私の友人からの質問なのですが

「74%の硫酸を水300(ml)で希釈して、0.3%硫酸溶液にしたい。74%硫酸は何g必要なのか?」という内容でした。

もしご存じの方がいらっしゃれば、過程の計算もご教示いただけると幸いなのですが…
わかりにくい内容で申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自分なら次のように考えます。



74%を希釈して0.3%にする。
つまり74/0.3=246倍に希釈する。
246倍に希釈して最終的な液量が300mLなので原液の量は300/246=1.22g

ただし、これは0.3%硫酸の密度を1とした場合。(まぁこんだけ薄ければ確実に1でしょうが)
あと加えた硫酸の量は全体から見ると微量なので無視してます。

現場や実験室で電卓を叩いてすぐに答えを出さないといけないようなときは自分は上記のように考えます。正確に計算したいならみなの言うとおり方程式を出して計算してください。

あと実際加えるときは1.22gなんていちいち重さを測るなんてことは普通しない。
74%硫酸の密度をあらかじめ調べておき容量で出す。
74%硫酸の密度は調べてませんがたぶん1.8くらいだと思うので0.6~0.7mlくらいいれたらいいと思います。あと当然ですが水に硫酸を入れてくださいね。逆はダメ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。

質問の内容だけでなく、実際に希釈する際の話もしていただき大変参考になりました。

お礼日時:2011/04/13 09:22

硫酸だと、言葉の選び方が難しくなりそうなので、食塩水として考えてみます。




    食塩水A   食塩水B  混合食塩水

食塩  0.74x  0    0.74x

食塩水 x     300   x+300

濃度  0.74   0    0.003

という表になるので、

0.74x/(x+300)=0.003

という式が成り立ちます。

740x=3(x+300)
737x=900
x=900/737
x≒1.22


というわけで、74%硫酸は1.22g必要
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。

希釈する際の考え方を説明する時の参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/04/13 09:23

No.2 です。


画像添付失敗したので、表(の画像)のみこちらで。
「硫酸の希釈溶液作成に伴う計算」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
エクセルの計算方法は初めて知りましたので、大変参考になりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 09:27

方法その2



Excel は案外便利。

この問題は、「もとの硫酸水は何グラムでしょう」というのが、難しさ。
逆に、「100g 74% の硫酸水 を、水 300ml(300) で希釈すると、濃度は何%か?」という問題はそんなに難しくない。

たとえば、Excel でこんな表になる(計算式省略)
※この表では、結果のところで 100 をかけて、直接パーセントの値になるようにしている。

あとは、Excel の ツール → ゴールシークで、加算後の濃度(この表では 18.5)を、数値入力セルに、目標値を3に、x = の数値の場所を、変化させるセル に指定して、解いてもらえば、答えが表示される。
    • good
    • 0

もとものの硫酸水の質量をxとして、



1.水300ml(多分、300gとして計算するのだろう)を加えた後の溶液の質量を求める
2.加えた後の硫酸溶液が 0.03% であることから、硫酸の質量を求める。
3.一方で、もともとの硫酸水 xg が、74%の濃度であることから、硫酸の質量を求める。
4. 以上で、2.と3.の硫酸の質量は同じものなので、2. = 3. という方程式ができる。
5.この方程式を解く

以上でできあがり。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q濃硫酸の希釈の手順

硫酸98パーセントを希釈して35パーセントの希硫酸500ml作る場合、手順の分からないところがあるので教えて下さい。

わかっている手順を書くと

・硫酸を179ml量る (500×0.35÷0.98)・水を約300ml程度用意して、「氷水の入った水槽の中に1Lビーカーを用意してその中に入れる」
・撹拌しながら硫酸を徐々に入れる (一度に大量に入れたり硫酸の中に水を入れると沸騰して非常に危険)
・最後に500mlのメスフラスコに移して500mlに合わせる (加える水は一度ビーカーに入れてビーカーに残った硫酸を洗い入れる)

これで完成。

分からないのは、
硫酸を179ml量るときにどんな容器で量るか?
そしてその容器の内側には濃硫酸が付着しているが、これは1Lビーカーのように水で洗い、メスフラスコに入れるのか?
その場合、濃硫酸に水を加えるので発熱すると思うのですが、どうするのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば200mlのメスシリンダーに濃硫酸の179mlを入れる。その濃硫酸を少しずつビーカーの水の中に撹拌しながら入れる。入れ終わったらメスシリンダーについている硫酸(量が少ないので発熱などの問題はありません)を少しずつの水で数回洗浄するようにしてビーカーに移す。
ビーカー中の硫酸溶液が室温に達してから500mlのメスフラスコに移す。ビーカーも水で洗浄するようにしてメスフラスコに移す。
最後にメスフラスコに水を加えて500mlに合わせる。

Q溶液の希釈の計算について助けてください!

ある物質が20mMの溶液を別の4mlの溶液中に50μMの濃度で入っているようにするにどのくらい20mMの溶液を4mlの別の溶液に入れればよいのでしょうか?

できればどのように計算したのか教えてくれるとありがたいです。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

希釈前の溶液+水=希釈後の溶液
水を加えているだけなので、物質(溶質)のmolは同じになります。

20mMの溶液をx〔mL〕とって水でうすめるとします。
20×x=0.05×4
20x=0.2
x=0.01〔mL〕
すなわち10〔μL〕

Q10%希塩酸と10%希硫酸の作り方(すいません急いでます)

10%の希塩酸と同じく10%の希硫酸を作りたいのですがそれぞれ水何mlに対して何ml混ぜればよいのでしょうか?学校で習ったような気もしますが、きれいさっぱり忘れてました。ちなみに塩酸は市販の35~37%塩酸、硫酸も市販の98%硫酸です。すいませんがどなたか教えてください。(できれば注意事項等あればあわせて教えていただきたいのですが。)

Aベストアンサー

【塩酸の場合】
 35~37%の中取って36%とします。すると,36%→10%ですから 3.6 倍の希釈です。つまり,塩酸(濃塩酸ですね)10 ml を水に加えて 36 ml にすればできます。

 が,実際は,水 26 ml と塩酸 10 ml を混ぜれば良いでしょう。10%塩酸や硫酸との事ですから,そんなに厳密なものではないと思いますので,多少10%からずれても使用目的には合うと思います。

【硫酸の場合】
 これも同じですね。98%→10%ですから 9.8 倍の希釈で,濃硫酸 10 ml と水 88 ml を混ぜればできます。

【簡単な計算方法】
 今のような場合,簡単な計算方法があります。

  試薬 a%      (cーb) ml
 (高濃度) \    /
        目的c%
       /    \
  試薬 b%      (aーc) ml
 (低濃度,今は水で0%)

 この様に計算して,試薬a(今の場合,濃塩酸や濃硫酸)(c-b) ml と試薬b(今の場合,水)(a-c) ml を混ぜれば,大体目的のc%になります。もちろん,正確にc%にはなりませんので,目的に応じて使い分けて下さい。

【注意点】
 濃塩酸も濃硫酸も水と混ざると発熱します。その結果,濃塩酸の場合は塩化水素ガスが生じ,濃硫酸の場合は突沸します。

 ですので,混ぜる場合は氷水などで容器を冷やした状態で行なって下さい。具体的には次の様にされると良いでしょう。

1)容器に使用量の半分ほどの水を入れておき,これを氷水で冷却します。

2)冷却したまま,濃塩酸(濃硫酸)を少量ずつ加えます。加える度に容器を揺すって,シッカリ混ぜ合わせます。

3)濃塩酸(濃硫酸)を加え終わったら,残りの水を加えて均一にします。

【塩酸の場合】
 35~37%の中取って36%とします。すると,36%→10%ですから 3.6 倍の希釈です。つまり,塩酸(濃塩酸ですね)10 ml を水に加えて 36 ml にすればできます。

 が,実際は,水 26 ml と塩酸 10 ml を混ぜれば良いでしょう。10%塩酸や硫酸との事ですから,そんなに厳密なものではないと思いますので,多少10%からずれても使用目的には合うと思います。

【硫酸の場合】
 これも同じですね。98%→10%ですから 9.8 倍の希釈で,濃硫酸 10 ml と水 88 ml を混ぜればできます。

【簡単な...続きを読む

Q硫酸水溶液の濃硫酸の量を求める問題について教えてください

硫酸水溶液の濃硫酸の量を求める問題について教えてください

0.5mol/Lの硫酸水溶液200mLを、濃度98wt%の濃硫酸から
つくろうとする場合、必要な濃硫酸の量はいくらか。

ただし、H2SO4の分子量は98、濃硫酸の密度は2.0g/cm3とする。


答えは5.0mLです。

考え方、式を教えて下さい。

Aベストアンサー

?.1L中の硫酸量を求める
   1000*2.0*0.98=1960g/L
1960/1000=1.96g/ml
?. 1mol硫酸の量は 98g/Lだから0.5mol 98/2=49g/L
200ml作るのであるから 1000/200=5
従って200mlでは、49/5=9.8g/200mlとなる
 ?.1ml=1.96gだるから比例計算で
   1:1.96=X:9.8   X=5mlとなる

Q濃度計算について教えてください!

