ネットが遅くてイライラしてない!?

正室と側室ではどちらが愛されていたのでしょう。
そしてそれぞれどのような愛があったのでしょう。

できれば男女の愛だけではなく
江戸時代にあった様々な愛の形
(家族愛、兄弟愛、主従の愛、同性愛、ペット愛など)を
できれば
誰が、どのようなストーリーがあったのかなどをそえて
色々教えていただけませんか?

インターネットで色々と検索してみましたが
しっくりとくるものが見つかりませんでした。

お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>正室と側室ではどちらが愛されていたのでしょう。
そしてそれぞれどのような愛があったのでしょう。

まずは、将軍家でのエピソード。

5代将軍綱吉の正室小石君(こいしぎみ・信子)には子どもができず、綱吉は側室の右衛門佐(うえもんのすけ・常盤井)を寵愛したことから、嫉妬の余り、綱吉を大奥に呼び、信子と戯れていたところ、信子は突然として懐剣を取り出して綱吉を殺害した。宝永6年(1709)1月10日。そして、信子も同日自害した。
徳川実記では、信子の死を1月11日としているが、殺害を裏付ける証拠としては、綱吉の墓所である寛永寺に信子の墓もあるが、明治になるまで、罪人に被せる「投網」が被せられていた。
愛するがゆえの出来事かもしれませんね。

>>江戸時代にあった様々な愛の形

江戸時代は儒教の精神が浸透しており、「男女七歳にして席を同じゅうせず」でした。
「席」とは「寝床」のことで、七歳になったら「雑魚寝」は禁止されていました。
そして、儒教の精神で、
主従の愛は忠義。
親子の愛は孝行。
夫婦の愛は貞淑。
でした。
人生の春が近づけば血も騒ぐ。よんどころない事情で用事もないのに男女が表で立ち話をしていると、それが噂となり口から口へと伝わる時代。恋や愛には悲哀がつきまとった。

武家や商家の大店などになると、「許婚」(いいなずけ)制度が徹底しており、自由恋愛は全くと言って良いほどできなかった。

紀文の恋・・・。

紀伊国屋文左衛門は紀州湯浅(現:和歌山県有田郡湯浅町)の貧農の家に生まれましたが、18~19歳頃、そんな貧しさに見切りをつけて江戸へ出てきた。職を転々とするうちに商人の娘「綾野」と知り合い、綾野の紹介で「松木屋」で働くようになった。やがて二人は恋仲に落ちたが、商家の箱入り娘と使用人。主人が許すはずもなかった。しかし、可愛い娘の説得で松木屋の主人は紀文に、
「1,000両貸してやる。1年間で倍の2,000両にできたら、娘をくれてやる。もし、それができなければ一生この店でただ働きをしてもらう」
と、条件をだしました。
そこで、紀文は情報収集をし、紀州では「二束三文」の「蜜柑」(みかん)が江戸では結構な値段で取引されていることに目をつけ、紀州で蜜柑を買いつけ船で江戸へ運び、みごと1年後には2,000両を手にしました。そして、めでたく綾野と結ばれました。

これなどは「異例中の異例」かも知れませんね。

比丘尼との恋・・・。

江戸時代の天和年間(1681年頃)になると、諸国勧進に廻っていた尼さんが江戸で春を売るようになった。坊主頭を抱くのも少々愉快だが、
「三が日待たず 比丘尼は見世を張り」
と、狂歌にも唄われたように、正月の三が日も待てないほど結構人気があった。
しかし、貞享年間(1687頃)、比丘尼と武士の心中事件が起き、江戸中の噂となり、ついには町奉行所も出動し、比丘尼たちがたむろしていた中宿の一掃をしてからは火が消えたように音止みとなった。

俗世を捨てても捨て切れなかった悲恋だったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのエピソードありがとうございます!
確かにどれも愛ゆえですね…。
愛にも色々ですね、勉強になりました!
そして
紀伊国屋文左衛門さん、すばらしいです

お礼日時:2011/05/01 22:58

そもそも、正室と側室でのどちらが愛されているというのは難しいのかも・・・。

果たすべき役割も立場も違うわけですし。

正室は、家格や石高などの釣り合いが考慮され、当人同士の意思など介在する余地はほとんどなかったと思います。

側室は、誰でもっていいってことはなくても、少なくとももう少し選択に幅があったのでは。

徳川将軍家でも、正室は(上位の)公家もしくは宮家の姫ですが、側室は体裁は整えたとしても、還俗した尼さんとか、八百屋の娘とかだったりするわけで。

西の公家勢力に権力を握らせないためにも正室には子供を生ませなかったそうですし。
将軍家への権威付けとしての公家の娘は必要でも、権力は渡したくない、といったようなコトのようです。

かといって、側室は、大奥のお年寄などが自己の権力保持や拡大のために、部屋付きの女中を側室あげたという側面もあるそうで。


男性同士でも、現代でいう同性愛とは違った意味での衆道というのがあったそうですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
なるほど、確かに正室と側室では役割が違いますよね。
将軍と正室(もしくは側室)の間には
今でいう愛(純粋な)のような感情はなかったのでしょうかね?

