審査機関のメリットデメリットを把握したいのですが、なかなか分かりません。教えていただける範囲で結構ですので、JQA,SGS,BVQI,KHK,JACAといった団体の特徴・メリットデメリットを教えて頂けませんでしょうか。
また、統合システムとして、BSI以外の組織について、情報を教えていただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1の補足です。

「ISO 審査機関 格付け」を入れるとヒットします(下記ウエブ)。詳しくは、業界紙を:ところでAさんの所属する業種は?

参考URL:http://www.google.com/search?q=ISO%E3%80%80%E5%A …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
私は教育機関に勤めています。
研究の一環としてIMSについて調べる事になったのですが、
こちらの方はドがつく素人で。。

研究の背景は、建設業界における環境等の取り組みと、ISOを導入する事のコストパフォーマンスについてです。
業界的に厳しい中、どこまでISOに投資する価値があるか、
過去の事例や米国と日本との環境格差などから分析する予定です。

googleで検索ですね!ありがとうございます!
早速見てみます!

お礼日時:2003/07/18 10:48

#3のapopoです。


アイソスでは今年も格付調査しているようです。
最新号にてご確認ください。

※確認不足でした、すみません。
    • good
    • 1

こんにちは、アイソス2002年8月号で格付調査が発表されてましたよ。

参考になるのではないでしょうか。

ちなみに、総合評価ランキングでは、BVQI > JQA > SGS > KHK の順番でした。
JACAってどこですか?JACOのことならBVQI > JACO > JQAでした。

当たり前のことで申し訳ないけど、審査機関の人と面談するのが一番ではないでしょうか。選択する側にも責任と力量が問われる、ISOってそんな規格だと思っています。

参考になればうれしいです。

※評価ランキングには分析にクレームもついているので参考ととらえてくださいね。

参考URL:http://www.isos.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

apopo様
具体的なランキングを頂きありがとうございます。
JACAはJACOの間違いです、失礼しましたっ。

審査機関とお会いしてその質を見極める事は、コンサルタントを選定する際と同じ要素ですね!勉強になります。
アイソスURL、大感謝です!!

お礼日時:2003/07/18 10:53

「ISO 審査機関 評判」を入れると、ヒットします。

ご参考に:

参考URL:http://www.google.com/search?q=ISO%E3%80%80%E5%A …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぉぉ!
ありがとうございますっ!
また、もしご経験も含めた見識をいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

お礼日時:2003/07/16 18:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代表取締役変更のメリットとデメリット

先日、有限会社の代表取締役をしている父が亡くなりました。
会社の定款に記載してある取締役の数に満たなくなりましたので、急遽取締役を選任いたしました。

取締役数は問題なく揃ったのですが、今度は代表取締役を決めようと言うことになったのですが、有限会社の場合は代表を置かなくても良いと聞いています。

そこで、皆様に有限会社で代表取締役を置いた場合のメリットとデメリットをお教え頂きたいと思います。

お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

代表取締役がいないと取締役全員が代表権をもちます。
ですから、機動的な経営ができるか、船頭多くて船山に登るにならないかでしょう。

Q子会社をつくるメリット、デメリットは?

よく、大手の企業が新しい事業を立ち上げたとき(もしくは軌道に乗せたときに)、その事業部を子会社にしますが、子会社を作るメリット、デメリットはなんですか?

Aベストアンサー

メリットとしては・・。
親会社をスリム化できること。
子会社の株で資金を得られること。
会社が負債を抱えても・・親会社の責任がすくないこと、その負債を親会社が抱えなくてもよいこと。
個々の社長、社員の責任がつよくなりえること。

デメリットは
 子会社が大きくなり、自社だけで独立してしまう可能性があること。(株をおさえていることが多いのですくないですが親会社に口出しできないようにできる可能性があること。)

Qメリットとデメリットの資料を作成しるときに「○○コンを作成しておいてく

メリットとデメリットの資料を作成しるときに「○○コンを作成しておいてください」とよく言いますが、その○○の部分の単語を度忘れしてしまいました。 ○○ってなんだったんでしょうか?

暇な時でもよろしいので教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

プロコン pros and cons

Q組織開発(組織改善)をしているコンサル会社

今、組織開発または組織改善をしているコンサル会社を探しています。

組織開発、組織改善の定義はともかくとして、こういった言葉にヒットするコンサル会社について社名を教えて頂けますでしょうか?

よろしくご教授のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

教育やセミナーによる社内改善という観点からアプローチしていく企業さんたちです。

リンクアンドモチベーション
http://www.lmi.ne.jp/main2.php

アチーブメント
http://www.achievement.co.jp/

リンクアンドモチベーションはその名のとおりモチベーションをいかに高め、維持していくかに焦点をあてていて面白いです。

アチーブメントはどちらかというともう少し硬い、心理理論とスキル的な色が強い気がします。

参考URL:http://www.lmi.ne.jp/main2.php,http://www.achievement.co.jp/

Q問題、課題、原因要因、目標、対策、現状把握の違い

タイトルの件、違いは何ですか

問題、課題、原因【要因】、目標、対策、現状把握の違いについて

自分の認識は、下記のとおりです

事例:会社の利益が平成23年度、前年比で100万円少なかった

1:現状把握
⇒売上、費用を全て調査
⇒印刷代だけ、前年比で、100万円多かった

2.問題
⇒会社の利益が、平成23年度、前年費で、100万円少ない

3.原因、要因
⇒印刷費用の使い過ぎ【100万円】

4.課題
⇒会社の利益の向上【100万円】

5.目標
⇒会社の利益を100万円上げる【平成24年度】

6.対策
⇒廃棄する紙の中から、リサイクルできる紙をプリンターに使う
⇒必要なものだけ、カラープリンターを利用する

以上、ご存知の方、いらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 以前にも似たような相談がありましたよね。これらは問題解決のための科学的アプローチの要素です。時系列的には次のような流れとなります。


問題⇒現状把握⇒分析⇒課題⇒目標⇒原因・要因⇒対策⇒評価⇒処置

問題
 問題とは関心が持たれる事項、とくに望ましくない懸念事項です。
 ⇒会社の利益が平成23年度、前年比で100万円少なかった

現状把握
 現状を調査して問題に絡む事実関係を明らかにすることです。
 ⇒売上、費用を全て調査

分析
 現状把握した結果から課題が見えるようにすることです。
 ⇒印刷代だけ前年比で100万円多かった

課題
 改善に取り組むべき不具合(解決すべき事項)です。
 ⇒印刷代の削減

目標
 課題に含まれるべき要素であり、改善で達成すべき到達点です。
 ⇒前年並の印刷代(現状より100万円の節減)
 可能な限り年度の最終目標だけではなく毎月かせめて四半期ごとの中間目標も立てます。

原因・要因
 不具合は何かの結果であり、その結果を引き起こす大本の事項が原因です。
 原因には幾つかの要素からなることがあり、それぞれの要素が要因です。
 ⇒印刷費用使い過ぎの原因(「印刷費用使い過ぎ」は原因ではありません。それは結果であり、その結果をもらたす大本の事情が原因です)
 文面からでは原因は不明ですが、使用済み用紙のリサイクル管理手順の不備、カラープリントすべき判断基準の不備が要因としては考えられます。しかし、これらを完璧に実施しても100万円の節約になるかどうかの根拠が明らかではありません。更なる調査が必要です。

対策
 課題を解決する手段です。可能な限り原因(要因)を取り除くことです。
 ⇒使用済み用紙のリサイクル管理手順を整備して実施運用するう
 ⇒カラープリントする判断基準を整備して実施運用する
 ただし、これらを完璧に実施しても100万円の節約になるかどうかの根拠を明らかにしていないので、その調査結果によってさらなる対策が必要になります(つまり要因はもっと他にもあるかも知れません)。対策をすべて行ったら目標達成になる科学的な根拠が必要です。精神論ではいけません。

評価
 対策の結果が目標に対して達成できている程度を調べることです。
 ⇒毎月(または四半期)ごとにかかった印刷代を調べて前年同期と対比します

処置
 対策の結果が目標未達成のときに目標を達成できるように手を打つことです。
 ⇒毎月(または四半期)ごとに目標未達成なら挽回のための手をこまめに講じます。

 以前にも似たような相談がありましたよね。これらは問題解決のための科学的アプローチの要素です。時系列的には次のような流れとなります。


問題⇒現状把握⇒分析⇒課題⇒目標⇒原因・要因⇒対策⇒評価⇒処置

問題
 問題とは関心が持たれる事項、とくに望ましくない懸念事項です。
 ⇒会社の利益が平成23年度、前年比で100万円少なかった

現状把握
 現状を調査して問題に絡む事実関係を明らかにすることです。
 ⇒売上、費用を全て調査

分析
 現状把握した結果から課題が見えるようにすることです。
 ⇒印...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報