愛猫(迷い猫だったので年齢不詳。若く見積もっても15歳)が慢性腎不全と診断され治療を続けてきました。1か月前の血液検査でBUN82、CRE5.2。内服薬(フォルテコール(R)1錠とカリウム2袋)を与え、2日に一度250mlの輸液を自宅で施しています。水は飲みますが食欲はなく、ペースト状のフードをほんの少し舐めるだけなので骨と皮です。なんとか自力でトイレには行っていますが、ふらふらです。臭い涎を垂らし始めたのでマヌカハニー+20を与えていたのですが、昨日から涎に血が混じり始めました。

調べてみると、ステロイド注射&投薬での治療で一時的に回復するが再発する、ステロイドは腎不全を悪化させる、とあり、病院に連れて行っていいものかためらっています。

かかりつけの獣医師からは、腎不全のこれ以上の回復の見込みはなく、無理な延命は負担になると言われています。私も無理に長生きさせたくはないのですが、やはり楽になれることであればできる限りのことをしてやりたいです。

この状態でも明日病院に連れて行って口腔内の治療をすべきか(今日は休診日です)、このまま見守ってやるべきか、また、なにかしてやるべきことがありましたら、教えていただきたいです。

今、猫は、静かな部屋の隅に置いてあるベッドでじっとしています。覚悟はしているものの動揺してしまって、乱文ですみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は数年前に飼い猫を腎不全で亡くしています。

14歳になったばかりの猫でした。
亡くなる1ヶ月位前、腎不全がいよいよ悪くなって食欲もかなりなくなってからは、子猫用のミルクを針のない注射器で無理やりあげていました。
それで少しは栄養が採れて生き延びたかもしれません。でも亡くなる数日前などは、私が無理にミルクをあげるのを本当に嫌そうでした。
飼い主としては栄養が採れないことが心配ですが、そんなに嫌がることをしないでそうっと見届けてあげればよかったかな、とも思いました。

あなたの猫ちゃんも、もう自力ではほとんど食べないということなので、かなり弱っていることが想像できます。病院に連れて行くのも猫ちゃんの負担になるのではないでしょうか?そうっと見守ってあげるだけでもいいと思います。でも気になるなら病院に電話して相談してもいいとも思います。

いつ天国からお迎えが来るなんてわからないことですものね。できることはなんてもしてあげたたい気持ちは分かりますよ。
猫ちゃんは十分に食事をしていないので低体温になっていませんか?なるべく暖かくしてあげてくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

悲しいことを思いださせてしまって申し訳ありません。それでもお話いただき感謝いたします。

おっしゃる通り、体温が低いです。毛布をかけて暖めているのですが、ベッドを出て冷たい廊下にいたりして・・・病院嫌いの弱った子を無理やり連れて行って、更にストレスを与えるのはむごい仕打ちのような気がして、どうすればいいのか迷いに迷っていたのですが、電話で相談だけでもしてみようと思います。無理な治療を勧めたりはしない先生ですので。

心中察していただいてありがとうございました。少し泣いてしまいました。今までの思い出や、飼い主として至らなかった後悔が溢れてきて押しつぶされそうなのですが、最期までしっかり彼女のそばにいてあげようと思います。

お礼日時:2011/04/17 20:16

うちの子は去年腎不全で亡くなってしまいましたが、3年闘病して頑張りました。


保護したときから既に腎不全で、その他口内炎や白血病キャリアなど色々抱えていましたが、かなり頑張ってくれました。

毎日の自宅輸液、エポジン注射やチニックなどの貧血対策、コバルジンの吸着剤、抗高血圧アムロジン、や時々吐き気止めや食欲増進剤などなど。
食欲があるうちは缶詰やカリカリに混ぜてあげていました。
食欲が落ちたら、鼻や首からチューブを入れてもらって流動食と一緒に入れていました。

腎臓に悪いけど食べてくれることが先決なので、かつお節、ゆでササミやスープ、パウチ色々、缶詰色々、銀のスプーン、各種試しました。

口内炎に関しては、元気のあるうちに抜歯をして完治しました。
ただ麻酔もあるので、元気なときにしか出来ないですが。。

うちには今現在口内炎歴数年の子もおりますが、1ヶ月半~に一度ステロイドの注射をしてあげています。
この子の場合は抜歯で完治はしませんでしたが、注射の間隔は伸びました。
ステロイド注射は効果テキメン。

痛みのマックス時は血混じりのよだれが出ます。
これでは食べたくても食べられないので、こうなる直前を見極めて注射に行っています。
打ったその日から本当に気分が良いようで、目のくぼみが治り、鼻の乾燥がなくなり、よだれのストップ、カリカリを完食など、見た目にも違いが良く分かります。

痛み、食欲不振、貧血は取り除いてあげたいですよね。
輸液でせっかく楽になっても、痛いのは取れませんし。
うちの子を見ている範囲ですが、ステロイドは効きます。

獣医さんともよく相談してみてください。
猫ちゃん、お大事に。

http://www.gyaos-kingdom.com/info_fra.html

参考URL:http://www.gyaos-kingdom.com/info_fra.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

悲しいことを思いださせてしまって申し訳ありません。それでもお話いただき感謝いたします。

朝一番で、獣医師に現在の状況を伝えたところ、残念ながらもう手だてがないということでした。自宅で輸液だけは続けてあとはそっとしておいてあげて、と言われました。自然にまかせ、住み慣れた我が家で最期を迎えさせたいと思います。

今朝、粗相をしてしまいましたが、今のところ呼吸も安定していてふらつきながらも自力で歩き、水も飲んでいます。マヌカハニーを与え続けていたら出血は止まりました。これで少しでも楽になったならいいのですが。

今までの思い出や、飼い主として至らなかった後悔が溢れてきて押しつぶされそうなのですが、最期までしっかり彼女のそばにいてあげようと思います。

お礼日時:2011/04/18 09:53

今晩は。

胸中お察し申し上げます。我が家の猫ももと野良出身で保護した時には腎不全、猫エイズでした。その子も昨年12月にお星様になりました。しかし本当に頑張ってくれました。khalil様の猫ちゃんも辛いでしょうが余命はあまり長くはないと思いますので、最後まで精一杯の愛情をもって一緒に過ごして頂きたいと思います。私の場合はもう食べられる物は何でも食べさせました。お刺身を細かくしたり、お魚をだし汁で炊き、細かくドロドロにし、片栗粉でとろみをつけ食べさせたり、毎日試行錯誤で何か食べてくれないか?と作りました。特にマグロのお刺身をたたいた物は良く食べてくれました。サーモンのお刺身や、はまちのお刺身も食べさせました。何かで聞いた事があります、猫が好む最後の食材はお刺身だそうです。お刺身を拒否したらもうそれ以外の物は食べられない、と。点滴も毎日通いある日体重が増えるんです。これは腎臓の働きがストップして尿が出なくなり、点滴分が増えるわけです。そうなれば可哀想ですがその日中にお迎えが来ます。私もこの欄でアドバイスを色々な方がして下さいました。(私の質問欄、解答欄は公開してありますので一度読んで下さい)今でも後悔がないか?と問われると難しいものがありますが、その日、その日は精一杯過ごしたと思っています。どうかkhalil様お体を大切に、気をしっかり持ち、飼いネコさんを看病してあげて下さい。お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

悲しいことを思いださせてしまって申し訳ありません。それでもお話いただき感謝いたします。

療法食にこだわらず、食べられるものを与えてください、と獣医師さんから言われておりましたので、食が細くなってきてからは、塩分の高い物(カニかまなど)以外はありとあらゆるものを試してみたのですが、食欲は戻らず、今は食べ物の匂いを嗅ぐのも嫌なようで、口元に持って行っても顔をそむけてしまいます。でも、元気なころ、お刺身が大好きな子でした。ここしばらくはあげていなかったので、明日、買ってきてやろうと思います。

心中察していただいてありがとうございました。今までの思い出や、飼い主として至らなかった後悔が溢れてきて押しつぶされそうなのですが、最期までしっかり彼女のそばにいてあげようと思います。tankochan様の質問欄・解答欄も今から読ませて参考にさせていただきますね。

お礼日時:2011/04/17 20:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫 慢性腎不全の最期の看取り方。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多く、毎日150ccの指示でしたが50cc程入れたところで逃げられたり、全く刺せなかったりで、3日に2回は何とか輸液できていた感じです。腎不全の猫ちゃんを飼ってらっしゃる方のレシピを見て、鱈の茹で汁をあげてみたりスープ状のパウチを買いあさりましたが、それでも飲まず食わずが5日程続き、もうダメなのか…と思いながら、ダメ元で鱈の茹で汁に使った身をあげてみたら(本当は身はダメなのでしょうが食べることが優先だったので)かなりの食いつきがあり、1日に1切れの3分の1程度をあげていたら徐々に食欲が戻り、パウチも1日3袋食べたり、たまに気まぐれでいつものウェット缶を少し食べるまで回復しました。とにかく必死だったので、初めて鱈の身を食べてくれたときはそれはもう本当に嬉しかったです。水も飲むようになりました。

腎不全の診断を受けた1か月半前に、ご飯の後に前足で口を引っ搔く仕草が何日か続いたので、口内炎の疑いを持って1か月前に一度病院に行ったのですが、ポリープとの診断を受けました。見せてもらうとイクラくらいの大きさのできものが1つ、右ほほの口腔内の入り口にありました。悪性だったら切除したほうが良いけど、年齢が年齢なので麻酔で死んでしまうかもしれないし、口にできるものは切除しても再発しやすいから、この子の場合はもう仕方が無いとのことでした。この時の体重は2.6kgでした。

それからも、腎不全の診断を受けた後も、ご飯の度に口を気にしていました。腎不全の進行とポリープはどちらが先かはわかりませんが、口が痛くて食べる量が減り、脱水になり、一気に腎不全の数値が悪くなってしまったのではと考えています。最初は引っ掻きながらも食べていたので特に気にしておらず、他にも2匹いる為いつから食べなくなったのかもハッキリわかりません。半年ほど前から少しずつ痩せてきていましたが、もう歳だからと解釈していました。お恥ずかしい話ですが、食べないことで起こる脱水や腎不全の進行の可能性についても全く無知でした。

今月に入ったあたりから、鱈をあげると歯をギリギリと鳴らすようになり、口からこぼれた身のかけらには少し血がにじむようになりました。それでも鱈は好きらしく、食べていましたが、2週間程前からは口の痛み?か口の不快感が勝つようになり、ほとんど食べなくなったので、あげるのをやめました。
体重はあまり変わらなかったですが、パウチやウェット、たまにカリカリも食べたり、皮下輸液からは跳んで逃げるくらい元気になっていました。

ちょうどその頃に私の健康診断があり、採血のときに何故かいつも以上の痛みを感じました。あの子はこの痛みを背中から毎日受けてるんだ…輸液はただの延命じゃないのか?水も毎日100ccくらいは飲んでるのに、本当に毎日しないといけないのか?この子はそれを望んでないのでは?と迷いが出始めてしまい、毎日しないといけないのに、2日に1回にし、特によく飲む日が続いた4日間は輸液なしにしてしまいました。すると翌日、腎不全の診断を受ける前のあの感じ…低い声で鳴きながらフラフラと徘徊し、外に出たがり、そしてうんちがなかなか出ず、きばりすぎて吐いてしまいました。あわてて輸液を再開しましたが、すでに遅かったようです。最初の時のように、輸液を毎日やればあの復活劇があるはずだと信じて毎日続けましたが、逃げる力がないのか輸液はやりやすく、食欲は低下したまま、パウチを1日に1袋食べる程度で水もあまり飲まなくなり、でも口を引っ搔く頻度は増えていました。
輸液を再開して7日目の夜、家に帰ると、テーブルの上に座ったその子の口から血が垂れていました。近くのこたつにも大きな1滴。真っ赤な鮮血です。その子は小刻みに震えていました。血ははよだれと一緒に少しずつ出てくる感じで、たまに黒い塊もありました。歯の隙間から口の中を見るとまさに血だらけの状態でした。何故なのか訳が分からず、とにかく出てきた血を止まるまでの2~3時間拭いてやり、救急に行こうかと話もあがりましたが、その子自身穏やかだったこともあり、救急は見送りました。(この日の午前中に輸液とビタミン剤と抗生物質を打ちに病院に行っています)しかし翌日から元々弱かった後ろ足が更に軟弱になり、一度歩き出すと次の場所に着くときは倒れこむ感じでした。口からは薄茶色っぽいよだれが出るようになり、口の中もネバネバしているような感じでした。
次に病院に行けたのはその3日後の25日(金)で、先生曰く、ポリープがつぶれたのか歯が抜けたのか、吐血ではなく口の中からです。としか言われませんでした。体重はうんと減って1.7kg。抗生物質とビタミン剤と輸液を打ってもらい帰りましたが、後ろ足が立たずほぼ寝たきりになり、おしっこもそのままするようになりました。1日大匙1杯ほどに減ったご飯もこの日からは一切食べなくなりました。
強制給餌には反対派でしたが、もし食べたいのに痛くて食べられないのなら可哀想だと思いシリンジでお水をあげると、ガツガツと飲んでくれました。スープ状のフードは嫌がりましたが、少し無理やり、大匙1杯ほど飲ませました。たまに口を、カッ、カッと開けるような仕草をします。
昨日の朝は水も嫌がりましたが、また少し無理やり水もフードも飲ませました。夜も同様に嫌がりましたが、水と、フードを小匙1杯程度、あと24日あたりから口内炎の疑いを勝手に持っていたのでマヌカハニーを買って帰り、口腔内に少しずつ塗りました。寝たきりのようで、たまに上体は起こして休んでいるような感じでした。ただ22日頃からほとんど目はつぶっておらず、もしかするとしばらく寝ていないのか…。私の声に対して反応は無く、一昨日、昨日と私がこたつで添い寝をし隣に寝かすのですが、こたつに入りたがるので中に入れ、顔だけ出すようにしてました。どうやって移動してるのか、私がたまに目を覚ますたびに違う場所に寝ころんでました。
そして今朝7時過ぎ、カッ、カッ、の音で目を覚ますと、寝ころんだままこたつの中で口を半分ほど開けて頭を小さく上下していました。感覚が長くなり、止まったのかと思えばまたカッ、カッ、、、、、カッ、と最後は1回だけ動かし、目を開けたまま逝ってしまいました。気が付いてからは2分くらいの時間でした。呼吸困難なのか痙攣なのか、その間は何も言ってやれず、しきりに名前を呼んで体をさすってあげることしかできませんでした。ここ数日の弱り具合から見て、もしかしたら今日旅立つかもしれない可能性も覚悟もあったものの、実際かなり辛いです。
口の周りを拭いて、ブラッシングでボコボコに絡まった毛玉を取り毛並を整え、準備していた猫柄の箱で眠ってもらっています。キレイ好きな子だったのに、ここ数か月は毛づくろいができず、ガリガリなのでブラッシングもできない状態で可哀想でした。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。心の整理がついておらず、あった出来事を全て書いてしまいました。まとめられず。すみません。

肝心の質問なのですが、
①亡くなった後に口の中の状態だけ見ましたら、全体的に白っぽく、舌も真ん中あたりが白く、唾液は粘り気がある感じでした。歯は左側の上の奥歯が右側に比べ2本ほど少ないようでしたが、出血部位は無く、当初の右頬のポリープはありませんでした。
白っぽいというのはやはり口内炎でしょうか?

②もし口内炎であれば、輸液を怠った4日間で腎機能が低下もしくは尿毒症になり、潰瘍ができてしまったのでしょうか?輸液を続けていれば防げたのでしょうか?もしくは続けていても、数か月後いずれは同じ結末になったのでしょうか?

③最期の瞬間のカッカッとなったのは苦しんでない、老衰だと家族は言いますが、そうなのでしょうか?尿毒症の症状なのか呼吸困難なのか老衰なのか…マヌカハニーが溶けきれず詰まってしまったのではと、可能性が絞れません。亡くなる1時間半前に一度起きた時は静かだったのですが、その後いつから始まったのかは不明です。

④5日前くらいからほぼ透明で無臭のおしっこが出ていたのですが、亡くなる直前の2回分は濃い黄色(薄茶色?)でアンモニア臭もそれなりにしていました。残った老廃物を出したのか、強制給餌のフードやマヌカハニーの色がそのままおしっこに出ることはありますか?

⑤診察料が良心的でいつもお世話になっている病院なのですが、最初にポリープとの診断があったとき、年齢からくる免疫力の低下と言われただけでしたが、血液検査を勧めて欲しかったと今になっては思ってしまいます。特に口の中のものは腎臓からの場合が多いと後で調べてわかりました。出血の原因もそこまでさっぱりわからないものなのでしょうか?信頼したいのですが、少し疑心暗鬼になってしまっています。どちらの病院もこんなものでしょうか?

もう終わったことなので今更といえば今更なのですが、間違った解釈があればご指摘願いたく質問させて頂きました。同い年の猫も腎臓の数値が少し高いので、今後の参考にもさせて頂きたいです。宜しくお願い致します。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多...続きを読む

Aベストアンサー

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ白でした。栄養が足りず貧血でしたから。

③老衰でも病死でも、死ぬ間際に発作症状とか痙攣をおこすという話はよく聞きます。それでは?マヌカハニーではないと思います。

④うちの猫は完全食欲廃絶して1週間後に息を引き取りましたが、死ぬ前に垂れ流した尿はやたら黄色で臭かったです。エサはもう食べていないので食物の成分ではない。凝縮された補液の成分(ビタミン、ミネラル等)が出てきたか、最後に溜まった老廃物を一気に出したか、でしょうね。

⑤獣医は確かにヤブも多いので(年配の獣医だと去勢と予防接種くらいしかロクに知らない人もいます。設備の新しい若い獣医にかかった方がいい)そちらの獣医さんがどうか知りませんけど、たとえどんなに優秀な獣医でも動物の診断には限界があります。猫は人間と違って検査や治療に協力的ではないです。体重2kgの弱った小動物にしょっちゅう採血したり、X線だのCTだのMRIだのかけるわけにもいきません。持病で免疫の落ちた老猫には様々な症状もでます。獣医でもうまく説明がつかない症状が出たりします。出血もそんなひとつだったのかもしれません。白黒つけたいお気持ちは分かりますが、あまりこだわらない方がよいのではないですか。

あなたは今、猫を失った上、治療や看護方法に疑問や後悔が残っていて、とても辛い時期だと思います。
でも猫ちゃんはきっと感謝していると思います。17歳まで元気に飼ってもらって、病気になっても飼い主さんが自分を救おうと必死に頑張って、最後まで寄り添ってくれたのですから。

今は静かに亡くなった猫ちゃんの冥福を祈って、残された2匹の猫ちゃんを大切にしてあげてください。(彼らを定期健診にも連れて行ってあげてくださいね。)

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ...続きを読む

Q腎不全末期の猫

4歳のヒマラヤン雌です。一年ほど前より、腎機能が悪くなり近医の信頼できる先生の元で診察治療してもらってきました。介助による食事療法と合わせ、保険を使いながら今できる限りの治療(点滴、内服を含め)を行ってきました。透析や腎移植までは猫の負担考えて最初から選択していません。カリウムが6.2となり最近では死を意識しつつ夫婦二人で覚悟もできてきました。そこで猫の最後ってどういう亡くなり方をするのかが心配になってきました。室内で飼っていて、今はできるだけ側にいるようにはしています。亡くなる前にはけいれんをするらしいのですが、そのときはもうそっと見守るだけでいいのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

末期それも息を引き取る直線の状態を記述します。

亡くなる24時間前から数時間前
すでに自力は歩行は困難です。
猫は寝る時はおおむね体を丸めますが不自然に体を伸ばして横たわっている場合があります。
水も自力では飲みませんのでコットンなどを湿らせて口と鼻の周囲を濡らす程度構いません。
当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。
呼吸はあまり苦しそうではありませんが、時折ゼイゼイします。
目を見開いて居る場合があり、通常の睡眠はもうできません。
時間の感覚はありません。
撫ぜるとまだゴロゴロと鳴きます。
かろうして動く事はありますが、すぐに横になります。

亡くなる数時間前
反応が鈍くなります。
撫ぜると反応があったりなかったりです。
呼吸は浅いです。
失禁は何とも言えません。


亡くなる直前
軽い痙攣があります。
良く見ていないと気がつかないときもあります。
少し咳き込む感じです。
大きな痙攣が出来るほどの体力も残っていないのです。
数分から10分程度で死を迎えます。


死亡後
体毛に覆われているのであまり冷たくなる感覚はありませんが、目は開いた状態です。
口もやや開き気味で舌が見えます。
若干失禁の後があるでしょう。
次第に死後硬直がはじまります。
1時間から2時間もすれば、死んだ直後はだらんとした体がパンパンに張ってくるのが分かります。
この時点で本当に死んだのだと思います。

さらに数時間で死後硬直は解けますがこの時には確実に体の中では腐敗が始まっています。
夏場ならかなり早いとお考えください。


>そのときはもうそっと見守るだけでいいのでしょうか。
「もうがんばらなくて良いから、ゆっくり寝るんだよ」と声をかけて撫ぜてください。
それで安心して旅立ちます。

末期それも息を引き取る直線の状態を記述します。

亡くなる24時間前から数時間前
すでに自力は歩行は困難です。
猫は寝る時はおおむね体を丸めますが不自然に体を伸ばして横たわっている場合があります。
水も自力では飲みませんのでコットンなどを湿らせて口と鼻の周囲を濡らす程度構いません。
当然固形物は食べる事もできません。また錠剤の薬を飲み込む力もありません。
呼吸はあまり苦しそうではありませんが、時折ゼイゼイします。
目を見開いて居る場合があり、通常の睡眠はもうできません。
時...続きを読む

Q老猫 尿毒症の末期 (安らかな最期を…)

餌を食べなくなった老猫(22歳)を病院につれて行ったところ、腎不全から尿毒症を患い口内潰瘍ができていたためでした。
腎臓病とはもう5年以上前からわかっていたのですが、この年まで頑張って生きてくれたので老衰で静かに召させると思っていただけにショックで仕方ありません。
数値も計測が出来ないほどの高さで、この状態で頑張っているのが不思議なくらいだと先生はおっしゃっていました。
尿毒症も末期とのことですが、体力的にはまだ末期の状態ではありません。(下記参照)
ストレスのある延命はやめようと常々言っていたのですが、やはり何もせずにはいられずに大っ嫌いな病院での点滴をうけることにしました。
しかし、本当に病院嫌いで今回のこんな状態でさえも待ち時間一時間以上鳴きっぱなしでゲージを掘って逃げようと爪を割るほどの嫌がりようです。
多少の延命より終末までの身体的苦痛をとりのぞき安らかな死を望んでいますが、まだ生への執着のある行動をするためにどうしたらいいのか悩んでいます。
どうみてもこれはダメだと思える状態なら点滴(延命?)もぜず逝かせてあげたかったのですが…
教えていただきたいこと、ご意見をいただきたいことを箇条書きにいたしますので、どうかよろしくお願いいたします。

・今の状態:食べられなくても食欲(餌場に行きねだるような声を出す)はある
      多少ふらついても歩ける(50センチほどの高さに飛び乗れる)
      トイレの粗相もない
      先生に抵抗し威嚇する

※これからの点滴は毒素を薄める(??)ものと栄養の補給だと思われます…これを踏まえていただき)

 ・注射にて水分的な栄養はとれても口から栄養・水をとらないと近いうちに死亡する?
 ・反対に口から栄養が取れても尿毒症から死亡する?
 ・奇跡的な考えを言えば点滴にて毒素が薄まり(?)それによって口内潰瘍が良くなり、口から食べられるようになればまだ生きられる?(これでさえ多少の延命ですか?)

 ・数値としては明日死んでもおかしくないとのことですが、徐々に弱っていくのではなく今の状態でも明日急に死亡してしまうことはあるのですか?
 ・食物を欲する素振りは生きたいということなのか、本能なのか、お腹がすいているためなのか
   (変な質問ですいません。でもお腹がすいて食べたいとは末期の行動には思えなくて…)
 ・食べたい素振りがあるなら嫌がっても(潰瘍のために痛い?)流動食を強制的に与えるべき?
 ・尿毒症で死亡するとはどういうこと?(たとえば食べられなくなり餓死するなど)

 


慌てて頭に浮かんだことを羅列いたしましたので乱文をお許しください。
泣いてばかりいるダメな飼い主です。

※病院に行く前に投稿をさせていただいた質問をまだ締め切っていない状態です。
ご回答くださった皆様が閲覧されましたら申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください。

餌を食べなくなった老猫(22歳)を病院につれて行ったところ、腎不全から尿毒症を患い口内潰瘍ができていたためでした。
腎臓病とはもう5年以上前からわかっていたのですが、この年まで頑張って生きてくれたので老衰で静かに召させると思っていただけにショックで仕方ありません。
数値も計測が出来ないほどの高さで、この状態で頑張っているのが不思議なくらいだと先生はおっしゃっていました。
尿毒症も末期とのことですが、体力的にはまだ末期の状態ではありません。(下記参照)
ストレスのある延命はやめようと...続きを読む

Aベストアンサー

病院側が通院しなさいと仰っているのだから

諦めてはダメですよ。

猫ちゃんも、もっともっと生きたいはずです。

尿毒症は、体から毒素を出せば回避できます。

毒素を出すために点滴が必要ならば可哀そうですが

後で悔いが残らないよう出来る範囲で出来る事をしてあげて下さい。

内の猫の病院は昼間の往診がありますが、

そこは往診されてないのでしょうか?

家の中で輸液してもらう方法は?

ストレスなく輸液出来たらいいですが。

お水は飲んでますか?

先の方の仰る通り水分で毒素を外に出すようにしてください。

温めのお水とか内の子は好きですよ。

注射器で口の端から飲ませるとか、

いろいろ試して下さい。

お大事に

Q慢性腎臓病の猫 食べてくれない  たすけて

14歳 昨日 慢性腎臓病と診断されました

水はたくさん飲んでいます が 猫缶もカリカリもほとんど食べないので強制的にシリンジでいれたりしましたが

苦しそうなのでやめました いろいろ猫缶 しらすぼしかつおぶしかにかまささみおさしみなど買っても口にしません

輸液だけではだめだとおもいます 経験者様  なんでもいいのでたべてくれたものをおしえてくださいませ

もう死ぬのをまつのみなのでしょうか?

なにかいいものはないでしょうか?

口からは体からは毒素の臭いがしてたまりません クレメジンしかもらっていません

よろしくお願いします

Aベストアンサー

NO.4です
一週間に一度では少ないと思います

ウチでは4kgほどの♂でしたがまき散らすような嘔吐の症状が出た直後は
最初の2カ月は250cc毎日でした(体重当たりから言えば少なめでしたが
毎日のことでしたので)

その後125ccにして毎日 3カ月後にはそれが2日に一回
最終的には週二回をずっと維持しました

幸い保険もあるようなので(輸液の購入に適用されるのかは知らないのですが)
症状が一見してわかるようなうちは毎日でもやった方がいいのではないでしょうか

繰り返しますが治療ではなく体液内の毒素の割合を輸液を入れることで薄めるだけの
作業です 心臓や他の臓器の負担になるので入れ過ぎは絶対よくないですが入れられ
る範囲ではなるべく多く入れてあげてください

Q腎不全の猫、口を痛がりエサを食べないが、腎不全と関係ありますか?

腎不全と診断され、2週間入院後、退院して自宅へ連れ帰りました。
その後、4・5日でまた容態が悪化し、
1週間再入院しました。

その後、退院し、現在退院後4日目です。
毎日ほんのひとくち薬入りのフードを食べるだけです。
(薬はコバルジンと書いてあります)
水はたくさん飲んでいます。

フードを口に含むと、すごく痛がり、
うなりながらエサを噛み、それ以上はまったく食べません。

これは、腎不全と関係があるのでしょうか。
それとは別に、口内炎のようなものができているのでしょうか。

また、最初の入院費用が10万円、次の入院が5万円かかってしまったので、
正直金銭的につらいです。
自宅での点滴や、その他有効な治療方法で、
費用が抑えられる方法があれば、合わせて教えて下さい。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

フードはドライフードでしょうか?ウェットフードでしょうか?
ウェットフードなのであれば、口を開かせて、硬口蓋(口の中の上のほう)にフードを塗りつけてやる感じで食べさせるのが普通です。
それで、よほど食べるのが嫌な場合じゃなければ飲み込んでくれます。
もう一つ、鼻のすぐ下あたりに物がくっつくと、舐めてしまう習性を利用する方法もあります。
こっちで食べてくれるならその方がいいです。
ドライフードなのであれば、少量のお湯でふやかし、すりつぶして同じようにしてあげればいいです。

