最新閲覧日:

シンクロトロンなどの大型装置を持ちいないでX線を得るためにはどのような方法がありますか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (5件)

5ヶ月たっていますが、開いているので書きます。


真空管6BK4(秋葉原のオーディオショップなどに売っている電圧調整用GT管)のプレートに(ヒーターに電流を通して(6.3ボルト)温まってから)、22~23キロボルトの電圧をかける(マイナスはカソードへ…)と(そのときのプレート側電流は1ミリアンペア)、真空管から5センチの距離で、10mr/h以上のX線が出る。ちなみに15センチなら2.5mr/h以上。ガラスの下の部分の方が多く出ます。実験するなら気をつけてください。けっこう強いっす。
よわっちいものなら、蛍光灯のグロー管の電極なども何か出しているそうです。
たくさん書いてありますが、怪しいもんです。
    • good
    • 1

解答ではないのですが、回答No2でmickjey2さんが「レーザは、ハイパワーのYAGとかエキシマレーザなどです。

」と解答していましたが、エキシマレーザなどでは紫外領域までで、x線領域までのエネルギーは稼げないと思います。運動量を何か(イオンなど)に与えてこそ発生できるx線ですから、光では・・・・・と思います。
これでも、一応は半導体の研究を専門にしています。私のデータが古いのでしょうか?
    • good
    • 0

x線の波長にもよりますが、とりあえずなら放電をすればそこからx線が出ます。


バンデグラフ(摩擦起電器)なんかの装置があれば、空中放電させてそこからx線を得られます。電子レンジの窓からも多くのx線が出ています。
もっと大出力をほしい時には、放射線測定協会(文部科学省)に問い合わせて測定装置を借りて、それに付いてくる放射線源を利用するのはどうでしょう?
    • good
    • 0

あと、ちょっと大きいですが大出力レーザを使ってペレットとかに照射してX線を発生させることもできます。


レーザは、ハイパワーのYAGとかエキシマレーザなどです。
(パルスX線ですが)
    • good
    • 0

クーリッジ管ではいけませんか?



レントゲン写真を撮る時に使うレントゲン線発声装置に使うやつですけど。

他にもなんでもいいから出せばいいのなら、真空管やテレビのブラウン管でも出てますけど。

原理は、電子が電極板にぶつかって吸収されるとき、もってる運動エネルギーを電磁波として放射するものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