ちょっと変わったマニアな作品が集結

私文書偽造で刑事告訴したいと考えてます。
どのような手順をとればよいのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 どういう状況かはわかりませんが、事情を書いた「告訴状」をつくり、警察署にもっていくだけです。



 受理してしまうと、処理方法・結果などを書いて検察庁に送らないといけないのに、調べたらそんな事実は影も形もないということなども少なくないらしく、そんな書類を検察庁に何度も送りたくはないので「受理」には慎重だとのことです。

 その場で「受理」は期待しないほうがいいようです。

 なんでそんなことを知っているかというと、私も一度、暴行で告訴したことがあります。担当刑事?から「弁護士よりうまい」と褒めてもらったのですが、そんな説明で、「預かり」となりました。

 思ったことなど感情を抜いて、事実関係を手短に、しかし当事者名や行為など構成要件となる事実、罰条などをはずさずに書くことが大切です。

 ちなみに、告訴は後に受理され、地方検察庁で検事を相手に話してきました。その時も「保留」となったのですが、相手は、1年ほど後、別件で逮捕され1年半ほどの懲役になった旨、新聞に載りました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今日、警察に提出してきます。

お礼日時:2011/06/15 07:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有印私文書偽造罪とは

有印私文書偽造の罪はどのような処分がなされるのかどなたか教えて下さい。
依頼者の罪と依頼された者の罪(逮捕は免れないと思いますが?)

Aベストアンサー

有印私文書偽造罪の法定刑は三月以上五年以下の懲役ですが(刑法159条1項)、実際に宣告される刑がどうなるかは、事案によるとしか言い様がありません。
回答の中に誤ったものが見受けられますが、行使の目的で偽造すれば、現に偽造文書が行使されなくても、偽造しただけでこの罪に当たります。
有印私文書についての偽造を罰するのがこの罪で、行使を罰するのが偽造有印私文書行使罪です(刑法161条1項)。

一方、有印私文書偽造を依頼した者については、有印私文書偽造罪の教唆(刑法159条1項、61条1項)、または有印私文書偽造罪の共謀共同正犯(刑法159条1項、60条)になるものと思われます。いずれについても法定刑は三月以上五年以下の懲役となります。
教唆になるか共謀共同正犯になるかの線引きも微妙であり、抽象的に明確な線引きは困難です。

Q有印私文書偽造、未遂だったら罪にならない?

友人夫婦が先日新築一戸建てを購入し、ローンを組んだのですが、売買の仲介業者が、別の契約書に押した印鑑を無断で複製。添付してローンの組替えの書類を銀行に提出されました(総額が¥130万ほど高くなってしまいます)。
幸い、銀行の支店長さんが気付いて連絡をくれたのでその書類は保証会社には渡っていませんが…
今現在、弁護士を挟んで相手の業者とやり取りしてますが、弁護士さん曰く、
「実害は出てないし、これくらいの私文書偽造では警察も動いてくれないだろう」
と、相手側との和解をほのめかすような事を言われました。

そこで質問ですが…
1.私文書偽造は、実害が出ていなければ罪にはならないのでしょうか?
2.このまま告訴するとすれば、刑事訴訟と民事訴訟、どちらの方が良いでしょうか?
(少しでも仲介手数料を取り戻したいらしいので)

友人宅にはPC環境が無いので代わりに質問に伺った次第です。
どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

刑法の条文を見ると明らかです。

刑法第159条(私文書偽造等)
 【行使の目的】で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実
 証明に関する文書若しくは図画を【偽造】し、又は偽造した他人の印章若しくは
 署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を【偽造】
 した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
 2 他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を
   【変造】した者も、前項と同様とする。
 3 前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図
   画を【偽造】し、又は【変造】した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の
   罰金に処する。

つまり、目的をもった行為そのものを罰するものですので、結果は必要ありません。

刑法第161条(偽造私文書等行使)
 前二条の文書又は図画を【行使】した者は、その文書若しくは図画を偽造し、若
 しくは変造し、又は虚偽の記載をした者と同一の刑に処する。
 2 前項の罪の未遂は、罰する。

2項の未遂とは、行使しようとして失敗した場合(提出しようとしたところ、銀行の窓口時間を過ぎてしまったなど)ですから、銀行に提出した時点で偽造文書の行使が完結しています(それによる被害の有無は無関係です)。

ローンの増額分について仲介業者にお金が渡るシステムなのでしょうか? どうして増額したのかがわからないのですが? ローンで借り受けた資金はお友達の方の口座に入金されるでしょうから、どうしてそのような操作がなされたのか不思議です。多めに借りたお金を着服するような被害があるのであれば、他にも警察への被害届が出ている可能性があります。そうであれば、事件として扱われるでしょう。

民事の場合、幸いにも現実の被害が無いとのことですので、損害賠償を求めても額は期待できないものと思います。仲介料を返させるというのは、道義的にはわかるのですが、実際に仲介を受けた物件を購入することに変わりが無いのであれば、仲介料を返却させる根拠は乏しいものと思います。

刑法の条文を見ると明らかです。

刑法第159条(私文書偽造等)
 【行使の目的】で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実
 証明に関する文書若しくは図画を【偽造】し、又は偽造した他人の印章若しくは
 署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を【偽造】
 した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
 2 他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を
   【変造】した者も、前項と同様とする。
 3 前二項に規定...続きを読む

Q有印私文書偽造罪について

あかの他人から告発されることはありますか?

それをネタに脅されています。

裁判になることはありますか?

Aベストアンサー

>偽造文書使ってキャッシングしてしまいました…
>どのような罪になりますか?

有印私文書偽造罪、同行使罪、詐欺罪。

>また、あたしは精神疾患を患ってます。
>万が一捕まった時、一般の刑務所になるのかな?
>それとも医療刑務所になるのかな?

実刑を食らえば一般刑務所。だけど、初犯で酌量の余地があれば、執行猶予とかになる筈。

よっぽど悪質な犯行じゃないかぎり、初犯で実刑を食らう事はありません。

警察に行って、脅されている事、誰に脅されているか、どうして脅されているかを正直に話して、自首しましょう。

今すぐ自首すれば、有印私文書偽造罪、同行使罪、詐欺罪については「自首して来た事もあるし、通常の手続きではお金を借りれず、生活に困って、悪いと知りつつやってしまった」と、情状酌量の余地があるので、実刑にはならないと思います。

Q私文書偽造罪の要件について・・・

法律についてあまり詳しくありません。刑法の第159条について
の解釈を教えてください。

==============
(私文書偽造等)
第百五十九条  行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
2  他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
3  前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
==============

私文書偽造等の第三項の存在についてですが、この項は「他人の印や署名を利用したり偽造していなくても」文書・図画を偽造、変造した者は罰せられる、という解釈でいいのですか?
例えば、銀行への提出用に決算書を偽造した場合は、第159条第3項の規定により処罰されるのでしょうか?

法律についてあまり詳しくありません。刑法の第159条について
の解釈を教えてください。

==============
(私文書偽造等)
第百五十九条  行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
2  他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を...続きを読む

Aベストアンサー

偽造(変造も含め)というのは、文書名義人以外の者が、権限なしに文書を作成する行為です。他人の印や署名を使用していない3項の場合であっても、偽造・変造の対象となる文書は他人名義の文書である必要があります。

したがって、A社の決算書について作成権限のある者が、内容虚偽のA社の決算書を作成する行為は文書偽造にも変造にも当たりません。

A社と全く無関係の者や、A社の関係者(役員や従業員)で決算書作成権限が認められていないものが、勝手にA社の決算書を作れば、私文書偽造になります。

Q告訴を専門家に依頼すると、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

告訴を専門家に依頼すると、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

聞くところによると、警察では一般人が告訴しようとしても、なかなか受理してもらえないと聞きます。
そこで、専門家に頼もうと思うのですが、弁護士は高そうです。
行政書士でもやってもらえるのでしょうか?

ご存じの方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

警察への告訴状作成や提出は行政書士でも可能です。
費用は、弁護士の場合の相場は5万円~ですが、行政書士の場合、それより安いケースが多いようです。
私の場合、ネットで検索して、全国対応で対応してもらえる行政書士を見つけて依頼しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://century-office.asia/kokuso03.html

費用は3万円ほどだったと思います。
メールだけで対応してもらえるので、ネットショッピング感覚でしたよ。

Q有印私文書偽造の場合、慰謝料は貰えるんですか??

以前、働いていたバイト先で3ヶ月ごとに出すバイトの契約書を上司に勝手に出されたのですが・・・。その期間に自分がいたのも関わらず、他のバイトには契約書を渡していました。
この契約書は契約更新の度に出すモノで本人の印鑑が必要なんですが、上司はダイソー(100円ショップ)で自分の名字の印鑑を買って押したみたいです・・・。
勝手に印鑑を押したことについても連絡や断りもなく、他の上司から聞いて初めて知りました。法律に詳しい人から、刑法第159条【有印私文書偽造】になると言われました。

この件で、上司と揉めバイトを辞めてしまいました。以前から、少し鬱気味で心療内科に通っていたんですが、この件を境にますます鬱が酷くなり、この先、控えていた公務員試験や就職活動、大学院試験を受けることが出来ませんでした。(この鬱の間(約半年)は、ずっと家に居てやる気が出てこない状態で、一時期、自殺も考えたほどです。)

最近、鬱の方が完治してきて、薬の量も減り、日常の生活が出来るようになりました。また、この件に関して、バイト先の本部の社内トラブルの専門の部署の方に説明をしました。現在、社内で証拠や証言を集めて下さっているようです。

ここで、疑問に思ったんですが、この件に関して慰謝料は貰うことは出来るのでしょうか??自分の一生で大事な時期を棒にされましたし、約半年間、働くこと(バイト)も出来ない状態でした。
現在、1人暮らしで親に負担をかけている上、鬱の通院などで少しでも金銭が欲しいのが現状です。

もう1つ疑問なんですが、有印私文書偽造自体に対しては、慰謝料は貰うことが出来るんですか??

どうか、疑問に対しての回答をお願いします。

以前、働いていたバイト先で3ヶ月ごとに出すバイトの契約書を上司に勝手に出されたのですが・・・。その期間に自分がいたのも関わらず、他のバイトには契約書を渡していました。
この契約書は契約更新の度に出すモノで本人の印鑑が必要なんですが、上司はダイソー(100円ショップ)で自分の名字の印鑑を買って押したみたいです・・・。
勝手に印鑑を押したことについても連絡や断りもなく、他の上司から聞いて初めて知りました。法律に詳しい人から、刑法第159条【有印私文書偽造】になると言われました。

...続きを読む

Aベストアンサー

取り敢えず、「バイトの更新の為の契約書」を上司が「また続けるだろうから」と代筆したとします。

その場合、上司を刑事告発する事は可能でしょう。ただ、不起訴処分が妥当です。つまり、悪いことは悪いのだけれども、罪に問うほどではないと判断されるでしょう。貴方はその時点で、自分で書くつもりだったわけですね?そのつもりのものを、上司が無断で書いたわけですから、立件はされないでしょうね。

また、貴方は慰謝料を取れません。これは絶対です。取れると考える法律家はいないでしょう。なぜなら、私文書偽造によって貴方は被害を受けていないからです。よく勘違いされるのですが、犯罪=賠償金ではありません。逸失利益があって初めて損害賠償請求できるのです。また、損害賠償の中で精神被害に対して支払われるものを「慰謝料」と言います。ですが、貴方は私文書偽造された事で精神的被害を被ってはいません。ここでは「私文書偽造による不利益」と「それ以外が原因の不利益」を分けて考えてください。仕事を辞めただとか、働けなかったというのと、私文書偽造に直接の因果関係はありません。私文書偽造したのは上司ですが、揉めたのは貴方です。辞めたのは貴方の意思でしょう?それを上司に転嫁することは出来ません。

取り敢えず、「バイトの更新の為の契約書」を上司が「また続けるだろうから」と代筆したとします。

その場合、上司を刑事告発する事は可能でしょう。ただ、不起訴処分が妥当です。つまり、悪いことは悪いのだけれども、罪に問うほどではないと判断されるでしょう。貴方はその時点で、自分で書くつもりだったわけですね?そのつもりのものを、上司が無断で書いたわけですから、立件はされないでしょうね。

また、貴方は慰謝料を取れません。これは絶対です。取れると考える法律家はいないでしょう。なぜなら...続きを読む

Q相手の合意を得て代筆した委任状を使うと私文書偽造になるか?

先日、役所へ手続きにいきました。
本人または委任状を持った代理人でないと証明書が出せないので、
委任状を作成の上出直すように言われました。
そこで、「本人からの承諾は得ているので、電話で確認をしながら
代筆ということで委任状を作成してもよいか?印鑑も預かってきている」
とたずねたら「本人が作成したものと認められないので、証明書は渡せない」
と言われました。

私は、本人の合意を得ているので代筆して提出すれば良いと思うのですが、
職員に言わせると「私文書偽造の疑いがあるので、受理できない」ということです。
私文書偽造でなく訴えられなければ代筆をしても、職員がわからなければ問題ないのでしょうか?親告罪でない場合、どこからか告訴される可能性はありますか?

Aベストアンサー

1.合意のある代筆自体は私文書偽造にあたらない。
2.法律上の違法か否かの問題でなく役所の取り扱い規定で「本人が作成したものと認められないので、証明書は渡せない」と決まっていると言う事です。
3.「私文書偽造の疑いがあるので、受理できない」当然ですね。
この程度のチェック位してもらわないと。
4.私文書偽造でなく訴えられなければ代筆をしても、職員がわからなければ問題ないのでしょうか?
そんな事ないです。合意なき代筆は私文書偽造ですよ。

Q委任状を本人の許可もなく提出した場合

すいませんが以下の質問に回答いただけますようお願いします。
携帯電話の発信履歴明細書はNTTの場合、月額100円で請求できます。
配偶者が保険証と委任状(勝手に作成)を持って申請しました。
NTTに問い合わせたら「本人の承認がいりますが例外で認めた」とのことです。
このように「委任状を本人の許可なくして使用した」場合の法的措置はあるのでしょうか?
また、認められる例外等があれば教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

有印私文書偽造(刑159)は刑法の体裁の上で、窃盗などの財産罪と違い、文書の社会的信用を害するという社会的法益を侵害する犯罪と位置付けられています。このため、親族免除の規定はありませんし、親告罪すらありません。しかし、事件の性質上、告訴されましても起訴猶予以外には考えられません。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む


人気Q&Aランキング