親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか
知りたいです。
カーポートを設置するために確認申請を出すのですが、敷地内に10m2以下の物置
(ヨド物置)が2つ置いてあります。
1つの物置が5.43m2で2つ合わせると10.86m2です。
他に建物はたっていません。

この場合、確認申請の既存建物の床面積、建築面積には含まれますか?
ちなみに防火地区の指定はありません。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

物置も今の法律では建築物の扱いです。

確かに昔は可動なものだといって法解釈が違いました。
基礎がちゃんとしてないと実は既存不適格扱いになることもあります。
面積を換算する物置の定義は中に人が入って作業するものかどうかです。
5.43m2なら大きいのでこの場合は面積に含まれます。

他に建物が建っていない???増築ではないということでしょうか?
家があるとすれば建物の申請から10.86m2建築したことになり本当はその時点で申請が必要であったということになります。今となってはきびしくいえば手続き違反の状態です。

取り扱いや申請の細かいところは審査機関でご相談ください。
審査期間は違法を摘発するところではないので適法状態にする相談をするとよいでしょう。
審査機関によって実は求められる内容に差がでる部分です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

敷地内には家はなく、物置が置いてあるだけです。
元々、車を置くスペースとして使っていました。

とても解りやすく回答していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/24 16:25

基本的には屋内的用途になる、壁と屋根のあるものは床面積に入ります。

ゴミ置場でも入ってしまいます。屋根がメッシュ等の雨ざらしであれば入りはしません。ただ、状況的に目くじらを立てて違反だから申請をしろと役所も言うほどの話でもないかと思います。床面積の判断や増築の判断は最終的には役所の判断となりますので、匿名で電話問い合わせをしてみると良いかと思います。
    • good
    • 0

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

**************


すなわち「建築物」とは「土地に定着している」とこが前提です。いくら「リビングや寝室」があってもキャンピングカーは建築物ではありません。
これと同じように「ヨドコーの物置」などは地面に定着しておらず単に「置いてある」だけに過ぎません。このようなものは「おおきな箱」みたいなものです。犬小屋も同じことです。
確認申請で「別棟」として申告するのは、あくまでも「建築物」です。「ヨドコーの物置」を申告する必要はありません。
**************
この回答文、間違い。

キャンピングカーや船舶でも、簡単に動かせない状態であれば、建築物。
ヨドコウの物置も、簡単に動かせない状態であれば、建築物。
(イナバ物置HPでは、建築確認申請の注意書きがあります)
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/qa/index.html

【地面に定着しておらず単に「置いてある」だけで建築物では無い】と言って
三重県で船舶ホテルを、開業した業者が、行政側から建築物に当たると、裁判になり敗訴。

しっかり建設省通達まで見てなかったのでしょうネ。この船舶ホテルは、無くなったと記憶しています。

キャンピングカーも同じです。建設省通達に書かれていますから、よく読んで見ましょうネ。

>1つの物置が5.43m2で2つ合わせると10.86m2です。
大人二人程度で、簡単に、移動できるのであれば、建築物では無いでしょう。
もし、動かせないほどの大きさなら、建築物でしょう。(置いてあるダケでも)

詳細は、役所に聞くべきです。

参考URL:http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/qa/index.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考URL、返答ありがとうございました。
簡単に移動できる大きさじゃないと、建築物になるのですね。

詳しく調べてみます。

お礼日時:2010/06/24 16:31

今までに、完了検査に来てもヨド物置のことまで言われたことはなかったな~。


でもちょっとでかいよね。一つくらいならまだしも2つだとどうだろう。

申請書類上は、「住宅に付属する物置」になります。
ヨド物置でも既存建物の建面と床面の住宅部分に属する部位です。

じゃあどうするかとした場合に、「聞くと」審査する側は「既存の面積に入れといて」と答えると思います。

面積上で何か問題がありそうなら、検査を受けるならその前に「一時解体か移動しておく」が出来るならそれも一案です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよ。ちょっと大きくて悩んでしまいまして。
既存の面積として考えてみます。

お礼日時:2010/06/24 16:19

建築基準法第二条(用語の定義)を参照下さい。


「(用語の定義)
第二条  この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一  建築物 土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO201.html

すなわち「建築物」とは「土地に定着している」とこが前提です。いくら「リビングや寝室」があってもキャンピングカーは建築物ではありません。
これと同じように「ヨドコーの物置」などは地面に定着しておらず単に「置いてある」だけに過ぎません。このようなものは「おおきな箱」みたいなものです。犬小屋も同じことです。
確認申請で「別棟」として申告するのは、あくまでも「建築物」です。「ヨドコーの物置」を申告する必要はありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

迅速に対応していただきありがとうございます。
検討してみます。

お礼日時:2010/06/24 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10m2以下の建物は確認申請が不要と言うことで

DIYでの倉庫を住宅に変更しる改装がほぼ終わり、皆様に色々教えていただき腕も結構身についてきました、
そこで来年は建物作りに挑戦しようかと考えています、
建物=確認申請と言うのは認識しています、しかし10m2以下は申請不要ということで10m2(6畳間)の四角い空間を一棟づつ作り、積み木のように横・縦に組み合わせて置いて大空間、または連結しては駄目な場合90cmほど間を空けて置いていく場合は申請を出さずに作っても大丈夫でしょうか、

Aベストアンサー

10m2以下の建物は確認申請が不要・・・×
10m2未満の建物は確認申請が不要・・・○
です。

敷地内に別棟で作る場合や、既存の建物に増築する場合
10m2未満なら確認申請の提出は不要ということです。

但し、防火地域や準防火地域の場合は10m2未満でも確認申請が必要です。

また別棟で作る場合、ひとつの敷地に可分の建物を建てる場合には
敷地の分割(机上でOK)が必要です。


10m2未満の増築を確認申請無しで作ることについては、某市役所の
建築指導課では「OK」としていますが、役所への確認は必要かと思います。

確認申請不要ということについて勘違いしている人がいるので注意してください。
確認申請不要とは役所への届けが不要なだけであって、
建物を作る際には法に合った建物を作らなければならないということですので
お間違えのないように。

Q10m2以内の建築物の確認申請について

10m2未満の小さな建物を、建てました。
10m2未満だからと安心して、確認申請を出しませんでした。
10m2未満でも申請の必要なケースがあったのでしょうか?
もしあったとしたら、すでに建築完了しているのですが
何か、施主・建築業者に罰則などありますか?
どうか教えてください。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

10m2以下で建築確認が不要なのは、防火、準防火地域外で増築、改築、移転で 新築の場合は必要です。 通常10m2以下の建物は、簡単に移動できる建物しか考えられません。

防火、準防火地域
新築が必要

施工主にはないはずです。
建築業者にはあると思います。

Q物置の建築確認申請について

お世話になります。新築住宅の土地の片隅に、市販されている既成品の物置の設置を考えておりますが、建築確認申請が必要なのでしょうか?

住宅施工会社は建築確認が必要なので、それによると敷地より1m離して建築しなければならないと言われました。
一方、相見積をとった他2店のホームセンターでは10平米以下の物置は、住宅が建っている庭でしたら建築確認の必要はありませんと自信を持って言われました。

できれば、ホームセンターではなく住宅施工会社に依頼したいと思っております。

できるだけ、土地を有効活用したいので、できれば目一杯隅に寄せて物置を設置したいのですが、
建築確認が必要なければそれで良いと思うのですが、どちらの言い分が正しいのか、ご存知の方のアドバイスを宜しくお願い致します。

【物置の詳細】
イナバ物置 ドマール FX-70HD
W2630 × D2630 × H2375
シャッタータイプ、基礎工事必要
▼外形図
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/download/PDF/FX/doku/out/FX-70HD.pdf
▼基礎図
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/download/PDF/FX/doku/kiso/FX-70HD.pdf

【土地の詳細】
用途地域:第1種低層住居専用地域
防火地域:法第22条指定地域・防火指定なし
その他:高度地区(第1種高度地域 後退距離1m 最高高さ10m)

【設置場所の状況】
正方形の土地の角地(隣地3方に建物あり)

お世話になります。新築住宅の土地の片隅に、市販されている既成品の物置の設置を考えておりますが、建築確認申請が必要なのでしょうか?

住宅施工会社は建築確認が必要なので、それによると敷地より1m離して建築しなければならないと言われました。
一方、相見積をとった他2店のホームセンターでは10平米以下の物置は、住宅が建っている庭でしたら建築確認の必要はありませんと自信を持って言われました。

できれば、ホームセンターではなく住宅施工会社に依頼したいと思っております。

できるだけ、土地を有...続きを読む

Aベストアンサー

建物を増築・改築・移転する場合では、防火地域及び準防火地域の指定を受けていない地域で増築・改築・移転する部分の面積が10m2未満の場合に限り建築確認申請が不要となっています。

郊外の住宅地等では防火地域及び準防火地域の指定を受けていない事が多くこれに該当するケースは案外多いと思われます。

今回のケースでは鉄製の簡易な物置であれば建築物扱いはされず、建築確認も不要となると考えられます。

しかし、法的に完全な答えを! と言われれば、県民局建築指導課で、御協議下さい!!!

以上、堅い話をしましたが、次にざっくばらんに、普通の事を言います。



建築屋としては、5坪、7坪程度の倉庫(軸組み工法)なら闇で建てる事が多いです。

なぜなら、お施主に負担をかけたくないから。。

単独で建てるなら、まだしも、住居の後から建てる建築はどうしてもサービスになりがち。

極端な話、カーポートでも物により、確認対象になり得ますが、だれひとりとして、確認なんか出しません!!!

それと同じ事なんです。車の屋根に誰が20万も出して確認なんかとりますか?


半年前、私の隣人が声がけもなしに、倉庫を建て始めました。

私の家から2メートルしか離れてない。風通しは悪くなるは、風景も変わってしまったし、日当たりも悪くなってしまいました。

調べたら案の定、無申請でした。建築課へ違法の意で届け出しました。

あまりに腹がったったので。。。

しっかり、施主と建築業者はおしかりを受け、一からの申請となりました。これは私のタレこみ、復讐ですが、近隣に迷惑がかからなければ、そのまま素通りしそうなパターンですね。

建物を増築・改築・移転する場合では、防火地域及び準防火地域の指定を受けていない地域で増築・改築・移転する部分の面積が10m2未満の場合に限り建築確認申請が不要となっています。

郊外の住宅地等では防火地域及び準防火地域の指定を受けていない事が多くこれに該当するケースは案外多いと思われます。

今回のケースでは鉄製の簡易な物置であれば建築物扱いはされず、建築確認も不要となると考えられます。

しかし、法的に完全な答えを! と言われれば、県民局建築指導課で、御協議下さい!!!

以上、...続きを読む

Q10m2の大きさ。

10m2ってどれくらいの大きさなのでしょうか??

畳でいうと何畳ぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

1坪=畳2枚分が3.3平方メートルですので、
10平方メートル≒3坪=畳6枚分
ですね。

Q物置は固定資産税の課税対象?

本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、...続きを読む

Q手作り小屋と確認申請。

10畳程度の作業小屋を作りたいのですが、3坪以上だと建築確認申請が必要との事ですが、確認申請を必要としない立て方のアイデアはないでしょうか?、

たとえば、6畳の建物を2棟、並べて立てるとか10畳の建物でも、壁を2面(車庫のような感じ)、とか、壁を二面のみで、全面を囲わなければ坪数が大きくても確認申請は必要ない、と聞きました。

他にも確認申請を必要としない立て方は無いでしょうか?

Aベストアンサー

NO.5です。追伸というか補足。

・総床面積10平方メートル未満の小屋を2棟並べて立てる。
 ↑「合計で」10平方メートル未満です。2棟は構造物での接合はせず、2棟の間に天幕をはって作業スペースを確保する、という次段の文章と合わせて書いたつもりが、そうなっていなかったため10平方未満なら幾つ建てても・・・と誤解を受けそうなので補足して訂正しておきます。

同じ敷地内ですでに確認を受けている建物にプラスして建築する場合、床面積10平方メートル未満が申請の対象外とされているだけで、以前の申請・認可時から増築した部分が既にあれば、その分を10平方メートル差し引かなくてはならないはずです。さらにセットバック制限や北屋根制限など、通常の建築に関する内容も継承して適用されたはず。
都市計画区域か準都市計画区域内の場合、何も建物が無い新たな敷地に新築する場合は床面積に関わらす申請が必要でしょう。田舎の畑の脇と街中では事情がまた違うって事です。

wikiより~『都市計画区域か準都市計画区域で新築や増改築移転(増改築移転部分の床面積が10平方メートル以内のものを除く)する場合には、事前に建築確認を受けなけらばならない。防火地域か準防火地域で新築や増改築移転(増改築移転部分の床面積が10平方メートル以内のものも含む)する場合も、事前に建築確認を受けなければならない。』