濃度計算の方法をわかりやすく教えていただけませんか?

(1)70%の食塩を溶かして、10%の食塩水を作りたい。
水を何g加えればよいか。

(2)30%のアルコール水溶液に水を加えて18%のアルコール水溶液を1000gつくりたい。
30%のアルコール水溶液は何g必要か。

(3)40%のアルコール水溶液50gに30%のアルコール水溶液50gを加えると。何%のアルコール水溶液がつくれるか。

(4)5%の食塩水が60gある。
この食塩水から水を蒸発させて6%の食塩水をつくりたい。
水を何g蒸発させればよいか。





どのように解いていけばいいのかさっぱりわかりません(ーー゛)
初歩的な問題で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して30%、つまり0,3に相当するので
180÷0.3=600

(3)それぞれのアルコールの量をまず計算します。
40%のアルコール水溶液50g→50*0.4=20g
30%のアルコール水溶液50g→50*0.3=15g
従って合計のアルコール量は35gで、溶液全体は100gです。よってその濃度は
35÷100*100=35%

(4)5%が60gあるので食塩の量は
60*0.05=3g
です。これが濃縮後の溶液の6%に相当すればいいので
3÷0.06=50g
まで濃縮すればいいことになります。

基本は
溶けているものの質量÷(溶液の質量)*100
あるいは
溶けているものの質量÷(溶けているものの質量+溶媒の質量)*100
が%濃度になるということです。

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して...続きを読む

Qこの濃硫酸のモル濃度(mol/l)はいくらか

市販の濃硫酸の質量パーセント濃度98.0%,その密度は1.84g/cm3である。
この濃硫酸のモル濃度はいくらか
この濃硫酸の規定濃度はいくらか
この濃硫酸を水で薄めて1.00mol/l希硫酸500mlを作るには、濃硫酸は何ml必要か。

Aベストアンサー

モル濃度とは1L中のH2SO4の物質量です。
ですから、体積を1Lに設定して計算するとわかりやすいです。

1Lの濃硫酸の質量=1000×1.84=1840〔g〕
そのうち98%がH2SO4だから、
H2SO4の質量=1840×0.98〔g〕
H2SO4の分子量は98だから、
H2SO4の物質量=1840×0.98/98=18.4〔mol〕
溶液の体積は1Lだから、18.4〔mol/L〕

規定度はあまり使わなくなった言葉ですが、酸の場合はH+のモル濃度です。
硫酸は2価ですからモル濃度に2を掛けます。

濃硫酸に水を加えてもH2SO4の物質量は変わりません。
1.0mol/Lの希硫酸500mLに含まれるH2SO4は
1.0×500/1000=0.5〔mol〕
したがって、x〔mL〕の濃硫酸にH2SO4が0.5mol入っていればいいです。
18.4×(x/1000)=0.5

Q硫酸を水で希釈する時に発生する希釈熱の求め方

硫酸を水で希釈する時に発生する希釈熱はどういう方法で求めるのでしょうか。
また実用的な計算式のようなものがあれば教えてください。
学問的に調べるのではなく、実際の作業上発熱量を知っておきたいので数パーセントの誤差があってもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 溶解熱:物質1molを多量の水に溶解するときの発熱量または吸熱量。
 H2SO4+aq=H2SO4aq+19.0kcal
 これは、濃硫酸(98g=1mol)を多量の水に溶かしたとき(希硫酸をつくったとき)発生する熱量が19.0kcal/molであることを示す式です。
 aq=aqua(アクア):多量の水を表す。
 使用する濃硫酸の量および、水の量(溶解した希硫酸量)が分かれば求められます。

Q希釈倍率の計算の仕方

ガーディニングをしていますが50倍から100倍で使って下さいと
希釈倍率が書いています。
例えば1Lパックの水にどのくらいの蒸留木酢液を入れたら
良いのですか?ゴミの臭い消しに使います。
いつも希釈倍率がわからず困っています

