ゼファー400絶不調!困ってます。
「何とかエンジンかかるけど、2発動いてないっぽい」と、知り合いから格安でゼファーを購入しました。乗って最悪! メカを弄るのはキライじゃないが、得意でも詳しくもない。まずプラグ交換してもダメ。1、3番に燃料が付いてないっぽい…。昔の記憶を思い出しキャブをOHしました。一発でエンジン始動!イマイチながら何とか吹ける!がっ!すぐにエンジン停止。今度は2、3番が動いてない…。火花ちゃんと飛んでない 様子。イグニッションコイルとキャップコード共に交換したら、かかりましたが、低回転はダメですね。「ボボッボボッ」と詰まった感じというか、カブった感じというか…。7千回転からは「パーン」と抜けて加速します。信号待ちなどのときは、少し回転を上げてないと、止まってしまいます。どなたか、御教授下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

  少し乗ってみて黒くカブったプラグの番手記憶してみてください



  純正の番手より二つほど下げて見ます、夏は吹けませんが、今なら吹けが

  よくなるかもしれません

  実際あたしのGSXRも同じでした、前の方のキャブOHも実施 油面調整実施

  各二かい。未だに完全じゃないからアイドルスクリューで最適なポイントは

  毎日変更していますあたしのは17000がリミットで6000まではボボっと

  言ってます、天候が良ければカーンと2万超え(フルチューンです)

  します 番手変えて改善、、、というよりやはりスロー系だと思います

  イリジウムにすると始動は良くなります お力になれなく、、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。そういう方法もあるんですね。 参考にさせて頂きます。

お礼日時:2010/10/07 07:27

火花Ok、燃料供給Ok、なら、残るはキャブの調整飲のみ、掃除だけではだめ、調整です。


油面の高さ、ニードルバルブの閉じ具合・・・その他、および4つの同期(高年式の場合、機械による測定よりも、音を聞いての調整)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有り難う御座います。そうですね。調整も、しっかりできてないかもしれません。

お礼日時:2010/10/08 12:23

ゼファー400も年式と程度、保管状態で違うでしょうが、バンディットや


同型エンジンのGSXRの250でも多い症状で、キャブ不調の典型と思う。
不調バンディット2台試乗したけどよく似た症状でした。
1台は始動直後2発死んでたけど、しばらくしたらバックファイア
起こした後、3番以外は火が入った模様。
8000rpm以上回すと、マフラー先端から黒煙吐いてました。
2発死んでる+カブると確かにパワーないのでエンストもしやすくなります。
IGコイルやイグナイタ、レギュレーターも抵抗値や電圧計り、サービス
データの正常範囲内であればそのままでいいです。

パワーフィルターやマフラー社外品に交換していれば戻してみて下さい。
もしくはエアクリ吸い込み口に手を当てて塞いだり放したりしてみる。

点火、圧縮が正常でオーバーフローがなくホース含めキャブOHが
正常と仮定すると他の方のようにプラグの番手2番落とす(NGK純正9番なら7番)、
スクリューでガソリン薄くしたり、ガソリンタンクのキャップ取ってみたり
(キャップについている吸排気弁の切り分け)、タンク内の錆や水
(雨ざらしだった?)を排除するため点滴で試すのもあり。
http://vision.chobirich.com/viewvideo.jspx?Movie …

日常の足として使っていなければ一番いいのは、信頼できるメカニックが
いるショップでそれなりの対価払って、OH(バランス含む)がいいのですが・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

点火系は大丈夫でした。圧縮比はバイク屋で計測してもらったら、「正常」でした。タンク内をもう一度確認してみます。参考になりました。有り難う御座います。

お礼日時:2010/10/07 12:38

>7千回転からは「パーン」と抜けて加速します


だとすると火は飛んでいるのでは・・・
やはりキャブのOhがイマイチなだけ・・・な気がします。

メインジェットは勿論、
スロージェットやパイロットスクリュウの通りなど全て掃除してください。
突っつき過ぎてジェットの穴を広げてはダメですよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一応、一通りやってはあるんですが、もう一度やってみます。有り難う御座いました。

お礼日時:2010/10/07 12:18

バルブが突き上げて、完全に閉じていないとか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん~、そこまでではない気がするのですが、参考にさせて頂きます。有り難うございます。

お礼日時:2010/10/07 12:13

キャブの詰まりだと思います。

スロー系です。掃除してもすぐ詰まるなら、錆びがタンクに粒状、粉状になってたまってると思いますよ。タンクの確認とキャブの再度の掃除ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。タンクは覗いてみましたが、目に見えるサビはこれと言ってなく、結構キレイだったんですよね…。再度確認してみます。

お礼日時:2010/10/06 23:56

点火系は、中古ではなく新品に交換しましたか?

この回答への補足

回答有り難う御座います。プラグは新品で、キャップコードとイグニッションコイルは実働車から外した中古です。新品に替えた方がいいのでしょうか?

補足日時:2010/10/06 23:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼファー1100 エンジンの回転が上がらない

平成5年式のゼファー1100です。
3年ほど放置していたバイクですが、1年ほど前から整備を始め、ようやく試乗できるまでになりましたが、実際に運転してみると、2000回転あたりでぐずぐず言いだし、回転がなかなか上がりません。パワーがない感じで、特に上り坂などでは回転が落ちていきます。アクセルを軽く小刻みに繰り返し煽ってやると、少しずつ回転が上がりだしますが、3000回転を超えた辺りでまたずぶずぶぐずりだし、そこからはまったくといっていいほど上がりません。
シリンダーは4発とも火は入っています。2000回転までのエンジンの回り具合は特に問題はありません。ちなみに、ニュートラルでアクセルを回すと、7000回転まではスムーズに回りますが、そこから頭打ちで回転が上がりません。
整備、交換したものは下記の通りです。

①キャブレターオーバーホール
 ジェット類の分解掃除、フロート交換、フロートバルブ交換、ガスケット交換

②ガソリンタンク交換(錆がひどかったため)、フューエルコック、フューエルストレーナーの分解、清掃

③インシュレーター新品交換、エアクリーナー新品交換

④プラグ新品交換

おおまかな整備、交換した部品は以上です。
ガス欠の症状とはちょっと違うので、負圧ホースなどは問題ないと思います。
とりあえずバキュームメーターで同調を取る予定はしていますが、どうもキャブレターが原因のような気がしてなりません。スロージェットあたりが怪しいと思い、もう一度キャブレターのオーバーホールを行う予定ですが、その際に気を付けた方がよい整備方法があればご教授下さい。
よろしくお願い致します。

平成5年式のゼファー1100です。
3年ほど放置していたバイクですが、1年ほど前から整備を始め、ようやく試乗できるまでになりましたが、実際に運転してみると、2000回転あたりでぐずぐず言いだし、回転がなかなか上がりません。パワーがない感じで、特に上り坂などでは回転が落ちていきます。アクセルを軽く小刻みに繰り返し煽ってやると、少しずつ回転が上がりだしますが、3000回転を超えた辺りでまたずぶずぶぐずりだし、そこからはまったくといっていいほど上がりません。
シリンダーは4発と...続きを読む

Aベストアンサー

IGコイル死にかけでなった事もあります。無負荷とかアイドリング~3千ぐらいまでは異常無し。
アクセルぐいっとあけて2~3千あたりでブルブルブルブルンブブブブブーンて感じになって。
プラグかぶってる?ような感じに。
プラグ外して火花を目視確認するも火は飛んでいる。
キャブ何回見ても異常ないし・・・・・

んで、IGコイルテスターかけたら高回転領域で出力不良、不足が判明。
交換したらなおりました。ちなみに部品は純正新品で。
点火系もすべて疑って見たらどうでしょう。

燃料系統詰まっててガス欠っぽい症状なら、ブー~~~~~~~ンって回ってるのが、いきなりフォッと抜けるような感じになるんですよね。
どっちですかね?
実際乗って見ればわかるんですが。こればっかりは実車見て見ないとわかりません。

Qゼファー1100のエンジンオイルの完全な抜き方

ゼファー1100のエンジンオイル交換時、ドレンボルトをはずしても、オイルがすべて抜けきってないような気がします。
新しいオイルは3、2L程しか入りませんし、一度エンジンをかけてしまうと、オイル点検窓から見えるオイルは真っ黒になってしまうのです。

完全にオイルを抜いてしまう方法を、どなたかご存知ではないでしょうか?
エンジン底のドレンボルトの上部に、もうひとつドレンボルトらしいものがあるのですけど、それって関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

ゼファー1100はドレンボルトが2本あったはずです。
エンジンの真下とエンジン下の右前辺りにあったと思います。
2本とも抜いてオイルフィルターを外してもカワサキ系のエンジンはオイルが完全に抜け切りません。
規定量も入らないはずです、規定量のマイナス0,2Lくらいがちょうど良いはずです。

出来る限り抜きたいときはフラッシングするしかないのではないでしょうか。

QCDI及び、イグニッションコイルについて

速度制御前のRG50ガンマなんですが、サービスマニュアルをみてみると点火装置項目に『CDIユニット& イグニッションコイル』と記載されています。これは、CDIがイグニッションコイルに内臓されているということなのでしょうか?

また、そのCDIユニット& イグニッションコイルから『コントロールユニット』というものがつながっています。
これはなんなのでしょうか?速度規制前のバイクにもCDI装置はあるんですか?

Aベストアンサー

内臓されているわけではありません
CDIからの信号がイグニッションコイルに伝達しているだけです

速度規制とCDIは関係有りません
点火時期の制御としてCDI方式を使ってるだけです
ですから、速度規制前のものでもCDI方式のものは沢山あります

ここでいうコントロールユニットは電源安定化装置のことのはずです
点火にはかなり高電圧を必要としますので安定した電源供給がないと点火させることが出来ないからです

QKDX220のエンジン回転の不調。

2ストKDX220に乗って、6年が経ちます。
アクセルをOFFにしてエンブレをかけるとき回転数が上がったり下がったりしてぎくしゃくしてしまいます。
マニホールドと、ジェットを新品にしましたが、現象はおさまりません。
アクセルワイヤは特に伸びてるようには思えません。
アイドリングは安定していて問題ありません。
何が原因なのか、どなたか教えて頂けませんか。

Aベストアンサー

私の220srも同じような症状です。
知り合いの物を譲って貰った物なのですが、初めからそんなでした。

その症状は初めからなのでしょうか?