なお、リンクについては、建築基準法の考え方と不動産登記の考え方の違いを示すものとお考えください。
言うまでもなく、建築確認申請は建築基準法に基づいた条件が適用されます。

NO.5です。追伸というか補足。

・総床面積10平方メートル未満の小屋を2棟並べて立てる。
 ↑「合計で」10平方メートル未満です。2棟は構造物での接合はせず、2棟の間に天幕をはって作業スペースを確保する、という次段の文章と合わせて書いたつもりが、そうなっていなかったため10平方未満なら幾つ建てても・・・と誤解を受けそうなので補足して訂正しておきます。

同じ敷地内ですでに確認を受けている建物にプラスして建築する場合、床面積10平方メートル未満が申請の対象外とされているだけで、以前の申請・...続きを読む

Q建築面積、延べ面積の計算方法について

建築面積、延べ面積の計算方法について教えてください。
住宅が四角形(2階)だと仮定して、

建築面積は 柱芯×柱芯+庇などの突起したものの投影面積

延べ床面積は 1階の柱芯×柱芯+2階の柱芯×柱芯
(庇などは含めない)

で宜しいのでしょうか?
柱芯と壁芯とでどちらを計算に使うのか解らない時もあるのですが、なにか定義ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されるとみなされるからです。
greensnakeさんの言われるように庇先端より2mを超える部分が床面積に計算されるのもその為です。
玄関ポーチや、ピロティー、ロフト等などにもそれぞれ床面積に算入するかどうかの基準があります。

駐車場(屋内)は延べ床面積には算入されますが、容積率の計算に1/5までは算入しなくてもよいという緩和をしてもらえます。

敷地に余裕があれば細かいことを考えなくて良いのですが、ぎりぎりの敷地ですと、確認申請時にいつも行政庁との攻防(相互の見解の主張)が起こります。まあそれは設計士の仕事ですが。

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されると...続きを読む

Q10m2以内の繰り返し増築の確認申請

今回は珍しく法規の質問です

今までは10m2以内の繰り返し増築は10m2を超えた時点で
申請が必要(防火地域及び準防火地域外の場合)と思っていましたが
某申請機関に確認したところ
10m2以内の増築の繰り返し回数に制限はなく、
何度繰り返しても、その結果増築面積の合計が10m2をこえる
ことがあっても、確認申請の手続は不要。
ただし、1回目工事および2回目工事の工程が重なる場合は
1回目工事と2回目工事の床面積の合計で判断することに
なる。
と言う回答を正規にもらいました。
これって全国共通ですよね?

Aベストアンサー

今日は cyoi-obakaです。
早速、私も某指定確認審査機関に問い合せしてみました。
回答は「繰返しの10m2以下の増築に関しては規制がない!」でした。
審査側としては、この件にトヤカクいう立場(権利)はないので、申請するか否か?は建築主の自由意志だそうです。
ただ、私が、#3で申した危惧と同じ事を言ってました!
特に、昨今は建物の履歴がしっかりしてないと、中古売買の時にローンが組めない等の問題が生じている。
10m2以内で繰返し増築した場合の事は、全て建築主責任!という事だそうです。
以上、ご報告です。

Q物置設置における境界の距離

物置(幅300×高さ220×奥行き150)の設置を考えております。

こちらの質問・回答をいくつもみてみたところ、
物置は境界から50cm離さなければならない、という方と、
はみ出さなければ大丈夫、という意見に分かれています。

実際のところ、どうなんでしょうか?

役所に聞けばいい、とおっしゃるかもしれませんが、
役所もその時の担当者によって意見が分かれることもあるでしょうから、
確実な答えや法的な根拠が欲しいです。
民法もみてみましたが、そもそも物置が建物なのでしょうか。


以上です。
詳しい方いらっしゃったら、教えていただけますか。

Aベストアンサー

巾3M 奥行き1.5Mとなるとかなり大きな物置ですね。
役所で聞いても担当者で違うと書かれていますが、これは役所で聞くしかありません。
というのは、条例などで決まっている場合、ここで聞いても的確な答えは難しいからです。

要は、物置を設置した場合、お隣から苦情が来るかどうかです、法的に問題ないなら聞き流せばよい・・・「このような物置を敷地内のこの位置に配置するのだが、問題ありますか」と聞けば、必ず親切に教えてもらえますよ。できれば簡単な図面を持っていくのが早道です。
或いは、物置の設置業者に調べさせる手もあります。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング