痔になりやすい生活習慣とは?

日本の歴史の中で
いわゆる天下を取った人物
源頼朝からはじまり足利尊氏
織田信長
豊臣秀吉
徳川家康
と時代的には上げられますが
日本国を統一し、
天下人と言われ、
今に続く都市を築き上げた人物は誰だと思いますか?
私は織田信長は抜けかなと思います
あまりに敵が多すぎたし、
たまたま明智光秀に殺されたが、信長の首を狙っていた者は五万といたはずですし、
何より、信長の作った城、町も跡形も無く消され、今も発展している都市が無いからです
安土城のあった場所なんか、
城下町の痕跡すら無いし、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

“今に続く都市”というキーワードでしたら徳川家康でしょう。


元々は都から遠く離れた田舎の土地だった江戸に移封させられた徳川家康が、埋め立て等を行って大きな街を造ったことにより、その後の江戸という街は徳川幕府の時代には世界的にも最も人口の多い都市にまで成長させ現在の東京に至っています。

“今に続く都市”とはなっていませんが、織田信長の業績はすごいです。
城下に街を造るということを行ったのは織田信長です。
それまでは城はあくまでも軍事上の砦であり、兵士たちは通常は自分の田畑で百姓仕事をしながらイザという時に戦場に出て行った形式“半農半士”でしたが、織田信長は百姓の次男、三男を職業軍人として雇い入れ、彼らを百姓仕事から切り離し、プロ戦士にするとともに城の近くに住まわせるようにして“城下町”を造ったのです。
岐阜や安土などでこうした城下町を形成し、これらの城下町では常住人口が多くいて、さらに信長は誰でも気軽に商売ができるように“楽市楽座”政策を行った為、各地から商人たちがやってきて商業が発展し、かなり賑わった街になっていた。
当時はあくまでも“米”が基本だった時に、信長は商業を活性化させ、そこから税金を徴収することによって城下の人々を潤ませ、織田家も潤うという経済に重きを置いた発想で街作りをしています。
残念ながら織田家の時代が終わってしまった為に安土などの大きな街は今は残っていませんが、織田信長の発想は、当時の人達には考えられないくらい突飛なものだったでしょうが、本当はとんでもない業績が含まれているのだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

関ヶ原の戦いがなければ今の東京はないでしょうし、
現在の公務員の制度も基本ベースは、
徳川幕府と変わらないところがありますものね…
明治政府も徳川幕府にいた人間が幕府のいいとこどりで日本国憲法とか内閣とか作ってますしね

織田信長は西洋の文化に興味を持っていたらしいので、革新的な考えの人物だったのでしょうねね…
秀吉が信長の政策を引き継いで行ったと考えると、歴史に無駄な事など一つもないと思います

お礼日時:2011/04/07 14:37

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%AD%A3% …

京都を作った秀吉かな。
本人も頼朝に向かって「百姓から成り上がった俺のほうが 上」なんて言っているし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

秀吉、すごい人物ですよね
謎も多い人物ですが、一般的に言われいる百姓の出で足軽の息子が天下をとる生き様は、
やはり、凡人ではなく本当の天才だったのではないかと思います。
日輪の子ですものね

お礼日時:2011/04/07 14:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q織田信長の前は誰が日本を統一

していたのですか?仮にいないのなら、そのずっとまえでいいので誰か統一していなかったのですか?

Aベストアンサー

織田信長、豊臣秀吉の時代は安土桃山時代で、その前は室町時代、で室町幕府を足利尊氏が京都に開いたので一応、天下人というのかな?しかし、この人はいろんな守護に恩賞を与えすぎて自分の力はそれほどなかった。
その前は、少しだけ後醍醐天皇の親政時代もありました。その前は北条氏の執権時代、更にその前は源頼朝が切り開いた武家政治の時代です。
という訳ではっきりとこの人と言えるのは源頼朝というところでしょうか。アトはその時々の権力争いの繰り返しだったみたいですね。中世の妖怪というやつです。


人気Q&Aランキング