また、フードは、低リン、低Naで腎臓にやさしいものをあげてるのでしょうか?
今までと同じフードだと無意味です。
腎不全や尿路疾患の病気の多くは、食事が原因です。
市販の安いフードを与えていませんでしたか?
市販の多くの商品は、食べることによって病気に近づけるものがほとんどです。
実際に私も市販の安いフードを与えてました。
その結果、尿路疾患にさせてしまい、それ以後は、4kg6000円のフードを与えています。
確かに値段ははりますが、飼い主である以上、それぐらいのことをするのは、当たり前だと思うのです。
それが飼い主としての責任だと思うのです。

退院後の食事指導などは受けませんでしたか?
水をたくさん飲むのは、腎不全の特徴です。
腎不全については、以下の動物病院の先生が詳しく説明してくれています。
http://homepage2.nifty.com/tets2/
左のメニューから「犬猫の病気」というページに書かれています。
こちらの獣医さんは、自分の患者でなくても、ネット相談に親身に答えてくれます。
私も何度もお世話になりました。
今までに行った治療法と状態を詳しく説明して、相談されてみてもいいかもしれません。
病気についてのページだけでなく、他のページも見てみてください。
とても参考になることが多く書かれています。

また、通われている動物病院を変えてみるのも一つの手です。
親身になって話を聞いてくれる、治療を行ってくれる、そういう獣医さんを見つけていただきたい。
動物保険には入っていないようなので、どうしても実費になってしまいますが、
上記のような獣医さんなら、ネコちゃんにとって最善の治療法を見つけてくれ、また飼い主さんにとっても無理のないように配慮してくれます。

お金は無くなっても稼ぐことができますが、命は無くなると、もう二度と返ってきません。

ネコちゃんが早く元気になることを祈っています。

フードはドライフードでしょうか?ウェットフードでしょうか?
ウェットフードなのであれば、口を開かせて、硬口蓋(口の中の上のほう)にフードを塗りつけてやる感じで食べさせるのが普通です。
それで、よほど食べるのが嫌な場合じゃなければ飲み込んでくれます。
もう一つ、鼻のすぐ下あたりに物がくっつくと、舐めてしまう習性を利用する方法もあります。
こっちで食べてくれるならその方がいいです。
ドライフードなのであれば、少量のお湯でふやかし、すりつぶして同じようにしてあげればいいです。

...続きを読む

Q強制給餌せずに猫を亡くした方に質問です

現在うちの猫の、命の火が燃え尽きようとしています。2年前のちょうど今頃、里親として引取った時は7歳ときいていました。が、とても7歳とは思えず、病院でも「10歳はこえてる」と言われました。

今年の秋頃から食欲が目に見えて落ち始めました。検査の結果、腎臓をはじめ、致命的な数値ではないが全体的に良くない、実年齢は不明だが、体は完全におばあちゃん猫で、総合的に見て老衰だろうとのことでした。

家に来た時とても弱っていて、もしかしたら春まで持たないと思っていたのにびっくりするくらい元気になったこと、それでもどこかはかなげで、きっと長くは生きられないだろうと予感していたことから、「点滴は食欲が回復する限りは続けよう、全く食べられなくなったら、あとは見守るだけにしよう」という結論に行きついたのは、私の中ではとても自然なことでした。

食べ物を口に持って行くと、「私にはもう必要ないの」という風に、静かに顔を横に向けます。寝床をのぞけば、穏やかな深い瞳でじっと見つめ返します。私はただ泣くだけで、まるで猫の方がお母さんみたいです。

こうなる前までは、私も猫に食べさせる努力をしてきました。品を変え、場所を変え・・・。それでも、強制給餌まではしませんでした。なぜしなかったのか、もっと生きられたかもしれないのに、あきらめが早すぎないか?今になって、心の中でいろんな声がします。それでも、なぜでしょうか、この子にはできない、そう感じてしまったのです。

同じような気持ちで猫を亡くした方はいますか?後悔していますか?人と比べる問題ではないとじゅうぶん承知していますが、ふと、誰かにきいてみたくなりました。

現在うちの猫の、命の火が燃え尽きようとしています。2年前のちょうど今頃、里親として引取った時は7歳ときいていました。が、とても7歳とは思えず、病院でも「10歳はこえてる」と言われました。

今年の秋頃から食欲が目に見えて落ち始めました。検査の結果、腎臓をはじめ、致命的な数値ではないが全体的に良くない、実年齢は不明だが、体は完全におばあちゃん猫で、総合的に見て老衰だろうとのことでした。

家に来た時とても弱っていて、もしかしたら春まで持たないと思っていたのにびっくりするくらい元...続きを読む

Aベストアンサー

22歳で大往生(そう思いたいです)した家の先代は、歯の調子が悪くなったのが最初でした。
やわらかいレトルト風のもだめで、それをミキサーにかけてどろどろにしていましたが、最初のうちはお代わりをするくらいだったのが、やはり最後は全然食べてくれなくなりました。
私もはじめは必死で無理やり注射器などで入れようとしましたが、それさえも猫にとってはストレスになると思い、最後は本人?の気の向くままにしておきました。
確かにもっと何かできることがあったのかもという思いは猫に限らず人間に対してもあると思います。
でも書かれているように「私には必要ないの」と顔を横に向けたのなら、それが人間で言う尊厳死なのでは?
うまい文章でなくてすみません。
でも最後優しい人に看取られて逝けるのならそれが一番幸せなことではないでしょうか。
後は静かに見守ってあげてください。

Q猫が3日ほど餌を食べてくれません。。。マジにやばいです

15年以上飼っている老猫です。

ここ数日まともに餌を食べてくれません。
口内炎を煩っているので、普段から食べるのは大変そうなのですが、もうそれは何年も続けてきたので今更では無いと思うのですが。

とにかく、痩せはじめて、体力も無くなってきています。一応、食欲の出る薬は毎日飲ませているのですが。。。(口内炎用に)

普段はドライフードなのですが、肉を買ってきたりしてみましたが、それも食べてくれません。昨年、もう一匹の猫を同じように亡くしているので、なんとか、餌を食べてもらって、栄養をつけてもらいたいのですが、何かいい方法はないでしょうか?

このままでは、本当に体力の限界です。お願いします。助けてください。

流動食とかいい方法ないでしょうか。。。今の状況は本当本人も「死」を待っているだけみたいな状況なんです。

Aベストアンサー

30年来、ネコを飼いつづけている者です。

年齢もあるのでしょうが、いくつか方法を挙げます。
なんとかよくなればと願いを込めて投稿します。

1、口をこじあけて、口の内側にやわらかく練ったごはんを塗りつけてしまってください。ぐはんは、消化の良いもの、体にいいもの(レバーのペーストがおすすめ)がよろしいかと思います。

2、水分も同様です。鼻のかわきに注意してあげて、水分を近くに置いてあげておいてください。


最後に、おもらしをする可能性があります。おこらないであげてください。それと共に、寿命が近いことをわかってあげてください。

がんばって元気になることを祈ります。
 

Q我が家の猫が腎不全と診断され、その後のことでご相談

オス猫で、我が家に18年います。もともと捨て猫でしたので本当の年は分かりませんが、拾った時にお医者に連れて行ったら「たぶん1歳くらいですね」とのことだったので、この猫は19歳くらいのおじいさんです。

ここの所、腎不全の症状が現れましたので病院へ連れて行ったところ、やはりその病気になっておりました。
今まで、家で皮下輸液の治療を1ヶ月半ほど続けてきました。
その間1回お医者に検査に行き、血液検査の結果は良好(と言うか、悪い方へは向かっていない)と言われ、安堵したのですが・・・。
最近、この猫の態度がおかしいです。
暗い所で眠り、ご飯とトイレの時に起きてきて、用事が済むとダダーッと走って暗い部屋へ行ってしまいます。

もしかして、皮下輸液が嫌いで(確かに少し暴れています)、もう飼い主が嫌いになって逃げているんでしょうか?
それとも、猫にも認知症みたいなのがあって、だんだんそのようになってしまうのでしょうか?

ずーっと、とても可愛がってきた猫です。
もし腎不全の治療が猫の恐怖になっているのなら、治療中止も考えたいですが・・・でもどんどん具合が悪くなるのを見ているだけっていうのも怖い気がします。

腎不全の猫ちゃんのことに詳しい方、我が猫の行動をどう思われますか?似たような経験のある方いらっしゃいませんか?
どんなことでも構いませんので、いろいろとお話を伺えたらと思います。よろしくお願いします。

オス猫で、我が家に18年います。もともと捨て猫でしたので本当の年は分かりませんが、拾った時にお医者に連れて行ったら「たぶん1歳くらいですね」とのことだったので、この猫は19歳くらいのおじいさんです。

ここの所、腎不全の症状が現れましたので病院へ連れて行ったところ、やはりその病気になっておりました。
今まで、家で皮下輸液の治療を1ヶ月半ほど続けてきました。
その間1回お医者に検査に行き、血液検査の結果は良好(と言うか、悪い方へは向かっていない)と言われ、安堵したのですが・・・。...続きを読む

Aベストアンサー

ウチのは皮下輸液始めて3年半がんばってくれた子が一番長かったかなぁ。
最後は別の病気でしたね。もうちょっとで18歳でした。

腎臓の機能がどれほど残っているかによるのでしょうけど、増血の方は大丈夫
だったですね。脈も血圧も比重も最後まで数値維持してくれました。
腎臓関係でやっていたのは輸液とクレメジン(200mg×2回)でした。

大らか過ぎる子だったのもあるのですけど、ほとんど嫌がることが無かったですね。
夏はそのままですが、冬は体温まで輸液を温めてカーテンレールにS字フックでひっかけたら
連れて来ます。机の上でクッションに寝かせて、アルコール消毒。
皮膚をつまんでテントのように三角になった所に、寝ている身体と並行(床と並行)にバタフライ
を切っ先を上向きにスッと射すとビクリともせずおとなしくしてたなぁ。(涙)
あとは抱え込んであげるように鼻先ぐりぐりやったり、のどを指4本でコリコリやっていれば
ゴロゴロ言ってじ~~っとしてた。(涙)
シリンジに輸液を注入する時だけは両手を離すんで、「終わったか?」ってな感じで動こうと
するんですけどその時は体ではなく頭をぱっと抑えれば逃げることはなかったです。一人で十分
出来ました。
参考になってないですな。

腎臓の機能低下は不可逆なのは御存じの通りです。「猫の寿命なんだからエゴで・・・」というひと
少なくありません。でもこれもご存じのとおり猫の腎臓は弱いんですよね。運動も毛艶もまだまだ
いけてるのにまして輸液という腎臓の負担軽減手段もあるのになにもしないなんて考えられませんよね。

いつか悲しい日が必ず来てしまうんですけど、痛みや気持ちの悪さを精一杯軽くしてやる行為は
自分を納得させる意味もあります。こういうとまた「人間のエゴで・・」としたり顔で言う人出てくる
のですけど、ネコ側は「生きたい」はあっても「死にたい」はありませんから、愛情が大前提で自信を
持って出来ることはしてあげましょう。

ウチのは皮下輸液始めて3年半がんばってくれた子が一番長かったかなぁ。
最後は別の病気でしたね。もうちょっとで18歳でした。

腎臓の機能がどれほど残っているかによるのでしょうけど、増血の方は大丈夫
だったですね。脈も血圧も比重も最後まで数値維持してくれました。
腎臓関係でやっていたのは輸液とクレメジン(200mg×2回)でした。

大らか過ぎる子だったのもあるのですけど、ほとんど嫌がることが無かったですね。
夏はそのままですが、冬は体温まで輸液を温めてカーテンレールにS字フックでひっかけた...続きを読む

Q猫の口から出血が

7歳のオス猫なのですが、口の中から大量の出血が。
鼻血などはありませんが、口の中がドロドロの血で真っ赤になり、あごの辺りまであふれるほどです。
鼻血などはありませんし、他に体などの出血はありません。
口の中を見たのですが、とくにみあたるような傷もありませんでしたが、直前にドライタイプの餌を食べていました。
それが原因かどうかわからないのですが・・・。
とりあえず出血は大分落ちつきましたが、とても不安です。
現在、足の骨折の治療のために一日1~2回、獣医から処方された痛み止めを飲ませていますし、最近餌を全てダイエットフードに変えました。
副作用や、他に何か原因はあるのでしょうか?

田舎なので、車で3時間以上行かないと夜間獣医にもかかることもできません。
以前、全ての獣医に電話を掛けてみましたが、通じませんでした。

初めての状況でかなり不安です。
今できること、原因、同じような症状を経験されたことがある方がいましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
質問を読んで、回答もまだないし・・・気になったもので。
下記URLに夜間診療の動物病院が載ってます。
行けなくても電話でアドバイスくらいはもらえるんじゃないでしょうか。
なにもせずにいるよりもマシかなと思ったのでお知らせしました。

ネコちゃん、大事に至らないといいですね。

参考URL:http://www.vets.ne.jp/yakan/yakan.html

Q腎不全末期猫に輸液が必要な理由は?

腎不全末期ですが、まだ寝たきりではなく、食欲も普通くらいにある状態で、嘔吐もほとんど無い、高齢の猫です。

知識がないので教えて下さい。
獣医さんから毎日輸液をするように言われています。

現在、自宅で皮下輸液(電解質輸液)を200mlずつ毎日していましたが、輸液を始めて2週間目あたりから胸水と肺水種になりました。
輸液の量を調整しながらでも、今後も輸液はやはり必要だと獣医さんに言われました。

獣医さんは尿毒症の予防のために輸液が必要。と言われました。
皮下輸液は、尿毒症の「予防」だけのためのものでしょうか?

もし、経口から水分が足りる分を毎日摂取できるとするなら、輸液というのは必要ないものでしょうか?

私の周りの人達は、動物と暮らしてない人が多いので、「そこまでするか…」とか、人間の医療関係の仕事の人からも「余分なものを入れないほうがいいのに…」とか、色々言われています。

そうは言っても、獣医さんが輸液が必要とおっしゃるので止める気もないのですが、でもひょっとして、余計なことを猫の体にしているのか、心配になってきました。。。

延命はしたくないが、猫の体や精神が、毎日少しでも楽になるようなことをしてあげたい。というのが私の猫に対する一番の望みです。

■質問したいこと■
1:皮下輸液は、尿毒症の「予防」だけのためのものでしょうか?
2:経口から水分が足りる分を毎日摂取できるとするなら、輸液というのは必要ないものでしょうか? それ以外でも輸液でしか補えないものがあるのですか? 
3:輸液はやっぱり必要不可欠なのでしょうか? 

どうぞよろしくお願いします

腎不全末期ですが、まだ寝たきりではなく、食欲も普通くらいにある状態で、嘔吐もほとんど無い、高齢の猫です。

知識がないので教えて下さい。
獣医さんから毎日輸液をするように言われています。

現在、自宅で皮下輸液(電解質輸液)を200mlずつ毎日していましたが、輸液を始めて2週間目あたりから胸水と肺水種になりました。
輸液の量を調整しながらでも、今後も輸液はやはり必要だと獣医さんに言われました。

獣医さんは尿毒症の予防のために輸液が必要。と言われました。
皮下輸液は、尿毒症の「予...続きを読む

Aベストアンサー

獣医師です。
本来は、かかりつけの先生に納得できるまでわかりやすく説明を求めるのが一番だとは思うのですが、簡単に回答すると、

1.皮下輸液は、尿毒症の予防+身体の脱水改善が目的です。

2.腎不全の猫ちゃんは、毎日水をたくさん飲むので、見た目に脱水になっている気はしないかもしれません。ですが、腎臓の働きである「必要な水分の再吸収」があまりできていないので、経口摂取した水分は身体を素通りし、細胞レベルでは脱水をしている状態です。
…なので、皮下輸液を行い、尿量をさらに増やして尿毒症を予防し、身体の脱水を改善することが必要になります。

3.残念ながら、腎臓は機能しなくなった部分が良くなる臓器ではないので、腎不全とわかった時点で、いかに機能している腎臓の部分を長く使っていくかがとても大切になります。
皮下輸液、内服、腎臓処方食、これら(全てできれば最も身体の負担は軽くなります)を組み合わせて治療していきますので、ご自宅で皮下輸液ができるのなら、してあげると身体への負担はかなり軽くなるのではないでしょうか。決して余計な事をしているわけじゃないですよ(^^)

ちなみに、皮下輸液の点滴量は一日で吸収される量が基本なのでマメに体重測定してあげることをお奨めします。

獣医師です。
本来は、かかりつけの先生に納得できるまでわかりやすく説明を求めるのが一番だとは思うのですが、簡単に回答すると、

1.皮下輸液は、尿毒症の予防+身体の脱水改善が目的です。

2.腎不全の猫ちゃんは、毎日水をたくさん飲むので、見た目に脱水になっている気はしないかもしれません。ですが、腎臓の働きである「必要な水分の再吸収」があまりできていないので、経口摂取した水分は身体を素通りし、細胞レベルでは脱水をしている状態です。
…なので、皮下輸液を行い、尿量をさらに増やして尿...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング