こんばんわ。シアターシステムのカタログを見てて疑問に思ったのでよろしくお願いします。

アンプのスペックなんですが、各メーカーの表記の仕方がまちまちですよね。出力が"最大出力"だったり"定格出力"だったり、更に"EIAJ"とかって書いてたり。
おまけにスピーカーのインピーダンスも6オームだったり8オームだったり。。。
このように表記方法が(私にとっては)まちまちのため、いまいち比較の参考になりません。。。

音質などはさておき、出力のパワーということを比較する際のアドバイスやカタログの見方などアドバイスお願いします。


*補足
私が所有しているソニーの5.1システムHT-K215
http://www.sony.co.jp/sd/CorporateCruise/Press/2 …
それを見た友人が欲しがってるYAMAHAのTSS-1
http://www.yamaha.co.jp/news/01011503.html

実際に使うボリュームでの使用上は私ので十分なのですが、カタログ上TSS-1がパワーが無いように見える(ついでに安い)ので、いったいどうなんだろうと友人と悩んでるところです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



確かにアンプの最大出力の定義はメーカーでまちまちですね。

まずは,予備知識として少しお聞きください。
アンプというのは出力をどんどん上げていくと,ある出力で急激に歪率(THDってカタログで見かけますよね)
が悪化しはじめます。この時アンプ内部では「クリップ」といって出力波形のピーク部分が平らにつぶれはじめてきます。
(聴いた感じで言うとエレキギターのディストーションのように音が割れはじめます。)
アンプ内部の±直流電源の電圧を越えるような出力電圧はどう転んでも取り出せないからです。
アンプの最大出力のおよその定義は,上に書いたピークがつぶれ始める「付近」の出力を言います。
アンプの出力値がまちまちなのも,この「付近」をどう解釈するか,が違うからなのです。

ここから本題・・
上記を踏まえてアンプ出力の定義を整理すると

●実用最大出力(EIAJ):
定格負荷を接続して,歪率10%となる時の出力ワット数。EIAJ規格で測定方法が決められています。
(EIAJ: Electronic Industries Association of Japan)
10%も歪んでどこが実用なのか?充分音が割れてるのが分かると思うけど。(独り言)

●定格出力:
メーカー独自の規格。歪が急激に悪化する少し手前の出力ワット数。EIAJ表示の7~9割程度の数値になります。

●最大出力:
これが曖昧。EIAJ規格や上記定格出力の場合もありますが,全くメーカー独自の場合もあります。
例えば信号が原形をとどめないぐらい歪んでもいいから,出力を出せるだけ出した場合の出力表示だと
定格出力の倍近くの数値になります。安いカー用アンプではこういう反則も見かけます。

となります。
ここで気を付ける必要があるのが,ご質問でも触れられているオームの値です。
アンプが同じ電圧を出力していても,オームの値で出力[W]が変わってしまいます。
例えばアンプが同じ20[V]の電圧を出力していても,各Ωでのワット[W]に直すと
100W(at4Ω),66.7(at6Ω), 50W(at8Ω)とコロコロ変わります。
いわゆる「オームの法則」ですから,慣れると直ぐ換算できますが
いったん[W]を[V]に直してから比較すると,アンプの実力を直接比較できます。

止めないとエンドレスで書いてしまうので,このへんで・・・(笑)
不明点や不足点があれば,また補足下さい。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。
最大出力でもやはりEIAJの有る無しで違うんですね、、、
また何か疑問に思ったら質問させて頂きます。

お礼日時:2001/04/08 08:36

パワーはそんなに関係ないのでは?と思います。

詳しくは分かりませんが、高能率のスピーカーなら、たとえアンプから1Wしか流れていなくても、結構な音が出たりします。真空管アンプがそれです。

しかしながら、シアターシステムの場合、瞬間的に大きな音が出たりするのも事実。余裕があるに越したことはありません。

私が使用しているアンプのメインは定格出力110W、実用最大出力150Wとなっていますが、出力不足は感じません。

別に入れているスーパーウーファーは、800Wのアンプを積んでいますが、パワー不足どころか、壁や天井が共振してしまうほどです。遮音対策が施されていないと近所迷惑ですから、パワーのありすぎもどうかと思いますよ。

話を戻しますが、もしTSS-1でパワー不足を感じるようなら、同じヤマハのシネマステーションS10はどうでしょうか。価格的にもワンランク上になりますし、スーパーウーファーも一回り大きいユニットが使われています。下記URL参照。

とにかく、お店などで実際に体感してみることをお薦めします。

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/av/jpn/prd/syste …

この回答への補足

ありがとうございます。
そうですね、さらに能率という問題もあるんでしたね。。。
田舎なものでなかなか店頭で体感はできないんですが、いといろ機会をみつけて体験したいと思います。

補足日時:2001/04/08 08:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、すいません。間違って補足にお礼をかいてしまいました ;^-^)

お礼日時:2001/04/08 08:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q8オームの出力に、6オームスピーカーをつないでも大丈夫?

テレビにスピーカーをつなげようと思っているのですが、
手持ちのものは6オームに対し、テレビには8オームと書いています。
つないでも大丈夫でしょうか?
まずいとしたら、どちらに影響有りますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大丈夫です。

厳密には
1)電流が多く流れるので音量が多くなる
  このため、フルパワーを出すとTVが壊れる
  可能性がある
2)回路の残留抵抗が利いてきてダンピングファクタが
  低下し、多少、音にしまりがなくなる
という2点がありますが、
TVでフルに音を上げることは無いでしょうし
マニアが使う真空管式アンプよりもダンピングファクタは
上です。

というわけで、ちょっと動作は変わるけれど
許容範囲内で実害はありません。

QYAMAHA TSS-15 スピーカーのケーブル

YAMAHA TSS-15 スピーカーのケーブルが途中で切れてしまいました。
今はガムテープの補修をしていますが、自分で修理することは可能でしょうか?
もし、可能であればやり方またはどのケーブルにすれば良いか、などのご指導または参考URLをお願いします。

とても、ケーブルが切れて困ってます・・・。お願いします。
みなさんの知識、お力を貸してください。

Aベストアンサー

TSS-15のスピーカーケーブルの方式が不明なので
(カタログ情報にもそこまで詳しくは書いていない)
推測しますが、平行の2線ケーブルがスピーカーから生えている方式だとすると、
No.1の方のアドバイスどおり、圧着端子(やわらかいアルミのチューブ)を使って、切れている両側の線の被覆(ビニール部分)を向いた銅線同士を挟み込む(ペンチなどで握りつぶす)のが一番簡単です。圧着端子自体は、大きな100円ショップ、もしくはホームセンターにあると思います。
ハンダ付けができるのであれば、圧着端子の代わりに、熱収縮チューブ(絶縁)を通した後、ハンダ付けをして、チューブをドライヤであぶって絶縁するのがお勧めです。

Q定格6オームのアンプに3オームのスピーカーをつなげてしまいました。

数年前にYAMAHAのDSP-AX1200というアンプを買いました。正直、このあたりは無知で、スピーカーなんて+と-の線をつないで音が出ればいいのだと思っていまして、余っていた3オームのスピーカーをつなげています。ソニーの5.1chシステムのスピーカーだけ流用しました。アンプ+DVDプレイヤーはいらないので知り合いにあげました。

この状態で4年ほど使用しています。大音量で今まで何度も使っていますが、今のところ音がおかしいとは感じられません。

今度は今までのスピーカーを2つ直列につないで一つのスピーカーとして使用すればいいのでしょうが、それではスピーカーが足りなくなってしまいます。
今のスピーカーの音で特に不満はないので、お金をかけない為にも、このスピーカーの前に抵抗を挟むなどで対応させることはできるのでしょうか?

また、6オームのスピーカーと8オームのスピーカーを混在させて、レベルの調整で問題なく使えるのでしょうか? 6オームのスピーカーだけ音が大きすぎるというのがなく、同じ音量で聞けるようになればいいと思っています。
調整で効くなら、車用の安いスピーカー(4オーム)を二つ使って作るのもいいかなとも思います。

考えている方法は下記になります。
・今のスピーカーに抵抗を入れて対応する。
・今のスピーカーを直列にしてインピーダンスを合わせて足りないスピーカーを足す。
・上記の足りないスピーカーを4オームスピーカーの直列で対応する。

この3つになります。どうするのがいいでしょうか?ご意見をいただければ幸いです。

また、アンプ部分に故障があるかどうかを調べる方法はあるのでしょうか? 全スピーカーからきちんと音は出ますし、音質がおかしいこともありません。
今のところ壊れていないのかもしれません。

よろしくお願いいたします。

数年前にYAMAHAのDSP-AX1200というアンプを買いました。正直、このあたりは無知で、スピーカーなんて+と-の線をつないで音が出ればいいのだと思っていまして、余っていた3オームのスピーカーをつなげています。ソニーの5.1chシステムのスピーカーだけ流用しました。アンプ+DVDプレイヤーはいらないので知り合いにあげました。

この状態で4年ほど使用しています。大音量で今まで何度も使っていますが、今のところ音がおかしいとは感じられません。

今度は今までのスピーカーを2つ直列につないで一つのス...続きを読む

Aベストアンサー

>スピーカーのインピーダンスというのはオームで表されるということはテスターで測った抵抗値が基準になっているという考えでいいのでしょうか?

残念ながら、普通のテスターでは計れません
昔は、周波数を可変出来る発信器と交流用の電圧計等を使って計ってましたが、今はADコンバーターとコンピューターで簡単に出来る様です(^_^;)
そうやって計った物が、この図です

http://www.dynavector.co.jp/lecture/crossover/imphosei_hi.html

この図で、周波数が高くなるとインピーダンスが増える理由はYorkminsterさんの解答の通りです

一般に、スピーカーのカタログに書かれているインピーダンスはRの値です

もう一つfoの処にピークが有りますが、これは共振周波数と言われるもので、このスピーカーの持っている固有振動の周波数です
この周波数では、コーンの動きとボイスコイルに働く力の方向が逆になるため、ほとんど動かなくなります
その為、大きな抵抗となり、この様なピークが出来ます

Q16オームと8オームの違い。

スピーカーユニットの公称インピーダンスで同じ機種でも16オームと8オームを設定しているものがけっこうありますが、音色などの違いは無いということになっています。
実際はボイスコイルの巻線の長さか太さのどちらが違うのでしょうか?
マニアの方は信じられない微妙な素材の差にこだわりを示すようですが、振動系の核となる部分のその辺を気にする人はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

一度投稿したのですが、『回答する』ボタンの反応がなく登録されませんでしたので、再投稿します。

>振動系の核となる部分のその辺を気にする人はいるのでしょうか?
→いますよ。
気にする人は、インピーダンスが高いほうが「ダンピングファクターが高くなる」「スピーカーケーブルロスが少ない」などというようです。確かにスピーカーのインピーダンスが倍になれば同じワット数で電流はルートニ分の一(0.7)倍、スピーカーケーブルの発熱量は半分に減るでしょう。
また、アンプのボリューム位置が同じであれば、スピーカーのインピーダンスが倍の場合、スピーカーに供給されるワット数が半分になるために、音圧も3dB下がります。これをレベルあわせに利用して低音域は8Ωだけれど、中高音域は16Ωのユニットを使ったシステムも過去にありましたね。
スピーカーのインピーダンスによる音の違いを気にする人は〔LC型のネットワークや中高音レベル調整用のアッテネーターを使わなくて済む〕チャンネルデバイダーで帯域分割してスピーカーユニットとアンプが直結されるマルチアンプ構成にしなくては落ち着かないようです。交換によるレベル調整は必要ですが、インピーダンスの違うユニットを簡単に交換して比較できるのは、そのような環境にある人だけの特権です。
フルレンジスピーカーならマルチアンプシステムでなくても比較的簡単にできますけどね。

ところで、同機種スピーカーユニットで8Ωと16Ωを販売しているのは、全数を調べた訳ではありませんが圧倒的にショートボイスコイルのようです。
量産品は圧倒的にロングボイスコイルですが、ダブルウーハーでもシングルウーハーでも製品シリーズ通してシステムインピーダンスを同じに揃える程度しかありません。ロングボイスコイルのインピーダンス違いが単品ユニットで売られてましたっけ?

回答の前提条件として、ボイスコイルの長さについて簡単に触れておきます。
磁気回路のボイスコイルが入る磁気ギャップを構成するプレートの厚みに対しボイスコイルの巻き幅が短い形式をショートボイスコイル、プレートの厚みを超えてボイスコイルが巻かれている形式をロングボイスコイルと称します。
どちらにしても、プレートとボイスコイルの範囲を超えて正確な運動をすることはできません。
ロングボイスコイルは、巻き線が必然的に太く長くなりますのでボイスコイル重量も大きくなります。しかし、プレートの厚みが小さくて済むためマグネットは少なくて済み、能率(ワットあたりの音量)は高くできないが低音は出しやすいし、ボイスコイルが磁気回路外に出ている部分が多いので空冷効果がありローコストで大入力に耐えられます。ロングボイスコイルは最大振幅をボイスコイルの巻き幅が決めることになります。一般用スピーカーのほとんどはこのタイプです。
逆に、ショートボイスコイルは、プレートの厚みが最大振幅を決めるので、厚いプレートに充分な磁束密度を得るために強力なマグナットが必要となります。また、ボイスコイルを巻くボビンに熱伝導率の良い素材を使って放熱を図らないと加熱状態になり許容入力が小さくなってしまいます。磁気回路の重量を支えるためのフレームなども重量級となり当然高価になります。またショートボイスコイルではボイスコイルの質量自体も、振動板やボイスコイルボビンに比べると軽量です。ボイスコイルと端子を繋ぐリード線とどちらが重いでしょうかね。

という訳で、ショートボイスコイルが前提での回答になります。
No.2のiBook-2001さんが回答しているように
『高いインピーダンスは細めの線を長く巻き込んだボイスコイル、低いインピーダンスは太めの線を短く巻き込んだボイスコイル』
で、巻き込んだ後のボイスコイルの巻き幅は同じになります。質量的にも変化はありませんので、インピーダンス以外の諸特性も同じになります。というか、同じになるように製造されます。
違いは個体差(製造ムラ)の範疇に留まり、たまに話題に上る事がありますがスピーカーエッジの接着剤量など方が問題が大きいでしょう。

ロングボイスコイルでも異なるインピーダンスでの製造が不可能ではありませんが、ボイスコイルのサイズや重量が桁違いに大きくなるためショートボイスコイルよりスピーカーの物理特性(重量や巻き幅)を合わせるのが難しくなるでしょうね。
 

一度投稿したのですが、『回答する』ボタンの反応がなく登録されませんでしたので、再投稿します。

>振動系の核となる部分のその辺を気にする人はいるのでしょうか?
→いますよ。
気にする人は、インピーダンスが高いほうが「ダンピングファクターが高くなる」「スピーカーケーブルロスが少ない」などというようです。確かにスピーカーのインピーダンスが倍になれば同じワット数で電流はルートニ分の一(0.7)倍、スピーカーケーブルの発熱量は半分に減るでしょう。
また、アンプのボリューム位置が同じであれ...続きを読む

QYAMAHAのMG166Cの出力

MG166CのAUXとGROUP(インピーダンス型バランス)OUTからアンプ(アンバランス型フォーン)入力へ接続しました。ミキサー側はバランスと明記されていたのでバランス型フォーン、HOT、COLD、GNDの通常通り接続。アンプ側はアンバラなので、HOTはそのまま、COLDとGNDをショートさせて接続しました。しかし音が出ません。???と思い、ミキサー側のバランスをアンバラに変更、ようやく音が出ました。接続に疑問が出ましたのでどなたかわかりやすく解説お願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

バランス伝送の場合、GNDは独立しているのですが、ホットとコールドはどちらもそれぞれの出力です。
このため、回路設計にも依りますが、コールドとGNDを接続、つまりコールド側のアンプ出力をショートさせると言う事に成るので、好ましく無い接続方法となります。

元々がアンバラン仕様で、出力部に位相反転アンプを追加しただけと言う場合には、メイン出力側のホット端子が生き残る事が有るので、民生用のオーディオ分野ではよく行なってしなう方法です。

全体がバランス仕様の機器で、一部にアンバランス出力の為に追加回路を設ける、という業務機器の場合は、ホット側もコールド側も全く同じ立場のアンプですので、どちらもGNDとショートさせてはイケマセン。

片側運転が必要な場合、もう片方は未接続、開放として一時しのぎを行ないます。

根本的には、バランス型で全て統一するか、アンバランス型で統一するか、しっかり切り分けて運用します。
どうしても混在する場合は、トランスに依る変換を行なうか、電子回路に依る変換を前提とします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報