動物病院への転職を考えて居るのですが、雇用と労災しか保険について記載されて居ませんでした。

健康保険と厚生年金については此方で払わなきゃ行けないって事ですよね?でも少し調べたら健康保険は2ヶ月以上働いて30時間以上働いて居たら加入は義務になるみたいに書いてあって

その場合でも会社から半額出たりとかは無いのでしょうか?保険について良く解らないので教えてください

もし払わなきゃ行けない場合月幾らくらいになりますか?詳しく教えて下さると嬉しいです

無知ですみません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>健康保険は2ヶ月以上働いて30時間以上働いて居たら加入は義務になる


どこの記述か知りませんが、健康保険にこんな決りはありません。雇用保険の加入義務が週20時間以上の労働と1ヶ月以上の雇用期間の場合です。それと混同しているようですが、、、。

個人開業の獣医師さんで先生以外のスタッフが4人までなら社会保険(健康保険・厚生年金)に加入する義務はありません。雇用保険は人を雇ったら上記の加入義務があるので、そのあたりはきちんとしているところなのではないでしょうか。あくまで、推測ですが。

そういうところに勤めるなら、自分で国民健康保険に加入し、国民年金を払うという形になります。厚生年金は事業所で加入するもので個人では加入できません。国民健康保険は市区町村ごとに保険料が異なりますので、住所地の役所で聞いて下さい。

半額出してもらうというのは、あくまで事業主の考え方によります。何らかの名目で手当てをつけてもらうという格好でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
つまり4人以下なら加入の義務はですね。
もしかしたら人が増える場合等は加入する場合も有るのでしょうか

非常に無知で申し訳無いのですが国民健康保険に入れば年金は貰えるんですよね。
将来がちょっと不安です。

お礼日時:2011/04/26 18:13

2です。


回答よく読んでもらえませんか?
国民健康保険に加入して、国民年金を払うのです。健康保険が国民健康保険で、年金は国民年金になるのです。
国民健康保険に入って保険料を支払うだけでは健康保険がカバーされるだけです。国民年金を別に払って25年払えば年金の受給資格ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言葉足らずですみません。それは理解出来ました。

社会保険(の中の厚生年金)
国民健康保険(の中の国民年金)
って事ですよね。それは理解出来たのですが厚生年金と国民年金の場合幾ら位差額があるのかなと。

もし余りに差が有るのであれば転職を止めて置いた方が良いのかなとorz

お礼日時:2011/04/27 16:24

社会保険に入るのは会社の義務なのですが、


実態として加入していない会社がけっこうあります。

そういう場合は社会保険に入ることができず、
さまざまな不都合を蒙ることになります。

その場合、今で通り、国民健康保険、国民年金への加入となります。

自分で社会保険に入ることはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つまり会社が加入していない場合は社会保険に加入が出来ないのですね。
入っていない場合は今まで通りになるって事ですよね…?

とりあえず会社に聞くのが一番何ですかね

お礼日時:2011/04/25 19:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。 それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約

65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。
それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約はできないと、言う事でしょうか?

Aベストアンサー

>65歳以上の人間は週20時間以上の契約は
>できないと、言う事でしょうか?
そういうわけではありません。
週20時間以上の雇用契約はできるし、
働けます。

いったん退職されてしまうと、
雇用保険に加入できず、
基本手当は受給できなくなるし、
高年齢求職者給付も受けられなくなる
ということです。

ベースにあるのは年金との関係だと
思います。
年金が受給できるので、失業しても
失業給付の受給はない。
ということでしょう。

Q雇用保険に未加入?雇用保険被保険者証はどうすれば・・・

この3月に転職が決まりました。24歳女です。
前職はNPO法人での勤務で、とてもやりがいを感じていましたが、
社保や待遇面で未整備な面が多く、生活を立て直すためにも泣く泣く
転職へ踏み切った形です。

今度採用が決まった会社で、入社時に雇用保険被保険者証の提出を
求められています。
しかし、前職でそのようなものを頂いたこともありませんし、
もちろん失業保険も受け取っていません。
これは、「前職が未加入のため頂いていません。」と説明してしまって
よいのでしょうか??

あるいは、雇用保険は強制加入とのことで私の働いていたNPOも例外では
無さそうなのですが、加入するよう進言すべきなのでしょうか?
ちなみに、前職では月~金曜の週5日、二年間常勤勤務していました。

保障面では限界を感じておりますが、大変良くして送り出してくださった
職場だっただけに、後足で砂をかけるような行動に思え戸惑っています・・・。

初めての転職で、何も分からずお恥ずかしい限りですが、皆さまの
お知恵を貸していただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

雇用保険の未加入の会社もたまにはあるので、転職先には前の職場は未加入でしたと言っても差し支えありません。

加入するのは雇用側の義務なのですが、経営面で余裕の無い会社はかけたがらないですね。

現在まだ他のスタッフもいると思うので、進言したい気持ちはわかります。退職したからこそ言える事もあると思います。
付き合いを退職後その会社と全くしないのであれば進言するのも良いかと思います。
その辺りよく考えてからのほうが良いかなと思います。

Q65歳以上の退職の場合の雇用保険について

老齢厚生年金を受給しながら、62歳11ヵ月から再就職し
雇用保険に加入しています。
65歳に達しても、再就職先があれば働きたいと思っていますが
65歳以上の退職者には高年齢求職者給付金が受給でき、
かつ老齢年金を受給していても両方同時に受給できるとありますが
間違いないでしょうか。
例えば、
(1)65歳1ヶ月で退職した場合、(給与は19万円)
(a)過去6ヶ月の平均給与で計算された基本手当が50日分一括支給
(b)65歳に達して1ヶ月なので、加入期間は1年未満となり30日分が一括支給
(c)65歳以上は雇用保険は加入できないので、1ヶ月は未加入と
なるので(a)(b)以外の計算方法?

(2)65歳を過ぎても同会社に勤めていた場合、雇用保険は未加入
となりますが、退職が67歳となっても受け取れますか。
有効期限のようなものはないですか。

(3)65歳に到達する年度に雇用保険解約されるという規則は
本当でしょうか。会社の都合だけでしょうか。

込み入った質問で恐縮ですが、よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)、
すなわち、65歳の誕生日の1日前以降に離職したときは、
基本手当ではなく、一時金(1回かぎりの支給)としての
高年齢求職者給付金を受けられる。
年金との間の併給調整は行なわれないことになっているため、
老齢年金(老齢厚生年金、老齢基礎年金)と
高年齢求職者給付金は、どちらとも受けることができる。

このとき、2に該当する人を「高年齢継続被保険者」といいます。
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)よりも前から
事業主に雇用されており、かつ、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)以降の日についても、
引き続きその事業主に雇用され続ける人をさします。
つまり、このような方が65歳に達した日以降に離職した場合に
高年齢求職者給付金が支給されることとなります。
支給額は「離職前の“被保険者であった期間”」に応じて、
基本手当の日額の、30日分又は50日分に相当する額となります。
以下のすべての要件を満たすことが前提です。

イ.
離職により、受給資格の確認を受けた。
ロ.
労働の意志・能力はあるが、職業に就くことができない状態。
ハ.
算定対象期間(原則、離職前1年間)のうちに
被保険者期間が通算して6か月以上ある。

以上のことから、ご質問の例の場合には「ハ」に相当し、
通算の被保険者期間が「1年以上」となると思われることから、
基本手当日額の50日分に相当する高年齢求職者給付金を
受けることができます。
すなわち、ご質問の(1)は(a)となります。
(注:「1年未満」であれば、30日分です)

計算方法は、基本手当と同様です。
すなわち、被保険者期間としてカウントされる月のうち、
離職前6か月間に支払われた賃金の額をもとに計算されます。
(注:カウント ‥‥ 賃金支払の基礎となった日数が11日以上の月)

なお、基本手当同様、待期(7日)や給付制限期間があります。
自己都合退職のときは、待期に引き続いて3か月の給付制限期間を経ないと
高年齢求職者給付金を受けることができません。
また、高年齢求職者給付金では受給期間延長手続が認められないため、
病気やケガで引き続き30日以上職業に就けなかったとしても、
受給期間の延長(受給開始の先延ばし)はできません。

基本手当(A)、高年齢求職者給付金(B)ともに、
離職日から1年を経過してしまうと、以後、受ける権利は失われます。
すなわち、A・Bのいずれであっても、
離職日から1年以内に請求を済ませなければなりません。
ご質問の(2)の答えの1つです。

> 退職が67歳となっても受け取れますか。

高年齢求職者給付金であれば、受け取れます。

65歳以降であっても、65歳前から雇用されており、
かつ、引き続き65歳以降も雇用される場合に限っては、
雇用保険法第6条第1項(適用除外)の定めにより、
適用除外から除かれるためです。
ご質問の(2)および(3)の答えとなります。
(つまり、引き続き雇用保険の被保険者となります)

雇用保険法第6条第1項
次に掲げる者については、この法律は、適用しない。
一 六十五歳に達した日以後に雇用される者
(同一の事業主の適用事業に同日の前日から引き続いて
六十五歳に達した日以後の日において雇用されている者‥‥を除く。)

65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)までに離職したとき、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)に再就職した場合でも、
雇用保険の被保険者とはなれません。
これが、ご質問の(3)の答えで、つまり「ほんとう」です。
雇用保険法第6条第1項による定めです。

言い替えますと、既に説明させていただいたとおり、
65歳に達したとしても離職せず、
引き続き同一事業主に雇用され続ける、ということが必要です。
そうすれば、65歳以降の離職であっても、
少なくとも、基本手当に相当する高年齢求職者給付金を受けられます。

誤りのないように十分留意しながら記したつもりではありますが、
詳細については、必ず、ハローワークにお問い合わせ下さい。
 

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕...続きを読む

Q転職の際の社会保険と雇用保険の話

よく社会保険や雇用保険で職歴(社名)がばれてしまうという話がありますが、そんなことはないという意見も見かけます。
もちろんケースバイケースだとは思うのですが、実際のところどうなのでしょうか?
要点をまとめると

■まずは社会保険被保険者証を次の会社に提出する?
■その際、社名はばれる?
■雇用保険被保険者証は提出する?(今の会社には提出していません)
■その際、社名はばれる?
■源泉徴収(年末決算)の際、今年働いていても、働いてないということにはできない?

実は、今年に入ってから初めて3カ月という短期で辞める予定の会社があります。
今まで10年ほど一つの企業にいたので、このようなことは初めてなのですが、今の会社は
あまりに周囲の人間と合わないことから早めに(試用期間)辞めることにしました。
できれば、この履歴を社会保険完備の短期アルバイトという形で収めたいと思っています。

設計会社なのですが、「3か月の短期アルバイトでも、他のバイトするよりも少しでも経験を積もうと思って」というような理由で履歴書に記載することも考えていますが、できれば履歴書にも書かない方が良いのではとも考えています。
そこで後者の場合は、冒頭の問題点が発生するのではというわけです。

ちなみに前者の形で、短期アルバイトという形でも印象としては悪くはないでしょうか?
合わせてよろしくお願いします。

よく社会保険や雇用保険で職歴(社名)がばれてしまうという話がありますが、そんなことはないという意見も見かけます。
もちろんケースバイケースだとは思うのですが、実際のところどうなのでしょうか?
要点をまとめると

■まずは社会保険被保険者証を次の会社に提出する?
■その際、社名はばれる?
■雇用保険被保険者証は提出する?(今の会社には提出していません)
■その際、社名はばれる?
■源泉徴収(年末決算)の際、今年働いていても、働いてないということにはできない?

実は、今年に入ってから初めて...続きを読む

Aベストアンサー

>まずは社会保険被保険者証を次の会社に提出する?
いいえ、社会保険被保険者証は今の会社を辞めるとき返します。

>雇用保険被保険者証は提出する?(今の会社には提出していません)

状況不明、今の給料から雇用保険料を引かれているのでしょうか?
どちらにしても、手続きで加入歴がわかるということはありません。

Q65歳以上の雇用保険加入について

社員から役員(登記簿記載)になり雇用保険加入をやめた者が、66歳で役員を降りたのですが、再び加入することはできますか?

原則65歳以上での新規加入はできないことになっていますが、「65歳以前から雇用されていて65歳以後も引き続き雇用されているもの」は加入できるみたいですが、今回のケースはこれにあてはまりますか?登記簿上の役員は「雇用されているもの」ではないので該当しないのでしょうか。勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。

Aベストアンサー

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも書いてあるが、ご質問文には、『勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。』とあるので、日雇い労働被保険者(法第42条~)や短期雇用特例被保険者(法第38条~)に該当しない
4 よって、被保険者適用の余地が無い。

今後の対策
内規で、株主総会開催日から1年以内に65歳の誕生日を迎える者は、役員を自主的に退任する事とするとよい。当然に、役員退任後は労働者としての雇用実績は必要です。

尚、↓に書くような認定ケースも無いとは言い切れないので、納得できないのであれば、職安窓口と交渉してください。
◎非常にイレギュラーなケース
登記上は役員だか、実態としては経営者や役付き役員の管理下で労働をしており、労働者としての面しか持たない「平取締役」であり、役員報酬も貰っていないのであれば、職安に届ける事で被保険者資格を最長2年前に遡って認めてもらえる事もある。
その場合には、法第6条第1項但し書きの適用の余地はある。

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも...続きを読む

Q転職で雇用保険加入について

転職して数日働いたのですが、求人条件と違ったため退職を考えています。

基本的には入社1日目から雇用保険加入しなければならないようですが、
雇用保険は前会社で貰った雇用保険被保険者証を今の会社に提出しないと、会社はハロワに雇用保険手続きが出来ませんか?
その書類がなくても、会社は雇用保険手続きができるのでしょうか?
今の所、雇用保険被保険者証を出していないので、
雇用保険は手続きされていないと考えてよいのでしょうか?

すみませんが「会社に直接聞いたらどうでしょう」という話はパスでお願いします。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。
社会保険の事務をしているものです。

NO.1さんと一緒でまだ未届けだと思います。
うちの会社も提出してからじゃないと届出はしませんね。
雇用保険の資格取得は入社した日の翌月の10日までが提出期限で、健保なんかより届出期間が長いから、なおさら届出はそんなに急ぎません。

>その書類がなくても、会社は雇用保険手続きができるのでしょうか?

なくされた場合とかは紛失を出して、届けることはありますけど、基本的に雇用保険証が提出されるまでは手続きをしません。(少なくてもうちの会社は)

Q65歳以上70歳未満の医療費窓口負担

こんにちは。65歳以上74歳未満の方を前期高齢者と呼ぶそうですが、
これらの年齢の方々のうち、65歳以上70歳未満の方々の医療費窓口負担はどれぐれいでしょうか?

たしか2002年から70歳以上が一割負担、それ以下は三割負担
だったと思います。現在、後期高齢者制度のもと、75歳上が
1割、70歳以上74歳未満の方は2010年3月まで一割負担と聞きました。

65歳から70歳未満の方は3割ですか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

65歳以上70歳未満の方の窓口負担は3割です。

70歳以上になると保険証とは別に高齢受給者証というのが渡され、負担割合はそこに書かれています。
現役並みの収入がある方は3割負担、それ以外の方は1割負担(2010年4月以降は2割になる予定)です。

Q企業の雇用保険と労災加入をどの程度重視しますか?

内定をもらった会社が雇用保険と労災がありません。
厚生年金、社会保険はあります。私はすべてついているのが当たり前と思っていたのですが、

面接の際、「うちは長く勤めてもらいたいので、できれば雇用保険なんかいらない、位の人のほうがいい」と面接官が言いました。現在社長を含め5人位の有限会社で、今後もっと業績をあげていけばそこらへんは改善したいということでしたが、雇用保険に加入しないというのは、もちろん経費節約もありますが、もしかしたらすぐにやめたくなってもやめられない状況を会社が作り出しているのでは・・・と少し疑い深くなっています。

将来、嫌で転職するのではないにしても、長く働いたあと病気や何かの理由で転職する可能性も大いにあると思います。

好きな業界なので、多少の条件の悪さは承知で面接に行ったのですが、皆さんは採用されるにあたって雇用保険と労災をどこまで重視しますか?ご意見があれば教えてください。

Aベストアンサー

 全てついているのが当たり前です。
 実際、会社の人も業績をあげて「そこらへん」を改善したいと思っているのでしょう?
 「長く勤めて欲しいので、できれば雇用保険なんかいらない位の人の方が良い」とゆーのも単なるエスケープで根拠が全く不明です。
 「小さいルール違反にとやかく言うヤツはいらない」ってことでしょうか?ヤな感じですね。

 まだまだ就職が難しい状況が続いているので弱気になる気持ちも分からんでもないですが、最初っから不安を抱えて就職しても良い結果には繋がらないと思います。
 妥協して付き合った彼女とは長く続かないのと一緒です。

 あくまで確率論でしかありませんが、ある程度素性のしっかりした会社を選択するべきだろうし、全うな会社と出会える確度を上げたいのであれば、新聞や折込、職安の求人広告には応募しない方が良いです。
 求人情報誌で仕事を探したり、人材紹介会社に登録することをおススメします。
http://www.rikunabi.com/
http://www.jacjapan.co.jp/

 説明:求人情報誌の媒体や紹介会社はそれを専門としてごはんを食べているので、人材募集企業に対しての審査基準が高く、ブラックな企業に就職して企業も応募者も共倒れになるのを嫌うからです。
 新聞の求人はあくまで本業ではないので掲載基準が甘く、職安は公共の立場から潰れることがないので、呆れるくらいヒドい会社でも求人票を発行してしまいます。

 ♪よーく考えよう、仕事も大事だよ~

 全てついているのが当たり前です。
 実際、会社の人も業績をあげて「そこらへん」を改善したいと思っているのでしょう?
 「長く勤めて欲しいので、できれば雇用保険なんかいらない位の人の方が良い」とゆーのも単なるエスケープで根拠が全く不明です。
 「小さいルール違反にとやかく言うヤツはいらない」ってことでしょうか?ヤな感じですね。

 まだまだ就職が難しい状況が続いているので弱気になる気持ちも分からんでもないですが、最初っから不安を抱えて就職しても良い結果には繋がらないと思い...続きを読む

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q労災の加入期間を、雇用主が把握することはできますか?

おかしな質問ですが、よろしくお願いします。

経歴に無職期間があり、その間アルバイトで働いていたことにして、新しい会社に
採用されたとします。(実際は働いていない。ニートという状態です)
そのアルバイト(実際は働いていない)は社会保険(国民年金・雇用保険・健康保険)に
未加入とします。
社会保険完備の正社員として採用された場合、ここまでは辻褄が合いそうな気がします。
しかし、労災保険の加入歴で矛盾が生じると思います。
労災は、全ての雇用形態で加入が必須だからです。
加入歴がないということは、働いていないことになります。

実際、雇用者側が労災の加入期間を確認することはできるのでしょうか。
こういった情報はハローワークに登録されていると思いますが、ハローワークの職員は
問い合わせがあった場合、個人の情報を雇用主に開示するということはありますか。

おかしな質問ですが、ご教示願います。

Aベストアンサー

  できません。
  労災保険と雇用保険は労働者を雇用した “事業主” に適用されるもので、雇用保険については個々の労働者についても履歴管理を行ないますが、労災保険はそのような管理をしていないからです。
  ちなみに、労災保険の管理官庁は職業安定所ではなく労働基準監督署です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報