Aベストアンサー

農薬(質問の木酢液なども含めて)の場合、単純に「全体の水量÷倍数=原液量」でいいんです。
1Lの水に50倍から100倍だったら、
1L(1000mL)÷50倍=20mL
1L÷100倍=10mL
ですので、木酢液(原液)は10mL~20mL入れるといいんです。

ちなみに液体は体積「mL」、固体(水和剤などの粉剤)は重さ「g」で計りましょう。
(今回の場合でしたら、木酢液=液体なのに、10g~20g入れたらダメ!って事)

Q濃硫酸の希釈法を教えてください

 濃硫酸を水で希釈するときは、
・濃硫酸に水を注ぐ。
のは危険なので絶対してはいけなく、
・水に濃硫酸を注ぐ。
ようにしなさい、と高校のときに習いました。しかし、今まで実験室でやってみた経験では、10 mLくらいの濃硫酸に100 mLくらいの蒸留水を一気にそそいで見たところ、発熱はしましたが、高校で「飛び散るぞ」と言われたようなことはなく、少量なら私は「濃硫酸に水を注ぐ」方法でやってきました。
 しかし、大量になると、やはり危険なのだろうと思います。量を限定して、たとえば
「150 gの濃硫酸を1 Lに希釈する。」
ときに、理想的な(お手本となるような)方法を、逐一詳しく、教えてください。自分が聞かれたときに答えられるようになっておきたいですので。今まで、「濃硫酸→水と注ぐ方法はだめだ」と言うのはいろんなところで聞きましたが、「それではどうすればいいのか」を最後まできっちり教えてくれた人がいません。なお、「水を1 L加える」のではなく、「最終的な溶液全体の体積が1 Lとなるように」希釈するやり方です。正確なモル濃度の溶液を調製する方法を知りたいのです。「最終的に溶液の体積を合わせる」ためには、最初は「水に濃硫酸を注ぐ」のでいいかもしれませんが、最後は水を注いで目的の体積にまで希釈しなければいけないと思います。マニュアル化されたような、「これでばっちりだ」というような上記の希釈法(濃硫酸150 g→希硫酸1 L)をご教示いただきたく、お願いいたします。

 濃硫酸を水で希釈するときは、
・濃硫酸に水を注ぐ。
のは危険なので絶対してはいけなく、
・水に濃硫酸を注ぐ。
ようにしなさい、と高校のときに習いました。しかし、今まで実験室でやってみた経験では、10 mLくらいの濃硫酸に100 mLくらいの蒸留水を一気にそそいで見たところ、発熱はしましたが、高校で「飛び散るぞ」と言われたようなことはなく、少量なら私は「濃硫酸に水を注ぐ」方法でやってきました。
 しかし、大量になると、やはり危険なのだろうと思います。量を限定して、たとえば
「150 gの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんが試された方法は生活の知恵的方法です。
これでやれるには条件がありますので、一般化すると非常に危険な事になります。
ぱっと見て判る条件は、
●濃硫酸層の周囲に十分な水層が確保されるので、水蒸気が発生しても冷却吸収される。
●稀釈比が大きいので、すぐに混和してしまえば発熱が分散し、局所過熱が発生しにくい。
●水や硫酸の表面張力に比較して十分大口径の容器で行っていると思われるので、攪拌が起こりやすい。

などが考えられます。
なので仮に試験管などでやったら中身が飛び出す事態が予想されます。

体積濃度の希硫酸を作る方法ですが、計算量の9割程度の水で濃硫酸を稀釈してしまい、希硫酸となって、熱も冷ましてから残りの水で標線にあわせればいいですが、発熱があるようでしたら、少し加えて攪拌しては冷まし・・・を繰り返す必要があります。
面倒くさかったら温度補正を行い、計算量の水で最終稀釈を行う、という方法もあります。
それでは困る程精度を要求される場合には、出来上がった硫酸液を評定する必要がありますので、厳重に標線にあわせる必要はありません。

こんにちは。
質問者さんが試された方法は生活の知恵的方法です。
これでやれるには条件がありますので、一般化すると非常に危険な事になります。
ぱっと見て判る条件は、
●濃硫酸層の周囲に十分な水層が確保されるので、水蒸気が発生しても冷却吸収される。
●稀釈比が大きいので、すぐに混和してしまえば発熱が分散し、局所過熱が発生しにくい。
●水や硫酸の表面張力に比較して十分大口径の容器で行っていると思われるので、攪拌が起こりやすい。

などが考えられます。
なので仮に試験管などでやったら...続きを読む

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング