去年は白色申告で行い今年から青色申告の申請をし
会計ソフトを購入しました。

ここにもお世話になりやっと帳簿づけにとりかりだしましたが
早速壁にぶちあたってしまいました。

よろしくお願いいたします。

事業85%家事15%の割合で使っている車があります。

22年5月に180万円で購入しました。
代金1800000円
分割手数料227608円です。


減価償却で3年かけて償却と税務署に
問い合わせたら教えていただいたので
その通りに会計ソフトに設定しました。

毎月のローンは経費にならないと調べてわかったのですが
預金出納帳にはどう入力したらいいですか?

いろいろ見ていると
買った時に

減価償却(車両)○○○/借入金○○○

で入力して
ローンの引き落としの際は

借入金○○○/普通預金○○○

というのが正解のようなのですが
買ったのが帳簿をつける前なのでどうしたいいのかわかりません。

購入の際の入力はしていないのに
引き落としの際の
借入金○○○/普通預金○○○
だけソフトに入力したら合わなくなりますよね…?

正直どこがどう合わなくなるのかも
わからない初心者ですが教えてください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

青色申告で会計ソフトを使用するということは複式簿記で記帳を行うということでしょう。

その場合、まず期首残高を確認し、入力することから記帳が始まります。ローンで購入した場合、「借入金」ではなく「未払金」で処理するのが一般的ですからそれで書いていきますが、年初におけるローン残高を未払金勘定の期首残高に入力し、支払いの際にはその未払金から振り替えていくことになります。現金、預金、売掛金、買掛金、減価償却資産などの貸借科目はすべて同様に、期首の残高を確認してそれらを入力しておかなければ正しい経理になりません。
ただし、これは明確に事業用として区分されたものの場合の話です。特に預金などは事業専用のものでなければ計上すべきではありません。事業ではないプライベートの収支が含まれると経理処理がとてもややこしくなります。車のローンの支払いが事業用ではなくプライベートの預金から引き落とされるなら、その収支は事業とはとりあえず無関係なので、その支払時の仕訳はありません。この場合「プライベートで買った物を事業用に使った」ということで、減価償却額のうち事業供用分を期末に計上すればいいだけのことです。(仕訳は「減価償却費/事業主借」になります。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもわかりやすい回答ありがとうございます。
初心者でも理解できるように
書いていただき感謝しています。

図々しいのですがさらに
教えて頂きたいことがあります。

11月15日から12月まで経費とプライベートの買い物で使用したカードの
引き落としがあったため経費の分だけを未払金として
開始残高に記入したのですが
そのやり方と同じということですよね?

口座は明確に分かれてはおらず
現金収入の為、事業用の口座は必要ないかと思っていたのですが
こちらで質問させていただいたところ
今ある口座を事業、家事兼用でかまわないと
回答いただいたのでそのまま使う事にしました。

他の貸借科目の内容はわからず
このカード支払い分と車のローンぐらい
しかわからないのですが
その金額だけを未払金で処理すると
おかしなことになってしまうのでしょうか?

現に会計ソフトを終了しようとすると
貸借差額が合いません。このまま終了いたしますか?
などと出てきて不安になります…

口座はプライベートなものの引き落としもあるので
その際は事業主貸として処理していますが
間違いありませんか?

いろいろ聞いてすみません。
よろしくお願いいたいます。

お礼日時:2011/04/28 00:43

>落とさなくてもいいからローンの引き落としを事業主貸で処理したら…



貸借対照表に、車両運搬具も借入金も載せないのならそれで良いです。
車を必ずしも必用とはしない事業ということですね。
車が必須な業種なら、きちんと載せておかないと正しい経理にはなりませんよ。

>去年の帳簿まで作成するのはちょっと私にはハードルが高いくて…

今年の開始残高に関係する部分だけでいいんですよ。

>もし去年の帳簿作って入力した場合開始残高の貸借合計差額がマイナスになり…

逆です。
去年からの繰越が正しくないからマイナスになるのです。
年越し処理がきちんとできていればマイナスになることはあり得ません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

車は必須なので事業主貸での処理はだめですよね。
わかりました(汗)


開始残高ってゆーのは去年の繰り越しを入力するところなんですがおっしゃるとおり去年の処理のところがわからずつまづいているんです(´;ω;`)


貸借対照表とゆーのもなんのことなのかさっぱり分からないので勉強不足を痛感しました(>_<)

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/29 07:50

>ただ去年は白色なので本当はいけないのでしょうが帳簿をつけておらずその買った時に…



だから、いまから去年になったつもりで去年の帳簿を作ってみて、その年末残高を今年の開始残高とするのです。
それに、白色申告だって減価償却費は認められているのですから、減価償却の計算そのものはやっているでしょう。

>開始残高にローンの分だけ記入して他の現金や預金の欄は0で入力して大丈夫なんで…

だめですよ。
1月1日の事業用財布の中身と、預金通帳に記載されている数字です。
まあ、どちらもたまたま 0 であったというなら 0 で良いですけど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

またご回答いただき
ありがとうございます。

去年の帳簿を今から
作るという事なんですね。

例えば利息などは経費で
落とさなくてもいいから
ローンの引き落としを
事業主貸で処理したら
だめですか?

それだとあとあとおかしく
なりますか?(汗)

今年の分もおいついていないので
去年の帳簿まで作成するのは
ちょっと私にはハードルが高いくて(T_T)


もし去年の帳簿作って
入力した場合
開始残高の貸借合計差額が
マイナスになり(すでにカードの未入金の処理でマイナスになってます)
合わないとでてくるのですが合わないままでかまわないんでしょうか?


どこかに同じマイナス分を入力してプラスマイナス0にするものなんですか?(>_<)


ここぞとばかりに色々聞いてすみません(汗)

お時間があるときにまたご回答いただけると本当に助かります。

お礼日時:2011/04/28 11:06

>毎月のローンは経費にならないと調べてわかったのですが…



何を見て調べたのですか。
元本の返済はたしかに経費でありませんが、返済額のうちの利息と手数料分は経費になります。

>買った時に…
>減価償却(車両)○○○/借入金○○○…
>で入力して…

違います。
買ったとき、
【車両運搬具 ○○円/借入金 ○○円】
月々の支払
【借入金 △△円/普通預金 △△円】
【利子割引料 ☆☆円/普通預金 ☆☆円】
年末決算
【減価償却費 □□円/車両運搬具 □□円】

>買ったのが帳簿をつける前なのでどうしたいいのかわかりません…

買ったときも青色申告だったと仮定して減価償却の計算をし、昨年末現在の「車両運搬具」および「借入金」残高を、今年の貸借対照表における期首の数字とします。

なお、ローンとは、銀行や車屋と連携した金融業者からお金を借りることにより、車屋に対する支払は完了させてしまうことですので、「借入金」で良いです。

支払を購入と同時に完了させず、何日かあとにまとめて支払う、あるいは何ヶ月かに分割して支払うのが、「未払金」です。
一般に、支払を繰り延べるだけなら利息までは付きませんので、「利子割引料」という経費は生まれません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

教えてくださりありがとうございます。


ただ去年は白色なので本当はいけないのでしょうが帳簿をつけておらずその買った時に記入するところをどうしたらいいのか分からないのです(T_T)

会計ソフトの最初に設定する開始残高にローンの分だけ記入して他の現金や預金の欄は0で入力して大丈夫なんでしょうか?

お礼日時:2011/04/28 08:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローンで買った車の仕訳がわかりません・・

 個人事業主です。仕訳がわからず困っています。
開業にあたって、軽の箱バンを購入しました。
 
 購入価格合計  1.190.000
 頭金       190.000 
ローン      1.000.000 
分割手数料      94.200

総支払額     1.284.200
です。

月々の支払いは1回目¥20.400 二回目からは¥18.200 です。60回払いです。
減価償却、月々の仕訳がわからなくて困っています。
支払いは、個人の普通口座からの引き落としです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 or 18,200 / 普通預金 20,400 or 18,200

3.決算時の仕訳(その1)
支払手数料 94,200×○月/60月 / 長期前払費用 94,200×○月/60月 

○月には、取得日から12月までの月数が入ります。
(来年から数年は12が入ります。支払終了年は残った端数を入れます。)

4.決算時の仕訳(その2)
減価償却費  (    )  / 減価償却累計額 (     )

緑ナンバーなら耐用年数3年の定率法、
白ナンバーなら耐用年数4年の定率法で計算します。
中古自動車なら耐用年数を2年まで短縮できます。

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 o...続きを読む

Q車のローン代の帳簿のつけかた

 3月に、個人事業をはじめたばかりで、帳簿のつけ方がよくわかりません。
 去年の12月に、中古の車を会社にいた時の、事業用として、ローンで購入しました。2年ローンで430000円。手数料26459円。
合計で、456459円です。 今は、毎月19000円のローン返済をしています。
 3月から、独立をして、引き続き、その車を事業用として使っています。帳簿上はどのようにしたらよいのでしょうか。複式簿記の会計ソフトで、帳簿をつけていこうと思っています。
 どなたか、詳しく分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして!
私も去年独立して個人事業を始めました。
1.ローンで車を購入(昨年12月)
  減価償却(車両)450,000/借入金450,000
  減価償却(繰延資産)26,459/開業費26,459
2.毎月の支払(毎月引き落とし日付で)
  借入金19,000/普通預金(現金)19,000
となると思います。
ご参考まで

 

Qやよいの青色申告 で車の減価償却

車を300万円で購入した時の減価償却の記入はわかったんですが
現金出納帳に車の代金は入れてもいいのでしょうか
その場合車両費とかに入れると全額経費になってしまいますが
科目はなににすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

弥生会計を使っていますが、入力はほぼ同じだと思いますので書きます。
車両を300万円で購入し、現金出納帳から購入の仕訳処理をしただけでは費用処理できません。
決算時に 車両運搬具/減価償却費 の仕訳を入力した時に費用として処理出来ます。
集計 残高試算表(月次・期間)と選んでいくと貸借対照表が表示されます。
貸借対照表タブの隣に損益計算書のタブがあるので、それをクリックしてください。
下の方を見ていくと経費項目の中に減価償却費を見つけられると思います。
そこに数字が入ることで減価償却資産を費用とした時の損益計算が出来ます。
当該年の減価償却費は 固定資産管理 固定資産一覧を参照すれば分かります。

Q車のローンの勘定科目

経理初心者で任されてしまいました。

仕訳をしてるのですが
会社所有の「車のローン代金」の勘定科目は
何にしたらいいでしょうか?

宜しくお教えください。

Aベストアンサー

社有車を購入したときには、

固定資産/未払金
という勘定科目となります。

引落とし毎に、
未払金/現金預金

となります。

Q事業用口座から現金を引き出した際の仕訳

商品発送時の送料や消耗品の購入などは現金で支払っています。
手元にある事業用の現金が少なくなってきたので、事業用口座から新たに現金を引き出しました。

このような場合、どのように仕訳すれば良いでしょうか。
初心者のため可能な限り詳しく教えていただけますと大変助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>事業用口座から新たに現金を引き出しました…

【現金 100円/普通預金 (or 当座預金) 100円】

>商品発送時の送料…

【荷造運賃 20円/現金 20円】

>消耗品の購入…

【消耗品費 30円/現金 30円】

Q電気代を個人口座から引落した時の帳簿記入は?

個人事業での帳簿のつけ方について質問です。
自宅で仕事をしているので電気代と家賃を按分して経費にしたいのですが、この2つは毎月、個人口座の方から引き落としになっています。
それを帳簿につけるとき、
(1)按分した金額を現金出納帳に直接記入していいのでしょうか?
(2)その場合、引落された日付で「電気代○月分 ●%」とするのでしょうか?それとも1年分を合計して12/31付で記入するのでしょうか?
(3)電気代は前月の分を翌月払うようになっているのですが、
12月分は1月の引き落としを待って記入してよいのでしょうか?

初めての申告なのでどこまで細かく考えればいいのかわかりません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>預金出納帳をもう一冊作って個人口座使用分…

家庭用の口座なら「預金出納帳」など要りません。

【再掲】
事業用の口座から口座から支払っているのなら「預金出納帳」に記載します。
家庭用の口座から支払っているなら、「事業主借」勘定で処理することになります。

>現金出納帳に「事業主借」として記帳するのが楽なのですが…

その電気料等は、とにかく口座引き落としなのでしょう。現金で支払っていないものを「現金出納帳」に載せてはいけません。
現金出納帳に事業主借として載るのは、家計からの「実際の現金」で、事業用経費を支払った場合です。

【再掲】
【水道光熱費】○○円/家事関連費(電気料)/【事業主借】○○円

これは現金出納帳には現れず、『経費帳』に「年末決算」として記載します。

Q個人事業主の、銀行口座。個人的な入出金の区別は?

