所管行政の遂行上決定された施策目標を実現するため、新たな法律の制定又は既存の法律の改正若しくは廃止の方針が決定されると、法律案の第一次案を作成します。

・この第一次案を基に関係する省庁、与党との意見調整等が行われます。
更に、審議会に対する諮問又は公聴会における意見聴取等を必要とする場合には、これらの手続を済ませます。
そして、法律案提出の見通しがつくと、その主管省庁は、法文化の作業を行い、法律案の原案ができ上がります。

内閣法制局における審査

・内閣が提出する法律案については、閣議に付される前にすべて内閣法制局における審査が行われます。
内閣法制局における審査は、本来、その法律案に係る主管省庁から出された内閣総理大臣あての閣議請議案の送付を受けてから開始されるものでありますが、現在、事務的には主管省庁の議がまとまった法律案の原案について、いわば予備審査の形で進める方法が採られています。
したがって、閣議請議案は、内閣法制局の予備審査を経た法律案に基づいて行われます。
 
・内閣法制局における審査は、主管省庁で立案した原案に対して、
  ・憲法や他の現行の法制との関係、立法内容の法的妥当性、
  ・立案の意図が、法文の上に正確に表現されているか、
  ・条文の表現及び配列等の構成は適当であるか、
  ・用字・用語について誤りはないか
というような点について、法律的、立法技術的にあらゆる角度から検討します。
 
・予備審査が一応終了すると主任の国務大臣から内閣総理大臣に対し国会提出について閣議請議の手続を行うことになり、これを受け付けた内閣官房から内閣法制局に対し同請議案が送付されますが、内閣法制局では、予備審査における審査の結果とも照らし合わせつつ、最終的な審査を行い、必要があれば修正の上、内閣官房に回付します

法律の形式的意味だけからは、なかなか実態はお分かりいただけないと思います。

内閣法制局が、どんなことをしているのか、より具体的には、内閣法制局の公式サイトをご覧ください。
まず、http://www.clb.go.jp/law/index.html
このうち、法律案の原案作成→内閣法制局における審査→閣議決定
の部分については、
http://www.clb.go.jp/law/process.html#process_1
です。
一部引用すると、
法律案の原案作成

・内閣が提出する法律案の原案の作成は、それを所管する各省庁において行われます。
各省庁は所管行政の遂行上決定された施策目標を実現するため、新たな法律の制定又は既存...続きを読む


人気Q&Aランキング