法律等の書きぶりで「○年○月○日から起算して1年を経過した日」と書いてあることありますが、
「平成23年4月1日から起算して1年を経過した日」の場合はいつになるのでしょうか?
平成24年3月31日? or 平成24年4月1日?

また、「~から起算して1年の日」と「~から起算して1年を経過した日」では日が変わってくるのでしょうか??

これらの解釈等が書いてある本等があれば併せて教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

> 「平成23年4月1日から起算して1年を経過した日」の場合はいつになるのでしょうか?


法律の条文であれば、平成24年4月1日が原則。
民民間などに見られる契約であれば平成24年4月2日が原則。
○法律の条文
民法140条で考えた場合、質問文の要旨である「○年○月○日」は、その日の午前0時から指定している事となる
 ⇒特に法律の施行に書かれている期限は、この点は暗黙の了解。
 ⇒法律の条文によっては解釈の通達が出ており、その場合には通達に従うので、この限りではない
その為、140条の『但し書き』が適用され、原則である「初日不算入」は適用されない。よって、第1日目は初日となり、1年(365日)に達するのは1年後の同月同日の前日、1年を経過した日は1年後の同月同日。
○一般的な契約書
特に起算日を断っていない場合、民法140条の原則が適用されて「初日不算入」となり、第1日目は契約締結日の翌日となる。
しかし、2月某日に契約を締結したが、契約書には『3月1日より適用』見たいな定めをしているのであれば、3月1日が第1日目となる。
http://www.minnpou-sousoku.com/140.html


尚、第143条は何なのかと言うと、年で考える場合であれば、365日の年もあるし366日の年もあるから、『日数ではなく年・年度で考えますよ~』と言う事です。すると、閏年の2月29日弐契約したらどうなるのか?4年後(400年に1回は閏年ではないけれど)でなければ2月29日が存在し無いので、29日が無い場合には2月28日で考える
http://www.minnpou-sousoku.com/143-1.html
http://www.minnpou-sousoku.com/143-2.html

説明が下手なので、文章中に有るURL先を参考にして下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考URLまで付けて頂いてわかりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/30 06:23

#6追加



民間の契約でも、 契約で起算日を当日参入する物も多い。

例 定期券は当日参入
    • good
    • 1

質問自体があいまい。



質問している日が3/31いぜんなら、4/1午前零時からを基準にし、4/1の途中なら、初日不算入が基準となる。
    • good
    • 1

#3



起算日を定めた場合は、法律でも、民間の契約でも
4月1日起算日とすると、 3月31日となります。

契約書で起算日を定めていなければ、原則当日不参入、翌日より起算します
起算日を定めていない契約 4月1日契約の1年後は、4月2に

4月1日起算日として契約1年後は、 3月31日。
    • good
    • 0

民法第143条(暦による期間の計算)



週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。

2 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、
月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。
ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日が
ないときは、その月の末日に満了する。


だから4月1日生まれは、3月31日に満○歳になるので早生まれと言うことに。

1年を経過した日=満1年経った翌日=4月1日ではないかと。
    • good
    • 0

民法第140条  日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。

ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない

とありますので、起算日は含まず翌日から数えることになるので、
平成23年4月1日から起算して1年を経過した日は平成24年4月2日です。
平成23年4月1日から起算して1年の日」は平成24年4月1日になります。
    • good
    • 1

「~から起算して1年の日」 起算日と同日の1年後



「~から起算して1年を経過した日」 起算日の翌日の1年後

したがって平成23年4月1日から
  「起算して1年の日」 は24年4月1日
  「起算して1年を経過した日」は24年4月2日
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書における 1年間とは

(1)本契約の有効期間は、 2012年 2月 10日から、  2013年  2月  9日までとする
(2)本契約の有効期間は、 2012年 2月 10日から、  2013年  2月 10日までとする


どっちが1年間ですか?

Aベストアンサー

法律の先生がお答えしますが、問題の設定の仕方が適切ではな混乱しておられますね。

基本的説明
設問では「1年間とは」とありますが、一年間という期間の定め方は「何月何日から1年間」という定め方の場合を言い、設問のように「何月何日から何月何日まで」という定め方は期間ではなく『期限』になります。
期限の場合、定め方によってたまたま一年だったり一年でなかったりします。


そこで、12年の2月10日という日を考慮した1年間という『期間』についてご教示しましょう。

設問のような場合について、民法は期間の計算について次のように定めています。

まず、民法は期間の計算について140条で『初日を算入せず』と定めています。
これは「今日から何日」というようなことでは「今日」が丸一日ではなくなるため「翌日」を初日として計算を始めるのです。

次に、143条2項により計算し、期間の起算日に応当する前日に満了します。
例えば起算日が12年2月1日なら、応当日が13年2月1日なので、その前日である13年1月末日が期間の満了日です。

それで、上の二つの原則に従って次のようになります。

(1) 12年2月10日に「今日から一年」と定めた場合、12年2月10日は『初日は算入せず』の原則で算入しないので、12年の2月11日から計算し、翌年13年の応当日の前日が満了日。つまり13年2月11日の前日が満了日になりますから、13年2月10日。

(2) 12年2月10日より前(例えば2月8日とか9日)に「12年2月10日から一年」と定めた場合、初日の2月10日は丸々一日あるため期間に算入されます。この場合、翌年13年の応当日は2月10日ですから、その前日の13年2月9日が満了日です。

少し面倒だったかもしれませんが、理解したら至極簡単なことです。

法律の先生がお答えしますが、問題の設定の仕方が適切ではな混乱しておられますね。

基本的説明
設問では「1年間とは」とありますが、一年間という期間の定め方は「何月何日から1年間」という定め方の場合を言い、設問のように「何月何日から何月何日まで」という定め方は期間ではなく『期限』になります。
期限の場合、定め方によってたまたま一年だったり一年でなかったりします。


そこで、12年の2月10日という日を考慮した1年間という『期間』についてご教示しましょう。

設問のような場合について...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q期間の計算について

民法の考え方で
4月30日に「4月30日から3ヶ月」といったらいつになりますか?
単純に7月30日でしょうか?

それとも初日不算入で5月1日を起算日とし,
そこから3ヶ月を数えた8月1日(応当日?)の前日である7月31日でしょうか?

Aベストアンサー

まず起算日は翌日の5月1日(民法第140条)、
そこから3ヶ月後は「暦に従いてこれを算す」
(民法第143条)ということになります。

この民法第143条による計算方法は月の場合

1 起算日の応答日の前日
2 ただし起算日が月の初めの場合には応答月の末日

ということらしいので、7月31日ですね。

Q以内とは

30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?
60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?
契約上の問題などです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?

30日も入ります.

>60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?

60日も入ります.

「以内」だけでなく,「以上」,「以下」についても共通ですが,ある数値や日数を基準にして,その基準を含んで(等しい場合を含む)それより多いか少ないかを表す方法です.
ただし,日本では昔,この意味がけっこうあいまいだったそうです.

数学では,「数値」≦ 「基準値」などと表わしますが,数学の影響もあり,法律の世界でも使うようになっています.
また,表わされた範囲の「30日以内」の外側については,「30日を超える/超過する」という表現がありますし,基準を含まない場合は,30日未満とかとも表現します.
さらに,「30日以内」は「30日を超えない」ということもあります.

Q初日不算入の原則と契約書の日付

誕生日の前日に歳をとる、ことについて根拠を調べていました。
そちらの方は概ね理解したのですが、その過程で気になる点を見つけました。

ウィキペディアの「年齢計算ニ関スル法律」の項
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%83%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E6%B3%95%E5%BE%8B
こちらの脚注に
>「初日不算入の原則」がないと、契約締結した瞬間にその日の
>午前0時までさかのぼってその効果が及ぶことになり、契約締結前の
>ことについても責任を負うおそれが出てくる。ただし午前0時から
>始まる期間の場合は丸一日を使うことができるため、初日も算入する
>(例えば、3月中に締結した契約の中で「4月1日から1年間」という
>規定がある場合は4月1日を起算日とする)。
と、あります。
「例えば」としてわざわざこのような例を挙げているということは、
逆に契約日が4月1日の契約書中に「4月1日から1年間」とあった場合、
初日不算入となり4月2日から翌年4月1日と解するのでしょうか。

実は、これまで私が文面を起こした契約書は、殆どが契約日と期間の
初日が同じなんです。まずかったのかなぁ・・・

誕生日の前日に歳をとる、ことについて根拠を調べていました。
そちらの方は概ね理解したのですが、その過程で気になる点を見つけました。

ウィキペディアの「年齢計算ニ関スル法律」の項
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%83%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E6%B3%95%E5%BE%8B
こちらの脚注に
>「初日不算入の原則」がないと、契約締結した瞬間にその日の
>午前0時までさかのぼってその効果が及ぶことになり、契約締結前の
>ことについても責任を負うおそれが...続きを読む

Aベストアンサー

まず「「初日不算入の原則」がないと、契約締結した瞬間にその日の午前0時までさかのぼってその効果が及ぶ」ということ自体、理解しがたい理屈です。wikipedia の記述は必ずしも専門家が書いてるわけではありませんから、信用できるものではありません。

初日不参入と、期間の始期がいつになるかというのは全く別の話です。

>逆に契約日が4月1日の契約書中に「4月1日から1年間」とあった場合、
>初日不算入となり4月2日から翌年4月1日と解するのでしょうか。

契約の解釈によって異なります。具体的には

・起算日についての特別な合意と解することができるか
・起算日についての合意でないとしても、効力発生をその日の0時にさかのぼらせる合意と解することができるか

の2点で結論が変わります。

一般的に「4月1日から1年間」とあれば、4月1日を起算日として合意したと解するのが普通です。

しかし、例えば、金銭消費貸借などですと、要物契約である以上効力発生を4月1日の午前0時にさかのぼらせるのは無理ですし、取引慣例上、4月1日に1年間の約束でお金を借りた場合、翌年の4月1日に返すというのが普通ですから、その契約文言を、起算日に関する特別な合意と読むには、それなりの事情が必要だと思います。

まず「「初日不算入の原則」がないと、契約締結した瞬間にその日の午前0時までさかのぼってその効果が及ぶ」ということ自体、理解しがたい理屈です。wikipedia の記述は必ずしも専門家が書いてるわけではありませんから、信用できるものではありません。

初日不参入と、期間の始期がいつになるかというのは全く別の話です。

>逆に契約日が4月1日の契約書中に「4月1日から1年間」とあった場合、
>初日不算入となり4月2日から翌年4月1日と解するのでしょうか。

契約の解釈によって異なります。具体的に...続きを読む

Q応当日って...

「1年後の今日」などを表現するとき、「おうとうじつ」
という言葉を使いますが、これに関して質問があります。

1.漢字は「応当日」でいいですよね。「応答日」と書い
てある文書も沢山見かけるのですが、間違いと言い切って
いいのでしょうか。

2.この言葉は「応当する日」なのでしょうか。それと
も、「応ずる当日」でしょうか。または、この質問には
意味がありませんか。

3.「3月31日の翌月の応当日」は4月30日と考える
のでしょうか。それとも、例えば契約書の場合、個々の
契約で決めるべきことなのでしょうか。

広辞苑では分かりませんでした...

Aベストアンサー

「契約応当日(けいやくおうとうび)」ですね

1.2.「応当する日」ということで「応答日」は間違いです。

3.会社のローン担当に聞いてみたら4月30日ということで大丈夫だそうです。
 ただし、それも、会社によって相違があるので一概には言い切れないとのことです。

Q起算日の定義

経理担当者です。取引先の決済条件が月末締め翌月末起算90日現金となっています。この場合の「起算」とはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

※解りやすく説明します。
A・月末締=兎に角月の末日が締日の事を言います。つまり請求書を作成します。しかし末日で締めて今日送る事はできません。

B・翌月起算日=つまり余裕を持たせるため、翌月の末日にした方が都合が良いのです。

C・末日起算して90日に現金と言うことはBの末日から起算して90日メに支払の形になると言う意味です。

D・決済条件として契約・覚書にそのように謳ってあれば従うしかありません。

E・手形の場合で説明します。手形の起算日数は、暦の最終日が28・29・30・31に関係なく30日と決っています。

4月30日請求書締めの起算日が5月31日なら8月31日が支払日になります。手形を回収して銀行へ預け8月31日(営業日ですよ)に現金化されます。

5・上記の場合は手形を預かるのが条件になっていませんか?約束条件が無い取引(口約束)は無いはずです。

6・参考までに取引先もお金が入らなければ支払が出来ないだから都合のよい条件で契約・覚書を交わします。現金・預金の場合は月末25日締めの月末支払でもよいのです。
中小企業に多いケースは上記のような1ヶ月後の末日に起算して90日後に決済の形が多いのです。参考。

※解りやすく説明します。
A・月末締=兎に角月の末日が締日の事を言います。つまり請求書を作成します。しかし末日で締めて今日送る事はできません。

B・翌月起算日=つまり余裕を持たせるため、翌月の末日にした方が都合が良いのです。

C・末日起算して90日に現金と言うことはBの末日から起算して90日メに支払の形になると言う意味です。

D・決済条件として契約・覚書にそのように謳ってあれば従うしかありません。

E・手形の場合で説明します。手形の起算日数は、暦の最終日が28・29...続きを読む

Q「満」って?

教えて下さい。
「満」○歳とか、「満」○年のような表現をする時、
○の中にはどんな数字がはいるのですか?

例えば、2002年(H14)4月に就職した場合、現在勤続3年11ヶ月になりますが、この場合3月末では満何年となるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 期間の計算は「民法」に定めがあります。
--------------------------------------------------------------
○民法

(暦による期間の計算)
第百四十三条  週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。
2  週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。
----------------------------------------------------------------

>例えば、2002年(H14)4月に就職した場合、現在勤続3年11ヶ月になりますが、この場合3月末では満何年となるのでしょうか?

 4月1日に入社されれていれば、3月31日で満4年になります。
 ただし、一般的には「勤続4年」といいますね。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qエクセルで打ち込んだ数字を自動で別シートに表示したい

エクセルでセルに打ち込んだ数字を自動で別シートに表示できる方法があれば、教えてください。

例えば、シート1のC1に5を打ち込んだら、シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される。

また1列すべてを自動で表示させる場合、一つのセルの時と違いがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。

例)例)シート1のC1~C5に何かを入力したら、
  シート2のD2~D7にシート1で打ち込んだものが自動で表示される

  シート1にあるコピー元のセルを範囲選択して、
  シート2のD2の上で「右クリック」⇒「形式を選択して貼り付け」
  をクリックします。

  そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という
  ボタンをクリックすると完成です。
  試してみてください。。

  念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。
  参考にしてみてくださいね。。
  http://www.geocities.jp/office_inoue/excel/eq21.htm

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報