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口座から、事業用口座に100万円の入金をした。
次にその100万円を証券口座に振り替えた。

さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
そして出金は経費か、事業主貸(個人事業主への報酬)とみなされます。
ということはこの100万円の入金と出金は、仕訳として書くならば

普通預金
現金100万円 売上100万円

普通預金
事業主貸100万円 現金100万円

となってしまいます。個人事業主は自分のお金を動かすのにたまたま個人事業主用の口座を経由しただけなのに、(それもやむを得ない理由で)個人所得100万円、とみなされてしまうわけです。

さあ、このような場合、入出金をどのように仕訳記帳したら、
「事業としてのカネの出入りではなく、あくまでも個人事業主のポケットマネーが口座を素通りしただけ。
事業とは全く関係がない」
ということを明白に出来るでしょうか?

詳しい方、お願いします。

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口...続きを読む

Aベストアンサー

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借 貸方)普通預金など
逆に、個人的な入金や家事用口座から資金の入金をしたのであれば、
  借方)普通預金など 貸方)事業主借
で処理することになるでしょう。

>現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
個人事業の口座もそうでない口座もあなた個人の口座であり、どのような使い方をされてもあなたの自由です。しかし、事業用の口座については、会計帳簿を管理しなくてはならず、事業と関係ないものは家事用口座を利用されるべきです。そうしなければ、そのような取引も税務調査で必要以上にチェックされ、質疑応答などを求められてしまいますからね。

>さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
あなたにとっての普通が普通でない場合や勘違いもあると思います。
事業用の口座であっても、事業にかかる収入でない入金という場合もありますし、その逆もあり得ます。だって、事業用として開設した口座であっても、その利用方法に制限はなく、あなたの自由なのですからね。
したがって、事業用口座へ入金されても、売上などの収益勘定で処理する必要はありません。第三者からの融資であれば借入金という負債勘定で処理することでしょう。それと同様に会計処理上事業と家事を分けて処理するということで、事業主借や事業主貸の勘定科目を使うのが個人事業の会計処理です。これは法人の会計処理であれば、役員からの借入金として処理するものなのですからね。
事業主借や事業主貸などの勘定科目で処理すれば、損益計算書上の動きになりません。あくyまでも貸借対照表上の話となります。したがって、所得になるようなことはありません。

>事業とは全く関係がない」
>ということを明白に出来るでしょうか?
すでに説明した通り、そのような場合のための勘定科目も会計ルールもあります。また説明が必要であれば、証券会社の契約書類等で事業用口座が届け出ていること、家事用口座と事業用口座の通帳と証券会社の取引履歴をみれば、その動きは明白であり、損取引が金融機関や証券会社との取引であることで第三者が証明するのと変わらないことでしょう。
事業用口座でそのようなことをしなければ、説明責任はなかったかもしれません。しかし臨時でもそのような使い方をすれば、説明責任が出てくることでしょうね。コピーでも領収証や伝票などと一緒に保管すればよいでしょう。

質問を読む限り、複式簿記や個人事業の会計処理方法の基礎もままならない状態のようです。そのような会計処理の知識のままでは、不必要な税金を納めているようなこともあることでしょうね。
私が以前知人の相談を受けた際には、知人の友人に頼んで何年も会計処理と申告をしている。その知人の友人は知識が高いということでした。しかし、私がぱっと見ただけでも、年間数十万円余計に税金を払っている様にも思いましたね。会計処理も申告の考え方も、答えは一つではありません。そのために税理士という難しい国家試験などで認められた税理士が専門家として活動され、認知されているのです。簡単にそれに代わる処理が素人に出来るのであれば、税理士が先生などと呼ばれないのです。
頑張って勉強するか、税理士に依頼されたほうが良いと思いますね。

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借...続きを読む

Q貸借対照表の金額が合わない。

平成19年度の個人事業の決算書を作成中です。
会計ソフトを使用しています。簿記の知識は初心者レベルです。

貸借対照表の(資産)と(負債・資本)の合計金額が、
ちょうど売掛金(期首残)の分、合いません。

前年から繰り越した売掛金は全て回収し、今期は繰り越す売掛金はありません。

試算表というものも見てみましたが、そちらでは借方と貸方の合計金額はピッタリ合っています。

貸借対照表の合計金額が合わないのはなぜでしょうか

他に何かしなくてはいけない処理があるのでしょうか

アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あー分かった。
やはり「元入金」が違っていますね。
もともと期首からして合計が合っていないですよ。
期首も期末もともに、資産の合計と負債の合計は一致しなければなりません。

[元入金] = [期首の資産の総額] - [期首の負債の総額]
= 3,881,403 - 50,400 = 3,831,003

現金     229,136     134,010
その他の預金 378,706     2,348,758
売掛金    3,049,410
車両運搬具  224,151     116,731
事業主貸            10,667,820
合計     3,881,403     13,267319

【負債・資本の部】
預かり金   50,400      18,680
預金の利息           2,423
事業主借            7,522,769
元入金    3,831,003    3,831,003 
青色申告特別
控除前の金額          1,892,444
合計     3,881,403     13,267,319

あー分かった。
やはり「元入金」が違っていますね。
もともと期首からして合計が合っていないですよ。
期首も期末もともに、資産の合計と負債の合計は一致しなければなりません。

[元入金] = [期首の資産の総額] - [期首の負債の総額]
= 3,881,403 - 50,400 = 3,831,003

現金     229,136     134,010
その他の預金 378,706     2,348,758
売掛金    3,049,410
車両運搬具  224,151     116,731
事業主貸            10,667,820
合計     ...続きを読む

Q自動車ローンは経費に入りますか?

製造業で今年2月より独立致しました。立ち上げ時、運搬用にトラックを購入し車両運搬具として経費に入れています。会社勤務時代に購入した私名義の乗用車があり、現在は子供が時々使用しています。私も打合せや遠方に行く時には使用しているのでガソリン代など交通費として経費に入れています。もうひとつ実は、この乗用車のローンがまだ残っています。このような場合、今年2月分からの返済金を経費として見ることは出来るのでしょうか? 仕事でも使いますので車検、保険料も経費扱いにしようと考えています。 青色申告申請致しましたので現在、色々勉強中です。ご教授宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も個人事業を数年前に始めて手探り状態でなんとかやってますが、自動車のローン払いにあたって一つポイントがありまして、ローン(銀行等からの借り入れで車を購入)とクレジット(自動車販売会社が扱う分割払いでの車の購入)では、仕訳が異なりますので注意してください。

< ローン・クレジットが残っている車を事業用へ転用 >という項目が下の方にありますので、参考にしてください。

参考URL:http://www.tax-soho.com/car-loan.html

Q年をまたぐ売掛金の記帳について

当方、個人事業主です。

昨年12月までに売掛金が発生した取引で
売掛金の入金が1月だった場合、

売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく
「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば
計上した事になるのでしょうか?

この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。

また、年明け1月の記帳には上記の取引案件の入金は
売掛帳に記載しなくても良いのでしょうか?
通常、売掛金の入金の際は、源泉税で引かれた分の記帳も
あわせて売掛帳に記帳しておりますが、それはいつ、
どの帳簿に記載すれば良いかもご教授下さい。

初めての経理で困っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳はしません。通常時と同様に記帳しておけば計上した事になります。


・昨年12月25日に売上48万円が発生した場合、

12月25日
〔借方〕売掛金480,000/〔貸方〕売上高480,000
売掛金元帳の借方に480,000、相手科目は売上高
売上高元帳の貸方に480,000、相手科目は売掛金


・代金が1月29日に振り込まれた場合、

1月29日
〔借方〕普通預金431,580/〔貸方〕売掛金480,000
〔借方〕仮払税金 48,000/
〔借方〕売上値引    420/
売掛金元帳の貸方に480,000、相手科目は諸口
普通預金元帳の借方に431,580、相手科目は売掛金
仮払税金元帳の借方に48,000、相手科目は売掛金
売上値引元帳の借方に420、相手科目は売掛金
※仮払税金は元入金でもOK
※売上値引は支払手数料でもOK


以上、税込経理方式

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報