たとえばブログとかに洋楽の歌詞の和訳を以下のような形で載せるのは著作権法上問題がありますか?

1.元々の歌詞(英語)は自身のブログには掲載せず、海外歌詞サイトへリンクを付ける。

2.和訳はすべて自身が行い、どちらかというと英語学習向け(文法とか)に解説を加える。

3.そんなにたくさんの和訳は載せない(数の問題ではないかもしれませんが)

できたら 1.はダメだけどあとはOK、等、きめ細かくご教示頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いずれにせよ、著作権の中に翻訳権(あるいは翻案権)というものがあり、翻訳権を持つものはその権利を排他的独占的に使用できます。


従って翻訳権を持つ者以外の者は著作物を翻訳する場合は翻訳権者に許諾を得る必要があり、権利者に無許諾で翻訳しそれを公開する場合は著作権侵害に当たる恐れが高いと思います。

1,翻訳物自体が問題になりますから、元々の歌詞がどこにあろうと関係ありません。
2,その利用方法(英語学習向け等)を問わず、翻訳し公開すること自体が問題となります。
また、他人の翻訳したものを権利者に無断で公開すれば、原作者のみならず翻訳者の持つ権利をも侵害している可能性が高くなります。自分で翻訳したから良いというものではないことは前出の通り。
3,権利者に無断で翻訳し公開すること自体が問題となります。当然量の問題ではありません。

日本の著作権法で保護される著作物は
1,日本人の発行した著作物(海外で発行したものも含む)
2,外国人が日本国内で発行した著作物(海外で発行した後30日以内に日本国内で発行された者も含む)
3,条約により保護すべき著作物
となっており、上記1,2,以外の著作物も、日本国内においては、ベルヌ条約(ほとんどの国が締結しています)で同様に保護されていると考えてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌詞をブログに載せるには

歌詞をブログに載せようと思ったんですが、
それでは著作権法違反になるそうです。
この場合、どのような手続きをとれば掲載可能なんですか?
もしかして、掲載不可能?

Aベストアンサー

歌詞の全文掲載の許可を正当な手段を得るには、JASRACの許可を得るのが妥当ですが、許可が下りたとしても掲載料が膨大になるかも知れません。
https://jasrac.e-srvc.com/cgi-bin/jasrac.cfg/php/enduser/std_adp.php?p_sid=7cTHocni&p_lva=&p_faqid=202&p_created=1143680714&p_sp=cF9zcmNoPTEmcF9ncmlkc29ydD0mcF9yb3dfY250PTgmcF9zZWFyY2hfdGV4dD3mrYzoqZ4mcF9jYXRfbHZsMT1_YW55fiZwX2NhdF9sdmwyPX5hbnl_JnBfcGFnZT0x&p_li=

著作権法は、個人の二次利用を殆ど考慮してません。

二次利用は許可を得れば良いとしている割には、個人が二次利用の為に許可を得ようとすると手間や費用が非常に掛かる仕組みになっており、個人の二次利用は事実上出来ないような格好となってます。

それでも、正当な手段でブログに歌詞を全文掲載したいという願望があるのでしたら、JASRACへお問い合わせを。

なお、一部引用であれば問題ないとしている意見もありますので、その辺はご自身の判断で引用掲載をお考えください。
http://cozylaw.com/copy/qa.html

歌詞の全文掲載の許可を正当な手段を得るには、JASRACの許可を得るのが妥当ですが、許可が下りたとしても掲載料が膨大になるかも知れません。
https://jasrac.e-srvc.com/cgi-bin/jasrac.cfg/php/enduser/std_adp.php?p_sid=7cTHocni&p_lva=&p_faqid=202&p_created=1143680714&p_sp=cF9zcmNoPTEmcF9ncmlkc29ydD0mcF9yb3dfY250PTgmcF9zZWFyY2hfdGV4dD3mrYzoqZ4mcF9jYXRfbHZsMT1_YW55fiZwX2NhdF9sdmwyPX5hbnl_JnBfcGFnZT0x&p_li=

著作権法は、個人の二次利用を殆ど考慮してません。

二次利用は許可を得れば良...続きを読む

Qブログに歌詞を載せてる人って違法なんですか?

ブログに歌詞を載せるのは違法というのを聞きました。
調べてみたところ、この世に出ているほとんどの曲は無断使用してはいけないことになっており、JASRACの管理下にあるということが分かりました。
そして、歌詞を一部であっても載せてはいけないことも。

しかし、ブログに歌詞を載せてる人っていっぱいいますよね。あふれるほど。
そういう人たちって皆違法なんでしょうか?
どういう刑罰を受けるのでしょうか?

さらに一番気になるのは、発売していない曲の耳コピ(自分で聞き取った)歌詞を載せるのも違法なんでしょうか?
発売していないということはJASRACの管理もないはずですよね?
発売後のものであれば公式のものが手に入りますが、発売まではそういう個人ブログくらいしかないので、求める需要も高いはずです。
なので、そういうのが違法になるのかというのも気になります。

どなたか分かる方教えてください。

Aベストアンサー

著作物をブログ等で著作権を持っている人の了解を得ずに公開する行為は著作権侵害です。

耳コピも発売しているしていないは問題では無いと思います。あなたがそれを知り得た手段が大事で、結局はラジオやテレビ等のメディアで知り得たならば立派な著作物です。
そうでない、あなたが自分で考えて公開したという場合はあなたの著作物となります。

なお、念のために著作権侵害罪は親告罪です(著作権法123条1項)。
ということは、著作権者による告訴がなければ、検察官は公訴を提起することが出来ません。

違法なブログでも堂々と公開しているのはJASRACや作詞者がそれを認識していないのがほとんどです。
大体商用目的で公開している場合は見逃す場合もあると思います。
裁判に持っていっても訴訟費用とかを考慮すると見返りが少なすぎるし逆に持ち出しになることお考えられる場合は見逃すでしょうね。

Q外国語の歌詞を翻訳してブログに載せたら著作権侵害になりますか?

著作権に関する質問が4つあります。
初めは1番の質問だけだったのですが、
考えているうちに増えてしまいました。
ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。

1)外国語の勉強のために、
外国語の歌詞を日本語に翻訳して載せているブログをちょくちょく見かけます。
歌詞の一部分ではなく全文載せているのですが、
これは著作権侵害にはならないのでしょうか?

2)翻訳家をしている人が、
第三者から歌詞の翻訳を頼まれて
お金を貰って翻訳したら、これは著作権侵害でしょうか。

3)上の2)が著作権侵害だった場合、その責任は依頼した第三者か、翻訳した翻訳家のどちらにありますか。

4)上の2)が著作権侵害だった場合、
どうしても外国語の歌詞や文章の意味が知りたい時はどうしたらいいでしょうか。(自分で地道に勉強する以外)


過去の質問なども見ましたが
私の知りたいことと一致する質問を見つけられませんでした。
著作権について詳しい方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、翻訳することと、その結果をブログに載せることとは別の行為です。
例えば、翻訳した結果を紙に書いたり、プリントすると、許可(許諾と言います)なくやれば、翻訳・翻案権、複製権、著作者人格権、などの侵害になります。ただし、家庭内利用など私的な使用の範囲であれば認められています。
さらに、それをブログに許可無しに載せると、送信可能化権や複製権の侵害になる可能性があります。以上の諸権利は著作権者からの告訴があってはじめて侵害と認定されます。
細かくはまだあって、同一性保持権の侵害や氏名表示権の侵害もあり得ます。例えば、原作の著作権者の名前を勝手に変えたりすると、親告罪から離れ、親告されなくとも刑事罰の対象(懲役や罰金)になったりします。同一性保持権では、間違った翻訳や改変なども侵害です。翻訳にも原作者の著作権が及ぶ(残る)ので、勝手な使用もできません。

1) 許諾無しだと、全文であれ、一部分であっても、翻訳(翻案)もブログへのアプロードも侵害になります。
2) 翻訳家の翻訳作業は、お金のやりとりと無関係に侵害となります。
3) 翻訳したこと自体は翻訳家による侵害となりますが、依頼した方もほう助の可能性があります。
4) 公に出版されている(著作権処理が終わっている)ものを探すことです。例えば、CDなどでは翻訳が付属していることがあります。翻訳できる人から、口頭で教えてもらうことは自由です(ただし、紙に書いて配布したりすると複製権に関わります)。やはり、本来は、外国語の歌を知りたいなら自分で意味を調べるのが王道です。外国人が日本のアニメの会話などの意味を知りたいために日本語を学ぶ例は多く、よく知られています。人によっては、わざわざ日本に旅行してきます。

さらにご質問があればどうぞ。

まず、翻訳することと、その結果をブログに載せることとは別の行為です。
例えば、翻訳した結果を紙に書いたり、プリントすると、許可(許諾と言います)なくやれば、翻訳・翻案権、複製権、著作者人格権、などの侵害になります。ただし、家庭内利用など私的な使用の範囲であれば認められています。
さらに、それをブログに許可無しに載せると、送信可能化権や複製権の侵害になる可能性があります。以上の諸権利は著作権者からの告訴があってはじめて侵害と認定されます。
細かくはまだあって、同一性保持権の侵害...続きを読む

Q英語のサイトを和訳してブログに載せるのは大丈夫か

英語のサイトを和訳して自分のブログに載せるのは、著作権の観点からいって問題はありますか?
主にニュースサイトを和訳しようとしています。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

当然に問題があります。

というか、類似の裁判例がすでに存在します。
東京高判平6・10・27知財集26-3-1151(平5(オ)3528)〔The Wall Street Journal〕

本件は、写真の「編集著作物」としての著作権の侵害が問題となってケースです。本件の判決に従う限り、海外のニュースサイトをそのまま和訳して配信する行為は、ニュースサイトの編集著作物としての著作権(翻訳権)を侵害するものと考えられます。

なお、単独の記事についても、その著作物性のある部分を翻訳して掲載すれば、同じく翻訳権の侵害となります。

もっとも、単なる事実を伝えるにすぎない記事(たとえば「今日の気温」や「どこそこで事故があった」)は、もとより著作物とはいえない場合がありますので、その場合に限っては、翻訳することも自由です。が、それならあえて翻訳するまでもなく自らも事実を述べるだけで良いので、翻訳することに意味があるとは思えません。

Qたとえば「省令」とかって省庁のHPとかどっかで検索できますか

電気料金に、「燃料費調整制度」ってあると思います。

関西電力のプレスリリースで、「平成21年2月26日に改正された
一般電気事業供給約款料金算定規則に基づく燃料費調整制度の変更
に伴い」とありますが、この「平成21年2月26日に改正された
一般電気事業供給約款料金算定規則」ってどこかに載っておりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

5番です。

総務省の検索ページをみつけました。が、更新が月1回ペースなので、2月末頃のデータが整備されるのにはもう数日かかりそうです。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

職場が「官報情報検索サービス」の会員になっていましたので、例の改正省令のテキストを拾ってみました。
以下、その抜粋です。

○ 経済産業省令 第十号

 電気事業法(昭和三十九年法律第百七十号)第十九条第一項、第三項及び第七項の規定に基づき、一般電気事業供給約款料金算定規則等の一部を改正する省令を次のように定める。
 平成二十一年二月二十六日     経済産業大臣 二階 俊博 
一般電気事業供給約款料金算定規則等の一部を改正する省令
(一般電気事業供給約款料金算定規則の一部改正)
第一条 一般電気事業供給約款料金算定規則(平成十一年通商産業省令第百五号)の一部を次のように改正する。
 第十四条の五中「前二条」を「第十四条、第十四条の二」に、「前条」を「第十四条の二」に改める。
 第十九条の十五中「前二条」を「第十九条の十一、第十九条の十二」に、「前条」を「第十九条の十二」に改める。
 第二十条中「できる」を「できる。」に、「できない。」を「できない」に改める。
 第二十条の二中「連係線設備特別報酬額」を「連系線設備特別報酬額」に、「できる」を「できる。」に、「できない。」を「できない」に改める。
 第二十一条第一項中「四半期ごとに、当該四半期」を「各月において、当該月」に改め、「ただし、第三項の規定により算定される実績平均燃料価格が、次項の規定により算定される基準平均燃料価格に〇・九五を乗じて得た額から次項の規定により算定される基準平均燃料価格に一・〇五を乗じて得た額までの範囲内にあるときは、この限りでない。」を削り、同条第二項中「の直近の四半期において」を「において公表されている直近三月分の」に、「円建て通関統計価格(関税法(昭和二十九年法律第六十一号)第百二条第一項第一号に基づく統計により認識することが可能な価格をいう。)」を「円建て貿易統計価格(関税法(昭和二十九年法律第六十一号)第百二条第一項第一号に基づく統計により認識することが可能な価格をいう。次項において同じ。)」に、「燃料ごとの比率を勘案して定めた比率」を「石油の一リットル当たりの発熱量(メガジュールで表した量をいう。以下同じ。)を当該燃料の一キログラム当たりの発熱量で除して得た値(石油にあっては、一)に原価算定期間において電気事業の用に供する当該燃料の発熱量が当該期間において電気事業の用に供する燃料ごとの発熱量の総和に占める割合を乗じて算定した値」に改め、「届け出たもの」の下に「(以下「換算係数」という。)」を加え、同条第三項中「四半期の前々四半期」を「月の五月前から三月前までの期間」に、「円建て通関統計価格」を「円建て貿易統計価格」に、「前項の比率」を「換算係数」に改め、同条第四項中「電気事業の用に供する燃料ごとの比率を勘案して」を「原価算定期間において電気事業の用に供する燃料ごとの発熱量の総和を電気事業の用に供する石油の一リットル当たりの発熱量で除して得た値を当該期間における販売電力量で除して得た値を基に」に改める。
 (電気事業法施行規則の一部改正)
第二条 電気事業法施行規則(平成七年通商産業省令第七十七号)の一部を次のように改正する。
 第二十二条第四号及び第二十五条第一項第六号中「電気事業の用に供する燃料ごとの比率を勘案して定めた比率」を「換算係数」に改める。
   附 則
 (施行期日)
第一条 この省令は、公布の日から施行する。
 (一般電気事業供給約款料金算定規則の一部改正に伴う経過措置)
第二条 この省令の施行の際現に電気事業法(以下「法」という。)第十九条第一項の認可を受け、若しくは同条第四項の規定による届出をしている供給約款、同条第七項の規定による届出をしている選択約款又は法第二十一条第一項ただし書の認可を受けている料金その他の供給条件により電気の供給を行っている一般電気事業者は、この省令の施行の日以降平成二十一年四月までの料金その他の供給条件については、引き続き従前の例によることができる。
第三条 一般電気事業者は、この省令の施行後二月を経過するまでの間に法第十九条第一項の規定による供給約款の変更の認可を受けようとするとき又は同条第四項の規定による供給約款の変更の届出をしようとするときは、この省令による改正後の一般電気事業供給約款料金算定規則(以下「新料金算定規則」という。)第二条第一項中「将来の合理的な期間」とあるのは「事業者の実情に応じた合理的な期間」と、第二十一条第二項中「法第十九条第一項の規定により定めようとする、又は変更しようとする供給約款の認可の申請の日及び法第十九条第四項の規定により変更しようとする供給約款の届出の日において公表されている直近三月分の」とあるのは「事業者の実情に応じた過去三月間に公表された」と読み替えるものとする。
(実績平均燃料価格の算定方法の変更に伴う経過措置)
第四条 一般電気事業者は、平成二十一年五月から平成二十二年三月までの期間における料金については、新料金算定規則第二十一条第一項の規定により増額又は減額した後の料金から、平成二十年十月の実績燃料価格(一月間において電気事業の用に供した燃料(この省令の改正前の一般電気事業供給約款料金算定規則(以下「旧料金算定規則」という。)第二十一条第二項に規定する燃料をいう。)ごとの円建て通関統計価格(同項に規定する通関統計価格をいう。)に、同項の比率を乗じて得た額の合計額をいう。以下同じ。)に三分の二を乗じた額と、平成二十年十一月の実績燃料価格に三分の二を乗じた額と、平成二十年十二月の実績燃料価格に三分の一を乗じた額と、平成二十一年一月の実績燃料価格に三分の一を乗じた額とを合計した額と旧料金算定規則第二十一条第二項の規定により算定される基準平均燃料価格に二を乗じた額との差額に、同条第四項の規定により算定される基準調整単価を千で除して得た値を乗じて得た額を十一で除して得た額を増額又は減額しなければならない。

5番です。

総務省の検索ページをみつけました。が、更新が月1回ペースなので、2月末頃のデータが整備されるのにはもう数日かかりそうです。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

職場が「官報情報検索サービス」の会員になっていましたので、例の改正省令のテキストを拾ってみました。
以下、その抜粋です。

○ 経済産業省令 第十号

 電気事業法(昭和三十九年法律第百七十号)第十九条第一項、第三項及び第七項の規定に基づき、一般電気事業供給約款料金算定規則等の一部を改正する省...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報