プロが教えるわが家の防犯対策術!

エネルギー準位の観点からHe2分子が存在しない理由を教えてください。。
テストで分からなかった問題です。お願いします。

A 回答 (3件)

周期表の一番右の縦一列の元素は不活性元素(希ガス元素)と言って結合手を持たないのです


だから単独でしか存在しません
つまり1原子分子です
これは一番外側の電子軌道に入っている電子が8個(ヘリウムは2個)の時は科学的に安定な状態にあって他の原子と結合できないのです
化合物は自分の周りの電子が8個になるように他の原子と結合して安定するのです
ただし水素とヘリウムは2個の電子しか持てないので2個の電子で安定するのです
たとえば
酸素は外側に6個の電子を持っています
水素は外側に1個の電子を持っています
酸素は二個の水素からそれぞれ一個の電子を受け取って自分の周りの電子を8個にして安定します
二個の水素は酸素からそれぞれ一個の電子を受け取って自分の周りの電子を二個にして安定します
二個の電子を酸素と水素が共有しているのです
だから水は安定した化合物となっているのです
この様子は元素の電子配列表を見ると少しはわかるかも知れません
    • good
    • 1

He2分子では、電子が4個存在するため、


結合性軌道と反結合性軌道に2個づつ
入ってしまい結合性軌道による
安定化が打ち消されてしまうからです。

He2+分子であれば、存在可能のようですが。
    • good
    • 3

前に質問したときの回答を参考にして勉強しましたか?それをしていればわかったはずですけどね。


自分でわかろうという努力をしなければダメです。

で、そのときのレベルで回答すれば、反結合性分子軌道に電子が入らざるを得ないため不安定だからということになるでしょう。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング