現在自分がやっている研究が、所属している研究室でメジャーに行っている研究と著しく分野が異なり、そのせいか教授も自分の研究に無関心です。
それなら所属している研究室に拘らず、もっと自分の研究の分野を盛んに行っている研究室に異動して研究した方が自分にとってベターであると考えました。
それで、目当ての研究室(他大学です)にメールを送りたいのですが、どのようなメールを送るのが良いか分からず困っています。

いきなりこちらの事情を話した上で、そちらの研究室に異動したいのですと切り出してしまって良いのでしょうか?それともまずはそちらの研究室に興味を持ったので研究室訪問をしたいと話を濁し、研究室異動を考えている旨はその研究室訪問時に切り出すのが良いのでしょうか?もしくは他にベターな方法があるでしょうか?

なにぶん、このような事は初めてでどうしたらよいのか分かりません。
相談にのってください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、研究室を変わりたい理由が「機材や分野等が違うため自分のしたいことができない」という研究内容によるものなのか、「研究室や教授の指導と合わないからここでDを取りたくない」というものなのかによると思います。


前者の場合、そもそもその研究ができる研究室が他にあるのかがポイントにもなります。その研究を始めた以上、難しいならそれはきちんと今の教授と相談して、方向を変えるとか、できる研究環境を整えてもらう(出向など)か、あるいは研究テーマを変えるとかきちんと議論する必要があるともいます。修士ならともかくDなら、「研究を計画し、きちんと成果でまとめる能力」も必要なわけで、はじめから無理と思われる研究を限られた設備で計画しようとするなら、難しいということをきちんと教授に伝えるべきでしょう。Dを取る以上、単に言われた研究をすればいいのではなくて、実行可能性や見込というものも少しは教授と相談する能力もあるべきと思うからです。その上で、今の研究内容に固執してただそれをやる設備や技術が今の研究室にはない、というならDをとる研究室を変えるべき(つまり研究室が合っていない)と思います。ただ、それでもこの短期にそうなるのも少しおかしいですし、別の研究室にいっても同じテーマができるとも思えません。そのあたりを良く考える必要があるでしょう。

後者の場合でも、今の教授にきちんと伝えるべきと思います。個人的には、一生にかかわることなのでそういうのがあってもいいとはおもいますが、一般的には、今の教授にも、受け入れ先の教授にもあまり好まれない場合が多いということは肝に銘じておく必要があると思います。礼儀としては、どれだけ中が悪くても、第3者にコンタクトをとる場合は今の教授に伝えるべき、と思います。厭味を言われたとしても、一応建前上「許可」を得てやっていることが重要なわけです。間違えなく、向こうの教授には「なぜうちに入りなおすの?」と聞かれますから、それに納得できるだろう理由を(当たり障りないもの。当「うそ」でない)を用意するべきと思います。ある程度、嫌がられる場合も致し方ないとおもますので、場合によっては自分の行きたい研究室(とくに人気があるところ)は拒否されるかもしれませんが、一般的に大学院生はポスドクに比べてお金がかからず要員ですから、必要なところで、あなたに問題がない(人格的か学力的に)なら受け入れられると思います。

いずれにせよ、勝手に行動というのは、今後のことを考えてもあまりよくないです。研究室に身分を置く以上教授にそういう相談は誠意をもって、それでもあまり露骨にならないようにうまく伝えるのが重要です。いきなり「研究室をやめたい」とかでなくても「少し進路を悩んでいて、入りなおしたい、、(中略)まだ、悩んでいるのですが、●●をやっている●●教授にコンタクトを取って見てもいいですか?」とか、あくまで今の研究室を否定しないように、自分の内面的な理由から今後について悩んでいる。」ということにしておく、などの配慮が重要です。いきなり「合わない」とか「ほかに進む」とかは人にもよると思いますが、いい印象がないのはわかりますよね。もし、ほかの教員がいるならその人にとりあえず夕飯を誘って相談するとかしてからにしましょう。
    • good
    • 0

No.3の方(相当な経歴の同業者の方と拝察しています)の回答を拝見して,No.2の補足。

質問者が混乱するといけませんので。

ぼくは,No.3(すべてにわたって,しごくごもっとも)をすっとばして,「他大学の教員から指導を受ける制度」を抜け道として示しました。あなたのいまの所属をA大学,他大学をB大学とします。制度を適用しても,あなたの所属はA大学のままですから,入試はありません。指導体制は,A大学のいまの先生が主指導教員,B大学の先生が副指導教員となります。ふだんの実験はB大学で行い,ときどき成果をA大学で報告することになるでしょう。D論審査では,A大学の主指導教員が主査,B大学の副指導教員が副査の1名になるはずです。

じつは,ぼくが大学院生だったむかし,この制度が初めてできました。それ以前から,指導教員の了解のもとに,同窓の大先輩を個人的にたよって他大学で実験させてもらっていて,既成事実がありました。制度ができたので,手続きをちゃんとしたほうがいいだろうと考え,指導教員にこの制度の適用を願いでたのですが,ひとこと「めんどくさい。勝手にやれ」。そういう牧歌的な緩い指導体制でした 爆。
    • good
    • 0

少なくとも現在の指導教員に話を通さずにそういったことをするのはやめた方が良いです。


そういった学生から連絡されても先方は困ります。研究室訪問という名目でも同じことです。D1の院生がそういうことをすること自体異常だからです。今の指導教員に知らせずに先方とコンタクトしたいというのであれば、学会を利用するしかないでしょうね。

また、あなたは研究室の異動といいますが、それは「他大学の大学院博士(後期)課程に入学」ということです。当然のことながら入試に出願し、試験を受けることになります。当然、大学及び大学院(修士)の成績証明書等も必要です。もしかすると指導教員の所見も必要かもしれません。そういった段取りも頭に入れておく必要があります。

いずれにせよ、今の指導教員に相談しないというのであれば今後、いろいろなトラブルが生じることは必至だと思いますよ。
どうしても今の指導教員に話したくないというのであれば、トラブルを避けるため、今の大学院をやめてから先方とコンタクトを取ることも可能でしょうけど。しかし、先方がそういう学生を取りたいと思うかどうか疑問であり、先方が受け入れてくれなかった場合に困りますよね。

先方があなたを受け入れてくれるというのは、あなたの希望的観測に過ぎないことをまず認識しておきましょう。特にトラブルを抱えている学生を受け入れたいと考えるところは少ないと思いますよ。その一方であなたの指導教員が仲介してくれれば受け入れてもらえる可能性は格段に高まるでしょうね。
    • good
    • 0

・分野をおおまかに書いたほうがいいですね。

実験機材などがからむかどうか,わかりませんから。

・いまのところの修士課程でも,研究できなかったり,M論を正当に評価してくれなかったり,指導教員から「君の面倒はみきれんな」と言われたりしたんじゃないでしょう? じゃあ,「著しく異なる」というのはあなたの主観,ないし,「かまってくれないよう」という幼い泣きべそのいいわけであり,じっさいは許容範囲の内だったと思われます。あと3年間,平然と居座ってD論を書けばいいんじゃないですか。

・客観的にみて,いまの研究室で持てあましており「他大学のほうがいい」と指導教員も認めるなら,「他大学の教員から指導を受ける制度」(預かり弟子)があるかを確かめ,指導教員を通じて相手先にはなしを通すのが正攻法でしょうね。
    • good
    • 0

まぁこういう事は知りませんので通用しないかも知れませんが


社会的常識から推測される範囲での答えですが。

まず相手の事から考える方が攻略法として正しいです。

まず移動したいというならその原因根拠状況状態結果あとは自分の価値。
相手から観てそれが適合しないと判断するなら寧ろ信用が出来ないので断ると思います。

状況と言うのは自分の状況もそうですが勝手にやっても平気なのか?って事です。
頭飛びにするのは社会的に問題あるととも言える風潮は有りますし。当然とも言えます。


ベタないい口で行くと
まず自分の上司にその事は言って異動先を探したいと言うとかしてから見学したいとか相手の状態を聞くのが筋だと思いますよ?


自分の事だけ考えて言うなら相手の印象も悪いです。
考えられるケース全て考えてから行動とるべきです。

上司に言わない→気分が悪い
上司が興味が無い→本心はどうなのか分かっているのか?
相手にメールする→いきなり言われても困る
訪問で切り出す→  "

余程の人望でも無い限りまずその行動パターンを取るなら信頼性が弱いとして観て相手は断りますね。

予算も少なく研究も切る対象で完全に孤立無援だけど研究として打開策に繋がる道筋を見つけつつ有るって言うなら別ですけどね。

会社的な発想では無く人としてって感じで考えるべきかなと思います。


例えばですが友達グループで自分に問題有るんだけど周りの友達はそれは承知だけどグループにしているんだけど
そういう状況で他のグループが楽しそうだから
あっちは嫌だし無視しぎみだからこっちで遊びたいって言っても皆嫌でしょう?

何?アイツ 何突然言ってくる?って事になるでしょ?

具体的にとか通例は他の方が伝えてくれるとは思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手の文章の書き方が気にいらないってありますよね。 メールしてると文章の書き方にイライラしたり、Tw

相手の文章の書き方が気にいらないってありますよね。
メールしてると文章の書き方にイライラしたり、Twitterの書き込みもイライラする書き方してる人がいますが、この場合どちらが悪いのですか?

イライラさせる相手と、イライラする自分。

Aベストアンサー

敢えて答えるなら、イライラしてるあなたが悪いかな。
そもそも、あなたの文章も褒められたものでは無いです。例えば、
「いらないって」の(〜って)が話し言葉になっています。「気にいらないときありますよね。」と、書き言葉に置き換えた方が適切かと思います。自分が間違えてるのに他人のだけは指摘するなんて性格悪いですね。
また、Twitterについてはあなた個人だけに向けた発言以外なら、気にするべきじゃない。それが、不快ならTwitter辞めるのを薦めます。

Q大学院の研究室訪問のときに他の研究室のことを言ってもよいのでしょうか?

大学院の研究室訪問のときに他の研究室のことを言ってもよいのでしょうか?
学部のときとは全く違う分野の大学院に進学したいと考えています。
研究室訪問の際、もし他の大学の研究室も訪問したか聞かれた場合、行ったと答えてもよいものなのでしょうか?(今回行くのは2つ目です)
まだその大学院に進学するとはっきり決めたわけではなく、いくつか行ってみて、先生の話を聞いて、考えたいと思っています。今まで勉強してきたのとは違う分野なので、勝手がよくわからないというのもあります。
そのことを正直に話してもよいものか、それとも他は考えていないと答えた方がよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>もし他の大学の研究室も訪問したか聞かれた場合

はなしの流れにもよりますが,ふつうは尋ねないと思います。あえて尋ねるとすれば,
「君の実力じゃここは無理。よそに行けば?」か,
「君はなんでこんなオンボロ大学院に来たいの?」の
どちらかの不審感をいだいたときじゃないかと思います。どちらにせよ,「まだ考えてません」と答えておけばいいんじゃないですか。「専願ならとる」などということはないでしょうし,事前訪問で合否が決まるわけじゃありませんから。もしかすると「A大のB先生はいい人だよ」などと教えてくれるかもしれませんね。

Qメールの書き方の昨今

メールの書き方、昔と今で変わっていますか?。

私がメールをやるようになったころは、

 ○○(差出人)です。
 本文(できるだけ簡潔に。長文を詫びる。)

という書き方が多かったように思います。
このごろでは

 △△(宛先)さま
 本文(長い。顔文字とかも入る。)
       ○○(差出人)

という書き方をよく見かけます。

高速、大容量の時代ですから、本文が長くなるのは当然の変化だと思います。
一方、宛先を最初に書いて差出人を最後に書くというのは思いがけない変化と感じているのですが、メールでの宛先や差出人の書き方の作法、その昨今での変化というものはあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の身のまわりでは、パソコンのメールでも最初に名乗る人って
滅多に居ませんね。私は必ず名乗りますが・・・

ビジネスの場合、たまに「○○さんへ」というのは書きます。
これは内緒で上司にBCCで送る場合、一瞬上司が「なんでこんな
メールが?!」と、特に携帯メールで受信した(転送している)場合、
意味がわからないんですが、「○○さんへ」と書いてると、自分に
宛てたものではないけど、BCCで送ってくれたものだな、と判断
できるからです。

友人同士のメールの場合、それほどマナーは気にしませんが
「こんにちは」とかのタイトル、多いですね。
タイトルで読む順番を変えるほどメールは大量にこないのですが
タイトルってけっこう大切だと私は思っています。

Q研究室に所属する学生と社会人の大変さの違い

私は研究室に所属している修士2年です。
私自身、修士の研究室は体力的にきつい、それに対し社会人は精神的にきついといったイメージがあるのですが、実際はどのようなものなんでしょうか?
修士2年のこの時期なのでそろそろ修論を書く時期に入ったのですが、それ以前に私の研究室では1週間に1回ほど、研究報告をA4で4枚分ノルマとして書かされるので、いつも追い込まれた状態でへばっています。自分のペースで研究を進めることができる他の研究室をみるとたまにうらやましく感じます。(このまま社会人として30年以上もやっていけるか不安に感じている今日この頃です。)

Aベストアンサー

> 修士の研究室は体力的にきつい、それに対し社会人は精神的にきついといったイメージ

社会人は「体力的にも精神的にもきつい」です。

うちの会社は研究職はオーダ制なので、時間いくらで研究費が無くなっていきます。人件費は研究費から出るのです。
そのため実験してもレポートを書く時間など殆どありません。普通は実験しながらデータ整理して考察考えます。解析も然りで、条件決めたら、社外の安い解析屋に頼んで、その結果が出たら必死に考察します。
研究費が無くなったら終わりじゃなくて、成果が出るまでやらねばなりません。そうなると自ずとサービス残業をしたり休日出勤したりします。

今、帝大院卒の新人2人の面倒を見てますが、酷いですね。基本が無いのです。工学部を出た技術者なら、因果関係を明確にして、きちんと考察をしろと毎日赤ペンしています。
会議に出しても質疑応答がてんでだめで、議事録書かせても、質問の意図に沿った回答が書けない。だからきちんとした質疑応答が出来ないのだと毎日その繰り返しです。

でも経験積んできて少しづつはなんとかなってきます。

つまり言いたいことは他の人と同じで、あなたも他の研究室の院生より論文書いているのなら、少しでも丁寧に面倒みてくれる先生に指導を受けた方が良いと思います。教える方って大変ですよ。先生の苦労を判ってあげて、恵まれていると思った方が良いですよ。

> 修士の研究室は体力的にきつい、それに対し社会人は精神的にきついといったイメージ

社会人は「体力的にも精神的にもきつい」です。

うちの会社は研究職はオーダ制なので、時間いくらで研究費が無くなっていきます。人件費は研究費から出るのです。
そのため実験してもレポートを書く時間など殆どありません。普通は実験しながらデータ整理して考察考えます。解析も然りで、条件決めたら、社外の安い解析屋に頼んで、その結果が出たら必死に考察します。
研究費が無くなったら終わりじゃなくて、成果が...続きを読む

Q中途採用の面接での返信メールの正しい書き方

中途採用の面接での返信メールの正しい書き方

中途採用で履歴書を送ったところ、面接のお知らせが来たのですが、ご都合のいい日を教えて下さい。
とのことなのですが、どういった書き方が正しいのでしょうか?
それとも、そこまで深く考えず普通にメールを返信すればよろしいのでしょうか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

常識の範囲で大丈夫です。
メールですから手紙のような形式ではなくビジネスメールの形式と言うものがあります。

件名はRe:付きの方がどの件だか分かるとか、貰ったメールを消さないほうが分かっていいという人もいるのでどちらでも失礼という事はないでしょう。用は一目でどの件だか分かればいいわけです。
ご自身の気持ちで丁寧で一目で理解できるものだと思うほうを選べばいいと思います。

宛名は送信者の名前が分かっていてその方に返信するなら、部署名とその方の名前を記述します。御中と様の使い方は手紙と同じです。

手紙にある時候の挨拶や拝啓などは不要。メールの場合は、相手に時間を掛けさせずに内容を伝える事も大事です。できるだけスクロールさせずにおさまる程度全体的に画面1つか、せいぜい1回スクロール程度におさまる長さにします。手紙にある時候の挨拶や拝啓は、ビジネスでは書面の時のみです。

まず、書類選考とメール送信に関するお礼を述べます。
それからすぐに本題に入ってかまいません。都合のいい日は相手の都合もあるので第3候補くらいまで記述していると余計な手間が掛からないと思います。
何か聞きたい事があるなら質問します。

一言添えて、自身の氏名で締めます。

「ビジネスメールの書き方」、「メール 転職」などのキーワードで検索すると書き方のヒントがたくさん見つかるでしょう。
よほど失礼に当たる文章、意味が理解できない文章、あて先が間違っているなどでもない限り、大きな問題にはなりません。ビジネスマナーの範囲で書けば大丈夫です。

あと、できれば使用するメールアドレスは氏名を使用するなど相手が確認しやすいもので、恥ずかしくないものがいいです。以前、就職の応募者のメールで「love」とか「happy」とか「whiterose」とか「sexy」とか使っているものがたまにあって常識を疑われていたのと、笑い話になってしまいます。

常識の範囲で大丈夫です。
メールですから手紙のような形式ではなくビジネスメールの形式と言うものがあります。

件名はRe:付きの方がどの件だか分かるとか、貰ったメールを消さないほうが分かっていいという人もいるのでどちらでも失礼という事はないでしょう。用は一目でどの件だか分かればいいわけです。
ご自身の気持ちで丁寧で一目で理解できるものだと思うほうを選べばいいと思います。

宛名は送信者の名前が分かっていてその方に返信するなら、部署名とその方の名前を記述します。御中と様の使い方は手紙...続きを読む

Qアメリカの大学の研究室や研究所の休日出勤について

アメリカの大学の研究室、または研究所に留学を希望しています。日本では土日の出勤は当たり前のようにありますが、アメリカの大学などはどうなのでしょうか。

家族も連れていきたいと思っているのですが、土日出勤が多いようだと難しいかなと思っています。
留学経験のある方、研究室の実情を教えて下さい。
アメリカでも教授は日曜に研究室に来たりしますか?

Aベストアンサー

回答がないようなので。。。

大学、大学院(学生)、ポスドク・研究所・大学(教授)と米・豪・加・英を渡り歩いた人が言うには、英語圏では、教授や学生でも、土日の休みに学校に出てきているのを見る事は稀だし、休日にオフィスに出て来るのは、特別な仕事等の用事でも無ければ、ないと言っても良いのでは。。。と言っていましたよ。

ただ、彼の専門は文科系ですが、妻が理系Phdの学生の時に、実験が間に合わないと言って、土日でも出て、実験を行っていた事はあったようですが。。。

また、大学院の学生を始め、大学や研究所の研究者や教授職の人達には、サラリーマンのような休日出勤や時間外勤務の概念は持っていないのではないだろうかとも言っています。
逆に言えば、学校や研究所に出て行こうが、家に居ようが、仕事(研究)をしている時は、曜日や昼夜を問わないとも。。。


研究所も、民間企業の研究所等であれば、その企業の就業規則があるとは思いますが。。。

Q女の子の文字の書き方・メールなどの書き方

高校の研究課題で私は「女の子の文字・メールについて」と言う課題を
考えています。女友達に聞いたのですが
よくわからないとの答えでした。そこで皆さんにお聞きしますが
女の子の文字はなんとなく
丸いと言うか男の方の書く文字とどこか違いますよね?
その女の子の文字の書き方を教えていただけませんか?

ほかにもメールなどをしていると
「いちおう→ぃちょう」などと変換されていたりなどしますよね?
こちらの女の子の書くメールの書き方などを教えていただきたいのです。

Aベストアンサー

年齢的に女の子に入るので答えさせていただきます^^
女の子といっても十人十色で、書き方はさまざまですよ。
 
>丸いと言うか男の方の書く文字とどこか違いますよね?
>その女の子の文字の書き方を教えていただけませんか?
確かにそうですね。男の方の丸文字を時々見かけますが、女の子に多いですね。私もそうです。特に意識しているわけじゃないので、自然に書いているという感じですかね。私の場合は、前に丸文字を見た時に「かわいい~」と思ったので、その影響が少なからずあるとは思います。
 
>「いちおう→ぃちょう」などと変換されていたりなどしますよね?
これもさまざまで、特にきまりはないんです。その時の気分や、その人の個性で変換するか決めていると思います。女の子でも「小文字が多いの苦手だなぁ」という人は、ほとんど変換することなくメールを書きます。逆に「こういう書き方はかわいいし、読みやすい」と思っている方はたくさん変換して書くと思いますよ。
 
私の身近で多いのは、
「おはよう」→「ぉはよう」
「そうだよね」→「そぅだよねぇ」
でしょうか。本当にさまざまです。
 
小文字がすごく好きな方は、変換できる限りの文字を、全て小文字にして送ってきますよ。

年齢的に女の子に入るので答えさせていただきます^^
女の子といっても十人十色で、書き方はさまざまですよ。
 
>丸いと言うか男の方の書く文字とどこか違いますよね?
>その女の子の文字の書き方を教えていただけませんか?
確かにそうですね。男の方の丸文字を時々見かけますが、女の子に多いですね。私もそうです。特に意識しているわけじゃないので、自然に書いているという感じですかね。私の場合は、前に丸文字を見た時に「かわいい~」と思ったので、その影響が少なからずあるとは思います。
 
>「...続きを読む

Q研究室に所属している理系の大学生の方へ質問です。

研究室に所属している理系の大学生の方へ質問です。


こんにちわ。私は現在、理系大学3年生です。
もうすぐ研究室の配属があり、本格的な研究生活を始めます。

そこで思ったのですが、研究室に配属された後って、学会発表とかで遠征する機会があると思うのですが、
そうゆう時の交通費とか宿泊費って、普通研究室から出してもらえるんですかね?
ほかにも、例えばゼミ合宿みたいなのは、自腹なんですか?

大学院生になると結構な人が奨学金をもらっていると聞いたことがあるので、気になって質問しました。


どれくらいの事までなら研究室は負担してくれるんですか?

Aベストアンサー

大学院の教員ですが・・・

答えは、「研究室に依る」です。

こういう費用は、大学から研究室に支給されるお金ではなく(少しはあるけど)
その研究室の先生、もしくは学部、または学科が取得した「科学研究費」というものから
支給されます。

そういう「科学研究費」は、国や財団が募集し、それにそれぞれの先生、もしくは学部、または学科が
研究計画を提出し、見事採択された場合、支給されます。

そのためには、「業績」や「素晴らしい計画」などがないと、採択されません。完全競争性です。

で、質問に対する回答ですが、
その先生、もしくは学部、または学科が、何かの「科研費」を取得してたりすると、
出してくれたります。

無かったら、自腹です。

ただ、科研費を取っていても、自腹もあるかもしれません。
研究室次第です。

その研究室の人に聞いてみるしかわからないです。

Qビジネスのメールの書き方

ときどき、全国の販売会社の担当者あてにメールを送信しています。
本文の最初に「いつもお世話になっております。」といつも書くのですが、
先日、この書き方を指摘されました。
この文句は男性が使うものだ!と。では、女性は何を使えばいいのでしょうか?
「いつもお世話様です」ですか?何がどうまずいのか、理解できないのですが、
どなたか教えてください。
それと、文章自体が苦手なので、ビジネスメールの書き方の参考になるサイトなどがありましたら、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>「いつもお世話になっております。」
男性も、女性も区別などありません、これで充分です。
ビジネスメールは、簡単明瞭・簡潔が命です。

下記のページを参考にしてください。

ビジネスメールの書き方
http://homepage1.nifty.com/event-go/doc/e-mail.htm

ビジネスメールが書けますか?
http://www.will-way.com/prosoho/check_mail.htm

仕事で使えるビジネスメールの書き方 リンク集http://allabout.co.jp/computer/email/subject/msub_bm.htm?FM=mc

Q東海大学院所属でJAXAの研究室に行くのと地方国立大に進学するのとどちらがよいか

東海大学院に進学して外部機関(JAXA)の研究室に所属するのと、地方国立大の大学院に進学するのとどちらが総合的よいでしょうか。

東海大学大学院ではJAXAの宇宙科学研究本部(ISAS)の研究室(兼東大所属研究室でもある)に所属できる制度があるようです。
つまり、本来なら東京大学大学院に進学しなければ入れない研究室に入ることができ、ISASの著名な先生の指導のもと、東大生と同等の環境で研究が出来るようになるということで、大変魅力的なことだと思います。
しかし、履歴書的には東海大学大学院卒ということになるので、就職を考えたとき、あまり良い看板とも思えません。
ならば同じような研究をやってる地方国立大の院を目指したほうが良いような気がします。旧帝大院は非現実的ですが、過去問などを見る限り九工大程度の中位国立大院ならどうにかなりそうです。
JAXAみたいな特別な環境ではありませんが、しっかりとした研究は出来ると思いますし、就職についても世間的には東海大クラスの私大よりも国立のほうが優位だというのが一般論だと思います。

もちろん、学歴とか気にせず、自分のやりたい研究に一番ふさわしい場所を選ぶのが、学問的には正しいと思うのですが、東海大と中位国立大では入学難易度も、世間的な評価もかなり差があるような気がするので、「学歴なんてくだらない」と一蹴してしまっては、後々損をするような気がしてなりません。
皆さんはどう思いますか?

東海大学院に進学して外部機関(JAXA)の研究室に所属するのと、地方国立大の大学院に進学するのとどちらが総合的よいでしょうか。

東海大学大学院ではJAXAの宇宙科学研究本部(ISAS)の研究室(兼東大所属研究室でもある)に所属できる制度があるようです。
つまり、本来なら東京大学大学院に進学しなければ入れない研究室に入ることができ、ISASの著名な先生の指導のもと、東大生と同等の環境で研究が出来るようになるということで、大変魅力的なことだと思います。
しかし、履歴書的には東海大学大学院卒という...続きを読む

Aベストアンサー

たとえば地方旧帝大と東大の大学院を比較すれば大きな差はないですので、学歴を気にしないという選択肢もあるでしょうけど、失礼ながら東海大だとそういうわけにはいかないと思います。本人は気にしなくても、企業の担当者からみれば大きな差があると思います。
問題点は何かといえば、現在の日本の社会において、大学名というのは高校卒業時点での学力を表していると多くの人が認識していることです。
あなたも、「本来なら東京大学大学院に進学しなければ入れない研究室」と書いておられます。それならば、「本来」にしたがって東大にいけばいいんじゃないかという話ですが、おそらくは学力面でそれができないと言うことですよね。それはつまり、「大学名というのは高校卒業時点での学力を表している」ということですよね。少なくとも世間はそういう風に見ます。
それと、そもそも研究というものはその基礎となる学力に支えられたものです。たとえば、東京大学の大学院生と一緒に研究したとして、数学、物理学、英語などの必要科目の学力がひどく劣っているようなことがあれば研究どころではないはずです。だとすれば、言い方は悪いですが、研究のまねごとで終わるかもしれません。
それでも、その分野の研究がしたいが東大は無理というのであれば、東海大の院に進むという選択肢もあるでしょうが、現実は厳しいんじゃないかと想像します。
別の分野で良いなら現実的な対応をした方がいいんじゃないですか。
いずれにせよ、その分野にどれだけこだわるかと言うことと、世間的な評価をどの程度気にするかということを秤にかけて考えてください。

たとえば地方旧帝大と東大の大学院を比較すれば大きな差はないですので、学歴を気にしないという選択肢もあるでしょうけど、失礼ながら東海大だとそういうわけにはいかないと思います。本人は気にしなくても、企業の担当者からみれば大きな差があると思います。
問題点は何かといえば、現在の日本の社会において、大学名というのは高校卒業時点での学力を表していると多くの人が認識していることです。
あなたも、「本来なら東京大学大学院に進学しなければ入れない研究室」と書いておられます。それならば、「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報