はじめまして。

エンジンの低速時と高速時に応じて、CVTのプーリー(CVTベルトが掛かる部分)の幅が変化(伸縮)すると知りました。

●低速時 エンジン側   幅→広
       タイヤ側     幅→狭


●高速時 エンジン側   幅→狭
       タイヤ側     幅→広


しかし、CVTのプーリーの幅が、どのような仕組みで変化(伸縮)するのかがわかりません。

プーリー(CVTベルトが掛かる部分)は、伸縮させるため、釣りざおのように太い管と細い管の組み合わせで作られているのでしょうか。

また、プーリーの幅の変化(伸縮)は、2本の釣りざおを向かいに並べて、互いに伸ばしたり縮ませたりするイメージでしょうか(下記)?


●プーリーの幅が広がった状態

                 根元       先端  先端       根元
   釣りざおA(伸ばす)  →→→→→→→→→ ←←←←←←←←← 釣りざおB(伸ばす)
                 太          細  細          太

●プーリーの幅が狭まった状態

               根元 先端 先端 根元
   釣りざおA(縮める) →→→→ ←←←← 釣りざおB(縮める)

               太   細  細   太

もし、上記のイメージで合っているなら、プーリーの幅をどのような力でで伸び縮みさせているのでしょうか(スプリングもしくは油圧でしょうか)?

ネットで調べましたが、私の疑問の答えになるものが見当たりませんでした。

どうか教えて下さい。

よろしくお願い致します。

「CVTのプーリーの幅が変化する仕組み」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 円錐形の上部を底面に平行に切り取った、円錐台と呼ばれる形をしたプーリーを、4枚使用して、2枚1組で、太さが細い側を向かい合わせにしたものを、1つのプーリーとして扱い、その2枚の円錐台の間隔を、油圧で変えているだけです。


 プーリーは1枚ではなく、2枚の円錐台によって、構成されている点が重要です。
 ベルトの幅と、ベルトが接触している部分の間隔は等しいのですから、2枚の円錐台の間隔が狭くなれば、円錐台の底面に近い、太い部分にベルトが掛かる様になり、逆に円錐台の間隔が広くなれば、円錐台の底面から離れた、細い部分にベルトが掛かる様になりますから、ベルトが掛かっている部分の太さ、即ちプーリーの直径が変化する訳です。

【参考URL】
 円錐台の体積
  http://www.rd.mmtr.or.jp/~bunryu/ensuidai1.htm

 CVTとは
  http://www15.ocn.ne.jp/~k-cvt/cvt.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。

参考になりました。

お礼日時:2011/03/13 00:21

ベルト式CVTの説明図は原理ですので実際のものとは少し異なります。

プーリーは固定側と可動側があり可動側だけが動きます。可動側プーリーの背面は油圧室になっていて、油圧により動いてプーリー幅を縮めます。プーリー端はオイルシールで油圧が漏れないようになっています。
「CVTのプーリーの幅が変化する仕組み」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。

参考になりました。

お礼日時:2011/03/13 00:20

#1さんの説明でよいのですが、イメージ的には下記をどうぞ


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%AE%B5% …
http://www.aisin-aw.co.jp/02products/drivetrain/ …
http://www.daihatsu.co.jp/wn/tech_p/cvt0606/03/i …



単に円錐形の物体(プーリー)の間隔を狭くしたり、広げたりしているだけです。
プーリーの駆動は油圧です・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。

参考になりました。

お礼日時:2011/03/13 00:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCVTケーブルの許容電流について

こんばんは、例えばCVTケーブルの100Sqを考えた場合、
IV電線・・・298A (基底温度30℃)
CVT・・・・290A(基底温度40℃)

と書いてありました。

しかし、√{(90-θ)/30}という式から考えると、CVTの場合もっと大きい許容電流となります。

私的には290Aよりもう少し大きい許容電流となりそうなのですが・・。

どちらが正しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いやいや、ですのでCVT(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルのトリプレックス)とIC
(架橋ポリエチレン絶縁電線)とは別物ですので、その設定がおかしいのではと思います。

無理やり回答しますが、
IC100sq-3W(管路敷設)
 I=IV許容電流*許容電流補正係数*許容電流減少係数R*管内3条減少係数--(1)
  =298A*1.41*√{(90℃-30℃)/30}*0.7
  =416A
(ここで、IV許容電流*許容電流補正係数=420Aが60℃におけるIC100許容電流の基準値 ※1)

CVT100sq(管路敷設)
 I=√{(T1-T2-Td)/(n*r*Rth)}--(2)
この式で管路土中埋設で25℃の場合に250A(電線便覧)となるはずなわけですが、この式の分母が
ややこしくて私はやる気がおきませんm(_ _;m
そこで、ICの場合と同じように扱ってみると、CV100-1c-3条を気中暗渠敷設が碍子引きと同等(ケー
ブルなのでコロガシ敷設出来る)なわけで、この時の許容電流が355Aat40℃。
(2)式の内、Td:誘電損による発熱は低圧ケーブルでは無視してよいと思うので、上記から分母を
求めてみると、
 355A=√{(90℃-40℃-0℃)/(n*r*Rth)}
 (n*r*Rth)=50℃/355A^2=0.000408
60℃に直して
 √{(90℃-60℃-0℃)/0.000408}=271A(※2:※1にあたるが正確ではない)
ビニルシースの有無でこんなに違うのか?って位違いますが、(1)式で同じように扱ってみると、
 I=271A*√{(90℃-30℃)/30}*0.7
  =268A(30℃管路敷設における許容電流)
250Aと比べると少し高いですが、(2)式の分母も周囲温度に依存する部分があるのと、(1)で管路に
入れる≠土中埋設ではない、という位でしょうかね? 
結局のところ許容電流は敷設環境で大きく変わるということはお分かりだと思います。ですので、
設計などにおいては電線便覧に載っている許容電流の内で、一番条件の悪いものを選択しておくこと
が安全策です。もし、工法や材料を変えて工事を安く出来ないだろうか的な考えで質問されている
ならば、よほどの検討をしないと痛い目を見ることになるかもしれません。

いやいや、ですのでCVT(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルのトリプレックス)とIC
(架橋ポリエチレン絶縁電線)とは別物ですので、その設定がおかしいのではと思います。

無理やり回答しますが、
IC100sq-3W(管路敷設)
 I=IV許容電流*許容電流補正係数*許容電流減少係数R*管内3条減少係数--(1)
  =298A*1.41*√{(90℃-30℃)/30}*0.7
  =416A
(ここで、IV許容電流*許容電流補正係数=420Aが60℃におけるIC100許容電流の基準値 ※1)

CVT100sq(管路敷設)
 I=√{(T1-T2-Td)/...続きを読む

QCVTのプーリーについて

はじめまして。

エンジンの低速時と高速時に応じてCVTのプーリーの直径や幅が変化するのは、どのような仕組で変化するのでしょうか(どのようなパーツと連動して変化するのでしょうか)。

●低速時 エンジン側   直径→小  幅→広
       タイヤ側     直径→大  幅→狭


●高速時 エンジン側   直径→大  幅→狭
       タイヤ側     直径→小  幅→広

また、変速のためにプーリーの直径を変化させるのは何となくわかるのですが、幅を変化させる目的がわかりません。

合わせて、CVTのプーリーの直径や幅の変化の仕組みについて詳しく説明しているサイトがあれば教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>CVTのプーリーの直径や幅が変化
プーリーの直径ではなく、ペルトの掛かる部分の直径が変化します。プーリーは可動側と固定側で1セットになっていて、可動側を油圧で動かしプーリーの幅を変化させます。ベルトはプーリーの幅が広くなるとプーリー軸に近づき、狭くなると軸から離れベルトと軸の距離が変わる為、プーリー直径が変化したと同じ事になるのです。参考の説明図では誇張されていて、プーリー自体の形状が変化するかのように見えますがプーリーは金属の塊で変形はしません。下記URLの動画部でもプーリー厚さが変化しているかのように見えるかも知れませんが、ベルト部分を含めてよく見ればプーリー形状は変化していないと解るはずです。

参考URL:http://www.honda.co.jp/tech/auto/cvt/

QCVT許容電流が2個より?

孫請けで電気設計をしているものです。
マンションの設計で住戸分岐幹線が8m超の為、
ブレーカー(300A)の55%の許容電流のケーブルを分岐部分に使用し設計しました。
300A ×55%=165A以上のケーブル
内線規定 別表よりCVT気中 CVT38(155A)なのでCVT60 を選択したのですが。

発注元のチェックバックで
CV2個より38(165A)なので CVT38で修正するよう指示が来たのですが。
なぜでしょう?

東電よりで住戸幹線用に2個よりの許容電流資料をもらったような話も聞いて???

とっても困っています。
これは通常なのか特殊なのか。

Aベストアンサー

単3の場合 接地相はカウントしません。
 内線規程(内線規定じゃないよ)の備考のところまで読んで見てください。
よって2導体の場合の許容電流を調べてください。
 電圧降下や低減率も考慮されているものとして 空中暗渠(規定温度40℃)CVT38sqでよいかな
それでも解りずらいようであれば
強い味方のフリーソフトがあります。
 【 マンション幹線計算VerC-CVT】 を検索してみてください(エクセル)
 お試しあれ

Q高速道路の料金の仕組み

高速道路の料金の仕組みについて質問があります。
ここでは、私の住んでいる長野を例にします。

長野IC→更埴IC の一区間を乗れば、料金はさほどでもないです。
これをあえて、長野IC→上越JCT→小矢部破波JCT→美濃関JCT→土岐JCT→岡谷JCT→更埴IC と、途中インターを降りないで、わざと遠回りしても、長野IC→更埴ICと同じ料金なんでしょうか?

ちょっと疑問に思ったので、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ルール上は距離が最安ルートの2倍以内のルートは最安ルートで計算、それ以上の場合は実際の走行ルートで計算ということになっています。
ただし現状ではETCゲートは単純に最安ルートで計算しているようです。大回りしても時間もガソリンも余計にかかるだけでメリットがないということで性善説での運用らしいですが。
有人ゲートを通る場合は所要時間を不審に思って問われる場合があるようです。この場合は正直にルートを申告すると走行ルートの料金を請求されます。嘘をつくと詐欺罪になるかもしれません。

なお、米原(北陸道)や豊橋(東名)の検察所はETC普及により不正が減ったとかで廃止されています。
ただし技術的にはかなり高速でもETCチェックはできそうなので将来的に高速道路上でのETCチェックにより実走行ルートを調べて料金請求する可能性は否定できません。
# 実際、首都高の出口ICなんてゲートもないけどETC記録に出てるし

QCVTの許容電流改正盤

はじめまして。

条件を設定します。

周囲温度30℃、ケーブルはCVT100Sqを使用。

配管は、金属配管で線の数は3本とします。
(CVTの場合は3本が撚っているので、この3本の意味です)

これで、IV電線100Sqを3本入線した時と比べたいと思います。


技術基準の第172条より考えると、
(1)IV電線の場合は
√{(60-θ)/30}よりθに30℃を代入して考えると、

1となります。
よって、
298(A)×1×0.7=208.6(A)となります。

注意:0.7は金属管に3本入線するのでこれの減少係数

(2)次にCVTで考えると、
√{90-θ)/30}よりθに30℃を代入して考えると、

1.44となります。

よって
298(A)×1.44×0.7=300.4(A)となります。

この考え方は間違っているのでしょうか?

ご教授の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CVTケーブルの電流補正係数40℃→30℃で1.10倍。

298A×1.1×0.7=229A

上記式より、229Aになると思います。

ただ、今、手元に内線規程がありませんが、2000年版や2005年版の内線規程には最後の方のページにCVTケーブルを電線管に収めた場合の許容電流表がズバリ載っていたはずです。
そちらの表を使った方が正しいかもしれません。

Q高速道路の速度による燃費の変化

高速道路を80Km/hと100Km/hで走るのでは燃費は結構変わるのですか?

Aベストアンサー

高速走行中に窓から手を出して風圧を見れば解ります。
時速80Kmと時速100Kmでは、それほどの違いを感じません、しかし時速100Kmと時速120Kmでは非常に違いを感じます。
そうです、時速100Kmを越えたあたりから、大きな違いが出てきます。
但し、軽自動車の場合は空気抵抗による燃費悪化より、エンジンの出力限界(限界近くは元々燃費が悪い)による燃費悪化の方が影響大と思います。
ちなみに3000ccクラスでは時速60KmK定速度走行に苦労します、アクセルに極わずか力かかかれば加速し、力を抜くと減速します、時速80~100Kmあたりの定速度走行のほうが楽です。

Q電気の許容電流について

VVケーブルを電線管などにおさめた場合の許容電流が内線規定にのっています。電線管サイズが奇数であるので金属管と思いますが、Sロンパイプの場合には許容電流は減少しないのでしょうか?よろしくお願いします。SV8スケ3芯をSロンパイプに通すと許容電流42Aは幾らになりますか。

Aベストアンサー

金属管と合成樹脂管(VE)(HIVE)では、許容電流は、変わりません。
ただ、同じ配管でも、その配管を地中埋設した場合と、露出で直射日光が当たる場合及び日陰に配管する場合では、許容電流が変わります。当然、周囲温度が上昇すれば、許容電流が減少します。また、配管を集中させた場合も、その配管の間隔によっては、許容電流が減少します。
ご質問のSV8Sq-3CをVE36に入線し、単独配管の場合で、直射日光無しの時、許容電流は、42Aになります。
VE36としたのは、私も許容電流を確認するときは、メーカーの資料を見て決定しています。その資料に電線管のケーブル占積率が40%以下の内径の電線管を使用した場合の許容電流値が載っているからです。

Q高速道路側道や河川内施設への車幅規制はどうして?

高速道路の側道や河川内施設などに大型車の進入を規制するゲートや側溝が設置されている箇所があります。1.8~2メートル程で様々にあります。
この規制の理由と、その車幅を決定した理由をご存知のかたはご教授ください。

河川内施設へは質問をしましたが、側道はどこへ聞くのか不明なためこちらでお聞きしています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

車幅規制は産業廃棄物などの違法投棄対策でしょう。

違法産廃業者も四トン車や大型ダンプを使用している筈ですから、
それらが入り難い幅を考えたんではないですか。

四トン 230cm程度
大型  250cm程度

Q電気設備基準 許容電流 遮断器容量について

電気設備基準では電線の許容電流と遮断器定格電流を決める際、「電動機等」の有無が条件に含まれています。
電動機等の突入電流を考慮した条件と思われますが、この「電動機等」にはトランスも含まれるでしょうか。
トランスが「電動機等」に含まれないと解釈すると、トランスの突入電流を考慮し遮断器定格電流をトランスの定格以上に決めた際、
電線の許容電流は遮断器定格電流以上にする事になるのでしょうか。
現状は負荷に電動機が無いため、各負荷の定格電流の合計を目安に電線を選択しています。(遮断器定格電流よりも電線の許容電流が小さい)

Aベストアンサー

追伸
サージカットトランスというものを扱ったことがありませんので先の回答は参考にとどめてください。
このトランスがどの程度の励磁突入電流が流れるとか、%Zとか さっぱり分かっていません。
端的に回答を書いたつもりです。
このほかに検討事項として電圧降下、将来設備増ほかがありますので念のため

私の書いた
「トランスの励磁電流ではトリップに至らないと思います。」
というのは
>トランスの突入電流を考慮し遮断器定格電流をトランスの定格以上に決めた
ここが誤りではないか という意味です。

参考URLの左側 「製品情報」次に、ほぼ中央の「カタログ、技術情報」次にアイコンで「ノーヒューズ遮断器」を選択
さらに技術資料集と進んで下さい。

サージカットトランス、ノーヒューズ遮断器製造者に相談されてはいかがですか?

Q道路幅3m車庫幅2.8m にエスティマが駐車可能か

家を新築するにあたり車庫をビルトインガレージにしたいのですが、車庫の前の道路幅は3mで車庫の幅は2.8m 車はエスティマ(長さ479cm 幅180cm)の駐車は可能でしょうか?道路幅が3mなので心配です。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

絶対後悔します!!!!!!!!!!!
軽自動車でも始めは切り返しが必要です!
辞めとき!!!ほんまイケテナイ!
このメールを無視すると完成して1年後ああ!!
て必ず後悔しますよ!
たまたまあなたの質問みました絶対後悔します
いてもたっても致し方なく返信しました
もう一度言います!
絶対後悔しますよ!狭い!!!!!!!!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報