【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

納骨袋に般若心経を書きたいのですが。

現在、私の祖母が寝たきりになり、体もだいぶ弱っております。
元気だったころに約束していたのですが、
納骨袋に私の手書きで般若心経を書いてほしいという
ことを言っていたので、何とか実現したいのです。

納骨袋に般若心経を書くには、その方法、しきたり、大きさ、袋の素材、等々
どんな決まりを守ればいいのでしょうか。

いろいろと参考にさせていただくつもりで質問しましたので
経験のある方、知識の詳しい方、
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先日、私の叔母が亡くなり葬儀を終わらせたばかりなんですけど・・


私の家の方では般若心経は納骨袋に入れるよりも
荼毘にする際に一緒に入れた方がいい・・って言われていて
実際、私もお坊さんに聞いたところ、一緒に荼毘の方がいいって言われました。

まぁ、実際は納骨袋に入れても、お墓の中では骨壷だけ入れる形になるらしいので
一緒に荼毘の方がいいと思います。
    • good
    • 0

納骨袋は綿のサラシを買っていただいて80cmほどで切って半分に折り返し、左右両端を縫えばできます。

サラシを3cm幅で切って口元を縛る紐にすると良いでしょう。ただしサイズについてはお住まいの地方の骨壷の大きさによって変えたほうが良いかもしれません。(私の地方では直径15cmほどです)
正式なしきたりや方法はよくわかりませんが、以前に「筆ペンでもサインペンでも構わないから、心静かにただただお経を唱えつつ書けばいい」と聞いたことがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急!納骨袋の作り方を教えてください

至急!納骨袋の作り方を教えてください。
さらしは購入したのですが、作り方がわかりません。
又、作る時に、はさみで切らないや糸を結ばないなどあるのですか?
又、さらしの袋のヒモの部分はどうするのか?巾着みたいにするのか、違う場合はどうやって結ぶ事ができるようにするのか。
納骨袋自体見たことがなく、私は20代であり、納骨袋の作り方がわかりません。
裁縫が得意でありません。しかし、祖父への思いを魂を込めて今日、明日につくりたいと思っています。
どなたか詳しい方、作り方を教えてください。
又、南無阿弥陀仏とどこにどのような大きさで書けばよいのか教えてください。
又、参考になるホームページのURLをつけてもらえたら助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 石材屋さんで準備はしてくださると思うのですが。。。手作りっていいですね。

 こんなページがありました。一番下あたりに作り方がのってます。参考になるかと思います。

http://homepage2.nifty.com/mannpukuji/wisdom.htm

 また、「南無阿弥陀仏」はこんな感じで書かれてはどうでしょう?販売されているものを参考に。

http://www.rakuten.co.jp/nishitani/511971/547910/

Q般若心経の願文・納経について

友人の四十九日に合わせて写経をしようと思っていますが、以下に付いて質問です。
・願文にはどう書いたら良いのでしょうか? 為 ○○殿 七七忌法要 ?
・納経はどこにするのが良いでしょうか? お墓が決まっておらず、しばらくは家にお骨がある可能性があります。どこでも言い訳ではないと思うのですが、書いた般若心経を四十九日に合わせてどこかに納めたいと思っています。

あまり仏事に詳しくないのですが、友人のために弔いをしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

友人なら、四十九日法要に合わせるのはしないほうが良いかと思います。
心の中でお参りする位かな。

その上で、心経を写経するのは、練習で、本番はまだ先と言う気持ちで、書いたものは焚くか川に流すかすればいいかと思います。質問主様のお住まいのところが紙を燃やしたり、紙を川に流すことが禁止されていれば出来ませんが。

為○○○○(戒名)
七七日忌法要などは、家族、親族で無いんですから、書くべきではないかと思います。

納めるのは、質問主様の周辺に○○三十三観音とか、○○三十六地蔵とか言うミニお遍路ルートって無いですか?
有るなら、そのお堂に貼り付けてくる。(お堂が開くなら、中に入って壁に貼り付けてくる)
お賽銭はあなたの心の値段ですので、賽銭箱に札を入れてきましょう。

仏事に詳しく無いなら、何もしないのが良いのですが、何かしたいなら、隠れて、日にちをずらして、出来れば戒名と願主(貼り主)の名前は書かないで。

Q納骨について

先日納骨をしたのですが、過去の骨壷でいっぱいだったため、所々空いていた隙間に直接お骨を入れて来ました。何か問題が生じるでしょうか?

Aベストアンサー

その墓石の下への納骨の際に、お寺の住職は立ち会われなかったのでしょうか?
住職のアドバイスでそのようにされたのでしょうか?

いずれにしても地域の慣習や、宗派の考え一つでどのようにも取り扱われており、一概に何が良くて何が悪いとはいえないのですが、宗派を問わず「納骨」自体が墓石の下のいわば「地中に返す」発想からのものと思います。

我が家の宗派ではいっぱいになる以前に経年経過したものから、骨壺より出し中の地面に散骨、土へ返すこととしているため、骨壺のまま残るものほど新しいという暗黙のルールとして取り扱っているようです。

壺のままであろうと、壺の隙間に落とし込もうと「お墓の中」「土に返す」という意味合いから見て問題はないかとは思いますが、強いていうならば年配の方ほどその取り扱いに意味を見いだそうとしたりしますので、「先に入っていた壺の主よりも格が落ちた」だのありもしない理屈をつけてくる方はいるかも知れませんね。

その納骨の場面に立ち会い、その隙間に入れたことを知っている方にどんな方がいらっしゃるのか。
具体的な慣習など理論づけた意味合いよりは、どこにも書いていない「無責任な人がとってつけた理屈、感情」が先に立つことはあるのかも知れませんが、逆に言えばその程度のことでしかないということです。

その場にいた住職始め、身内の方々の皆さんが承知し、後々何もこぼさねば何ら問題のないことのように思います。

その墓石の下への納骨の際に、お寺の住職は立ち会われなかったのでしょうか?
住職のアドバイスでそのようにされたのでしょうか?

いずれにしても地域の慣習や、宗派の考え一つでどのようにも取り扱われており、一概に何が良くて何が悪いとはいえないのですが、宗派を問わず「納骨」自体が墓石の下のいわば「地中に返す」発想からのものと思います。

我が家の宗派ではいっぱいになる以前に経年経過したものから、骨壺より出し中の地面に散骨、土へ返すこととしているため、骨壺のまま残るものほど新しいと...続きを読む

Q親の法事、子どもが用意する粗供養は?

舅の三回忌に姑から親戚とお寺、友人達に配る粗供養を三千円位で用意するよういわれました。友人の分も私の方でしなければなりませんか?後から後から、追加が出て、困っています。お供えを頂く姑は大丈夫でしょうが、主人は一人っ子で、兄弟で分けることも出来ず、経済的に負担です。姑も二千円位の物を用意するそうですが、その金額も、少し不満に思ってしまいます。

Aベストアンサー

>主人は一人っ子で…

それなら、今は別居であっても冠婚葬祭的には姑さんとで一軒の家であり、夫は喪主・施主側の人間です。
夫は香典・御仏前や御供えをもらう側であり、夫が出すものではありません。

夫が次男以降だとか、嫁いだ姉妹などは別の家になりますけど。

>粗供養を三千円位で用意するよういわれました…

主宰者側の人間だから、用意しておきなさいといったのです。

>後から後から、追加が出て、困っています…

追加って、法事は通夜・葬儀と違って風の便りに聞いただけで誰でもがお参りに来るわけではありません。
喪家から事前に案内をもらった人が来るだけですから、後から後から追加ってことはないでしょう。

それとも、案内を出していない人からも金品が届いたという意味ですか。
それは、事前に用意した分とは別に手配せざるを得ないのはやむを得ないでしょう。

>姑も二千円位の物を用意するそうですが…

あらら、一軒の家から二重にも三重にもお返しがあるのはおかしいですよ。
姑さんと話をして、どちらか一つだけにしましょう。

Qお墓への納骨は?

お墓へ納骨する時には、骨の入っている入れ物ごと入れるのでしょうか?
骨だけ入れるのでしょうか?

 もし骨だけ入れる場合、骨の入っていた入れ物の処分は
どのようにすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

 地域によって納骨方法は違うようです。
 京都ではお墓に納骨するときは,遺骨をサラシ(木綿)の袋に移します。遺骨が土に還るようにします。
 骨壺のまま納骨する墓と京都のように骨壺から出して納骨する墓では,墓の構造が異なります。
 納骨する部分をカロートと呼びますが,骨壺のまま納骨する墓のカロートは,底に石が敷かれていたり,コンクリートが打ってあったりしますが,サラシの袋に移して納骨する墓のカロートの底は石もコンクリートもなく,土のままです。
 遺骨をサラシの袋にいれて納骨する場合は,骨壺とそれを納めていた骨箱は,お寺や石材店が引き取って処分してくれます。
 石材店の話ですと,遺骨をサラシの袋に入れて納骨するようになったのは,昭和30年代ぐらいからで,それ以前は骨壺のまま納骨していたのだそうです。その当時の骨壺は粗末な素焼きであったため,骨壺ごと土に還ることができたのですが,骨壺の品質が良くなり,骨壺ごと納骨すると土に還れないので,サラシの袋に移して納骨するようになったのだそうです。
 祖母の納骨のとき,それより30年前に納骨した祖父の遺骨は全く残っていませんでした。土に還ったんでしょうね。

 逆に骨壺のまま納骨する墓の場合,骨壺は未来永劫残るものだからという理由で,九谷焼などの骨壺が売られています。この場合は,遺骨を移し替えて納骨することになるのでしょう。それと骨壺に名前(又は戒名)を書いておかないとどれが誰の遺骨か判らなくなるそうです。
 
 骨壺のまま納骨するのか,骨だけ納骨するかは,墓のカロートの構造によりますので,まずは墓の構造をお調べください。

 地域によって納骨方法は違うようです。
 京都ではお墓に納骨するときは,遺骨をサラシ(木綿)の袋に移します。遺骨が土に還るようにします。
 骨壺のまま納骨する墓と京都のように骨壺から出して納骨する墓では,墓の構造が異なります。
 納骨する部分をカロートと呼びますが,骨壺のまま納骨する墓のカロートは,底に石が敷かれていたり,コンクリートが打ってあったりしますが,サラシの袋に移して納骨する墓のカロートの底は石もコンクリートもなく,土のままです。
 遺骨をサラシの袋にいれて納骨...続きを読む

Q49日法要に参列された方へのお返し「満中陰志or粗供養」?

49日法要に参列された方へのお返し「満中陰志or粗供養」?

こんばんわ。
49日の法要に参列された方へのお返しに書く「のし名」は
「満中陰志」と「粗供養」のどちらが正しいのですか?
いくつか書物やネットでも調べたのですが、どちらも正しいような
書き方がされておりよくわかりません。ぜひ教えてください。

またその理由もご解説いただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

 うちの場合,四十九日法要に参列してくださった方に渡す品物には,弔事用の掛け紙に「粗供養」と書きます。「満中蔭志」は,香典返しの品の掛け紙に記します。

Q七日ごとの法要でお布施は?

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで、
9時前に葬儀を始め、初七日までのお経?をすべて1時間くらいで終わらせてすぐ帰られました。
枕経と通夜はちゃんときていただいてます。

数日後に、七日ごとの法要があります。
お寺さんから連絡をいただき、平日午後七時に来られるとのことでした。
(お寺との連絡等は父がしています)
これから毎週来られると思います。
おそらく、父と私の二人だけしかいません。
父が仕事で遅くなれば私だけの時があるかもしれません。

わからないことだらけなので、教えて下さい。

1、七日ごとに来られる際に、毎回お布施をお渡しするのでしょうか?
する場合、いくらすればいいのでしょうか?
もしくは、49日にまとめてすればいいのでしょうか?その際の金額は?

2、お茶をお出しする気でいるのですが、午後七時って、夕飯時ですよね。。。
お食事の用意もするものなのでしょうか?

3、お経が終わったら、お茶とお菓子を出しますが、
来られたときにもすぐに一回目を出すものですか?
お菓子は、一個300円位する和菓子?
それとも一個100円くらいのスーパーで売っているもの?
お出しするのは、一つですか?二つですか?

4、お寺さんのお着替えの部屋とか必要なのでしょうか?
我が家には、生活感溢れる部屋しかないのですが・・・

その他、気をつけなければならないこと、しなければならないことなど、
細かいことでも教えていただければうれしいです。
読みにくい文章ですがどうぞ宜しくお願い致します。

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで...続きを読む

Aベストアンサー

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添えてお渡しするのがいいと思います。

2.わが家も7時でしたが、お食事はありませんでした。
 食事時とは言え、世の中で食事の時間が正確に決まっているわけではないので、
 毎週のことですしそこまで必要ない気もしますが…
 七日ごとのお経は日にちがずらせないので、スケジュールの都合上、
 あちらもこちらも夜が空けやすい…という理由でこの時間なのだと認識してます。
 気になられるのであれば、お寺の方に思い切ってお尋ねになるのも手かと思います。
 夕食時なので食事を準備させて頂こうかと思いますが、ご迷惑でしょうか?などといった感じで… 
 その家とご縁さんとの付き合い方にもよりますが、
 うちはかなり親しくフランクなので、聞ける感じの関係です。

3.お茶は、わが家はいつでも、来られた時とお経が終わった時の2回出します。
 お菓子は義母はいつも2つ出しています。
 が、これは多分決まりではないので1つでも大丈夫と思います。
 (実家は浄土宗ですが、1つです。これは多分宗派は関係ないかなと…)
 最初のお茶の時はまずお菓子は召し上がらないので、
 お経が始める時にお茶のみお下げし、お経の後にお茶だけ出す…という風にやってます。
 わざわざ高いお菓子を買ってきて出したりはしてませんが、
 頂き物などちょうど良いものがなければ、やはりわざわざ買ってきていました。
 スーパーで買ってきたようなのではなく、和菓子屋さんで買ってます。
 高価なもの(上生菓子とか)は不要だと思います。
 和菓子屋さんでも、150円も出せば美味しい和菓子が色々ありますよ(^^)
 お菓子は持ち帰られることが多いので、包んであるお菓子にするといいかもしれません。
 本来は個別包装でも取ってお出しするのが正式ですが、そのままの方が持ち帰りやすいので。

4.お着替えの部屋は不要だと思います。
 普段のお坊さんのお着物から、袈裟などの部分的なものを着替えられるだけなので、
 いつもその場で座ったまま着替えられています。


同じ宗派でもそのお寺によって違う部分もありますので、
「こうするのが正解です」というのは難しいとは思いますが…
少しでも参考になれば幸いです。
毎週来て頂けるなら、これを機に分からないことを全部お尋ねしておくのもいいと思います。
わが家のご縁さんはお話をたくさんしてくださる方で、
義母もその都度疑問に思ったことはお尋ねしていました。
こういう機会でないと、疑問に思うこと自体発生しないというのもありますし。
毎週は大変かとお察ししますが、まずは49日まで、無事に終えられますように…(^^)

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添え...続きを読む

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。


人気Q&Aランキング