プロが教えるわが家の防犯対策術!

頸椎損傷患者の社会復帰を支援している者です。
30代の男性患者が、C2を損傷して気管切開歴12年になります。
肺の機能は正常で、横隔膜が麻痺しており、僧帽筋を上下に動かして30分ぐらい自発呼吸できます。
今年、鼻マスクを装着して、気切部は閉じることにしました。経過は良好で、カニューレを抜いてすぐに鼻マスクに慣れました。痰も、呼吸器の空気を肺に貯めてうまく咳払いで出してます。
気切部は、二か月経って3ミリまで縮まってますが、ここから動きがありません。
本人は在宅を希望しており、リハビリできる受け入れ病院を探しておりますが、気切部を完全に閉じないと無理との事でした。
局所麻酔して縫えばいいかな、と思っていましたが、大がかりな手術をしないと閉じることができないそうです。
首の肉を太らせてにくげを盛らせようとしましたが、カロリー制限をしているので試していません。
手術するにはリスクが大きいので何とか自然治癒してほしいのですが、何かアイディアはないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 ずいぶん頑張って回復したのですね。


 今の状態であれば、在宅で、訪問看護、訪問リハビリで過ごせるのではないでしょうか。
 気切部が今のままでも、在宅でケアしてくれるところを探すほうが早いように思います。

 その方向で、今の病院のケースワーカーに相談してはどうでしょうか。
 
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気管切開の跡は消せないか?

数年前肺炎を起こして気管切開(のどに穴をあける)をしました。現在は元気でなんともありませんが、縫った跡がのどの真中にはっきり痛々しくあって暑いのに人前ではTシャツにはなれません。この跡というのは消せないものなのでしょうか?何か情報のある方がおられましたらお願いします。

Aベストアンサー

暑いのに、Tシャツになれないとは大変ですね・・。

 私は過去に膝を4回手術しました。1度目の手術の傷跡は大きくなかったのですが、みみず腫れのように盛りあがり、色も赤くなっていました。
 これは、「ケロイド体質」によるものだ、という説明を先生から受けて、私自身は気にしていなかったのですが、やはりスカートだと傷跡が目立つらしく、他の人のほうが気にしていました。
 当時私は中学生で女の子の上、2度目の手術の傷跡は全長15cmにも及ぶものになる、ということを執刀医の先生が考慮してくださり、「2度目の手術以降は傷跡が目立たないように、形成外科の手法で縫います」とおっしゃってくださいました。どういう手法かはわかりません(^^;)
 たしかに、2度目の手術以降は傷跡がもりあがらず、色も2.3ヶ月くらいでうすくなり、半年後には肌の色にもどりました。今ではほとんど気にならないくらいです。

 sasagoiさんの傷跡がどういうものかわかりませんが、形成外科に行って相談されてみると、傷跡をあまり目立たなくする処置をしてくれるかもしれませんよ。

早く解決するといいですね・・。

暑いのに、Tシャツになれないとは大変ですね・・。

 私は過去に膝を4回手術しました。1度目の手術の傷跡は大きくなかったのですが、みみず腫れのように盛りあがり、色も赤くなっていました。
 これは、「ケロイド体質」によるものだ、という説明を先生から受けて、私自身は気にしていなかったのですが、やはりスカートだと傷跡が目立つらしく、他の人のほうが気にしていました。
 当時私は中学生で女の子の上、2度目の手術の傷跡は全長15cmにも及ぶものになる、ということを執刀医の先生が考慮し...続きを読む

Q気管切開の後閉鎖できず、大学病院への転院を勧められましたが…

60代の母が急性大動脈解離で入院して2ヶ月になります。呼吸不全で人工呼吸器管理が必要となり、気管切開をしました。現在、大動脈解離のほうは落ち着いたのですが、担当医の話では気道狭窄のおそれがあり、切開したところを閉鎖する状態になかなかなれないとのこと。理由は母が肥満で喉の周辺の脂肪が付きすぎていることと、長年にわたる喫煙が原因とのことでした。その病院は関東のある県の中では有名な総合病院で、テレビにも登場したことがあります。その病院の耳鼻科の医師とも相談したらしいのですが、そこではもうどうすることもできないとのことで、東京都内の大学病院への転院を勧められました。

大動脈解離は治療できる病院が、気管切開の閉鎖に対応できないというのは、とても意外に思いました。「大学病院にしかできないような、そんな難しいことなのですか?もっと近くに対応できる医師や病院はないのですか?」という問いに、担当の医師は「わりと専門的な処置なので、大学病院しかできない」との説明でした。私の疑問は

1.本当にそんなに難しい処置なのですか?

2.「耳鼻科の医師と相談しながら様子を見ている」との説明でしたが、耳鼻科の医師の専門分野なのでしょうか?

3.勧められるまま大学病院に転院するのが妥当なのでしょうか?

の3点です。どなたかお詳しい方のアドバイスをお待ちしております。
よろしくお願いします。

60代の母が急性大動脈解離で入院して2ヶ月になります。呼吸不全で人工呼吸器管理が必要となり、気管切開をしました。現在、大動脈解離のほうは落ち着いたのですが、担当医の話では気道狭窄のおそれがあり、切開したところを閉鎖する状態になかなかなれないとのこと。理由は母が肥満で喉の周辺の脂肪が付きすぎていることと、長年にわたる喫煙が原因とのことでした。その病院は関東のある県の中では有名な総合病院で、テレビにも登場したことがあります。その病院の耳鼻科の医師とも相談したらしいのですが、そ...続きを読む

Aベストアンサー

ひとまずは大病を乗り越えられて良かったですね。

1.状況が良く把握出来ない為何とも言えません。
  可能性としては、気道の狭窄をきたしている・気道に肉芽が生じている。
  簡単な処置ではないです。

2.耳鼻科の専門分野です。

3.大学病院の転院の目的が、「気管切開の閉鎖」であり、治療法があるなら転院を考えてみれば如何でしょうか?

大学病院の判断と治療法を良くお聞きになり、決められたらいいかと思います。
どうぉお大事になさって下さい。


人気Q&Aランキング