ODの概念がいまいち理解できないので質問させてください。
私の知るところでは、
「1ml溶液における1cm光路長あたりのUV260nmの吸光度を意味する」
たとえば1mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0.5だった場合、0,5ODというところまでは分かります。
では、0.2mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0,5だった場合、何ODになるのでしょうか?

"1ml溶液における~"という言葉に惑わされているのか、慣れない単位だからかで混乱してしまっています。どなたかご教授お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>慣れない単位だからかで混乱してしまっています。


 吸光度は、測定した値そのままで、単位はありません。比重に単位がないのと同様に。
ですから、0.5 ODではなく、「吸光度は、0.500」と表現します。また、ODと吸光度は同じ意味です。
 光路長(セルがの厚さ)が10cmのものを使えば、吸光度は10倍になりますので、機械に表示された値そのままが吸光度です。一般的には、光路長が1cmのものを使いまので、モル吸光係数や1%濃度のもの(E1%1cm :適切に書き表せませんが)は、1cmのセルで測定した値で表示しています。

>「1ml溶液における1cm光路長あたりのUV260nmの吸光度を意味する」
液量は無関係で、光路にサンプルが満たされていることが不必要です。また、260cmはUVですから、蛇足です。論文を読んで貰えば分かりますが、「吸光度は、260nmで測定した」と簡潔に表現してください。1cmのセルで測定しているのは、暗黙の了解です。同じ試料でも波長によって変わるので、波長は不可欠です。

>たとえば1mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0.5だった場合、0,5ODというところまでは分かります。
では、0.2mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0,5だった場合、何ODになるのでしょうか?
「何OD」の表現は、不適切。「吸光度は、いくらでしょう」
 吸光度は、光路長に比例し、濃度に比例します。すなわち、液量が変わっても、変化しません。液量が少なくなれば、セルの光路に液が当たらないので、不正確な値がでます。液が増えれば、セルるから溢れるだけです。。
 サンプルを希釈や濃縮すれば、濃度が変わるので、それに従って吸光度は変化します。
    • good
    • 2

Optical Density



吸光度と同義ですので、
被検溶液の1cm光路長あたりの測定波長における吸光度を意味する
ですから

吸光光度計で測定した値で、
>0.2mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0,5だった場合、何ODになるのでしょうか?
は意味を成しません。

0.2mLに溶解した場合
1mLに換算して、0.5×1/0.2=2.5を意図されているのかもしれませんが。
逆に0.2mLに溶解して0.5だったので、1mLなら1/5うすいので、
0.5/5=0.1かもしれません
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化窒素の体積(μl)と吸光度の検量線の作成

二酸化窒素標準溶液を
0.16μg/ml,0.32μg/ml,0.48μg/ml,0.64μg/ml,0.80μg/ml
と段階希釈し、吸光度と濃度の検量線を作成しました。
しかし設問は二酸化窒素の体積と吸光度の関係で、
これ以降の設問にも[検量線から求めた分析試料溶液中の二酸化窒素の体積(ml)]となり、
検量線作成に使用した標準溶液中の各段階の二酸化窒素の体積(μl)が解らないと先に進めません。
二酸化窒素の体積の求め方を教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

理想気体で近似しちゃってはいけないのですか?
分子量:46.01ですから、0.16μgは3.48×10^-9 mol、室温にこだわらなければ、
22.4 × 3.48×10^-9 = 7.79 × 10^-7 (L) = 7.79 × 10^-4 (mL)
になります。
他はこれを2の階乗するだけ。
N2O4も含まれるでしょうが、それは分らないままでも大した問題ではないはずです。

Q原子吸光分析における吸光度

実験で原子吸光分析による、濃度測定の実験を行ったのですが、
吸光分析で吸光度が0.5以上の値は信用できないと先輩に聞きました。
なぜ?と質問しても理由まではわからないと言う答えで、分析化学の本などを調べましたが書かれているのは原理などばかりで、吸光度の信頼性などについては書かれていませんでした。
どなたかご存知の方教えてもらえませんでしょうか、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>質問しても理由まではわからない
 指導教員に訊くのが一番ですが。

 検量線の直線性の問題でしょう。分光光度計の吸光度は、どんな安物の機械でも同じですが、原子吸光の場合は、機器や測定日時によっても異なる相対的な値です。なにより、その検量線は直線ではなく、標準液の濃度を上げても、それほど上がません(「検量線が寝た」と表現します)。
 すなわち、分光光度計でも、1.0を越すと、サンプルを希釈するのが教科書的です。これは、まさに検量線が寝るからです。同じ現象が、0.5以上で生じているのでは。
 ちなみに、私の研究室では、直線ではなく、エクセルの散布図より2次式の回帰をして計算しています。

Q検量線の作成方法

 TNの吸光度をペルオキソニ硫酸カリウム分解-紫外線吸光光度法を用いて測定し、検量線を作成するとどのようになりますか?具体例を用いて説明してくれるとありがたいです。

検量線についてあまり理解できてないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

UV測定で検量線を作成するという事であれば、
「既知の濃度に希釈した化学物質の吸光度測定して検量線を作成する」
という様な内容ではないでしょうか?

例えばベンゼンなら200nmに吸収がありますが、例えば
0.01MでABS=100
0.02MでABS=150
0.05MでABS=280
0.1MでABS=500
と仮定しましょう(数値は適当な値を仮定しています)。
横軸に濃度、縦軸にABSとしてグラフを書き、最小二乗法で勾配や切片を求めます。

この勾配、切片から線を引くと検量線になります。
例えば、濃度は分からないが、ABSが400だったとしましょう。この濃度を求める時に検量線が利用できます。まず前述の縦軸と横軸を入れ替えて最小二乗法から勾配と切片を求めると
濃度=0.0002×ABS-0.0133
となります。ここでABS=400なので、
濃度=0.000226×400-0.01327
=0.090515-0.0133≒0.077M
となります。

質問から予想するに、「ペルオキソ硫酸カリウムを使用していて、この過酸化物を何かしらの方法で分解させてUVスペクトルを測定し、その結果を検量線を用いて過酸化物の残った量もしくは分解物の量を求める」様な事をしているのでしょうか?

UV測定で検量線を作成するという事であれば、
「既知の濃度に希釈した化学物質の吸光度測定して検量線を作成する」
という様な内容ではないでしょうか?

例えばベンゼンなら200nmに吸収がありますが、例えば
0.01MでABS=100
0.02MでABS=150
0.05MでABS=280
0.1MでABS=500
と仮定しましょう(数値は適当な値を仮定しています)。
横軸に濃度、縦軸にABSとしてグラフを書き、最小二乗法で勾配や切片を求めます。

この勾配、切片から線を引くと検量線になります。
例えば、濃度は分からないが、ABSが400だったとし...続きを読む

Q原子吸光分析法では、気体を試料としたい場合はそのままではなく、溶媒に溶かさなくてはいけないのでしょうか。

原子吸光分析法では、気体を試料としたい場合はそのままではなく、溶媒に溶かさなくてはいけないのでしょうか。その場合どういう方法がありますか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1です。
>課題が出ておりまして吸光法において大気中の成分を調べる
課題の解答は、できませんので、ヒントだけ。というより、「溶媒にとかさないと・・・」と正解を書いておられるので。
 また、気体の試料を吸光度法、なんぞは、下記のように非現実的な話なので。おそらく、「考えよ」という問いでしょう。

 まず、吸光度法というのは、検出法の一つです。これは、液体試料が対象で、気体や固体には適応しません。それを念頭に刻みつけてください。

 原子吸光は、金属の濃度を測定します。気体=大気中に存在しても、試料は液体に溶解する必要があります。
 Hg気体なりやすいのですが、空気中のHgをそのまま測定できるのではなく、やはり水溶液(試料を灰化するので、強酸ですが)にします。

 気体のまま測定するのは、ガスクロという装置があります。ただ、検出に吸光法というのは、見たことがありません(感度が悪い)。もちろん、特別に開発する、というのなら不可能ではありませんが、感度か悪すぎて微量の試料は測定不能、で非現実的です。
 すなわち、気体の試料を吸光度で、というのは非現実的が結論です。吸光度ではなく、たとえば、熱、水素炎、ECD、などを利用し、近年はMSに接続、も珍しくありません。

 したがって、気体のサンプルを溶液にし、○○LC(課題だそうで、2文字はご自分で)で測定します。吸光度法は、検出器に一般的にこの原理を応用しています。
 この場合、一番難しいのは、一定量の気体をどのように捕集するのか、かもしれません。

No1です。
>課題が出ておりまして吸光法において大気中の成分を調べる
課題の解答は、できませんので、ヒントだけ。というより、「溶媒にとかさないと・・・」と正解を書いておられるので。
 また、気体の試料を吸光度法、なんぞは、下記のように非現実的な話なので。おそらく、「考えよ」という問いでしょう。

 まず、吸光度法というのは、検出法の一つです。これは、液体試料が対象で、気体や固体には適応しません。それを念頭に刻みつけてください。

 原子吸光は、金属の濃度を測定します。気体=...続きを読む

Q相関係数と検量線の求め方と使い方

相関係数と検量線の求め方がわからなくて困っています・・・。

釘試料0.5gを酸で溶解し、生成したマンガンイオンを酸化させ過マンガン酸イオンとして100cm^3に低要したものを吸光度測定すると0.276でした。
200μg・cm^-3 の過マンガン酸カリウム標準溶液を0,4,8cm^3とり、100cm^3の酸に溶かし、この一部を1cmのセルに入れて吸光度を測定すると
0cm^3時:0.009、4cm^3時:0.335、8cm^3時0.674
この結果について相関分析と回帰分析を行い、濃度をXppm、吸光度をyとし相関係数と検量線を求めなさい。

という問題です・・・。
過去ログを探して似たような問題をみましたが、検量線、相関係数がよくわかりません・・・。自分の未熟のせいもあるのですが、どうか教えてください。

Aベストアンサー

検量線ためには、まず散布図を描きます。散布図の横軸は、標準液の濃度です。
 200ppmのものから、0m採ったものの濃度は、0ppmです。4ml採ったときの濃度は、原文のままなら、7.69ppm。8mlの場合は、14.8ppmになります。そのときの吸光度が、0.009、0.335、0.674ですね。
 エクセルのA列にX軸の数値になる濃度を、B列にその吸光度を入力します。すなわち、A1番地に0、A2に7.69、A3に14.8を入力します。B1に0.009、B2に0.335、B3に0.674を入力します。

 あとは、グラフから散布図を選んで描いて下さい。散布図における回帰式が、検量線になります。
 すなわち、グラフのウィンドをクリック>メニューバのグラフ>近似曲線の追加>種類(ここで、高次式を選ぶことも可能)、を確認後、オプションのタグ>グラフに数式を表示する、と、グラフにR-2乗値を表示する、のボックスにチェックをいれれば、グラフ上に回帰式と決定係数が表示されます。

 このやり方だと、y=0.0449+0.0028 (r^2=0.9989)になりました。fox19jpさんとほぼ同じ値ですので。おそらく正しく計算なさっていると想います。
 相関係数は、0.9989の平方根を計算すればOKです。

 あとは、サンプルの吸光度が0.276ですから、y軸の0.276から右に直線を水平に引き、検量線の交点からは、垂直に線をおろして、x軸の交点を読めば、6ppmほどの値がよめます。
 yに0.276を代入して、xを求めると、より正確ですが。

 あとは、5gのサンプル中のマンガンイオンは、100mlの溶液に全て移り、その濃度は約6ppmなのですから、釈迦に説法でしょう。

 厳密には、fox19jpさんの補足にある
r=√Σ(Xi-Xの平均)^2 / Σ(Yi-Yの平均)^2
m=(ΣXi-Xの平均)y / Σ(Xi-Xの平均)^2
Yi-Yの平均=m(Xi-Xの平均)
 から計算した値と、エクセルの散布図の検量線として扱った回帰式とは、一致しません。
 前者は、最小2乗法で計算し、エクセルのグラフは回帰だからです。

 現実的には、その差は無視できるくらいなので、実用上は問題ありません。

 文字で書くと、表現が貧弱で、分かって下さるかなと不安になり、イライラします。ご不明の点は、書き込んで下さい。

検量線ためには、まず散布図を描きます。散布図の横軸は、標準液の濃度です。
 200ppmのものから、0m採ったものの濃度は、0ppmです。4ml採ったときの濃度は、原文のままなら、7.69ppm。8mlの場合は、14.8ppmになります。そのときの吸光度が、0.009、0.335、0.674ですね。
 エクセルのA列にX軸の数値になる濃度を、B列にその吸光度を入力します。すなわち、A1番地に0、A2に7.69、A3に14.8を入力します。B1に0.009、B2に0.335、B3に0.674を入力します。

 あとは、グラフから散布図を選んで描いて下さい。散...続きを読む

Q酸のモル濃度×価数×電離度、また塩基のモル濃度×価数×電離度はそれぞれ何を表しているか教えてください

酸のモル濃度×価数×電離度、また塩基のモル濃度×価数×電離度はそれぞれ何を表しているか教えてください!

Aベストアンサー

水素イオン指数と水酸化物イオン指数
水素イオン指数とはpH
水酸化物イオン指数とはpOH

また1気圧、25℃のもとで、pH+pOH=14である。

Qエクセルで3次式の検量線のyからxの求め方

吸光度測定で検量線を引いて、そこからサンプル濃度を求めたいのですが、
エクセルで作成した近似曲線は3次式が一番フィットしました。
直線回帰の場合はy切片を引いて、傾きで割ればよいですが、
3次式の検量線の場合は、どのようにしてyの値(吸光度)から
xの値(濃度)を求めればよいか教えてください。
具体的には、
y = 2.11x3 - 4.81x2 + 2.93x + 0.0277の式で
y = 0.150の時に、x値を求めたいです。
xyが逆の検量線を書いて、計算もしてみましたが、
近似曲線では数値が微妙に違ってくる気がしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アグリゲーションを起こす場合、1次で近似できないことはあります。しかし、3次近似というのはどうでしょう?

なぜ3次近似になるか、メカニズムを考えなければなりません。

計算は、その後のことと思います。

(近似できればよい、というものではありません)

Q「溶解度がさほど大きくないCO2では、低圧ではヘンリーの法則に従うが、高圧では従わなくなる。」 なぜ

「溶解度がさほど大きくないCO2では、低圧ではヘンリーの法則に従うが、高圧では従わなくなる。」

なぜCO2は、高圧において、ヘンリーの法則に従わなくなるのですか?
その理由を詳しく教えてください。

Aベストアンサー

詳しくなくても簡単です。
>「溶解度がさほど大きくないCO2」
というのがヒントです、つまり低圧ではCO2は疎水性の気体として扱える。だが高圧になると親水性が現れる、理由は水と反応しH2CO3の炭酸となる量が無視出来なくなるから。

Q検量線について。。。

吸光度の実験を行ったのですが、

『吸収最大波長以外で検量線を作成した場合、どのような不都合が生じるか』、という質問で、

『吸収最大波長以外で検量線を作成すると、濃度変化に対して吸光度変化が大きいから』という答え方は、おかしいでしょうか?もう少し付け加えた方がいいでしょうか?それとも考え方自体が間違っているでしょうか?

この理由を知っている方、アドバイスをお願いします(T_T)

Aベストアンサー

分光器の波長は絶対的に正しいわけではありません.また変動がないわけでもありません.そもそも分光器の光はある特定の波長±数nm(機器や設定によって異なる)の幅がある光が出ています.

もし dA/dλ が大きいところを使うと,波長がちょっとでもずれたとたんに A の値が影響を受けます.極大点ならこの影響は最小限で済みます.

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング