現在自分がやっている研究が、所属している研究室でメジャーに行っている研究と著しく分野が異なり、そのせいか教授も自分の研究に無関心です。
それなら所属している研究室に拘らず、もっと自分の研究の分野を盛んに行っている研究室に異動して研究した方が自分にとってベターであると考えました。
それで、目当ての研究室(他大学です)にメールを送りたいのですが、どのようなメールを送るのが良いか分からず困っています。

いきなりこちらの事情を話した上で、そちらの研究室に異動したいのですと切り出してしまって良いのでしょうか?それともまずはそちらの研究室に興味を持ったので研究室訪問をしたいと話を濁し、研究室異動を考えている旨はその研究室訪問時に切り出すのが良いのでしょうか?もしくは他にベターな方法があるでしょうか?

なにぶん、このような事は初めてでどうしたらよいのか分かりません。
相談にのってください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、研究室を変わりたい理由が「機材や分野等が違うため自分のしたいことができない」という研究内容によるものなのか、「研究室や教授の指導と合わないからここでDを取りたくない」というものなのかによると思います。


前者の場合、そもそもその研究ができる研究室が他にあるのかがポイントにもなります。その研究を始めた以上、難しいならそれはきちんと今の教授と相談して、方向を変えるとか、できる研究環境を整えてもらう(出向など)か、あるいは研究テーマを変えるとかきちんと議論する必要があるともいます。修士ならともかくDなら、「研究を計画し、きちんと成果でまとめる能力」も必要なわけで、はじめから無理と思われる研究を限られた設備で計画しようとするなら、難しいということをきちんと教授に伝えるべきでしょう。Dを取る以上、単に言われた研究をすればいいのではなくて、実行可能性や見込というものも少しは教授と相談する能力もあるべきと思うからです。その上で、今の研究内容に固執してただそれをやる設備や技術が今の研究室にはない、というならDをとる研究室を変えるべき(つまり研究室が合っていない)と思います。ただ、それでもこの短期にそうなるのも少しおかしいですし、別の研究室にいっても同じテーマができるとも思えません。そのあたりを良く考える必要があるでしょう。

後者の場合でも、今の教授にきちんと伝えるべきと思います。個人的には、一生にかかわることなのでそういうのがあってもいいとはおもいますが、一般的には、今の教授にも、受け入れ先の教授にもあまり好まれない場合が多いということは肝に銘じておく必要があると思います。礼儀としては、どれだけ中が悪くても、第3者にコンタクトをとる場合は今の教授に伝えるべき、と思います。厭味を言われたとしても、一応建前上「許可」を得てやっていることが重要なわけです。間違えなく、向こうの教授には「なぜうちに入りなおすの?」と聞かれますから、それに納得できるだろう理由を(当たり障りないもの。当「うそ」でない)を用意するべきと思います。ある程度、嫌がられる場合も致し方ないとおもますので、場合によっては自分の行きたい研究室(とくに人気があるところ)は拒否されるかもしれませんが、一般的に大学院生はポスドクに比べてお金がかからず要員ですから、必要なところで、あなたに問題がない(人格的か学力的に)なら受け入れられると思います。

いずれにせよ、勝手に行動というのは、今後のことを考えてもあまりよくないです。研究室に身分を置く以上教授にそういう相談は誠意をもって、それでもあまり露骨にならないようにうまく伝えるのが重要です。いきなり「研究室をやめたい」とかでなくても「少し進路を悩んでいて、入りなおしたい、、(中略)まだ、悩んでいるのですが、●●をやっている●●教授にコンタクトを取って見てもいいですか?」とか、あくまで今の研究室を否定しないように、自分の内面的な理由から今後について悩んでいる。」ということにしておく、などの配慮が重要です。いきなり「合わない」とか「ほかに進む」とかは人にもよると思いますが、いい印象がないのはわかりますよね。もし、ほかの教員がいるならその人にとりあえず夕飯を誘って相談するとかしてからにしましょう。
    • good
    • 0

No.3の方(相当な経歴の同業者の方と拝察しています)の回答を拝見して,No.2の補足。

質問者が混乱するといけませんので。

ぼくは,No.3(すべてにわたって,しごくごもっとも)をすっとばして,「他大学の教員から指導を受ける制度」を抜け道として示しました。あなたのいまの所属をA大学,他大学をB大学とします。制度を適用しても,あなたの所属はA大学のままですから,入試はありません。指導体制は,A大学のいまの先生が主指導教員,B大学の先生が副指導教員となります。ふだんの実験はB大学で行い,ときどき成果をA大学で報告することになるでしょう。D論審査では,A大学の主指導教員が主査,B大学の副指導教員が副査の1名になるはずです。

じつは,ぼくが大学院生だったむかし,この制度が初めてできました。それ以前から,指導教員の了解のもとに,同窓の大先輩を個人的にたよって他大学で実験させてもらっていて,既成事実がありました。制度ができたので,手続きをちゃんとしたほうがいいだろうと考え,指導教員にこの制度の適用を願いでたのですが,ひとこと「めんどくさい。勝手にやれ」。そういう牧歌的な緩い指導体制でした 爆。
    • good
    • 0

少なくとも現在の指導教員に話を通さずにそういったことをするのはやめた方が良いです。


そういった学生から連絡されても先方は困ります。研究室訪問という名目でも同じことです。D1の院生がそういうことをすること自体異常だからです。今の指導教員に知らせずに先方とコンタクトしたいというのであれば、学会を利用するしかないでしょうね。

また、あなたは研究室の異動といいますが、それは「他大学の大学院博士(後期)課程に入学」ということです。当然のことながら入試に出願し、試験を受けることになります。当然、大学及び大学院(修士)の成績証明書等も必要です。もしかすると指導教員の所見も必要かもしれません。そういった段取りも頭に入れておく必要があります。

いずれにせよ、今の指導教員に相談しないというのであれば今後、いろいろなトラブルが生じることは必至だと思いますよ。
どうしても今の指導教員に話したくないというのであれば、トラブルを避けるため、今の大学院をやめてから先方とコンタクトを取ることも可能でしょうけど。しかし、先方がそういう学生を取りたいと思うかどうか疑問であり、先方が受け入れてくれなかった場合に困りますよね。

先方があなたを受け入れてくれるというのは、あなたの希望的観測に過ぎないことをまず認識しておきましょう。特にトラブルを抱えている学生を受け入れたいと考えるところは少ないと思いますよ。その一方であなたの指導教員が仲介してくれれば受け入れてもらえる可能性は格段に高まるでしょうね。
    • good
    • 0

・分野をおおまかに書いたほうがいいですね。

実験機材などがからむかどうか,わかりませんから。

・いまのところの修士課程でも,研究できなかったり,M論を正当に評価してくれなかったり,指導教員から「君の面倒はみきれんな」と言われたりしたんじゃないでしょう? じゃあ,「著しく異なる」というのはあなたの主観,ないし,「かまってくれないよう」という幼い泣きべそのいいわけであり,じっさいは許容範囲の内だったと思われます。あと3年間,平然と居座ってD論を書けばいいんじゃないですか。

・客観的にみて,いまの研究室で持てあましており「他大学のほうがいい」と指導教員も認めるなら,「他大学の教員から指導を受ける制度」(預かり弟子)があるかを確かめ,指導教員を通じて相手先にはなしを通すのが正攻法でしょうね。
    • good
    • 0

まぁこういう事は知りませんので通用しないかも知れませんが


社会的常識から推測される範囲での答えですが。

まず相手の事から考える方が攻略法として正しいです。

まず移動したいというならその原因根拠状況状態結果あとは自分の価値。
相手から観てそれが適合しないと判断するなら寧ろ信用が出来ないので断ると思います。

状況と言うのは自分の状況もそうですが勝手にやっても平気なのか?って事です。
頭飛びにするのは社会的に問題あるととも言える風潮は有りますし。当然とも言えます。


ベタないい口で行くと
まず自分の上司にその事は言って異動先を探したいと言うとかしてから見学したいとか相手の状態を聞くのが筋だと思いますよ?


自分の事だけ考えて言うなら相手の印象も悪いです。
考えられるケース全て考えてから行動とるべきです。

上司に言わない→気分が悪い
上司が興味が無い→本心はどうなのか分かっているのか?
相手にメールする→いきなり言われても困る
訪問で切り出す→  "

余程の人望でも無い限りまずその行動パターンを取るなら信頼性が弱いとして観て相手は断りますね。

予算も少なく研究も切る対象で完全に孤立無援だけど研究として打開策に繋がる道筋を見つけつつ有るって言うなら別ですけどね。

会社的な発想では無く人としてって感じで考えるべきかなと思います。


例えばですが友達グループで自分に問題有るんだけど周りの友達はそれは承知だけどグループにしているんだけど
そういう状況で他のグループが楽しそうだから
あっちは嫌だし無視しぎみだからこっちで遊びたいって言っても皆嫌でしょう?

何?アイツ 何突然言ってくる?って事になるでしょ?

具体的にとか通例は他の方が伝えてくれるとは思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理系修士1年ですが、担当教授が異動になり研究室が今年度限りとなりました

理系修士1年ですが、担当教授が異動になり研究室が今年度限りとなりました。
私の来年度の研究室は同じ学科の似た専攻をしてる研究室に移り、
研究自体は教授が他大に行っても

遠隔MTGやメールなどで現在の研究を続けるということです。
しかし、実は本年度も教授は研修?(詳しい名目は不明ですが)で海外の研究所に1年赴任しており、
SkypeによるMTGやメールのみの指導となっています。
なので、大学院で担当教授の講義などを受けることができませんでした。
実際に直接指導を受けたのは学部4年生時の1年のみです。

学部4年時にも翌年に教授が海外赴任するということを知らされていませんでしたし、
修士1年時(現在)も来年に異動するとは聞かされていませんでした。

研究自体に関してはそれ程問題なく順調に進んでいますが、
私は大学院に進学した甲斐があるのでしょうか?

もし直接の指導を頂けないなら研究室を選択する際、
もしくは大学院進学自体を考え直していたかもしれません。
(就職活動も学部卒業時の方が好景気でした。)
そう思うとなんだか納得できない気持ちで今いっぱいです。


研究が順調ならそれでいいのか?
ならば通信教育でも変わらないと思います。

本来ならばこういった悔しさも研究にぶつければよいかとは思いますが、
大学や教授にまだ納得できずにいるのでそうもいきません。


こういったことはよくある事なのでしょうか?
私はこんな扱われ方でよいのでしょうか?

理系修士1年ですが、担当教授が異動になり研究室が今年度限りとなりました。
私の来年度の研究室は同じ学科の似た専攻をしてる研究室に移り、
研究自体は教授が他大に行っても

遠隔MTGやメールなどで現在の研究を続けるということです。
しかし、実は本年度も教授は研修?(詳しい名目は不明ですが)で海外の研究所に1年赴任しており、
SkypeによるMTGやメールのみの指導となっています。
なので、大学院で担当教授の講義などを受けることができませんでした。
実際に直接指導を受けたのは学部4年生...続きを読む

Aベストアンサー

>こういったことはよくある事なのでしょうか?
>私はこんな扱われ方でよいのでしょうか?

 良いわけありません。異常事態です。
 指導教員の動向は、遅くとも昨年3月には決まっていたのでしょうから、道義的には、学生には指導できない事情を説明し、了解を得る必要があると思うし、専攻長などは、代行指導教員を決める等の方策を立てるのが当たり前です。指導教員の教授としての人間性が疑われると同時に組織のいい加減さを感じます。
 指導教員が常時居る研究室の院生と比べると差別であり、納得できないことです。私が質問者の親であれば、高い授業料を払っているのですから、大学に抗議します。院生は学費を払って研究をしているのであり、指導を受ける権利があり、指導教員は指導する責任があります。指導教員の都合でこのような状態になることは考えられません。避けられない都合がある場合は院生に迷惑が掛からない方法を最善を尽くして探すのが大学人として当たり前です。教育者としての自覚がない教員がかなり居ます。80年代の文科省による高校の理系科目の教育内容の削減政策、教養科目の減少等で学力低下が始まり、あれから30年、大学教員にも影響が出始めています。
 昨年の4、5月の時期なら実質的な変更も可能であったかも知れませんが、もうすぐ学年末ですし、来年のことも決まっているようですので具体的にどうしたらよいのかアドバイスできません。しかし、スポンサーの親には事情を説明しておいた方がよいのではと思います。
 研究は順調と言うことですので、また、来年度は指導員も付くとのことですので、指導教員といい関係を築いて、今までの分を頑張って取り戻してください。

>こういったことはよくある事なのでしょうか?
>私はこんな扱われ方でよいのでしょうか?

 良いわけありません。異常事態です。
 指導教員の動向は、遅くとも昨年3月には決まっていたのでしょうから、道義的には、学生には指導できない事情を説明し、了解を得る必要があると思うし、専攻長などは、代行指導教員を決める等の方策を立てるのが当たり前です。指導教員の教授としての人間性が疑われると同時に組織のいい加減さを感じます。
 指導教員が常時居る研究室の院生と比べると差別であり、納得でき...続きを読む

Q修士1年の途中から研究室を変更したいのですが・・・

国立理工系M1院生なんですが学部時代には開発系研究室で研究をしていました。
現在は違う分野の理論系研究室に所属しています。(進学直前の研究室配属であぶれた結果、希望を全く考えてなかった研究室へ 第一希望は学部と同じ研究室でした)

前期は仕方がないと感じ研究に取り組んでいましたが、環境変化や教授とのウマが合わない等いろいろあって精神的にもまいり、
学部時代の研究室に戻って研究したい気持ち・研究アイデアの構想がかなり強くなり、現在の研究室での理論研究にも手がつかない状態になってしまいました。

学部時代の教授には相談し受入許可がもらえたのですが、出先教授には失礼だと感じまだ打ち明けてはいません。
学年主任に頼み込んだところ、教授会で1年留年しなければ指導教官の変更は許さないとの決まりらしいです。

金銭的にも就活的にもこの事での留年の選択肢は納得できず、できるだけ避けたいと悩んでいます。

教授会では丸2年の研究期間を学生に求めているようですが
自分としては学部時代の研究ではそれなりの功績を残せ、実験器具の使用方法も熟知していて、
少しきついが今からでも研究室を移り、来年末までに修論を書ける自信と展望があります。(書けなくても自己責任あることは自覚しています)

成績関係で希望研究室からあぶれてしまったのは自分のせいなのですが、このような教授会の決まりには逆らわず1年留年してやり直しがきくというのは賢明な判断なのでしょうか?

私自身、B3で既に一度ちょっとしたミスにより一度留年してしまい、
もう一度の留年することの恐怖感、焦燥感も大きく感じています。

学長への直談判もしようかと思いますが、どなたか過去に同じような境遇に立たされた方、教職員関係者の方など助言がありましたらお願いします・・・。

国立理工系M1院生なんですが学部時代には開発系研究室で研究をしていました。
現在は違う分野の理論系研究室に所属しています。(進学直前の研究室配属であぶれた結果、希望を全く考えてなかった研究室へ 第一希望は学部と同じ研究室でした)

前期は仕方がないと感じ研究に取り組んでいましたが、環境変化や教授とのウマが合わない等いろいろあって精神的にもまいり、
学部時代の研究室に戻って研究したい気持ち・研究アイデアの構想がかなり強くなり、現在の研究室での理論研究にも手がつかない状態になって...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの要求は、修士課程の研究を1年ですませたいということです。それは、はっきり言ってわがままであり、無理な注文だと思います。学部の功績などは無関係です。それをもった上で2年間を要求されるのが修士課程です。
仮に、10月から研究室に移って、2年後に修了したいというのであればまだ理解できなくもありません。ただし、「教授会で1年留年しなければ指導教官の変更は許さないとの決まり」があるのならそれも無理です。仮に、それが覆せるとするならば、学則なりなんなりにその決まりと矛盾する記述がある場合に限ります。学部内の出来事に関しては教授会が最高議決機関です。法律に反しない限りはそれが最優先です。それが社会の常識です。
私に言わせれば、1年留年すれば指導教官の変更ができるというのはきわめて寛大な規則だと思います。それすらできないところも多いと思います。
あなたの個人的事情というのが病気など真にやむを得ない物であるのならともかく、それには該当しないと思います。

Q研究室を変えることについて

私は国立大学の工学部4回生の者です。
4月に研究室に配属されたのですが、その研究室の教授が最悪です。どのように最悪かを説明すると非常に長くなるので省きますが、私が今まで出会った人の中で間違いなく一番最低な人間です。
私は入学時から大学院に行こうと思っていたので、就職活動はしてませんでした。院になったら研究室を変えようと思ってました。しかし、その研究室の先輩に話を聞くと、院になっても研究室を変えさせてくれないそうです。また、他の大学院に行くことも許してくれないそうです。
進路担当の教授に話を聞くと、院で研究室を変更することができると言われたので結局就活はしませんでした。私の研究室では、過去に院で研究室を変えた人はいないそうです。と言うか、変えることができなかったそうです。
私はあの教授のもとで2年も耐えれそうにありません。今でも気が変になりそうです。最近はよく眠れません。研究室を変えると言えば絶対にキレられると思うのですが、その場合は学生課に相談すればいいのでしょうか?またその場合、私はどのような行動をとればよいのでしょうか?長文でよくわからない分になってしまいましたが、みなさんのアドバイスをよろしくお願い致します。

私は国立大学の工学部4回生の者です。
4月に研究室に配属されたのですが、その研究室の教授が最悪です。どのように最悪かを説明すると非常に長くなるので省きますが、私が今まで出会った人の中で間違いなく一番最低な人間です。
私は入学時から大学院に行こうと思っていたので、就職活動はしてませんでした。院になったら研究室を変えようと思ってました。しかし、その研究室の先輩に話を聞くと、院になっても研究室を変えさせてくれないそうです。また、他の大学院に行くことも許してくれないそうです。
進路...続きを読む

Aベストアンサー

この手のことは私も経験がありますが、たいへんな思いをされていることと推察します。
相性が合わないのでしたら、袂を分かつことはやむを得ないと思います。その際、筋と言いますか、手順をきちんと踏みましょう。「アカハラ」は深刻な問題ですが、それを問題として取り上げてもらうためには、こちらに非がない状態でなければいけません。

まず進路変更をする旨、きちんと教授に相談しましょう。不安ならボイスレコーダーを持参するもしくは信頼できる先輩や友人に同席してもらうこと。そして「建前の」理由をきちんと話し、移りたいことを話すこと。そこでキレられても、再度別な日程で進路変更の旨相談すること。

そこまでやって、「こちらは真剣に相談しているのに向こうがイチャモンをつけてごちゃごちゃにしようとする」という客観的事態ができてから、学生課のアカデミックハラスメント相談室に話をして下さい。あくまで客観的な事実を揃えることが大切です。感情的になってはいけません。それを整理して下さい。そこまでやっても、後から嫌がらせ等がないとはいえません。対人感情が絡むので、なかなか難しいものという覚悟はして下さい。
もしそれができないというのであれば、がまんして卒業→他大学で研究生→他大学の大学院という選択肢以外はないのではないかと思います。

この手のことは私も経験がありますが、たいへんな思いをされていることと推察します。
相性が合わないのでしたら、袂を分かつことはやむを得ないと思います。その際、筋と言いますか、手順をきちんと踏みましょう。「アカハラ」は深刻な問題ですが、それを問題として取り上げてもらうためには、こちらに非がない状態でなければいけません。

まず進路変更をする旨、きちんと教授に相談しましょう。不安ならボイスレコーダーを持参するもしくは信頼できる先輩や友人に同席してもらうこと。そして「建前の」理由...続きを読む

Q担当教授と合いません

私は今、大学院の1年生です。
自分の研究分野にぴったりで、懇談の際も
尊敬できる人格だと思ったのでその教授につくことを決めました。
ですが、どんどんその教授の本音(?)の部分を知るにつけ、悲しい思いをしています。
価値観がまったく合わず、非人間的な考え方に虚しささえ感じます。
けれど、担当教授を変える勇気はありません。
あと1年半、どうつきあっていけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

厳しい事を言うようですが,組織の中で働く場合も全く同じ様なことがありますよ。社長と合わない,上司と合わない…そういうことに巻き込まれない方が珍しいです。「初任給○百万」という言葉を投げかけられながら,給料未払いになった知り合いもいますし。そして,「これをやりたい」と思って入った会社で,思った通りのことをやれている人もほとんどいないでしょうし。

それが組織(=研究室)に属するという事です。

・自分の中から「自分“だけ”がそんな思いを…」という意識を極力取り除く事
・選択肢として「研究室を辞める」「我慢して残る」のどちらかしかないということ(会社を辞めたい,と思っている人もわんさかいますが,金銭的なことを始め,他のメリットの方が大きいので,そのまま残るわけですよね)を強く認識する事
・今の研究室に残るメリット・デメリットをじっくり考える事

この3つは,自分に課さないと,いくらいいアドバイスをもらっても根本は変わりませんよ。


と前置きをしましたが,自分もそういった人間関係にうんざりしていた時期もありました。大切なのは「相手に求めすぎない」ということだと思います。「教授が尊敬できる人であって欲しい」「非人間的なことをいわないでほしい」これはあなたが相手に対する願望ですよね?もちろん,その願望通りの人である事が望ましいのですが,その願望が叶わないで自分が落ち込むのは,すごく損じゃないですか?

自分は,「なんだ,たったこれだけの人なんだ」と,相手に求めすぎない事によって,精神的に強くなりましたし,自分の能力も成長したと思っています。そして,そういう多くの経験が,人を見分ける力を自分の中に養ってきました。そして,その眼力(とでもいうのかな)を身につけた後は,どんどん尊敬できる人が周りに集まってきました。


結局,相手の問題ではなく,自分の問題だったんですね。


…というわけで,今回の件も,相手が云々,と考えるより,自分の問題なんだ,と帰着させましょうね。

厳しい事を言うようですが,組織の中で働く場合も全く同じ様なことがありますよ。社長と合わない,上司と合わない…そういうことに巻き込まれない方が珍しいです。「初任給○百万」という言葉を投げかけられながら,給料未払いになった知り合いもいますし。そして,「これをやりたい」と思って入った会社で,思った通りのことをやれている人もほとんどいないでしょうし。

それが組織(=研究室)に属するという事です。

・自分の中から「自分“だけ”がそんな思いを…」という意識を極力取り除く事
・選択肢とし...続きを読む

Q指導教官の教授方法がひどく精神的に参っています。

私立女子大文系大学院2年に在籍しています。社会人入試で大学院へ入学しました。現大学を卒業し、3年ほど教職についていましたが、教員生活で問題と感じていたことをさらに追求する必要性を感じ、大学院に入学しました。大学院を受験する際には、学部時代の指導教官に指導の承諾を得て入学したのですが、その教官は私が2年になる前に退職し、他大学へ行ってしまいました。そこで、現教官の元に移ったのですが、彼の望むように修士論文が進まないことを理由に、恫喝されるようになったのです。かといって、彼の望む論文がどのようなものなのか一切わからないのです。書いたものを持っていっても「好きではない」「君が何を言いたいのかわからない」というばかり、「どこが?」とたずねると「うるさい!分からないんだ!!わかるものをもってこい」と怒鳴り散らし、改善方法やどこが好きではないのかなど建設的な意見は一切聞けません。他の先生に聞いても「彼のファジーな意見にはみんな困っているんだ」「彼の言うとおり論文を書こうとしてもだめだろうねぇ」とのこと。結局、いろいろな先生に相談をしても「どうしようもない。あと数ヶ月だから、何とか自分で頑張るしかないね」という答えばかり。私も諦めているものの、「このままなら卒業させない」「君の論文が進まないということは、俺が困ると言うことなんだ」と半ば脅迫をする始末では、私は一体どうしたらよいのかと途方にくれています。恫喝されるのを我慢して、彼の指導には表面上は従うふりをしつつ、自分で論文を作り上げることしかないのかと思いますが、最終的に彼の満足のいく論文を書けることはないと思われ、その場合わたしは卒業もできず、無駄な2年間を過ごすことになるのかと思うと精神的に参ってしまうのです。何かアドバイスがありましたらお願いします。

私立女子大文系大学院2年に在籍しています。社会人入試で大学院へ入学しました。現大学を卒業し、3年ほど教職についていましたが、教員生活で問題と感じていたことをさらに追求する必要性を感じ、大学院に入学しました。大学院を受験する際には、学部時代の指導教官に指導の承諾を得て入学したのですが、その教官は私が2年になる前に退職し、他大学へ行ってしまいました。そこで、現教官の元に移ったのですが、彼の望むように修士論文が進まないことを理由に、恫喝されるようになったのです。かといって、彼の...続きを読む

Aベストアンサー

経緯から見ると,研究科長をとりあえずは信頼し,指導教官を説得するレベルまでの論文を書くことがベターと思います。確かにここに至るまでの過程での指導の実態や現在要求されている課題は,不当なものと思いますが,いったん,論文として不合格の決定が出た(ように理解しましたが)ケースを覆すには,きちんとした材料が必要です。最近の話を読むと,研究科長は解決に向けて努力しているようですし,指導教員も具体的な指示をしているのですから,それをこなすことが大事です。指導教員にはそれなりの理屈があるので,きちんと評価してもらうことも大事です。現時点では第3者に助言を受けるのはあなたの心の整理のためにも必要ですが,それ以上は避けたほうが良いと思います。
精神的にも大変でしょうが,まだ1ヶ月以上あります。3分の1は添削もされていませんが,3分の2は読むに値するレベルと言うことです。今,批判的になっても解決しません。前向きに考え,お風呂に入り,部屋を掃除し,睡眠時間を保ち,食事をとり,愚痴は親にでも電話で話し,毎日12時間は勉強しましょう。
 食べられない,眠れないは一番困ります。どうしても持たないと思ったら,医者に相談すれば,睡眠誘導剤を出してくれます。ただし,内科は安易に強い薬を出すので,かえって病気になりかねません。むしろ精神科医の方がきちんとした対処をしてくれます。薬局で相談し,簡単な精神安定剤を買う手もあります。お酒は眠りも浅くなり,依存症になる危険性もあります。
 憎しみをもって行動すると自分に跳ね返ってくることが多いのが世の中です。一応は研究科長が引いてくれた路線でがんばり,その後の様子を見てからでも遅くありません。

経緯から見ると,研究科長をとりあえずは信頼し,指導教官を説得するレベルまでの論文を書くことがベターと思います。確かにここに至るまでの過程での指導の実態や現在要求されている課題は,不当なものと思いますが,いったん,論文として不合格の決定が出た(ように理解しましたが)ケースを覆すには,きちんとした材料が必要です。最近の話を読むと,研究科長は解決に向けて努力しているようですし,指導教員も具体的な指示をしているのですから,それをこなすことが大事です。指導教員にはそれなりの理屈があ...続きを読む

Q研究室訪問メール、添削してください;;

私は理系大学3年で大学院(修士)を目指しています。
院ではOSを研究したいと思っています、そこで第一希望の研究室(他大学、国立)にメールでアポイントをとって研究室訪問を考えていて、研究室の教授宛てにメール本文を作ったのですが自信がないので添削してください。
ここ失礼じゃん!くどい!といったことでも何でもいいのでアドバイスを頂けましたら幸いです。


件名 研究室訪問について

/* 本文↓ */
XX教授    /* XX様の方がいいですか? */

XX大学XX学部XX学科3年生の"本名"です。
私は博士前期課程に進学を希望していて、システムソフトウエア(OS)の研究をしたいと考えています。
XX研究室のHPを拝見しました、特にXX研究室で研究しているXXの柔軟性にとても興味があります。
つきましては教授のご都合の良い日時にお会いしてお話を伺いたいです。
お忙しいところお手数をおかけして恐縮ですが、よろしくお願い致します。

XX大学XX学部XX学科3年生 "本名"
"電話番号" "メールアドレス"

Aベストアンサー

大学の理系についての風土を知らないので、一般社会の感覚からお答えしたいと思います。理系独特の礼儀がある場合があるかもしれないので、ご参考までということでご覧下さい。

まず、「メール」でのアポ取りとのことですが、その方法が最善なのでしょうか?おそらくサイトの連絡先にメールアドレスがあったということでしょうが、メールの場合、相手に読まれるかどうか、すぐに開封してもらえるかどうかという点で不安が残る側面がありますので注意なさった方がよいと思います。確実なのは電話でしょうね。その他にも手紙やFAXという連絡手段もあります。どれを選択するのかを再確認なさった方がよいかと思います。

上記をふまえて、メールの添削です。


---------------
/* 件名↓ */
研究室ご訪問のお願い【XX大学・XXと申します】

/* 本文↓ */
XX大学XX学部XX学科 XX教授

突然のご連絡で失礼いたします。
XX大学XX学部XX学科3年生の"本名"と申します。
貴大学のサイトを拝見いたしましてXX享受の研究に興味をもち、お話をうかがいたく、ご連絡差し上げた次第です。

現在、私はXX大学の3年生ですが、卒業後は博士前期課程に進学を希望しております。
そちらでは、システムソフトウエア(OS)の研究をしたいと考えています。

この度、XX研究室のHPを拝見し、XXの柔軟性に非常に興味をもちました。

よろしければ、こちらの研究につきましてお話をうかがいたく、お時間頂戴することは可能でしょうか。
もし可能でしたら、○曜日の○時から○時の時間帯に貴研究室にうかがうことが可能なのですが、ご都合いかがでしょうか。

突然の勝手なお願いで大変恐縮ですが、お時間を頂戴することが可能かどうか、また可能であればご都合よろしいお時間をうかがえれば幸いです。

お忙しいなかお手数をおかけしまして大変恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

なお、ご返答につきましては、こちらのメールアドレスにそのまま返信していただければ結構です。

以上

"本名"
XX大学XX学部XX学科3年生
"電話番号(固定)" "電話番号(携帯)"
"メールアドレス"
"住所"
---------------

■件名
「お願い」ということばを入れたほうがよいかと思います。相手にとっては突然の連絡なのですから。

■宛名
肩書きも入れた方がよいかなと思います。共用のメールアドレスである場合、他人が見る可能性もあるのですから、なるべく個人を特定できるかたちで。また、ビジネスメールでも、会社名・部署は書きますし。

■あいさつ
突然の連絡ですので、非礼を詫び、自己紹介、簡単な経緯説明という流れで、相手に状況をわかっていただくようつとめた方がよいかと思います。
あるいは、拝啓などの手紙の定型文を採用するのも一案です。

■詳しい自己紹介と経緯説明
あいさつ文とかぶる内容ですが、ここが肝です。例文でわからなかったので、少ししか書いていませんが、ここでもっと自分をアピールするとよいかと思います。今まで何を研究してきて、教授のところで何を学びたいのかということを言えばよいと思います(長すぎたらダメですけどね。2パラグラフくらいが目安でしょうか。)。相手にとっては、研究心に燃える学生が連絡をくれることは嬉しいことでもあるのですから、そのあたりをアピールした方がよいと思います。

■アポ取り
順序としては、訪問してもよいかどうかを先ずうかがい、それを踏まえて都合を聞くという流れが丁寧かと思います。ただ、訪問するくらいはOKという想定もできますし、自分の都合の良い時間帯を提示しておくと話がスムーズに進むでしょう。相手に選択肢を示し、その中から選んでいただくわけです。

もう一つ欲を言えば、話をうかがう時間がどのくらいになるかも示せればという気がします。一時間ですむのか、三時間くらいじっくり話したいのか。。。

■まとめ
最後にあらためてあいさつをしながら、相手に何をしてほしいのかをまとめておくとよいでしょう。

■署名
僕だったら、あらゆる連絡先を示しておきますが、これは自由。アピールのため、所属よりも先に名前をおきます。

---------------

長くなってしまいすみません。
あくまでもご参考ということでご覧下さい。
僕のメール文は、非常に丁寧な書き方ですので、場合によってはもう少し、くだけてもよいかもしれません。
あと、サイトに表示されるために改行は入れませんでしたが、適度に改行を入れることが必要ですね。

大学の理系についての風土を知らないので、一般社会の感覚からお答えしたいと思います。理系独特の礼儀がある場合があるかもしれないので、ご参考までということでご覧下さい。

まず、「メール」でのアポ取りとのことですが、その方法が最善なのでしょうか?おそらくサイトの連絡先にメールアドレスがあったということでしょうが、メールの場合、相手に読まれるかどうか、すぐに開封してもらえるかどうかという点で不安が残る側面がありますので注意なさった方がよいと思います。確実なのは電話でしょうね。そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報