2万キロになった所でピストン交換とKIPSオーバーホールをしました。
KIPSは非常にカーボンがたまりやすいく動きが鈍くなってしまいがちなので、こまめな整備をお勧めします。
思ったほど効果はありませんでしたが、気持ち乗りやすくなりましたよ。

知り合いのバイク屋に相談した所、220のエンジンはもともとレーサー思考が強いため乗りやすさ(扱いやすさ)は二の次とのこと。
割り切りが必要なのでしょうか、、、

Qエンジンの回転が上がらない

古いバイクが好きでGS750Gを入手しました。ところが売り主も言っていましたがなぜか回転が上がりません。ニュートラルで6000回転ぐらいでぴたりと止まってしまい、スロットルをあけても上がりません。走行中はどのギアでも4000でぴたりと止まってしまいます。力がない感じです。もう一台の750Gはレッドゾーンまで軽く回ります。ガソリンは供給されています。プラグは4番は乾き、123番はかぶっています。ガソリン供給やマフラーを疑いましたがよくわかりません。やはりキャブレターの調整不足でしょうか。どのような原因が考えられるでしょうか。勉強のためにも自分で何とかやってみたいのですが、どうかご教授ください。

Aベストアンサー

<空ぶかしのとき(又は走行時)の異音と振動はどうでしたか?→特にありません。

<マフラーから出る煙はどうだったでしょう?→特に白いとか煙が出る等の異常はなかったです。

と、言うことであればオイル上がりや下がりは無いかほとんど無い物と思います。

<キャブの入り口側の下部に1キャブに2個ずつ空気の取り入れ口らしき穴が開いていまして、2つの入り口の片方にはジェットがついています。(何ジェットなのかは??)それがひとつ欠損していました。(OHの証拠と思います。)予備のジャンクキャブから移植しました。が状況は改善されません。

これについては見ないと良く解らないのですが、入り口下部と言うのは外から見える物でインシュレーター(インレットマニホールド)に付いているのですか、あるいはクリーナー側・・・?

もし外から見える物でインシュレーター当たりだと、バキュームゲージを付けたりして負圧を見る物かも(使わないときは目蔵で蓋をします)ジェットみたいな物が付いていると言うのが解りませんが、2次エヤー吸い込みも有るのかも・・・

<あと、パーツカタログによるとキャブのパイロットジェットにはゴムのカバー(栓)がついているのですが、本品にはありません。(4つのうちの一個のみ脱落してフロート室内に固着していました。これは取り去りました。)なんとしても8000回転まではスムーズなので残念です。ありがとうございました。

これはキャブの内部と思いますが私には???です。

後負圧キャブだとすればダイヤフラムの確認はされていますか、オーバーホールされるくらいだから確認済みと考えていましたが(負圧式で無ければ関係ない)もし確認されていなければ、一度すべての物を確認して下さい。
薄いゴムですから古くなれば硬化したりひび割れて来て正常に動いてない物が多いです(アイドリングでは調子が良いのでしたら)

後は先の参考意見でも書きましたが圧縮圧力だけ測ってみれば、バルブ回りの事が解ります(一度はした方が良いでしょう、計るだけなら簡単です)ふるい車両なので、バルブの当たり面をきちっとするだけで良くなることも多いです。

自分でされるのでしたら、ヘッド外してカム回りをばらして整備しますからバルブコッターやすりあわせでバルブタコやコウミョウタン等が必要には成りますが(最大の問題はヘッドガスケットなどの部品かも)

この辺りはオーバーホールの時に最低必要になるパーツを確保してから進めて下さい。

最後に何度も出てきましたが、ここまでの流れから、一番にダイヤフラムの確認、駄目になっていれば新品探すのに苦労するかも知れませんが、今までの事から第一候補に挙げます(負圧式キャブなら)次に2次エヤーの吸い込み、どちらにしてもインシュレーター(インレットマニホールド)も2次エヤーの吸い込み原因に成りますから、要注意部分です。

その他正常でもまともに走れなくなります(2次エヤーだけでも)国産車は10年やそこらではゴム製品は駄目に成ることは無いのですが、あまりにも古い車両は疑うべきです。

現に知り合いがCB750K0で難儀しています、出来れば旧車に強いショップを探すのも良いですよ(パーツなど色々な面で)

<空ぶかしのとき(又は走行時)の異音と振動はどうでしたか?→特にありません。

<マフラーから出る煙はどうだったでしょう?→特に白いとか煙が出る等の異常はなかったです。

と、言うことであればオイル上がりや下がりは無いかほとんど無い物と思います。

<キャブの入り口側の下部に1キャブに2個ずつ空気の取り入れ口らしき穴が開いていまして、2つの入り口の片方にはジェットがついています。(何ジェットなのかは??)それがひとつ欠損していました。(OHの証拠と思います。)予備のジャンクキ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報