痔になりやすい生活習慣とは?

ミョウバンの結晶が正八面体になりません。
透き通って大きな結晶はできたのですが、きれいな正八面体を作るにはどうしたら良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

容器を綺麗に洗って伏せて水を切ります


拭いてはいけません
溶液を濾紙でこして容器に入れます
形の綺麗な小さい結晶一個を種として入れます
容器を湯煎にしてゆっくりと冷やせば少しは大きい結晶ができるはずです
早く冷やすと小さな結晶、時間をかけて冷やすと大きな結晶になります
    • good
    • 0

これを見て下さい、どれも正八面体にはなりません。


http://www.google.co.jp/imglanding?q=%E3%83%9F%E …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミョウバンの結晶作りについて

今、文化祭の展示物としてミョウバンの結晶を作っているのですが、どうもうまくいきません
ミョウバンの結晶が正八面体にならずに、平べったい六角形のような形になってしまうのです

今やっている方法は
(1)室温でのミョウバンの飽和溶液を作る
(2)それに溶液100mlあたり10g程度のミョウバンを入れ、バーナーで熱しながら完全に溶かす
(3)その溶液を500mlビーカーに50mlだけ入れる
(4)小さな結晶(一応八面体に見えるもの)をいくつか入れて、発泡スチロールの箱に入れて冷ます
というようにしています

結晶が一応できることはできるのですが、平べったい六角形のような形になってしまいます
綺麗な正八面体の結晶を作るにはどうすればよいのでしょうか?
それと、できればついでに結晶が六角形になってしまう理由も教えて下さい

Aベストアンサー

飽和溶液は今どばっとでているもののろ液です。
そのろ液をとり少し加熱して水をとばし過飽和にしてやりましょう。

種結晶は1mmもあればミシン糸などで結べるはず
です。一生懸命やらされました。
あとは結晶の形で売っているミョウバンを買うか。
会社によって結晶だったりパウダーだったり
違うそうです。まあこれは時間がないですかね。

いろいろインターネットでも乗っています。
本を調べる間も惜しいのであればサーチしてみては?
「結晶 ミョウバン 作り方」 でサーチ
http://www2r.biglobe.ne.jp/~comet-i/kon2/jik3-5.htm
http://www4.synapse.ne.jp/eiichi-h/myoubanr.htm
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4764/52/520609.htm

参考URL:http://isweb29.infoseek.co.jp/school/asaitou/kesshou/k-menu.html

Q結晶の出来る仕組み

小学5年生の夏休みの自由研究で食塩の結晶を作りました。
そこで

1)結晶がなぜ出来たか?
2)結晶になる前の食塩と結晶になった食塩の違い

を教えたいのですが、ウソは教えられませんし(私の考えでは大変怪しい^^;)、小学5年生にもわかるような説明を教えてください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

小学5年生に説明するつもりで書いてみますが、その前に、保護者の方向けに・・・食塩の水に対する溶解度の温度変化は小さいので、ミョウバンなどのように、溶解度の温度変化を利用した再結晶というのはあまり行われないようです。したがって、飽和食塩水から水を蒸発させて、結晶を取り出すという実験を想定して書いてみます。

1)食塩は水に溶けますが、いくらでも溶けるというわけではありません。食塩を出来るだけ多く溶かして作った飽和食塩水を、浅い皿などに入れ放置すると、次第に水が蒸発します。食塩は蒸発しません。したがって、蒸発によって水が減ってくると、その、減った水に溶けていた分の食塩が溶けきれなくなって、固体として出てきます。
最初は、食塩の非常に小さい粒ができてくるのですが、あとから固体になる食塩は、何もないところよりも、先にできている小さい結晶のまわりで固体になりやすい性質があります。
その結果、固体は、その物質に固有の形(結晶型)になりながら、しだいに大きくなっていきます。

2)結晶の大きさは、結晶の作り方によって変化します。ゆっくりと時間をかけて、結晶を成長させた場合には、大きい結晶を作ることができます。本来は、大きさにかかわらず、結晶の形は同じになるはずです。しかし、浅い皿などで食塩の結晶を作った場合には、平たい形の結晶ができやすいと思います。それは、食塩水の深さや容器の形、あるいは結晶が底に沈んでいて、下方向へは結晶が成長できないことが原因だと考えられます。
結晶を糸などで吊して結晶を成長させると、立方体に近いものができるかも知れませんが、食塩ではちょっと難しいと思います。

小学5年生に説明するつもりで書いてみますが、その前に、保護者の方向けに・・・食塩の水に対する溶解度の温度変化は小さいので、ミョウバンなどのように、溶解度の温度変化を利用した再結晶というのはあまり行われないようです。したがって、飽和食塩水から水を蒸発させて、結晶を取り出すという実験を想定して書いてみます。

1)食塩は水に溶けますが、いくらでも溶けるというわけではありません。食塩を出来るだけ多く溶かして作った飽和食塩水を、浅い皿などに入れ放置すると、次第に水が蒸発します。食塩...続きを読む

Qミョウバンの結晶構造

カリウムアルミニウムミョウバンの結晶構造について調べているのですが、この結晶が[K(OH)6]+、[Al(OH)6]3+、2(SO4)2-からなる立法晶系であるということまでしか分かりませんでした。コットン・ウィルキンソンの無機化学によると、ミョウバンの結晶は一価の陽イオンの大きさによって構造が微妙に異なるらしいのです。格子定数や単位胞の中の状態など、もっと詳しく知りたいので参考になるURLなど教えて下さい。

Aベストアンサー

国研系でいくつかフリーの結晶構造のデータベースがあったと思います。利用登録などを済ませると,結晶構造のファイル(cif ファイル)がダウンロードできると思いますので,それをフリーの結晶構造描画ソフト(ORTEP3 など)で表示させると良いでしょう。

あ,もし yasude さんが大学生なら,まずは結晶点群の空間群の勉強をし,図書館で適当な無機化合物のハンドブックを探す位の努力はしてもいいと思います。

Qミョウバンの結晶について

ミョウバンの結晶について
ミョウバンの結晶についていくつかわからないことがあるので教えていただけませんか?
1、ミョウバンの結晶はなぜ正八面体になるのか。
2、毛細管現象とは一体何ですか。
自分なりに調べたのですが、あまりよくわかりません。中学生にもわかるようによろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず正八面体になる話からですが、ミョウバンを作っている分子がどうくっついているか、ということだと思います。たとえば水分子だったら真ん中に酸素原子、その両端に水素原子が一個ずつ斜めにくっついています。(下手ですが絵を参照)ミョウバンの場合もいろんな原子がいろんな角度でたくさんくっついているので正八面体になるのだと思います。
 毛細管現象はとても細いところを液体が重力に関係なく上下左右に移動することです。紙がインクを吸うとかいうのは紙の繊維の間をインクが移動しているということになります。
 詳しくは参照を。

参考URL:http://www.ichiju.com/moukangensyou.htm

Q生のミョウバンはどこで買えますか

理科の自由研究で生のミョウバンが必要なのですが、どこで買えますか?薬局では焼きミョウバンしか売ってくれませんでした。

Aベストアンサー

焼きミョウバンから作ることができると思い、検索してみました。(薬局で取り寄せてくれるみたいですし、卸問屋でも売ってくれるだろうし、試薬を扱うお店ではまずおいてあるだろうし、東急ハンズにもあるんじゃないかと思いますけど)

やはり思った通りで、参考URLに検索結果を示しましたが、例えば一番上のサイト(http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rika000.html)には、次のように書いてあります。

引用
「---焼きミョウバンから生ミョウバンを作る --- ・焼きミョウバン100gに対して水をコップ1杯入れ、鍋でコンロにかけ、透明になるまで良く溶かす。これを耐熱性の容器に入れ、1昼夜そのまま置くと結晶ができます。上の液は飽和溶液として使えます・」

この理由は次のようになります。
ミョウバン水から、再結晶させてミョウバンを取り出します。
よく乾燥させても、このミョウバンには、一定の割合で水が含まれていて、これが生ミョウバンでしょう。

含まれている水は、加熱(=焼く)しないと、抜けません。
加熱して完全に水を抜いたものが、焼きミョウバンでしょうね。

ちなみに、焼きミョウバンを水に溶かすと、熱が出てかなりあつくなります。気をつけてくださいね。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?sourceid=mozclient&ie=utf-8&oe=utf-8&q=%E7%94%9F%E3%80%80%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%8

焼きミョウバンから作ることができると思い、検索してみました。(薬局で取り寄せてくれるみたいですし、卸問屋でも売ってくれるだろうし、試薬を扱うお店ではまずおいてあるだろうし、東急ハンズにもあるんじゃないかと思いますけど)

やはり思った通りで、参考URLに検索結果を示しましたが、例えば一番上のサイト(http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rika000.html)には、次のように書いてあります。

引用
「---焼きミョウバンから生ミョウバンを作る --- ・焼きミョウバン100gに対し...続きを読む

Qミョウバンの結晶について

ミョウバンの結晶について
ミョウバンの結晶を作っていて、普通のたこ糸で種結晶をつるすとたこ糸の周りにも結晶ができてしまったのですが、釣り糸でつるすと綺麗に種結晶の部分だけに結晶ができました。
その理由を出来るだけ分かりやすく教えていただけませんか?
よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

質問者様は少し前(8/13)に下記の質問をされましたね。
これを読めば、なぜタコ糸ではダメで釣り糸ならいいのか、わかったはずですが。
私の回答
「糸を使って種結晶を吊すと、毛細管現象で糸に水溶液が上がってくるので、ご質問のような結果になってしまいます。
そこで糸ではなく、水がさかのぼってこないような金属線などを使用すれば、さきっぽに大結晶を作ることが出来るのです。」ではおわかりになりませんか?。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6106187.html

Q結晶について。

こんにちは。私は、今自由研究で結晶についての実験をしているんです。
どれが一番結晶になりやすいのか、何に結晶がつきやすいのかなどです。
それで、一番大切な、「結晶とは?」というところで立ち止まってしまいました。
いろんなところで調べてみても、難しかったり、ちょっと外れていたりと、なかなか答えがみつかりません。
結晶について詳しい方、簡単にでもいいんで、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

mayuko215さんのご質問の内容は「結晶の作り方」でなく、「結晶とはなにか」ですよね。

結晶に限らず、世の中の物質はすべて原子・分子からできています。mayuko215さんが中学生以上でしたら原子や分子については既に学習されているかとも思いますが、もしまだ学ばれていないようでしたらとりあえず、「物質を構成している、目に見えないとても小さな粒」と理解しておいてください。

世の中の固体は原子や分子から成り立っているわけですが、原子や分子の並び方には大別して2種類があります。一つは原子や分子の位置が不規則なもの、もう一つは原子や分子が規則的*1に並んでいるものです。少し難しい言葉ですが前者を「アモルファス」「非晶質」などと呼びます*2。これに対し後者を「結晶」と呼ぶのです。(PAMdさんのご回答の通りです)

塩(塩化ナトリウム)の結晶を例に考えてみましょう。塩は塩素(Cl)とナトリウム(Na)からできています。
塩の結晶をどんどん細かくしていくと*3ついには図のように、塩素(Cl)とナトリウム(Na)が、頂点に交互に配置された立方体にいきつきます。
この立方体の1辺の長さはだいたい1cmの35000000分の1です。

  ○--●
 /  /|
●--○ |
|  | ○
|  |/
○--●

○Na
●Cl

塩の結晶はこの小さな立方体が、下の図のように何億の何億の何億倍個も積み重なってできています。ですから結晶は大きなかたまりになった時に規則正しい形を示すのです。

     |/ |/ |/
    -●--○--●-
   |/ |/ |/|
  -○--●--○-|/
 |/ |/ |/| ○-
-●--○--●-|/|
/| /| /| ●-|/
 |  |  |/| ●-
-○--●--○-|/
/| /| /| ○-
 |  |  |/
-●--○--●-
/  /  /

別の物質では、この一番小さな単位の形が異なることもあります。例えば縦、横、高さの長さが同じでなかったり、角度が直角でなくてゆがんでいたり、頂点に来る物質の並びが交互でなかったり、あるいは単位の形の内部にも原子があったり、といった具合です。結晶(かたまり)が立方体以外の形になることもあり得ます。

でもどんな結晶でも、必ず最小の基本的な構造があって、その積み重ねで大きな結晶(かたまり)ができ上がっているのです。(最小の基本的な構造をもたないものは結晶でなく、冒頭で述べた「アモルファス」に分類されます)
現時点では結晶のことは「原子や分子が規則正しく並んでできた物質」と理解しておけば十分です。

--------
*1 この場合の「規則的」を、専門的な言葉では「(空間的)並進対称性がある」といいます。もちろんその中身を無理に理解する必要はありません。
*2 「アモルファス」のもっとも身近な例としてはガラスが挙げられます。
*3 実際には塩の結晶をどんどん切り刻んでそこまで小さくすることは不可能です。ただし塩の結晶のもっとも小さな単位が図の立方体であることは、別の方法から確かめることができるのです。

mayuko215さんのご質問の内容は「結晶の作り方」でなく、「結晶とはなにか」ですよね。

結晶に限らず、世の中の物質はすべて原子・分子からできています。mayuko215さんが中学生以上でしたら原子や分子については既に学習されているかとも思いますが、もしまだ学ばれていないようでしたらとりあえず、「物質を構成している、目に見えないとても小さな粒」と理解しておいてください。

世の中の固体は原子や分子から成り立っているわけですが、原子や分子の並び方には大別して2種類があります。一つは原子や分...続きを読む

Qミョウバンの結晶は、今売っている「焼きミョウバン」でできますか?

興味があってミョウバンの結晶(正八面体のヤツです)を作りたいんですが、
飽和水溶液を作るためのミョウバンに、料理用の焼きミョウバンを使うことはできますか?
スーパーで売っている焼きミョウバンの袋を見てみると、内容物のところに
「焼きアンモニウム」と「焼きミョウバン」という2つの名前が書いてあったのですが・・・
これを水道水に溶かして飽和水溶液を作ればできるものなんでしょうか。
そもそも「ミョウバン」と「焼きミョウバン」はどう違うんでしょうか?
あと、食塩の結晶(正方形のヤツです)もできたら作りたいんですが、
これは伯方の塩みたいな普通の「食塩」でできるんですよね?
年末年始に時間があるので、ぜひこの時期にやってみたいんです。
何かいろいろいっぺんに質問してしまって申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生ミョウバンの方が良いそうですが、取り寄せになるらしいので、焼きミョウバンから結晶作りをする方法が出ているHPを紹介します。

参考URL:http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rika000.html

Qミョウバンの結晶作りについて

 小学校の実験で、ミョウバンの結晶作りをします。

 大きい結晶の方は良い方法を見つけられたので大丈夫なのですが、モールに小さい結晶をびっしりつけられる失敗のない方法を探しています。

 とあるHPに載っていたミョウバン120gを200mlの水に加えて加熱、60度を超えて溶解したところに成形したモールを一度浸して数分間取り出し(種結晶をつける作業でしょうか)、再度その液につけて放置すれば完成、という方法を参考にしたのですが、モール全体に付いてくれるときと、モールの一部分に出来た結晶に集中して大きな塊になってしまい、他の部分はモールそのまま…という結果になるときとがあり、結果がばらつきます。

 単元のまとめのお楽しみ要素を含んだ実験なので、失敗する児童がいないようにしたいと思っています。より成功率の高い方法をご存じの方、詳しいミョウバンの分量、手順を教えてください。

Aベストアンサー

モール素材が撥水性のものだとだめですよ。綿のモールが一番よいです。
タバコショップに行って、パイプ用のモールを買ってくれば、もち手もあって扱いやすいです。
 いったん液につけた後、軽く絞って乾かして種結晶をたくさん作る。
 濃厚溶液は、厳密に飽和ないし過飽和でないと、これを入れたとき、せっかく作った種結晶が、皆溶けてしまって、何もしないモールを入れたときと同じですよ。
 大菜種結晶から、大きな結晶をつくるのが楽なのは、多少飽和でなくても種結晶が溶け切ることがないからです。

Qミョウバンの結晶を作っていたのですが・・・

ミョウバンの結晶を作っていたのですが・・・
ミョウバンの結晶を作っていたのですが、昨日ミョウバンの種結晶をミョウバンの飽和水溶液に糸でつるしていれていたのが、今日の朝見ると糸にも結晶がたくさんできていて、とても長い結晶ができてしまっていたのですがこれでいいのでしょうか?
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

No.1さんの回答もいいと思います。釣り糸なんかもいいでしょう。
もし、今くっついた結晶をそのまま使いたければ、きれいな形の結晶だけ残して間引くといいです。糸の長さがどれくらいかわかりませんが、結晶が小さいうちは指先でつぶすようにしてとれると思うので、6~7mm間隔くらいで1本の糸に3つ、4つの結晶がついている状態で成長させてみるのです。初めから1つだけにしぼって成長させるのではなく、いくつか種結晶を作って形のいいのを残していくというのがいいです。結晶が大きくなってきても、糸には別の小さな結晶が付くことがあります。その都度間引きましょう。逆に新たにくっついた結晶の形がきれいだったらそれを利用する手もあります。容器が大きければ、糸も1本ではなく3~4本にして同時にいくつかの結晶を成長させ、形のきたないものを間引いていって、最終的に1~2個に絞るのがいいと思います。夏休みの自由研究か何かでしょうか。できるだけ時間をかけてゆっくりやればとてもきれいな結晶が得られますから、焦らずに頑張ってください。


人気Q&Aランキング