プロが教えるわが家の防犯対策術!

クリムゾンタイドを見ているのですが、戦時体制の作戦航海でアメリカの戦略原潜が護衛無しでカムチャッカ沖を行動することがあるのでしょうか?
戦略原潜には攻撃型潜水艦の護衛がつかないのでしょうか?

A 回答 (4件)

こんにちは




> 戦時体制の作戦航海でアメリカの戦略原潜が護衛無しで
> カムチャッカ沖を行動することがあるのでしょうか?
> 戦略原潜には攻撃型潜水艦の護衛がつかないのでしょうか?

まず、SSBNに限らず現代の潜水艦は概ね"単艦行動"が原則
です、理由は存在を秘匿するため。
空(ないしは宇宙)からのセンシング能力が格段に進歩してきま
したので、複数でウロウロすることはかえって"自殺行為"になる
でしょう。

さてクリムゾン・タイドについて申せば、
確かフネは"オハイオ級"でしたね、映画が公開されたのが95年
でしたので、その頃にはもう既にトライデントD-5への更新が始ま
っていたと思います。

D-5は射程が10,000Km超のSLBMですんで、北太平洋からでも
ソ連(ロシア)圏は概ね範囲に収まると思われ、わざわざ(危険な)
カムチャッカ近海まで出張るのは、実際には考えにくいと思い
ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/13 18:11

戦略ミサイル原潜(SSBN)はその任務の性格上、秘密が多いのではっきりとした事はわかりませんが・・・。



1988年に原書房から発行されたノーマン・ポルマー(元アメリカ海軍関係者で何冊も本を出している海軍研究家)著書の「ソ連海軍事典」の中の「ソ連海軍の任務と戦術」という項目の中で、対比する形でアメリカ原潜に少し触れられています。
それによると、アメリカの戦略ミサイル潜水艦(SSBN)は、自らの残存と実戦で役立つために隠密性をきかせ、通信では沈黙を守りながら単独行動をしているそうです。一隻で深く静かに密かに潜行しているという事でしょう。任務の性質上、護衛はいないのではないかと思います。

戦略ミサイル原潜(SSBN)の配置海域は、秘密なのではっきりした事はわかりませんが、他の回答者の方が言っておられるようにカムチャツカ沖で行動というのは絶対無いとは言いませんが、可能性は低いのではないかと思います。
映画の設定では潜水艦はオハイオ級アラバマでミサイルはトライデントD5だったと思いますが、他の回答者さんの回答にあるとおりこのミサイルは長射程で、ハワイどころかアメリカ太平洋沿岸から発射してもモスクワを攻撃できます。
わざわざ危険を冒してロシア近海に行く必要はありません。そのための長射程ですし。
さらにカムチャツカ半島にはロシア海軍の重要な海軍基地であるペトロパブロフスクがあり、ここは太平洋で活動するロシア原潜の拠点ともなっています。その眼と鼻の先であるカムチャツカ沖は当然、ロシア原潜や、水上艦艇、航空機などの行動も活発な海域です。
カムチャツカ沖は対潜水艦戦が任務ではない戦略ミサイル原潜(SSBN)にとって危険な海域です。
90年代初頭では三十数隻しかない貴重な戦略ミサイル原潜(SSBN)の1隻を、(現在は戦略ミサイル原潜は14隻しかありませんのでもっと貴重です)果たしてカムチャツカ沖で行動させるのかどうか・・その可能性は低いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/13 18:11

潜水艦は、基本的に単独行動するための船でしょう。



潜水艦が大勢で行動したら・・・目立つだけです。(意味ないし)

共同作戦をする場合も、それぞれの艦は単独で行動する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/13 18:10

 当然。

原潜の護衛って、どうすりゃいいんだ?
 昔々、アメリカの原潜がソビエトの港から港に敷設された海底ケーブルから、さまざまな連絡情報を盗聴したことがある。
 それと核攻撃が疑われる状況下で海中にいる潜水艦隊は、ブーマーと称される大陸間弾道弾搭載型は24時間の準備待機体制に入るが、同時に攻撃型原潜は敵の潜水艦を狩る任務に就く。このタイプは一応護衛用と言うことになっているけど、近くにいる訳ではない。
 さらに、弾道弾搭載型が港から出る時には、早めに出た攻撃型原潜が露払いに先行する。でも護衛とはちょっと違う。

 かつて原潜時代初期に、2隻の潜水艦が北極海でランデブーを試みたことがある。当時は慣性航法装置も無かったが、見事ランデブーに成功。ところがぴったり行き過ぎて、両艦が上下に位置してしまった。一方の艦長が気がついて、音信波通信で呼びかけてことなきをえたが、下手すると、最初の原潜事故につながりかねなかった。
 つまり、これくらい水中の船は探知しにくい。護衛しろなんて無理。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

護衛ではなく露払いですか、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/13 18:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング