プロが教えるわが家の防犯対策術!

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうすると、特にステップアップのために多くの業績が必要な、助教、准教授などは
プロシーディングより学術論文の方をバンバン数多く出してそうなイメージがしたのですが、
実際は、上記のようにそうではありませんでした。

これはなぜなのでしょうか?

もしかして実は国際会議プロシーディングと学術論文に、業績価値としての差は
あまり無いからなのでしょうか?
(もしそうならば、プロシーディングは査読期間が短く一回の審査だけで採否が決まるので、
プロシーディングを数多く出そうとするのが理解できるのですが。。。)

ほとんどの研究者が、学術論文数よりプロシーデング数の方が多い一番の理由は何なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

個々の学会によって違うでしょうが、国際会議のプロシーディングでは、オリジナリティが求められないことが多いと存じます。


プロシーディングの数が多いのは、ほぼ同じ内容を発表しているからでしょう。
業績を論文などの数で表すという風潮には合点がゆきませんが、
それはともかくとして、
会議のプロシーディングの価値は、“無いよりはあった方がまし”という程度だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。

オリジナリティの面においても、国際会議プロシーより学術論文の方が価値が高いのですね。勉強になりました。

お礼日時:2011/03/06 23:58

学会によっては自分の学会が主催した国際学会の長文のプロシーディングス(査読つき)をまとめて学会誌の中の1冊として発行してしまうところもあるので、結構さまざまです。


その辺はM2ぐらいになると分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

お礼日時:2011/03/08 12:42

ご質問者の言われる業績の価値というのは,


見かけの人事評価に使われる数字のようなものですか?

多くの先生方は,
意図して,プロシーディングスに力を注いでいるわけでなく,
学会発表を2~3回やったら,1本にまとめるというサイクルじゃないかなと思います.
人事評価を得ようという目的ではなく,研究そのものを目的としているからこそ,
当然の結果と思います.

それから,院生の育成の場として学会発表は重要ですし,
企業と共同研究していると,年度単位で成果を出さないといけないので,
実験系の分野のように,論文を量産できる場合以外は,
査読付きプロシーディングスで出しておいて,成果にカウントするということが
行われることもあります.
そういう意味でも,キチンと研究しているからこそ,そのような比率になるのでは.

業績の価値?としては,よほど厳しい学会の発表以外は,
キチンとしたジャーナルの方が人事評価としては価値があります.
ご指摘のとおりです.
また,日本ではインパクト・ファクターまで評価する人事はあまり見ませんね.
ですから,人事優先の方は,通りやすい第3国のジャーナルとか
せっせと投稿している人もいます.

やはり,研究の価値というのは,社会に貢献できてなんぼだと思います.
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます。

>ご質問者の言われる業績の価値というのは,
>見かけの人事評価に使われる数字のようなものですか?

はい、その通りです。

>人事評価を得ようという目的ではなく,研究そのものを目的と
>しているからこそ,当然の結果と思います.

特に、ポスドクの方はみんな、アカポスに就くために、(国際会議の為の時間を割いてでも)人事評価の高い学術論文の方を、精力的に出そうとしているのかなぁと思っていたのですが、そうでは無いみたいですね。
それぞれのやり方があるんですね。

お礼日時:2011/03/06 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロシーディングスの定義

 プロシーディングの定義について教えていただきたいのですが,まず査読付き・なしに関わらず審査に通った学会用原稿で,国内・国際学会のどちらに関しても含んでいるのでしょうか?
 「査読付きプロシーディングス」といえば,普通は国際学会で発表した原稿がほとんどなのでしょうか?
 よろしくお願いします.

Aベストアンサー

No. 1 のものですが補足です。
ご質問は「プロシーディングスが未だ印刷されていないが、正規に受理されている論文原稿を業績として挙げて良いか」という意味でしょうか。
その意味なら、○○会議発表決定、として原稿と審査合格通知(査読のない場合は受理通知)を添付すれば業績になります。
ただし、査読付き会議に投稿した段階の論文(査読結果未了)を挙げるのはまずいでしょう。教員審査などでは、会議の査読の有無はわかりませんから、その論文を業績にカウントして審査可になることはあります。しかし、あとで業績として挙げた論文がプロシーディングスに掲載されていないとわかると問題になります(某国立大のロースクールで似たケースがあり、対象教授数名は退職、問題解決まで入学試験延期、すべての改組予算提案が凍結になりました)。
なお、査読の有無にかかわらず、国内会議も国際会議も発表論文の扱いは同じです。国内で開催されても、国際会議(特に以前に国外で開催された歴史がある)であれば国際会議です。
しかし、純粋に国内の会議であると査読があっても軽くみられます。
査読がなければ、国際会議であっても「その他論文」で業績にならず、参考程度であるのが普通です。

No. 1 のものですが補足です。
ご質問は「プロシーディングスが未だ印刷されていないが、正規に受理されている論文原稿を業績として挙げて良いか」という意味でしょうか。
その意味なら、○○会議発表決定、として原稿と審査合格通知(査読のない場合は受理通知)を添付すれば業績になります。
ただし、査読付き会議に投稿した段階の論文(査読結果未了)を挙げるのはまずいでしょう。教員審査などでは、会議の査読の有無はわかりませんから、その論文を業績にカウントして審査可になることはあります。しかし、...続きを読む

Q学会発表に関して ほぼ同一の内容を2度発表する場合

大学院生です.
来年,(画像工学系の)学会Aで研究内容の発表をする予定です.

ところが,同じころに開かれる,学会Bにも参加する話があります.

もし両方に参加するとなると,発表内容はほぼ同一のものとなってしまいます.
論文として投稿するのは2重投稿となってまずいのは分かりますが,
学会発表の場合はどうなのでしょうか?
事情に詳しい方,教えてください.


学会は両方とも,海外で開かれる国際学会です.
勉強になる良い機会だと思うので,できれば両方行きたいと思っています.

Aベストアンサー

ほぼ同じ内容で投稿するのがまずいのは、学会(国際会議)発表でも論文誌でも同様です。

違いを出す方法としては、#1さんのご回答同様、解析データを追加するという方法があります。
また、画像工学系ならば、処理アルゴリズムを詳述した理論よりの論文と、応用に踏み込み
ソフトウェアの実装やハードの製作・フィールド試験について詳述したシステム論文に分けるなども考えられます。

一本目の論文を簡易検討のみにして、A会議併催のワークショップに投稿するのも良いかもしれません。
当然、ワークショップ発表であっても、本会議参加登録(&本会議参加料支払い)することになるので、
本会議を聴講することが可能です。
たとえば、近々開催されるICCVならば、本会議の他にこれだけのワークショップが併催されます。
http://www.iccv2009.org/
http://www.iccv2009.org/workshops/index.html
ワークショップならば、簡易な検証のみでも採用されることが多々あります
(本当は、そういう「主」ありきで同時期にわざわざ簡易版を出すというのは宜しくないという意見もありますが。
また、業績の評価としてワークショップ発表は本会議発表より低くなってしまいます。先生によっては
ワークショップ発表を嫌う場合もあるので、相談した方がよいでしょう)。

何にせよ、このあたりをふまえて、どのような戦略をたてるか、先生とよく相談した方が良いですね。

最後に、国際会議カレンダーを参考につけておきます。
画像工学系ですと以下が見やすいと思います。
http://iris.usc.edu/Information/Iris-Conferences.html#2010T

ほぼ同じ内容で投稿するのがまずいのは、学会(国際会議)発表でも論文誌でも同様です。

違いを出す方法としては、#1さんのご回答同様、解析データを追加するという方法があります。
また、画像工学系ならば、処理アルゴリズムを詳述した理論よりの論文と、応用に踏み込み
ソフトウェアの実装やハードの製作・フィールド試験について詳述したシステム論文に分けるなども考えられます。

一本目の論文を簡易検討のみにして、A会議併催のワークショップに投稿するのも良いかもしれません。
当然、ワークシ...続きを読む

Q研究業績の proceedings って?

研究者の研究業績に記載されている proceedings って何の記録ですか?投稿論文とも学会発表とも違うようなのですが。

Aベストアンサー

国際会議などで、会議で発表された研究報告(論文)を論文集としてまとめたものです。

Q査読付き国際会議プロシーディングから国際論文へ拡張

情報工学系の学生です。

教授から,以前受理された査読付き国際会議の内容に実験をもうひとつ足す,
もしくは,まだ解析してないデータを付け加えて国際論文へ投稿するように言われました。

しかし,国際論文は学会に論文を提出するときに,メールで「この論文は過去に一度も
投稿したことのない内容です」的なことを書かなければいけません。今回のケースの場合,
「過去に国際会議用に投稿したことはあるが,今回はその内容を元に追加実験をし,
問題点を追求したものです」的ことを書けばベストでしょうか?それともいつもどおり,
一度も出してことないですということを言えばよいのでしょうか?

以前,国際会議の内容と比較して30%以上違いがあれば問題ないと聞いたことがあるので
そういったことも含めて,どなたか経験された方からご意見頂ければ幸いです。

以上,よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

国際論文がジャーナルのことなら、国際会議のプロシーディングと内容がかぶっても構いません。

ただ、同じ内容を複数のジャーナルに投稿してはいけません。
同じ内容を複数の国際会議に投稿してもいけません。

ジャーナルのほうが格上なので、プロシーディングを数本まとめるか、発展させてジャーナルに投稿するケースが多いと思います。

分野や学会によって違ってたらあしからず。

Q論文数さえあれば、教授や准教授になれますか?

教授や准教授になるためには論文数が最低でも20~30は必要という話を聞きます。
でも逆に言えば、これだけの数の論文を出していれば、
どんなに若くても教授や准教授にアプライ出来るものなのでしょうか?

分野にもよりますが、有力研究室に在籍して
博士課程3年とポスドク2年を、学会発表もせずにもくもくと研究だけしていて、
且つ運も重なれば、論文20~30本程度の実験データを出すことは不可能ではないと思います。

例えば、助教や講師といった経歴がなくとも、論文数さえ他の人よりもずば抜けて多ければ、
教授や准教授の公募に通ることは現実的に可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りというだけのことで、それ以上50本ある人も100本ある人も「50本100本(50歩100歩)」ですよ。

学会発表もせずに、と書かれておりますが、学会発表は大事です。研究者間で評価が固まってくるのは、多くの人が注目しているテーマを学会でずばっと発表し、雨あられのような質問を名答で返すような人です。或いは同業者の発表に対して鋭い質問を浴びせる人です。公募のコネは学会で作れ、と云うほど、学会で自分の名前を売り、認めてもらうことは重要です。特に国際学会は重要です。

公募はいまでも、半分以上は「この人を採りたい」と云う候補が居て出されるものだと云われています。「この人を採りたい」と云うような人物であることを学会で大いにアピールされればよろしいかと思います。論文数は足切り最低限程度あれば他の人よりずば抜けていなくてもよろしい。

私の業界では、テニュアトラック制度により、20代で准教授になった人はいますね。30代で教授になるような気がします。これも採用の経緯としては論文数がずば抜けていたからではなく、3本程度の論文の質が認められ、かつ学会での聡明な発言、真摯な態度が業界で広く知られていたからです。

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りという...続きを読む

Q教えて!これも論文の二重投稿??

医学系論文の二重投稿の件について質問です。
3年前に臨床研究のデータを日本の研究会で発表したところ、「優秀演題」として選ばれ、とある日本語の雑誌(研究会誌、査読なし)に日本語で簡単にまとめたものが掲載しました(当然、PubMedで検索してもヒットしません)。その後数年たって、データも追加され、いよいよ本題の英文雑誌に投稿しようとまとめたところ、二重投稿では?と指摘を受けました。
ちなみに3年前に掲載された日本語の論文と、今回の英文の内容は、データこそ増えてるものの、同じような内容です。
ありがちな話ですよね。投稿予定の英文雑誌の規定を見れば早いかもしれませんが、一般論としてはどうなんでしょう。またみなさんどのように対応されているのでしょうか?
詳しい方がいらしたら、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

微妙なところです。

質問者がどうしたいのかにもよります。

誰から言われたのかにもよります。

投稿しようとまとめて、同じ研究者仲間から言われたとしたら、
やめといたほうがよいでしょう。

投稿して、査読者から言われたなら、おそらくその雑誌ではだめです。
他の雑誌に出す場合微妙ですが、できれば内容を膨らませて、
最終的な結論などが異なる(範囲を広げるなど)した方がよいと思います。

基本的には、そのような指摘を受けたら、注意した方がよいでしょう。
(私自身も無査読の国際会議論文とほぼ似た論文を、査読付きの雑誌に投稿したら、
二重投稿だといわれて取り下げた経験があります)。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q修士課程で学術論文、国際会議での発表をすることについて

理系の4回生ですがまだ学会の全国大会でしか発表をしたことがないです。修士課程で自分はアカデミックの世界で生きていけるかということを検討するために、修士2年までにFirst authorで学術雑誌に1報投稿し、国際会議で発表をすると決めようと思うのですがハードルが高すぎると思いますか?力不足だと感じたら潔く企業研究者になりますし、、自分はやっていけると思ったらアカポスを狙いたいです。大学の研究者になるのはそんなに甘くないとか言う意見でもいいのでなにか博士課程進学の決め手になる基準を教えてください

Aベストアンサー

ご専門分野はなにですか? 分野により事情は少し異なるかもしれませんが、
1)国際会議で発表。
はっきり言って、95%の国際会議はバカでもチョンでも発表できます。
・参加費5万円~10万円を払えること。
・会議の開催場所までの旅費が払える。
・英語で申込みができる。英語でポスターが用意できる。
(ポスター発表だったら、これは裏技ですが、英語が話せなくても
 大丈夫です。)
これだけですので、自分が研究職に向くかどうかの判定にはなりません。

2)論文の第一著者
これはむしろ運しだいです。貴方の研究室の1,2年上の先輩が優秀で大きな発見をしたとすると、貴方はたいした努力もしないで、その先輩がやったことを少し条件を変えて測定するだけで論文になる場合があります。この場合でも教授が面倒見のいい人でないと、教授が第一著者で貴方と共著で論文を書いてしまう場合があるので、これも運です。

逆に運が悪いと、貴方がどんなに優秀でも、配属された研究室にすぐに論文になるテーマがない場合、貴方はまず土を耕すことから始めなければならないので、その後に種をまいて、実をつけるのは早くても3~5年先です。貴方が修士でやめれば、後輩が美味しい思いをするかも。
まあ、実をつけない可能性もあるが。

ただ逆にゼロから自分で作った人の方が将来(5年とか10年先)にいい研究者になるかもしれません。だからどっちが運がいいかは微妙です。
【結論】修士の2年間じゃ研究に向いているかどうかは判断できないので、本当に研究者になりたいのであれば、博士まで進むべきだと思います。

ご専門分野はなにですか? 分野により事情は少し異なるかもしれませんが、
1)国際会議で発表。
はっきり言って、95%の国際会議はバカでもチョンでも発表できます。
・参加費5万円~10万円を払えること。
・会議の開催場所までの旅費が払える。
・英語で申込みができる。英語でポスターが用意できる。
(ポスター発表だったら、これは裏技ですが、英語が話せなくても
 大丈夫です。)
これだけですので、自分が研究職に向くかどうかの判定にはなりません。

2)論文の第一著者
これはむしろ運し...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。


人気Q&Aランキング