お礼日時:2011/05/04 00:54

武士道とエロス (講談社現代新書) [新書]



このへんの書籍によれば、愛とは同性愛だけ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!?
なんだか深そうですね。
情報提供ありがとうございます!

お礼日時:2011/05/01 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代に「愛」とはどんな意味を持っていたか?

今NHK「天地人」で、上杉景勝の家臣直江兼続が、「愛」の一文字をあしらった兜を着用して豊臣秀吉に拝謁するために上杉軍とともに上洛し、都で物珍しさからか大変な評判になっていますが、当時はやはり質実剛健を旨とする時代ですから、武士階級の間で「愛」というのはヤワな印象をぬぐい切れなかったと思うのです。
一説には、直江兼続の兜の「愛」は「愛染明王」から取ったとのことですが・・・
1)実際の所、直江兼続はどんな気持で「愛」の一文字を選んだのでしょうか? 
2)又、兼続や当時の武士階級にとって、「愛」とはどんな概念だったのでしょうか? 現代の「愛」との意味の違いについては如何でしょうか?

Aベストアンサー

近頃この質問がおおいですね
狭い範囲の肉親間の愛情なら 今と近いでしょう
何百年も前に現代の愛と思しき概念があろうはずはないでしょうし
ましてや兜の前立ちですから 戦場での心構えでしょう
愛染明王の武としてのあやかり愛なら 戦国100年の間に 他にも
使用した武将もいたでしょうしね 
抵抗するな わしは 慈 愛 があるから 降伏しろという具合の仏教的背景なのか
結構抵抗するものには なで切りしていますからね
神社なら 愛宕神社の愛 
本地佛は勝軍地蔵ですしね まあ戦国なんでね 常勝祈願的に
愛民の愛なら よほど 領地の一揆が多かったのかということになりますわね
景勝は義 そして愛 無愛想な当主 
NO,2としての治政的思慮的バランスからなあ
それとも武としてのもうひとつをカバーしたかったのかなぁと

まあ テレビはテレビ 都の人に愛という字が読めたかどうか
話題ひとつならなかったんじゃないですか 他国のそれもやたら強かった上杉軍には 秀吉も宣伝して人目の野次馬はおおいでしょうけど
一国の家老クラスですから 宰相といえど官僚

小説のテレビ化ですので 兜の前立てに愛は格好のエサでしょう
みんなあっというまに 戦国と愛 戦場に咲く愛の花になっちゃったね

戦国100年間は農業史的に3,4年に一度飢饉に見舞われ どの大名も他国への侵略略奪に忙しかった100年でもあったわけで
上から下まで 生きるか死ぬかの戦いの中で 絶対勝ち抜くとしての
愛染明王 愛宕社の 武運の希求にほかならないというところが
妥当じゃないかと 
利のみで動く時代から 今 その前に立ちはだかったのが現代の愛 

近頃この質問がおおいですね
狭い範囲の肉親間の愛情なら 今と近いでしょう
何百年も前に現代の愛と思しき概念があろうはずはないでしょうし
ましてや兜の前立ちですから 戦場での心構えでしょう
愛染明王の武としてのあやかり愛なら 戦国100年の間に 他にも
使用した武将もいたでしょうしね 
抵抗するな わしは 慈 愛 があるから 降伏しろという具合の仏教的背景なのか
結構抵抗するものには なで切りしていますからね
神社なら 愛宕神社の愛 
本地佛は勝軍地蔵ですしね まあ戦国なんでね...続きを読む

Q天皇の側室について

平成天皇、昭和天皇、大正天皇、明治天皇、、、、の中にも側室(二号さん)の子どもであった人が複数いると某雑誌に書かれていましたが、それは誰でしょうか。

 その場合、その側室である女性はどういう人だったのでしょうか。側室の人も公表されて系統図に残るのでしょうか。

Aベストアンサー

今上天皇
皇后・正田美智子…父:日清製粉社長 正田英三郎
側室なし

昭和天皇
皇后・良子女王(香淳皇后)【今上天皇の生母】…父:久邇宮 邦彦王
側室なし

大正天皇
皇后・九条節子(貞明皇后)【昭和天皇の生母】…父:従一位大勲位公爵 九条道孝
側室なし

明治天皇
皇后・一条美子(昭憲皇太后)…父:左大臣従一位 一条忠香
側室 権典侍・葉室光子…父:権大納言 葉室長順
    典侍・橋本夏子…父:橋本實麗
    権典侍・柳原愛子【大正天皇の生母】…父:権大納言 柳原愛光
    権典侍?・園祥子…父:園基祥

孝明天皇
女御・九条夙子(英照皇太后)…父:従一位関白 九条尚忠
側室 典侍・中山慶子【明治天皇の生母】…父:従一位権大納言 中山忠能
    典侍・坊城伸子
    典侍・藤原(堀川)紀子

仁孝天皇
贈皇后・新皇嘉門院 藤原繁子…父:関白 鷹司政熙
女御・新朔平門院 藤原祺子…父:関白 鷹司政熙、義父:関白太政大臣従一位 鷹司政通
女院・新待賢門院 藤原雅子【孝明天皇の生母】…父:正親町実光
側室 権典侍・観行院 藤原経子《和宮 親子内親王の生母》…父:橋本実久
    典侍・藤原研子…父:甘露寺国長

光格天皇
中宮・新清和院 欣子内親王…父:後桃園天皇
女院・東京極院 藤原婧子【仁孝天皇の生母】…父:勧修寺経逸
側室 内侍:菅原(東坊城)和子
    藤中納言局 藤原(葉室)頼子
    菖蒲小路局 藤原(姉小路)聡子
    小侍従局 藤原(富小路)明子

とりあえずちょっと遡って、正妃(皇后およびそれに準じた立場の人)と子供を生んだ側室を列挙してみました。

明治天皇の側室は、典侍、権典侍という身分のある「女官」です。
御所や皇居内に局や部屋をもらい、天皇の身の回りの世話(という仕事)をしていたと思われます。
天皇の子を妊娠した女性は、実家に帰って出産することが多かったようですが(お産は「穢れ」とされていたので、宮中で出産することはできなかったようです)、その後は、また「女官」として生涯宮仕えであり、天皇の子は、実際に自分が産んでも自分の子ではない-ということで、自分の子供にも「仕える」という形だったようです。

私も蛇足ながら…。
#2さんがお答えのように、今の天皇陛下(時々、名前を使って明仁天皇-という表記をされることもありますが)のことは、「今上天皇」、「今上陛下」というのが正しいですね。
明治以降の慣習からすれば、将来、「平成天皇」と言われるのでしょうか、51代の「平城天皇(へいぜいてんのう)」と紛らわしいような気がするので、本当に「平成天皇」になるのかなぁ-と思っています。

今上天皇
皇后・正田美智子…父:日清製粉社長 正田英三郎
側室なし

昭和天皇
皇后・良子女王(香淳皇后)【今上天皇の生母】…父:久邇宮 邦彦王
側室なし

大正天皇
皇后・九条節子(貞明皇后)【昭和天皇の生母】…父:従一位大勲位公爵 九条道孝
側室なし

明治天皇
皇后・一条美子(昭憲皇太后)…父:左大臣従一位 一条忠香
側室 権典侍・葉室光子…父:権大納言 葉室長順
    典侍・橋本夏子…父:橋本實麗
    権典侍・柳原愛子【大正天皇の生母】…父:権大納言 柳原愛光
 ...続きを読む

Q側室は名誉なことなのでしょうか?

昔の人(徳川家康など)は側室というのがあったのですよね?
側室とは今で言う愛人に近い存在ですか?
昔の人なら側室でも結構名誉なことなのでしょうか?
それとも現代みたいに「不倫の女め!」とご近所から言われたり
「みっともない」と思われたりするのでしょうか?

親などは
(本来ならば正室がいいが)
側室になれた娘を誇りに思ったりするのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そもそも、結婚制度が現代とは違うので、「現代みたいに…」という発想自体が当てはまりません。
側室というのは、徳川家のみならず、その家を守るために皇室や公家、有力な武家にも脈々と受け継がれた日本の伝統的結婚制度とも言えます。古くは4~5世紀頃の天皇家に、すでに側室と思われる女性の名前があります。逆に側室を持たなくなったのは大正天皇以降ですから、千年を超す天皇家の歴史で、一夫一婦制の方が圧倒的に短く、新しい制度だということになります。

嫁ぐ娘を誇りに思ったかどうかは、「側室だから不名誉だ」とか「正室だから名誉だ」ということではなく、婚家と実家の格の差の問題だったと思います。

日本では天皇家以上の家格はありませんから、天皇家に嫁ぐということは、どんな家でも名誉だったはずです。
徳川将軍家であれば、側室の多くは庶民や身分の低い武家の出が多かったので、やはり側室でも名誉なことだったはずです。それをきっかけに実家が取り立てられることもあったので、うらやましがられることはあっても、「不倫」だとか「みっともない」などと思われたりはしなかったはずです。

反対に、徳川将軍家の正室には、京都の公家から迎えられたことが多く、武家を見下していた公家の姫にしてみれば、東下りは不名誉というよりは屈辱と感じられたかもしれません。周囲もきっと、陰で「御気の毒に」などと思っていたのではないかと思います。

そもそも、結婚制度が現代とは違うので、「現代みたいに…」という発想自体が当てはまりません。
側室というのは、徳川家のみならず、その家を守るために皇室や公家、有力な武家にも脈々と受け継がれた日本の伝統的結婚制度とも言えます。古くは4~5世紀頃の天皇家に、すでに側室と思われる女性の名前があります。逆に側室を持たなくなったのは大正天皇以降ですから、千年を超す天皇家の歴史で、一夫一婦制の方が圧倒的に短く、新しい制度だということになります。

嫁ぐ娘を誇りに思ったかどうかは、「側室だか...続きを読む


人気Q&Aランキング